ご 教授 いただき ありがとう ござい ます。 「ご教授」の意味とビジネスの使い方!「ご教示」との違いは?英語も紹介

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

ご 教授 いただき ありがとう ござい ます

教授へのメールの書き方と文例が丸わかり! 返信時のポイントも解説 大学教授に送るメールの文面は、目上の人に対するマナーを守って作成することが大切です。 レポート提出、ゼミに関する連絡、課題や卒論についての相談など、大学生活の中で教授にメールを送る機会は何度かあるでしょう。 では、教授に送るメールのマナーとは、どのようなものでしょうか。 今回は、大学生なら知っておきたい、教授に送るメールの書き方について、文例を交えてご紹介します。 【目次】 教授に送るメールの基本マナー まずは基本的なメールの書き方や言葉の使い方など、必ず押さえておきたいポイントについてご紹介します。 個人用メールアドレスではなく、学校のメールアドレスから送る スマートフォンから個人のメールアドレスを使って教授にメールを送るのは避けましょう。 教授はメールのチェックや返信をPCで行うことが多く、学生側も大学から支給されているメールアドレスを使ってPCから送ることが基本です。 ドメイン名が大学以外の場合、迷惑メールと勘違いされて、見てもらえない場合もあります。 特に注意したいのが、携帯電話キャリアによるキャリアメールです。 Docomoやau、SoftBankなどのキャリア・ドメインのメアドで送ると、教授がパソコンから返信したメールが自分のキャリアのスパムメール対策に引っかかり、受信できないなどのトラブルにつながるおそれも考えられます。 もし大学で支給されたメアドが使えない場合は、せめてgmail、hotmail、yahooなどのフリーメールから送るようにしましょう。 スマホからフリーメールで送りたい場合は、メールアプリをダウンロードしておくと楽に送ることができます。 本文の最初でまず名乗る メールを送る際は、本文の最初で自分が誰であるかを名乗るのがマナーです。 教授あてなら大学名、学部・学科名、学年、履修クラス、氏名など、送り主がひと目でわかるように記載します。 その後でメールの本題に入りましょう。 適度に改行して読みやすくする メールの文面は、なるべく簡潔にわかりやすくまとめるのが理想的です。 しかし、どうしても長文になる場合は、適度に改行して読みやすくするように心掛けましょう。 改行は、文章の内容が変わるところで区切りとして入れます。 文面を書き終わったら、読みやすい文章になっているか読み手の立場で全文を読み返しましょう。 改行が多すぎる文章もかえって読みにくいため、注意が必要です。 丁寧な日本語を使う 教授など目上の人に対するメールは、必ず丁寧な文章を心掛けましょう。 例えば、お願いや相談がある場合、「~してください」という命令形の表現は目上の人に使いません。 この場合は「~していただけますでしょうか」など、相手に敬意を示す表現を選ぶのが正解です。 また、身近な人とのメールで使うようなフランクな表現も避けます。 クッション言葉とは、相手にお願い、相談、質問、謝罪をしたり、異論や意見を伝えたりするときに、文章の前置きとして使う言葉です。 例えば、何かお願いをする際は「お忙しいところ誠に恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」というクッション言葉を入れると、送り手の恐縮した気持ちを伝えられます。 また、返信を求める文章なら「ご都合の良いときに」などとひと言添えると、相手の都合を尊重する表現になります。 教授に送るメールの形式 教授あてのメールでは、件名から本文まで、基本的な構造が決まっています。 どのような構成でメールを作成すれば良いかがわかるとメールを書きやすくなりますので、ポイントを押さえておきましょう。 件名 件名は、メールの要件がひと目でわかるように簡潔かつ具体的に書くことが大切です。 ただし、簡潔にしすぎて「ご相談です」など用件がわかりにくい件名は、メールを開いてもらえない可能性があるため注意が必要です。 一方、わかりやすくしようと件名を長くすると、受信リストに表示される際に件名末尾が切れてしまいます。 相談・依頼・連絡・お礼・謝罪といった目的と、何についての連絡なのかという具体的な部分をできる限りシンプルに件名に入れ、メール本文で詳細を伝えましょう。 宛名 メール本文の最初には、宛先として相手の名前を書きます。 学生が教授に送る場合は、「〇〇先生」という書き方が一般的です。 また、仮に教授と親しく、普段の会話ではニックネームなどで呼んでいたとしても、メールでは必ず「〇〇先生」と書くのが礼儀です。 挨拶文 宛先のあとは一行空けてから、挨拶文を一文入れます。 これまでに教授と直接の面識がなければ「初めまして」、授業やゼミなどで接点があれば「お世話になっております」といった挨拶文が一般的です。 ゼミや研究で指導を受ける機会が多い教授なら「いつもご指導いただき、ありがとうございます」など、日ごろの感謝の気持ちを込めて自分らしい挨拶文を添えると良いでしょう。 挨拶文の後には、自分の所属と名前を記載します。 本文 挨拶文から改行をして、いよいよメールの本文に入ります。 