バイオ イメージング 学会。 臨床・バイオイメージング部門

産業技術総合研究所ナノバイオデバイス研究グループ

バイオ イメージング 学会

私たちの研究グループでは、これまで不可能とされてきた時空間分解能・感度で、タンパクや核酸を精緻に検出することで、これらの課題をクリアしたいと考えています。 具体的には、ナノ材料とバイオ分析を融合させた独創的な生体分子計測技術に関する目的基礎研究を行い、さらにそれらのデバイス開発・実試料計測までを一貫して行うことをモットーにしています。 多様なバックグラウンドを持つメンバーの連携により、材料科学・表面科学・微細加工技術・電気化学・核酸化学・高分子化学・多変量解析技術など多彩なアプローチを駆使することで、エピゲノム変化や細胞分化等の生命現象、医薬・毒素等の創薬基盤技術に有用な分子を簡便かつ迅速に計測可能にし、医療・創薬・生命科学の発展に貢献します。 大学院生を募集しています! 連携大学院制度により、 筑波大学大学院 数理物質科学研究群 物性・分子工学サブプログラム 栗田研究室では 博士前期課程・博士後期課程の大学院生を受け入れることができます。 ・ ・ これまでにグループとして 約10名の大学院生(うち3名が博士後期課程)の受け入れ実績があります。 同研究科のOBが職員として在籍しており、また同研究科の他研究室との人材交流も盛んなため、 サポート体制は万全です! 博士前期・後期課程の大学院生は、 産総研リサーチアシスタントとして雇用することが可能です。 現在、所属している大学院生も当制度を利用しています。 ご興味ある方は遠慮なく 栗田までお問合せください!• Sensors 誌 MDPI 特集号へのご投稿をお待ちしております! 栗田研究グループ長がSensors誌において特集号 " Nanosensors for Biomedical Applications " のゲストエディターを務めています。 2020年8月31日まで投稿を受け付けていますので、奮ってご投稿頂きますようお願い申し上げます。 ・ 不明な点のある方は 栗田までお問合せください!•

次の

臨床・バイオイメージング部門

バイオ イメージング 学会

平成11年 東京大学医学部医学科 卒業 平成19年4月 東京大学大学院医学博士課程 修了 平成11年6月 東京大学附属病院内科研修医 平成13年12月 東京大学付属病院非常勤医員 平成18年4月 日本学術振興会特別研究員DC2 平成19年4月 日本学術振興会特別研究員PD 平成20年10月 東京大学循環器内科特任助教 JSTさきがけ研究員 兼任 平成20年11月 東京大学医療ナノテク人材育成ユニット 特任助教 JSTさきがけ研究員 兼任 平成21年4月 東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術開発拠点(TSBMI) 特任助教 平成23年9月 東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術開発拠点特任准教授 平成25年8月 自治医科大学 分子病態治療研究センター 分子病態研究部 教授 略歴 平成11年 東京大学医学部医学科卒業 平成19年 東京大学大学院 医学博士課程修了 内科学専攻 平成11年 6月 東京大学附属病院内科研修医 平成13年 12月 東京大学附属病院非常勤医員 平成18年 4月 日本学術振興会特別研究員DC2 平成19年 4月 日本学術振興会特別研究員PD 平成20年 10月 東京大学循環器内科特任助教・JSTさきがけ研究員兼任 平成20年 11月 東京大学医療ナノテク人材育成ユニット特任助教・さきがけ研究員 平成21年 4月 東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術開発拠点 TSBMI 特任助教授 平成23年 9月 東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術開発拠点特任准教授 平成25年 8月 自治医科大学分子病態治療研究センター 分子病態研究部 教授 受賞歴 2015. 20 富山 総合健診医学会第43回学術大会長奨励賞 2014. 29 第75回日本血液学会学術集会奨励賞 2014. Milwaukee, SSC 2014 Best Oral Awrad 2014. CSL Behring Prof. Heimburger Award 2014 2013. Olympus BioScapes Digital Movie Competition, Honorable Mention Award 2013. 旭川 日本平滑筋学会 Techinal Innovation Award 2013. 東京 日本病態生理学会YIA最優秀賞 2013. 那覇 日本NO学会YIA最優秀賞 2013. 山形 日本血栓止血学会学術奨励賞 2013. 大阪 平成25年日本顕微鏡学会奨励賞 II 生物系応用研究部門 20013. 12-13. 東京 日本臨床分子医学会学術奨励賞 2012. 東京 第1回 万有医学奨励賞 最優秀賞 2012. 大阪 第33回日本レーザー医学会総会総会賞 2012. 京都 平成24年度日本肥満学会学術奨励賞 2012. IAS Asia-Pacific federation Young Investigator Grant for APSAVD 2012. 23-24. 東京 第16回日本心血管内分泌代謝学会 高峰譲吉研究奨励賞 2012. 京都 14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry, Best Picture Award 2012. 浜松 分子イメージング学会最優秀発表賞 2012. 19 Chicago, ATVB session 2012, Kenneth M. Brinkhous Young Investigator Prize in Thrombosis Finalist 2012. Bangkok, The 1st Annual International Meeting of The Society of Molecular Imaging, The Best Oral Presentation 2011. 東京 平成23年度日本医師会医学研究奨励賞 2011. Belfast, Northern Ireland, Andor 2011 Insight Award in the Life Sciences category 2011. 20-21. 東京 The 12th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases, Outstanding Best Presenter Award 2011. 札幌 第63回日本細胞生物学会大会 若手優秀発表賞 最優秀賞 2011. 札幌 第1回日本糖尿病学会若手研究奨励賞最優秀賞 2010. 1-2. 東京 第16回武田科学振興財団生命科学シンポジウム Excellent Poster Award 2010. 3-4. 埼玉 平成22年度日本バイオレオロジー学会論文賞 2010. 京都 日本循環器学会第19回八木賞 2010. 26-27. 東京 第33回日本微小循環学会総会 Young Investigator Award 最優秀賞 2010. 東京 日本顕微鏡学会バイオメディカルニューマイクロスコープ分科会平成21年度講演会 最優秀演題 2009. サンディエゴ Olympus BioScapes Digital Imaging Competition, Honorable Mention Award 2009. 3-4. 金沢 第17回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウムYoung Investigator's Award 2009. 2-4. 名古屋 第61回日本細胞生物学会大会 若手優秀発表賞 2009. 14 東京 平成21年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 2008. 3-5. 金沢 第16回日本血管生物医学会Young Investigator's Award 2008. 8-12. New Orleans Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology Merit Award for Young Investigators 2008. 平成20年度岡本研究奨励賞 2008. 24-. 神戸第45回日本臨床分子医学会学術奨励賞 2008. 12-13. 東京 第31回心筋代謝研究会Young Investigator's Award 最優秀賞 2008. 8-10. 東京 第14回 日本炎症・再生医学会奨励賞 2008. 22-23. 埼玉 第3回日本分子イメージング学会 最優秀発表賞 2008. 16-18. 青森 平成20年度 日本内分泌学会 若手研究奨励賞 2008. 1-6. 日本血管生物医学会 Travel Award, IVBM 2008 2008. 平成19年度東京大学医師会医学賞 2008. 第72回 日本循環器学会 Young Investigator's Award 最優秀賞 2008. 21-22. 東京 第33回日本微小循環学会総会 Young Investigator Award 最優秀賞 2008. 8-9. 東京 日本糖尿病・肥満動物学会 若手研究奨励賞 2007. 29-12. 2 Malaysia, 14th congress of the ASEAN Federation of Endocrine Societies, The best oral presentation — 1st prize. 2007. 16-17 東京 第11回日本心血管内分泌代謝学会 Young Investigator Award 2007. 5 東京 JST 第2回 科学技術の「美」パネル展 優秀賞 2007. 2 野田 日本バイオイメージング学会 奨励賞 2007. 2 野田 日本バイオイメージング学会 ベストイメージ OLYMPUS賞 2007. 25 松本 第48回日本脈管学会 Young Investigator Award 基礎部門最優秀賞 2007. 21 東京 平成19年度日本肥満学会 若手研究奨励賞 2007. 20-21. 筑波 第26回日本医用画像工学会会奨励賞 2007. 14-15. 北海道 平成19年度日本バイオレオロジー学会学術奨励賞 2007 第24回(平成19年度) 井上研究奨励賞 2007 第14回コニカミノルタ画像科学奨励賞 2007 平成19年度 福田記念医療技術振興財団 論文表彰 2006. 1-2. 幕張 第23回国際心臓研究学会日本部会総会Young Investigator Award.

