四葉 風太郎 約束。 五等分の花嫁 89 話 【ネタバレ】四葉中高編始動!四葉、花嫁候補からの脱落確定?姉妹の関係の溝は修復できるのか/ 89話予想

【五等分の花嫁】四葉、風太郎のことを長い間想い続けていた天使だったwwwww

四葉 風太郎 約束

「最後の祭りが四葉の場合」編を振り返ると、おおむね次のような流れだったと思います。 二乃と病院に向かって以降、風太郎が病室まで赴き四葉を見舞った描写がないので運ばれた際に付き添った可能性がありそうです。 巷で言われているように手を握っていたのかもしれませんね。 ただそれだけでは確証を得ることはできません。 得られたとしたら意識のないまま四葉が何か口走ったか、竹林さんの協力と会話からでしょうか。 そしてその内容からなぜ自分がその子だと明かさないのかもわかりました。 ウトウトしていたので初めは零奈?と思ったようですが、話をすれば四葉と見抜くのは風太郎からすれば容易なこと。 振り返る必要さえないわけです。 決定的なきっかけがあるのではなく、四葉の風太郎への接し方が理由でしょうね。 もともと風太郎は勉強以外が不要と切り捨ててきましたが、五つ子との触れ会いで勉強以外にも目を向けるようになってきました。 その中でも風太郎に対し、恋愛的なアタックではなく、学校のイベント(林間学校など)で風太郎を手伝ったりするなど、風太郎に学校を楽しんでもらって、悔いのない学校生活を送ってもらおうと行動していた四葉に惹かれました。 わかりやすいところとして、「林間学校の感想でらいはに語ったのが四葉のことが多かった」、「四葉が学級長に推薦して学校のイベントに積極的にかかわらせたことでクラスメイトと親交が生まれ海で遊んだり、学園祭も楽しもうとするように風太郎が変化した」というものがあります。 あと風太郎は過去の京都の話を見る限り、振り回されるのも結構好きなようですね。 なお風太郎が京都の子=四葉、と気づいたかどうかは不明です。 ただ最終話時点で四葉がもっと話したいことがあるといってるので、近いうちに話すでしょうね。

