プラバン おしゃれ。 【更新】プラバン 海外/国内おしゃれデザインと作り方まとめ*立体あり

プラバンキーホルダーの作り方!コツ・塗り方・おしゃれなデザインも

プラバン おしゃれ

大人のプラバンを始めよう! プラ板デザインまとめ レシピ・作り方・必要なもの 大人のプラバンを始めよう! プラ板デザインまとめ レシピ・作り方・必要なもの プラバンって小学校で遊ぶやつでしょ? プラバンといえば小学校の時よく遊びましたよね! 学校の授業でやったあとあまりに楽しくてお家でもよく遊びました。 トースターの中でキュ〜っとプラバンが縮んでいくのを見るのもとっても好きでした。 そんなプラバンが今ハンドメイド界隈でもとっても人気ですよね! 今日は、そんなプラバンの新世界? 大人のための大人による大人だけの 笑 ・・・プラバンをご紹介しちゃいます! これぞ! 大人のプラバン おしゃれなデザイン特選 おしゃれにさりげなく・・大人かわいいデザイン 参照:minne こちらは綺麗なカーブがかかっていて、今にもちょうちょが飛んでいきそう! プラバンに必要なもの プラバンの種類 ・透明のタイプ 油性ペンで絵を描くか、ちぢめた後にアクリル絵の具やマニキュアでの着色がオススメです。 はんこでもOKです。 シンプルなものが作りやすいです。 ・フロストタイプ 透明のタイプを紙やすりでこすったものです。 あらかじめこすられたように仕上がっているものも市販されています。 画材はなんでもOKです。 色えんぴつやパステルが使えるので便利です。 ・不透明タイプ 透明ではなく、白いプラ板です。 基本的には透明タイプと使い方は同じです。 背景が白なので、シンプルなものが作りやすいです。 ・インクジェット印刷タイプ プリンターを使って好きな画像や写真を印刷して使います。 複雑なデザインでも対応できます。 画材の種類 実は意外となんでも使えちゃうのです! ・油性ペン ・色えんぴつ ・くれよん、クーピー ・パステル コンテのようなもので、やわらかいものです。 手に色がつきます。 ・アクリル絵の具 ・マニキュア ・はんこ 水性タイプのインクはNGです。 お好みで用意してくださいね。

