約束のネバーランド 145。 【約ネバ】145話ネタバレ!ノーマンも発作!?やっぱり死ぬのか?

約束のネバーランド 最新第145話それぞれのネタバレ含む感想と考察。作戦前夜、ノーマンに忍び寄る凶兆。

約束のネバーランド 145

第145話 それぞれののおさらい 王都へ 王都へ向かう準備を済ませたレイは、自分たちが何としても食い止めなければならないのはノーマンが王と貴族を残らず殺してしまうことだとエマと確認する。 それは、王都の鬼を大虐殺してしまうことはもちろんダメだが、そもそも王や貴族といった鬼の社会を統治する存在がいなくなった場合、戦いを止めるための交渉の相手を失うことになってしまい、もはや平和への道は断たれてしまうためだった。 レイはノーマンが王・貴族が一堂に会する儀祭のタイミングで王都へ出撃したのは、彼が最優先で王・貴族を倒そうとするからだろうという推測を述べる。 エマたちはそれが実行される前にノーマンを説得しなければならなかった。 王都までの道のりは普通に行けば5日、リスクを負って危険な近道を急げば3日だった。 自分たちの足ならば間に合うと言うレイ。 スポンサーリンク しかしアンナはレイを呼び止めると、今が11月7日の午後、ティファリまでは2日半で、間に合わないと告げる。 そこにやってきたのは、馬に乗ったオリバーたちだった。 呆然としているエマたちに、後ろに乗るよう促すオリバー。 エマとレイは馬を操るオリバー、ザックの後ろに乗って、王都を目指していた。 エマは特に鬼を救うことに反対していたジリアンまでもがなぜ自分たちに協力してくれるのかと疑問を口にする。 ジリアンは、仲間に危害を加える鬼は殺すが、ノーマン、そしてエマを助けたいのだと答える。 エマたちは王都への道を急ぐのだった。 スポンサーリンク 不吉な予感 王都が見える場所でノーマンたちは作戦開始のタイミングを窺っていた。 王都の様子を近くで監視していた物見からフクロウの伝令が来ていた。 フクロウが運んできた情報をシスロが読み上げる。 王都軍は偽の地点へ向かっており、五摂家の親族の乗った車両は予定通り儀祭当日の朝に到着するという内容に対して一言、上々だ、とノーマン。 ノーマンから、例のアレ、と訊ねられたヴィンセントは、完璧だと答える。 「間に合った 持ってきたよ 後で確認してくれ」 計画は万事ぬかりなしだと意気込むバーバラ。 スポンサーリンク 一方、楽園に残った子供たちはノーマンたちを心配していた。 ぬかりがないときほど危ないというヴァイオレットの言葉に、ルーカスが良く言っていたとポーラ。 ユーゴも言っていたと、さらに同調する声が上がる。 子供たちには、ノーマンが焦っているのではないかという危惧があった。 「私達が鬼に姿を見られたあの件が理由にあるのだろうけど…」 アンナはクリスティを救うための薬を鬼たちから盗もうとした際、見つかってしまったことを思い出していた。 それだけかな、とサンディが呟く。 「それだけがこんな急いでる理由なのかな」 スポンサーリンク 前夜 夜。 ノーマンがバーバラやシスロたちに、薬は? と短く問いかける。 ちゃんと飲んでる、予備も持ってる、という返答に、それでいい、とノーマン。 「順調な時ほど用心だ あとはよく休め 休息も薬の一つだ」 「ありがとな」 立ち去ろうとするノーマンの背に、シスロが声をかける。 「ここまで連れて来てくれて」 ボスがいたから自分たちが生きてここまで来られた、とヴィンセント。 こんな体になって、時間もないがボスのおかげで世界を変えられるとバーバラ。 「俺達はここで果てても新しい世界 その先へ ボスや食用児が行ける」 「それが俺達の何よりの願いで希望なんだ」 それまでシスロたちの言葉を黙っていた聞いていたノーマンが口を開く。 「馬鹿を言うな」 スポンサーリンク 自分たちは無血で勝利する、戦死は誰一人許さないとノーマン。 そして先にシスロたちが言ったような感謝は勝ってから言えと続ける。 「僕達は新しい世界をつくる そして全員で見るんだ この目で」 「僕達は自由だ!! 今こそ1000年の苦しみを終わらせるぞ!!」 ノーマンの発破を受け、オオオオオ、と兵たちからも雄叫びが上がる。 その後、ノーマンは外に出て一人、夜空を見上げていた。 思い出すのはエマとレイのことだった。 ハウスにいたころの、無邪気に笑う二人の顔。 そして次に思い出すのは、ムジカを殺すという方針に対して表情を曇らせて反対し、それでもなお自分に必死に向き合おうとしてくれるエマだった。 