本文の最初にメールの目的を簡潔に記載します。 「〇月〇日のゼミを欠席する予定のため、メールいたしました」というように一文でまとめましょう。 その後で「ゼミの開催日が、XX社の最終面接と重なってしまい、申し訳ありませんが出席ができません」など、補足説明をしてわかりやすくします。 相談や質問などが複数ある場合は、「〇〇の研究計画について、ご相談がありメールいたしました」など、メールの目的が相談であることを明記した上で、相談したい複数の内容を箇条書きでまとめます。 締めの文 最後にメールの締めとして、一文を入れます。 「お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします」「お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」など、この後で対応してもらうことへの感謝やお詫びの気持ちを込めて締めるのが一般的です。 教授からメールの返信が必要な場合は、「お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご返信いただけましたら幸いです」など多忙な教授に配慮をしつつ、返信をお願いする文で締めると良いでしょう。 署名、連絡先 最後に署名と連絡先を入れます。 本文の最初で名乗っていても、必ず最後にも入れましょう。 メールの最後に署名と連絡先を添えるのは社会常識になっているので、メールの受信者が送信者に連絡を取りたいとき、通常はメールの文末を確認します。 大学用の自分のメールアドレスに署名登録をしておけば、以降に送るメールのすべてに自動で署名が記載されるため、便利です。 教授に送るメールの文例 教授に送るメールの具体的な文例を3つご紹介します。 メールの構成や使われている言葉など、基本的なマナーを実際どのように使うのか参考にしてみましょう。 11月25日の締め切りを過ぎての提出となり大変申し訳ありませんが、ゼミレポートを提出いたします。 インフルエンザに罹患していたため、期限までにレポートを完成できず、提出が遅れてしまいました。 誠に申し訳ありません。 今後は健康管理を徹底するとともに、期限までに余裕をもってレポートを作成するようにいたします。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認いただけますようお願いいたします。 4月16日(月)~20日(金)、または4月23日(月)~27日(金)のいずれかで1時間ほど、ご相談のお時間をお取りいただくことは可能でしょうか。 現在、卒論テーマを検討中であり、ご相談したい点は以下3点です。 ・候補としているテーマの目的が妥当か ・全体の構成 ・卒論作成に必要な調査とその手段 お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 10月30日に私から研究進捗に関するメールを送信し、ご返信をお願いしておりましたが、ご確認いただいておりますでしょうか。 10月度のミーティングにてご指示いただいたデータを確認し、まとめてお送りしております。 念のためデータを再送いたしますので、ご確認いただけましたら幸いです。 なお、こちらの手違いでメールが届いていないようでしたら、大変申し訳ございません。 いま一度、ご確認いただきますようお願いいたします。 返信時に気をつけるべきポイントを文例とともにご紹介します。 教授から来たメールには必ず返信する 教授からのメールを受け取ったら、必ず返信しましょう。 返信メールではまず、メールを送ってもらったことに対して、感謝の気持ちを伝えます。 「お忙しいところご返信いただきまして、誠にありがとうございます」といった文章がスマートです。 その後、受けたメールの内容に応じて必要項目を記載します。 提出物の受領確認など、教授からのメールに対する返信がお礼のみの場合は、簡潔に記載するだけで十分です。 件名の「Re:」は付いたままでOK 受信したメールに対して返信すると、件名が「Re:(受信メールの件名)」となりますが、返信時の件名は「Re:」が付いたままで構いません。 受信した件名を残すことで、メールの内容がその後もわかりやすく、一連のやり取りをまとめて見たいときにも検索がしやすくなるためです。 ただし、やり取りが長くなり、用件が移り変わってもそのまま返信し続けるのはよくありません。 内容が変わった場合は「Re:」をやめて、用件に合った件名に書き換えましょう。 お忙しいところ、期末レポートにアドバイスをいただきまして、誠にありがとうございます。 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。 社会人でさえ、間違ったマナーでメールをやり取りしている人がいます。 ただし、マナーそのものは難しい内容ではありません。 教授にメールを送る際に意識すべきマナーは、多忙な教授に対しての感謝の気持ちと、迷惑をかけないようにする心遣いです。 多忙な教授が理解しやすいメールを作成しようと気をつければ、大きなマナー違反は避けられるでしょう。 その上で、基本的なメール構成と言葉遣いを理解すれば、書く準備としては十分です。 後は、本記事でご紹介したメール文例を参考に、工夫をしながら自分のメールを作成してみましょう。

