画面 録画 方法 iphone。 最強iPhone画面録画アプリおすすめ&iPhone画面録画方法ご紹介【2020年最新版】

iPhoneの画面をPCで録画・配信する方法

画面 録画 方法 iphone

目次 (1)パソコン用iPhone画面録画アプリおすすめ• (2)iOS用iPhone画面録画アプリおすすめ• (1)パソコン用iPhone画面録画アプリおすすめ プラットフォームによって、iPhone画面録画アプリも其々ちがちます。 ここでは、 Windows PC、Mac、iOSに分けて各プラットフォーム向けのiPhone画面録画アプリをぞれぞれにおすすめします。 パソコン用iPhone画面録画アプリおすすめNo. 1〜VideoProc はDigiarty社によって開発した画面録画&動画編集ができる多機能ソフトです。 VideoProcのMac版(Windows版もある)を使えば、iPhone画面をMacにミラーリングして、MacでiPhone画面を収録することができます。 パソコン用iPhone画面録画アプリ:VideoProc VideoProcでiPhone画面を録画するメリット• 高画質&高音質• VideoProcには高品質エンジンが搭載されており、iPhoneに表示した画面を劣化せずにキャプチャーすることができます。 4つの録画モードを提供• iPhone画面を録画以外、デスクトップ上の動き、Webカメラ映像を動画として録画できるので、ピクチャーインピクチャー(PIP)にもサポートしている。 編集機能付き• 録画後、動画結合、カット(トリミング)、クロップ、エフェクト、透かし、回転&反転、音ズレ修正、再生スピードアップ&ダウン、雑音ノイズ除去など、豊富な編集機能も備えます。 VFRをCFRに変換したら、音ズレなし!• 市場の動画録画ソフトは全部VFR 可変フレームレート で録画するが、編集ソフトはCFR 固定フレームレート しか対応しません。 VideoProcは録画したVFR動画をCFRに変換することができるので、編集しても音ズレはしません。 パソコン用iPhone画面録画アプリ:iTools iToolsは中国製のiPhone管理ソフトです。 ネットで検索しても、iToolsでiPhone画面を録画する方法は見つかりませんでしょう。 実は、英語バージョンや日本語バージョンのiToolsにはiPhone画面収録機能は備えていません。 中国語ページからダウンロードしたiToolsしかiPhone画面収録機能が搭載されています。 iPhone画面をPCにミラーリングして、パソコンでiPhone画面を録画することができます。 中国語のページからiToolsをダウンロードしてください。 iToolsには転送機能も搭載しているので、PCでiPhone画面を録画した後、直接にPCから録画した動画をiPhoneに転送することもできます。 非常に便利です。 iPhone画面録画アプリ〜AirShou AirShouはiPhone標準搭載の録画機能以外、最もよく使われる無料iPhone録画アプリでしょう。 AirShouは脱獄アプリでも公開されているが、脱獄していないデバイスでもインストールできます。 現在公開されているバージョン0. 7以降では録画機能がなくなっており、録画することができません。 その為、古いバージョンのIPAファイルをCydia Impactorを使用してインストールすることで録画しましょう。 メリット:デバイス単体で、しかも非脱獄デバイスで録画することができます。 デメリット:システム音を録音することができず、マイク経由での録音となる。 そのためゲームの録画をする場合、多少の雑音が入る。 WindowsのPCでiPhone画面録画方法 step1USBケーブルでiPhoneをPCに接続してください。 iToolsを起動したら、iPhoneがiToolsに表示されます。 上のメニューバーにある「工具箱(ツールボックス)」をクリックして、右側にある「 」をクリックして、録画機能のあるAirPlayer機能をインストールします。 初めて を利用する場合、iOSのバージョンを選択してください。 step2iPhoneスクリーンの下からスワイプして、コントロールセンターが表示したら、「画面ミラーリング」をタップしてください。 step3iPhoneで「iTools」をタップしてください。 step4iPhoneの画面がPCのiToolsに映したら、赤い円の録画ボタンをクリックすればiPhone画面録画スタート!•

