僕 は 何 年 経っ たら 君 に 会 いたく なっ て。 なごり雪: 二木紘三のうた物語

経済産業省を辞めて、僕が本当にやりたかったこと

僕 は 何 年 経っ たら 君 に 会 いたく なっ て

【東 修平 経歴】 1988年大阪府四條畷市生まれ。 四條畷高校、京都大学工学部卒業、同大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学専攻)。 その後、外務省、野村総合研究所インドを経て、現役最年少市長となる(当選時28歳)。 全国初の取組みとして、民間人材サービス会社とのコラボによる副市長公募や、コミュニケーションアプリを用いた協働のまちづくりシステムの構築など、新しい基礎自治体のあり方に挑み続けている。 -2017年1月に行なわれた四條畷市長選挙で、当時28歳の東修平氏が勝利し、現職最年少の市長が誕生した。 就任後1年半弱の月日を経て29歳となった東市長は、今もなお現職最年少市長である。 本インタビューでは選挙において重要とされる「ジバン(支持組織)、カンバン(知名度)、カバン(お金)」を持たない東市長の戦い方、そして、出馬にいたる歩みを詳しく伺った。 選挙戦の具体的な話を公の場で聞くことは少ない。 首長がこのような選挙を経て誕生していることについて、改めて考えるきっかけになればと思う。 科学的知識がある人間が国に足りていない 加藤(インタビューアー):最初に外務省に入られて、その後に大手シンクタンクの野村総合研究所に転職、そして、選挙に出馬されました。 もともと国家公務員になろうとした理由は何だったのでしょうか? 東市長:大学院では工学研究科の原子核工学という専攻で、原子力をずっと勉強していたんです。 2011年の4月に大学4年生から修士1年に上がるんですけど、その前月に東日本大震災があったんですよ。 原子力を学んでいた人間たちからすると、爆発してしまったことは当然で、授業でやった通り。 ついこの間に習ったことだから、次に何をしたらいいか我々は分かる。 でもあの時、政府は右往左往して、とりあえず現地に行ってみたり、合理的ではないことをやって被害が拡大したじゃないですか。 僕はぼんやりとエンジニアになろうかなと思ってたんですけど、その瞬間に科学的知識がある人間が国に足りてないと思いました。 それで、翌月に国家公務員試験があると聞いたので受けてみようと思いました。 加藤:それで受かるのもすごいですが、国家公務員試験は受験された区分でその年の一番の成績で受かっていますよね。 それなのに、1か月しか勉強しなかったんですか? 東市長:問題を見てみたときに「これはいけるんじゃないか」と思いました。 加藤:なんで、いけると思ったんですか? 東市長:たとえば、数論みたいなのもあって、物理やっている人間からすれば生業みたいなものじゃないですか。 だから、それは勉強が要らない。 みなさんそこに結構時間使いますよね。 専門科目や英語も院へ行くのに必要だったので直前までしっかりと勉強していたのと、歴史とか政治はもともと好きなので、あまり勉強する必要がなかった。 加藤:なるほど(笑)。 それで、受かって外務省を選んだんですね。 外務省を選んだ理由 東市長:経産省や文科省は明確に文系職と理系職で採用を二分しているんですが、財務省と外務省は理系出身でも、技官として採用しないんですよ。 全くのフラットで事務官採用。 だから先輩たちも「あ、君、理系だったの?」くらいのことを言うんです。 それがまず、すごく良いなぁと思った。 それと、もともと何か世の中にためになることをしたいという思いが小学校くらいから漠然とありました。 だとしたら、実際に国の動きを知らなければいけない。 その時、中枢に最も近いのはやはり外務省だと思いました。 首相の一日のスケジュール見ても、大半は外務省の人間との面会だったりする日もあるぐらいですから。 