沢尻 エリ。 沢尻エリカ

沢尻エリカが“クスリ漬け”女優になった理由…芸能界復帰なら薬物地獄に逆戻りの可能性

沢尻 エリ

次々と出てくる告白は、トップ女優の薬物依存を裏付けるようで衝撃的である。 沢尻容疑者は11月16日、自宅に合成麻薬「MDMA」を所持していたとして、麻薬取締法違反容疑で警視庁組織犯罪対策部第5課に逮捕された。 すでに、自宅で発見されたMDMAについて自分のものであることを認めているという。 さらに、「これまでに有名人が薬物事件で逮捕されるたびに、私も危ないんじゃないかと注意してました」「私のところには、警察は来ないだろうと思っていた」などと胸の内を吐露している。 素直に話せば話すほど、女優としてのイメージは悪くなり、量刑にも影響するはずだが、そんなことが頭にある様子ではない。 一方で、宿泊したホテルの部屋から発見された注射器を「自分のではない」と否定しているのが田代まさし容疑者だ。 田代容疑者は覚せい剤を所持していたとして、11月6日に逮捕されている。 もちろん、本当に田代容疑者の持ち物ではないのかもしれないが、夜遅くにチェックアウトした後、部屋から2本の注射器が見つかったという状況を考えると、その可能性は低いといわざるを得ない。 計算なしの素直な供述 「まぁ、正直にいろいろと供述しているな。 俺なんかとは大違いだ」。 覚せい剤使用で複数の逮捕歴があるA氏は、苦笑しながら語る。 裁判で心証を悪くするし、判決にも響くからだ。 その点、初犯の彼女は素直だなぁ、という印象だ。 なんにも計算してないんだからな。 二度も三度もパクられると、どうにか言い逃れようとなるし、俺もそうだった。 いけるところまでは『知らぬ存ぜぬ』を突き通そうとなるんだ。 頭の中では『もうやめよう』と思っていても、快楽が刷り込まれているから手を出してしまい、何度も逮捕されるのが薬物常習者。 その点、沢尻は中毒にまではいってない気がするわ」(A氏) 沢尻容疑者といえば、2007年に「別に騒動」で大バッシングを受け、09年には前所属事務所との専属契約が解消、10年春まで芸能活動を休止している。 当時は気分が落ち込み、時間も持て余していたことは想像にかたくない。 「10年以上前から違法薬物を使用していた」という供述とも、重なる時期だ。 このあたりから歯車が狂い始めたのだろうか。 「若い頃、俺はまずハッパ(大麻)を使った。 ハッピーな気分になったが、だからといって『ハッパがほしい』とはならない。 ちょっとした気分転換のようなものだった。 コカインもそうだが、あのあたりの薬物は使う人間の精神状態がカギになる。 ストレスが少ないヤツは常習にはなりにくい。 なぜなら、ほかに楽しいことを知っているからね。 その点、おそらく彼女は女優として背伸びをしており、我慢の限界を超えた日々を送っていたのだろう。

次の

沢尻エリカ「別に」発言騒動は竹内結子の「ひと言」が引き金だった!?

