じん き りゅう が ちゃ。 取扱商品|三重県桑名市

茉莉龍珠茶(まつりりゅうじゅちゃ) 50g

じん き りゅう が ちゃ

中国海軍など多くの国が採用しているロシア製「キロ級潜水艦」の潜航深度は運用時で水深240m、最深で水深300mとされる。 海上自衛隊の潜水艦の潜航深度は公表されていないが、海上自衛隊の潜水艦救難艦に搭載されている深海救難艇(DSRV)の 飽和潜水深度は450mと公表されている。 さらに海上自衛隊は無人潜水艇(ROV)を保有しているが、この耐圧深度は1,000mとされる。 また海上自衛隊が保有する潜水艦発射 89式魚雷の最大深度は900mとされることから、海上自衛隊の潜水艦の潜航深度は運用時500m以上というのは間違いない。 これは計算上、水深1,000mの水圧にも耐えられる。 これらのことから「そうりゅう型」潜水艦の潜航深度は運用時650m、最深900mと推定される。 潜水艦のハッチの厚さで潜航深度が分かると言われているが、21世紀でも通用するかどうかは不明。 ちなみに、そうりゅう型潜水艦のハッチの厚さは約30cmと思われる。 2020年3月に就役したリチウムイオン電池搭載の11番艦「おうりゅう」は、同じ速度の場合従来型「そうりゅう」よりも2倍以上の距離を連続潜航できる。 当ブログの予想では、日本周辺の海峡などチョークポイントでの「待ち伏せ任務」の場合、連続潜航時間は従来の2週間から1ヵ月間と2倍になったと思われる。 さらに、リチウムイオン電池を搭載したことにより、従来型なら数時間かかるシュノーケル充電時間を大幅に短縮でき、敵に発見されにくくなった。 そうりゅう型潜水艦が世界最強の理由 他国の潜水艦は水深300mしか潜れないし、対潜水艦ミサイル(アスロック)も水深300~400mしか届かない。 また、他国の潜水艦の魚雷は水深500mより深いところでは、水圧で圧潰するので水深650m~900mの「そうりゅう型」潜水艦を攻撃できない。 一方、そうりゅう型潜水艦は水深650m~900mまで潜航でき、そこから水深300mにいる他国潜水艦を魚雷攻撃できる。 つまり「そうりゅう型」潜水艦は他国の潜水艦から攻撃されることなく、一方的に攻撃できるのだ。 そうりゅう型潜水艦のAIP 海上自衛隊そうりゅう型潜水艦(SS16)は非大気依存推進装置 AIPを搭載している。 これは スターリングエンジンで液体酸素と少量のディーゼル燃料でエンジンを稼動、発電し推力を得るシステムだ。 従来型潜水艦の潜航期間は数日だったが、AIP搭載により潜航期間は 2週間と大幅に延長された。 しかし、AIP使用時の水中速度は 5ノット(時速9km)と遅く、またAIP装置は巨大で乗員の居住区画が小さくなるという問題点がある。 建造費は660億円。 リチウムイオン電池の採用により従来型艦(AIP使用時時速9km 5ノット)よりも、高速で潜航でき潜航日数も長くなった。 そもそも「そうりゅう型潜水艦」は海峡などのチョークポイントで待ち伏せする場合潜航中はそれほど移動せず、スターリングエンジン搭載で十分だった。 しかし、リチウムイオン電池搭載「そうりゅう型」は、潜航航続距離が約2倍に伸びたことにより「ゲール・デ・クルース」(巡洋艦戦略)も容易になった。 もちろん、待ち伏せ作戦を行うこともあり、その場合1ヵ月間潜航できる。 リチウムイオン搭載「そうりゅう型」は、リチウムイオン電池により時速15kmで1,500km連続潜航できると予想される。 また、時速30kmなら750km連続潜航できると推定され、25時間という短時間ではあるが原子力潜水艦に匹敵する性能を持つと考えられる。 