経営を知るため大手シンクタンクのインド子会社へ 加藤:外務省から野村総合研究所に転職されました。 それは、何を意図していたんですか? 東市長:完全に首長としての準備です。 政治家になりたいのではなく、首長になりたかったので、経営を知らないとダメ。 経営を知ろうと思ったら、起業するか、トップのコンサル企業に行かないと分からないと思いました。 でも、プロジェクトの下っ端から3年、5年かけるのは時間がかかると思っていた頃に、野村総合研究所のインド拠点が立ち上がったばかりで、日本人が足りていないと聞きました。 その現場に行ったら、3年目とかの社員がやることを3か月でも任せちゃうような状況だと聞いて惹かれ、実際、レベルの高い仕事をやらしてもらえた1年でした。 価値観を変えた 外務省時代の上司の死 加藤:そうすると、2年半くらいの社会人経験の後で選挙に出たんですか? 東市長:本当は野村総研に10年いる予定だったんですけどね。 僕が市長になった時、社会人3年目だったんです。 職員の前ではあまり言われへんなと思ってます(笑)。 加藤:なんで、時期を前倒しして選挙に出ることになったんですか? 東市長:究極のきっかけは外務省にいる時にありました。 僕は経済連携課という部署にいて、そこはTPPなど他国との経済連携協定などを担当する部署でした。 そこに入って4か月くらいの時に、課長として配属されてきた方が松田誠という方なんですけど、外務省を代表するエースと言われるような方で、後に僕の人生の師となる人でした。 松田さんもたまたま、私と同じ京都大学の原子核工学を専攻されていて、それは外務省で二人だけしかいなかったんです。 1年生の職員は普通、課長とあまり話ができないんですけど、しょっちゅうランチとかに行って、二人で物理の話とかをしていました。 そういう話ができる人間が他におらんかったんだと思います。 加藤:なるほど。 東市長:いろんなことを課長から教えてもらいましたが、想像できないぐらい優秀な方で、驚くほど仕事ができるし、終えるのも早い。 TPPとかも、前任が何年も交渉を進めていたものは、普通、簡単に引き継げないですよね。 それを全く継ぎ目なく担当されて、実際、彼が大筋合意に導いた立役者の一人とも言われています。 経済連携課に来る直前では、天皇皇后両陛下が歴代天皇として初めてインドに訪問する際、1年だけその担当課長になるなど、常に国の重要課題を担当されていました。 そんな人なのに、仕事は定時に来て定時に帰るんです。 土日は家族のために料理を作ったりする。 こんな人間が存在するんだと思うほど、極めて温厚で尊敬すべき人格者でした。 びっくりするのが、松田課長は歓送迎会という行事を何よりも重要視されていたんです。 5分前とかになっても、みんながオフィスでバタバタと仕事しちゃうじゃないですか。 それを絶対許さないんです。 課長は定時に仕事を終えて本を読んでいるんですけど、15分前くらいになったら順に声を掛けていくんです。 そうしたら、仕事を止めるしかないですよね(笑)。 珍しいですよね。 なんでそんなに歓送迎会の時間に厳しいのかと尋ねたら、「いやいや東君、歓送迎会っていうのはね、これまで一緒に働いてきた仲間に『ありがとう』、これから一緒に働く仲間に『よろしく』という行事なんだ。 それ以上に大切な行事があるか?」と。 でもね、そう言って半年後に亡くなられたんです。 49歳ですよ…。 交渉が大変過ぎたんじゃないかと思います。 定時に帰っていらっしゃったんですけど、熱心な方だったので、帰宅後もずっと勉強され、おそらく寝てなかったんじゃないでしょうか。 その時、僕の価値観がグッと変わったんです。 課長みたいな素晴らしい方でも49歳で亡くなるんだったら、自分なんかがノウノウと下積みをしている場合じゃないと思いました。 僕の全ての起点はそこです。 facebookとTwitterで更新情報を受け取れます。

