東大 王 ジャスコ。 『東大王』またも2人が不在!「3人分頑張る」ジャスコ林の有言実行

【東大王】林輝幸のあだ名はジャスコで由来はヒロミがきっかけ?さらに留年しているって本当?

東大 王 ジャスコ

名前:林輝幸(はやし てるゆき)• 年齢:21歳(候補生初登場時)• 出身:富山県• 出身校:富山県にある比較的新しい中高一貫校、片山学園中学・高等学校卒業、6期生• 所属:TQC(東京大学クイズ研究会) ここで、ひとつ不明だった点が判明しました。 「 ただいま富山に帰省してまして、放送は家族と一緒に見ました」とツイートしていたのです。 なので、ジャスコ林さんの 地元は「富山県」に確定しました。 また出身は滑川市であることがツイッター情報からわかりました! ただ、 滑川市にはジャスコはありませんので、生まれは滑川市、その後、砺波市に引っ越して育ったのではないかと思われます。 また、中高一貫校出身のジャスコ林さんですが、富山県にある進学校ですので、やはり地元の中高一貫校から東大へ進学したんですね。 ジャスコ林さんの出身校である片山学園の初等科(2019年開校)のトップぺージを開くと「林輝幸くんおめでとう、林君は片山学園中等部の卒業生です」と、東大王のレギュラーに選出されたお祝いメッセージがお知らせに寄せられていました。 また、ジャスコ林さんが片山学園初等科の校長、原本幸一校長の教え子だという事が分かりました。 校長自らメッセージを載せたようなので、教え子想いの優しい先生という感じですね! もとは学習塾からスタートした片山学園は、2005年に片山中学校を開校、2008年に片山高等学校を開校、2019年に初等部が開校しました。 富山県初の中高一貫校で人気があり、学習塾での高成績を輩出したノウハウで新設校ながらたちまち進学校となりました。 静かな田園や連峰が見える位置にある、メルヘンチックな校舎は、勉学に集中しやすい環境で、雑念が入らないと評判です。 私立においては慶應早稲田11名をはじめ、難関大学合格含め234名が現役合格しています。 ジャスコ林(林輝幸)の父親や母親に兄弟は? 愛犬カインちゃんの画像ツイートで、「家族で放送を見ました」とありますので、 ご実家に ご家族がいることまでは分かりましたが、 家族構成までは確認出来ませんでした。 片山学園は私立中学ということで、大体小学生時代には育英という塾に通っている人物が非常に多いらしそうです。 それには実家がキチンとしていなければなりませんよね。 なので、ジャスコ林さんの実家はお金持ちなのではと推測します!(ここは個人的な見解です笑) 今後は、顔出し東大生となりましたので近いうちに中学・高校時代の情報や小学生の頃のジャスコ林さんの情報も出てくる可能性があります。 純粋な東大生ジャスコ林さんならではのエピソードが出てくるかも知れませんね。 新たな情報が入り次第、追記したいと思います。

次の

【東大王】林輝幸はなぜジャスコ?由来が超笑えるw出身地は富山!高校もチェック|Rioの日々、気になるコト。

東大 王 ジャスコ

Contents• 林輝幸(はやしてるゆき)• 誕生日:1997年7月2日• 出身地:富山県滑川市• 中学校・高校:片山学園中学校・高等学校• 大学:東京大学文学部在籍• クイズプレイヤー兼タレント 「QuizKnock」のライター・ユーチューバー ジャスコ林さんは、東京大学に在籍し勉学に励む傍ら、 クイズプレイヤーや伊沢拓司さんをCEOとする「 QuizKnock」 のライターやYouTube動画にも度々出演されています。 東大王のメンバーはみんな多彩で本当に凄いですよね! 普通のアラフォー会社員の筆者より稼いでいそうな気がしますw 出典: ジャスコ林さんの出身高校は「 片山学園中学校・高等学校」 富山県初の私立の 中高一貫校で 大手学習塾を母体とする 意欲的な進学校。 偏差値56で 富山県内でトップです。 立派な寮もありますので、県内外から入学希望者が訪れ、共同生活を送りながらしっかりと学習に打ち込める環境もあります。 富山県初の大手学習塾が母体の私立の中高一貫校ということで、従来の学習方式にとらわれず、 塾出身の優秀な講師陣が 独自のカリキュラムで授業を行っているようです。 この環境にいたら、どんどん実力が身についていきそうですね! ジャスコ林さんが東京大学に入るのも自然な流れな気がします^^ 出典: ちなみに、その大手学習塾の 冬季講習のポスターに ジャスコ林さんが起用されています。 「 冬大王」ってよく思いつきましたよね! さすが優秀な講師陣ですね。 スタジオでカメラが自分の方を向いている場でクイズをするというのは、普段とは全然違いましたね。 最初の問題が分からなかったので何も書かなかったんですが、「何か書かないの?」というスタジオの空気を感じて…それで「 ジャスコ」って書いたんです。 実家の近所の風景しか思い浮かばなくて…それで「 ジャスコ」 と呼ばれるようになりました 笑。 しばらく連絡を取っていなかった高校の同期や、担任の先生から連絡がきたり、ゼミでも話題になったり、 放送後の反響は大きかったです。 出典: インタビューで ジャスコ林くんご本人がこのようにお話されていました。 ちなみに問題は 「1960年代にアメリカ人が流行らせたと言われている、リズムに合わせて腰をくねらせて踊るダンスの名前は何でしょう?カタカナ4文字でお答えください。 出身高校は富山県初の中高一貫校「片山学園中学校・高等学校」•