そうりゅう型潜水艦の配備数と配備基地 艦名 進水 就役 配備基地 1番艦 そうりゅう 2007年12月 2009年3月 呉基地 2番艦 うんりゅう 2008年10月 2010年3月 呉基地 3番艦 はくりゅう 2009年10月 2011年3月 呉基地 4番艦 けんりゅう 2010年11月 2012年3月 呉基地 5番艦 ずいりゅう 2011年11月 2013年3月 横須賀基地 6番艦 こくりゅう 2013年10月 2015年3月 横須賀基地 7番艦 じんりゅう 2014年10月 2016年3月 呉基地 8番艦 せきりゅう 2015年11月 2017年3月 呉基地 9番艦 せいりゅう 2016年10月 2018年3月 横須賀基地 10番艦 しょうりゅう 2017年11月 2019年3月 呉基地 11番艦 おうりゅう 2018年10月 2020年3月 呉基地 12番艦 とうりゅう 2019年11月 2021年3月(予定) 2020年3月、11番艦「おうりゅう」が呉基地に配備され「そうりゅう型潜水艦」の配備数は呉基地に8隻、横須賀基地に3隻となる 首都圏の横須賀基地よりも西日本の呉基地の方が配備数が多い。 これは尖閣列島など南西諸島に「そうりゅう型」潜水艦を派遣するには、呉基地の方が距離的に近いからだ。 当ブログの予想では、尖閣列島周辺に「そうりゅう型潜水艦」1隻~2隻が24時間体制で防衛任務にあたっていると思われる。 「そうりゅう型潜水艦」は常に中国海警局船をロックオンしており、日本の首相が自衛隊法76条の防衛出動を発令すれば、中国海警局船をいつでも撃沈できる状態にあると思われる。 原子力潜水艦との性能比較 原子力潜水艦の最大潜航深度は500~700mと推測される。 中には深度900m~1,000mと言われることがあるが、米ソ冷戦時代に建造された超高性能・超高価な数隻の原潜(米・シーウルフ級など)のみだ。 現在主流の米国海軍ロサンゼルス級原潜は水中排水量約7,000トンと大型のため、潜航深度は600m程度とされる。 原潜は原子炉を停止することができないので、運転音が通常型潜水艦よりも大きい。 さらに原子炉からの熱は最終的に海中に放出されるので、原潜の周囲の海水温が高くなり探知されやすくなる。 したがって、静粛性は「そうりゅう型」が優位、潜航深度も「そうりゅう型」と同等と思われる。 潜航期間、航続距離は原潜の方が圧倒的に有利だが、日本周辺海域であれば、2~3週間の潜航期間の「そうりゅう型」でも不利ではない。 次期潜水艦 次期潜水艦は、プロペラスクリューを廃止し原子力潜水艦と同じ「ウォータージェット推進」となり、より静粛性と高速性が高まる。 ウォータージェット推進はプロペラ推進よりもエネルギー効率(燃費)が悪いが、静粛性と高速性が高い。 リチウムイオン電池を採用したことにより潜航航続距離が長くなり、エネルギー効率よりも「静粛性」と「高速性」を重視したと言える。 その結果、水深200m以下の東シナ海のように浅い海域でも発見されにくくなる。 次期潜水艦が40隻あれば、日本は中国軍を完全に海上封鎖できる。 建造費は700億円と予想されるので40隻で2兆8000億円となる。 これで、中国は完全に日本に対して手も足も出せなくなる。 また、そうりゅう型潜水艦は1隻あたり20本の魚雷を搭載していると予想されるので、尖閣列島に5隻配備すれば中国軍艦100隻を1時間以内に全滅させることができる。 36km先だと撃沈まで18分かかる。 海自の89魚雷は目標の途中まで有線で誘導するので、魚雷20発を6門の発射口から発射するのに30分~1時間かかるからだ。 関連リンク.