スポンサーリンク 「レイ…エマ…」 「つっ…」 ノーマンは突如頭を抱えてその場にしゃがみこむと、激しく咳き込む。 (ちっ…またか…) 口元を押さえていた手を離す。 ノーマンは、手の平にはべっとりとついた血を寂しさと諦めが入り混じったような表情で見つめていた。 (ごめんね) 2047年11月10日の儀祭当日。 五摂家の面々が王の元に集い、儀式は粛々と進行していた。 城下町では鬼たちが大人も子供も祭りを無邪気に楽しんでいた。 ノーマンは閉じていた目を開く。 「始めよう」 王都へ入るための橋の内の一つが爆破される。 スポンサーリンク 第145話 それぞれのの振り返り感想 作戦開始 王都までの道を馬で飛ばすエマたち。 間に合わないのではないかと思われた状況で、オリバーたちの備えが功を奏した形になる。 ぼーっとしないで、自分に出来ることを探してそれを実行していたオリバーたちは偉い。 仕事できるわ。 元から頭脳が優秀なのに加えて、ルーカスの教育の成果でもあるのかな。 何も考えていない、指示待ちだけの人間には到底無理な働き。 指示待ち傾向が強めの自分には彼らが眩しい……(泣)。 これでエマとレイはノーマンの説得に間に合うだろう、と思っていたら……。 スポンサーリンク 何とエマたちがノーマンに接触する前に王都に入るための橋の一つが爆破された。 作戦開始となってしまったようだ。 これ、説得が間に合うのかな? ノーマンの作戦がどんなものかはわからない。 ただ、長期戦ではなく短期決戦の可能性が高いのではないかと思う。 例えば、この爆発で王都に混乱が生じた隙に、爆破を合図にしたギーランたちが一気に王や貴族たちの集う場所に攻め込むとか? 戦力の規模感はわからないけど、間違いなく王たちの方が兵の数が多いことは明らかだ。 そんな相手と戦う場合、まず長期戦になることは避ける。 つまり一気に王たちの首を獲りに行く、電撃作戦しかないと思うんだけど……。 スポンサーリンク 不吉なフラグ? お祭りを無邪気に楽しむ鬼たち。 その描写の直後に爆発。 大げさではなく、テロの構造を垣間見た思いだ。 そして、ルーカスやユーゴの言葉を思い出す子供たち。 「ぬかりがない時ほど危ない」 ノーマンは作戦を緻密に構築し、この機会を待っていた。 しかしヴァイオレットたちの不吉な会話……。 これはフラグかな? スポンサーリンク 一応、ノーマンもうまくいっている時ほど危ないということは分かっていて、気をつけているようなんだけど……。 それでも実際の現場に立たないとわからないことはたくさんあると思う。 ノーマンもそんなことはわかった上で、作戦を練りに練っているはず。 それでも現実はままならず、綻びが生じてくるものなんだよな……。 それがノーマンたちにとって致命的なものにならないことを祈るのみ。 鬼に惨殺されていく様子は鬱になる……。 スポンサーリンク 覚悟 どうやらラムダの実験体たちは自分たちが普通に寿命を全うできるとは思っていないようだ。 薬でなければ収まらない発作の様子はいかにも辛そうだったし、前回のラムダ兵の様子から、おそらく間隔も縮まってきているのだろう。 側近たちは、この戦いに勝っても、自分たちが鬼のいない世界を生きることは考えていないのではないか。 しかし、何としてもこの戦いに勝利して、自分の代わりに他の食用児を生かすことで、自分が生まれた意味を見出そうしているように見えた。 そんな彼らに悲壮感はない。 それどころか、ノーマンに感謝の意を示す彼らからは、使命に殉じることへの充実感(とまで言ったら言い過ぎか)のようなものを感じた。 ノーマンはそんな側近たちを、戦死は許さないと諫めた。 これはノーマンの本心だし、また、彼らの士気を高めるためでもあるだろう。 でも実は、心の奥底では、彼らを止めることは無理だとも思っているんじゃないかな……。 スポンサーリンク 無血での勝利のための作戦を練りに練ったノーマンだが、作戦が上手くいないまま、鬼と直接交戦する可能性を考えていないということはあり得ない。 戦うことは覚悟しているだろう。 その場合、おそらくその戦闘力の高さから先頭に立って戦うであろう側近たちの戦死を全く考慮したことがないわけがない。 それに、どうやらノーマンもまた自身に先が無いことを自覚しているっぽいんだよなぁ。 ノーマンが吐血したのは病気? それともラムダでの実験の結果なのか……? 他の実験たちと症状が違うように見える。 確か吐血はしてなかったような……。 