次の

このまま放っておいたらJALはまた潰れる:日経ビジネス電子版

僕 は 何 年 経っ たら 君 に 会 いたく なっ て

僕の友達で人格も高く、学問の上からも尊敬され、友人からも非常に尊敬されていた男があったんです。 それが不幸にして最愛の細君を失いました。 或る日、その友達が私の所へ来て、「『心霊研究会』というものがあって、其処に実に素晴しい 霊媒 ( れいばい )が見付かった。 自分は今まで研究をして 居 ( お )ったけれども、これ以上の霊媒はない」事実、霊媒を通じて奥さんと話をすると、いろいろ符合する所があるそうで、例えば奥さんが夫には内緒で、指輪を奥さんの妹に買ってやった。 それを 先方 ( むこう )で言い出したのです。 「あなたに内緒で妹に指輪を買ってやりましたが、誠に済みませんでした」と言った。 これこそ誠に絶好なものであるというので、家へ帰って死んだ細君の妹に聞いて見ると、まさしくその通りでした。 その 中 ( うち )に細君が夫の科学的興味に共鳴をして、あの世の話をいろいろして呉れたのです。 例えばあの世に行けば 皆 ( み )んなが神様のお 祠 ( やしろ )みたいな所へ入って、朝から晩までお 勤行 ( つとめ )をしているというような事や、空中を白い着物を着て飛んで行ける事や、 大体 ( だいたい )野原で、机が出て来いと言うと机が 忽 ( たちま )ち出て来る。 こういう物が欲しいと思えば直ぐ眼の前に現れるという、 洵 ( まこと )にお 伽噺 ( とぎばなし )の世界みたいです。 それから 守護神 ( しゅごじん )というのが附いて居って、この守護神は青年団の団長みたいに、沢山後からやって来る霊の世話をする。 死んだ当時は非常に世の中が暗いが、だんだん修行している 中 ( うち )に視力が恢復して来る。 つまり 夜 ( よ )が夜明けになって昼間になって来るように、だんだん明るくなる。 百年も 経 ( た )てば丁度真昼のように 四辺 ( あたり )が明るくなる。 細君もかなり修行したけれども、それでもまだまぶしい位の明るさしかない。 そういうようないろいろ話をしまして、その守護神というものに頼めば、大体どんなことでもして呉れる。 自分が今あなたに言って居るのも、その守護神の許しを受けて、又その守護神の 庇護 ( ひご )に 依 ( よ )ってあなたに言って居るのだというような話をして、結局私の友達は、未来の世界があることをよく知ることが出来たが、その未来の世界なるものには一向どうも科学者が働いていないように思えた。 自分の 現在 ( いま )この世でやっている科学というものは、結局どうも無駄なものである。 向うの世の中へ行ってやる科学こそ、最も最後的なものである。 それから細君と前後六十回も話をしたでしょうか、私も一緒に行けと言われたんですが、遂に私は行かなかった。 友達は私を 詰問 ( なじ )って言うことに、君も細君を亡くしているくせに、何という細君不孝だ。 是非共細君を呼んで死んでるという自覚を起さしたり、その他いろいろやってやらないと、死んだ細君は浮ばれないぞ、と叱るのです。 その 中 ( うち )に友達は 遂 ( つい )に自殺をしました。 早速 ( さっそく )私共も行きましたが、千葉の勝浦の 権現堂 ( ごんげんどう )のある山の 頂上 ( てっぺん )で死んでいました。 其処は死んだ細君と知合になった当時、 能 ( よ )く両人が散歩した所だそうで、 而 ( しか )も死んだのは、彼のみならず、 夫婦 ( ふたり )の間に出来た、たった一人の子供も殺して死んだ。 さてその死後、友達の遺書というのが、私ともう一人の矢張り科学者の友達に遺されていました。 その遺書で彼の死んだ事情が最もハッキリして居るのですが、「皆私を引止めて呉れたけれども、自分は科学者として死を選ぶのが一番善いと思ったんで死ぬ。 あの世で大いに科学のために奮闘して、心霊科学も研究し、君達に呼びかけるから、君達も何なら早く来たらどうか」こういう事が書いてありました。 私共非常に 呆然 ( ぼうぜん )としまして、科学的に最も尊敬すべき友達が、科学的に心霊というものを信じて死んだ。 これは私共頭が悪いから、彼からいくら説明されても、矢張りあの世の在るということが分らないのだろう。 とにかく彼が行き着いたかどうか、探して見ようじゃないかという議が、吾々仲間に起ったのです。 