きめつのやいば ネタバレ192。 鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の型判明!炭治郎が縁壱の想いを繋ぎ無惨と戦う!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

【鬼滅の刃 漫画】192話考察⑤|最終決着における炭治郎たちの課題【きめつのやいば】

きめつのやいば ネタバレ192

スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ展開考察:炭治郎の身体能力を上げるには禰豆子が必須!? 現在、炭治郎は無惨から受けた大量の血の影響で体力も精神力も限界です。 無惨が老化し続けているとはいえ、 このままだと炭治郎の体力が持ちません。 さらに無惨も、 炭治郎の実力は縁壱に到底及ばないと考えていました。 このままだと、最悪の場合無惨をとり逃してしまいますね。 ここで炭治郎にとって重要なのが、禰豆子の存在だと思われます。 禰豆子の爆血には、毒を浄化する働きもあります。 禰豆子が炭治郎の中の無惨の血を浄化させることができれば、炭治郎はもっといい動きをすることができると思います。 そのためにも、一刻も早い禰豆子の到着が望まれますね! スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ展開考察:鬼に老化はあるのか!? 無惨はこれまで永く活き続けていました。 その年数は、千年以上とされています。 しかし今回の薬により、 既に九千年分老化したことになります。 合わせると無惨は一万歳を超えたということですね。 これまでは長く生きる鬼にとって、老化とは無縁なものであると考えられてきました。 しかし 老化により、運動能力が低下したのも事実です。 ということは、 鬼にも寿命があるということなのでしょうか。 このまま無惨が老い続ける中で、炭治郎が日の呼吸で戦い続けたとしたら。 最後は無惨の寿命が尽きて死ぬという可能性も出てきましたね。 ここまで散々悪事を働いてきたラスボスが、最後は老いて朽ち果てるというのもなかなか見応えのあるものでしょう。 そこまで炭治郎たちが持ち堪えるかどうかが重要ですね! スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ展開考察:無惨がここで取る選択とは!? 珠世としのぶが仕込んだ薬によって 老化という蓄積ダメージを負っていた無惨。 その老化の進行を食い止める為に戦闘力まで半減しているようです。 とはいえ流石に 老化の効果だけで無惨が力尽きるという事はないでしょう。 無惨にとっては 炭治郎を片付ければとりあえず安全になる状況。 しかし無惨はその炭治郎を倒すのが簡単ではない状態になってしまっています。 そんな状況だと無惨としても迷いが生まれてきそうです。 時間の経過は自分にとっての不利でしかないですからね。 無惨としては 無様であってもここで逃げるという選択をする可能性も十分ある気がします。 そのタイミングで柱が立ち上がったり、もしくは禰豆子がやってくるような展開でも面白いかもしれませんね。 スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ展開考察:炭治郎が無惨を追い込む!? 鬼殺隊を完全に追いつめている無惨。 しかし 同時に薬の効果で追いつめられているとも言えます。 とはいえ自分で「鬼狩りは今夜潰す」と宣言していた以上、逃げる事もしづらい所。 一方で 炭治郎は動きが鈍くなりながらも、十二の型を最後まで繋げる事に成功しています。 一度繋げる事が出来たという事は、 理論的には永遠に繋げる事が出来るはず。 そうなってしまえば無惨であっても逃げる事が出来ないかもしれません。 夜明けまでまだ1時間弱ありますが、 暫くは炭治郎の猛攻で時間が過ぎていくという可能性もあるのではないでしょうか。 