スポンサーリンク ただ一つ言えそうなのは、結局ノーマンは、発作の間隔から自分たちの死が迫っていると予感している側近たちと同じ境遇にあるということだと思う。 当初は、無血での勝利を目指すノーマンを見ていて、いざ作戦が想定通りにいかず仲間たちが死んでいく事態になったならものすごく脆そうだなと思っていた。 しかしノーマンの吐血とその後のエマたちへの謝罪の描写から、死を覚悟して戦い抜く覚悟が見えた気がする。 つまり、ノーマンも側近たちと同様に死を覚悟してるよなぁ。 だからこそ、王や貴族を一網打尽にする一点突破の槍の切っ先となり得る。 戦いは始まった。 果たしてノーマンたちの運命は。 前回第145話の詳細はこちらをクリックしてくださいね。 スポンサーリンク 第146話 王都決戦 作戦開始 粛々と進行していく儀祭。 祭りに湧く城下町。 しかしそんな平和な光景も、王都の橋が一斉に爆破されて一変する。 混乱する城下を尻目に、ノーマンたちは城の内部にいる見張りを制圧。 そして城内のセキュリティコントロールを司る部屋を確保したヴィンセントが城を開門する。 ギーラン家の面々が侵入後、すぐに閉門し、城の封鎖を成功させるのだった。 王都の推定される全ての兵の数は5000。 その内、事前にノーマンが4000を王都から出兵させていた。 それにより残った兵数は1000。 スポンサーリンク その配分は城下に700、城内に300だったが、その内700の兵は混乱する民衆は、爆破した王都の外へ通じる橋などの対処に追われており、ノーマンたちにとってはほぼ無力となっていた。 城の完全封鎖に加えて、王都への橋も全て落してたことで王都は孤立。 城内の300の兵は50のギーラン兵でも真正面から突破できる。 事前の想定通りに作戦が進行しているのを確認し、ヴィンセントはシスロとバーバラに撤退指示を出すのだった。 スポンサーリンク ギーランと女王・五摂家の再会 ギーランたちは城内にてノーマン、ザジと合流していた。 見事な手際だ、とノーマンを褒めるギーラン。 ノーマンは笑みを浮かべ、ギーランの王・五摂家への復讐を促す。 女王、五摂家、その家族たちの会する部屋では、儀祭が一時中断していた。 外で何が起こっているのか報告が一向に来ないため、ノウム卿は部下に外の様子を見てくるよう指示する。 部屋の外に通じる扉を開こうとする部下。 しかし扉は中途半端に開かれたまま、部下はなぜかその場に立っている。 スポンサーリンク そんな部下の様子を五摂家たちは不思議そうに見つめていた。 同時に、部下は崩れ落ちる。 扉の前にはギーラン兵が陣取っていた。 その中の一体のギーラン兵が部下を刺していたのだった。 悲鳴を上げる五摂家の家族たち。 「久しいのぅ」 五摂家たちにそう語りかけながら、ギーランは口元に巻いていた布をとる。 イヴェルク公は賊の正体は賊徒などではないことに気付いていた。 「ギーラン…!!」 スポンサーリンク 復讐 (ギーラン…様?) バイヨン卿は、まだ五摂家だった頃のギーランのことを思い出していた。 しかし目の前の醜い鬼がギーランだとはにわかには信じがたい様子で呆然と立ちすくむ。 プポ卿は背後の父と母に下がるように促す。 しかし突如、プポ卿の目にナイフを突きたてる母。 (母上…? な…ぜ…) プポ卿は一体何が起こっているのかわからないまま絶命する。 「おのれ何奴!!」 鋭く叫ぶノウム卿。 「家族と思うたろう?」 ギーランが答える。 ギーランは、五摂家の家族の形質を奪ったギーラン兵に家族全員を演じさせていた。 スポンサーリンク 面を外した家族たち全員が、実は家族ではなかったことに気付き、五摂家は言葉を失う。 その様子に高笑いをしたあと、ギーランはプポ卿の脳を仮面ごと食べ始める。 「野良に落とされ700年 我ら一門 この日をどれほど待ちわびたことか」 形質の変化により、ギーランの背が激しく波打つ。 「忘れたことなどない 受けた仕打ち… 屈辱」 スポンサーリンク バイヨン卿は今は亡き家族の面を拾っていた。 その手は怒りと悲しみに震えている。 「次はぬしらじゃ」 ギーランが面を外す。 その頭部には、かつて五摂家だった頃と同様の豊かな長髪が生じていた。 「我らが怒り 存分に味わわせてやる」 「笑止」 女王は一切取り乱すことはなかった。 スポンサーリンク 第146話 王都決戦の感想 残酷すぎる…… 五摂家の家族を事前に食っておいて、その奪った形質で化けていたとか……。 これはとんでもなく残酷な策だと思う。 恐らく家族はそこまで戦闘能力が無かった? そうじゃないと家族全員を食えないだろう。 