プロテイン 飲み方。 プロテインのおすすめの飲み方とは?溶かし方やタイミングは?

女性のプロテインダイエットの効果と正しい飲み方!運動は必要?

プロテイン 飲み方

【プロテインの飲み方】作り方は? まずはプロテインの作り方について押さえておきましょう。 プロテインを飲む際に用意すべきものは、以下の3つです。 プロテインパウダー• シェイカー• 水(牛乳) プロテインを作る手順は以下の通りです。 シェイカーにプロテインパウダーを20g前後入れる• その後シェイカーに水(牛乳)を200〜300ml入れる• シェイカーのふたをしっかりと閉め、たくさん振る 順番については、プロテインパウダーが先で水(牛乳)が後になります。 順番を逆にしてシェイクすると、ダマができやすいので入れる順番をちゃんと守りましょう。 また、水(牛乳)を70度以上にして入れるのもNGです。 タンパク質は熱に弱いので、熱いお湯(牛乳)を入れてもダマがひどくなります。 以上の手順や注意点を守ってプロテインを作れば、美味しく飲めますよ。 【プロテインの飲み方】何で溶かす? プロテインは主に、水か牛乳で溶かすことが多いかと思います。 それぞれの溶かし方には、どのようなメリットがあるのでしょうか? 水と牛乳、それぞれのメリットについて見ていきましょう。 自分に合った溶かし方でプロテインを飲んでください。 水で溶かすメリット 水でプロテインを溶かすメリットとして、まずはプロテインパウダーを溶かしやすいというメリットが挙げられます。 水は不純物が入っていないので、プロテインパウダーと一緒にシェイクしたら、ダマが残ることなく溶けてくれます。 プロテインを飲む時にダマができていたら飲みづらくストレスが溜まりますが、水で溶かす場合はそのような心配はありません。 次に、水でプロテインを溶かして飲めば、体への吸収が早いです。 水で溶かしたプロテインはさらさらしているので、胃で吸収するのに手間がそこまでかかりません。 「トレーニングした後にすぐにタンパク質を補給したい!」と考えている場合は、水で溶かすのがおすすめですよ。 というわけで、プロテインを水で溶かすメリットは、以下の2つです。 プロテインパウダーを溶かしやすい• 体への吸収が早い 牛乳で溶かすメリット プロテインを牛乳で溶かして飲む場合、メリットの一つ目として体への吸収が緩やかという点が挙げられます。 「水で溶かすと吸収が早くなるけど、牛乳だとその逆だしむしろデメリットなんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。 しかし吸収が遅いということは、必ずしもデメリットとは限りません。 胃での吸収が遅くなることによって、タンパク質を持続的に体に供給することが可能になるのです。 おかげでプロテインを飲んでから時間が経ったとしても、体内のタンパク質が不足する心配はありません。 しかも牛乳そのものにもタンパク質が入っているので、牛乳で溶かせばタンパク質を多めに摂取することができます。 そしても牛乳で溶かすメリットの二つ目として、腹持ちがいいという点が挙げられます。 実際に牛乳でプロテインを溶かして飲んでみるとわかるのですが、牛乳で溶かしたプロテインを飲むとお腹にずしっときます。 おかげでプロテインを飲んだ後しばらくは、お腹が空かないので余計な間食を食べたいとは思わなくなります。 もし「ダイエット中は間食してしまいがちだからどうしよう…」と悩んでいるのであれば、牛乳で溶かして飲むのがおすすめです。 というわけで、牛乳でプロテインを溶かすメリットは、以下の2つです。 体への吸収が遅くなる• 腹持ちがいい 【プロテインの飲み方】飲むタイミングは? プロテインは主に、以下の3つのタイミングで飲むのがおすすめです。 