生理後 ダイエット おすすめ。 生理前は体重増加するもの?生理前・生理中・生理後のおすすめダイエット

【生理中こそダイエットチャンス?!】生理中の2つのポイントとは?

生理後 ダイエット おすすめ

スポンサーリンク 生理後1週間にやるとダイエットに効果的な7つの運動 ウォーキング できるだけ楽な運動で痩せたい方は、王道のウォーキングがおすすめです。 負荷は軽いですが、有酸素運動なので脂肪をしっかり燃やしてくれますし、少しだけ筋肉もつきます。 しっかりと腕を振り足を上げて歩けば、1時間で200kcal以上消費することも可能です。 それに、 ウォーキングは背中や肩、お尻など体全体を引き締める効果もあります。 モデルさんの多くがスタイルキープに取り入れているんですよ。 軽いジョギング ウォーキングより少し負担は大きくなりますが、消費カロリーをアップさせたいなら軽いジョギングもおすすめです。 1時間に400kcal消費するので、単純に ウォーキングの2倍もダイエット効果が得られます。 それに、ウォーキングと同じ有酸素運動なので、脂肪燃焼効果が高く生理後のゴールデンタイムとの相性もいいです。 また、最近ではキツくないジョギング「」もダイエット効果が高いと注目が集まっています。 水中ウォーキング 水中ウォーキングは、水の抵抗があるので結構力を使います。 なので、消費カロリーが高く、1時間で350kcalも消費することが可能です。 同じウォーキングと比べると、約1. 5倍も差がでます。 また、 水圧が血管を押すため血行が良くなり、代謝を上げる効果も期待できます。 ダレノガレ明美ちゃんも実践して痩せているので、ダイエット効果はバッチリ証明済みですよ! スポンサーリンク 平泳ぎ 運動の中でもトップクラスの消費カロリーの平泳ぎは、1時間で600kcalも消費します。 しかも、全身を使って泳ぐので、胸・お腹・お尻・太ももなど、 女子の気になるポイントを引き締めてくれる嬉しい効果付きです。 プールに通わないといけませんが、1時間でウォーキング3時間分になるのは大きいですよね。 スクワット スクワットで鍛えられる太ももの筋肉は体で1番大きく、その分消費カロリーの多い部分でもあります。 つまり、鍛えればそれだけ消費カロリーが増えるってことです。 しかも 「スクワット15回=腹筋500回相当」といわれるくらい筋肉が付きやすいので、簡単に消費カロリーを増やせます。 重りを使ったりしないと太ももが太くなることもないので、ぜひ他と合わせてやっておきたい筋トレです。 昇降台運動 家でテレビを見ながらできるのが踏み台昇降運動です。 高さ15cmほどの台をただ昇り降りするだけなので、誰でも簡単にできるのに、1時間で300kcalも消費します。 つまりウォーキングの1時間半分です。 運動しているのを見られたくない、家から出たくないって方にピッタリですよ。 >> エアロバイク ちょっとお金はかかりますが、エアロバイクもダイエット効果が高いです。 ゆっくり1時間乗っても300kcalくらい消費します。 何より、ドラマや映画を見ながらできるので、 時間があっという間に過ぎます。 運動の1時間って結構長く感じますからね。 ちなみに、自宅用で安いものなら10,000円前後で売ってますよ。 生理後にやる運動で失敗しないポイント 生理後ダイエットの運動で失敗しないためには、 ハードな運動を避けることが大切です。 理由は、ストレスが溜まりやすくなって痩せづらくなるからです。 ストレス太りという言葉があるくらい、ストレスはダイエットの天敵になるものなので、せっかくの努力もパーにしてしまいます。 なので、先ほどのご紹介したような、軽めだけれどしっかり脂肪を燃やす運動を選ぶようにしくてださいね。 運動かったるい系女子なら 生理後に痩せたいけど、運動はちょっと……という方におすすめしたいのが 「酵素ダイエット」です! テレビや雑誌でもよく取り上げられているので、ダイエットに詳しい方は知っていると思います。 酵素ダイエットの何が良いかというと、• 飲むだけでダイエットに取り組める• 酵素で健康的な体作りもできる• 管理人がめちゃ痩せた!笑 です! 上で紹介したような運動はしないで、夕食を酵素ドリンクに置き換えるだけでダイエットができます。 