今度は人数が大分多くなって、十人ばかりの同志がその心霊研究会へ行って友達を呼び出して貰ったんです。 友達は出て来ました。 が、少々怪しい友達が出て来た。 いつもその友達から聞いていたんですが、霊媒を通じて出て来る細君は自分の細君と全く同じで、 咳払 ( せきばら )いから、声の 抑揚 ( よくよう )から、話振りから、笑い声から、何から何まですべて百パーセントに死んだ細君そっくりである。 それで思わず霊媒と手を取り合うようなこともあったんだという話をしましたが、私が行った時には、 稍々 ( やや ) がさつな友人が出て来た。 いろいろ話をしたんですが、結局どうもあの世に無事に行き着いたから安心して呉れろ、という極めて普通な話ばかり出るので、少し専門的な話をして見ようと思い、始めたところが「今少し頭が悪いから」というので 刎 ( は )ねられました(笑声)。 私はその友達から原稿を一つ預かっていました。 それは雪の降る日に歌った 新体詩 ( しんたいし )でしたが、それを何処かへ世話して呉れと頼まれていたんです。 「僕は君の原稿を預かって居るが、あれは 何時 ( いつ )出したら 宜 ( よ )かろうか」と聴いて見ました。 そうしたら「そうだね、それは 軈 ( やが )て一週間程すると僕の四十九日が来るから、その時に一つ出して貰いたい」こういう話でした。 ところが一週間後の四十九日という日は、八月の 最中 ( さなか )です。 八月の最中に雪がチラチラ降る新体詩が出せるものか出せないものか、これはオヤオヤと思ったです。 第一、原稿ということがどうしてもその友達に呑み込めないのです。 生前 ( せいぜん )原稿を毎日書いていた位の男が、死ぬと急に原稿が何であるかということを知らなかったのはどうも 訝 ( おか )しい。 分らずに苦しがっていたから「原稿というのはつまり君が 何時 ( いつ )だか書いた文章のことだ」と僕が助け舟を出してやって初めて分ったのです。 その 中 ( うち )に 到頭 ( とうとう )友人は大分苦しがりまして、 愈々 ( いよいよ )引込むことになりました。 「まだ話があるけれども、実は僕の妻が君に逢いたいそうで待っているから、 替 ( かわ )る」というので、 振切 ( ふりき )るようにして友達の霊は無くなりまして、今度は細君が出て来た。 忽 ( たちま )ち細君の声に変りまして、非常に優しい声です、やって居る霊媒はお婆さんですから、女の方がうまく行くんでしょう。 「どうも生前はいろいろお世話になりました」から始まりまして(笑声)、結局最後に「何か申し残したい事はありませんか」と言ったところが、「それでは一つお願いがあります、実は品川区に私の伯母が住んで居りますが、そこの娘のチーちゃんを早く 一遍 ( いっぺん )此処へ来て貰うように言って下さい」という頼みで別れました。 その次の日でしたが、偶然品川駅の近所で、そのチーちゃんのお母さん、つまり死んだ細君の伯母さんに当る人に出会ったので、「あの友人の細君があなたの娘さんのチーちゃんに 合 ( あ )いたい、 成 ( な )るたけ早く来て呉れと言って居りましたよ」と言ったんです。 そうしたら伯母さんが 怪訝 ( けげん )な顔をして、「それは 訝 ( おか )しい。 チーちゃんというのは私の家の娘ではありません。 あの子の 真実 ( ほんとう )の妹でございますよ」と言った。 つまり死んだ細君は、自分の妹のことを伯母さんの子供みたいに思っていた訳です。 其処も非常に間違って居る。 そんな点からして、この霊媒は非常なインチキであるということが判ったんです。 しかもそんなインチキな霊媒の所に、吾々が科学的に非常に信用していた友達が、前後六十回も通ってインチキたることが判らなかったのは何故であるかというので、 俄然 ( がぜん )私は大なる疑問に 打突 ( ぶつ )かったんです。 同時に又インチキであるが 故 ( ゆえ )に、当初これは未来の世界があると面白いなという科学の問題に対する楽しみがあったんですが、霊媒を通じて見ると、それもインチキであるということが判って、淋しがったり苦しがったりしたものです。 そこでその友達の友人に当る某医学博士を訪ねて聞いて見ましたところが、簡単にその問題を解決して呉れたのです。 「いや君、あの男は最初から発狂して居ったのだよ」(笑声)。 