トレーニング前後• 食事の時• 間食時 トレーニング前後 まず、トレーニング前後にプロテインを飲むのがおすすめです。 トレーニング前にプロテインを飲めば、体にタンパク質が補給された状態でトレーニングができるので、体のコンディションが良くなります。 しかも空腹感を感じることがないので、トレーニングに集中することができます。 そしてトレーニング後にプロテインを飲むのも必須で、トレーニング後は体が栄養素を欲している状態なので、プロテインで栄養素を補給する必要があるのです。 トレーニング後にプロテインを飲めば、トレーニングの効果を高めることができますよ。 食事と一緒に 食事をしていると、忙しくて栄養素のバランスが整った食事を作れなかったり、多くの量を作れなかったりすることがあるでしょう。 しかし食事と一緒に飲めば、不足している栄養素を補うことができます。 最近のプロテインには、タンパク質だけでなくビタミン類や食物繊維などが含まれているものが多いので、色んな栄養素をカバーできますよ。 間食時 間食の際にプロテインを飲めば、お腹を満たすことができます。 特にダイエット中は、お腹が空きやすくてストレスが溜まりやすいですが、プロテインを飲めば空腹感を紛らわせますよ。 しかも栄養満点なので、体にも優しいです。 おやつを食べたくなった時は、プロテインを飲みましょう。 ベストな飲み方でプロテインを飲もう! 今回はプロテインの飲み方について詳しく解説しました。 あなたにピッタリなプロテインの飲み方は見つかりましたか? もしピッタリな飲み方が見つかったのであれば、ぜひその飲み方を実践してみましょう! カテゴリー• 111• 192• 1 アーカイブ•

次の

プロテインのおすすめの飲み方とは?溶かし方やタイミングは?

プロテイン 飲み方

プロテインを飲んでタンパク質を補いましょう! 僕もほぼ毎日プロテインで、タンパク質を補っています。 ただし、 肉や魚や大豆や卵などの食事で、十分にタンパク質を摂取することができ るときは、プロテインを飲む必要はありません。 あくまでプロテインは、他のサプリと同じように栄養を補助するモノとし て考えましょう! それでは、3つの飲む「タイミング」を詳しく見ていきましょう! 「朝」にプロテインを飲んでタンパク質をチャージしよう! 「朝」にプロテインを飲んでタンパク質をチャージしないと、効果を逃すどころか、カラダにマイナスなことが起こる可能性があります。 プロテインを「朝」に飲むことを、おすすめする理由とメリットを説明していきます。 「朝」にプロテインを飲むことは、飲むタイミングで1番重要だと考 えて います。 なぜ「朝」に飲むの? 朝、起きたとき、人間のカラダはタンパク質などの栄養や水分が空っぽの状態です。 寝ている間に、筋肉の回復やカラダの疲れを取るためにタンパク質などの栄養や水分を使っているからです。 カラダのたんぱく質が空っぽの状態だから、タンパク質を補給してあげる必要があるのです! 朝、起きたらなるべく早くカラダにタンパク質をチャ ージしてあげましょう! 朝のあるある 「朝」は食欲がない! 「朝」は時間がない!! 「朝」は慌ただしいから品数を作る余裕がない!!! 「朝」はギリギリまで寝てたい(笑) 絶対にいますよね? ちなみに僕もその1人です(笑) そんなあなたに朗報です! プロテインなら水に溶かして飲むだけです ! 手軽にタンパク質を摂取することができます。 食欲がない・時間がない・慌ただしい「朝」に簡単にタンパク質を摂取するのにもってこいです! 「朝」にタンパク質を摂取しないとどうなるの? 「朝」にタンパク質を摂取しないと、昼までタンパク質が空っぽの状態が続くので筋肉が分解されます。 