エースバーン リベロ 構築。 エースバーンの特性リベロやばすぎ!ゲッコウガの再来!

エースバーンの特性リベロやばすぎ!ゲッコウガの再来!

エースバーン リベロ 構築

みなさんこんにちは、と申すものです。 シーズン7からエースバーンが解禁され、受け構築にとって環境がさらに厳しくなったと言われていますが、そんな環境下でも勝ち抜ける受けループの考察をしてきました。 ぱっとエースバーン対策として思いつくのがヌオーですが、ヌオーは珠とび膝が受からないなどの問題があります。 また自分は残飯ピクシーを構築に入れていたのでヌオーに残飯を持たせることができず、残飯でないヌオーを使う気が起こらなかったため他のエースバーン対策を考えました。 そこでたどり着いたのが、 万能傘です。 今回の構築はこの自慢のを組み込んだ純正受けループとなっています。 主な役割対象はエースバーン。 傘を持たせることでバ(陽気珠想定)のダイバーンに繰り出した後、晴れによる威力上昇を無効化できるので次のダイバーンを高乱数で受けることができる。 意地珠は分の悪い乱数になるが、ミラー意識の最速が多いだろうと判断して切った。 相手がビルド型でも火力アップアイテムを持っていなければ、ビルドに対し後投げからのろいを積んで受けることができる。 ダイナックルを考慮すれば上記の立ち回りは成り立たないが、その際にはこちらもックスし、スチルでBをあげつつウォールも絡めてしのぐことができる。 殴りながら要塞化できるダイスチルとダイアースが非常に強力だと感じた。 のろいとダイアース・スチルを絡めることで、やギャラがいない対面的な構築なら3タテしてくれることも結構あった。 アッキのみを持たせれば似たような立ち回りはできるが、受けループである以上2サイクル目からの受けを考慮できていないアッキは弱いと判断した。 回復実を持たせることも考えたが、繰り出し時に珠ダイバーンを打たれるとしなければ次の攻撃を耐えられず、またしてもエースバーンを倒しきれない。 いろいろ考慮すると、エースバーン受けのにおいてはこの技構成かつ万能傘が最強だと思う。 自分の裏に砂ダメの負担をかけたくなかったので特性は 砂の力にしている。 最終日は特に傘が活きる場面が多く、晴れのおかげで倒せると思い打ってくるダイバーンを耐えた際、相手が必ずフリーズするのが堪らなかった。 カバが砂を撒かなかった際も相手はちょっと固まるので面白い。 傘カバは技構成・持ち物共に完全オリジナルで、我ながら強くて面白い型だと思っているのでめちゃくちゃ気に入っている。 トーチカが欲しい場面も多かったが、本来重いがらみのサイクルに強く出れるので身代わりを採用してよかった。 今シーズンはあまりいなかったが、渦潮滅び対策にもなる。 リザが重いのでできるだけDに厚くした。 調整は、はぎもん君が考えたものを丸パクリした。 A方面はダイスチルで無振りキッス確1、HB方面は陽気珠ドリュのに繰り出し後、ダイロックできのみ確定発動から鉄壁羽で受かるラインとなっている。 のS12振り。 ピクシー単体で特殊を受けるというよりは、で毒を入れピクシーで凌ぐイメージで立ち回る。 回復ソースは月の光から願い事に変更したが、一長一短だと自分は感じた。 役割対象はギャラや増殖したゴリランダーなど。 Hが4nでステロ2回でオボン発動、SがS4振りカビ抜き調整。 実はパッチラゴンが受からないだが、パッチ受けとしてが選択肢に加わったのでパッチラゴンに対する勝率が上がった。 気合いで覚えろ。 役割対象はミトム、ラプ、アシレ、ストリンダーなど。 舐めた特殊を起点にしてモスノウで暴れる試合が一番楽しい。 モスノウ羽休め覚えろ。 以外少々雑ですが個体紹介は以上 <感想など> 万能傘は冗談抜きで強かった。 アマガ 、クレベ、モスノウ と炎の一貫が凄まじいのもあってかエースバーンはホイホイ選出されたので、ガンガン傘カバを選出できた。 しかしこの傘カバ、実は キョックスエースバーンが解禁されるシーズン8以降では、バ受けとして成立しないのである。 (キョダキュウが受からない上に、晴れ状態にならないので傘が無駄) 自慢の傘カバが輝けるのはs7だけなので、是が非でも良い結果を残したいといつも以上に意気込んでいた。 このデフレシーズンの中、レート2000に載せることができたのは最低限満足している。 一方で、この構築でもっと上に行きたかったのも事実なので悔しさも大きい。 万能傘よ永遠に・・・ 新環境でより良い結果を出せるよう、プレイング面、メンタル面でもっと精進したいです。 ここまで読んでくださりありがとうございました! ご質問等は までお願いします! QueenPoke.