次の

プラバンキーホルダーの作り方!コツ・塗り方・おしゃれなデザインも

プラバン おしゃれ

プラバンの色付け方法には、油性ペンだけではない様々な着色材の種類と色付けのコツがあり、そのコツを知って作るだけでも失敗しないで上手にプラバンが作れます。 当記事では、 色鉛筆、ポスカ、アクリル絵の具などの着色材料で簡単に完成度を上げられる色付け方法のコツや、クレヨンを使ったグラデーションの作り方の手順 を紹介します。 また、アクリル絵の具やポスカで着色する時に迷ってしまう、「プラバンに着色するのは焼いた後?焼く前?」という疑問についてもまとめました。 「プラバンが真っ直ぐに焼けなくて困っている!」という場合には、プラバンを真っ直ぐに焼けるコツを動画付きでまとめているこちらの記事が参考になります。 プリントプラバンで作るコツはこちら! プラバンに色鉛筆やペンで手書きをして着色する場合には、単純にベタ塗りをするだけではないコツを使うことで、クオリティーの高いプラバンを作ることが出来ます。 そこで、プラバンが上手に見える色付け方法のコツや作り方などを、着色方法の種類ごとにまとめて一つ一つ紹介していきます! プラバンに色鉛筆で着色する時の色付け方法とコツ プラバンを色鉛筆で着色する時には、プラバンの裏側をやすりで傷付けたりしないと、色鉛筆を使って色付けをすることは出来ませんでした。 でも、今ではそんな加工をしなくても色鉛筆で色付けが出来る、「 フロストタイプ」のプラバンが100均で販売されています。 実際に使ってみてもやすりなしで色鉛筆で色付けをすることが出来て、使い心地も良くて焼き上がりも普通に綺麗でした。 100均で販売されている色鉛筆で着色が出来るフロストタイプのプラバンは、B5サイズで厚みが0. 3mmの種類のみになっています。 もし、0. 3mm以上の厚みがあるプラバンで色鉛筆を使いたい場合には、0. 3mm以上の厚みがあるごく普通の透明プラバンに、やすりがけや除光液で傷を付けておく準備が必要です。 フロストタイプではないプラバンであっても、やすりがけや除光液を使うことで、色鉛筆で着色をしても弾かずに色を付けることが出来る状態になるからです。 透明プラバンにやすりがけをして色鉛筆が使えるやり方 普通の透明プラバンの片面だけをヤスリがけします。 プラバンの表面を目の細かい紙やすりで、縦横斜めと軽く擦って均等に傷を付けて、最後に円を描くようにくるくるとヤスリがけして仕上げます。 全体的に白く濁った感じになれば、プラバンの表面に細かく均等に傷が付いた状態になっているので、色鉛筆や水性ペンで着色することが出来ます。 ヤスリがけが雑過ぎると色鉛筆で着色した時にムラが出ることがありますが、かなり細かくヤスリがけし過ぎると色が乗らないこともあります。 何度か繰り返すと丁度いい具合を探し当てられます! 透明プラバンを除光液で拭いて色鉛筆が使えるやり方 プラバンにやすりがけをすることが面倒な場合には、プラバンの片面を除光液で何度も拭くことで色鉛筆で書ける状態になります。 ポイントは、 アセトンが入っている除光液を使うことです。 コットンに除光液を付けて、プラバンの表面を何度も拭き取っていると、プラバンの表面がどんどんと白く濁ってきます。 全体的に均等に白く濁った半透明の状態になれば、色鉛筆での着色が可能になります。 これらの方法を使えば、0. 3mm以上の厚みがある普通の透明プラバンでも、色鉛筆や水性ボールペンがつかえます。 でも、これらの作業はとても面倒なので、使うプラバンの厚みにこだわりがないのであれば、厚みが0. 3mmのフロストタイプのプラバンで色鉛筆を使う方法がおすすめです。 プラバンは色鉛筆でグラデーションが作れる プラバンを作る時の着色材で色鉛筆を使うと、スニーカーのように似通った色をたくさん使うデザインでも、色の種類が豊富な色鉛筆のおかげで色選びに困りません。 また、油性ペンでは再現出来ないグラデーションや髪の毛の流れ具合も、色鉛筆を塗り重ねてティッシュで軽く叩きながらボカしていくという簡単な方法で表現することが出来ます。 色鉛筆で着色するプラバンは、油性ペンと組み合わせた色付け方法を使うだけで、焼き上がりのプラバンのイラストに奥行きがある完成度の高いものが作れます。 プラバンの着色に色鉛筆と油性ペンの両方を使えば完成度が上がる! プラバンに色鉛筆で着色する時には、色鉛筆だけで色付けをするのではなくて、油性ペンと色鉛筆の2種類を使っての色付け方法がおすすめです。 色鉛筆と油性ペンの2種類の着色材を使って、プラバンの表と裏に分けて色付けをしていくだけで、完成するプラバンの仕上がりがグンと上がるからです。 色鉛筆と油性ペンの2種類で着色する時の色付け方法の手順は、• プラバンの表から油性ペンで文字や図案を書く• まだ着色はしない状態でプラバンを焼く• 焼いたプラバンの裏面からアクリル絵の具で着色する• ムラが無くなるまで乾かしながら重ね塗りを繰り返す この4ステップで簡単に作ることが出来ます。 プラバンにアクリル絵の具で着色するのは焼いた後 プラバンにアクリル絵の具で着色する場合は、プラバンを焼いた後に着色するのがおすすめです。 アクリル絵の具で色を塗ってからプラバンを焼くと、プラバンに塗ったアクリル絵の具の部分がひび割れてしまうので、プラバンを焼いた後に塗った方が綺麗に焼けるからです。 油性ペンでアウトラインだけを書いて、色はまだ塗っていない状態のプラバンを焼いた後に、プラバンを裏返して裏面から色付けをします。 出典元: 焼く前にポスカで塗り絵のようにベタ塗りをした部分は、しっかりと乾かして厚塗りになっている部分をティッシュで軽く押さえてから焼くとひび割れません! 「 プラバンを焼いた後にポスカで着色する方法」を使うと、ポスカ特有のポップな雰囲気の色合いがそのまま活かせますが、色を付けた部分の色ムラが起こりやすくなります。 ただ、これはを知れば簡単に改善することが出来ます。 プラバンにポスカで着色をすると、色ムラになりやすいというデメリットがありますが、同じ方向にペン先を動かし塗ることで、ムラなく綺麗に塗ることが出来ます。 また、表と裏を使い分けた塗り方で文字に奥行きが出せるので、よりポップで可愛いデザインのものも作れます。 ポスカで着色したプラバンも、コーティングをしないと擦れて次第に色がハゲてきしまうので、 滲まない などで仕上げのコーティングをします。 プラバンにマニキュアで着色する時の色付け方法とコツ プラバンにマニキュアで着色をする方法には、 「プラバンの裏側から色塗りする方法」と、 「プラバンの表側から色塗りする方法」の2種類があります。 どちらの色付け方法を使ったとしても、まずは、油性ペンでイラストのアウトラインだけを書いて、色塗りをしていない無着色状態のプラバンをトースターで焼きます。 そして、焼き終わったプラバンのイラストのアウトラインの中を、塗り絵のようにアクリル絵の具で塗りすすめていきます。 「絵を書くことが苦手だしあまり書きたくない!」という場合には、 「プラバンの表側から色塗りする方法」がおすすめです。 何故なら、特にイラストを描かなくても、円形や三角形にただ切り取っただけのプラバンを焼いてマニキュアで着色するだけで、人気の宇宙柄も簡単に作れるからです。 100均のマニキュアを混ぜ合わせて着色することで作れる宇宙柄の作り方は、こちらの記事で紹介しています。 また、三角に切ったプラバンにリキュールネイルを塗って乾かすだけで、ステンドグラスのように透き通った可愛いプラバンピアスも作れます。 こういったプラバンピアスは、100均のリキュールネイル用のマニキュアなどを着色材料として使えばが簡単に作ることが出来ます。 作り方は以下の記事で紹介しています。 プラバンにマニキュアを塗る時に手が汚れない方法 色鉛筆で着色するコツ 色鉛筆でプラバンに着色する場合は、プラバンの表側から油性ペンでアウトラインを描いて、裏側から隙間なく色鉛筆で色を薄く塗る。 濃く塗りすぎた部分はティッシュなどで叩くように軽く拭き取ってから焼く。 アクリル絵の具で着色するコツ プラバンの表側から油性ペンでアウトラインを描いて、色塗りはプラバンを焼いた後にする。 アクリル絵の具での着色の時に色ムラが出る場合は、しっかりと乾かしてからの重ね塗りを繰り返す。 ポスカで着色するコツ ポスカで着色する場合は、プラバンを焼く前に塗った部分はトースターで焼くとひび割れてしまうので、色塗りのようにベタ塗りする部分は焼いた後に塗る。 プラバンを焼く前にポスカを使う場合は、アウトラインなどの線のみにする。 クレヨンやクレパスで着色するコツ クレヨンやクレパスで着色をして、プラバンにグラデーションを作る着色する場合は、プラバンを焼く前に薄く色を塗る グラデーション作りは、3色くらいの色を円を描くように混ぜ合わせて、ティッシュなどで軽く拭き取るようにボカしていく。 濃く塗り過ぎない。 マニキュアで着色するコツ マニキュアでちゃする場合は、プラバンを焼いた後の方が綺麗に仕上がる。 100均のマニキュアを混ぜ合わせて宇宙柄を作ったり、リキュールネイルを使って透き通ったステンドグラスのようなプラバンも作れる。 以上が、プラバンの 完成度が高く見える着色方法の種類と色付けのコツです。 でも、「イラストを書くことがどうも苦手だ!」という場合には、手書き着色なしで印刷するだけで完成度の高いプラバンが作れるプリントプラバンがおすすめです。