以前、管理人は酵素ダイエットに取り組み、 1カ月でなんと3. 6kgのダイエットに成功しました。 しかも、春の涼しい季節に。 酵素ダイエットは続けやすい ダイエットの1番の天敵は、 「続けられるか」です。 運動なんて、最初は意気込んでいても1週間も続かないことがほとんどだと思います。 過去にそんな経験ありませんでしたか? 酵素ダイエットなら、 飲むだけなので継続して取り組むのが本当に簡単です。 これだけで、ほぼダイエットに成功したようなものです。 ダイエットで多くの方が失敗する原因は、続けられなかったことです。 運動のキツさが問題じゃないんです。 続けられるか、なんですよ。 なので、酵素ダイエットはいつも三日坊主だった方こそぴったりです! おすすめの酵素ドリンク おすすめの酵素ドリンクを2つご紹介いたします。 言い忘れましたけど、ダイエットは少々お金をかけるのも成功の近道ですよ。 ライザップでダイエットに成功している人が多いですが、あれは「50万円も払えばやるしかない」という心理が働いているからです。 これも、継続力を高める1つの方法です。 では、おすすめの酵素ドリンクをご紹介しますね! ベルタ酵素ドリンク 内容量 単品価格 2本セット 710ml 5,080円 11,160円• 165種類の酵素が配合!• ピーチ味で飲みやすい!• お腹も膨れるので腹持ちもばっちりです! ぜひ、痩せて美ボディを手に入れてくださいね! まとめ 生理後に効果的な運動は、• ウォーキング• 軽いジョギング• 水中ウォーキング• 平泳ぎ• スクワット• 昇降台運動• エアロバイク この7種類が特に効果的です。 ストレスを溜めない運動をしていけば確実に痩せていくので、生理周期と上手に付き合うことができれば、ダイエット成功へ大きな1歩を踏み出すことができますよ! - , 友達に教えてあげる.

次の

生理周期ダイエット! 月経タイミングに合わせた1ヶ月プログラム [食事ダイエット] All About

生理後 ダイエット おすすめ

月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つのうちにダイエットに関係してくる時期というのが黄体期に関係性があります。 黄体期は生理周期の排卵期が終わってから次に生理が始まるまでの間の期間ですが黄体期は排卵期で排卵された卵子が成長し黄体化することで女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステン)が大量に分泌される時期にあります。 こういった時期には月経前症候群が出やすくなる時期のために・・・・• 基礎体温が上がる• 身体がだるく感じる• 太りやすくなる• イライラしやすくなる こういった状態にあることでダイエットには適さない時期だということなのです。 特にこの黄体期がダイエットに適さない時期だといわれるところには、 体内にコレステロールを多く蓄えようとする時期のために痩せにくいのです。 こういった月経前症候群がでやすい時期は黄体ホルモンとエストロゲンのバランスが崩れてしまっているために心が不安定になりダイエットには向かず、太りやすいのです。 生理中に痩せる理由 生理周期でみた場合にダイエットに適している時期と言うのは確かにあります。 生理周期に合わせてみるとこうなります。 痩せやすい時期• 痩せにくい時期• 太りやすい時期 つまり痩せやすい時期にダイエットをすることでしっかりと痩せることができるようになります。 この痩せやすい時期というのは生理が終わって高温期に入る前、 生理が終わる 頃から 排卵期 までの2週間程度の期間が最も身体の体調がよく、新陳代謝もいい時期のために痩せやすい時期なのです。 生理中にやってはいけないこと 激しい運動 生理中にしてはいけないことの一つとして激しい運動になります。 生理中は心も体も敏感な時期にあるために身体に負担をかけるようなことはもちろん疲労を感じるような運動をすることは避けなければなりません。 これは生理中にホルモンバランスの乱れによって不安定な時期でもあるためにどうしても ストレスになってしまうのです。 こういった時期に激しい運動をするとただ苦痛でしかないのです。 