退職 メール 上司。 メールだけで退職したい!上司に退職メールを送る時の例文と注意点を紹介

定年退職する人の挨拶メールの文例と受け手の返信マナー

退職 メール 上司

定年退職をされて第2の人生を歩みだす上司へ送るメッセージ・贈る言葉はどういったものが良いのでしょうか?まずは、定年退職者へのメッセージ・贈る言葉を考える前のポイントについて見ていきましょう。 定年退職者へのメッセージ・贈る言葉として、「これだけは!」といった点は必ず押さえておくべきでしょう。 定年退職される方へのメッセージには感謝とエピソードを 定年退職をされる上司に対して、お祝いの言葉や今までの感謝の気もちを述べる点は、誰しも共通しているはず。 逆にいうと、定年退職される方へのメッセージはただ感謝の気持ちを贈る言葉にしただけでは、定年退職者に印象には残りません。 定年退職する上司とのエピソードを含めたメッセージに 定年退職という人生の節目に、たくさんの事を思い出してもらえる様に、必ず定年退職者とのエピソードを含めたメッセージにすると、定年退職する上司も感慨深くなり良い思い出に残してくれるはずです。 退任する社長のメッセージ・贈る言葉の作り方 定年退職する上司へのメッセージ・贈る言葉の作り方についてみてきましたが、おわかりになりましたでしょうか。 作り方の最後は退任する社長のメッセージ・贈る言葉です。 メッセージ・贈る言葉には感謝と労いの言葉を 繰り返しになりますが、メッセージ・贈る言葉に必要なのは感謝の気持ちです。 そして、退任する社長に長年の功績を称える労いの言葉をかけましょう。 定年退職する上司へ宛てたメッセージ・贈る言葉文例集 定年退職する上司への贈る言葉・メッセージとしては、上記で述べたように「感謝の気持ち+エピソード」というスタイルで贈るのがベストと言えるでしょう。 ここでは、基本的な定年退職する上司へのメッセージの文例をまとめてみました。 これらのメッセージに、あなたと上司の特別なエピソードを絡めて「贈る言葉」として、定年退職する上司を送り出すようにしましょう。 これからは第二の人生を謳歌してください。 今後も益々ご活躍をお祈り申し上げます。 長年に渡って第一線でのご活躍、心より尊敬いたしております。 ご退職後も益々のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 長年にわたり熱心にご指導頂き、ありがとうございました。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 ご退職後のご健康とご活躍をお祈りいたします。 ご在任中はひとかたならぬご厚情とご指導を賜り、深く感謝いたしております。 ご退職後の末ながいご多幸をお祈りいたします。 退任する社長へ宛てたメッセージ・贈る言葉文例集 退任する社長へ宛てたメッセージ・贈る言葉には、永年の労と感謝の気持ちを社員一同が思っているという旨を盛り込みましょう。 xx社長が会社の発展の為に常に先頭に立ち、率先指揮されたお姿は、 我々社員一同にとって大いに励みになりました。 xx社長が退任という事で、これは止むを得ないと理解し、残された者としては、更に精進して、社業の発展に尽くす他ないと考えております。 xx社長におかれましては、くれぐれも体調健康に留意され、いつまでもお元気でいてください。。 長い間、本当にお疲れ様でした。 社員一同ありがとうございました。 という気持ちでいっぱいです。 メッセージ・贈る言葉を作成する際の注意点 それぞれの贈る言葉・メッセージの文例をみてきましたが、参考になりましたでしょうか。 最後にメッセージ・贈る言葉を作成する際の注意点をみていきましょう。 注意点:決してマイナスになる内容にしない メッセージ・贈る言葉には決してマイナスになる内容は書かないように注意しましょう。 気持ちよく送り出すという気持ちが重要です。 注意点:目上のため「ご退職」という言葉を使う 目上の上司へのメッセージには「ご退職」という言葉を使いましょう。 「ご退職」は普段使わない言葉ですが、目上なので「ご退職」を使います。 文例を参考に定年退職・退職・退任する上司へのメッセージ・贈る言葉を 今回は「定年退職・退職・退任する上司へのメッセージ・贈る言葉の文例」と題して紹介ましたが、いかがでしたか。 ちょっとかたい表現が多かったかもしれませんが、そこは相手は目上の社長、上司なのですからあまりふざけたものは控えるべきでしょう。 もし社長や目上の上司に懇意にして頂いたのであれば、みんなとは別にメッセージを渡すというのももちろんアリですよ。