次の

「ご連絡いただきありがとうございます」の使い方・敬語・間違いか

ご 教授 いただき ありがとう ござい ます

5で回答した者です。 下記のように修正します。 申し訳ない。 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。 おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。 ================引用開始 ・・・かもしれない 間違いかもしれない。 ・・・てあげる 図書を貸してあげる。 ・・・ていく 負担が増えていく。 ・・・ていただく 報告していただく。 ・・・ておく 通知しておく。 ・・・てください 問題点を話してください。 ・・・てくる 寒くなってくる。 ・・・てしまう 書いてしまう。 ・・・てみる 見てみる。 ・・・てよい 連絡してよい。 ・・・にすぎない 調査だけにすぎない。 ・・・について これについて考慮する。 ================引用終了 「~して頂きまして、ありがとうございました」と「~して頂き、ありがとうございました」の違い。 ポイントがいくつもあるので適宜リンクを張ります。 必要に応じてご参照ください。 「まして」があるほうが丁寧な印象です。 大原則として、敬語は省略した形よりも省略しない形のほうが丁寧な印象になります(例外と言えそうなケースもありますが……)。 こういう場合の「~して頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 ここから類推するに、「頂く」も本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~していただく」で使い分けるべきでしょう。 ================引用開始 ・・・かもしれない 間違いかもしれない。 ・・・てあげる 図書を貸してあげる。 ・・・ていく 負担が増えていく。 ・・・ていただく 報告していただく。 ・・・ておく 通知しておく。 ・・・てください 問題点を話してください。 ・・・てくる 寒くなってくる。 ・・・てしまう 書いてしまう。 ・・・てみる 見てみる。 ・・・てよい 連絡してよい。 ・・・にすぎない 調査だけにすぎない。 ・・・について これについて考慮する。 「~していただきまして、ありがとうございました」 「~してくださいまして、ありがとうございました」 これもどちらも「間違い」ではないとされていますが、厳密に言うと「~してくださいまして(もしくは「~してくださり」)」でないとおかしいと主張する人もいます。 「ありがとうございました」には異和感をもつ人が多いようですから。 「いただき」だけでも、「もらう」の謙譲語なので十分に敬意は表現できていますので、どちらでも構いません。 「まして」「ました」の重複が気になるようなら、「いただき」だけでも特に問題はないでしょう。 ただ、「いただきまして」のほうが丁寧度がアップすることは確かです。 補助動詞の場合、基本的にはひらがな使用が推奨されているようですが、漢字でも特に違和感は与えないと思います。 漢字のほうが格調高く見えるという感覚は、まだ共有されていることでしょう。 ただ、前の単語が振り仮名を伴なわない漢字の場合はひらがなのほうが見やすくなるように思います。 「送って頂きまして~」「来場いただきまして~」のような具合。 また、たとえば、 「指導していただき(まして)、ありがとうございました」という表現の場合、 「ご指導いただき(まして)、ありがとうございました」とすると、「して」の重複を避けることもできます。 下記サイトでは、敬語について、なかなかわかりやすくまとめられています。 文化審議会答申<敬語の指針> どちらもあると思います。 丁寧に書くなら「~していただきましたこと、深く御礼申し上げます」となります。 また「いただく」の漢字は「頂戴」の言葉があるように、頂も戴も使えますが、小生は戴の方を選びたいと思います。 頂の字は「山頂」等のように、本来高い物の天辺を表します。 戴の方は本来の授け与えられる意味を持ちますので、こちらがより丁寧と思われるからです。 戦後の漢字は「教育漢字」「当用漢字」「実用漢字」「命名漢字」などと、国民的便宜のために国語審議会から、望ましいと思われる提言が繰りかえされ、かなり揺れ動いてきました。 頂戴の載の字が当用漢字から外されていたことも影響しています。 常用の国語事典に従って使用して構わないとも思います。 間違っていないとは思いますが、少なくともあまり自然ではないと思います。 おっしゃるように「~して頂き、ありがとうございました」または「~して頂き、ありがとうございます」か、「~して頂きまして、ありがとうございます」ならまぁなんとか不自然ではありません。 「いただき」「頂き」はどちらでもいいと思います。 ただやはり前者の方が少し温かみは感じられるかもしれません。 個人的には「有難う」よりも「ありがとう」の方が柔らかく心がこもっている感じなので、ここは平仮名にしています。 ・・・という感じで、自分がどう伝えたいかで、臨機応変に決めるのがベスト。 そういうのをちゃんと自分で考えて決められるのが、作家や詩人なんですよ。 勿論inga-さんは作家ではないでしょうけど、良い文を書きたいならそういう観点で。 Q こんにちは。 ある方にお礼状を書きます。 その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。 」 です。 でも違和感が…。 「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。 そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。 どうでしょうか? 他に候補として思い浮かんだのは 「迅速にご連絡いただき」 「迅速な(に)ご連絡をいただき」 「迅速にご連絡くださり」 「迅速な(に)ご連絡をくださり」 です。 過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。 どう書けばいいでしょうか? A ベストアンサー 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。 」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。 ここはどちらか一つで良いのです。 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。 」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。 」くらいの簡潔な表現が好みです。 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。 (特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています) 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 「いただく」は謙譲語です。 尊敬語ではありません。 「理解する」の場合は、 「ご理解いただく」 「理解していただく」 は正しい用法で、 「ご理解していただく」 は誤用です。 「ご理解いただく」は「ご理解をいただく」の省略形と考えます。 その「ご理解」は相手方の行為を表す尊敬語。 それに「いただく」という謙譲語を用いたもので、正しい用法です。 また「~していただく」は、「理解して」には敬語が使われていません。 普通の言い方です。 それに「いただく」という謙譲語を付けた言い方です。 敬度は落ちますが、間違った言い方というわけではありません。 それに対し 「ご理解していただく」の場合は、 「ご~する」の形が謙譲語にあたります。 その「~」に入る「理解」は相手方の行為です。 つまり、相手の行為を表すのに(尊敬語を使うべきところなのに)謙譲語を使ってしまっているということです。 「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)ほかを参考にしました。 A ベストアンサー 「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。 したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。 これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。 A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」 B:「(相手が手紙を)送ってもらい、ありがとう」 さて、どちらが正しい日本語だと感じますか? では、次の文章を見てください。 A:「あの人が道を教えてくれた」 B:「あの人に道を教えてもらった」 それぞれ敬語にします。 A:「あの人が道を教えてくださった」 B:「あの人に道を教えていただいた」 もう一つ。 A:「あの人が指示をくれたから、順調に作業が進んだ」 B:「あの人に指示をもらってから、作業を始めろ」 それぞれ敬語にします。 A:「あの方がご指示をくださったから、順調に作業が進んだ」 B:「あの方にご指示をいただいてから、作業を始めろ」 さて、「くれる」も「もらう」も、どちらも物理的なモノの移動という視点から見れば同じですが、主体が違います。 例えば、XからYにモノが移動するとします。 これはそれぞれ次のように表現できます。 なんだか数学の公式みたいになってきましたが(笑)、次にこれを手紙に置き換えてみましょう。 A:相手がsanbanmeさんに手紙をくれる B:sanbanmeさんが相手から手紙をもらう では「ありがとう」は、どちらの行為に対して述べているでしょう? もちろん、「相手がsanbanmeさんに手紙をくれた」ということに対して述べています。 「sanbanmeさんが相手から手紙をもらう」ことに対してお礼を述べるのは変な感じがしませんか? ここまでくれば、もうおわかりでしょう。 「わかる」という行為の主体は読み手になりますが、「わかってもらう」という行為の主体は、私(書き手)です。 したがってここでは、「おわかりいただく」になります。 「くださる」と「いただく」の使い分けは、あくまで「その動作の主体が誰にあるか」がポイントになります。 「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。 したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。 これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。 A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」 B:「(相手が手紙を)送っても... その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社...