完全にギーラン&ノーマン同盟軍のペースで事態は進行している。 しかし順調すぎるだろう。 ラストの女王には王たる威厳があった。 ここから女王たちによる反撃となるのか? スポンサーリンク プポ卿は力を一切発揮することなく退場したものの、女王や五摂家の面々は個々の戦力として強力であることと予想している。 というか、ここまで一気に追いつめられると、この事態を突破するには個々の能力に頼るしかないと思う。 しかしこの危機に際して、女王はなお威厳ある態度を一切崩していない。 それはギーランたちを殲滅できる自信からなのか。 それともすでに死を半ば覚悟しているが、王として恥じない態度をとっている? 女王は強いと思う。 血のつながりがあるレウウィス大公に匹敵していてもおかしくない。 それに、五摂家の面々も家族を手に掛けられたことで怒りに燃えている。 女王・五摂家とギーランとの戦いは激しいものになりそうだ。 スポンサーリンク エマは間に合うのか? ノーマンの手際が鮮やか過ぎる。 しかし女王・五摂家を殺させてはならない立場にあるエマとレイにとっては、この事態は良くない。 すでにギーランは女王・五摂家と相対している。 仮にエマとレイがすでにノーマンの軍に紛れていて、王都に侵入出来ていたとしても、女王・五摂家とギーランの戦いが始まる前に止めることはもう無理だろう。 女王・五摂家がこのままギーランにあっさり敗れるとは思えない。 しかしエマとレイは女王・五摂家の全滅を避けるために早くノーマンに約束の結び直しが済んだことを報告し、戦いを一時停止させる必要がある。 果たしてエマとレイは鬼の絶滅を食い止めることはできるのか。 以上、約束のネバーランド 第146話のネタバレを含む感想と考察でした。 第147話に続きます。

次の

約束のネバーランド

約束のネバーランド 145

城下の鬼達も、お祝いの日のお祭り騒ぎで活気があふれていたそんな時。 ドドドドド…ドォン その儀式の最中に、鳴り響く爆音の数々。 一か所を覗いた王都への出入り口の外橋を全て爆破し、陸の孤島に仕上げ封鎖したのはノーマン達の手腕。 「え…何?」 「何だ?」 いきなり起きた爆発に、城下町の鬼たちは何が起きたか理解できません。 何が起きたか、見張り台から確認に来た鬼達を、バーバラ・シスロが不意打ちで殲滅に成功する。 シスロ隊は城内西側、バーバラ隊は城内東側を担っていたようです。 「今、セキュリティラインも制圧した。 さあ、これで思うままだ。 」 互いに無線か何かでやり取りをしていて、仕上げはヴィンセントが別部隊に連絡を入れる。 「お入りください」 出入り口の柵が上がる。 そこから入ってきた軍勢は、ギーラン家御一行でした。 ギーラン達一行全員が門をくぐったのを確認すると、ヴィンセントは全門閉門してしまう。 王都の兵は推定5000だが、それを事前に1000まで減らしている。 今、城下に700 城内に300 城下の700は目下混乱した民衆と爆破した外橋・城下への対処で手一杯。 城門はすべて閉ざし、外橋も爆破したので、王都の兵の援軍も期待できないだろう。 城内には300の兵に対し、ギーラン兵は約50。 『これなら動ける』 ギーラン達は自分らの優勢に得mを浮かべながら、敵兵を殲滅していって進む。 『同盟万歳。 』 『ここに至るミネルヴァの策と情報は勿論のこと、小回りの利く人間だからこそ、うちから我らを手引きできる』 ギーラン達が進む手助けを、シスロとバーバラ達で引き受けていた。 「シスロバーバラ、そろそろ退け。 あとは彼らに」 そんな彼らに、ヴィンセントから撤退指令がはいります。 「見事な手際だ。 「さあ存分に復讐を」 ギーラン卿の賛辞に、ほほ笑むノーマンですが、その目はまるで笑っていない。 そして、彼らの軍勢は儀祭(ティファリ)の儀式を行う城内の王や5摂家・その家族の集まる部屋へ 「今の音は何だ。 報告はまだか?」 見て参れと侍従らしき鬼に命令をするノウマ卿。 素直に従い大きな両開きの扉に手をかけ、少しだけ扉を開けて様子を見ている侍従…でしたが、 「?」 そこで動きを止めてしまう。 「久しいのぅ」 「いや貴様…」 イヴェルク卿は、賊徒の正体に気が付きました。 スっ、と顔を覆う布に手を当てるギーラン。 「ギーラン…!! 」 女王や五摂家の前で顔をさらすギーランに、仮面をつけていることもあるが、皆無表情ではありました。 ですが、バイヨン卿は、かつての気高き清廉だったギーラン卿を知っていたので、その変貌ぶりに内心信じられないものを見るような面持ちでいました。 