かわいあんり 可愛い。 【画像まとめ】河井案里(あんり)は若い頃から可愛いすぎる!|TK HOTLINE

河井あんりは若い頃も可愛い?年齢や旧姓や出身高校と大学が気になる

かわいあんり 可愛い

スポンサーリンク 現在公職選挙法違反の疑いがかかっている 自民党の河井案里 あんり 参議院議員。 疑惑がかかってから、夫である河井克行議員と共に雲隠れしたり、やっと姿を現したと思えば疑惑に対しての質問にはスルー。 国会議員なのに誠意のない態度を貫いていて、バッシングが日に日にどんどん大きくなっています。 実は 疑惑と共に話題になっているのが、河井案里議員の「顔」。 なんか、最初に見た時より人相が悪く、どんどん悪人顔になっていってません? そこで今回は、 ・河井案里の顔や人相が変わり過ぎ!? ・河井案里の顔や人相の変化を時系列でまとめてみた! ・河井案里の笑顔も気持ち悪い? …この辺りについてご紹介していきますね。 2020-01-16 14:46 そんな中、最近の河井案里議員についてこんな意見が目立つようになってきています。 税金泥棒BBAかわいあんり顔がいがんできてる。 旦那はよくこんなのを抱けるな。。。 選挙投票って顔って判断材料にも結構大事だと思うね。 — ツキヨノソラハ tsukiyonosoraha … 「顔が変わった」「人相が悪くなってる」…という声が多数って感じなんですよね。 確かに、河井案里議員って 参院選の時は「かわいい」とか「美人」とかって言われてたような… 実際「河井案里」で検索されると「可愛い」って候補に出てきますしね。 スポンサーリンク 河井案里の顔や人相の変化を時系列でまとめてみた! では、さっそく過去の河井案里議員の顔画像をご紹介していきたいと思います。 以下顔画像はすべてより引用 広島県議会議員時 参議院議員になる前は、14年以上にわたって広島県議会議員を務めていた河井案里議員。 当時の年齢は、41歳。 …かわいらしくないですか? 41歳と言う年齢にしては 若々しさや初々しさもあるし。 …はつらつとしているというか… 「 親しみのある、それでいて聡明な美人」って感じでしょうか? 公職選挙法違反の疑い発覚時 公職選挙法違反問題が発覚したのが、2019年10月30日でした。 夫である河井克行議員は法務大臣を辞任、会見に応じましたが、当の本人である河井案里議員はコメントを出すのみで姿を見せることはありませんでした。 このときはまだ、余裕の笑顔です。 スポンサーリンク 家宅捜索時 1月15日 問題発覚から約2か月後、広島県にある河井案里議員の事務所に地検の家宅捜索が入りました。 その日の夜に、やっと公の場に姿を現した河井案里議員。 通常国会開会時 1月20日 顔はやつれ、たるみの目立つ頬… 疲れた表情だけど、 目だけはぎょろっとしていてにらみはきかせてるって感じでしょうか。 この金額は相場の「10倍」なんだとか… …もうめちゃくちゃ。 そりゃ、こんな悪人顔にもなりますよね。 自分の後ろで大きなお金が当たり前に行き来する。 自分はその波に乗っかって、とりあえず「知らぬ存ぜぬ」を通せばいい。 …なんとか疑惑を乗り越えられれば、それですべてOK…なんですから。 この方自分の立場が分かってないのか、人を馬鹿にしているのか、 疑惑の渦中にいるにも関わらずちょいちょい「笑う」んですよね。 深夜の不意打ち会見、国会も出て、今は逆風吹いてるけど、どうせバカな国民はこの嵐が過ぎたら忘れるさ!薄ら笑い浮かべてそう思ってるに違いない。 この卑劣な女を絶対に忘れてはだめ。 批判し続けないと。 口先だけで謝罪してるだけで、本心では「悪い」なんて一切思ってない事のあらわれですよ。

次の

【河井案里】顔や人相が悪人化!変化を時系列で…笑顔まで歪んできてるしw

かわいあんり 可愛い

昨年夏の挙を巡る 河井あんり氏陣営の違反事件。 公設秘書らの裁判も行われ、 氏、河井あんり氏らの選挙の実態が 次々に明るみになり、 連日、国民の怒りは倍増している。 今から30年ほど前の1993年(平成5年)、 当時議会議員だった 氏は、旧広島1区の 選挙(7月4日公示、18日投開票)へ初挑戦した。 当時の選挙は、 氏の脱税事件の初公判を 投票日の4日後に控え、 政治と金の問題もクローズアップされていた。 結果は、総選挙ではを維持できずに下野。 や、、さきがけ等の 新党ブームが起こり、 細川連立内閣が発足し、 の終焉の選挙なった。 その総選挙に 氏は、当時若干30歳で で出馬した。 ちなみに、この時の選挙で初当選を果たした議員らには、 総理、、現や 元外相や元総理らがいる。 氏は、 旧で8人が戦う激戦で6位となり 初陣は落選となった。 敗戦の弁を述べる氏は メディアへのインタビュー内で 政治と金の問題でに対し、 厳しい判断がなされたこともあり、 次のように発言している。 「我が陣営の選挙戦については、 人様から後ろ指を指されるような 悪いことは全くしておりませんし、 悪いお金も一銭も使っておりませんし。 」 「選挙で悪いことをしたような人がですね、 国会に行った後、 本当に良いことが出来るはずがない。 」 落選は不徳の致すところ。 しかし悔いのない選挙を戦えた。 過去、河井あんり氏も 当時の知事へ 政治と金の問題で追及した際に、 「私がもし知事でしたら、 恐らく辞職をしています。 男らしくしなさい、これだけです。 」 云々の発言をしている。 ご夫婦揃って 過去の自身の発言をどのように 感じておられるのか。 是非聞いてみたい。 ではでは。 syouseihiroshima 7月16日の 河井あんり氏陣営の 大規模買収事件。 自宅に突然、 氏、河井あんり氏が訪れ 現金が入った封筒をそのまま置き 足早に立ち去る。 受け取れ。 そんな暴言すら吐かれ、 高圧的な態度で無理やり渡された。 そんな証言も存在する。 しかし、自らの信念に従い 後日返金した者も多数存在する。 その反面、 返すタイミングが無かった。 そう証言している者も多い。 各メディアは、 河井あんり氏陣営関係者は、 各議員らへ現金を渡した後、 の秘書と一緒に 改めて買収後の 各議員らへ挨拶廻りを行っていたとも報じている。 また逆に総理秘書訪問後に 現金を渡したケースも存在する。 無理やり現金を渡され、 またこれはからと言いながら 現金を渡された者は 相当な圧力を感じたに違いない。 各議員らにしてみれば 本社社長からの圧力がかかったと感じるであろう。 その場で突き返せば良かったのは間違いのないことだが、 返金する行動が抑制された面も否定はできない。 こうした話もあることから 無理やり渡された、 自宅なりに夫妻が勝手に現れ、 現金置いていかれた可能性のある関係者への 刑事処分は見送るべきであると 前回小生は触れたのである。 検察の任意聴取の中でも 秘書と会ったことはあるか。 と聞かれた関係者も多い。 また中には、 何月何日に、の秘書が訪ねて来なかったかと 日時を分かった上で、 任意聴取を受けた者もいる。 この聴取は何を意味するのであろうか。 氏は、 党本部から金を用立てしてもらうために 総理に面会し、 逐一選挙情勢を報告していた。 面会後に多額の現金が振り込まれたのではないかとの疑惑も 各メディアは追及を強めている。 こうした疑惑についても は説明責任を果たすべきである。 