次の

「ご教授」の意味と使い方とは?類語「ご教示」との違いも解説

ご 教授 いただき ありがとう ござい ます

Within the business world we often to decide how formal a given situation is. However, these days, especially with emails, there is a tendency to be less and less formal and the stress is more on the attitude and positivity of the communication. "Pupils draw power from the positivity of their teachers. " In a business context, if someone contacts you, it will probably be to inquire about a product or a service that you or your company is offering to your customers. Since it is a business related inquiry, you will need to respond in a business manner. It is usually difficult for most people to respond in a business manner. But, the following responses will suffice: Thank you very much for your inquiry. I appreciate it. or Thank you very much for your inquiry. Please call again. The literal translation is "Thank you for your inquiry. " In America, this is more often used with someone asks a question, needs help with customer service, or maybe even technical support. Other ways to say this phrase ar, "Thank you for the reply," or, "Thank you for asking. " This sounds very polite and formal, but in America, sometimes it is better and more direct if you say something a little less formal, and a little more personal. These are both commonly used expressions to thank someone for contacting you. While they may not sound logical to a non-native speaker, they will be perfectly understood by all native speakers. "Getting in touch" and "Reaching out" both mean to contact, but sound a bit more cordial then simply saying "Thank you for contacting me. " I often start emails with either of these phrases when replying to someone who initiated our communication. Saying "thank you so much" is extremely polite and it can make you sound very professional and educated. It will be very valued by the person who you are saying it to also. "I appreciate" is another way of saying that you show respect for somebody. You are happy and showing them respect for taking the time to contact you. "To get in touch" is a way of saying "to get in contact". You are not physically touching the person, it is a figure of speech.

次の