次の

退職者に感謝が伝わるメッセージの書き方|社内・社外・上司別文例集

退職 メール 上司

そもそも退職の挨拶をメールで送るのは失礼? 当然ながら直接会って挨拶するのが一番です。 しかし急な転職でスケジュールが合わない、それほど関係性が深くない相手、距離が遠くて物理的に難しいなど、メールでの挨拶もやむをえないケースがあります。 メールは今や必須のビジネスツール。 退職の挨拶はメールでもOKです。 退職挨拶メールを送る範囲 お客様や上司、同僚、協力会社の担当者など、 お世話になった方、全員に送るのが基本です。 直接挨拶ができる職場の上司や同僚、引き継ぎで伺う取引先などは、改めて送らなくても大丈夫です。 もちろん、退職の挨拶に伺ったけれど、出社最終日に感謝の気持ちを込めて、退職の挨拶メールを送っても構いません。 退職しても人と人とのつながりは続きますし、いつかどこかで仕事を一緒にするなんてこともよくあることです。 株式会社〇〇の〇〇です。 私事で大変恐れ入りますが、一身上の都合により〇月〇日を もちまして、退職することになりました。 〇〇様には何かとお世話になり、誠にありがとうございました。 後任は、同じ支社におります〇〇が務めさせていただきます。 つきましては、引き継ぎにお伺いさせていただきたく ご都合の良い日程をお知らせいただければ幸いです。 お忙しいところ恐れ入りますが 何卒よろしくお願い申し上げます。 株式会社〇〇の〇〇です。 私事で大変恐れ入りますが、一身上の都合により〇月〇日を もちまして、退職することになりました。 〇〇様には大変お世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶に なりましたことお詫び申し上げます。 後任は、同じ支社におります〇〇が務めさせていただきます。 末筆ではございますが〇〇様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今後とも変わらぬお引き立てをよろしくお願いいたします。 ポイント 在職中のお礼に加えて、退職日は明記しましょう。 また、 引継ぎがあるのかないのか、引継ぎがある場合は日程を調整します。 引継ぎがない場合は後任の名前・連絡先を明記すること。 一身上の都合により本日をもちまして、 退職することになりました。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶に なりましたことお詫び申し上げます。 〇〇部長には、新人時代から仕事の基本からしっかりと教えていただき、 本当に多くのことを学ばせていただきました。 今まで部長から教えていただいたことを、今後の人生に活かしていきたいと思います。 最後になりましたが、これまでのご支援ご鞭撻に感謝申し上げるとともに 皆様のさらなるご発展とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ポイント これまでの感謝の気持ちを伝えましょう。 一斉メールではなく、個別に送りましょう。 〇〇です。 一身上の都合により、〇月〇日で退社することになり 本日が出社最終日となりました。 〇〇課長には、ご迷惑ばかりをお掛けし 本当に申し訳ございませんでした。 成績が上がらず、落ち込んでいる私に励ましの言葉をかけていただいたり 〇〇の案件では、夜遅くまで企画書作成に付き合っていただき 誠にありがとうございました。 課長の教えを今後に活かし、より一層励んでいきたいと思います。 最後になりましたが、〇〇課長のご健勝とますますのご活躍をお祈り申し上げます。 本当にありがとうございました。 ポイント 身近な上司には、実際のエピソードなどを織り込みながら、感謝やお礼の気持ちを伝えましょう。 このたび、一身上の都合により、本日をもって退社することとなりました。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中は、私の数多くの短納期の仕事にも応えていただき 誠にありがとうございました。 〇〇プロジェクトでは、〇〇支社全員が一致団結して 大きな成果を上げたことは私にとって最高の思い出であり 仕事に対する自信を高めてくれた出来事でした。 そんな経験を皆様と一緒に味わえたことを嬉しく思います。 この会社で培った経験を、今後の人生に活かしていきたいと思います。 退職後の連絡先は下記の通りです。 本当にありがとうございました。 ポイント 一斉メールでOKです。 できれば、具体的なエピソードも入れましょう。 社内の方々に送るのであれば、今後の私的な連絡先を記入してもOKです。 退職メールの送信タイミングについて 社内向けには出社最終日に送りましょう。 特に有給休暇を消化する場合は、正式な退職日ではなく、出社最終日に送ってください。 社外の取引先には、退職を公表してから、引き継ぎなどの調整もありますので、最終出社日の2~3週間前に送りましょう。 退職メールの一斉送信はあり?一斉送信文例 一斉送信はあり?なし?失礼? 個別に送るのが理想だけど一斉メールでもOKです。 ただし、社外に送る場合はccではなく、必ずbccで送ってください。 特にお世話になった人には個別で送りましょう。 このたび、一身上の都合により、本日をもって退社することとなりました。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 皆様には大変お世話になり、心より御礼申し上げます。 当社で培った経験を今後の人生に活かし、さらに励んでいきたいと思います。 退職後の連絡先は下記の通りです。 本当にありがとうございました。 まとめ 本当は直接退職の挨拶をするのが理想ですが、メールでも大丈夫です。 これまでの感謝をしっかり伝えて、お世話になった方々に、良い印象を残して、次のステージに向かいましょう! 弊社は関西の大手・優良メーカー専門の転職エージェントです。 関西メーカーへの転職希望の方は、是非一度、お問合せください。 こんな方にオススメ!• 一人で転職できるか不安• 非公開求人に興味がある• 忙しいので転職活動をサポートしてほしい.