真相は闇の中だが、 河井あんり氏陣営は、 現金の提供先に改めて圧力をかけ、 から、二階幹事長から等 大物幹部の名前を利用し、 なりふり構わぬ選挙を 行ったことは選挙戦を見て 誰もが疑うことはないであろう。 未だに、買収の意図はなかった。 現金を配ったかどうか記憶がない。 等と夫妻は証言しているという。 またこれだけの報道が連日行われながらも 辞任する様子はない。 広島政界は、 氏、河井あんり氏という とんでもない議員を生み出してしまった。 その片棒を、はじめ 本部が担いだのは 間違いのない事実である。 金権選挙を我々は絶対に許してはならない。 その一方で、 河井陣営の圧力。 現金爆弾にも負けず、 自ら信念を突き通した者も存在しているのは確かである。 今回の大規模買収事件は 広島政界の膿を出し切る 最後のチャンスであるかもしれない。 徹底的な捜査により 一切合切を表へ出し 真実が全て明らかになることを 願わずにはいられない。 ではでは。 syouseihiroshima 河井あんり氏陣営よる 大規模買収事件。 前回小生は、100名、総額2900万円あまりの 買収先リストを公開した。 しかしどうか 公になった全ての議員や関係者なりを 一律に責めることについては 一考頂ければと思う。 冷静に、この事件を見つめて頂きたいと願う。 小生なりのこの事件に対する考え方を 下記に綴りたい。 買収先については、 氏、河井あんり氏の 公判が始まれば、 検察側が明らかにし、 裁判の中で、いずれ公のものとなるであろう。 しかし検察側は、 被買収側の刑事処分を見送る方向だと 各メディアは報じている。 これに対し、 世論は批判を強めている。 一律に処分見送りでは絶対に納得できない。 しかし、どこかで線引きを行うべきであると 小生も考える。 第一に、による への寄附という処理は、 領収書が必要であり、 また氏、河井あんり氏側から 領収書の提出を求められておらず、 この詭弁は排除されるべきである。 その中で 無理やり現金を渡された者も確かに存在している。 その場で突き返したにも関わらず、 玄関先や挙句には郵便受けに そのまま現金入りの白い封筒を置き去って行ったという証言もある。 また受け取れと高圧的な態度で 現金を渡されたと証言する者もいる。 この場合は、被害者と言えなくもない。 また大前提として 現金をその場で返した者。 後日返金した者は 貰ってはならないお金であることを 自ら自覚し、返金したのであれば 処分見送りも理解されるであろう。 更には、高圧的な態度にも怯まず、 信念を突き通した者は称賛にすら値する。 しかし現金授受が、二回以上あった議員らは 刑事処分の対象とすべきである。 一度目は無理やり渡されたという理屈も通じなくはない。 しかし、二回以上現金を無理やりということは やはりおかしい。 二回目以降は、十分に警戒出来たはずである。 この詭弁が通じることであってはならない。 また現金の受け渡し場所にも よると考えられる。 勝手に自宅まで河井夫妻が訪ねて来て 無理やり現金入りの封筒を置いて 逃げるように夫妻は帰っている。 この場合、無理やり渡されたという証言は 密室のため、証明は確かに難しい。 また本当に無理やり渡された者もいるであろう。 しかし、車内や 氏、河井あんり氏の事務所まで 自らが わざわざ出向いて、その場で現金を渡された者は 無理やり渡されたという詭弁は使えない。 そのまま置いて帰るなりの行動が 出来たはずである。 当初読売新聞に 買収先リストが公開され 後日なりに返金した議員らまで疑われてしまっていることは 確かに気の毒である。 裁判が始まるまで 検察側から公に証言しないように 求められている関係者も確かに存在する。 裁判で、どのように受け渡しが行われたのかを そして、後日返金をしたかどうか等を 考慮すべきであると感じている。 返金した者に関しては その行動を評価しても良いとも言えなくはない。 通常、刑事事件の買収捜査の場合は たとえ5万円であっても立件されている。 議員だけが責められるべきではない。 もちろん、そのまま受けった陣営関係者や後援会関係者も それなりの罰は受けるべきではないかと考える。 確かに、買収を行った 氏、河井あんり氏が一番悪い。 そして勿論、それを事件化するまで 黙っていた被買収側も責任はあることは自覚はして頂きたい。 しかし、今回の場合 刑事処分を行うべき者。 刑事処分を見送るべき者。 その両方が存在することは 冷静に見ていく必要がある。 全て同列に処分見送りは やはりどう考えても納得は出来ない。 無理やり渡されたとの証言も確かにある。 その中であっても、信念を持って返した者もいる。 この返金した上で、 不正を行った河井あんり氏陣営に協力しなかった者は 処分見送りであっても良いと小生は思う。 返金はしたが、河井あんり氏を応援した者は 不正を行う候補者を認めたことと同じであり、道義的責任は残ると考えられる。 二回以上にわたって現金の授受を認めた者。 自宅ではなく、自ら河井事務所なりに出かけた者。 車内や路上で現金を受け取った者。 これらは、処分を是非考えて頂きたい。 検察側は、 裁判で被買収側、そしてそのやり取りをしっかりと公開し、 に配慮した処分のあり方を 是非考えて頂きたい。 そうでなければ 今後、無理やり渡されたと証言しさえすれば おなしと公にしたも同然であり、 これまでの各買収事件との整合性も 取れなくなる。 裁判後でも、各議員らは 自らの言葉で真実を述べる必要がある。 その中で、返金した者には 堂々と証言し、議員活動をまた続けて頂きたいとすら願う。 そして、今回公になった者だけを 悪者にしてもならない。 黙って未だに否認を続ける者 即ち逃げ得を絶対に許してはならない。 しっかりと膿を出し切るために 検察には信念を持ち、 後ろ指を刺されるような捜査にならないように 今後も全力を尽くして頂きたい。 そして疑惑が上がった者は、 裁判により事実が公表された上で 説明責任を果たすべきである。 検察が処分しないのであれば、 我々は民意という力で、 道義的、社会的責任を取らせるよう 行動しなければならない。 ではでは。 syouseihiroshima 昨年夏の挙を巡る 河井あんり氏陣営の大規模買収事件。 各メディアも 被買収議員らのを行うようになったため 小生の手元にある 100名の買収先のリストを 公開させて頂く(敬称略)。 現職議員。 元議員。 後援会関係者(過去や現在の役職も分かる限り列記した)まで。 その時期や受け渡し場所、金額と全て公開させて頂く。 もちろん、これは 氏、河井あんり氏が 現金を持参した先であって その後返金をした議員らもリスト上には明記してある。 そのため、全ての議員らを 責めることを目的とはしていないことを ご理解頂きたい。 県内全域の議員らへ金を配り 自身の後援会関係者は、 商工会の役員や、の役員を兼ねている者も多い。 その中には、社会的な功績が認めらえて 過去表彰を受けた者たちも多数存在する。 どれだけ広範囲に そして高額な金を配ったのか。 もちろんこの100名、2900万円あまりでは まだまだ足りないと小生は感じている。 検察には 今後も徹底的な捜査を行い 全容解明を期待する。 ではでは。 克行氏ブログより。 前職のため、実名等は控えさせて頂いた。 河井あんり氏陣営の 大規模買収事件。 