次の

林輝幸(東大王・ジャスコ)は留年している?中学・高校は?あだ名の由来についても調査

東大 王 ジャスコ

【東大王】林輝幸の出身地はどこ? 「東大王」で2019年7月からレギュラーメンバーとして活躍している林輝幸(はやし てるゆき)。 1997年7月2日生まれ、東京大学文学部です。 出身地は 富山県滑川市で、高校まで地元で過ごしています。 2020年1月からワタナベエンターテインメント内部オフコースに所属することも自身のTwitterで報告してます。 職業も「タレント」になっているので、学業とタレント業を並行して活動していくのでしょうね。 【東大王】林輝幸の学歴まとめ 【東大王】林輝幸は高校卒業まで地元・富山県で暮らしていました。 小学校は地元の小学校ということ以外はわからなかったのですが…。 中学からは完全中高一貫校の片山学園中学校・高等学校に進学しています。 片山学園中学校・高等学校は学生寮もあり、年間100名ほど利用されているそうです。 ざっくり滑川市から片山学園中学校・高等学校までの距離を調べてみると25kmほどで、公共交通機関を利用すると1時間半ほどなので、林輝幸は寮生活を送っていたかもしれないですね。 現在の片山学園中学校の偏差値は56、高校からの入学はありません。 新設校ながら東大・京大への合格者も出していてかなり優秀な学校と評判のようです。 1学年100名ほどで中学校から大学受験に対応する勉強が出来ると口コミサイトなどに書かれていました。 さすがは東大王の出身校といったところですね。 【東大王】林輝幸の身長や体重は? 2020年1月からタレントとしても活動している【東大王】林輝幸。 ワタナベエンターテインメント内部オフコースの公式HPに身長などのプロフィールが記載されていると思いきや、まだ所属タレントに載っていませんでした。 同じ東大王出演者で所属タレントとして名前があった伊沢拓司や鶴崎修功のページにはプロフィール欄があったんですが…。 現在は身長を公表されてなかったので、他の出演者と並んでいる写真から予想したいと思います。 身長160センチの鈴木光と並ぶと林輝幸の方が少し高いです。 水上颯と並んでいる写真では水上颯が170センチで林輝幸の方が少し低く見えます。 なので林輝幸の身長は165センチくらいでしょう。 また特に痩せているでも太っているでもなく、ザ・普通体型といった感じです。 165センチの男性の平均標準体重は59. 【東大王】林輝幸の家族構成は? 林輝幸の家族は東大王に母親と姉が出演したこともあり、姉が綺麗なことも話題になりました。 おまけに 姉は東大の大学院!に在籍していたそうで、姉弟ともにとても優秀です。 東大王に出演した母親もお綺麗な方で、林輝幸は母親似かな?と思いました。 おそらくですが林輝幸もメガネを外して髪型を今風にすればイケメンだと思います! 父親の話はテレビやインタビューなどで話に出てきたことがないのですが…。 女手1つで姉弟を東大にという話もないので、父親もいると思います。 さらに林輝幸が富山に里帰りをした時に実家で飼っている犬のカインちゃんをTwitterで紹介していました。 林輝幸の家族構成は両親と姉、飼い犬のカインちゃんです。 【東大王】林輝幸はいつからクイズをしてた? 林輝幸は「IQサプリ」を見て、小学5年生で「高校生クイズ」を見てクイズを面白いと思ったとインタビューで話しています。 中学時代はテニス部に所属したり生徒会長をしたりする傍ら、中学3年生で「新しい部活としてクイズ研究会を作りたい」と学校の先生などに持ちかけたそうです。 高校生になって無事にクイズ研究会を立ち上げたものの、早押し機もなくクイズに対するノウハウもなく…。 いろいろ苦労したそうです。 クイズの大会自体もあまりなく、その悔しさから大学へ行ったらクイズを始めようと考えて東大に進学。 そして東京大学クイズ研究会に入ろうと思ったみたいですが、レベルも敷居も高く感じてて、半年ほど過ぎてたそうです。 【東大王】林輝幸のあだ名が「ジャスコ」の由来とは? 今ではミドルネームと言われるくらい定着した「ジャスコ」も東大王に初出演した時の誤回答が由来です。 東大王の問題で、 「 1962年頃に大型のダンスホールが各地にオープンするなど若者の間でダンスが大ブームとなりました。 では、アメリカ人歌手が流行らせたとされるリズムに乗って腰をくねらせて踊る、このダンスの名前をカタカナ4文字で答えなさい」 がありました。 林輝幸の答えが「ジャスコ」…。 林輝幸は「ディスコと混ざってるんですけど多分、ジャスコって僕の地元にあったスーパーの名前です」と答えました。 ちなみに「ツイスト」が正解です。 そう答えた林輝幸をヒロミが「そういう問題じゃないじゃんか。 お前のあだ名決まった、ジャスコ!」と言われ、そこからあだ名が「ジャスコ」になりました。 これからも凄い部分と天然の部分をテレビで見られることを期待したいと思います! 今回は、東大王・林輝幸のプロフィールをまとめました。 ジャスコの由来は誤答なんですけど、林輝幸が神童なのは間違いないですね。 これからも東大王を盛り上げてほしいですね! こんな記事も書いてます。

次の