月が綺麗ですね 意味 女性。 「月が綺麗ですね」の意味と返し方まとめ!定番&断るときの言葉を解説

月(ムーン)のタトゥーが持つ意味とは?三日月や満月の意味も解説します!

月が綺麗ですね 意味 女性

一度は使ってみたい言葉「月が綺麗ですね」 月が綺麗ですねとは、相手に愛を伝える言葉。 それも直接的な言葉の表現ではなく、遠回しに愛を伝える言葉として、日本人の繊細さを表す言葉の代表として扱われてします。 ですが、日常生活でまず使うことはありません。 だからこそ、どこかのタイミングで使ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 「月が綺麗ですね」と言ったのは夏目漱石? 余談になりますが月が綺麗ですねという言葉を紡いだのは、「吾輩は猫である」などの作者で有名な、夏目漱石と言われています。 ですがこの逸話は半ば都市伝説のようなものであり、さほど信憑性は高くはありません。 でも、昔の文豪が言いそうな言葉だなと素直に思わせる力がありますよね。 月が綺麗ですねに対する素敵な返し。 それでは来る日に備えて、月が綺麗ですねと言われた時の素敵な返し見てみましょう。 これから紹介する言葉を返せれば「お、この人できるぞ」と思われること間違いありません。 1:定番な返し「死んでもいいわ」 月が綺麗ですねの返しとして、もっとも定番なのが「死んでもいいわ」という返しです。 月が綺麗ですねが愛を伝える言葉であり、その愛に対する最上級の答えは、「死んでもいい」という言葉。 物騒な話かもしれませんが、その人と一緒に死んでもいいと思えるのであれば、その人に対する愛はきっと永遠なのです。 2:ドキッとする返し「ずっと前から月は綺麗」 「私はずっと前からあなたのことを愛してます」そんな一途な思いを相手に伝えるのであればこの返しがベスト。 彼氏や旦那さんがかっこつけて「月が綺麗だね」と言ってきた時に、更に上手をゆく返しで逆に惚れさせること可能。 相手をドキッとさせたい時にオススメです。 また、文系男子にはより効果的かもしれませんね。 3:小悪魔な返し「今日は肌寒いですね」 遠回しに「今夜は一緒にいたい」と伝える小悪魔的な返し。 寂しい時や、もっと一緒にいたいと思った時に使ってみましょう。 この返し台詞を聞いた男性は、寂しそうにしているあなたをギュッと抱きしめたくなるはずです。 4:ロマンチックな返し「あなたと一緒に見る月だから」 「この愛は、あなたあってのもの」そんな意味を感じさせてくれるのがこの返し。 他の誰でもなく、あなたじゃなきゃダメという強い愛を表現することができます。 遠回しな言い方にも関わらず、ストレートに「私も愛してる」と言うより、更に上の愛が上手く表現されていると思いませんか? 5:永遠の愛を誓う返し「ずっと月を見ていましょう」 永遠の愛を誓う、ある意味プロポーズ的な返しですね。 ずっと愛していたいし、愛されたい。 そんなロマンチックな雰囲気までも作ってくれる最高の返しです。 交際期間が長いカップルや結婚して何十年も経つ夫婦が、こんな言葉を言えたならそれは素晴らしいことです。 周年記念のお祝いに、愛を再確認し合う為、月が綺麗ですねと伝えてみましょう。

次の

「月が綺麗ですね」の意味と返し方まとめ!定番&断るときの言葉を解説

月が綺麗ですね 意味 女性

夏目漱石は小説家になる前、英語教師をしていた時代があります。 イギリスに留学経験のある夏目漱石は語学力を生かして英語を教えていました。 授業で「I love you. 」を「我君を愛す」と訳した学生に、夏目漱石はこう言いました。 「日本人はそんな言い方はしない。 「月が綺麗ですね」とでも訳しておけ」と言ったと言われています。 明治の日本人はストレートに愛の告白をするのははしたないといった風潮がありました。 奥ゆかしさこそ、日本人の美徳とされていました。 この種類の言い方は、ストレートに愛の告白をするのはタブーとされた時代に使われていたようです。 当時は女性から愛の告白をするなんてとんでもない話で、男性から女性に告白する時も、「愛している」というストレートな言い方ははばかられました。

次の

「星が綺麗ですね」の意味と返事の仕方は?月が綺麗ですねとの違いは?

月が綺麗ですね 意味 女性

夏目漱石は小説家になる前、英語教師をしていた時代があります。 イギリスに留学経験のある夏目漱石は語学力を生かして英語を教えていました。 授業で「I love you. 」を「我君を愛す」と訳した学生に、夏目漱石はこう言いました。 「日本人はそんな言い方はしない。 「月が綺麗ですね」とでも訳しておけ」と言ったと言われています。 明治の日本人はストレートに愛の告白をするのははしたないといった風潮がありました。 奥ゆかしさこそ、日本人の美徳とされていました。 この種類の言い方は、ストレートに愛の告白をするのはタブーとされた時代に使われていたようです。 当時は女性から愛の告白をするなんてとんでもない話で、男性から女性に告白する時も、「愛している」というストレートな言い方ははばかられました。

次の