次の

iPhoneで画面録画する方法、録画・録音できないときの対策など

画面 録画 方法 iphone

[画面収録]の項目にある[+]をタップすると、コントロールセンターに「画面収録」ボタンが追加される• 録画したい画面でコントロールセンターを表示させる• 録画ボタンをタップする(録画ボタンを長押しすると外部音声も取り込める)• 3秒のカウントダウン後、画面録画が始まる• コントロールセンターをカスタマイズする 最初に、画面収録のボタンをコントロールセンターに追加します(初期設定では画面収録のボタンが非表示になっています)。 これにより、画面を録画するためのボタンがコントロールセンターに追加されます。 画面録画を開始する ボタンを追加できたら、録画したい画面を開いておき、コントロールセンターを表示します。 iPhone X以降は、画面の右上を下方向にスワイプするとコントロールセンターが表示されます。 画面録画スタートの3カウント 画面収録のボタンをタップすると、ボタン上に「3、2、1」のカウント表示がなされたあと、「ピン」というサウンドが鳴って録画がスタートします。 コントロールセンターでの操作を録画内容に含めたくないなら、カウントダウンの間にコントロールセンターを閉じるのがおすすめです。 またカウントダウン中にボタンを再度押すと、キャンセルになります。 画面録画中はステータスバーが赤く表示されます。 通常は、この赤く表示されるステータスバーも録画されます。 アプリの中にはステータスバーが非表示になるものもありますが、録画は継続されています(動画には映りません)。 自分の声を録音するには? 操作中に自分の声を録音して説明を加えたいこともあるでしょう。 iPhone内部のサウンド(ゲームのBGMなど)は自動で録音されますが、外部の音声(自分の声など)を加えるにはマイクをオンにします。 マイクの設定は、画面収録のボタンを長押しするか、強く押し込むと表示されます。 録画中でも[マイク]をタップして、オン/オフを切り替えることができます。 左:マイクがオンの状態 右:マイクがオフの状態 [マイク]が赤色になっていればオンで、オフの場合はグレーになります。 初期の設定はオフです。 なお、内部音声とマイクの音声は音量を調節できません。 そのため、内部音声によってマイクからの音声がかき消されてしまうことがよくあります。 このようなときはマナーモードにすると、内部音声をミュートしてマイクの音声だけを録音できます(内部音声をミュートできないアプリもあります)。 また注意したいのは、マイクの設定は自動でリセットされないことです。 一度オンにすると、次回の録画でもマイクはオンのままです。 うっかり忘れていると、余計な音声を録音してしまうことになります。 録画の前にマイクの設定を確認する習慣を付けるとミスが減ります。 ステータスバーをタップして[停止]を選択する• コントロールセンターを表示して画面収録ボタンをタップする• 画面をオフにする 1. ステータスバーをタップして[停止]を選択する 録画を終了するには、画面上部で赤く表示されているステータスバーをタップします。 「画面収録 画面収録を停止しますか? 」というアラートが表示されるので[停止]を選択します。 このとき表示されるアラートは録画されません。 コントロールセンターを表示して画面収録ボタンをタップする 動画プレーヤーやゲームアプリのように、全画面で表示してステータスバーを隠すアプリもあります。 この場合はコントロールセンターを表示して、画面収録のボタンをタップして終了できます。 画面をオフにする 上のコントロールセンターから録画を停止する方法だと、コントロールセンターを引き出して操作する様子も録画内容にしっかり含まれてしまいます。 無駄な録画を避けたいなら、サイドボタン(電源ボタン)を押して画面をオフにすることで、録画を即時終了できます。 iPhoneの画面録画で知っておきたい4つのこと 「おやすみモード」にすれば、通知が非表示になる おやすみモードをオン 録画中に余計な通知が表示されて、やり直しになるのは避けたいところです。 そこで「おやすみモード」の出番です。 おやすみモードは通知をまとめてオフにできます。 そのため、おやすみモードをオンにして録画すれば、画面録画を通知に邪魔されずに済みます。 横画面で録画を開始すると、動画が横向きになる 画面収録の画面の向きは、録画を開始したときの向きで決まります。 画面を横向きにした状態で録画を開始すると、動画も横向きになります。 横向きのゲーム画面を録画したいときなどに便利です。 