自己 紹介 パワポ。 パワーポイント(パワポ)の様々な自己紹介例

【就活・新生活】パワポ自己紹介シート☆無料テンプレート差し上げます!

自己 紹介 パワポ

PowerPointなどのスライドによって、話している内容を表示させたり図やイラスをなどを用いることで、相手に今何を話しているのかがわかりやすくなるのです。 テレビ番組やニュース番組などで、読み上げている内容やタレントさんがしゃべていることを「字幕」をして表示させるのは、そういった相手にわかりやすい・理解してもらいやすいという意図があるのです。 もちろん耳の不自由な方に向けて、という意図もありますが見える形にすることでより理解を深めやすいのです。 英語のスピーキングなども、ただただ音声を聞いているよりも実際の英文を見ながら聞いていた方がどういった内容を話しているのかわかりやすいですよね。 そういった意味でも自己紹介をスライドで行うメリットはかなりあるでしょう。 文字やイラストなど工夫を凝らしてスライドを作ることによって、相手に理解してもらいやすいだけではなく印象として残りやすいという傾向にあります。 当然ながら理解できる、ということは覚えられるということなのです。 また、聞き手にとってわかりやすい内容の自己紹介だったり、スライドをだった場合やはり聞き手にとって有難いことですし、その分関心を生みます。 よって、相手の頭に残りやすく自己紹介の後自分の印象をしっかりと皆さんに与えることが出来るようになるのです。 「緊張せずに話が出来る」という精神的なメリットが自己紹介でスライドを使用することにあるのです。 これはつまり、話し手側になった時聞き手からの目線が自分に集中してしまわない、ということです。 スライドが実際にはあるわけですから、プレゼンや自己紹介を行っている最中に聞き手の目線は話し手自身だったりパワポだったりと目線や意識が分散します。 しかし、スライドやパワポを使用しておらず、本人だけが大人数の前でプレゼンを行っていたら当然ながら話し手だけに意識が集中しますよね。 皆さんの注目を浴びている、大勢の目線を集めているのだと感じてしまうと人は当然緊張します。 緊張することによって、声が上ずったり声が裏返ったり、手が震えたりと上手くしゃべれないというデメリットが生じてしまいます。 そういった話し手のメンタル面を考えた時もスライドやパワポがあると良いのです。 パワポやスライドは、何も文字だけをずっと並べるわけではありません。 時には文字の大きさを変えたり、色味を変えたり、図やイラストなどを盛り込むこともあるでしょう。 ポイントを絞ってスライドを作ったり、一番自分にとって伝えたいことをしっかりとパワポ上にまとめることが出来れば相手に自分が伝えたいことやわかってほしいことを理解させることが可能なのです。 自分のいいところやスキルなどをしっかりと相手にアピールする時にも最適な方法であると言えるでしょう。 こちらもまた自分に対するメリットです。 具体的には、文字に起こしたりしっかりと伝えたい内容をまとめておくことが出来るので自分の中で、どういった流れでプレゼンしていくのかが理解できます。 自分の頭の中だけで構成を練っていると、いざ人前で話すとなった時に混乱や焦りが生じ、本当に話さなけれあばならないことをうっかり忘れてしまう、なんてことも珍しいことではありません。 乙ついてそして順を追って話ていくためにも、スライドやパワポを用意するのは大切なことであるとわかりますね。 文字色が単調で、黒一色のスライドではすべてが同じに見えてしまってあまりスライドやパワポの効果がありません。 大切なのはスライドの中にメリハリをつけることなのです。 よく学生の勉強において、大事な部分にマーカーーペンを入れたりしましたよね。 それと同じで、スライドの中に色を入れることによって重要な部分や際立たせたい部分を目立たせて、相手に注目してもらいやすくなります。 文字色を変えたり違う色で囲ってみたりと、色合いの変化を活用していきましょう。 特に会社などの自己紹介ではかなり重要となる部分で、これまで培ってきた功績については具体的な内容をしっかりと記載してください。 できれば数字としてあらわした方が、相手に理解してもらいやすくなるでしょう。 少々技術が伴うことではありますが、可能であればアニメーションを入れましょう。 文字を動かしたり、消えさせたりとパワポにはさまざまなモーションテンプレートが存在しています。 それらを活用して、さらにプレゼンにメリハリをつけるのです。 ただしアニメーションの使い過ぎには注意してください。 結局何が伝えたいのかがわからなくなってしまっては、意味がないでしょう。 特技や趣味などの話をする際に活用しやすいのがイメージ動画です。 自分のことをイメージ出来るような動画を作成して、プレゼントして盛り込みましょう。 やはり目に見える映像として残ることで、聞き手にとってはイメージを膨らませやすくなります。 それだけではなく、話し手の印象を強めたり理解を深めることだってできるのです。 意外と重要なことと言われていて、たとえば好きなことや趣味について話すとき、言葉だけで説明するのには限界があります。 実際に自分が楽しんでいる姿や、参考となる資料を用意しましょう。 例えば、写真を撮るのが趣味なのであれば自分が撮っているいるときの写真や実際に撮影している写真を載せても良いでしょう。 イラストが趣味なのであれば自分の作品をスライドに載せて紹介してみても良いですよね。 そうやって自分はどう言った人物なのかを明らかにするのにはかなり重要な事柄なのです。 自己紹介をする場所が、会社であれ学校であれ自分が今ここにいて成し遂げたいことや具体的な目標をしっかりと盛り込んでプレゼンしましょう。 そうすることで、今自分がここにいる理由を明らかにできるのです。 会社であれば、今この会社にいて成し遂げたいことをしっかりと伝えることで上司や先輩、同僚の印象に残ります。 どう言った人間なのかがわかってもらえますし、やる気のある人材であるとアピールできるでしょう。 学校であっても、これだけやる気があるのだとアピールできたら自分の存在を強くできますよ。 基本的にプレゼンテーションに使われるのがパワポです。 パワポでは文字のアニメーションやスライドショー以外にも、図やイラスト、写真をなどを入れこむなど作れる項目が多いのです。 基本はパワポを活用しましょう。 英語を使って自己紹介する機会はあまりありませんから、是非取り入れてみると良いでしょう。 「My name is 〇〇. Please call me 〇〇. 私の名前は〇〇です。 私のことは〇〇と呼んでください。 」 このような、本当に簡単な英文でも構わないでしょうし英語が得意な人であれば詳しく英語であいさつを取り入れてみても良いでしょう。 一つの特徴として、アピールできますよ。 スライドの初めにタイトルを入れた後、目次を入れましょう。 そういった流れでこれからプレゼントしていきます。 とアピールできますので、流れが理解できないよりもできた方がすんなりとプレゼンを聞いてもらえるのです。 自己紹介をいざしようと思っても、なかなか基本的なことから面白い項目など思い浮かばないものですよね。 以下の記事では、自己紹介の基本から、面白い例文など詳しくまとめられています。 学校や終活に生かせるものもありますので、是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはいかがでしょうか。 少々面白いネタのように感じることわざでもいいですね。 「私はせっかちなことが多く、自分では捕らぬ狸の皮算用な人であると思っています。 」など、少し面白くテンプレートをアレンジしてみましょう。 出身地あるあるのようなことを自己紹介に取り入れると面白さが増します。 テンプレートは「私の出身は〇〇です。 とにかく田舎なので電車が一日〇本しかありません。 乗り遅れたらその日は出かけることを諦めます。 」などでしょう。 何を伝えたいのかしっかりとポイントを絞って自己紹介しよう 自己紹介は自分のことを知ってもらうために行うものです。 何を伝えたいのか、何が重要なことなのかを把握したうえで上手にプレゼンするのが大切ですね。 以下の記事では、さらに面白い自己紹介テンプレートについてまとめられています。 是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはいかがですか。