検察は、氏、河井あんり氏を 7月8日起訴した。 その際、被買収側を6名追加し、 また総額を2900万円余りとした。 その6名とは誰なのか。 小生の耳には そのうちの5名は後援会関係者ら。 残り一人が、前の秘書を務めた男性Y氏。 またこの元男性秘書が、 増額した分のほとんどの300万円近くを 受け取っているとの情報。 前とは、 広島政界では知らぬものはいないK氏。 この元男性秘書Y氏も これまで何度となく 検察の事情聴取に呼ばれているとの情報はあった。 第142回に綴った大物政界関係者がこの人物である。 またこのY氏、 携帯電話が繋がらないことがあり、 検察へ押収されているとの話もあった。 この前は 挙では、表向きには 野党系無所属現職の氏を 応援しているが、 その裏では、河井あんり氏を応援していた。 県内のとある企業には このY氏が、河井あんり氏を伴って 挙前に挨拶に来たとの情報もあった。 また、河井あんり氏が当選後は 夫妻で、この前へ 当選御礼の挨拶に出向いている。 捜査は水面下で丁寧に行われていたことが これでまた証明され、 また買収先が、 これまた広範囲に及んでいたことが 浮き彫りになった。 先日家宅捜索に入った 内の某企業と K前は、非常に近い関係であったことは、 広島政界関係者なら誰もが知る。 この企業への家宅捜索も 何らかの意味を持つのではないかと 小生は考えている。 また前は どこまで絡んでいたのかも 検察には丁寧な捜査を願いたい。 そして、このY氏経由で 流れた金がないかも 小生は非常に注目している。 ここから先、 また新たな事実が公になることも 予想される。 まだまた大規模買収事件は 終わりではないのであろう。 この際徹底的に、 膿を出しきって貰いたいと 切に願う。 ではでは。 syouseihiroshima 河井あんり氏陣営の大規模買収事件。 検察は夫妻を起訴し、 被買収側の刑事処分は見送る方向であると 各メディアは報道している。 起訴後、会見した 特捜部、または、 被買収側の処分について質問が及ぶと 「起訴すべき者は起訴した。 」との回答のみであった。 何度質問しても、同じような答えで 被買収側の処分については 曖昧な答えに終始した。 検察の対応について、 メディアも世論も、 被買収側が刑事処分を免れていることに対し、 連日批判を強めている。 本日、の議会では、 河井あんり氏陣営から 現金の提供を受け、 当初は否認し、報道後一転して認めた 土井正純議会議員へ 辞職勧告決議を行い、全会一致で可決された。 法的拘束力はないとしても 議会として、不正は許されないと はっきりとした意思表示を行う こうした議会側の動きも 今後県内全域に広がることを期待する。 このことが、信頼回復のための 第一歩であることは間違いない。 また、捜査の原動力となった 市民団体は、検察に対し、 疑惑の買収リストを全面公開するよう働きかけるため 署名活動を始めている。 買収リストが公になれば、 検察が被買収側を処分しなければ 今後、リストに上がった人物らを ひとりひとり告発する動きへの布石だと 小生は感じている。 検察は、地道に捜査を行い 先日やっと河井夫妻の起訴まで持ち込むことが出来た。 その頑張りには、心から敬意を表したい。 しかし、最後のところで を敵に回すようなことになってしまっているのは 非常に残念である。 もちろん、検察側も 公に被買収側の刑事処分を行わないと 認めているわけでは無い。 再度、夫妻逮捕に結びついた 不正は許せないという思いを 我々が届け、検察をも動かす力になることが 大切になってくることは間違いない。 夫妻の問題は法廷の場へと舞台は動いた。 しかし、 政治への信頼回復のためには、 司法だけに任せることなく、 最後まで我々も今出来ること。 おかしいものはおかしいと言える力を 持ち続けていくことが大事だと 感じている。 ではでは。 syouseihiroshima 7月8日 昨年夏の挙を巡る 河井あんり氏陣営の大規模買収事件。 6月18日の逮捕から間が経ち、 本日、氏、河井あんり氏は起訴されることとなった。 検察側は迅速な裁判を進めるため 「百日裁判」を申請するという。 初回の逮捕容疑となった 94名に対する、広範囲かつ巨額な買収。 検察は、現金を受け取った側、すなわち被買収側の 刑事処分は見送る方針であると 各メディアが報じた。 大半が、氏側から 一方的に現金を渡され、 またその場で返し辛い状況であった点が考慮されるという。 現金授受を認めた者だけを処分すれば、 認めなかった者との公平性が保てないとする。 想像の域になるが、 検察側は、被買収を認めれば、悪いようにはしないという 所謂、司法取引を行ったのだろう。 密室で行われた現金授受を証明するためには 証言が何よりもカギとなる。 ある面において致し方なかったと 考えることも出来ないことはない。 しかし、として許されるべきではない。 検察の言い分も分かりはするが、 では、その場で現金を返した者。 後日返しに行った者。 また現金書留で送り返した者。 すぐにATMで振込み返した者。 これらの者との整合性はどうなるのか。 貰ってはならないお金と考え 自ら受領を拒んだ議員らは、 逆に称賛されるべきである。 平気な顔をして、 受領はないと嘘をつき続けた者は それなりの制裁を受けるべきである。 また否認を続けた者だけが、 無罪放免で、逃げ切れることになる。 同じ尺度で一括して処分無しという考えには 絶対に納得できない。 そして今後 無理やり渡されたと言い逃れだけすれば、 被買収の選挙違反はおなしと 検察のお墨付きを得たことになる。 民主主義の根幹を揺るがす事態だと 検察は肝に銘じるべきである。 過去、小生も触れたが 副総裁(当時)に対し、 からの闇事件で、 逮捕もなく当時の罰則で20万円の罰金のみの処分に対し、 その批判が検察に向けられ、 の玄関前の看板に 黄色いペンキがかけられたが、 その際の批判と同じようなことになるのではないかと危惧する。 被買収側の議員らには 処分無しで助かったと逃げ得を許してはならない。 今回の河井夫妻逮捕への原動力となった 各、国民の世論で 検察の対応を厳しく糾弾しなくてはならない。 まだまだ先は長くなりそうである。 市民団体や大学教授陣らの告発を 再度、今度は不当処分に対し、出すべきであり、 それでも不当処分が繰り返されるなら に申し立てを行い、 検察官への不起訴処分に対する審査(法第2条第1項の1号)や 検察事務の改善勧告(法第2条第1項の2号)を 訴える方法もある。 また、名前の挙がった議員らは 説明責任を果たす様、世論形成を行い、 現金を受領したままの議員に対しては、 社会的制裁を受けさせるべきである。 民主主義の根幹を守るために 更に世論形成を行っていく必要がある。 この世論に応えることが出来なければ 国民の司法への信頼は地に落ちることになると 非常に憂慮する。 以前にも綴ったが、 不正な選挙を手助けし、 不正な金を受け取った議員達は 素直に自らの過ちを認め、 最低でもすべきである。 辞職が増えれば、広島政界が立ち行かなくなる。 そんなものは詭弁である。 信頼できない政治家に 広島政界を任せることの方が不幸である。 皆様は、いかが思われるだろうか。 民主主義をもう一度 政界へ取り戻すべきである。 ではでは。 syouseihiroshima.