バナーをタップすると、「写真」アプリが開いて、録画した動画を確認できます。 なお、iPhone XsやiPhone Xs Maxなど解像度が1920ピクセルを超えている場合、動画は最大幅1920ピクセルにリサイズされます。 録画した動画は編集できる 録画した動画は、あとから編集することもできます。 ほかの動画と同じように不要部分をカットするトリミングのみとなりますが、録画開始時や終了時の操作など、余分に写り込んでしまった部分をカットするのに便利です。 動画を編集するは、「写真」アプリで動画を表示して画面右上の[編集]ボタンをタップします。 編集画面の下に動画をコマのように表示したフレームが表示されるので、左右のゲージを動かせばトリミングできます。 録画終了時のボタン操作など、余計な部分をカットするとよいでしょう。 編集が済んだら[完了]をタップします。 メニューが表示されるので[新規クリップとして保存]をタップして保存します。 トリミングした動画が新しいクリップとして保存されます(オリジナルはそのまま残ります)。 サードパーティ製のアプリがあれば、別録りした音声を合成したり、テロップや効果音、セリフなどをあとから追加したりといったことも可能です。 動画を使う目的に合わせて環境を用意してください。 iPhoneで画面録画・音声録音ができないときの対策 画面を録画できないときに確認したいポイント 画面収録は、どんな画面でも録画できるわけではありません。 たとえばやのような 動画配信サービスでは、画面収録を実行しても動画として保存されることはありません。 ミュージックの音楽を再生してBGMにするといった使い方もできません。 Netflixアプリの画面を録画しても動画は表示されない ただアプリによっても違いがあります。 現状で、YouTubeやなどは録画できてしまいます。 探せばほかにも見つかるかもしれません。 ただ今後は対応される可能性もあり、基本的に著作権で保護されているコンテンツは録画できないと考えるのがよさそうです。 このほか、「コンテンツとプライバシーの制限」(旧「機能制限」)がオンの状態だと、画面を録画できません。 画面収録が「許可」になっていればOK 余談ですが、上で見たように一部で制限があるものの、画面録画機能を応用することで従来かなわなかったニーズを満たすケースも出てきています。 たとえば、LINEの無料通話を録音することはこれまでできませんでしたが、今ではiPhoneの画面録画とイヤホンを活用して実現可能です。 詳しくは下記記事を参照してください。 音声がうまく録音されないときの対処法 録画しても内部音声が入らないときは、マナーモードに設定されている可能性があります。 マナーモードを解除することで内部音声が録音されます。 マナーモード中でも音声が出力されるアプリもあるため、確認しておきたいところです。 またマイクをオンにして自分の声をかぶせたいとき、マナーモードにしても内部音声がミュートされないことがあります。 サウンドが邪魔をしてマイクからの音声をうまく録音できないときは、アプリ内の設定を確認してみましょう。 SEやBGMを個別にオン/オフ、あるいは大小を調節できる場合は、これらの機能を利用してください。 このほか、iPhoneへの負荷が大きくなると、音声がずれたり音が途中で途切れたりすることがあるようです。 録画中はアプリの切り替えやダウンロードなど、バックグラウンドでの処理をなるべく実行しないようにしてください。 【Mac】QuickTime Playerを使って撮影する方法 Macがあるなら、標準でインストールされている「QuickTime Player」を使って、iPhoneやiPadの画面を動画でキャプチャできます。 準備として、付属のUSBケーブルで端末を接続するだけなので、手間がかかりません。 また、1920ピクセルを超える場合でもフル解像度で録画できるため画質がクリアです。 音声にはリニアPCMとAACを選ぶことができます。 QuickTime PlayerのみではiPhoneの音とマイクからの音を同時に録音できないという制限もありますが、手軽さや画質、音質にこだわるなら最もおすすめの方法です。 まず、付属のUSBケーブルでMacにiPhoneを接続します。 画面のロックは解除しておきます。 続いてMacの「アプリケーション」にある「QuickTime Player」を起動します。 QuickTime上に、接続しているiPhoneの画面が表示されます。 録画ボタンをクリックすると録画を開始します。 終了したいときは、ボタンを再度クリックします。

