古今著聞集 品詞分解。 『大江山の歌』の品詞分解(十訓抄・古今著聞集) / 古文 by 走るメロス

古今著聞集『阿波の国の智願上人』現代語訳

古今著聞集 品詞分解

東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。 いつも独学受験. jpにお越しいただきましてありがとうございます。 助動詞: 薄緑のマーカーです 敬語: 緑のマーカーです 係り結び: オレンジのマーカーです。 歌合の歌人に選ばれた小式部内侍をからかった定頼の中納言!返り討ちに! 歌人として有名な和泉式部さんの娘、小式部内侍さんは当時、自分の歌がうまいのは母の和泉式部が代わりに詠んでいるからではないか?と人々から疑われていたという。 そんな中、自分をからかった定頼の中納言をみごとな詠みっぷりで返り討ちにした小式部内侍さんに当時を振り返ってもらった。 前から自分の実力がちゃんと評価されてないなとは思っていたんです。 有名な歌人の母の七光なんじゃないの?代わりに読んでもらってるんじゃないの?って。 今回いい機会だと思って、ちょっかいを出してきた定頼の中納言の袖を掴んで聞かせてやったの。 私が詠んでるのよって。 そしたらどうなったと思う? 定頼の中納言ったら返事もしないでどっか行っちゃったの。 しつれーな奴だと思わない?。 ていうかダサすぎるわよね? 心の中で中指を立てていたわ。 あらいけない、ついつい本音が出ちゃったわね。 今のはオフレコでよろしくね。 まあこれを機会に私も有名になったから、定頼の中納言には感謝しているわ。 彼はいい踏み台になってくれたわね。 では後半のコシャリの空想は置いておいて、内容に入っていきましょう。 和泉式部、保昌が妻 にて丹後に下り けるほどに、 京に歌合あり けるに小式部の内侍歌詠みにとら れて詠み けるを 現代語訳 和泉式部が、夫の保昌の妻として(保昌の任国の)丹後の国に下っていた頃に、 都で歌合があったが、(和泉式部の娘の)小式部内侍が歌人に選出されて、歌を詠んだが、 品詞分解 和泉式部 名詞 保昌 名詞 が 格助詞 妻 名詞 にて 格助詞 丹後 名詞 に 格助詞 下り ラ行四段活用動詞「下る」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 ほど 名詞 に 格助詞 京 名詞 に 格助詞 歌合 名詞 あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 に、 格助詞 小式部の内侍 名詞 歌詠み 名詞 に 格助詞 とら ラ行四段活用動詞「とる」未然形 れ 受身の助動詞「る」連用形 て 接続助詞 詠み マ行四段活用動詞「詠む」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 を、 接続助詞 定頼の中納言戯れに、小式部の内侍に、 「(歌人として有名な母和泉式部のいる)丹後に派遣した人はもう帰って参りましたか。 「踏み」=足で踏む=行く• 「文」=手紙 の掛詞になっています。 このパターンを覚えておこう! 品詞分解 大江山 名詞 いくの 名詞 の 格助詞 道 名詞 の 格助詞 遠けれ ク活用形容詞「遠し」已然形 ば、 接続助詞 まだ 副詞 ふみ 名詞 も 係助詞 み マ行上一段活用動詞「みる」未然形 ず 打消の助動詞「ず」終止形 天の橋立 名詞 と詠みかけ けり。 思は ずにあさましくて、「こはいかに。 」 とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖を引き放ちて逃げ られにけり。 小式部、これより、歌詠みの世おぼえ出で来 にけり。 現代語訳 と(小式部内侍は定頼の中納言に)詠みかけた。 定頼の中納言は思いがけず(小式部内侍のみごとな歌の詠みに)驚いて、 これはどうしたものだ とだけ言って、小式部内侍への返歌も出来ず、小式部内侍の掴まれた自分の袖を引き離してお逃げになった。 小式部内侍は、この時から、歌人として世間の評判になることになった。 品詞分解 と 格助詞 詠みかけ カ行下二段活用動詞「詠みかく」連用形 けり。 過去の助動詞「けり」終止形 思はずに ナリ活用形容動詞「思はずなり」連用形 あさましく シク活用形容詞「あさまし」連用形 て、 接続助詞 「こ 代名詞 は 係助詞 いかに。 過去の助動詞「けり」終止形 小式部、 名詞 これ 代名詞 より 格助詞 歌詠み 名詞 の 格助詞 世おぼえ 名詞 出で来 カ行変格活用動詞「出で来」連用形 に 完了の助動詞「ぬ」連用形 けり。 過去の助動詞「けり」終止形 この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。