次の

【画像】河井あんりの若い頃が超かわいい!学生時代がモテすぎた!?

かわいあんり 可愛い

来歴 [ ] 出身。 建築家の父親と声楽家の母親の次女として生まれた。 父は東京で働いていたが、多忙と生活の乱れから吐血して故郷の宮崎に移り、を開いた。 の崩壊などによりだんだん事務所経営は厳しくなり、飲食業に手を出したりしていろいろやってみたが、うまくいかず最後に開いた屋の失敗を契機に飲食業からも手を引いた。 4歳のときに宮崎市に移住。 、、、を経てを卒業後、 修士課程修了。 大学生時代の友人にがいた。 大学院では「政策と民営化・民間活力の導入」を研究。 大学院修了後は、1999年に、2000年に科学技術振興事業団(現 )に勤務。 2002年4月から2003年3月まで非常勤講師を務めた。 結婚、広島県議会議員に初当選 [ ] にと結婚。 結婚相手を探していた落選浪人中のを紹介される。 紹介者を交えて夕食をともにしたその日に克行に見初められ、2001年に結婚 、仲人は元首相。 結婚後、夫・河井克行の選挙サポートを始めたことがきっかけで、一緒に選挙区を回っていた克行から「君は政治に向いている」と県議選への出馬を勧められる。 4月の選挙・選挙区(定数4)は、前回選で・の推薦を得て初当選した労組役員の森本雅彦が不出馬。 後継として私鉄中国地方労組書記長の有元勝也が無所属・社民党推薦で立候補することとなった。 案里は無所属・自民党推薦で立候補し、有元や共産党新人候補らを破り得票数4位で初当選した。 の県議選で自民党は現職の石橋良三、同じく現職の佐々木弘司、案里の3名に公認を出した。 案里は得票数2位で再選を果たすが、佐々木は次点で落選した。 、を離党し、にや一部の自民県議の支援を受けて立候補(自動失職)。 自民党、、は自主投票に回った。 広島の推薦との支援を受けた元通産官僚のに敗れ、次点で落選。 には国民新党からへの出馬を打診されたが、合意に至らなかった。 同年12月に自民党に復党。 の県議選に出馬し当選、議員に復帰。 3月にはが主催するに参加した。 に4期目の当選。 警察商工労働委員長、農林水産委員長、地域魅力向上対策特別委員長を歴任した。 参議院議員 [ ] 2019年6月22日には菅官房長官を弁士に呼んで演説会を行った 2月19日、自民党の政調会長と選対委員長が国会内で会談。 同年夏の広島県選挙区に向けて、党は6選を目指す岸田派のを公認済みであったが、この日、甘利は岸田に2人目の擁立に理解を求めた。 候補者としては、自民党への入党を図るの無所属の参議院議員、の名前が挙がっていた が、を地盤とするが準強制性交容疑で刑事告訴されたことに伴い、3月1日に衆議院議員を辞職したため 、薬師寺は田畑の後任を狙うこととなった。 3月2日、自民党は河井を擁立する方針を固め 、3月13日に正式に公認候補に決定した。 そして3月14日、議員選挙に出馬する予定だった行政書士の竹原哲が急遽、案里の後継として立候補すると表明した(4月の県議選で竹原は無投票で当選)。 定数2の広島県選挙区において二人を公認するのは無謀であることから、自民党本部が無所属現職のではなく、過去に「(安倍首相は)もう過去の人」などとして安倍批判を行っていた溝手潰しを狙っていたとの見方が報道されている。 党本部は公示前の2019年4月から6月にかけて河井陣営に資金として1億5,000万円を振り込むが 、溝手への支給額は1,500万円だった。 二階幹事長や菅官房長官などの党幹部が選挙応援に訪れる 中、案里は豊富な資金を元手に選挙戦を有利に進め、同年7月21日投開票の結果、順位2位で初当選した。 溝手は約2万5千票差で落選。 当確後、選挙事務所で支援者を前に「私は常々、自民党が2議席を取ってこそ、広島県、自民党の勝利だと言い続けてまいりましたので、きょうは万歳は差し控えさせていただきます」と述べ万歳はしなかった。 2019年8月、菅官房長官を慕う17人が所属する無派閥議員の会である向日葵会に入会。 で、参議院、参議院、参議院に所属することになった。 その後、2019年12月7日現在、参議院ホームページには、経済産業委員会のページの委員名簿には案里の名前がある が、議院運営委員会と災害対策特別委員会ページの委員名簿には案里の名前は見当たらず 、参議院ホームページの河井あんりページでの参議院における役職等一覧も経済産業委員会のみになっていた。 その後、2020年6月15日現在、参議院において、経済産業委員会、災害対策特別委員会、国際経済・外交に関する調査会に自民党議員として所属し委員を務めている。 2020年3月3日、秘書が違反の疑いにより、に逮捕された(後述)。 同月28日午後4時半頃、衆院議員宿舎で飲酒しながら薬を多量に服用し救急搬送されたが、症状は重くなかった。 6月17日、夫の克行と共に自民党を離党届を提出し受理された。 議員辞職はしない意向を示している。 6月18日、広島県内の地方議員や首長ら94人に投票や票の取りまとめを依頼し、計約2,570万円の報酬を渡したとして、夫の克行と共にによって逮捕された。 国会での活動 [ ]• 2019年12月9日の第200回臨時国会閉会日、河井克行からは9日も国会の欠席届けが提出され、案里は6日に診断書を提出しており、克行と案里の2人は10月31日の克行の法務大臣辞任後から国会を欠席し続け姿を見せないまま閉会を迎えた。 不祥事 [ ] 県議時代の政務活動費問題 [ ]• 2019年7月23日、広島県議会議員時代に事務所費の減額を申告せず、2018年7月から2019年4月までの10か月間に政務活動費計12万5000円を過大に受け取っていたことが報じられた。 案里は「事務的なミスが原因」と事実関係を認めている。 23日にも広島県議会へ返還する手続きに入るとした。 また、支部が2015年から2017年分の政治資金収支報告書で案里から受け取った事務所の賃料負担分をはじめ、収入で合計2062万円余りの記載漏れがあったことも分かった。 こちらは、2018年9月に報告書の訂正を広島県選挙管理委員会に届けている。 参院選の公選法違反問題 [ ] 詳細は「」を参照 2019年• 10月30日、同年7月の参院選で河井陣営が車上運動員(いわゆる)13人にの法定上限を超える報酬を支払った疑いがあると、の電子版が報じた。 10月31日発売の週刊文春2019年11月7日号に掲載される。 案里と克行の事務所は30日にそれぞれ「明日(31日)記事を拝見する」とコメントを出した。 10月31日、午前8時すぎに夫の克行が首相官邸で安倍晋三首相に法務大臣の辞表を提出し、受理され辞任。 事実上の更迭であると報じられた。 首相官邸でぶら下がりに応じた克行は疑惑について「私も妻も全くあずかり知らない」「今後しっかり調査して説明責任を果たしていきたい」とコメント。 同日、案里は姿を見せないまま議員会館の事務所を通じてお詫びと事実関係の把握に努めたうえで説明責任を果たしたいとのコメントを発表。 同日、安倍首相は、克行の辞任について「任命したのは私だ。 こうした結果となった責任を痛感している。 国民に深く心からおわびしたい」と陳謝した。 10月31日に克行が法相を辞任して以降、案里と夫の克行は国会を欠席し続け、夫妻とも公の場から姿を消している。 11月、案里は参院で4回あった本会議を全て欠席。 5回あった経済産業委員会と4回の議院運営委、2回の災害対策特別委にも姿を見せておらず、自民党二階派の28日の例会にも現れなかった。 議員会館の案里の事務所は「院の手続きを取った上で、欠席をしております。 事実関係を調査した上で、説明をしたいと思います」とのコメントを出した。 11月の衆院本会議を7回全て欠席した克行の事務所も一言一句同じ談話を出した。 