筋肉が分解されると 1. 筋肉量が落ちる、 2. 代謝が落ちる、 3. 太りやすくなる と悪いことだらけです。 「朝」にプロテインを飲むことは 筋肉をつける、ダイエット・減量をする、栄養バランスの改善など、どんな目的のためにも必須条件といっても言い過ぎではありません。 筋肉の分解を避け、その日1日をエネルギッシュに過ごすために、朝起きたらプロテインを飲みましょう! ちなみに、僕は、朝、起きた瞬間に飲むくらいの意識で飲んでいます(笑) 「運動・筋トレ後」は30分以内が鉄板! 「運動・筋トレ後」の30分以内にプロテインを必ず飲みましょう! 必須事項です! どうして30分以内に飲むと良いのかみていきましょう! どうして「運動・筋トレ後」の30分以内? 「運動・筋トレ後」の30分以内は、ゴールデンタイムと言われるほど、栄養素の吸収率が最高の状態になります。 なぜ栄養素の吸収率が、最高の状態になるのか? それは、成長ホルモンの分泌が活発になるからです。 成長ホルモンが活発なときに、タンパク質を摂取すると吸収率が高まります。 そして、成長ホルモンの分泌のピークが、「運動・筋トレ後」の30分以内と言われています。 だから、 「運動・筋トレ後」の30分以内に、プロテインを飲むとタンパク質が吸収率が良くなるのです。 ・体にある物質をエネルギーとして使える物質に変える働き(代謝とよばれるものです。 ) ・タンパク質の吸収を促す働き フィッッシュオイルと一緒に飲むとタンパク質の吸収率がアップ 筋トレ後に、「フィッシュオイル」と「プロテイン」を併用して飲むことで、より効果的に筋力・筋肉量のアップができます。 フィッシュオイルは、成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあるからです。 逆に言うと、「運動・筋トレ後」にプロテインを飲まないと筋肉が分解し、筋肉が減ってしまいます。 せっかく運動・筋トレをしたのに非常にもったいないです。 「運動・筋トレ後」は必ずプロテインを飲むようにしましょう! 寝る子は良く育つよね。 筋肉も同じだよ! なぜ「寝る前」だと効果があるの? 寝る前にプロテインを飲むとタンパク質の吸収が高まります。 タンパク質の吸収が高まるのは、寝ている間に成長ホルモンが多く分泌されるからです。 カラダは寝ている間に、タンパク質などの栄養や水分を使い筋肉の修復やカラダのメンテナンスをしています。 タンパク質は、筋肉を回復させたりカラダの疲れをとるのに必要な栄養の1 つです。 なので「寝る前」にプロテインを飲むのことはおすすめです! しかし、「寝る前」の飲むタイミングを間違えると胃腸に負担をかけてしまいます。 つぎに「寝る前」に飲むときの注意点を紹介します。 「寝る前」に飲むときの注意点! 「寝る前」の 30分 から1時間前にプロテインを飲みましょう ! 寝る直前だと、胃腸に負担をかけてしまいます。 胃痛や胃もたれの原因にもつながりますので、寝る直前には飲まないようにしましょう。 また、カラダが飲んだプロテインの消化に集中してしまうので、睡眠も悪くなるし成長ホルモンの分泌も悪くなります。 「寝る前」の30分から1時間前にプロテインを飲んで、しっかりと消化させて、効率よくカラダにタンパク質を吸収させましょう! プロテインを飲む「回数」と「量」はこれを目安にしよう Q. プロテインて1日に何回飲めばいいの? Q. プロテインて1回あたりどのくらいの量を飲めばいいの? A. 答えは、 1日に飲む「回数」と「量」に正解はありません! 人によってプロテインを飲む目的が違うからです。 そうは言っても、プロテインを飲もうとしているあなたは、飲む回数の目安を知りたいですよね? 