チョコレート 生理中にチョコレートを食べることによって良いことはテオブロミンという成分が心を安定させてくれる効果がある一方で糖分が多い食べ物でもあります。 チョコレートは糖分が多いために血糖値を上昇しやすく太りやすくしてしまう可能性があります。 またチョコレートにはチョコレートの甘味には身体を冷やしてしまうために逆に生理痛を重くしてしまう恐れも考えられます。 どうしてもチョコレートを欲する時は ビターなものを選ぶといいでしょう。 暴飲暴食 生理前になると黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が盛んになってきます。 こういった時期は身体も心も不安定な時期のために太りやすい時期と言われており、特に食欲をコントロールすることがうまくできなくなってくる時期でもあります。 これは身体が妊娠しやすい状態を作るための時期になるために、食欲が湧いてくるのです。 その理由には黄体ホルモンが分泌することによって血糖値が下っていくわけですが血糖値を安定させようとアドレナリンが分泌されます。 このアドレナリンが失われた栄養を補おうとすることで食欲が増進してしまうのです。 この時期は食欲を増進するだけでなく同時に身体に栄養を蓄えようとするために体重が増えやすく、個人差はありますが1Kg~3Kgほどの体重の増えるようになるのです。 生理前にやるべきダイエット 食事 生理前に食欲が増進することは避けられないことかもしれません。 しかし、食欲が湧くからといって欲求に任されて食事を食べてしまえば、体重だけでなく、必要以上に脂肪の蓄積に繋がりかねないことになってしまいます。 こういったことにならないためには、生理前の食欲を抑える方法として 食事は空腹を感じさせない状態を作ることにあります。 ここでの空腹とはあくまで強い空腹感を作らないことです。 空腹をただ我慢することはかえって食欲が増進されるだけのために食事のときはゆっくりよく噛んで食事をすることをおすすめします。 よく噛むということはそれだけでダイエット効果があり、噛む回数を重ねることで満腹中枢を刺激することによって、少ない量で満足感を得ることができるようになります。 運動 生理前は個人差によるところが大きいですが身体のだるさやイライラなど体調不良に悩みやすい時期でもあります。 こういった時期にいくら運動をしても逆にストレスを抱える原因になりかねません。 しかも運動をこの時期にしてもダイエット効果はほとんど期待することができないのです。 これは体重が落ちないどころか逆に太ってしまったなんてこともあります。 こういった生理前の時期に必要な運動はなく、部屋で行えるようなストレッチをすることがおすすめです。 その他ではヨガもおすすめできる運動です。 ヨガの効果• 老廃物を出すことによって肌がキレイになる• 基礎代謝を上げることができる• 血液の循環がよくなり肩こりを解消• 冷え症を改善できる• 月経による不快症状を緩和できる• 病気の予防ができる• 自律神経の活動を整える• 姿勢がよくなり脂肪が付きにくくなる また半身浴などもおすすめです。 半身浴効果• むくみの解消• 脂肪燃焼が早まる• 美容効果がある• 疲れがとれる• 質の良い睡眠がとれる 生理中にやるべきこと 現状維持 生理中の時期は何より一番きつい時期でもあるために無理なダイエットは控える方がよいです。 そのためにストレスを受けにくい、感じにくい時間の過ごし方をすることが一番よいとされています。 特に生理中にダイエットをしてしまうと思っている以上に効果は薄く、いい成果が現れないだけでなく、大きなストレスになってしまう可能性があります。 こういった時期は自律神経の乱れによることが原因なので食事や運動に少しばかり気にかけ意識する程度で過ごすことが大切です。 軽めの運動 生理中におこなう運動はやはり激しい運動は控えなければなりません。 生理中に激しい運動や筋トレなどを行うと身体への負担も大きくかえってただ疲れストレスになりかねません。 こういった生理中に行う運動は、軽めの運動がおすすめです。 ストレッチやヨガ、ウォーキング、軽めのジョギング程度であれば心配はないでしょう。 またこうした軽めの運動を行うことで生理中のイライラを緩和させることもできるためにおすすめです。 