広島県の選挙管理委員会によると、参院選で、案里の選挙運動にかかった費用の収支報告書は、法令で定められている期限の8月5日にいったん提出されたが、現在(2019年11月29日報道当時)、修正中で、広島選挙区に立候補した7人のうち、最終的なものが提出されていないのは案里だけである。 夫妻で国会の欠席を続けている間も、それぞれに、給与である歳費、月額129万円あまりと、文書通信交通滞在費月額100万円は支払われている。 11月6日、安倍首相は衆議院予算委員会で、克行の法相辞任との経済産業相辞任について「任命した者として責任を痛感している」と陳謝した。 11月8日、安倍首相は参議院予算委員会で、克行の法相辞任と菅原一秀の経済産業相辞任について「国民の皆さまに大変申し訳なく、責任を痛感している」と陳謝した。 12月6日、案里は事務所の秘書を通じて、で1カ月の自宅療養が必要とする診断書を、自民党参院幹事長に提出した。 世耕弘成自民党参院幹事長は6日に記者会見をし、案里が診断書とは別に提出した書類では、週刊誌の報道について「第三者にも入ってもらい、調査を進めているところで、適切な時期に報告したい」などとしているということを明らかにした。 案里の事務所によると、12月5日に東京都内の病院で診断を受けたという。 また、案里の事務所は「(2019年12月)9日までの国会会期中の説明は難しい。 今の段階では説明がいつになるか見通すのは難しい。 当面、治療に専念する」と 、公職選挙法違反の疑いで刑事告発されたことについては「当局から協力を求められれば、真摯に対応し、説明する」としている。 12月28日、が捜査に着手したと報じられた。 広島地方検察庁は、告発状を受理したかどうかも含め「ノーコメント」としている。 12月29日、新たに、河井陣営の一員として2019年7月参院選の選挙運動をした男性運動員に、克行から直接、支払いの申し込みがあり、案里が支部長を務める自民党支部が約86万円を支払っていたことが明らかになった。 約86万円を受け取った男性運動員が証言した。 自民党側が調査を始めたことも明らかになった。 2020年• 1月15日、広島地検は河井夫妻の事務所を家宅捜索した。 1月20日、通常国会開会日に国会に登庁。 公の場に数ヶ月ぶりに姿を見せ「区切りが付いたら説明したい」と報道陣に述べた。 1月23日、前年7月の参院選の公示前、自民党本部から、案里が支部長を務める「広島県参議院選挙区第七支部」に対し7,500万円、克行が支部長を務める「広島県第三選挙区支部」に対し7,500万円、あわせて1億5千万円の入金があったことが明らかとなった。 落選した溝手顕正が支部長を務める「広島県参議院選挙区第二支部」に対しては、党本部からの入金は1,500万円にとどまり、10倍の開きがあった。 党本部が案里陣営に肩入れした実態が浮き彫りになった。 案里は記者団の質問に対し、「(1億5千万円は)もらいましたが、違法ではありません」と答えた。 その後の調べで、1億5千万円のうち1億2千万円は税金を原資とするであることが判明。 入金先と入金時期は以下のとおり。 1月27日、安倍首相は、克行の法相辞任と菅原一秀の経済産業相辞任について「私が任命した大臣が辞任したことは、大変申しわけなく責任を痛感している」と陳謝した。 1月31日、河井夫妻への強制捜査や自民党本部からの1億5千万円の入金発覚がきっかけの一つとなり、政府は2月7日に定年を迎える東京高検検事長の8月7日までの勤務延長を閣議決定した。 安倍晋三首相が自身に司直の手が及ぶことを防ぐために行った奇策と言われ、その後改正案は大きな問題となった。 3月3日、案里が初当選した2019年7月の参院選を巡り車上運動員に違法報酬を支払ったとして広島地検は案里の公設秘書ら3人を公職選挙法違反()の疑いで逮捕した。 案里は複数の党幹部に電話し「ご迷惑をお掛けしている」と陳謝した。 東京・永田町の議員会館でも河井夫妻の事務所の家宅捜索が6時間半にわたって行われた。 その後、夫妻は「」前夜祭の舞台となった東京のガーデンタワー棟に移動したが、その深夜に10数人がを持って室内に入り、を押収した。 その際に、検察官から「着ているものを調べさせてもらう」といわれたため、案里は自ら全裸になり、多層構造になっているまでめくって中を見せた。 夫は「に相談したい」と言ったが、「からの差し押さえ令状があるから、その必要はない」「逮捕するわけではないから、弁護士を呼ぶ権利はない。 だったくせにそんなことも知らないのか」と一喝された。 3月18日、案里の陣営が活用していたグループLINEの内容が全国紙で報道された。 克行が広報用の車の走行ルートや集会の状況まで細かく陣営に指示したり問い合わせたりしていたことが新たに判明。 克行ののアカウント名は「あらいぐま」、案里のアカウント名は「アンジー」であることが明らかとされた。 「アンジー」はに対して日本の芸能誌が主に用いる愛称であるが 、案里は自身のプロフィール写真にジョリーの写真をあてていた。 3月24日、広島地検は河井案里の公設秘書ら2人を同法違反の罪で起訴した。 案里の秘書がの対象にあたるとして、同日、広島地検はをに申し立てた。 自民党県連副会長を務める県議会議長の中本隆志は党本部に対し「離党勧告を即刻してもらいたい。 従わない場合は除名してほしい」と注文を付けた。 そして「議員辞職すべきだ」と案里を批判した。 3月28日、衆院議員宿舎で飲酒しながら薬を多量に服用し、救急搬送された。 3月29日、克行が議員に現金数十万円が入った封筒を手渡していたことが明らかとなった(時期は2019年5~6月頃)。 3月31日、克行が三原市長のと大竹市長のに現金が入った封筒を配り歩いていたことが発覚した。 4月1日、克行が安芸太田町長の小坂眞治に現金20万円入りの封筒を渡していたことが小坂の証言から明らかとなった。 4月3日、元廿日市市長のが市長在任中に現金を受け取った可能性があるとして広島地検から任意聴取を受けていたことが明らかとなった。 4月7日、安芸太田町長の小坂眞治は町議会の議長宛てに辞職願を提出。 9日、町議会が臨時会を開き同日付で辞職した。 4月9日、広島地検は県議と渡辺典子県議の事務所や自宅を公職選挙法違反の疑いで家宅捜索した。 4月14日、克行が参院選前に案里の後援会幹部に「案里をよろしく頼みます」と選挙戦での電話作戦を依頼し、10万円入りの封筒を手渡していたことが明らかとなった。 4月21日、広島地検は広島市議会の元議長の事務所と自宅を公職選挙法違反の疑いで家宅捜索した。 4月23日、広島地検は広島市議の沖宗正明の自宅を公職選挙法違反の疑いで家宅捜索した。 4月24日、廿日市市議会の元議長の仁井田和之が、克行から「案里をよろしくお願いします」と言われ、現金20万円を受け取っていたことが明らかとなった。 仁井田は数日後、克行の事務所に現金を返し、参院選では溝手を支援したという。 4月25日、広島地検は前長のの自宅を家宅捜索し、任意聴取を行った。 4月28日、広島地検は広島県議3人の議員控室を家宅捜索した。 5月13日、広島地検が克行を公選法違反容疑で立件する方針を固めたことが明らかとなった。 6月6日、克行だけでなく、案里も地元有権者らに現金を配った疑いのあることが明らかとなった。 6月13日、検察当局により、河井夫妻の自宅からは現金の配布先とみられる、合わせて100人以上の名前が記載された2種類のリストが押収されていることが報じられた。 1つには地方議員や市長などの名前が、もう1つには後援会幹部や事務所関係者などの名前が、金額とともに記載されていた。 検察当局は夫の河井克行前法務大臣が、2000万円を超える現金を地方議員らに配り、案里議員自身も一部の現金を配っていた疑いがあるとみている。 