僕もプロテイン初心者の頃、そう思いました。 ここでは、プロテインを飲む「回数」と「量」の目安を紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 まずは1日に必要なタンパク質の量を知ろう! 厚生労働省が推奨している「日本人が1日に必要なタンパク質の量は 成人の 男性で約60グラム、 女性で約50グラム 」です。 1日に必要なタンパク質の量の目安として、自分の 体重1キロにつき1グラムのタンパク質が必要と考えてもらってOKです。 僕の場合なら、今の体重が78キロだから1日約78グラムのタンパク質が必要となります。 正直、毎日の食事内容を意識するのはめんどくさくて無理です(笑) 僕は基本的にプロテインでタンパク質を摂取しています。 プロテインだと 1. 水に溶かすだけだから手軽に摂れる、2. 吸収率も良い、3. 摂取した量が把握しやすい からです。 さらに、筋肉をつける場合は、食事だけで必要なタンパク質量を摂取するのはかなり難しいです。 プロテイン大先生の力を借りて、タンパク質の摂取を助けてもらいましょう! 下のタンパク質早見表をみて、普段の生活で、タンパク質をどの程度(何グラム)とれているかイメージしてみてください。 「朝食時」と「寝る前」の計2回に、プラスで目的によって飲む回数を増やしましょう! もちろん「運動・筋トレ後」はプロテインを飲むのはマストです。 紹介した「回数」を目安を参考にして、今の自分に合う飲む回数を見つけましょう! 1回に飲むプロテインの「量」は 20〜30グラム! プロテインは1回に20〜30グラムを飲みましょう! それ以上は飲んではダメです。 飲み過ぎ厳禁!! なぜ1回で飲む「量」は20〜30グラムなの? 体が1回に吸収できるプロテインの量は約20〜30グラムだからです。 例えば、60グラムを飲むなら1回に60グラムを飲むのではなく、1回20グラムを3回に分けて飲むほうがしっかりと吸収されるので効果的です。 1回に大量のプロテインを飲んでもカラダには吸収されません。 カラダに吸収されないどころか脂肪になるリスクが・・・・ プロテインの飲み過ぎは脂肪に変身!? プロテインの飲み過ぎてタンパク質を摂り過ぎると、脂肪になる可能性があります。 脂肪になる可能性があるということは、太ってしまう可能性があるということです。 吸収できなかったタンパク質は、排出されるか蓄えられるかです。 蓄えられた場合 = 脂肪になる ということです。 しかし、プロテインに含まれるタンパク質は栄養素の中でも脂肪になりにくいので、飲み過ぎなければ太る心配はありません。 飲み過ぎに注意してプロテインとうまくつきあっていきましょう! なんでも適量が大切ということです!! プロテインの目的別に飲み方をマスターしよう! プロテインを飲む目的は、人それぞれいろいろとあると思います。 以下の4点の目的に絞ってプロテインの目的別に飲み方を紹介します。 そのためには「栄養バランスの改善」のために、「朝」と「寝る前」にプロテインを飲むのが良いです。 「朝」に空っぽなカラダにタンパク質をチャージして、「寝る前」にプロテインを飲んで効率よくタンパク質を吸収させる。 もちろん運動や筋トレをした日は、運動や筋トレ後30分以内にプロテインを摂るのは必須事項です。 「筋力・筋肉量をアップ」させるために、「朝」と「寝る前」と「筋トレ後」は必ず飲みましょう。 プラスで「間食」でプロテインを飲んでタンパク質の摂る量を増やす! 間食の例 ・昼飯と夕飯の間に飲む(15時のおやつ感覚) ・筋トレする日は「筋トレ前」に飲む ・筋トレした翌日は筋肉が超回復(修復)しているので「間食」の回数を増やす 飲む「回数」を減らして1回に飲む「量」を増やすことはダメです! 