そしてあくまで生理中の期間は 体重を意識して落とそうとせずに現状を維持させることだけに集中しましょう。 食事 生理中はホルモンの関係上どうしても体重がおちにくい時期なので、あくまで今の状態をキープさせることにだけ集中!!ただ生理中は無理な食事制限もそこまで必要はありません。 ただ食事で意識的にしなければならないことは温かい食べ物を意識して摂るようにする事と、生理前と違う点では体温が下がりやすい時期なので、温かい食べ物や温かいスープなどで身体を温めるようにしてください。 また貧血になりやすいために食事の中では鉄分を含む食べ物を摂ることも必要です。 鉄分の多い食材• カツオ• マグロ• レバー• ひじき• 小松菜• ほうれん草• プルーン またこういった食材を摂ることも大切なことですが生理中の食事は特に一日3食は必ず摂るようにしなければなりません。 また 一日3食の食事のバランスをしっかりと摂ることも必要なことです。 特に朝の時間に食事を摂るか摂らないかでは一日をダイエットとして見た場合に大きく効果が変わってきます。 朝食を食べる効果には大きく5つの効果があります。 集中力がアップする• 排便作用が活性化する• 低体温の改善• 食べ過ぎを予防できる• 脂肪の蓄積を予防できる こういった効果が朝食を摂ることで効果があります。 特に生理中であっても普段のダイエットであっても朝食を摂ることでその日の一日の代謝の上がり方が大きく変わってくるために 必ず朝食は食べるようにしなければならないです。 また食べる時に意識することは水分をしっかりと飲むことや食事の食べる順番を意識することも必要なことです。 食べる順番は 「野菜」「タンパク質」「脂肪」の順で食べるようにしましょう。 この食べる順番で多いなポイントが野菜を始めに食べることにあります。 野菜を始めに食べることによって血糖値の上昇を緩やかにさせる効果があるために野菜を先に食べなければなりません。 しかもこの血糖値の緩やかな上昇効果は昼、夕の食事の血糖値までも緩やかにさせてくれる効果がります。 スポンサードリンク 朝の食事で野菜を先に食べるだけでその日の一日の食事の血糖値が上がりにくくする効果があるのです。 水分 黄体期にある時は、食欲の増進とともに太りやすい時期であるために、この期間でやせることは難しいです。 しかし、生理が終わって次の排卵日までの排卵期は代謝が良くなる期間で心と体のバランスがとれる時期のために、それまでの期間ではむくみを和らげるために、利尿作用のある食材を食べる事以外にもこまめな水分補給は必要になります。 生理中はむくむことは仕方のないことかもしれませんが、むくむからといって 水分を摂らないようなことをすると逆効果になってしまいます。 生理中にむくむのはあくまで生理中の一時的な期間であって、生理後にはしっかりとむくみも取れるようになります。 そのためには、ミネラルウォーターなどの水分を摂ることで代謝を上げる効果や代謝を上げることによって脂肪が燃焼しやすくなる効果もあります。 また水分を摂ることで身体に溜まった老廃物も排出することができます。 生理後にやるべきダイエット 生理後から排卵日までの期間は最も痩せることができる時期でもあります。 「痩せ期」「ダイエット期」と呼ばれるほど大きな成果を期待する期間なのです。 生理が終わってからの7日間が「卵胞期」と呼ばれる期間でこの時期こそ期待できるわけです。 こういった期間にやるべきダイエットは食事と運動と大きく2つにわけることができます。 食事 生理後の食事で気をつけるポイントは糖質や脂質を摂り過ぎないようにすることです。 ただ完全に制限するといったことはよくないために低脂肪で高タンパク質な食材を食べるように心がけるとよいです。 おすすめタンパク質食材• 赤身肉• 鶏のささみ• カツオ• 大豆食品 生理後は脂肪が燃焼しやすい時期と同時に筋肉をつけやすい時期でもあります。 そのために タンパク質を摂る必要があるのです。 また大豆製品からも量質なタンパク質を摂ることができます。 特に大豆には大豆イソフラボンが含まれているために、食事で摂ることで吸収され、血中に入るとエストロゲンと感知するそうで女性ホルモンと似た構造を持つイソフラボンを摂ることが女性ホルモンの減少をサポートする効果があります。 