次の

anko3378 まりちゃは最高のゆっくり

じん き りゅう が ちゃ

色が緑、茶葉が平、味が醇和、香が馥郁であることから 四絶と中国では称されている。 製法 [ ] 大きく分けると三つの手順で構成される。 まずは茶葉を採取し、それを半日ほど天日に晒して茶葉の青臭さを取り去る 晾曬を行う。 ただ単に天日に干すのではなく、この時に茶葉の選別をおこなう。 その日の内に専用の釜で煎る 殺青によって茶葉内の酵素による発酵を阻止する。 次に、湯に入れた際に味が十分に出るように 揉捻を行う。 この作業によって龍井茶特有の扁平の茶葉が仕上がる。 揉捻の手法として、定義上「抖、帶、擠、甩、挺、拓、扣、抓、壓、磨」十大手法が行われる。 殺青と揉捻の後に茶葉の水分を抜く乾燥をして製品として仕上がる。 採取する茶葉の時期と部位、殺青の茶葉量、揉捻の際の手間などで差をつけることで、製品としての価値が変わる。 中国で墓参りの時期として有名な清明節()前に採取した茶葉で作った龍井茶が高級品 明前茶として扱われる。 また、の後、の前に採取した茶葉で作られたものを特に 雨前茶、別称 二春茶と呼ぶ。 それ以降は 三春茶と呼ばれ、以降「龍井茶」としては採取されない。 杭州市以外の茶行で一般的に売られている龍井茶は、茶葉を採取した時期に 明前茶などの区別をつけていない。 摘み取るときに上の新芽をとったら特級、その下の部分をとったら2級、それより下の青々と茂った部分は売店には出されない。 出されるとすれば、立夏以降の茶葉と共に、ペットボトル飲料やティーバッグ用の茶となる。 賞味 [ ] 西湖龍井茶 (の名前の通り)煎ることで茶葉の中のを熱変性させを止めるので、は蒸してある日本の緑茶よりも緑色が鮮やかではない。 特徴的なのは、揉捻の作業によって茶葉が扁平形をしていることである。 湯の中で茶葉が開くと、 一芽一葉=一心一葉の姿になる。 産毛が多く、一芽一葉の葉が芽と同じ位の大きさであるほど、高級品である。 茶は黄色がかった茶色であり、高級品ほど飲用後に甘味が残る。 飲み方は、コップ等の飲用容器に茶葉を好みの分だけ入れ、81〜90度の熱湯を加える。 飲む時は、茶をコップの三割ほど残して、その都度お湯を加えてゆく。 それを繰り返して数杯は堪能できる。 出涸らしになってきたところで茶葉もろとも茶を捨てる。 龍井茶は、茶葉そのものを食べても、やが豊富に含まれていて、健康的と言える。 一方で、も含んでいるため、寝る前などに飲むことはなるべく避けた方がよい。 中国の書籍等では特に、との中間に位置する虎跑泉の水を使って飲むのが最高に旨く煎れる方法であると中国国内の人々の間で言い伝えられている。 これは虎跑泉の水質の良さも理由の一つであるが、茶葉がその場所の水と土で大きくなったことから、その土地の水が良く馴染んで茶葉の味を最も良く引き出すとする思考法に基づく表現とされる。 (参考:陸羽『』) 産地 [ ] 龍井茶は、の西に位置する 龍井村で作られていたことからその名がつけられた。 現在、生産地として有名となっているのは、 獅峰、虎跑、雲栖、梅家塢の四地域である。 杭州市内でこの四つ以外の場所で作られる龍井茶は、単に「西湖」龍井茶と表示され、浙江省以外の地域では、その流通量から 西湖龍井茶の名前で広く知られている。

次の

中国茶「緑茶の種類」

じん き りゅう が ちゃ

『茉莉』というのはジャスミンのこと。 花茶の中でも最も人気がある香りです。 歴史は古く、1000年以上も前、『嗅ぎタバコ』の香料にするため栽培していたものが、いつしかお茶の香付けに使われるようになりました。 ジャスミン茶にもいろいろありますが、このお茶を淹れると、周囲がほわあっといい香りに包まれるのですぐわかります。 この茉莉龍珠茶は、早朝、ジャスミンの花のつぼみを摘み、敷きつめた上に、まだほやほやと薄毛の生えた芽の部分の緑茶を広げてつくります。 ジャスミンの強い香が上へ上へと立ちのぼり、その香を緑茶が吸い、香を吸われたジャスミンを捨て、また新しいジャスミンを広げ、緑茶に吸わせ…この作業を3回繰り返して作ります。 お湯を注ぐと、まるで生のジャスミンの花の匂いのような、甘く爽やかな香りが周囲に立ち込めます。 他にはない澄んだ味と上品な香りをぜひお試しください。 【飲み方】1煎めは、茶葉に角(つの)がちょっと出てきたくらいでお注ぎください。 2〜4煎めは、湯の中で丸い茶葉が開いていくのを愛でながら楽しんでください。 1回の茶葉で5煎くらい飲めます。

次の