鬼滅の刃194話ネタバレ展開考察:禰豆子の力が進化する? 炭治郎が赫刀にしたことについて無惨は、妹=禰豆子の力を借りなくてもできた、とわざわざ禰豆子のことを気にした発言をしていました。 それだけ禰豆子という存在は無惨の中でやはり大きな存在価値があり、利用価値もありながら、まだまだ見えない部分もあるということでしょう。 禰豆子を食べることで更なる進化が見えている無惨ですが、同時に禰豆子の力というのは炭治郎にとっても更なる覚醒を起こさせるものがあるのではないでしょうか。 鬼だけに効果のある血気術を使えたり、太陽を克服したりと、他の鬼とは明らかに違う部分を見せているので、禰豆子は鬼殺隊にとっても非常に有益な力があると判断できます。 考えようによっては、他の鬼とは違うということで人間にとって有効な力、人を守ることができる鬼、というのが禰豆子だと言えますね。 そんな禰豆子が再び無惨と出会い、さらに今の姿の炭治郎と再会することによって、何らかの力が解放され、新たな力を開花させることも考えられます! スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ展開考察:禰豆子登場で無惨に狙われる!? 炭治郎は疲労とダメージ、そして無惨は薬の効果によって追いつめられている状況と言えます。 炭治郎に増援がやってきたり、もしくは無惨が回復したりと、拮抗した今の状態を変える何かが起これば決着がついてしまってもおかしくないでしょう。 とはいえ鬼殺隊は既に戦えるメンバーがいませんし、 やってくるとすればやはり禰豆子でしょうか。 兄を助けるべくやってくるはずの禰豆子ですが、 炭治郎にとっての援軍であると同時に、無惨にとってはチャンスとなってしまいそうですよね。 特に薬で弱体化している無惨にとっては、 只でさえ人間を食べたい所。 そんな中で 無惨にとって何よりも重要な禰豆子がやって来れば、確実に狙ってくるでしょう。 そうなればもしかすると 無惨に禰豆子が吸収されるような最悪の展開もあり得るのかもしれません。 スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ展開考察:炭治郎が鬼化してしまう!? ここまで攻勢を続けている炭治郎ですが、炭治郎の見た目を見るとかなり痛々しい感じなのは変わりません。 疲れも合わさって、勢いはありますがもしどこか隙を見せたら一発でやられてしまうんじゃないかという焦りもありますし… あとは、右目に入った無惨の毒の影響もあり、見た目としては完全に元に戻ってはいないのに加えて、鬼化も進んでいるのではないかなと…。 さらに、愈史郎の血清、珠世の薬というのはあくまでも一時的に無惨の毒を止めるだけのものであり、時間が経ってしまえば炭治郎の右目から再び無惨の毒が炭治郎を襲うのではないかと考えます。 夜明けまではまだ1時間を切ったところなので、十二の型をつなげていくと決意はあるものの、危機的状況なのは変わりません。 もしここで炭治郎が鬼化してしまえば…一気に無惨側の形勢逆転となってしまうのでは…。 スポンサードリンク 鬼滅の刃194話への読者の声 『鬼滅の刃』最新話194話に向けての感想や考察を集めました! 鬼滅の刃、現状がループハメ技 主人公 VS腕ブンブン ラスボス の耐久戦とかいうバトル漫画として字面だけ聞いたら魅力の欠片も感じさせないような状態なのに無惨様が脳みそ無惨なおかげでここまでバトル漫画として魅力的になってるし無惨様やっぱすげーよ。 コンビニは、多分早めに品切れになりそうな予感。 買う人は本屋へダッシュだ! もう、お願いだから早く来て禰豆子ちゃーーーーーん。 そして珠世さん…しのぶさん…。 スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ:けなす愈史郎 しかし愈史郎は冷静で、他の隊士たちに文句を言います。 