美肌効果のアップ• バストアップ• 骨密度を保つ• 肥満予防 また野菜や海藻類を積極的に摂ることで女性ホルモンの働きかけを助ける効果もあるために ビタミンやミネラルをしっかりと摂ることも必要です。 運動 生理後は特に運動をすることで大きく痩せることができる期間です。 特に脂肪燃焼効果の高い 有酸素運動をとり入れることで効果的になります。 これはエストロゲンが多く分泌されている時期というのは身体にある老廃物や水分脂肪燃焼が活発に行われるようになるためです。 この時期に有酸素運動をすることで、より脂肪分解酵素の量が増えていくために脂肪燃焼することができ痩せることができるようになるのです。 そしてさらに効果を高める運動が筋トレになります。 筋トレを行う目的は、身体に筋肉をつけることで、身体の脂肪をより燃焼させてくれる働きがあります。 また筋肉が作られることで基礎代謝も高くなり、一日の消費カロリーも基礎代謝が低い状態の時とは大きく消費されるカロリーも変わってきます。 基礎代謝を上げることは太りにくく痩せやすい体質に変えることになります。 生理後は脂肪燃焼しやすい時期と同時に筋肉が作られやすい時期でもあるので 筋トレと有酸素運動を行うことでより大きなダイエット効果を狙うことができるようになります。 おすすめの有酸素運動と筋トレはこちら「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」 また、生理中に筋トレを考えている場合は、あくまでも無理のない範囲で行うことが求められます。 生理前はそもそも脂肪を貯め込もうとする力が強くなる時期です。 しかし、この時期を過ぎると、女性ホルモンの分泌が下がる時期に入ります。 この時期に筋トレをすることで筋肉をつけやすくできる時期のために、適度な筋トレであればむくみの血行を促進させることにもなり、むくみも解消することができるようになります。 「筋トレは毎日しない!女性が効果を出す自重トレーニング」 睡眠は意外と大事なこと 生理中に眠気がくるのは身体の変化に起こることが原因ですが、生理中にしっかりと寝ているはずなのに、とにかく眠たいと感じる人がかなり多くあります。 その理由には黄体ホルモンが関係していて生理前はこの黄体ホルモンが活発になることで就寝時も眠りに付きにくくなります。 そして生理中になるとこの黄体ホルモンの分泌が低下するために低体温が続き、眠たくなります。 じつはこのホルモンの働きには睡眠薬と同じくらいの効果があると言われています。 こういった眠気を少しでも和らげるために必要なことが3つあります。 体内時計のリセット 体内時計とは人が一日の周期でリズムを刻むために備わっている時計で、意識をしていなくてもに中は活動状態になり、夜間は休息状態にと切り替わるリズムが自然と備わっています。 これが生活習慣の乱れや暴飲暴食、運動不足などによって乱れてしまいます。 こういった改善と同時に、太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができるために、この仕組みをうまく使ってみるといいでしょう。 質の良い睡眠を準備する 質のよい睡眠をとるためには、黄体ホルモンによる低体温の状態を少しでも体温を上げるだけでもかわってきます。 寝る前に3時間ほど適度な運動を行うなどをしたり入浴をすることで体温を上げるなどすることで効果があります。 また入浴は半身浴でぬるめのお湯でしっくりと入ることでゆっくりと温めることがポイントです。 また寝具にも気を使うといいでしょう。 寝やすい枕や寝具をそろえることでも効果は変わってきます。 また寝つきやリラックス効果を得るためにアロマを焚くこともおすすめです。 昼間に眠気が止まらない時は! 昼間にどうしても眠気が強く集中できないなどがあれば、空いた時間を利用して5分、10分程度だけでも眠るだけでも効果があります。 ただ、昼寝として長い時間寝てしまうと目覚めも悪くなり逆効果になるので気をつけましょう。 まとめ 生理中、生理前そして生理後の過ごし方でダイエットの成果は大きく変わってきます。 その時々の生理の状態でうまくダイエットに繋げていくとただ体重が減っただけでなく美容面でも大きな効果を期待することができるでしょう。

次の

【女性必見】生理前・生理中・生理後のダイエットを徹底解説!