6月16日、は、安里の公設秘書に対して公職選挙法違反(買収)の罪で懲役1年6ヶ月執行猶予5年の判決を言い渡した。 また同日の判決では、報酬額について「夫の河井克行議員の意向を確認したうえで決まった」と指摘した。 6月17日、押収されている2種類のリストは、事務所にある河井前大臣のパソコンでも管理されていたと報じられた。 検察当局がリストに記載されていた地元議員などから事情を聴いた結果、現金が配られた疑いがある100人近くの大半が、河井前大臣や案里議員から現金を受け取ったことを認めている。 6月18日、広島県内の地方議員や首長ら94人に投票や票の取りまとめを依頼し、計約2,570万円の報酬を渡したとして、夫の克行と共にによって逮捕された。 同日、安倍首相は、案里と克行が逮捕されたことについて「任命した者として責任を痛感しており、国民に深くおわび申し上げる」と陳謝した。 6月19日、検察当局が押収した克行のパソコンから、現金配布先の名前や金額を記載したリストのデータが削除されていたことがわかった。 しかし検察は、電子データを解析する「」を実施し、削除されていたリストを復元した。 6月23日、三原市長の天満祥典が2019年3月と6月、克行から2回にわたり現金計150万円を受け取っていたことが明らかとなった。 同日、幹事長は夫妻に提供した1億5000万円について、「どうなったかは細かく追求していない」との認識を示した。 6月24日、元県議会議長の奥原信也県議(呉市)が計200万円を受け取っていたことが明らかになった。 克行から2019年4月に50万円、6月に100万円を提供され、案里からは同年5月に50万円が渡されたという。 うち50万円は使い、残りの150万円は政治資金規正法に基づく寄付として処理したと奥原は述べている。 同日、長のが、県議時代の2019年に2回にわたって計60万円を受け取ったことを認めた。 同日、案里の後援会長で、府中町議会議員の繁政秀子が、克行から2019年5月に現金30万円を受け取ったことを認めた。 繁政は最初は断ったが、「安倍さんから」と言われ、押し問答の末に受け取ったという。 同日、三原市長の天満祥典が市議会議長の仁ノ岡範之に6月30日付で辞職する意向を電話で伝えた。 6月25日、議員のが、克行から2019年5月下旬に現金30万円を受け取ったことを明かした。 「収支報告する必要はない。 2人だけの秘密だよ」と言われたという。 6月26日、広島市議会議員の谷口修と沖宗正明が、克行からそれぞれ現金50万円を受け取ったことがが明らかとなった。 沖宗は克行から2019年4月に30万円、6月に20万円を受け取ったと述べており、計50万円は日常生活で使い、参院選では「案里候補を推薦している」とのはがきを約3千枚書いて支援したという。 同日、広島県議(安佐北区)の渡辺典子が、克行から2019年5月下旬に10万円を受け取っていたことが明らかとなった。 同県議(江田島市)の沖井純は克行から2019年4月中旬に50万円を受け取ったと明かした。 同日、安芸高田市議会の先川和幸議長、水戸真悟副議長、青原敏治市議の3人は記者会見し、克行から現金を受け取ったと明らかにした。 3人のうち先川は議長室で20万円、水戸は副議長室で10万円を受け取ったという。 同日、廿日市市議会においては、仁井田和之に続いて、藤田俊雄市議が克行から10万円を受け取ったことが明らかとなった。 同日、呉市議会議員の土井正純が克行から2019年7月後半に30万円を受け取っていたことが明らかとなった。 同日、江田島市議会議員の胡子雅信が克行から2019年6月中旬に10万円を受け取っていたことが明らかとなった。 政治資金収支報告書には記載せず自身の口座に入れた。 同日、議会においては、宮本裕之議長が20万円を受け取ったことが明らかとなった。 6月29日、河井案里後援会会長であり府中町議会議員の繁政秀子が町議会本会議で全会一致で可決され辞職。 同日、北広島町議会議員の宮本裕之が議長職を退く考えを示した。 同日、広島市議会議員の木戸経康が克行から2019年4月に30万円を受け取ったと証言。 同市議の児玉光禎は克行から2019年3月に30万円を受け取ったが数日後に現金書留で送り返したと証言。 同日、愛知県議員のと元議員の大口英夫 が陣営スタッフとして参加し、計約155万円を受け取っていたことが明らかになった。 2人逮捕容疑となった配布先の94人に含まれており、受け取った155万円は参院選の収支報告書には記載されていない。 野々部は選対事務局長を務めた。 同日、安芸高田市長の児玉浩は市議会議長へ辞表を提出。 7月3日、安芸高田市議会は児玉浩の辞職に同意した。 先川和幸議長と水戸真悟副議長は議長、副議長を辞した。 7月8日、公職選挙法違反(買収)の罪で夫の克行と共に起訴された。 同日、保釈を請求(克行は9日に請求)。 同日、安倍首相は、案里と克行が起訴されたことについて「かつて法務大臣に任命したものとして、その責任を痛感するとともに、国民の皆さんに改めておわび申し上げたい」と陳謝した。 安倍首相が河井夫妻関連の不祥事で責任を痛感するのはこれで6回目。 7月10日、呉市議会は土井正純に対する辞職勧告決議案を可決した。 同日、の元秘書が克行から300万円を受け取っていたことが明らかとなった。 2019年5月末に100万円を、7月3日に200万円を受け取ったとされる。 7月15日、東京地裁は案里と克行の保釈請求を却下。 同日、案里の弁護人は、決定を不服として地裁に準抗告したが、棄却された。 7月17日、保釈請求を退けた東京地裁の決定を不服として、最高裁に特別抗告した。 同日、安芸高田市議会議員の先川和幸、水戸真悟、青原敏治が現金を受領した責任をとり辞職。 政策・主張 [ ]• 憲法改正に賛成。 改正するべき項目に自衛隊の保持を挙げた。 憲法9条改正について、県議時代にに通い、旧海軍・旧陸軍のガバナンスの在り方を勉強したことを踏まえた上で、9条改正が、戦争に結び付くわけではないと政治家がきちんと伝えなければならないと考えている。 アベノミクスを評価する。 消費税増税についてはどちらとも言えないとしている。 夫婦別姓についてはどちらとも言えないとしている。 同性婚の法整備化についてはどちらとも言えないとしている。 率の10パーセントへの引き上げに賛成。 は必要。 のへの移設に賛成(を参照)。 創設に反対。 菅官房長官と対談をした際、災害時の意思決定やプッシュ型支援、責任の明確化などを通じて、広島を世界最先端の防災地域にしたいと語った。 人物 [ ]• 小さいころから政策に関心があった。 高校生の時に、が崩壊し、また一方でが始まったことに、新しい時代の到来を感じると同時に政治への思いが強くなっていったという。 「人生100年時代」を迎えようとする日本は、年金問題が示すように、国家の制度設計を根本的に変えなければならない時に来ているとしている。 教育や雇用のあり方も変化が迫られてるとし、環境整備を積極的に行っていきたいと語った。 尊敬する政治家としてとをあげている。 信条は「人生に失敗はない」。 特技はのものまねと演歌だという。 のアカウント名は「アンジー」。 「アンジー」はに対して日本の芸能誌が主に用いる愛称であるが 、案里は自身のプロフィール写真にもジョリーの写真をあてている。 参院選を通じて、自前で後援会を作ったことにより、有権者と直接やりとりができたこと、このことが大きな財産になったと語った。 参議院選挙を振り返り、低投票率の原因として、「争点設定をする力が野党になく、現状の是非だけが争点になったからだ。 与党の訴えた「安定政権を続ける」というコピーも訴求力が弱く、野党は「安倍1強打破」ばかりで何をしたいのか打ち出しがない。 」と述べた。 