次の

自己紹介プレゼンの仕方|パワーポイントの作り方・用意しておくべき資料

自己 紹介 パワポ

プレゼンにおいてどうしても欠かすことのできない最初の段階が自己紹介です。 どうぞよろしくお願いします。 」というように単に所属と名前(姓)だけで済ませるという場合も少なくありません。 プレゼンの内容の説明を重視するというのであれば、一見こういう自己紹介でも悪くないかのように見えます。 しかし、プレゼンを聞く側からすれば、これからプレゼンをする人がどういう人なのかについても知っておきたいと思うことも多いです。 なぜならば、基本的にビジネスでプレゼンをする人が、いわばその案件の担当者ということになる以上、その人のことをよく知らないと信用することさえできないためです。 ここでは、プレゼンでどのように自己紹介すべきかについて見ていきます。 自己紹介する際には名前はフルネームで まず、自己紹介に当たっては名前を名乗ることになりますが、ここで注意すべきなのがフルネームで自己紹介するという点です。 姓だけを名乗ってそのままという人がいますが、姓だけでなく下の名前も含めて自己紹介するほうがより聞く側からの信頼を得ることができます。 より聞く側の心をつかみたいというのであれば、自分の名前にまつわるエピソードなどを語るのも効果的です。 学生時代のあだ名や子供の頃に親からどう呼ばれていたか、などのこぼれ話を盛り込むことでより具体的な名前の紹介になるだけでなく、場を和ませることにもつながります。 自己紹介らしく名前以外にもなにか1つ具体的に話す 自己紹介の際には名前を名乗るだけでなく、名前以外のことを何か一つでもよいので具体的に話をするようにしましょう。 普段やっている仕事や部署、趣味や学生のころの専門分野のこと、出身地のこと、家族のことなど、なんでも構いません。 ただし、専門用語を使うのではなく、誰が聞いてもわかりやすいような話し方をするようにしましょう。 このように自己紹介とは単に自分の名前や所属を知ってもらうというだけでなく、この後のプレゼンにつなげやすくするためのアイスブレーキングの時間であるともいえます。 そのため、この自己紹介の時間をうまく使って自分のことをよく知ってもらうことで、聞き手が話を聞きやすいような雰囲気を作り出すことが大切です。 パワーポイントでのプレゼン資料の作り方は? まずは、パワーポイントのスライド1枚の基本的な構成について見てみましょう。 パワーポイントのスライド1ページは大きく分けるとタイトル欄と内容欄とに分かれています。 タイトル欄にはそのページで説明したいことのタイトルを、内容欄の方にはそのページで説明したい概要を書いていきます。 また、内容欄のところには説明するうえで必要な図表やイラストなどを載せておくこともできます。 ただし、プレゼン資料全体の一番最初のページはタイトルスライドを用いて、上の欄に全体のタイトルを、その下にサブタイトルや発表者の名前などを記入していきます。 なお、スライドの種類はいくつかありますが、「新しいスライドを作成」をクリックすると、その中から自分の使いたい種類のものを選ぶことができます。 文章はどのように作成する? 誰もが一度はパワーポイントでスライドを作成する際に、「文章はどの程度打ち込めばよいのだろうか」と気にすることがあります。 結論から先に言えば、文章はなるべく長くならないようにするとよいです。 スライドを用いてプレゼンや自己紹介をするとなると、聞き手の視覚にも訴えることになります。 このため、あまり文章が長くなると逆に聞き手の方が疲れてしまうため、文章の長さは1文につきだいたい1行から2行程度、できれば体言止めを活用するとよいです。 あくまでも自分の口で説明や提案をするためにスライドを作るため、文章は必要最低限を心掛け、残りの説明すべき事柄は自分で分かりやすくかつ具体的に説明するようにしましょう。 ビジュアルにこだわりすぎないように パワーポイントではアニメーションによって文章や図形、イラストなどに動きを加えるなど、見る側を楽しませるさまざまな仕掛けを施すことができます。 しかし、プレゼンの主目的は自分の説明や提案を通じて、聞き手に共感を持ってもらい、ビジネスなどでよい関係を構築するといったものです。 このため、いくらプレゼン資料でビジュアルがこっていても、肝心の提案したい内容が伝わらなければ意味がありません。 たしかに、ビジュアルはうまく使えば聞き手を自分の話の世界に引き込む力を発揮します。 が、あまりにもビジュアルにこだわりすぎると、聞き手はビジュアルのすごさにのみ目が行ってしまいかねません。 だからこそ、ビジュアルの活用も必要最低限で、かつ一番大切なところで用いるのがコツです。 