次の

iPhoneでYouTubeの動画を録画保存する方法とYouTube録画iPhoneでできない対処法

画面 録画 方法 iphone

iPhoneの画面を録画するには? iPhoneの画面、実は録画ができるんです iPhoneの画面を録画。 そう、スクリーンショット(静止画)じゃなくて、録画です。 これまでもMacのQuickTimeを使うことで、画面を録画できましたが、iOS 11からの新機能としてiPhone単体での画面録画に対応しています。 iPhoneの録画手順をチェック この機能はiPhone 5s以上に対応しているiOS 11で追加されました。 使用するにはiPhoneのOSが iOS 11以上である必要があるので、まだアップデートがiOS 11未満の方はアップデートしておきましょう。 コントロールセンターの設定にアクセス 画面を録画するには、機能をコントロールセンターに追加する必要があります。 コントロールセンターを呼び出し、画面収録ボタンが追加されていれば下準備は完了です。 録画中は画面上部が赤くなります 「 画面収録」ボタンをタップすると録画開始。 収録中は画面上部(iPhone Xの場合は時計部分)に赤いステータスバーが現れます。 録画を終了する場合は、この ステータスバーをタップするかコントロールセンターの画面録画ボタンをタップしましょう。 録画した動画の編集・活用 撮影を終えると「写真」に保存 収録したビデオはカメラの動画と同じく「 写真」に保存されます。 扱い的には普通の動画データと同じですね。 「 編集」をタップすると、不要なシーンをカット編集できます。 もちろん、友だちに送信したり、iMovieでさらに編集して楽しめますよ。 画面録画ができないときにチェックすべき3つの原因 「設定どおりにやってるのに画面収録ができない!」という方は以下の3つをチェックしてみましょう。 こちらで制限状態にあるとダメなのでそちらを見直してみましょう。 Netflixの画面を録画してみたところ、作品リスト画面までは録画できたものの、再生画面はブラックアウトのままで映像は録画できませんでした。 この際も画面録画をすることができません。 稀有なシチュエーションだと思いますが、念のため頭の片隅に留めておきましょう。 そのため、iPhoneのストレージ容量が足りない場合、画面録画の動画が保存できません。 iPhoneの容量は不要な写真や動画、アプリの削除、またはiCloudなどのオンラインストレージに保存しましょう。 iPhoneの容量を確認する iPhoneのストレージの確認は「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」から確認できます。 「おすすめ」として容量を節約するヒントもでてくるので参考にしてください。 なぜ起こる? 録画の「音ズレ」と対処法 あれ?画面と…音が…遅れて…聞こえるよ? 「あれ?なんか映像と音がズレてる…」という症状に困ったことはありませんか? 音ズレは主にiPhoneへの負荷が原因です。 録画機能とゲームアプリなど、負荷の高い操作を同時に行なうことによって、映像と音の同期が取れずに音がズレてしまうことがあります。 根本的な解決は難しいものの、音ズレを防ぐための手段がいくつかあります。 以下は効果が期待できそうな順で並べています。 対策1:アプリは起動してから録画を開始 アプリ切り替えは負荷が高いので、ゲームアプリの画面を収録する際などは、事前にアプリを起動してから画面録画を開始するといいでしょう。 対策2:iPhoneの再起動 メモリのリフレッシュが主な目的です。 バックグラウンドで動いているタスクなども一時的にリセットされるので、効果的な手段のひとつです。 対策3:自動ダウンロードやアップロード類はオフに アプリやデータの自動ダウンロード、アップロード、自動更新なども負荷がかかります。 対策4:省電力モードにしない 省電力モードは色々とパワーセーブ機能が働きます。 省電力モード中の録画は回避しましょう。 もし音ズレしてしまったら、動画編集アプリで修正もできますが、後から編集するのは面倒です。 なるべく音ズレしないように録画しましょう。 知っておきたい画面録画の音声の仕組み 画面録画の音声はどんな仕組み? 動画はiPhoneのサウンドも同時に保存されますが、いくつか気をつける点や便利なテクニックもあるので覚えておきましょう。 録画の音声を消す場合 iPhone内の音声を録音したくない場合、 マナーモードにしましょう。 iPhoneの音量をゼロにしたとしても、音声ははいります。 また、「ミュージック」アプリでの音楽再生はマナーモード中でも音が鳴ってしまうので、注意しましょう。 iPhoneの内部音を録音する場合 前述の通り、 マナーモードを解除しておけば、たとえボリュームを消音状態にしてもiPhone内の音声は収録されます。 外部音を録画する場合 自分の声などのiPhone外の音声の収録方法も覚えておくと便利です。 自分の音声も入れられます コントロールセンターから「画面収録」を長押し。 「 マイクオーディオ」をオンに切り替えると、動画に自分の声を同時収録できます。 ゲーム実況などに便利ですね。 ただし、アプリからの音はオフになってしまうので注意しましょう。

次の