また争点がないため、自分のやりたいことを訴えるしかなかったとも語った。 参議院議員として初登院した際、「国の目線で地方の課題に取り組むということと、あとは国会議員にしかできない国防安全保障などの勉強をぜひさせていただきたいと思っています」との抱負を語った。 本会議に出席後、の総会に参加。 所属団体・議員連盟 [ ]• TSS報道特別番組『河井克行・案里議員逮捕』(2002年6月18日17:12-17:53、)• RCC報道特別番組『河井克行・案里議員夫妻を逮捕』(2002年6月18日23:56-0:55、)• NHKラウンドちゅうごく『緊急特番 河井前法相夫妻逮捕の波紋』(2020年6月19日19:30-19:57、)• 法令上、提出の期限は定められていないが、県選管は「常識的な範囲で督促はする」としている。 安倍晋三首相が「責任を痛感する」と述べたのは、2020年7月現在で100回以上と言われている。 近年の例としては、2018年3月12日(の国有地売却をめぐる決裁文書書き換え)、2018年3月19日(公文書改ざんとの関与)、2018年4月21日(セクハラ疑惑によるの辞任表明)、2018年5月30日(公文書改ざんと虚偽答弁)、2018年10月29日(公文書改ざん)、2020年3月28日(森友学園をめぐる近畿財務局職員の自殺)、2020年5月4日(緊急事態宣言の延長)にそれぞれ責任を痛感している。 出典 [ ]• 河井あんり公式サイト. 2019年7月26日閲覧。 2019年. 2019年7月26日閲覧。 時事通信社 2019年. 2019年8月1日閲覧。 中国新聞2020年7月16日• 2019年. 2019年7月25日閲覧。 広島ビジネス界 6: 6~11. 2001-06. 衆議院議員 河井克行 公式サイト. 2019年8月1日閲覧。 河井あんり公式サイト. 2019年8月1日閲覧。 首相官邸ホームページ 2019年9月11日. 2019年9月11日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 exciteニュース. 2020年6月30日. 2020年6月30日閲覧。 文春オンライン 2019年9月9日. 2019年11月15日閲覧。 自由民主党 2019年. 2019年8月30日閲覧。 参議院 2020年6月15日. 2020年6月16日閲覧。 第45回 河合克行 議員。 2007年。 河井克行 2016年9月23日. 2019年8月1日閲覧。 2019年11月5日閲覧。 zakzak by 夕刊フジ 2019年8月14日. 2019年11月5日閲覧。 四国新聞社. 2009年10月31日. 2020年3月25日閲覧。 広島市. 2019年8月29日閲覧。 日テレNEWS24. 2010年3月10日. 2020年3月25日閲覧。 2011年4月. 2019年8月29日閲覧。 中国新聞. 2020年3月25日. 2020年3月25日閲覧。 産経新聞. 2019年2月19日. 2019年7月24日閲覧。 朝日新聞. 2019年3月1日. 2019年8月4日閲覧。 産経新聞. 2019年3月3日. 2019年7月24日閲覧。 東京新聞. 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 中国新聞. 2020年6月21日. 2020年6月23日閲覧。 信濃毎日新聞. 2020年1月23日. 2020年1月23日閲覧。 日本放送協会. NHK政治マガジン. 2020年6月16日閲覧。 中国新聞2019年7月25日 27面 中国わいど. 2019年11月1日閲覧。 Yahoo! ニュース() 2019年7月22日. 2019年7月26日閲覧。 中国放送 2019年7月22日. 2019年7月26日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年10月31日. 2019年12月8日閲覧。 参議院ホームページ 2019年12月7日. 2019年12月8日閲覧。 参議院ホームページ 2019年12月7日. 2019年12月8日閲覧。 参議院ホームページ 2019年12月7日. 2019年12月8日閲覧。 参議院ホームページ. 2019年12月8日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月30日. 2020年3月30日閲覧。 読売新聞. 2020年3月30日. の2020年3月30日時点におけるアーカイブ。 2020年3月30日閲覧。 NHK NEWS WEB 2020年6月17日. 2020年6月14日閲覧。 Yahoo! ニュース 時事通信社 2020年6月17日. 2020年6月17日閲覧。 NHKニュース. 2020年6月18日. 2020年6月18日閲覧。 中国新聞. 2020年6月19日. 2020年6月22日閲覧。 産経ニュース 2019年12月9日. 2019年12月9日閲覧。 RCC中国放送 2019年12月9日. 2019年12月9日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年10月30日. 2019年12月3日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年10月31日. 2019年10月31日閲覧。 JIJI. COM 2019年10月30日. 2019年10月30日閲覧。 2019年10月30日. 2019年10月30日閲覧。 2019年10月30日. 2019年10月30日閲覧。 2019年10月31日. 2019年12月3日閲覧。 JIJI. COM 2019年11月1日. 2019年12月3日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年11月1日. 2019年12月3日閲覧。 産経ニュース 2019年10月31日. 2019年12月16日閲覧。 産経ニュース 2019年10月31日. 2019年10月31日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年10月31日. 2019年10月31日閲覧。 日本経済新聞 2019年10月31日. 2019年10月31日閲覧。 ロイター. 2019年10月31日. 2020年7月10日閲覧。 中国新聞デジタル 2019年11月28日. 2019年12月2日閲覧。 Yahoo! ニュース RCC中国放送 2019年11月29日. 2019年12月3日閲覧。 [ ]• 朝日新聞 2019年11月7日. 秋田魁新報. 2019年11月8日. 2020年7月10日閲覧。 NHK NEWS WEB 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 TBS NEWS 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 日本経済新聞 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 毎日新聞 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 中国新聞デジタル 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 中国新聞デジタル. 2019年12月28日. 2020年1月4日閲覧。 FNN PRIME 2019年12月29日. 2019年12月29日閲覧。 日テレNEWS24. 