用意しておくべき資料はどんなもの? さて、プレゼンのための資料といっても、具体的にどのようなものを用意すべきかについては誰もが考えるところです。 特に、プレゼン初心者にとってはどのようにすれば自分のプレゼンがスムーズに進み、聞き手の心に訴えることができるか悩むところです。 ここでは、プレゼンのための資料についてどのようなものを用意するべきかについて見ていきましょう。 配布用の資料は不可欠 まずは聞き手が見るための配布用の資料は不可欠です。 というのも、プレゼンが進む中で聞き手の側も話を聞いたり、またメモを取る中で聞き漏らす場合も少なくないためです。 このため、聞き漏らしをしても大丈夫であるように配布用の資料を用意します。 そうすれば、聞き手側が重要なところを聞き逃しても、配布用の資料を見ることで確認することもできるため向こうとしても安心してプレゼンに耳を傾けることができます。 プレゼンの内容をきちんと決めておかないと、本番でプレゼンをこなしても相手の理解を得られなくなります。 ここでは、どのようにしてプレゼンの内容を決めていくかについて見ていきます。 プレゼンをする目的は大事! まずは、プレゼンをする目的に注目してみましょう。 この目的をあらかじめ確認しておかないと、プレゼンの内容もぼやけたものになってしまいます。 どのようなテーマで、またどのような内容でプレゼンし、相手に何を提案しアクションを起こしてもらうか、といったことをあらかじめ決めておきましょう。 内容のアウトラインを決める 目的を確認したら、次は内容のアウトラインを決めていきます。 どのようなテーマで、自己紹介をどのように行い、内容をどのような流れで進め、どういう結論に導いていくかという大枠を決めていきます。 大枠を決める際に、各スライドの目次もあらかじめ決めておくとよいでしょう。 そうすることによって、スライドの詳細な内容の作成の際にも役立つうえ、本番の発表の際のイメージもつかみやすくなります。 起承転結に基づいて プレゼンはいわば1つのストーリーです。 そのストーリーによって聞き手の心を動かし、アクションを起こさせるためのツールです。 このため、内容の流れとして起承転結というものが大切になってきます。 内容をこの起承転結に基づいてうまく突き詰めていくことで、上手なプレゼンの基礎が出来上がるのです。 プレゼン本番の前に練習あるのみ 内容が固まれば、あとはスライド資料などを作るだけですが、いくら良い資料ができても本番で緊張することはよくあることです。 そこで本番に備えて何度も練習することが大切です。 慣れないうちは上司や同僚、友人の方などに付き合ってもらって、問題点があれば指摘を受けて改善していくというのを繰り返します。 そのことによって少しずつ経験値を高めるとともに、イメージトレーニングによって本番でスムーズに発表することができるようにしていくのです。 練習はまず自己紹介の部分から取り組んだほうが良いです。 自己紹介は自分のことを自由に話す時間でもあるうえ、それによって相手に話しやすい雰囲気を作ることにもつながる重要な部分でもあるため、この部分の練習によって内容の方も練習しやすくなります。 良いプレゼンのコツは自己紹介と資料の中身と練習にあり プレゼンのコツについていろいろと見てきましたが、いかがでしたか? プレゼンの中でも最初にされる自己紹介は、一見すると内容に比べて軽く見てしまいがちですが、実はむしろ相手の信頼を得るために重要な段階です。 ただ単に自分の名字の紹介だけで自己紹介を終えるのではなく、フルネームで名乗り、かつ自分のことについて具体的に説明することこそ、上手なプレゼンにおける自己紹介といえます。 もちろん、自己紹介だけでなくプレゼンの内容がきちんとしていることも大切です。 わかりやすい内容で、かつ相手の心に響くような工夫が大切といえます。 そして、練習しておくことも重要な要素です。 特に慣れていない人は何度も練習して、少しでも経験を積んでおくようにしましょう。 自己紹介の練習から取り組むと、その他の部分の練習もやりやすくなります。 あなたの年収、本当に適切ですか? 「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。 」 実は、頑張って働いているのにこういう状況になってしまう人は、少なくないんです。 また、転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが転職先の企業と年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。 あなたに合った転職エージェントが見つかるはずなので、読んでみてください!.