「だって先生、科学的には非常に信用が置けるし、言うことも普通であるし、 友誼 ( ゆうぎ )も 潔癖 ( けっぺき )であるほど厚いし、 殊 ( こと )に細君のことなど潔癖で、細君が死んでから他の女には絶対に接しなかったという程の人格者としては 訝 ( おか )しいですが」「いや、それが訝しくない。 そういう立派な人に 能 ( よ )く狂人がある」という話でした。 そのインチキ心霊研究会が後になりまして、非常に功名を立てたという話があります。 つまり毒を以て毒を制した話です。 丁度今頃の 初夏時 ( しょかどき )でした。 私の所へ九州から訪問客がありました。 「是非一つ先生に助けて戴きたい」と、私が先生になったんですが、「実は、先生がこの前お書きなった [#「お書きなった」はママ]電波病というのに 罹 ( かか )りまして、電波が 聴 ( きこ )えて仕様がない。 現に先生の前に坐って居りますが、私の所へ電波が掛って居るのが能く聴えます。 さかんに只今やって居ります。 そのために私は失業しました。 そうして身体は 痩 ( や )せ 衰 ( おとろ )えるばかりで、非常に電波に妨害されて居ります。 先生のお力を以てこの電波を止めて戴きたい」と言うのです。 これは一種の病人でありまして、その頃勤め先の役所へも、度々そういう投書が来ました。 私の所へ来る電波は、こちらから見て居ると、放送局のマイクロフォンの前で三人の男が並んで居る。 二人は 髭 ( ひげ )がないが、一人は髭がある。 眼鏡を掛けたのが二人と髭のあるのが一人いて、それが何時も私に向って 罵詈雑言 ( ばりぞうごん )を致します。 いくら止めろと言っても止めませぬ。 しかも受信機がなくてこれが聴えるから、 洵 ( まこと )に始末が悪い。 安眠も出来ないから、お 止 ( や )めを願いたいというのであります。 さて、乗込んで来た人物を見ると、洵に眼つきから何から只者でない。 生憎 ( あいにく )私の部屋なるものが、 袋小路 ( ふくろこうじ )の 突当 ( つきあた )りみたいな部屋でして、どうにも逃げる 隙 ( すき )がない。 そこでいろいろ考えたのですが、丁度 最前 ( さっき )の友達が死んで間もなくであったものですから、 咄嗟 ( とっさ )に思いついてその友達の話をすることにしたのです。 それから私は落ち着き払ったような恰好をして「それは誠にお気の毒である。 実はそういう電波があります。 これは 心霊波 ( しんれいは )と名付けますが、人間のうちでも誠に感度の良い人でないと、この電波は分らぬ。 実は私の最も信用する友達で、最近心霊波の研究をするために 自 ( みずか )ら自殺をしたのがあります」という話に移りまして、「あの世とこの世との交通が心霊波で結ばれ、そのために霊媒という受信機みたようなものもある。 結局これは心霊波の 元締 ( もとじめ )をやって居る 守護神 ( しゅごじん )というものに頼んで、その電波を 止 ( と )めて貰うより 仕様 ( しよう )がない、あなたをひとつ心霊研究会へ御紹介するから、行ってごらんになったら 宜 ( よ )かろう」とその患者さんに名刺を渡して 先方 ( むこう )へ行って貰うと同時に、私は心霊研究会へ電話を掛けまして「今 斯 ( こ )う 斯 ( こ )うした人が行くから、 宜 ( よろ )しく頼む」とやりました。 これで危難を逃れた形ですが、 到頭 ( とうとう )一年ほど経ちまして、その男が元気になってやって参り、「私は 愈々 ( いよいよ ) 郷里 ( くに )へ帰ろうと思います。 郷里の方も大変忙がしく、それに電波ももうこの頃じゃ殆んど聴えない。 その上心霊研究会へ一日に一円ずつ払って(笑声)やっても居られませぬから、一応郷里へ帰って参ります」と、非常に せかせかと私に礼を言って帰りましたが、多分それは正気になってしまったんだろうと思うんです。 結局そうして見ると、これは矢張り心霊研究会の威力であったんだろうと思うのです。 そこから、海野の執筆分を抜き出し、「あの世から便りをする話」とした底本には、他の「出席者」の「発言」が付されていますが、著作権の切れていないものが含まれているので、このファイルにはおさめませんでした。 入力:田中哲郎 校正:土屋隆 2005年1月7日作成 青空文庫作成ファイル: このファイルは、インターネットの図書館、で作られました。 入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