何ボケっと見ているんだ、死にかけている奴らの手当てをしたらどうだ、本当にグズだな! 言われてやっと気づく隊士たち!あー!!ヤバいヤバい!! 炭治郎が必死で戦っているというのに、村田はじめ隊士たちよ!緊張感があるのかないのか…。 鬼滅の刃194話ネタバレ:戦線へとたどり着く 愈史郎たちは炭治郎たちが戦っている場所へとたどり着きます! まず見かけたのは、伊之助! 派手に背後からやられているのを見て、大丈夫か猪!とすぐに結成を取り出し手当てに当たっています。 伊之助、大丈夫なのでしょうか…。 かなりザックリぱっくりと背中に触手で大きな傷を受けていましたが…。 スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ:カナヲを連れてきた隠 炭治郎からカナヲを受け取った隠も愈史郎たちと合流しました。 血清打ってないのって我妻と猪と栗花落の三人だよな!? カナヲは既に意識がないのでしょうか、確認しながらも急いで治療に当たる隊士たち…。 善逸の描写がなかったのでとても気になります! 鬼滅の刃194話ネタバレ:悲鳴嶼はダウン そして愈史郎は悲鳴嶼の元へ。 岩柱の悲鳴嶼は足を欠損したこともあって、かなりの血を流してしまった…。 欠損している足はもうだめで、辛うじて生きてはいるものの平衡感覚が欠如していて再び戦線に戻すは不可能、と愈史郎は判断。 夜明けまで50分以上あるのに悲鳴嶼がダウンしてしまうとは…炭治郎一人では危険すぎる! 珠世さま、どうか炭治郎を守ってください、と祈る愈史郎。 涙を流しつつ懸命に治療に当たるのでした。。 スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレ:炭治郎が挑む 炭治郎はその後も冷静に動きながら日の呼吸を繋いでいく! 無惨から延びる触手を躱しつつ、迎撃しつつ、挑んでいく炭治郎。 これならいける、いけるかもしれない! しかし、技は単につなげばいいというものでもなかったようだ。 無惨の移動する心臓と脳を正確に狙わなければ全く意味がないらしい…。 無惨の心臓と脳はどのくらいのスピードで動いているのでしょうか。 ただどれだけ早く動いても、無惨自身も動いているのでなかなか見極められないのが現状なのでしょう。 鬼滅の刃194話ネタバレ:透き通る世界に入れない もっと集中して透き通る世界に入ろう!と意識を更に集中させていく炭治郎。 しかしその時、目の前を血がにじんで無惨の姿が見えなくなる! 酸欠で血を流し過ぎてしまっていることも関係しているのか?それとも無惨の毒が…?? 落ち着け!匂いでとらえろ!!と炭治郎が得意としている匂いで無惨を正確に捕らえようとします。 絶対できる!夜明けまで…!! >>> 鬼滅の刃194話ネタバレ:伊黒と炭治郎VS無惨 炭治郎が、俺が援護します!と宣言するも、お前の介添えなど必要ないと淡々と告げる伊黒。 回復したな、放すぞと告げ炭治郎を降ろす。 そして二人は上空を飛び回りながら無惨に挑もうとするも、無惨もまた上空へと飛び、伊黒と炭治郎に挑んでくる! 怒り狂う無惨の触手が、建物を勢いよく破壊しながら、空中で繰り広げられる攻防戦! 炭治郎がやや下から、無惨と伊黒が上から攻撃を仕掛けていく! 鬼滅の刃194話ネタバレ:鏑丸が伊黒の目となる 無惨は伊黒の方が傷が深いとみて伊黒に向かって飛び掛かっていくも、鏑丸が伊黒の目になってどこから攻撃が来るのかを判断! 更に炭治郎も下から無惨に向かって応戦! 炭治郎と伊黒の攻撃が合わさり、蛇の刃と火龍の刃が無惨を捉える! >>> 鬼滅の刃194話ネタバレ:無惨は薬分解に時間がかかる 蛇が状況を伝えているだと!?あんな畜生に私の攻撃が読まれているとは…!と更に怒る無惨! もう無惨ったら怒ってばっかりだ! そして無惨はこの間にも珠世の薬の分解を試みていた。 