次の

安永 正浩

バイオ イメージング 学会

種別 単独学会 ふりがな にほんばいおいめーじんぐがっかい 欧文名 BIOIMAGING SOCIETY 略称 - 法人番号 - ホームページ 学術研究領域• 基礎生物学 設立趣旨 本学会は、会員の研究発表、知識の交換ならびに会員相互および関連学(協)会との連絡提携の場となり、バイオイメージング学の進歩普及をはかり、もって学術、文化の発展に寄与することを目的とする。 沿革 1991年 日本バイオイメージング学会 設立 設立年月日 1991年10月18日 役員数 役員:41(人)《男性:34(人) 女性:7(人)》 会員数 【個人会員】• 正会員:162(人)• 学生会員:46(人)• 名誉会員:10(人) 【団体会員】• 賛助会員:4(団体)• 誌名(和文):バイオイメージング• 誌名(欧文):Bioimaging• 創刊年:1993• 資料種別:解説誌・一般情報誌• 使用言語:日本語のみ• 発行形態:• 印刷体• 著作権帰属先:学会• クリエイティブコモンズ:定めていない• 購読:無料 [印刷体]• PRINT ISSN:1342-2634• 発行頻度:2(回/一年あたり)• 発行部数:400(部/回)• URL: [eジャーナル]• ONLINE ISSN:-• 発行頻度:2(回/一年あたり)• URL:-• アクセス制限:無し• オープンアクセス:OA誌• OAモデル:不明、該当なし• 誌名(和文):バイオイメージズ• 誌名(欧文):Bioimages• 創刊年:1993• 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)• 使用言語:英語のみ• 発行形態:• 印刷体• eジャーナル• 著作権帰属先:学会• クリエイティブコモンズ:定めていない• 購読:無料 [印刷体]• PRINT ISSN:0919-2719• 発行頻度:不規則• 発行部数:-(部/回)• URL:- [eジャーナル]• ONLINE ISSN:-• 発行頻度:不規則• URL:• アクセス制限:無し• オープンアクセス:OA誌• OAモデル:不明、該当なし• 国内における学術連合体への加入 - 含まれる学術団体 - 国際学術連合体への加入 - 国際会議への関与 【主催】• 5th International Bioimaging Symposium — Singapore• 【共催】 - その他の国際活動 -.

次の