肉 豆腐 レシピ 1 位。 作りやすく野菜もうまい!肉豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

10分で完成!味しみ「肉豆腐」の作り方【和食の基本】|モテる簡単おかず

肉 豆腐 レシピ 1 位

豚薄切り肉は一口大に切る。 大根と人参は皮をむいて短冊切りにする。 かぼちゃは皮付きのまま薄切りにする。 油揚げは短冊切りにする。 油揚げは熱湯で20秒ほど茹でてざるに上げ、油抜きする。 鍋にごま油を熱し、豚薄切り肉を入れて色が変わるまで炒める。 3に大根と人参を加えて全体に油がまわるまで炒める。 4にかぼちゃと油揚げを加え、だし汁を入れて材料が軟らかくなるまで煮る。 5に味噌を溶き入れてひと煮立ちさせる。 器に盛り、小口切りにした万能ねぎをのせる。 教えてくれたのは... 田中伶子先生 田中伶子クッキングスクール代表。 全国料理学校協会理事、東日本料理学校協会副会長、NPO日本食育インストラクター協会理事。 福岡女子大学卒業後、1964年に料理教室を開設。 家庭料理の基礎から食のプロ養成まで指導にあたるほか、TV番組の出演や雑誌の執筆、食品・流通・広告会社等での商品企画、講演会など幅広く活躍中。 取材/首藤奈穂 撮影/馬場わかな スタイリング/佐々木カナコ、来住昌美 調理アシスト/中村奈津子、戸嶋幸江、杉本涼子、戸崎小百合、廣瀬弘子 再構成/CLASSY. 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

【まさに畑のお肉!】豆腐の冷凍保存方法と肉似せレシピをご紹介!

肉 豆腐 レシピ 1 位

肉豆腐の下ごしらえ この肉豆腐は 26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。 はじめに木綿豆腐は 1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます。 水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。 置く時間は10分ほどでOKです。 玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。 椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。 Aの調味料(醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100ml)を合わせて箸で混ぜて軽く溶かし、フライパンを火にかける前に、切った玉ねぎを入れておきます。 フライパンを中火にかけて沸くのを待ち、煮汁が沸いたら 玉ねぎを端に寄せて牛肉を入れるスペースを作ります。 煮汁が出た空いたスペースに、牛肉を入れて箸でほぐしながら全体的に色が変わるまで火を通します。 火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します。 牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。 豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。 きのこを上にのせて少し煮るとしんなりしてくるので、 きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。 きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。 蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます。 10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってきます。 きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、 先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます。 これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

次の

【簡単】木綿&絹豆腐の人気レシピつくれぽ1位は!?大量消費も【全20選】

肉 豆腐 レシピ 1 位

肉豆腐の下ごしらえ この肉豆腐は 26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。 はじめに木綿豆腐は 1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます。 水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。 置く時間は10分ほどでOKです。 玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。 椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。 Aの調味料(醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100ml)を合わせて箸で混ぜて軽く溶かし、フライパンを火にかける前に、切った玉ねぎを入れておきます。 フライパンを中火にかけて沸くのを待ち、煮汁が沸いたら 玉ねぎを端に寄せて牛肉を入れるスペースを作ります。 煮汁が出た空いたスペースに、牛肉を入れて箸でほぐしながら全体的に色が変わるまで火を通します。 火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します。 牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。 豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。 きのこを上にのせて少し煮るとしんなりしてくるので、 きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。 きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。 蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます。 10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってきます。 きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、 先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます。 これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

次の