「父上母上、お下がりください。 ここは危なーーー」 プポ卿が、自分の後ろにいた両親を気遣い声をかけた時。 「え」 母親が彼の目の核めがけてナイフで一刺しした。 『母…上…?な…ぜ…』 プポ卿は薄れゆく意識の中で母を思う。 そしてその母は、核をついたナイフでそのまま、プポ卿の首を切り飛ばし絶命させた。 信じられない反乱に、声を荒げるノウマ卿に、ギーランは告げる。 「家族と思うたろう?」 心底、楽しそうに。 「姿声匂い。 その面を外す。 プポの両親だけではなく、ここにいる家族親戚の皆がギーランの手の者になっていたのです。 」 さすがに動揺が走るが、女王だけはピクリとも動じない。 「フ…アハハハハッ!!」 プポ卿の脳にかじりつきながら、ギーランは高笑いで語りだす。 プポ卿を取り入れたからか、ギーランの体は急速に変化する。 「野良に落とされ700年。 我ら一門、この日をどれほど待ちわびたことか」 人間を食べることを禁じられ、野良に落とされ、体も退化していく。 大変苦しい生活を強いられてきたギーラン卿一門。 「忘れたことなどない。 受けた仕打ち…屈辱。 苦しみ、悲しみ、憎しみ」 「つぎはぬしらじゃ。 我らが怒り、存分に味わわせてやる」 スマートで知的な、人間型の鬼へと進化したギーラン。 髪も伸び、かつての姿をとりもどしていた。 「笑止」 そんな彼にも女王は動じず、ただ一言発したところで、第146話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? ポイントを考察 普通の人間の脳よりも、高貴な鬼を食った方が姿を保てるのですね。 ノーマンの策のまま進んでいるのか。 かなりえげつない方法で進行しています。 鬼達にも家族の絆はあるから、彼らの悲しみは計り知れないもの。 バイヨン卿の仮面を握りしめ震えている姿はそれをよく表していますね。 ギーラン卿にやらせて、ノーマン達は裏方に徹しているから、憎しみは鬼同士のみで戦争をしてくれている。 人間が手引きしてるとは思わせない手腕がすごいです。 今のところ順調すぎるほど優勢で進んでいるので、この後の展開が恐ろしいですね。 約束のネバーランド146話感想 ノーマンの吐血にガックリした146話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね! エマ達どうやって入ってくるんだろう・・・ — ギールベルト gilbert0515 約束のネバーランド3周年突破おめでとうございます! 物語も最終決戦突入。 最近の話読んでるとエマとノーマンが犠牲になりそうで怖い。 3人で一緒にハッピーエンドになるかな? — kanegon takuma3173 巻頭カラー、まさに3周年のお祝いの楽しそうな絵! それに対して本編は中々過激な戦い。 推定5000の兵を1000まで減らしたってサラッと書いてあるけどめっちゃ凄いな… ギーランの作戦かなりむごいな 鬼vs鬼、どうなるか楽しみ! あとこれエマ達は本当に間に合うのか…? — やっほー iDuXys9qk10EjEG 「食べたものの特徴を手に入れる」なら、 「鬼を食べてそいつになりすます」 って事も可能なのか・・・完全に盲点だった — ギールベルト gilbert0515 鬼VS鬼は、バトル内容や勝敗より鬼の生態が明かされそうな方が気になるかなー。 あと大軍VS大軍、これぞ戦争!って雰囲気が結構好き。 上から ・約束のネバーランド 巻頭カラー ・鬼滅の刃 ・ONE PIECE ・Dr. STONE ・僕のヒーローアカデミア ・ハイキュー!! センターカラー ・呪術廻戦 ・チェンソーマン ・群青のバトロ 読み切りセンターカラー ・ブラッククローバー ・ぼくたちは勉強ができない センターカラー ・アクタージュ ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・サムライ8 ・神緒ゆいは髪を結い ・最後の西遊記 最終回 ・トーキョー忍スクワッド ・ビーストチルドレン ・ふたりの太星 作者コメント欄 で、19作品になっています。 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は巻頭カラーで1番目です。 ここ5週の掲載順番は『1番、3番、2番、11番、4番(最新号から)』ですので、平均は一つ上がり4番です。 今週号は約ネバ連載3周年&エマのバースデー記念のカラーでした。 