沢尻 エリ

沢尻エリカの父親はお金持ち? 両親は一般人ということですが、幼少期は 非常に裕福な家庭だったようです。 子供の頃は 乗馬やダンス・ピアノを習っていたり、お父さんが エドノコバン他、十数頭の競走馬を所有している馬主だったということです。 しかし細かいことは分かりませんが、沢尻さんが9歳で小学校3年生の時に お父さんが失踪をしてしまったそうです。 6年後、沢尻さんが中学校3年生の時に自宅に戻って来たものの、同年に 癌のため亡くなられたそうです。 幼少期にお父さんの失踪、思春期まっただ中の時期に、死に別れを経験した沢尻さんの辛さは計り知れないことだったでしょうね。 お父さんも沢尻さんのお顔から想像すると美形と思われますが、写真は見つかりませんでした。 沢尻エリカのフランス人の母親はどんな人? 沢尻エリカさんのお母さんはフランス人ですが、職業は シェフ。 2007年まで東京の西荻窪で 地中海レストラン「リラズ・テーブル」を経営されていました。 地中海レストランということは、お母さんが生まれたアルジェリアの郷土料理メインのレストランだったのでしょうね。 当時は店内に沢尻さんのポスターが貼られていたり、エリカさん自身もたまにお店を手伝ったりしていたようです。 親子仲が良い感じがしますね。 2017年9月にお母さんの料理本が出版されています。 「 沢尻リラさんの家庭でつくる地中海料理」というタイトルです。 お母さんの写真をみるとフランスの 粋で美しいマダムの雰囲気まんさいな方です! たまにワイドショーなどでお見かけしたことがありますが、やはりお綺麗な女性でした。 沢尻エリカの兄弟姉妹は何人?一人っ子なの? 沢尻エリカさんには、男の兄弟が2人います。 2人ともお兄さんです。 しかし、2番目の兄は、沢尻さんが高校1年生の時に、交通事故に遭い、 亡くなられています。 しかし、現在は芸能界を引退して、店長を務めています。 2007年9月18日にオープンした、都内新橋2丁目にある 九州料理の店「桜藩(さくらはん)」です。 桜藩はイケメン揃いで有名だそうです!狙いは女性客?笑 九州料理とは何かと思ったら、 モツ鍋と馬刺しのことなのですね。 女性好みのメニューではないので、新橋という場所柄、サラリーマンが対象のお店でしょう。 馬刺しは精がつくといわれているので、馬車馬のごとく働いているサラリーマンのおじさんたちにピッタリ? お母さんは地中海料理だったのに、お兄さんは九州料理とはなぜ? と思い調べると、桜藩のブログによると、 社長さんが熊本の出身だからということです。 熊本の馬刺しって有名ですよね。 なお、お兄さんは役員でもあるそうですよ。 お店の開店資金の出資が社長さん、運営がお兄さんということでしょう。 桜藩の「桜」は馬肉の別名が「桜肉」ということから来ているそうです。 あ、他に鹿児島県の桜島も関係あるそうです、九州料理なので。 ドラマや映画の撮影後は家族旅行に出ることが多いようで、『タイヨウのうた』撮影後には家族で沖縄へ旅行へ行ったこともあるそうです。 沢尻エリカの祖父母は? 残念ながら、沢尻エリカさんのおじいさん、おばあさんの情報は見つかりませんでした。 ですが、お母さんがフランス人ということなので、母方の祖父母はフランスにいるのでしょう。 また父方の祖父母は、父親が馬主だったことから お金持ちだと思われます。 沢尻さんのお顔から想像すると、どちらの祖父母もきっと素敵な方ではないかと思います。 沢尻さんをはじめ、お母さんもお兄さんも美しい顔立ちをしています。 美男美女家族ですね!! 沢尻エリカの家族構成まとめ 沢尻エリカさんの家族構成は、両親と2人の兄の4人です。 お父さんは中学3年のときに亡くなり、2番めの兄は高校1年生のときに亡くなりました。 1番目の兄は元俳優で、現在は都内の九州料理の店長。 沢尻さんも30代ですが生まれ持った美しさと実力を武器にますますのご活躍を期待しています。

次の

沢尻エリカの彼氏や離婚について!ヌード&太もも画像とカップは?ハーフ

沢尻 エリ

次々と出てくる告白は、トップ女優の薬物依存を裏付けるようで衝撃的である。 沢尻容疑者は11月16日、自宅に合成麻薬「MDMA」を所持していたとして、麻薬取締法違反容疑で警視庁組織犯罪対策部第5課に逮捕された。 すでに、自宅で発見されたMDMAについて自分のものであることを認めているという。 さらに、「これまでに有名人が薬物事件で逮捕されるたびに、私も危ないんじゃないかと注意してました」「私のところには、警察は来ないだろうと思っていた」などと胸の内を吐露している。 素直に話せば話すほど、女優としてのイメージは悪くなり、量刑にも影響するはずだが、そんなことが頭にある様子ではない。 一方で、宿泊したホテルの部屋から発見された注射器を「自分のではない」と否定しているのが田代まさし容疑者だ。 田代容疑者は覚せい剤を所持していたとして、11月6日に逮捕されている。 もちろん、本当に田代容疑者の持ち物ではないのかもしれないが、夜遅くにチェックアウトした後、部屋から2本の注射器が見つかったという状況を考えると、その可能性は低いといわざるを得ない。 計算なしの素直な供述 「まぁ、正直にいろいろと供述しているな。 俺なんかとは大違いだ」。 覚せい剤使用で複数の逮捕歴があるA氏は、苦笑しながら語る。 裁判で心証を悪くするし、判決にも響くからだ。 その点、初犯の彼女は素直だなぁ、という印象だ。 なんにも計算してないんだからな。 二度も三度もパクられると、どうにか言い逃れようとなるし、俺もそうだった。 いけるところまでは『知らぬ存ぜぬ』を突き通そうとなるんだ。 頭の中では『もうやめよう』と思っていても、快楽が刷り込まれているから手を出してしまい、何度も逮捕されるのが薬物常習者。 その点、沢尻は中毒にまではいってない気がするわ」(A氏) 沢尻容疑者といえば、2007年に「別に騒動」で大バッシングを受け、09年には前所属事務所との専属契約が解消、10年春まで芸能活動を休止している。 当時は気分が落ち込み、時間も持て余していたことは想像にかたくない。 「10年以上前から違法薬物を使用していた」という供述とも、重なる時期だ。 このあたりから歯車が狂い始めたのだろうか。 「若い頃、俺はまずハッパ(大麻)を使った。 ハッピーな気分になったが、だからといって『ハッパがほしい』とはならない。 ちょっとした気分転換のようなものだった。 コカインもそうだが、あのあたりの薬物は使う人間の精神状態がカギになる。 ストレスが少ないヤツは常習にはなりにくい。 なぜなら、ほかに楽しいことを知っているからね。 その点、おそらく彼女は女優として背伸びをしており、我慢の限界を超えた日々を送っていたのだろう。

次の