生理後 ダイエット おすすめ

女性の体は、生理周期に合わせて2つの女性ホルモン= エストロゲン(卵胞ホルモン)と プロゲステロン(黄体ホルモン)の増減があります。 そして生理後のダイエットが効果的な理由は、 エストロゲンの分泌量が多いことが大きく関係しています。 それぞれの女性ホルモンの特徴を比較してみましょう。 エストロゲン(卵胞ホルモン)• 妊娠の準備のため、卵巣や子宮などの発達をサポートする• 女性らしい体を作り、コラーゲンを合成することで肌をツヤツヤにする• 食欲を抑える働きがある• 代謝をより効率的にする傾向がある• 血管にコレステロールが溜まるのを予防する プロゲステロン(黄体ホルモン)• 基礎体温を上げることで妊娠しやすい環境をつくる• 妊娠のために栄養を溜めこもうと食欲旺盛になる• 体内に水分を溜め込む傾向があるため体がむくみがちなる• 妊娠に備えて体を安静にするため、気だるい気分にさせる• 不足すると不妊症の原因になることも 2種類の女性ホルモンは、妊娠や出産のためにはどちらも重要なものです。 しかし、 ダイエットという点では、エストロゲンの方が有利ということが、この比較でお分かりいただけたはずです。 エストロゲンの量が多い時期に効率的なダイエットをするのが、女性がダイエットをする上での成功の秘訣の1つなのです。 生理後1週間がダイエットにピッタリの痩せ期! 女性の生理周期は、生理開始日を1日目として28~31日で1サイクルというのが一般的となっています。 さらに、このサイクルを4つの時期に分けることができます。 月経期(1~6日目) 月経期は、妊娠が成立しなかった子宮内膜が剥がれ落ち、生理が始まろうとする期間をさします。 妊娠が成立していると当然生理は来ませんが、妊娠していない場合は、女性ホルモンが減少することで子宮内膜が剥がれ、排泄されます。 卵胞期(7~13日目) 卵胞期は、増殖期とも呼ばれる時期で、生理終了後から排卵が起こるまでの時期をさします。 この時期には卵胞ホルモンの分泌が増加してくることが大きな特徴です。 排卵期(13~16日目) 排卵期では、その名の通り、排卵が起こる時期となり最も妊娠しやすいと言われる時期です。 排卵期では、卵胞ホルモンがピークになり、黄体ホルモンも増加してきます。 黄体期(17~28日目) 黄体期は、分泌期とも呼ばれる時期で、排卵が起こったあとに、卵胞が黄体に変化する時期をさします。 黄体ホルモンが増加することにより、子宮内膜が着床を成功させやすい環境をつくります。 さて、この4つの中で 卵胞期では、エストロゲンの分泌量が増えます。 つまり、 生理後1週間の期間がもっとも痩せやすい時期ということができます。 一方、排卵期になってもエストロゲンの分泌量に大きな変化は見られません。 しかし、プロゲステロンの分泌量が増え始めるため、徐々に痩せにくくなってしまいます。 そして生理前である黄体期に入ると、エストロゲンは減少し始めるので、痩せるどころか、体重増加やむくみが気になるようになってしまいます。 これらのことから、生理後のダイエットは1~2週間をめどに行うと良いでしょう。 生理が終わり、いざダイエット!せっかく痩せやすい期間なのですから、少しでも効率的にダイエットしたいものです。 まずはダイエットの要でもある食事面からポイントを抑えていきましょう。 主食や甘いものは控えめに エストロゲンの影響で食欲が抑制されている生理後は、主食や甘いものを控えるようにしましょう。 糖質は、食後の血糖値を急激に上昇させ「インシュリン」というホルモンが分泌します。 これは、 糖をエネルギーに変えた後、余った分を脂肪として溜め込んでしまいます。 そのため太りやすい体になってしまうのです。 しかし、ごはんもパンもイモ類もお菓子もすべてを食べずに過ごすことは難しいでしょう。 そこで糖質を食べる際には、先に血糖値の上昇を抑える働きのある食物繊維を摂るようにしましょう。 鉄分を含む食べ物を摂ろう 生理後は経血の排出や、子宮へ血液が集中していることが原因で、貧血を起こしやすくなっています。 そこで生理後は、血液の大部分を占める「ヘモグロビン」の材料で「鉄分」を積極的に摂るようにしましょう。 効率的に吸収するには、ヘム鉄という鉄分を含む食べ物を選ぶのがオススメで、豚や鷄、牛のレバーや牛豚肉の薄切り、かつおやまぐろなどに含まれています。 ビタミンCと一緒に摂ることで、より吸収率が高まります。 鉄分はほうれん草、小松菜などにも多く含まれているので、グリーンスムージーを摂取するのもおすすめ!中でも イージースムージーグリーンはダイエットサポート成分が豊富に含まれている機能性表示食品なので、生理後のダイエットにピッタリです。 