サーカス tc グランド シート。 サーカスtc 後編~ハーフのグランドシート購入~|きままなブログ

お手頃価格のモノポールテント「サーカスTC」を使ってみての感想

サーカス tc グランド シート

OUTAD レジャーシート Largeを実際に敷いてみた• 写真の通り長方形型なので、全面をカバーすることはできませんが、靴を置くスペースと考えると、むしろベストなのでは? お座敷スタイルでお考えの方にぴったしなサイズ感です。 逆に土間スタイルの場合は、半分に折って使用します。 インナーと同じ大きさになるので、土間スペースを有効に活用できます。 収納時もコンパクトで、 パンダTCの収納袋にまとめて入れることができます。 まとめ インナーを利用しないなら、ロゴスかビジョンピークス。 利用するならOUTADという選択になるのではないでしょうか。 私はOUTAD利用していますが、特に不満はありません。 唯一あるとすれば、オレンジを選んでしまったことでしょうかw コスパを求めるなら、多少手間ではありますが、ブルーシートで自作してみましょう。 記事で紹介した商品.

次の

サーカスtc dxによく似合う!テント購入後導入したいベストアイテム!

サーカス tc グランド シート

Contents• 発売当初から爆発的な人気を得て、品薄状態が続いています。 前編では、個人目線での使用感をご紹介しました。 後編では、オプションの使用感を含めてご紹介していければと思っています。 ハーフのグランドシートを購入しようか悩む 土間スタイルが標準のサーカスtcですが、フルインナーやハーフインナーなどオプションがいくつか販売されています。 フルインナーはもちろん、テント内を靴を脱いで動ける優れもの。 ですが、メッシュ素材だったのと、インナー内の空間が狭く感じたので購入を見送ります。 我が家は、フルインナーのオプションよりも、 ハーフインナーのグランドシート部分だけ購入しようか悩みます。 ハーフサイズのグランドシートとなっていますが、 サーカスtcのハーフインナーのグランドシートはテント内の6割ぐらい敷けるグランドシートになっています。 この6割ぐらいというのは、ファミリーなどの寝具がすべて入るように設計されているためだと思われますが、私としてはデメリットと感じています。 なぜかというと、ハーフインナーを使用する用途として、 寝る時と着替える時だけなので、それ以外はテント内でも靴で動きたいんですよね。 6割を占めているハーフのグランドシートがあるためにレイアウトも悩みそう…。 ただ、 雨が入らないように立ち上がりがあるのは、天候に左右されるキャンプでは魅力的です。 販売した当初から購入するかどうか悩みました。 どうしてハーフインナーの下だけなのか? 我が家には、今飼っているシーズーの他に、2019年3月ごろまで、下半身が不自由なコーギーがいました。 土間スタイルではペット用のコットをDIYして過ごしていましたが、雨の日などはおむつを取り換えたりするのが不便だったんですね。 そして、1日の数時間は靴を履かずに過ごしたり、着替えをする場所が欲しいなぁと考えて、総合的に考えて、ハーフのグランドシートを購入するに至りました。 サーカスtcのハーフのグランドシートの使用感は? 我が家のキャンプでは、エアーマットを使用することが多いので、サーカスtcを使用する時、ハーフのグランドシートを購入してよかったと感じています。 サーカスtcは、他のメーカーのワンポールテントとは違い、五角形の形のワンポールテントで、グランドシートなど代用できるアイテムが少ないんですよね。 その点、ハーフのグランドシートはサーカスtcにぴったりで、テントとグランドシートの隙間がギリギリまで発生しません。 インナーマットとセット販売していますが、小さいお子さんがいるキャンパーさんなどには重宝しそうなセットです。 ですが、注意点としては、インナーマットは収納サイズが大きめで、搭載に心配があるキャンパーさんにはお勧めしません。 我が家はインナーマットは購入せず、しまドルトンや銀マットを使用しています。

次の

お手頃価格のモノポールテント「サーカスTC」を使ってみての感想

サーカス tc グランド シート

新しくテントを購入したらグランドシートを一緒に購入されるか、自作されることをおすすめします。 「グランドシートは絶対必要」 テントを設営する時は、グランドシートを必ず敷いて予防するのが大事。 グランドシートの役割は雨のしみ込みを防いだり、テントの底の痛みを保護します。 「グランドシートは、とても重要な役割をする」 地面に石など、とがった物があるとグランドシートを敷かないと、テントの底が破れるおそれがありテントの底が痛んできます。 「せっかく購入されたテントが傷むと、もったいないです」 一度破れたり傷んだりすると修復するのが大変なので、必ずテントの下にはグランドシートを敷くことをおすすめします。 今回は、グランドシートの必要性からグランドーシートの大きさ、使い勝手などを詳しくブログで紹介したいと思います。 せっかく購入したテントが、ボトムの痛みや破れで使えなくなるのは、とてももったいないです。 テントによって、専用のグランドシートがある物もあります。 ただ、専用のグランドシートは値段が高いのでおすすめできません。 「専用のグランドシートは、高価なので購入する必要はない」 専用のグランドシートは、値段が高いので購入する必要はないと思います。 ブルーシート・グリーンシート・シルバーシートはグランドシートとして代用ができ、 ハサミで切ってもほつれないのでとても便利。 グランドシートは、テントのボトムより少し大きめに切って、ボトムの下に織り込みます。 「テントのボトムより 小さく織り込むことが大事」 グランドシートをテントのボトムより小さく織り込むことによって、雨がボトムとグランドシートの間に入ってこないようにします。 グランドシートとボトムの間に雨水が入ると、最悪テントの中まで雨水が染み込む可能性もあります。 下記の写真を見ていただくと、テントのボトムより、グランドシートを小さく織り込んでいるのがわかると思います。 「グランドシートを自作するポイント」 グランドシートは、雨水が入ってこないようにボトムより少し大きめに切って、小さく織り込んで下さい。 「四角いグランドシートの形でOK」 テント下にグランドシートを織り込むので、グランドシートをボトムの形にしなくてもよく、 四角い形にグランドシートを切っても大丈夫です。 まとめ: 基本、グランドシートはテントのボトムより、小さ目のサイズにします。 そうすることによって雨の侵入を防ぎます。 特に雨の時は、しっかりとボトムの下に織り込まなければ、雨水が染み込んできます。 古いテントを使用している方は、テントのボトムの性能が落ちているので、ブルーシートよりシルバーシートの方がおすすめ。 我が家がおすすめするのは、生地が分厚いシルバーシート シルバーシートは、ボトムの保護や雨の侵入にもっとも適していて、効果的だと思うのでグランドシートとして安心して使って下さいね! 以上、「テントのグランドシートは安いシートで自作するのがおすすめ!大きさや使い方を詳しくブログで紹介」でした。 Check!

次の