次の

【剣盾ダブル】ゴリバーン!!【S7】

エースバーン リベロ 構築

サイクルのクッション兼ステロによる起点作成役、カバルドン。 主にエースバーンとパッチラゴン受けを意識しています。 技構成からあくびが抜けていますが、そもそものステロに加えて、攻撃技のじしん、起点化回避のふきとばし、今後増えるであろうラムエースバーンを意識してダイジェット連打に対抗するためになまけるを入れてあくびを切りました。 もしあくびを採用する場合はなまけるとの入れ替えだと思います。 なおじしんはゴリランダーのグラスフィールドで威力が半減します。 しかしドヒドイデのトーチカやギルガルドのキングシールドなど、デメリットも多くあるため接触技の採用は避けています。 みがわりりゅうまいドラパルトです。 エースバーンに対していたずらごころみがわりや壁貼り展開で対抗してくる構築に分からせます。 壁エースがエースバーンだった場合はみがわりをうまく使って壁ターンを枯らしたり、ふいうちを透かしたりを行う必要があるでしょう。 ダイジェット連打で上を取られるのは怪しいです。 カバ引きが安定 黒いきりをもっていないドヒドイデやその他受けポケモンをみがわりで起点にしてりゅうのまいを積んでいきます。 メガネロトム。 相手のエースバーン受けとして選択されやすい、カバルドン、バンバドロ、サダイジャなどにハイドロポンプで対抗し、アシレーヌやラプラスなどの特殊アタッカーはほうでんで麻痺を狙いながら削りをいれます。 相手が耐久無振りだった場合はアシレーヌは確定1ラプラスは87. かえんだまやヘドロは他の相手ポケモンに返しましょう 1度目のサイクルでトリックを狙っても大体相手が引いていき失敗するので、トリックはここぞというタイミングに狙いましょう。 ふいにCが高い相手にメガネを渡さないように。 ハチマキゴリランダー。 サイクルのコマとして。 最後に草技の一貫を通しての勝ちも狙っていけます。 こちらも基本的にはエースバーンを止めに来るポケモンに圧力をかけつつ、輝石ポケモンの石をはたきおとすことをねらいます。 グラスフィールド状態でのハチマキウッドハンマーは目を見張る火力を出すため相手の受けを成立させません。 サイクル性能を高めるとんぼは確定として、最後の1枠は地面技、アクロバット、格闘技からの選択になりますが、エースバーン以外での処理が困難になりやすい、ナットレイに対抗するために、鉄のトゲ分のダメージを回復しながら殴れるドレインパンチを採用しました。 リベロエース、バグ枠。 ミラー意識で最速。 技選択でふいうちを切ったのは、みがわりドラパ等との択を発生させるならダイジェットで押したほうが強く感じたため、とダイスチルによる防御アップで相手の物理ダイマックスに対する耐久を上げるという選択肢を得るため。 そしてトゲキッスに対する対抗手段が欲しかったからです。 ドラパルトはパーティ単位で考えればオーロンゲでも対処可能でしょう。 みがわりやビルドやしねん、エレキボールなども選択肢には入ってきますが、わざわざ炎技を切ってダイマックス後にみがわりグラスシードHBゴリランダーに粘られたり、HBナットレイとまもると膝の択ゲーをするよりも負荷をかける事の出来るかえんボールの方が有用だと思います。 戦術と解説 基本的にはダイマックスエースをエースバーンとドラパルトから選択して、オーロンゲとカバのどちらかの起点作成役を選択し、サイクルを回していけるロトムとゴリランダーから1枠を選ぶのが良いと思います。 ドヒドイデがいるならロトム、ドラパルトがいるならオーロンゲ、パッチラゴンがいるならカバルドンなどそれぞれのポケモンに対抗できるポケモンは存在するため慣れていけば、全く対抗できないということは減ると思います。 試運転した結果若干いたずらごころエルフーンやぺリッパーカジリガメ構築が重く感じました。 レンタルIDは0000 0001 KP8W M5 です。 もし興味を持っていただけたならぜひ使ってください! 改善案がいただけると非常に嬉しいです。 7わらやまALA やはりこのパーティはめちゃくちゃ強かったですが、サニゴーンがとても重くかったです。 こちらこそありがとうございます! わらやまALAさん。 サニゴーンは基本的には物理防御耐久は脆いのでタスキをカバルドンの砂などで削り、砕けるボディなどで上を取られないように注意して強めの物理技を入れる事ができれば倒せると思います。 またオーロンゲにはゴースト技は半減なのでオーロンゲで攻撃を受けてソウルクラッシュで特攻を下げながら戦っていくというルートも相手できると思います。 進化前の輝石を持ったサニーゴは少し処理ルートが面倒ですがゴリランダーで何処かではたきおとすを入れて耐久を並程度まで落としたり、どちらかのトリックで輝石を奪いながら耐久崩したり、又はドラパルトのみがわりでおにびやちからをすいとるを無効化しながらりゅうのまいの起点にしたりなどで倒せると思います。 ありがとうございます。 やることがあまり難しくないので非常に使いやすいと思いました。 これからも使わせていただきます。 相手の手持ちにウォッシュロトムなどいるとカバの選出を控えてしまいがちですが、実際はカバで場を作らないとどうにもならないことも多いですし……。 ステロの有無で各定数変わるので、ピンポイントで苦手な相手がこない限りは、カバウサギ構築が一番勝ちやすかったです。 オーロンゲに光の壁がなくて負けた試合が一戦だけありましたが、それ以外の試合は全て勝てました。 やっと3桁に乗れました! ありがとうございました。