しかし思った以上に時間がかかっているようで、痛みが走り、修復の方に体力を奪われてもいたのです…。 この修復のうちが完全に隙ができているので、なんとか攻勢を戻していきたいですね! 鬼滅の刃194話ネタバレ:焦る炭治郎 炭治郎が無惨の様子を感じ取っていた。 これまで皆が与えてきた攻撃によって無惨は弱ってきているはず。 無惨の匂いはだんだんと変化している、にもかかわらずまだ強さを出し続けている… 酸欠を免れるのが精いっぱいで、透明な世界に入れずにいる炭治郎だった。 二対一でもまだきつい! 助けてもらってばかりじゃだめだ、俺も伊黒さんを助けないと… と、ここで炭治郎が無惨の身体に異変が起こっていることに気づく! 鬼滅の刃194話ネタバレ:縁壱による古傷が浮かび上がる無惨 さらに老化が進んだことで、無惨の古傷が浮かび上がる! 縁壱がつけた傷が数百年間無惨の身体を燃やし続けていたためで、この時炭治郎の耳飾りがシャリンと鳴り、そこが弱点だと縁壱が教えてくれていると判断! 縁壱さんがつけた傷なんだ! 何百年もの間治癒しなかったんだ、無惨の細胞を灼き続けてくれていたから。 あの傷こそ、無惨の脆いところだ! 縁壱さんが俺たちを導いてくれているんだ!! 縁壱はやはり無惨を限界まで追いつめていたのだった! 無惨の弱点に焦点を絞って攻撃をしていくことに決めた炭治郎。 鏑丸が伊黒の目となり、炭治郎が日の呼吸、伊黒が蛇の呼吸で連携し、無惨と戦う!! 戦いの中で、消耗していった無惨に現れた古傷。 縁壱がいかに強力だったかがわかりますね。 この傷は炭治郎たちにとって、突破口となるのでしょうか!? スポンサードリンク 鬼滅の刃194話ネタバレの感想考察 柱や同期たちの中で、一番最初に復帰したのは伊黒でした。 しかし伊黒は両眼をやられており、見ることができません。 それでも、相棒の鏑丸が無惨の攻撃を伝えることで、避けることができているようですね。 それができているのも、珠世の薬によって無惨のパワーやスピードが落ちているからでしょう。 無惨自身もそれがよくわかっていて、苛立っていました。 そんな無惨の体中に、あるものが浮かび上がります。 それはかつて縁壱につけられた、無数の古傷。 そこがそのまま脆く、弱点となりそうですね! 今炭治郎は酸欠を免れるので精一杯であり、透明な世界へ入ることができません。 そのため無惨の心臓や脳の位置がわかりませんでした。 しかしこの傷なら炭治郎はもちろん、他の者たちにも見えることでしょう。 次に誰が復帰するのでしょうか。 今のところ、悲鳴嶼が一番重傷に見えます。 愈史郎が必死で手当てをしていますが、激しい失血が予想されますね。 他の者はどうでしょうか。 みんな血清を打ってもらったので、無惨の血によるダメージは多少和らぐかもしれませんね。 ただ、甘露寺だけは血清を打たれていません。 この事実が後にどう影響してくるのか、気になりますね! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

鬼滅の刃192話以降の展開|腕や足が切断された義勇と悲鳴嶼は死亡する?柱が全滅する可能性について

きめつのやいば ネタバレ192

2020年2月3日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌192話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では無惨との戦い、炭治郎の治療の話がメインでした。 柱たちが全員赫刀にすることができ、無惨を追い詰めることができるかと思われましたが、無惨の攻撃により全員が行動不能に。 カナヲも無惨に殺されそうになりましたが、間一髪のところで炭治郎が助けます。 炭治郎と無惨が再び相まみえることになりました。 192話では2人の戦いとなることと思われます。 無惨との戦いに決着をつけることができるのでしょうか? 