次の

パワーポイント(パワポ)の様々な自己紹介例

自己 紹介 パワポ

就活・新生活を応援いたします! こんにちは、Q-Siteです。 いよいよ就職活動も大詰めの時期となってきましたね。 面接書類の準備は整いましたでしょうか? 最近、個性を重視する企業が増え、自己PRに動画やプレゼンテーションなどが多く取り入れられているようです。 ですが、とひと口に自己PRと言ってもなかなか難しいものですよね。 スグに思いつくのは自己紹介ですが、ネット上には「恥ずかしさを捨てて自信を持ってアピールする」「笑顔で口癖に注意してハキハキとゆっくり話す」などの好印象と成功のコツみたいな記事があふれていますので、テクニック論はそちらにお任せるとして、まずは 自己紹介シートをまとめてみてはいかがでしょう? 知っているようで意外と自分のことってわかっていなかったりするものです。 話す内容を事前に確認しておけば本番であわてることもありませんし、履歴書と一緒にOneシート沿えることでPRにもつながります。 Q-Siteではご好評をいただいたテンプレート「自己紹介シート」の新作を昨年に引き続きご用意いたしました。 もちろん、 無料でダウンロードしてご活用いただけます。 パワーポイントの基本的な操作ができる方なら簡単に作成いただけます。 頑張るみなさんの一助になれば幸いです。 各サンプル画像の下にある「ダウンロード」ボタンをクリックし、一覧よりお選びになってご自由にご活用ください。 ダウンロード後に写真部を自分の写真に差替え、各項目にそって、名前や***の部分に文章を入力すればあなたのオリジナル自己紹介シートの出来上がりです。 自己紹介Sheet-1 自己紹介Sheet-2 自己紹介Sheet-3 自己紹介Sheet-4 自己紹介Sheet-5 自己紹介Sheet-6 自己紹介Sheet-7 自己紹介Sheet-8 自己紹介Sheet-9 自己紹介Sheet-10 テンプレートを追加いたしました 一部をご紹介いたしますので、コチラの記事も合わせてご覧ください。 *今の自分を自己分析してグラフに反映するなどの新しい工夫がいっぱい。 一味違うアピールをお考えの方はぜひ一見してみては。 就活以外でも新生活で自己紹介をする機会はこれから多くなるかと思います。 学生さんに限らず多くの方にご活用いただけることを励みに私もがんばりたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の