人間キャラクターのオールスターのような扉絵に、人探しするのも楽しかったです。 コミックス15巻が2019年8月2日 金 発売になりました。 125話「噓吐きの同盟」から133話「あそぼ」までの9話分収録です。 本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。 みんなの日常や鬼側のオフショットが描かれているのも楽しいです。 15巻巻末にありましたが、すでに16巻の発売日も決定しているようで、 約束のネバーランドコミックス16巻は2019年10月4日 金 発売予定です!! 「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね! 2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。 アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。 公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。 詳細気になる方は公式ページをチェックです。 ノーマンは鬼には非常になれる策士… 親兄弟まで殺され、革命を起こされた5摂家の貴族の方の憎しみも計り知れないですね。 その中でも女王の毅然とした態度は上に立つものだからなのか。 それともこの程度の反乱は大したことないのか。 彼女の出方も気になるところです。 橋を落としてしまったけど、エマたちはどうやって潜入するのかな? GFハウス脱走の時みたいにハンガーとか使う…? ソンジュやムジカと達とも合流できそうですし、高貴な人しか知らない非常口的な抜け道とかしってそうな予感。 革命の戦争が始まってしまいました。 次話も目が離せませんね!.

次の

約束のネバーランド145話ネタバレ!ノーマン死亡寸前?エマとレイが急ぐ!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束のネバーランド 145

約束のネバーランド145話「それぞれの」ネタバレと伏線考察 『ノーマンを止めに、急ごう王都へ!! 』 先に出立したノーマン達を追いかける形で王都に向けて出発するエマやレイ達と、ドンギルダにソンジュとムジカ達。 「いいか、俺達のデッドラインはノーマンが王・貴族を殺し尽くすまで」 レイはエマに告げます。 王都の鬼全員への大虐殺も止めないとならないが、それ以前に鬼側の王や貴族を殺すことは政治機構をなくすこと。 そうなると、交渉相手が失うということ。 「そうなれば和平の道は絶たれる。 戦争も混乱も止められないってことだよ」 周りの兄弟たちは意味がいまいちわかっていませんでしたので、エマが補足します。 ノーマンは王・貴族の集まる儀祭(ティファリ)のタイミングで彼らを殲滅するつもりでいる。 どれだけ遅くても、その前に間に合ってノーマンを説き伏せないと、エマたちにとっては最悪なシナリオが待っている。 王都まで普通に歩いて行って5日かかる。 エマレイの足で危険度外視で近道を急いでも3日。 「まって、今11月7日の午後。 ティファリまで実質あと2日半だよ?」 急げばぎりぎり間に合うとふんだレイですが、正確な時間をアンナが指摘する。 それはぎりぎりアウトでした。 何とか間に合っても戦禍の真っ最中で、エマやレイも戻って来たばかりで本調子かも疑わしい。 少々レイの計画にも無理があるかもと、冷や汗をかいて押し黙る。 「いた!エマ!! 」 手詰まり感があった中、ちょうど弟妹がエマとレイを呼びに来ました。 呼ばれた先には、馬にまたがったオリバー・ザック・ナイジェル・ジリアンの4人がいました。 「乗れ!!」 彼らはエマたちが留守の間に付け焼刃と前置きしつつも乗馬を会得したのでした。 馬の脚ならもっと早く王都へ行ける。 彼らが一緒に最大速度で送り届けると申し出てくれました。 「でもなんで…みんな…特にジリアン、いいの?鬼まで救うのには反対だったんじゃ…」 エマは一つの疑問をジリアンに投げかけます。 『鬼よりも仲間やエマが大事。 仲間が守りたい』と以前、反対派にいたはずでした。 「まぁね。 私は鬼を殺すわよ。 仲間に危害を加える鬼(てき)は全部。 」 「でも、友達(ノーマン)を助けたい友達(エマ)を助けたいの。 私も」 ジリアンは困ったような顔で、ほほ笑みます。 その言葉に、レイもエマも同じように眉根を下げながらも、口元を笑みの形に変える。 