今回は「【鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌192話ネタバレ最新話確定速報】炭治郎は縁壱の過去からヒントをもらい無惨を倒すことができる?」と題し紹介していきます。 鬼滅の刃192話ネタバレ ネタバレ注意 鬼滅の刃191話 炭治郎覚醒してるし 柱と同期組はボコボコのボコ 岩柱は足ねーし、水柱は腕切られてて、風柱は壁に、蛇柱は足切られてんの?伊之助は、ぶっ倒れてて善逸は足切られてそう…唯一カナヲちゃんだけ生きてんだけど… みんな生きてるよね?そう願いたい。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 炭吉の過去から学ぶ 炭治郎は無惨と対峙しながら夢のことを思い出します。 炭吉の過去の体験を住吉の目を通して炭治郎も体験できていました。 説明を聞くより、実際にやってみてもらった方が、より正確に理解ができます。 それを実際に縁壱がやっているところを見せてもらうことで、炭治郎も型を学ぶことができました。 そこで縁壱の型を見ることで自分に落とし込もうとします。 縁壱の型は自分のものに比べてまったく無駄がない動きでした。 縁壱の型 炭治郎は縁壱はおとなしく、控えめな優しい性格だと思っていました。 すやこが縁壱に型を見せて欲しいと頼むと快く見せてくれていました。 その様子を見逃さないように、炭治郎は住吉の目から縁壱の型を見ます。 このチャンスに日の呼吸をモノにしようと、わずかな動作も察知し目に焼き付けます。 縁壱の日の呼吸はとてもきれいで、息をすることすらも忘れてしまうほどでした。 きれい過ぎて、それは妖精が舞っているようにも見えます。 それを見るとすやこと子供はとても喜びます。 また縁壱はその喜ぶ姿を見て、自分のやることで喜んでくれることをうれしく思いました。 炭吉と縁壱の別れ そして縁壱が炭吉の家を去ることとなります。 その別れ際に縁壱は自分の耳飾りを、炭吉に渡します。 そのことでもう縁壱はここには来てくれないのだと炭吉は感じます。 そのことに気が付き住吉は泣き、縁壱の想いは後世に継ぐと叫びます。 また縁壱は価値のある人だと言い、耳飾りと日の呼吸を伝えていくと約束します。 縁壱はお礼を言って去っていきます。 その言葉を受けて炭治郎も自分の祖先を助けてくれたこと、珠世を逃してくれて今無惨を追い詰めることができていることに対してお礼を言います。 炭治郎の日の呼吸が進化した 炭治郎は縁壱の型から学んだことにより、日の呼吸は以前に比べ無駄がなくなり、ひとつひとつが正確になり、どの型も進化していました。 しかし炭治郎は13個目の型の事について気になっていました。 1から12個目までの型の名前についてです。 始めの円舞と最後の炎舞は漢字は違いますが、読み方は一緒です。 そして炭治郎の父が夜が明けるまで神楽を踊っていたことも思い出します。 無惨の心臓が7個・脳が5個あるという体を、透き通った世界で見ることで、ある考えが思い浮かびます。 日の呼吸13個目の型 それは日の呼吸は神楽や名前から12個の型を繰り返し行うことで、連なり13個目の型になっているのではということです。 日の呼吸を繰り出し続けるということで脳と心臓を斬り続けなければならないということでした。 それを夜明けまで続けていれば無惨に勝ことができるのではと炭治郎は考えます。 しかし縁壱も結局は無惨を取り逃してしまいます。 あの縁壱さえもできなかったことが、自分に果たしてできるのだろうかと不安に思います。 しかし柱たちが戦えない今自分が無惨と戦うしかありません。 炭治郎は自分のできることを精一杯やるしかないと思い、気を引き締めてこの戦いに負けない、心が折れないことを誓います。 炭治郎と無惨の戦い 無惨は触手で炭治郎を攻撃しますが、刀でその攻撃をすべてさばきます。 無惨は炭治郎の姿を縁壱と重ねて見えてしまい、亡霊がと幻影にとらわれています。 