次の

退職時にそのまま使える!【挨拶メールのテンプレ集】

退職 メール 上司

その中には社内・社外でお世話になった人への挨拶メールの送信も含まれるデジね。 本来なら全員に丁寧に挨拶へ行きたいところデジが、会社の規模によっては難しいためメールで挨拶を済ませることも多いデジ。 また、直接の挨拶とは別にメールを送ることもあるデジね。 特に社外へのメールは送信後、引継ぎをする部下や同僚と共に挨拶へ訪れることもしばしばデジ。 ここでは、そんな 退職の挨拶メールの書き方を例文付きで紹介するデジ!また退職の挨拶メールに対して返信が必要なのかについても解説するデジよ。 退職の挨拶メールを書く時の注意点 まずは退職の挨拶メールを書く上で注意したいポイントを紹介していくデジ。 件名は分かりやすいものに ビジネスメールの件名は分かりやすいものにするのが基本デジ。 これは退職の挨拶メールも同じこと。 「退職のご挨拶」など誰が見ても内容が分かるものにしておくデジよ。 無駄に凝る意味がないからね。 分かりにくい件名だと迷惑メールに紛れたり、読み飛ばされてしまう危険もあるデジ。 それと、件名には自分の名前も入れておくと親切デジね。 詳しくは後で紹介する例文をチェックしてほしいデジ! 退職理由は「一身上の都合」 それぞれ退職する理由があるとは思うデジが、ビジネスマナー的に退職理由は 「一身上の都合」としておくのが一般的デジ。 込み入った内容は書かない方がいいデジよ。 件名だけじゃなく内容もシンプルにってことか。 ただ、結婚などおめでたい理由の時は書くのもありデジね。 一斉送信は「Bcc」を使う 会社の規模によってはかなりの人数にメールを送ることになるデジよね。 この時、1人1人に個別にメールを送るのは大変デジ。 内容をコピー&ペーストしたとしても・・・面倒そうだ。 そのため一斉送信を活用してほしいところデジが、 「TO(宛先)」や「CC」欄に大量のアドレスを入れると、受信者側から全てのアドレスが見えてしまうデジ。 これ単純にズラズラッとアドレスが並んで見づらいうえ、プライバシー的にもちょっと・・・となるデジ。 特に社外に送るメールだと大変なことになりそうだ。 全く接点のない会社にメールアドレスが漏洩したりね。 というわけで 一斉送信の時は「BCC」を使うといいデジよ。 BCC(ブラインド・カーボン・コピー)に入力したメールアドレスは受信者から見ることができません。 つまり同一メールを送った複数人のメールアドレスを隠しつつ一斉送信を行えます。 「BCC」の欄に入れたメールアドレスは受信者側に見られないデジからね。 これで プライバシーは守られるし、スッキリしたメールになるはずデジ。 なるほど。 ちなみに「BCC」を使ったとしても『社内+社外』で一斉送信するのはよくないデジよ。 そもそも社内と社外ではメールの内容を変えるのが一般的デジからね。 また上司は一斉送信ではなく個別にメールを送ることをおすすめするデジ。 このあとメールの例文を紹介しているデジから、じっくりチェックしてほしいデジ。 社内へのメールは最終出社日が一般的 社内と社外で挨拶メールを送るタイミングは異なってくるデジ。 たとえば 社内向けのメールは最終出社日に送るのが基本と言われてるデジよ。 社内へのメールは最後の挨拶的な役割が強いみたいだからね。 ただ、会社によっては「退職の1週間前」「最終出社日の定時過ぎ」など独自のルールが存在することもあるデジから、事前に会社のルールが無いかは確かめておいてほしいデジ。 そんなのもあるのか。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在籍中はたくさんのご指導をいただき、また支えていただいたこと心より感謝しております。 ここまで仕事を続けられたのは皆様のおかげです。 この会社で学んだこと、そして経験を今後に活かしていければと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 ポイントとしては 退職後もやりとりができるよう連絡先を入れておくことデジかね。 