次の

【五等分の花嫁ネタバレ118話最新話確定速報】五月の風太郎への想いが動き出す?|ワンピースネタバレ漫画考察

四葉 風太郎 約束

スポンサーリンク 明るく元気な四葉は、誰に対しても無邪気に隔てなく接し、いつも誰かのために動いているお人好しな女の子。 反面、自身の心理描写は少なく実は謎の多い存在で、本心が語られることがないからこそ、 花嫁候補として最も注目されているキャラクターなんです。 そして風太郎を通じ姉妹が変わりつつある中で、ついに作中で空白となっていた部分=四葉の本音が見え始めてきました。 それがファンの間で言われる 四葉の『闇』。 普段明るい性格だからこそ際立って見えたその闇の中には、現在の彼女の性格・行動に通じる大きな過去がありました。 四葉の『闇』と言われるその正体は何なのか、その闇は花嫁エンドへと通じているのか、今回は四葉の『闇』にまつわるエピソードをご紹介していきます。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】姉妹を巻き込んだ落第と転校 四葉が人のために行動するようになったのは、 自身の身勝手の末に生じた転校に姉妹を巻き込んでしまったことがきっかけです。 風太郎に出会い「 必要ある人間になるために」互いに勉強を頑張ろうと誓い合った四葉は、その約束を胸に勉強を頑張り始めますが、成果の上がらないうちにいつしか運動能力に自分の価値を見出していきました。 そうして部活動で「 必要とされる人間」となった結果、本来の目的である勉強が疎かになり 落第が決定し、姉妹で四葉だけが転校することになってしまいます。 すると姉妹たちは「四葉が転校するなら私たちも」と全員が一緒についてきてくれたのです。 姉妹の存在によって救われた四葉は、そこで 「もう誰が一番だなんて考えるのはやめよう」と一番でなく5人でいることの大切さに気付き、皆のために生きる決意をしたのです。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】姉妹間での葛藤と苦悩 全力で姉妹の恋を応援する姿にもやはり闇が潜んでいました。 その闇とは、 自らの失態によって皆を転校に巻き込んでしまったことへの罪悪感。 不幸に巻き込んでしまった過去は簡単に取り返せるものではなく、だからこそ四葉はせめて姉妹全員に幸せになって欲しいと思い行動していたのです。 四葉のその姿勢は78話の修学旅行の班決めでよく表れていましたが、そうして自分が犠牲になってまで姉妹の幸せを願うことは、「 姉妹の皆が私より幸せになるのは当然」だと考えているからです。 しかし「 やりたいことをやって欲しい」と一花を元気づけたり、消極的な三玖の恋を応援していたりといった、 姉妹全員の幸せを願った結果が逆に争いとなってしまうなど思うようにいきません。 「 すべてを得ようなんておこがましいのでは」と風太郎にも言われてしまったように、姉妹で同じ人を好きになってしまった状況では「姉妹全員の幸せ」は不可能なのか、四葉は悩んでしまいます。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】母親との約束 四葉が姉妹全員の幸せを願うようになったのは転校の一件からですが、その 根底には生前の母の言葉がありました。 母が願うのは「 たとえどんなことがあったとしても、大切なのは5人でいること」。 この母の言葉を理解できないまま成長した四葉は気づけば件の落第までいってしまったわけですが、自分を見放さず転校について来てくれた姉妹たちの存在でようやく四葉はその意味に気付くことができました。 彼女は今、 母の言葉を胸に大切な皆の幸せを求め続けているのです。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】再会した風太郎への思い 姉妹の幸せのために奮闘する四葉は、実は自分の気持ちを闇の中に閉まっていました。 風太郎同様ずっとあの時の思い出を大切にし続けていたのです。 しかし姉妹が次々と風太郎に惹かれていく中で 「自分だけが特別であってはいけない」としてその思い出を消し去ろうとしました。 それが五月に零奈としてやってもらった風太郎との別れに繋がるわけですが、特別であろうとしたために過ちを犯してしまったからこそ、風太郎にとっての特別であることは許されないのです。 自分を救ってくれた姉妹のために想いも思い出も仕舞い込んだ四葉は、一人ひっそりと胸の内を吐き出していました。 「 好きだったよ。 ずっと」 過去形であることに彼女の決意が伝わってきて切ないですね。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】風太郎が零奈の真実を知ったらどうなる? 「写真の子」が四葉であることを風太郎は気づいていません。 風太郎がその事実に気付いた時、感動の再会となるのか、あるはあの時の約束を破ったような状態の彼女に失望するのか。 想像すると… あまり関係ないんじゃないですかね。 驚くとは思いますが、風太郎は5人の中に零奈がいると気づいていますし、5人とも姉妹にとって、そして風太郎にとって「必要とされる人間」だと知っていますから当初の目的は果たせているわけです。 風太郎も五つ子との関係を通して成長し、零奈との思い出を過去のものとして前に進んでいる様子が窺えますので、 零奈としての四葉より今の四葉と向き合うはずです。 とは言えやはり「写真の子」との思い出は風太郎にとって重要な思い出であり、本人である事実は大きなアドバンテージなのは間違いありませんので、そこに 四葉の花嫁としての希望を見ずにはいられませんね。

次の

五等分の花嫁 88 話 私とある男の子①【ネタバレ】 感想・考察 遂に四葉の闇が発動!?零奈(レナ)の死によって狂ってしまった五月 姉妹の関係に亀裂が入る/ 89話予想