1回に飲む量は20〜30グラムを守りながら飲む回数を増やすことがポイントです。 タンパク質がカラダに吸収されなかったら意味がありません。 「体重を増量」したい! 「体重を増量」するには、「朝」と「寝る前」と「筋トレ後」は必ず飲みましょう。 プラスして「食事とセットで飲んだり」、「間食」でプロテインを飲みましょう! 増量するには、摂取カロリー > 消費カロリー になるようにしなければ増量できません。 炭水化物とタンパク質の同時に摂るのが良いので、「食事とセットで飲むの」がおすすめです。 しっかりとした食事を中心にプロテインを活用して健康的に増量を行いましょう! 「ダイエット」に成功したい! 「朝」と「寝る前」にプロテインを飲みましょう! もちろん運動や筋トレをした日は、運動や筋トレ後30分以内にプロテインを摂るのは必須事項です。 「ダイエット」は脂肪を減らすことに目がいきがちです。 いかに筋肉を維持するかもとても重要なことです。 筋肉が落ちると代謝が悪くなるし、リバウンドの原因にもなります。 また、運動や筋トレ後にプロテインを飲まないのも筋肉が落ちる原因になります。 健康的にダイエットするためにも、筋肉を維持するためにも、プロテインは「朝」と「寝る前」にしっかり飲みましょう! プロテインの過剰摂取には注意! プロテインの飲みすぎは今すぐ止めてください! 大量に飲んでも筋肉はつきません! それどころかいろいろなリスクがあります。 中には痛みを伴うものも・・・・・ プロテインにも適量がありまーす! 「肝臓」と「腎臓」にかかる負担が大きくなる プロテインを飲み過ぎてタンパク質を摂りすぎると 「肝臓」と「腎臓」に負担がかかります。 「肝臓」と「腎臓」に負担がかかるとどんなリスクがあるのか見ていきましょう。 沈黙の臓器こと「肝臓」 プロテインを飲みすぎて「肝臓」に負担をかけると肝臓の機能が低下します。 よく聞く肝機能の低下というやつです。 肝臓には神経が通ってないため、肝機能が低下してもほとんど自覚症状がないのです。 自覚症状ないので、気づいたときにはかなり悪化していることも・・・・ 肝機能が低下すると、カラダが疲れやすくなったり、カラダの疲れが取れにくくなるので気をつけましょう! 1.栄養素を変化させて貯えている 胃や腸で消化・吸収された食べ物が肝臓に運ばれます。 運ばれた食べ物は、栄養素を利用しやすい物質に変化します。 そして、肝臓の中に貯蔵されます。 2.解毒作用 肝臓は、カラダの中の物質を毒性の少ない物質に変えます。 3.胆汁の分泌 胆汁は脂肪の消化・吸収を助ける働きのある液体です。 肝臓はこの胆汁を生成しています。 腎臓 腎臓に負担をかけると、 むくみ、貧血の原因になります。 また、おしっこの量や回数に影響を与えます。 1回のおしっこの量が減ったり、夜間トイレに行く回数が増えたりします。 腎臓は1度機能を失うと、再生するのが不可能と言われています。 一生治療を続けなければならない生活になってしまいます。 プロテインを飲み過ぎたからと言って、すぐに腎臓が悪くなることは考えにくいです。 しかし、積み重なり、気づいたときには最悪の事態に・・・とはならないように気をつけましょう! 1.老廃物をカラダの外に出す 腎臓は、血液をろ過して、老廃物や塩分を尿としてカラダの外へ出してくれます。 また、カラダに必要な成分は再び吸収して、カラダの中に貯えます。 2.血圧の調整 腎臓は、カラダの中の塩分と水分を外へ出す量をコントロールして、血圧を調整してます。 血圧が低いときは、外へ出す量は少なく。 血圧が高いときは、外へ出す量は多く。 3.