タンパク質を積極的に摂ろう 鉄分と一緒に血液中のヘモグロビンを作り上げているのが、「タンパク質」です。 血流をより良い状態に戻し、代謝を高めるためには、タンパク質も一緒に摂るようにしましょう。 タンパク質が生理後のダイエットに必要な理由は、タンパク質には エストロゲンの分泌を促す作用があることです。 また、タンパク質は 筋肉の材料にもなります。 筋肉はエネルギー消費を行う場所です。 つまり筋肉が正常に稼働すれば、それだけ効率的に代謝が行われることになります。 サプリで脂肪燃焼を更にサポート ダイエット成功には脂肪燃焼をどのように効果的に行うかも一つの大きな鍵となります。 そこで、おすすめなのが脂肪燃焼効果のある機能性表示食品の シボヘール。 普段の脂肪燃焼効果もサポートしてくれるため、ダイエットの強い味方になってくれますよ。 生理後のダイエットは、食事だけでなく運動も大切です。 エストロゲンの作用で代謝が高まっている今、より効率的に痩せるためのポイントをチェックしましょう。 まずはストレッチで筋肉をほぐそう 運動を始める前には準備運動として、軽めのストレッチを行いましょう。 ストレッチで筋肉をほぐし、体温を上げると、 血流が良くなり、代謝をより高めることに繋がります。 また筋を伸ばすといったケアを行うことで、運動中のケガ予防にも効果的です。 おすすめはラジオ体操です。 だれでも手軽にできるので、まずはラジオ体操から体を慣れさせるのも良いでしょう。 生理後ダイエットにおすすめの有酸素運動は? 生理後のダイエット期間中だけ集中的に運動したいという場合は、ウォーキングや踏み台昇降といった有酸素運動を選ぶのがオススメです。 ジョギングの方が消費カロリーは高いですが、普段それほど運動をしない人が急に始めてしまうと、ひざや腰を痛めてしまう可能性があります。 運動習慣がなかった人でも手軽に始められて、ライフスタイルを問わず行える有酸素運動といえば、 ウォーキングがベストでしょう。 また、 踏み台昇降もおすすめです。 専用の台を買わなくても、段ボールに雑誌などを詰め込んだ手作りの台で代用することができるので手軽に始めることができますね。 脂肪燃焼効果を上げるなら有酸素運動の前に無酸素運動をしよう! より効果的にダイエットを行うなら、 有酸素運動の前に無酸素運動を行うのがオススメです。 無酸素運動とは、短時間で体に強い負荷をかける運動です。 瞬発力が求められるので、代謝を行う場所となる筋肉を鍛える効果があります。 有酸素運動で効率的に脂肪を燃焼するために、無酸素運動でその土台を作っておこうというわけです。 身近な無酸素運動といえば、筋トレがあります。 ヒップや太もも裏といった下半身を鍛えるのに効果を発揮します。 お腹を鍛える筋トレと一緒に行うと、より効果的です。 こちらの筋トレも、ストレッチ用のマットがあると良いでしょう。 ダイエットスパッツの併用で脂肪燃焼効果UP ダイエットに効果的な運動などを紹介してきましたが、さらに脂肪燃焼効果をアップさせたい!という人におすすめしたいのが レスタリアージュウルトラスリム。 履くだけでダイエット効果のあるスパッツなので、履いて運動すれば、脂肪燃焼効果がぐんと上がります。 生理中には、なかなか痩せにくいと感じる人も少なくないと思いますが、これは体の基礎体温に関係しています。 生理中には 基礎体温がいつもより低くなってしまうので、体内の代謝が下がってしまいます。 その結果、脂肪燃焼などが上手にできず、いつもより痩せにくい体質になってしまうのです。 また、生理中には自律神経が乱れることで、イライラいてしまう人も多いのではないでしょうか。 自律神経の乱れは正常なホルモンバランスを崩す原因にもなるため、どうしても痩せにくいと感じてしまうのです。 生理後1週間がすぎたらどうすればいい? 生理後1週間が最も痩せやすい時期とお話しましたが、1週間を過ぎてしまった場合には、次回の生理後のタイミングに向けてダイエットの体調をしっかり整えましょう。 運動などは、過剰にしすぎないように適度に抑えましょう。 生理後1週間が過ぎた時期では、排卵期に突入するため、過剰な体への負担は体調を崩す原因にもなるのです。 生理前にできる事はある? 生理前の1週間は、もっとも代謝が低下し、ダイエットには不向きな時期になります。 そのため、体の中には老廃物が溜まりやすくなるのです。 そのため、生理前の時期は、この老廃物や毒素をデトックスでしっかり排出し、生理後のダイエットがスムーズに行える準備を行うと良いでしょう。 しかし、ストレスを溜めすぎると、体調を崩しやすい時期でもあるため、自分の体と相談しながら無理をしすぎないデトックスを行いましょうね。 ぜひ自分の生理のタイミングに合わせた上手なダイエットで、いち早く理想的なボディを手に入れるようにしましょう!.

次の