次の

盗人の正体・古今著聞集 現代語訳・品詞分解・原文

古今著聞集 品詞分解

猿、恩を知ること 中ごろ、伊豆の国のある所の地頭に、若き男ありけり。 狩りしけるついでに、猿を一匹生け捕りにして、これを縛りて家の柱 に結ひ付けたりけるを、彼の母の尼公、慈悲ある人にて、「あらいとほし、いかにわびしかるらん。 あれ解き許して、山へやれ。 」 と言へども、郎等、冠者ばら、主の心を知りて、おそれてこれを解かず。 「いでさらば我解かん。 」とて、これを解き許して、 山へやりぬ。 これは春の事なりけるに、夏、覆盆子のさかりに、覆盆子を柏の葉につつみて、隙をうかがひて、この猿、尼公にわたしけり。 あまりにあはれに、いとほしく思ひて、布の袋に、大豆を入れて、猿にとらせつ。 その後、栗のさかりに、さきの布の袋に栗を入れて、隙にまた持て来たる。 このたびは、猿を捕らへて置きて、子息を呼びて、 この次第を語りて、「子々孫々までも、この所に猿殺さしめじと、起請を書け。 もしさらずは、母子の儀あるべからず。 」と、 おびたたしく誓状しければ、子息、起請書きて、当時までも、この所に猿を殺さぬよし、ある人語りき。 所の名までは書かず。 人として恩を知らざらんは、げに畜類にもなほ劣れり。 近代は父母を殺し、師匠を殺す者、聞こえ侍り。 かなしき濁世のなら ひなるべし。 (沙石集)• 現代語訳 昔と今の中間の時代、伊豆の国のある所の地頭に、若い男がいた。 狩りをした時に、猿を一匹生け捕りにして、これを縛って 家の柱に結び付けていたのを、あの(男の)母の尼公が慈悲のある人で、「ああかわいそうな、どんなにつらいことだろう。 あ れを解き放して、山へやりなさい。 」と言うのだが、家臣や若者たちは、主人の心を知っているので、おそれて猿の縄を解かな い。 「さあそれでは私が解こう。 」と言って、これを解き放し、山へやった。 これは春の事だったが、夏、イチゴのさかりの時、イチゴを柏の葉に包んで、(人のいない)ひまをねらって、この猿が、尼 公に渡した。 あまりにかわいく、いじらしく思って、布の袋に、大豆を入れて、猿に与えた。 その後、栗のさかりの時、前の布の袋に栗を入れて、(人のいない)ひまに、また持って来た。 今度は、猿を捕まえておいて、 子息を呼んで、この成り行きを語って、「子や孫の時代までずっと、この所では猿を殺させまいと、起請文を書け。 もしそうし ないと、母と子であることはありえない。 」とたくさん誓いを記した紙を書いたので、子息は起請文を書いて、現在までも、こ の所では猿を殺さないということを、ある人が語った。 所の名までは書かない。 人間として、恩を知らないというのは、ほんとうに獣にもいっそう劣って劣っている。 今の時代は父母を殺し、師匠を殺す者 が(いると)聞こえます。 つらい末世のならわしなのでしょう。 品詞分解 中ごろ、 名 伊豆 名 の 格助(連体修飾) 国 名 の 格助(連体修飾) ある 連体 所 名 の 格助(連体修飾) 地頭 名 に、 格助(資格) 若き 形(ク・連体) 男 名 あり 動(ラ変・連用) けり。 助動(過去・終止) 狩り 名 し 動(サ変・連用) ける 助動(過去・連体) ついで 名 に、 格助(時間) 猿 名 を 格助(対象) 一匹 名 生け捕り 名 に 格助(状態) し 動(サ変・連用) て、 接助(単純) これ 代名 を 格助(対象) 縛り 動(ラ四・連用) て 接助(単純) 家 名 の 格助(連体修飾) 柱 名 に 格助(場所) 結ひ付け 動(カ下二・連用) たり 助動(存続・連用) ける 助動(過去・連体) を、 格助(対象) 彼 代名 の 格助(連体修飾) 母 名 の 格助(連体修飾) 尼公、 名 慈悲 名 ある 動(ラ変・連体) 人 名v に 助動(断定・連用) て、 接助(単純) 「あら 感 いとほし 、 形(シク・終止) いかに 副 わびしかる 形(シク・連体) らん。 助動(現在推量・連体) あれ 代名 解き許し 動(サ四・連用) て、 接助(単純) 山 名 へ 格助(方向) やれ。 」 動(ラ四・命令) と 格助(引用) 言へ 動(ハ四・已然) ども、 接助(逆接確定) 郎等、 名 冠者ばら、 名 主 名 の 格助(連体修飾) 心 名 を 格助(対象) 知り 動(ラ四・連用) て、 接助(単純) おそれ 動(ラ下二・連用) て 接助(単純) これ 代名 を 格助(対象) 解か 動(カ四・未然) ず。 