血液をつくるためのホルモンを分泌 腎臓は、血液をつくる細胞に働きかけるホルモンを分泌しています。 腎臓の機能が低下すると、このホルモンの分泌が減ります。 そうすると、血液をつくる細胞の能力が低下して貧血を起こします。 4.体内の体液量(水分)やイオンバランスを調整 腎臓は、体内の体液量やイオンバランスを調整しています。 カラダのむくみは、まさにこの体液量の調整がうまくいかないときです。 腸内環境が乱れる プロテインを飲みすぎてタンパク質を摂りすぎると腸内環境が乱れます。 腸内環境が乱れると以下のことが起きる可能性があります。 腸内環境の乱れると・・・ ・臭いオナラがでる ・肌が荒れる ・免疫力が低下する ・生活習慣病を引き起こす 腸内環境ってなに? 腸の中には、良い影響を与える「善玉菌」と悪い影響を与える「悪玉菌」がいます。 この「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスを腸内環境と呼びます。 プロテインを飲みすぎると「悪玉菌」が繁殖!? プロテインを飲みすぎてタンパク質を摂りすぎると「悪玉菌」が増えます! タンパク質は「悪玉菌」にとって大好物のエサなのです。 この「悪玉菌」が通常より増えることが腸内環境が乱れる原因なのです。 適量を飲みましょう! カラダが吸収できる量を飲んでいれば、腸に送り込まれません。 タンパク質が腸に送り込まれなければ、タンパク質が原因で「悪玉菌」は増えません。 僕もタンパク質の摂りすぎで臭いオナラがでる経験をしたことがあります(笑) タンパク質を摂る目的と炭水化物の代わりに納豆を1日に3〜6パック食べてました。 いつもよりも比にならないほど臭いオナラがでて、もはや自爆テロでした(笑) 何事も適量が大切ということですね。 尿路結石のリスクが大きくなる プロテインの飲み過ぎは尿管結石のリスクが大きくなります。 尿路結石とは? 結石という石のようなかたまりが肝臓にできます。 おしっこは肝臓から膀胱まで尿管という管を通ります。 そのかたまり(結石)が尿管を通るときに激痛が起こることです。 プロテインと尿管結石の関係は? タンパク質と摂ると、シュウ酸という物質が体内に増加します。 シュウ酸は腸の中でカルシウムとくっつくことで便としてカラダの外へ出ます。 腸で吸収できなく外へ出せなかったシュウ酸は石のようなかたまりになる原因となるのです。 要するに、プロテインを飲み過ぎると、腸で吸収できないシュウ酸が多くなり、石のようなかたまりができるリスクが高まるということです。 人によってはかなり激痛らしいのでくれぐれもプロテインの飲み過ぎ気をつけましょう。 おすすめ!プロテインの美味しい飲み方 プロテインを飲むなら美味しく飲みたいですよね? 「俺のおすすめの美味しい飲み方」を紹介します。 プロテインの味が、「プレーン味」か「味がある」かで飲み方が違います。 プレーン味を美味しくする飲み方 プロテインの味がプレーンの場合は、 オレンジジュースで溶かして飲むのが間違いないです! プレーン味の場合は、味の主張が弱いので溶かすものの味がダイレクトにでます。 プレーンなんだから当然なんですけどね(笑) 甘い味や濃い味系の飲み物と相性が抜群です! チョコ、イチゴなどの味をさらに美味しくする飲み方 プロテイン自体にチョコ、メロン、イチゴなど味がある場合は、 牛乳で溶かして飲むのがベストです! 牛乳は、プロテイン自体の味を最大限に引き立ててくれます。 味の深みが増すので、よりジュース感覚で飲めると思います。 水と牛乳で飲み比べると、かなり実感できます。 ジュース感覚で美味しく飲みたい方はぜひ試してみてください!.

次の

プロテインのおすすめの飲み方とは?溶かし方やタイミングは?