次の

大人のプラバンを始めよう! プラ板デザインまとめ レシピ・作り方・必要なもの【ハンドメイドまとめ】

プラバン おしゃれ

プラバンキーホルダーやアクセサリーの作り方や塗り方のコツを紹介する前に、必要な道具を紹介します。 ですが、もともと家にあるものや100円ショップでそろうものばかりなので、やろうとした時点で簡単に始めることができます。 基本的な道具• プラバン(100均のもので大丈夫です)• はさみ• アルミホイル• 厚めの本2冊(平らなものなら本でなくても大丈夫です)• 着色に必要な画材(油性マジックペン、アクリル絵の具、色鉛筆、パステルなど)• クッキングシート• トースター(電子レンジ不可) プラバン作りには最低限上記のものだけを用意すれば大丈夫です。 その他必要に応じて、穴あけパンチ、紙やすり、ニスやレジンなどのつやを出す画材、キーホルダーやアクセサリーの金具などを用意しましょう。 特にやすり(目の細かいもの)は色鉛筆やパステルを使う際は、専用のプラバンでない限り必須となります。 プラバンの着色にはいろんな画材が使える プラバンアクセサリーを実際に作ってみましょう。 コツさえ掴んでしまえば、焼く工程も簡単にできてしまいますよ。 今回はプラバンキーホルダーの作り方の紹介をしていきます。 プラバンキーホルダーの作り方• まず、モチーフとなる絵を用意します。 (自分で絵が描ける方はこの過程は不要です。 プラバンを準備し、プラバンにやすりがけをします。 (フロストタイプのプラバンを使っている場合、油性マジックのみで絵を描く場合はこの過程は不要です。 実際に絵や文字など描いて着色していきます。 着色したプラバンをはさみカットしたり、穴あけパンチでキーホルダーの金具を通すための穴をあけます。 トースターにしわくちゃにしたアルミホイルを敷いて余熱しておきます。 アルミホイルの上にプラバンを乗せ、様子を見ながら実際に焼く。 縮みきったタイミングで素早く取り出し、クッキングシートを敷いた厚めの本の間に挟み、プレスします。 熱が冷めるのを待ち、プラバンに金具を通せばプラバンキーホルダーの完成です。 (お好みでレジンなどでつや出ししてもきれいです。 ) プラバン自体の作り方のコツをマスターしてしまえば、応用することも可能になります。 プラバンにつける金具を変えるだけでもいろんなアクセサリーが作れてしまいますし、たくさん量産したい場合も同じ下絵を使えば同じデザインのものも作ることができてしまいます。 ストラップやピアス、ブローチなども作れますよ。

次の