「さあ、おしゃべりは終わりだ。 とばすぞ!」 「友(ノーマン)の元へ!!」 オリバーの合図で、王都へ向けて全速力で馬をかけらせるのでした。 「物見からの報告だ。 王都軍は着々と偽の地点へ向かっている。 そんで各領から出発した五摂家の親族車両も全て予定通り儀祭(ティファリ)当日朝に到着するってよ」 「上々だな」 シスロの報告にそう返すノーマン。 「ヴィンセント、例のアレは?」 「完璧だ。 間に合った持ってきたよ。 ーそして、時同じくして留守番のアジトの仲間たちの会話ー 「けど、ぬかりねぇ時ほど危ないんだ」 「ああ、ルーカスがよく言っていた」 ヴァイオレットの言葉に同意するポーラ。 ユウゴも言ってたと補足する弟妹達。 思い返すと少々急いでいるようにも感じると率直な感想を述べるナイアに、ノーマンに限ってそんなことはないと思うと考えこむGF組。 「私たちが鬼に姿を見られたあの件が理由にあるんだろうけど…」 アンナは、以前共に潜入した農場でエマが捕まってしまったことを思い浮かべます。 「それだけかな。 」 「それだけがこんな急いでる理由なのかな」 アンナの言葉に、気になることを重ねてきたのはサンディでした。 ー場面変わり、ノーマン達に戻るー 計画に抜かりなく、薬も飲んでいるし予備も持っている。 順調な時ほど用心だと言うノーマンに、シスロやヴィンセント、バーバラはお礼を述べるのでした。 言葉はないけれど、ザジもきっと同じ気持ちで。 ここまで生きてこれたのはノーマンのおかげだと。 ノーマンのおかげで世界を変えられると。 自分たちに残された時間は多分少なくて、残りの命が短いことも理解している4人。 「俺たちはここで果てても、新しい世界、その先へボスや他の食用児(こどもたち)が行ける。 それが俺達の何よりの願いで希望なんだ」 少し、悲し気に微笑みながらもその意思に迷いはない様子の4人。 そんな自己犠牲の覚悟に、ノーマンは『馬鹿を言うな、無血で勝利する』と返します。 誰一人戦死は許さない、と。 「僕達は新しい世界をつくる。 そして見るんだこの目で」 「僕たちは自由だ!! 今こそ1000年の苦しみを終わらせるぞ!! 」 ノーマンはボスとしての求心力で、仲間たちの士気を高めました。 そして。 その後一人夜の星空を見上げています。 彼の表情は、部下たちに見せる険しいものではなく、やさしい、GF時代のノーマンの表情になっていた。 空を見上げ思い浮かべたのは、GFハウスに、無邪気に笑うエマに、いつもの木陰で本をよむレイ。 二人がノーマンの名を呼びかける。 再会してからのエマの言葉を思い出す。 『友達(ムジカ)を殺さなきゃ生きられない未来なら、私はもうきっと笑えない』 『ノーマンも全部話してよ』 『一緒に生きよう、ノーマン』 懸命に寄り添おうとしてくれたエマ。 「レイ…エマ…」 「…っつ!」 郷愁にかられたような表情でつぶやくノーマンでしたが、その直後、彼に耐えがたい頭痛が襲い、頭を抱えます。 またか…と心の中で思いつつ、せきこみながら膝をつき、何とか発作をやり過ごすノーマン。 でしたが、口を覆っていた手のひらには、べったりと着いた鮮血が、ただ事ではないことを物語る… 『ごめんね』 その手のひらを見つめ、ノーマンは悲しげにつぶやくのでした。 そうして時が過ぎ、2047年11月10日。 儀祭(ティファリ)当日を迎えました。 準備はつつがなく済み、王都に貴族たちは集結し、城下町の鬼の住人達は、お祭り騒ぎで盛り上がっています。 大人も子供も皆、楽しそうに。 「さあ、始めよう」 そんな中で、爆発を皮切りにノーマン達の攻撃が始まる。 王都での決戦が皮切られたところで、第145話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? 『友達(ムジカ)を殺さなきゃ生きられない未来なら、私はもうきっと笑えない』 『ノーマンも全部話してよ』 『一緒に生きよう、ノーマン』 といったエマの言葉全部に対しての「ごめんね」だったのでしょうか。 ムジカも殺すし、本当のことは全部話せない。 そして、一緒に生きられない。 その表れだったんですかね。 急いでいたのはラムダ出身の者たちがノーマン自身も含め命の時間がなかったから。 「ぬかりないときこそ危ない」 フラグが思いっきり立っていたのできっと計画はどこかで破綻してしまうのかなとありありと思わせる演出でしたね。 そのほころびは鬼達の応戦だけではなくムジカ達であり、エマたちであり、なのかな。 