プロテイン 飲み方

プロテインは女性におすすめ! プロテインはアスリートまたは男性だけが飲むイメージですが、実は 女性が美しくなるために おすすめなのは「 プロテイン」なんです。 海外では女の子がプロテインを飲むのは当たり前!女性にプロテインがおすすめな理由はバストアップやお肌や髪も綺麗にしてくれます! 食事を抜いたり、カロリー摂取を抑えるために逆に不健康な食生活を送ってしまったりと意外と健康とは反対の方法をとってしまいがちな女性! 日々の生活にプロテインを取り入れて美しく健康的なメリハリボディをGETしましょう! プロテインダイエットとは? プロテインで ダイエットするには、食事をプロテインに置き換えるのではなく、食事の前にプロテインを飲んで食事の量を減らします。 食事の量はごはんなど炭水化物を通常食べる量の3分の2に減らし、油ものは控えるなどの節制が必要です。 このようにプロテインとして摂る方法は、食事を少し減らすことと同時に運動の後などに摂取し、筋肉の成長を促すことで、基礎代謝を高め太りにくい体を作ります。 プロテインは補給することでエネルギー源となるとともに筋肉量を増やすことができるので、筋肉をつけて体脂肪率を下げたい方にはおすすめなのがプロテインダイエットなのです。 これまでのダイエット法では、カロリーを抑えることばかり。 カロリーを抑えるて食事の量を減らすイメージでした。 プロテインダイエットではたんぱく質が不足することがないため、筋肉量を減らすことなくダイエットが行うことができます。 タンパク質を一度に吸収出来る量の限界は30g前後。 成長ホルモンが出やすい トレーニング後30分以内や、 就寝二時間前などに分けてプロテインなどを摂取すると効率よく吸収されます。 吸収されやすいというのがプロテインの最大のメリットです。 プロテインであれば水が入ったシェイカーに粉末を入れて、振るだけ。 わずか1分でタンパク質を摂取することが出来ます。 体重(脂肪)も減って、時間も節約できますね。 プロテイン飲料だけでは痩せないということです。 プロテインのとり過ぎに要注意です! 必要不可欠なのはやはり運動です。 プロテインはバランスよく栄養がありますが、必要以上にたんぱく質を取ると、カラダのなかで余ってしまって「脂肪」に変わってしまう。 たんぱく質を過剰摂取すると、皮脂の分泌も増加するので汗をかいてしまうようになることで体臭が気になるん場合があります。 また汗をかいたらこまめに拭くなどして清潔にすることが大切です。 プロテインによる体臭が気になる場合には、まず腸内環境を改善する事を心がけるといいでしょう。 また一時的に腸内の悪玉菌が増加してガスを発生させます。 食物繊維を含む食べものやヨーグルトや乳酸菌飲料などを沢山食べて善玉菌を増やすか、タンパク質を必要以上に取りすぎない事が重要です。 プロテインは種類によりますが、基本的に多種類の栄養が入っていますので、それを飲み過ぎると過剰症が起きます。 タンパク質を過剰摂取すると、それが体内できちんと分解されずにアレルゲンとなることがあり、そうすると、体のかゆみや湿疹、喘息や鼻・喉などの異常、下痢といったようなアレルギーの症状が出るわけです。 過剰なたんぱく質はより多くの老廃物を肝臓で処理し腎臓で濾(こ)さないといけなくなるので、その過程が肝臓・腎臓共に疲弊させる可能性が在ります。 プロテインダイエットの飲み方とタイミング プロテインでダイエットをするため効率よくプロテインを摂取してダイエットに役立つためには飲み方が重要です。 プロテインといっても大きく分けて3種類あります。 プロテインは使い分けはこんな感じです。 筋肉をつけたい場合はホエイプロテイン 牛乳を原料としているプロテインで消化・吸収されやすく、筋肉が付きやすいという性質があります。 長所: 消化吸収が早く、筋肉になりやすい。 Sponsored Link 短所:短時間で吸収されてしまうので、効果時間が短い。 ダイエット中の栄養補給としてたんぱく質を摂りたい場合はガゼプロテイン 3. 基礎代謝を活性化したい時や健康の維持にいいは植物性の大豆たんぱくのソイプロテイン 長所: 効果時間が長く、代謝を活性化する効果がある。 