「 助動(打消・終止) いで 感 さらば 接 我 代名 解か 動(カ四・未然) ん。 」 助動(意志・終止) とて、 格助(引用) これ 代名 を 格助(対象) 解き許し 動(サ四・連用) て、 接助(単純) 山 名 へ 格助(方向) やり 動(ラ四・連用) ぬ。 助動(完了・終止) これ 代名 は 格助(提示) 春 名 の 格助(連体修飾) 事 名 なり 助動(断定・連用) ける 助動(過去・連体) に、 接助(逆接確定) 夏、 名 覆盆子 名 の 格助(連体修飾) さかり 名 に、 格助(時間) 覆盆子 名 を 格助(対象) 柏 名 の 格助(連体修飾) 葉 名 に 格助(手段) つつみ 動(マ四・連用) て、 接助(単純) 隙 名 を 格助(対象) うかがひ 動(ハ四・連用) て、 接助(単純) こ 代名 の 格助(連体修飾) 猿、 名 尼公 名 に 格助(対象) わたし 動(サ四・連用) けり。 助動(過去・終止) あまりに 副 あはれに、 形動(ナリ・連用) いとほしく 形(シク・連用) 思ひ 動(ハ四・連用) て、 接助(単純) 布 名 の 格助(連体修飾) 袋 名 に、 格助(場所) 大豆 名 を 格助(対象) 入れ 動(ラ下二・連用) て、 接助(単純) 猿 名 に 格助(対象) とら 動(ラ四・未然) せ 助動(使役・連用) つ。 助動(完了・終止) そ 代名 の 格助(連体修飾) 後、 名 栗 名 の 格助(連体修飾) さかり 名 に、 格助(時間) さき 名 の 格助(連体修飾) 布 名 の 格助(連体修飾) 袋 名 に 格助(場所) 栗 名 を 格助(対象) 入れ 動(ラ下二・連用) て、 接助(単純) 隙 名 に 格助(時間) また 副 持て来 動(カ変・連用) たる。 助動(完了・連体) こ 代名 の 格助(連体修飾) たび 名 は、 係助(提示) 猿 名 を 格助(対象) 捕らへ 動(ハ下二・連用) て 接助(単純) 置き 動(カ四・連用) て、 接助(単純) 子息 名 を 格助(対象) 呼び 動(バ四・連用) て、 接助(単純) こ 代名 の 格助(連体修飾) 次第 名 を 格助(対象) 語り 動(ラ四・連用) て、 「 接助(単純) 子々孫々 名 まで 副助 も、 係助(添加) こ 代名 の 格助(連体修飾) 所 名 に 格助(場所) 猿 名 殺さ 動(サ四・未然) しめ 助動(使役・未然) じ 助動(打消意志・終止) と、 格助(引用) 起請 名 を 格助(対象) 書け。 動(カ四・命令) もし 副 さら 動(ラ変・未然) ず 助動(打消・連用) は、 係助(提示) 母子 名 の 格助(連体修飾) 儀 名 ある 動(ラ変・連体) べから 助動(可能・未然) ず。 」 助動(打消・終止) と、 格助(引用) おびたたしく 形(シク・連用) 誓状し 動(サ変・連用) けれ 助動(過去・已然) ば、 接助(順接確定) 子息、 名 起請 名 書き 動(カ四・連用) て、 接助(単純) 当時 名 まで 副助 も、 係助(強調) こ 代名 の 格助(連体修飾) 所 名 に 格助(場所) 猿 名 を 格助(対象) 殺さ 動(サ四・未然) ぬ 助動(打消・連体) よし、 名 ある 連体 人 名 語り 動(ラ四・連用) き。 助動(過去・終止) 所 名 の 格助(連体修飾) 名 名 まで 副助 は 係助(提示) 書か 動(カ四・未然) ず。 助動(打消・終止) 人 名 と 助動(断定・連用) して 接助(連用修飾) 恩 名 を 格助(対象) 知ら 動(ラ四・未然) ざら 助動(打消・未然) ん 助動(婉曲・連体) は、 係助(提示) げに 副 畜類 名 に 格助(対象) も 係助(例示) なほ 副 劣れ 動(ラ四・命令) り。 助動(存続・終止) 近代 名 は 係助(提示) 父母 名 を 格助(対象) 殺し、 動(サ四・連用) 師匠 名 を 格助(対象) 殺す 者、 聞こえ 侍り。 かなしき 濁世 名 の 格助(連体修飾) ならひ 名 なる 助動(断定・連体) べし。 助動(推量・終止).