みんながみんな、相手のことを思い同じような表情で話していたのが気になります。 清濁併せ吞むといった感じ。 晴れ晴れとは語れない…ですよね。 それがこの問題の難しさなんだろうなとおもいます。 約束のネバーランド145話感想 ノーマンの吐血にガックリした145話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね! ノーマンは死ぬしかないと思ってたが、この展開は逆に死亡フラグ回避な気がする。 ベタだけどこういうのに弱い。 — 金銀パール kinginpl うーん、ここまで来ちゃうとノーマン救えなそうな感じがあるな。 でもノーマンを犠牲に平和を勝ち取るっていうのは、ハウスの時と同じ「負け方」だから救ってもらいたい — きょうりゅう kyoryujpwt 【約束のネバーランド】 いかにクソだろうが社会を統治できる能力のある者を残すというエマたちの判断は正しい。 某世紀末救世主みたいに暴力で支配する統治者を後先考えずにぶち殺したところで、別の暴力に支配されるだけだからな。 — 🚮 recyclebin5385 週刊少年ジャンプ2019年36・37合併号の掲載順をご紹介 36・37合併号はこのような掲載順になっていました。 上から ・ONE PIECE 巻頭カラー ・鬼滅の刃 ・約束のネバーランド ・Dr. STONE ・ブラッククローバー ・Fけん 読み切りセンターカラー ・ハイキュー!! ・呪術廻戦 センターカラー ・ぼくたちは勉強ができない ・僕のヒーローアカデミア ・チェンソーマン センターカラー ・アクタージュ ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・最後の西遊記 ・サムライ8 ・神緒ゆいは髪を結い ・トーキョー忍スクワッド ・ふたりの太星 ・ビーストチルドレン 作者コメント欄 で、19作品になっています。 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は3番目です。 ここ5週の掲載順番は『3番、2番、11番、4番、5番(最新号から)』ですので、平均は一つ上がり5番です。 順位だけで言うともう少しで名実ともにジャンプのトップになれる日も遠くないかもしれません。 コミックス15巻が2019年8月2日 金 発売になりました。 125話「噓吐きの同盟」から133話「あそぼ」までの9話分収録です。 本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。 みんなの日常や鬼側のオフショットが描かれているのも楽しいです。 15巻巻末にありましたが、すでに16巻の発売日も決定しているようで、 約束のネバーランドコミックス16巻は2019年10月4日 金 発売予定です!! 「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね! 2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。 アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。 公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。 詳細気になる方は公式ページをチェックです。 公式Twitterピックアップツイート! 2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ! 【WJ36・37合併号 裏・目次コメント】 今週は白井カイウ先生! 「ビンゴがね~弱いんですよ。 全然穴があかなくて。 またはいっぱいあいても繋がらなくて。 ほぼドベかドベ2です。 次号本誌約ネバ巻頭です。 その見開きカラーがまたベラボーに素敵ですのでお盆明け19日も是非皆様お楽しみに。 でも仲間にも隠してる様子です… 吐血するくらいだから皆よりも重い感じがするし、計画を急いでいる理由がここで判明しました。 エマたちの活躍で、ノーマンの命も何とか救ってもらいたいと心から思います。 (ムジカの(血の)力で発作が無効化できないかとおもってみたり) 革命を求める戦いが始まってしまいました。 クライマックスまで待ったなしの印象。 テンポよく進めば30巻満たないくらいで終わってしまいそう… 今回は合併号なのでお次はお盆明けです。 ドキドキしながら待ちましょう。

次の