短 所:消化・吸収が遅く、若干粉っぽい味のものが多い。 プロテインの飲み方 水か?牛乳か? プロテインの飲む場合、水か牛乳のどちらで溶かせばいいのでしょう! 水、牛乳、それぞれに特徴があるので、 飲む目的やタイミングでの使い分けが必要です。 水の場合 水には、脂質や糖質が含まれないので、体脂肪が気になる場合や減量中はおすすめなのは水です。 吸収スピードに影響する成分が含まれないため、運動後などは水で飲む場合が多いですね。 ホエイプロテインのような吸収時間の早いプロテインは牛乳よりも水で割ったほうが、その長所を生かせます。 牛乳の場合 牛乳に混ぜると三大栄養素のたんぱく質と脂肪の他、もちろんカルシウムなんかの微量栄養素も摂れるのが良いところです。 風味との相性も良いので、おいしくプロテインを飲むことができます。 牛乳200mlで摂れるたんぱく質は7グラム前後。 脂肪は製品によってかなり変わります。 ダイエット中でも脂肪はある程度必要なので、牛乳を使うのもOKですが、脂肪の摂取量全体で摂り過ぎになりそうなら無脂肪牛乳を使うのもアリです。 プロテインの飲み方は消化吸収の速い糖質が多いオレンジジュースなどでシェイクしてもOK! 100%オレンジジュースと一緒に飲むのもいいですよ。 柑橘系ジュースにはクエン酸が含まれているので、疲労回復にもプラスに働きます。 プロテインの飲むタイミング プロテインを飲むときのタイミングにより効果の違いが出てきます。 そのための飲むタイミングが重要です。 トレーニング前 トレーニングを始める 1~2時間前のこのタイミングに摂ると、トレーニング時のエネルギーの確保に効果があり、 疲れにくい状態にすることができる。 トレーニング直後(運動後に吸収の早いホエイプロテイン) 運動後30分以内は「ゴールデンタイム」といって成長ホルモンが最も活発に分泌されるのでダメージを受けた筋肉の修復に最も効果的であるといわれています。 このタイミングで筋肉の材料となるプロテインをしっかり飲めば、傷ついた筋肉は効率よく修復を始めます。 プロテインに限らず、タンパク質を摂取するときは、炭水化物(糖質)とセットで飲むようにした方が効果が高いです。 タンパク質の合成が高まり、トレーニング効率が高まります。 特にトレーニング後は、筋肉を激しく使ったことで体内のグリコーゲン(糖エネルギー)が消費・枯渇され、筋肉が溶けやすくなっているので、そこに速やかに糖質を補給することが重要です。 就寝前(ゆっくりと吸収されるカゼインプロテイン) 睡眠中も成長ホルモンの分泌が活発になり筋肉の修復が行われるので、就寝前も筋肉の素材となるプロテイン補給は欠かせないタイミング。 起床後・朝食事 朝、目が覚めた時は、就寝前に取ったプロテインの効果時間が切れて、カラダが新たなたんぱく質を求めているのです。 だから、朝食時にホエイプロテインやガゼインを取って、1日に必要な新しい栄養をチャージしましょう。 運動後の特に運動後30分以内の効果が期待できますので運動後の摂取、次に就寝前、起床直後と運動前が優先順位になります。 トレーニングや練習の後2~3日間は筋肉の修復期間である為、この期間は豊富なプロテインの補給が必要になります。 もし週に1回だけしかトレーニングをしない方でもトレーニング後の2~3日間は続けて飲んだ方が良いでしょう。 プロテインダイエットと一緒にエクササイズ! プロテインを飲むだけではもちろんダメ。 日々の生活の中でできる範囲で大丈夫なので、少しエクササイズを取り入れてみましょう。 たとえばこちらはおうちでできる簡単な脚に効くエクササイズ! 1日30分もあればできちゃいます! こちらは腹筋中心バージョン! 脚バージョンの内のいくつかと組み合わせるとバランスがいいですね。 女性のプロテインダイエットの効果と正しい飲み方!運動は必要?まとめ いかがでしょうか?女性たちのボディメイキングにかかせないのがプロテイン! プロテインはバストアップや美容に嬉しい成分がたっぷり! 細いだけの時代はもう終わり!プロテインで美しく健康的なメリハリボディをGETしましょう!.

次の