そのとき炭治郎は無惨の一撃を避けることができずに、その攻撃を受けてしまいます。 しかし炭治郎はこの時無惨の攻撃がどのように出しているのか気づきます。 無惨は背中の9本の触手と両腕に加えて、ももからも8本の触手を出して攻撃していました。 そのことに柱たちは気づかずにやられてしまっていました。 炭治郎は負けじと日の呼吸の型を連続して繰り出していき、日の呼吸の型はやはりつながっていることを確信します。 そしてまた連続で型を放つと繋がって放つことができると、実際にやってみてわかります。 それはやはり十三の型はすべてを連続で繰り出すとなせる型ということです。 炭治郎はこのとき日の呼吸のことを理解し、次はすべてつなげて攻撃すると決めます。 鬼滅の刃192話ネタバレ考察 若干ネタバレ注意 すいません。 ぎゃくしゅうかいしってなんでしたっけ。 炭治郎の夢の続きはもうない? 炭治郎が復活しましたが、夢の続きはもうないのでしょうか? 炭治郎の夢の続きがどうなったのか気になりますね。 縁壱の過去が段々とわかってきましたが、ヒノカミ神楽がどのように伝えられてのかがまだ描かれていません。 そのまま描かれるかと思っていましたが、現実世界の無惨との戦いに戻ったので、このまま何話かは続くかもしれませんね。 ただ炭治郎が目を覚ます前に、日の呼吸についての手がかりをつかんで、無惨を倒す方法を見つけてもらいたいものです。 炭治郎はすでに禰豆子の爆血によって赫刀にしていますので、禰豆子が炭治郎の元へ駆けつけたら爆血との合わせ技で赫刀にできるでしょう。 これからの戦いの中で、ヒノカミ神楽十三の型を出してくるかもしれませんが、その時に夢の続きも出てくるのではと思っています。 炭治郎の日輪等はすでに赫刀になっている? 日輪刀を赫刀にする条件として、万力の力で握るというものがありました。 炭治郎が目覚める直前、刀を握り過ぎて、村田や他の鬼殺隊員が驚くほどの音を出していました。 これはとてつもない力で刀を握っていたためだと思われます。 これほどの握力で刀を握っているのなら、この段階でもしかしたら赫刀にできているのではないかと考えられます。 刀身が描かれてませんでしたので、赫刀になっているかは定かではありませんが、赫刀にすることができている可能性は高いのではと思います。 実際炭治郎が斬り落とした腕の切断面は赤くなっていて、すぐに修正しているようには見えませんでした。 そのことからこの段階で赫刀にできているのではないでしょうか? 炭治郎も赫刀にすることができ、ヒノカミ神楽もありますので、無惨に対抗できるかもしれませんね。 鬼滅本誌済みです 一瞬希望見せたあと、とてつもない位くらいの絶望がきて情緒不安定になりました…🐊先生…恐ろしい…… 炭治郎の目に瞳孔が描かれてなくてが すごく怖かった。 炭治郎来たし。 でも皆が…. どうなるの。 無惨可愛い。 もう、終始あぁぁぁぁ!!!うぉぉぉぉぉ!!ってなりながら読んだ。

次の

【ネタバレ注意】鬼滅の刃192話「廻る縁」【ジャンプ10号2ch感想まとめ】

きめつのやいば ネタバレ192

鬼滅本誌192話のネタバレ 無惨と戦線で接する中、炭治郎は過去の縁壱とのやり取りを思い出していた。 縁壱は純朴で、何かをお願いすれば答えてくれる人だった。 炭吉の子供がせがむと、縁壱はヒノカミ神楽の舞い方を教えてくれた。 炭吉はそれをしっかりと目に焼き付けた。 過去の記憶に迷い込んだ炭治郎が認識できるほどに。 ヒノカミ神楽は、始まりの呼吸であることを恥じない綺麗さだった。 だからこそ、後世に受け継がれていったのだ。 ——————- 縁壱が炭吉の家を離れる時が来た。 縁壱は、兄である黒死牟を討つために行かなければいけないのだ。 炭吉に耳飾りを渡した縁壱は、もう会えないのだと悟らせる後ろ姿を見せていた。 その後姿に炭吉は、縁壱は「何も成し遂げられなかった人物ではなかった」と伝える。 