次の

「古今著聞集,品詞分解」に関するQ&A

古今著聞集 品詞分解

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 編者:橘成季(たちばなのなりすえ) 解説・品詞分解はこちら 阿波の国に智願上人(しやうにん)とて国中に帰依(きえ)する上人あり。 阿波の国に、智願上人といって、国中の人が帰依している聖人がいた。 乳母(めのと)なりける尼、死に侍(はべ)りて後、上人のもとに、思はざるに駄を一疋まうけたり。 (その上人の)乳母であった尼が、死にまして後に、上人のもとに、思いがけなく駄馬(荷物を運ぶための馬)を一頭手に入れた。 これに乗りてありくに、道のはやきのみにあらず、あしき道をゆき、河をわたる時も、あやふきことなく、 (上人が)この馬を乗って歩き回ると、脚が速いだけでなく、悪い道を(難なく)行き、河を渡る時も、危ないことがなく、 いそぐ用事ある時は、むちのかげを見ねどもはやくゆき、のどかに思ふ時は、しづかなり。 急ぐ用事がある時は、鞭を全く見せなくても速く行き、のんびり行こうと思う時は、静かに行くのだった。 ことにおきてありがたく思ふさまなるほどに、この馬ほどなく死にければ、上人惜しみなげきけるほどに、 何事においても、珍しく思う(馬の)様子であったが、この馬はまもなく死んでしまったので、上人は惜しんで嘆いているときに、 またすこしもたがはぬ馬いできにければ、上人よろこびて、前(さき)のやうに秘蔵して乗りありきけるに、 また(前の馬と)少しも違わない馬が現れたので、上人は喜んで、以前のように大事にして乗りまわっていたところ、 ある尼に霊つきてあやしかりければ、「たれ人の何事におはしたるぞ」と問ひければ、 ある尼に靈(=正体は上人の乳母の霊)がついておかしなことがあったので、「誰がどういうわけで(このように霊として)いらっしゃるのか。 」と(上人が)問うと、 「我は上人の御乳母なりし尼なり。 上人の御事をあまりにおろかならず思ひたてまつりしゆゑに、 (霊は答えて)「私は上人の御乳母であった尼です。 上人の御事が、あまりにも放っておけず(心配に)思い申し上げたために、 馬となりて久しく上人を負ひたてまつりて、つゆも御心にたがはざりき。 馬となって、長らく上人を(馬として背中に)お乗せして、まったく(上人の)御心にさからいませんでした。 ほどなく生をかへて侍りしかども、ひじりなほわすれがたく思ひたてまつりしゆゑに、 まもなく生まれ変わって(上人に)お仕え申し上げましたが、上人のことがやはり忘れられないように思い申し上げたために、 また同じさまなる馬となりて、今もこれに侍るなり」と言ふ。 また同じ様子の馬になって、今もここにございます」と言う。 上人、これを聞くに、年ごろもあやしく思ひし馬のさまなれば、思ひあはせらるることどもあはれにおぼえて、 上人はこれを聞くと、長年、不思議だと思っていた馬の様子なので、(自然と)思い当たる事などもしみじみと思われて、 堂を建て仏をつくり、供養して、かの菩提(ぼだい)をとぶらはれけり。 馬をばゆゆしくいたはりてぞ置きたりける。 堂を建て仏を造って、供養をして、その菩提(上人の乳母であった尼の極楽往生)をお弔いになった。 (上人は、)馬をとても大切にしておいた。 執心(しふしん)のふかきゆえにふたたび馬に生まれて志をあらはしける、いとあはれなり。 (乳母が上人を思う)愛の心が深いために、再び馬に生まれて、その気持ちをあらわしたということは、とても趣のあることだ。 lscholar.

次の