2019年12月28日. 2020年1月4日閲覧。 47NEWS. 共同通信社. 2019年12月29日. 2020年1月4日閲覧。 東京新聞 2019年12月29日. 2019年12月29日閲覧。 TBS NEWS 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 東京新聞. 2020年1月15日. 2020年1月15日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月20日. 2020年1月29日閲覧。 中国新聞. 2020年1月23日. 2020年1月29日閲覧。 朝日新聞 2020年1月28日. 日本経済新聞. 2020年1月31日. 2020年2月11日閲覧。 2020年5月16日. 2020年5月19日閲覧。 中日新聞. 2020年5月19日. 2020年5月19日閲覧。 大阪日日新聞. 2020年5月13日. 2020年5月19日閲覧。 日本経済新聞電子版. 2020年3月3日. 2020年3月3日閲覧。 週刊文春編集部. 2020年5月19日閲覧。 朝日新聞. 2020年3月18日. 2020年6月23日閲覧。 日本版. 2020年6月23日閲覧。 COSMOPOLITAN日本版. 2020年6月23日閲覧。 朝日新聞. 2020年3月18日. 2020年6月23日閲覧。 日本経済新聞. 2020年3月24日. 2020年3月24日閲覧。 手呂内朱梨、池田一生、中島昭浩 2020年3月25日. 毎日新聞. 2020年3月25日閲覧。 朝日新聞. 2020年3月29日. 2020年3月30日閲覧。 中国新聞. 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月1日. 2020年4月1日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月1日. 2020年4月1日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月4日. 2020年4月6日閲覧。 NHK. 2020年4月7日. 2020年4月7日閲覧。 中国新聞. 2020年4月10日. 2020年4月25日閲覧。 賀有勇、中島昭浩、山本康介 2020年4月9日. 毎日新聞. 2020年4月10日閲覧。 東京新聞. 2020年4月15日. 2020年4月16日閲覧。 NHK. 2020年4月23日. 2020年4月24日閲覧。 東京新聞. 2020年4月24日. 2020年4月24日閲覧。 中国新聞. 2020年6月26日. 2020年6月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月26日. 2020年4月27日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月28日. 2020年4月28日閲覧。 東京新聞. 2020年5月13日. 2020年5月13日閲覧。 東京新聞. 2020年6月6日. 2020年6月9日閲覧。 NHKNEWSWEB 2020年6月13日. 2020年6月17日閲覧。 NHK NEWSWEB 2020年6月16日. 2020年6月18日閲覧。 朝日新聞. 2020年6月16日. 2020年6月18日閲覧。 NHK NEWS WEB 2020年6月17日. 2020年6月17日閲覧。 ロイター. 2020年6月18日. 2020年7月10日閲覧。 朝日新聞. 2020年6月19日. 2020年6月30日閲覧。 朝日新聞. 2020年6月20日. 2020年6月30日閲覧。 産経新聞. 2020年6月24日. 2020年6月24日閲覧。 毎日新聞. 2020年6月25日閲覧。 池田一生、山本康介、中島昭浩 2020年6月24日. 毎日新聞. 2020年6月24日閲覧。 広島ホームテレビ. 2020年6月24日. 2020年6月25日閲覧。 中国新聞. 2020年6月24日. 2020年6月25日閲覧。 河井克行オフィシャルブログ「あらいぐまのつぶやき」 2019年9月26日. 2020年6月25日閲覧。 朝日新聞. 2020年6月25日. 2020年6月25日閲覧。 FNNプライムオンライン. 2020年6月25日. 2020年6月25日閲覧。 中国新聞. 2020年6月26日. 2020年6月27日閲覧。 中日新聞. 2020年6月27日. 2020年6月27日閲覧。 中国新聞. 2020年6月26日. 2020年6月27日閲覧。 中国新聞. 2020年6月26日. 2020年6月27日閲覧。 中国新聞. 2020年6月26日. 2020年6月26日閲覧。 朝日新聞. 2020年7月8日. 2020年7月9日閲覧。 中国新聞. 2020年6月26日. 2020年7月9日閲覧。 中国新聞. 2020年6月29日. 2020年6月29日閲覧。 NHK NEWS WEB 2020年6月29日. 2020年6月29日閲覧。 中国新聞. 2020年6月29日. 2020年6月29日閲覧。 中国新聞. 2020年6月29日. 2020年6月30日閲覧。 毎日新聞. 2020年6月29日. 2020年6月30日閲覧。 FNNプライムオンライン. 2020年6月30日. 2020年6月30日閲覧。 中国新聞. 2020年7月3日. 2020年7月3日閲覧。 東谷晃平、西晃奈 2020年7月3日. 朝日新聞. 2020年7月3日閲覧。 47NEWS. 共同通信. 2020年7月8日. 2020年7月8日閲覧。 時事ドットコム 時事通信社. 2020年7月8日. 2020年7月9日閲覧。 TBS. 2020年7月8日. 2020年7月10日閲覧。 吉井理記 2020年7月12日. 毎日新聞. 2020年7月16日閲覧。 産経Biz. 2018年3月12日. 2020年7月10日閲覧。 朝日新聞 2018年3月20日. 日本経済新聞. 2018年4月21日. 2020年7月10日閲覧。 朝日新聞 2018年5月31日. 朝日新聞 2018年10月30日. 朝日新聞. 2020年3月28日. 2020年7月10日閲覧。 時事通信. 2020年5月4日. 2020年7月10日閲覧。 中国新聞. 2020年7月10日. 2020年7月10日閲覧。 中国新聞. 2020年7月10日. 2020年7月11日閲覧。 東京新聞. 2020年7月11日. 2020年7月11日閲覧。 朝日新聞. 2020年7月15日. 2020年7月16日閲覧。 毎日新聞. 2020年7月15日. 2020年7月15日閲覧。 47NEWS. 共同通信. 2020年7月17日. 2020年7月17日閲覧。 中国新聞. 2020年7月17日. 2020年7月17日閲覧。 政治プレミア. 毎日新聞 2019年8月2日. 2020年4月1日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 2019年5月27日• 2019年8月13日. 2019年12月7日閲覧。 日テレNEWS24 日本テレビ. 2019年8月1日. 2020年4月1日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン テレビ新広島. 2019年8月1日. の2019年8月1日時点におけるアーカイブ。 2020年4月1日閲覧。 神道政治連盟国会議員懇談会. 2019年9月18日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の