次の

【単体考察】リベロエースバーン対策を考察してみた

エースバーン リベロ 構築

【はじめに】 シーズン7お疲れ様でした。 久々にレート2000を達成出来たので記事として使用した構築を公開します。 【使用構築】 【構築の経緯】 シーズン7の序盤において、特性のエースバーン が解禁され、これまで以上にプレイングが後手に回る展開になってしまうと厳しい環境になったと感じたので交換を可能な限り省略した構築の使用を目指した。 こう書くと考えがあって構築を組んだように見えるが実際のところ、最初はしようとゴリドヒ を使用したら自身の経験値の無さ故に5桁をずっと彷徨う羽目になり、泣く泣く慣れた対面構築を使用する流れになっただけである。 【コンセプト】 引かぬ。 媚びぬ。 省みぬ。 主流の型とは若干逸れた型のを交え、数的有利を稼ぐ。 今期さいつよのであると信じて使い続けた。 エースバーン の解禁により、その対策として 、 、 、 辺りの採用率上昇を見越して採用。 ステロが入るか、雨状態になればックス状態のエースバーン もダイストリーム1発で飛びます。 を切っているため、が切れた状態での安定した火力に乏しいのが欠点。 レート2000当落線上の試合で技外し負けしてSwitch食べました。 の呼称はプンポロドイハ派。 Sを引き上げた配分のものを使用し、アッキミラーに強くしているので精神衛生にとても優しい点も〇。 調整の出所と意図は失念してしまいました… こので相手のックスターンを凌ごうとする展開が多くなりがちなので、じゃれつくの枠をにするともっと楽だったかもしれない。 基本的には2番手以降に繰り出し、襷カウンターで相手のックス枠を飛ばす動きが主。 シーズン終盤はわざと低火力の技を撃たれたりしてカウンターは決まりづらかった。 襷が潰れてしまうと著しく性能が落ちるので出す順番には気をつける必要があるが、前述のドラパルト が環境の主なステロ要員 に打点を持っているため、襷が潰れにくく相性が良かった。 ピクシー やオーロンゲ が構築的に重く、また運勝ちの筋を残したかったので採用。 火炎ボールを切っているのでアーマーガア やゴリランダー など色々なに負けます。 エースバーン が耐久水タイプ を呼ぶのでその対策、受け構築の崩しとして採用。 モスノウ やミラー 、ダイアタックのSダウンでチャンスを掴めるように一撃技はつのドリル。 よく2連トーチカで毒をもらっていたので、正直受け構築に対して活躍した記憶はあまりなかったりする。 今時の水タイプは草技が無い前提で立ち回ろうとしてくる事が多く、そこにが刺さった。 …と思いきや、よく空振りして身代わりを貼られていたので構築No. 1の台パン要員であった。 最優先ではないものの、このにックスを切る動きが意外に強く、先発で対面した時にとりあえずビール感覚で1回怯ませてこようとする をダイスチルで飛ばすとイーウィンを拾えたりする。 レート2000達成のMVP。 初手で対面した 、 を警戒させずに倒せる点が強かった。 馬鹿力は や への打点として持たせていたが、意外に見かけなかったので撃った場面は少なかった。 ダイスチルがないとエースバーン に押し負けたり からの切り返しを許したりしていたので、馬鹿力の枠をヘビーボンバーにした方が良かったと思う。 【選出パターン】 基本 ドラパルト + +エースバーン それ以外に特にこれと決まったパターンはなく、その時でよく変わっていた。 【苦手な】 ・Dに厚い ドラパルトのダイストリーム1発で落とせないと一気に不利になる。 ・ピクシー 、 のドリルくらいしか対抗手段ないです。 ・アーマーガア ドラパルトしかまともに打点がありません。 ・ こちらからの打点が乏しく、壁からのアッキに競り負けやすい。 にックスを切るのが正解と思われる。 【終わりに】 来期は使用可能なのプールが増加する事がわかっており、今期に結果を残せなければ以降はより厳しい状態で対戦をしなければならなくなると考えていたので目標としていたレート2000を達成出来て本当に良かったと安心しています。 使用可能なが増える事は、自分の「好き」を増やす良い機会だとも思っているのでまた来期は色々試せたらと思っています。 ではではでは。 【シーズン成績】 TN すいろ 最終144位 レート2016 TN Rainy Girl 埋葬 Suiropoke.

次の