次の

猫と出会い少年の夢は広がった 「1匹でも多く幸せにしたい」

僕 は 何 年 経っ たら 君 に 会 いたく なっ て

Photo by Yoko Akiyoshi コロナ禍であらゆる日本企業が難局を迎える中、ソニーの動きが力強い。 金融子会社の株式公開買い付け(TOB)、AI搭載半導体の発表、新型ゲーム機・プレイステーション5の開発……。 その相次ぐ布石の根底にあるのは、創業精神への回帰だ。 吉田憲一郎社長は19日の経営方針説明会の冒頭で、「ファウンダーである盛田昭夫からの学びに、長期視点に基づく経営がある。 新型コロナウイルスが世界を変えたいま、改めてその重要性を感じている」と語った。 ソニーの精神とは何なのか?創業者を間近に見てきたソニー元副会長の森尾稔氏に聞いた。 (聞き手/ダイヤモンド編集部副編集長 杉本りうこ) 「企業経営はマラソンだ」 盛田昭夫氏はそう言った しばらく前、高木一郎君(ソニー専務、エレクトロニクス事業を担当)とお酒を飲みました。 「テレビってずっと赤字だっただろう。 最近やっと、利益が出るようになってよかったね」って僕が言ったら、高木君は「森尾さん、8年や9年の赤字ぐらいで諦めてどうするんですか」と返してくるんです。 さらには、「サントリーのビール事業は46年間も赤字でした。 それでもサントリーが諦めなかったから、今ここにプレミアムモルツがあるのですよ」と。 ソニーの人からビールの話を聞かされるとは思わなかったけれどね(笑)。 創業から5年で上場し、時価総額はユニコーン(約1000億円)で……といった具合に。 株主が求めるし、社会も求めてしまう。 でも実はもっと長い目線で経営すべき? もりお・みのる 1939年生まれ。 63年東京大学工学部を卒業、ソニーに入社。 小型ビデオカメラ、ハンディカムのビジネスを牽引し、副社長、副会長を経て2004年にソニーから退任。 その後は沖電気工業や、横浜銀行を前身とするコンコルディア・フィナンシャルグループの社外取締役を歴任。 Photo by Y. 僕はそうだと思います。 そういうふうに僕らは育った、と言ったほうがいいかな。 盛田さん(共同創業者の盛田昭夫氏)は常々、「企業経営はマラソンだ」と言っていました。 隣の選手を気にして走っているようではいかん、自分のペースで走ればいい、と。 だから四半期ごとの決算開示なんて、本当はやめたほうがいい。 僕個人はそう思っています。 株主には情報が必要ではありますから、もっと簡略な開示内容にすればよいと思っています。 そうそう。 偉い人ほど短気な人が多いものですからね。 ただ、僕は、井深さん(共同創業者の井深大氏)や盛田さんの怒った顔を見たことがありません。 井深さんの面白い話を1つしましょう。 僕はずっと、開発部門にいたでしょう。 部門では次に何を開発するかという事業計画をつくる会議が毎年あるのですが、その会議をしていると、井深さんがふらっと入って来る。 そしてじっと20分ぐらい話を聞いて、ふらっと出ていくのです。 その時に言い残していくのですよ。 「君らがみんなで相談してあれかこれか、なんて言ったところで、イノベーションは起こせないよ」って。

次の