すると縁壱は、これまで見せてこなかった、人懐こい表情を浮かべて「ありがとう」と言う。 炭吉は、そんな縁壱を見送りながら、感謝するのは自分たちだと思う。 鬼に襲われていた炭吉たちを救ってくれたのは縁壱だったわけで、これまで生きてこれたのは縁壱が救ってくれたからなのだ。 ——————- これまで縁壱が見せてくれた、そして父が舞って教えてくれたヒノカミ神楽を見て炭治郎は悟る。 ヒノカミ神楽の最後の型は、12個の型を舞い続けて1つの型になるのだ。 父である炭十郎が大きな熊に対して発揮したの同じように、炭治郎は無惨に対してヒノカミ神楽を舞い続ける必要がある。 それを舞い続けて、初めてヒノカミ神楽は完全系になる。 あと1時間、無惨を逃さないように戦うことはできるのか。 しかし、やるしかない。 炭治郎は、ヒノカミ神楽を無惨に対して際限なく繰り出していく。 どう見ても無理だと思う局面だったが、炭治郎の繰り出すヒノカミ神楽は無惨の攻撃に呼応するように、1の型、2の型と進んでいった。 無惨が攻撃をしてきたら、予想してたとでも思うように綺麗に避けながら斬撃を加えていく。 まるで、それがヒノカミ神楽の正しい形であるように。 あるべき姿のように。 ヒノカミ神楽は、無惨を討伐する、そのためにある型なのだと感じさせるように。 ヒノカミ神楽を舞いながら、無惨を切り刻みながら、炭治郎は決意する。 無惨を倒すために、ヒノカミ神楽を完璧に舞い尽くすと。 193話へと続く。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 ここから下は、192話が出る前の予想内容になります。 今後のネタバレ予想 炭治郎は13個目のヒノカミ神楽を使う? 過去編で縁壱が繰り出し、鬼舞辻無惨を細かくきざんだ ヒノカミ神楽の新しい型。 無惨に対して有効だったことから、この最終決戦でも重要な役割を果たすことは間違いありません。 炭治郎は直接見ているわけではないため、どのようなものかは実際にはわかっていません。 しかし、生死の境目で見た過去の記憶は、何かしらの意味があったことは間違いありません。 祖先の記憶からヒノカミ神楽の13個目の型を編みだすか、あるいは炭治郎がオリジナルの13個目の型を生み出すか、気になるところです。 炭治郎は生き残れる? 炭治郎は右目周辺が赤く腫れてしまっており、 もはや人間の見た目からはかけ離れてしまっています。 治療が遅れたことで無惨の血による侵食が進んでしまい、血清を打ち込んでも戻らなくなってしまっているのです。 また、寿命の前借りをする「痣」が発現してしまっていることから、連戦を繰り広げている炭治郎の消耗具合はかなりのものだと推し量れます。 炭治郎としては、無惨と刺し違えても構わないと思っていそうですが、このまま無惨を討伐したら死亡してしまうのでしょうか? 生き残れる可能性が高い 禰豆子が炭治郎のもとへ向かっており、「無惨の討滅」か「炭治郎の治療」に関わる可能性が高いです。 禰豆子の使える爆血は、鬼の血による悪影響を浄化することができます。 兄妹の絆としての「爆血」により、炭治郎が救われるのではないかと考えられます。 痣で寿命を迎えることも無さそう 痣が発現すると、驚異的な力を発揮できる一方で、寿命を前借りしたことで25歳までには死亡してしまうという副作用も伴います。 今回の無限城〜無惨戦でほとんどの柱が痣を発現させており、戦いが終わったあとに寿命を迎えてしまう柱が出てしまうことも予想できます。 しかし、 炭治郎は痣により寿命を迎えない可能性が高いと考えられます。 というのも、縁壱と同じように生まれつき痣が出ているためです(本人は火傷だと言っていますが)。 縁壱はこれまでの鬼狩りの中で唯一、痣があったにも関わらず老人になるまで生きていました。 おそらく炭治郎もそうなるのではないでしょうか。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の