もちろん必須ではないデジが、これにより「今後もお付き合いしたい気持ち」が伝わるデジ。 また、何か退職にあたって記念品を貰っていれば、このメールでお礼を言っておくといいデジね。 お世話になったエピソードがあれば、そのことに対するお礼を加えるのもグッドデジ。 ただ、その場合は一斉送信しちゃダメデジよ。 ちなみに、退職の挨拶メールでネガティブな内容はNGデジ。 特に会社の悪口はご法度。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇課長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 特に私が〇〇の仕事で成果をあげられない時、叱咤激励のお言葉をいただいたこと今でも忘れていません。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思います。 そんな私を根気よく支えていただき本当にありがとうございました。 〇〇課長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 基本は社内向けのメールと同じデジが、 上司には、よりお世話になったことをアピールできる内容のメールを送りたいところデジ。 具体的に感謝したいエピソードがあれば、そのことを盛り込んでおくといいデジよ。 ちなみに、上司向けのメールが一斉送信だと気分を害してしまう可能性があるデジ。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇社長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思いますが、いつもあたたかく激励をいただき誠にありがとうございました。 〇〇社長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 最後になりましたが、〇〇社長はじめ皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 大きな企業になるほど、社長宛に退職メールを送る必要性はなくなるはずデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 まずはメールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 後日、新しい担当者と一緒に挨拶に向かう場合は上記のようなメールを送っておくデジ。 ポイントとしては 社内向けのメールと違って連絡先は書かないこと。 たとえば、転職先の連絡先を書いてビジネスに発展した場合、現職の顧客情報を利用していると誤解を与えてしまうデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶にうかがうべきところ、メールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 基本は訪問予定ありのメールと同じデジが、新しい担当者のみが挨拶にうかがうこと、また本来であれば直接挨拶に行くところ、メールだけになってしまったことに対してお詫びしておくのが基本デジね。 個人宛でメールが届いた• 退職する人と親しい• 退職する人にお世話になった• 仕事上で今後も関係が続く メールの内容が多人数向けではなく、個人に届いたものなら返信しておいた方がいいかもデジ。 また、親しい、またはお世話になった人なら返信で感謝などを伝えたいところデジ。 せっかく、その人用のメールを作成したのに返信がこないのは少し寂しいしね。 また社外からのメールで、退職者の会社と取引が続く場合も返信した方がいいと言われてるデジね。 ちなみに返信はなるべく早い方がいいデジ。 早めの返信はビジネスメールの基本さ。 ただ、社内向けのメールは最終出社日に送られてくることも多く、すぐに返信しても退職者は見られないかもしれないデジ。 そのため、 社内向けのメールに返信する時は、メールの中に記載された新しい連絡先に返信するといいデジよ。 返信する場合の例文.

次の