四葉 風太郎 約束

スポンサーリンク 明るく元気な四葉は、誰に対しても無邪気に隔てなく接し、いつも誰かのために動いているお人好しな女の子。 反面、自身の心理描写は少なく実は謎の多い存在で、本心が語られることがないからこそ、 花嫁候補として最も注目されているキャラクターなんです。 そして風太郎を通じ姉妹が変わりつつある中で、ついに作中で空白となっていた部分=四葉の本音が見え始めてきました。 それがファンの間で言われる 四葉の『闇』。 普段明るい性格だからこそ際立って見えたその闇の中には、現在の彼女の性格・行動に通じる大きな過去がありました。 四葉の『闇』と言われるその正体は何なのか、その闇は花嫁エンドへと通じているのか、今回は四葉の『闇』にまつわるエピソードをご紹介していきます。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】姉妹を巻き込んだ落第と転校 四葉が人のために行動するようになったのは、 自身の身勝手の末に生じた転校に姉妹を巻き込んでしまったことがきっかけです。 風太郎に出会い「 必要ある人間になるために」互いに勉強を頑張ろうと誓い合った四葉は、その約束を胸に勉強を頑張り始めますが、成果の上がらないうちにいつしか運動能力に自分の価値を見出していきました。 そうして部活動で「 必要とされる人間」となった結果、本来の目的である勉強が疎かになり 落第が決定し、姉妹で四葉だけが転校することになってしまいます。 すると姉妹たちは「四葉が転校するなら私たちも」と全員が一緒についてきてくれたのです。 姉妹の存在によって救われた四葉は、そこで 「もう誰が一番だなんて考えるのはやめよう」と一番でなく5人でいることの大切さに気付き、皆のために生きる決意をしたのです。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】姉妹間での葛藤と苦悩 全力で姉妹の恋を応援する姿にもやはり闇が潜んでいました。 その闇とは、 自らの失態によって皆を転校に巻き込んでしまったことへの罪悪感。 不幸に巻き込んでしまった過去は簡単に取り返せるものではなく、だからこそ四葉はせめて姉妹全員に幸せになって欲しいと思い行動していたのです。 四葉のその姿勢は78話の修学旅行の班決めでよく表れていましたが、そうして自分が犠牲になってまで姉妹の幸せを願うことは、「 姉妹の皆が私より幸せになるのは当然」だと考えているからです。 しかし「 やりたいことをやって欲しい」と一花を元気づけたり、消極的な三玖の恋を応援していたりといった、 姉妹全員の幸せを願った結果が逆に争いとなってしまうなど思うようにいきません。 「 すべてを得ようなんておこがましいのでは」と風太郎にも言われてしまったように、姉妹で同じ人を好きになってしまった状況では「姉妹全員の幸せ」は不可能なのか、四葉は悩んでしまいます。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】母親との約束 四葉が姉妹全員の幸せを願うようになったのは転校の一件からですが、その 根底には生前の母の言葉がありました。 母が願うのは「 たとえどんなことがあったとしても、大切なのは5人でいること」。 この母の言葉を理解できないまま成長した四葉は気づけば件の落第までいってしまったわけですが、自分を見放さず転校について来てくれた姉妹たちの存在でようやく四葉はその意味に気付くことができました。 彼女は今、 母の言葉を胸に大切な皆の幸せを求め続けているのです。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】再会した風太郎への思い 姉妹の幸せのために奮闘する四葉は、実は自分の気持ちを闇の中に閉まっていました。 風太郎同様ずっとあの時の思い出を大切にし続けていたのです。 しかし姉妹が次々と風太郎に惹かれていく中で 「自分だけが特別であってはいけない」としてその思い出を消し去ろうとしました。 それが五月に零奈としてやってもらった風太郎との別れに繋がるわけですが、特別であろうとしたために過ちを犯してしまったからこそ、風太郎にとっての特別であることは許されないのです。 自分を救ってくれた姉妹のために想いも思い出も仕舞い込んだ四葉は、一人ひっそりと胸の内を吐き出していました。 「 好きだったよ。 ずっと」 過去形であることに彼女の決意が伝わってきて切ないですね。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】風太郎が零奈の真実を知ったらどうなる? 「写真の子」が四葉であることを風太郎は気づいていません。 風太郎がその事実に気付いた時、感動の再会となるのか、あるはあの時の約束を破ったような状態の彼女に失望するのか。 想像すると… あまり関係ないんじゃないですかね。 驚くとは思いますが、風太郎は5人の中に零奈がいると気づいていますし、5人とも姉妹にとって、そして風太郎にとって「必要とされる人間」だと知っていますから当初の目的は果たせているわけです。 風太郎も五つ子との関係を通して成長し、零奈との思い出を過去のものとして前に進んでいる様子が窺えますので、 零奈としての四葉より今の四葉と向き合うはずです。 とは言えやはり「写真の子」との思い出は風太郎にとって重要な思い出であり、本人である事実は大きなアドバンテージなのは間違いありませんので、そこに 四葉の花嫁としての希望を見ずにはいられませんね。

次の