シャーリー テンプル レシピ。 シャーリーテンプルのランドセル ガーリーで人気!【2020年度・女の子のランドセル】

シャーリーテンプルのレシピを紹介!その名前の由来とは?

シャーリー テンプル レシピ

こんにちは。 4MIX COCKTAILです。 本日は、 ノンアルコールカクテルの「シャーリーテンプル」をご紹介致します。 シャーリーテンプル カクテルのネーミングは 、アメリカの ハリウッドの大女優で名子役でもあった 「シャーリーテンプル」の名前から付けられたノンアルコールカクテル。 ジンジャーエール (甘口タイプ)• レモン• タンブラーグラス (ロンググラス)• メジャーカップ• 氷 作り方• タンブラー(ロング)グラスに氷を入れる。 氷をグラスいっぱいに入れたら、適量のジンジャーエールをを注ぎ入れる。 次に、グレナデンシロップを20ml入れる。 最後にレモンスライスをグラスの中に入れたら出来上がり。 アルコール入りの「シャーリーテンプル」は、 カシスがベースとなっています。 こちらは関西方面のレシピで京都が発祥という説がありますが、真相はわかりません。 また、レシピはお店によって多少の違いがあります。 京都発祥? アルコール入り 「シャーリーテンプル」 レシピ• 私の場合、カクテルを習いたての時は、 アルコールの入ったシャーリーテンプルの方が、スタンダードだと最初は思っていました。 しかし、スタンダードなのは、 ノンアルコールの「シャーリーテンプル」の方だということを、後で知りました。 また見習いとして勤めていたBARのお店では、「シャーリーテンプル」のオーダーを通したとき、「アルコール入りの方?」って聞き返された記憶があります。 お酒の席で自分だけいつもソフトドリンクで気が引けるといった場面や、 デートなどの場面で、場の空気を壊すことなく、お楽しみ頂けるカクテルとして ぜひ、このノンアルコールカクテルを楽しんで頂きたいと思います。 それでは、また。 今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞ宜しくお願い致します。 By:.

次の

シャーリーテンプルのレシピを紹介!その名前の由来とは?

シャーリー テンプル レシピ

こんにちは。 4MIX COCKTAILです。 本日は、 ノンアルコールカクテルの「シャーリーテンプル」をご紹介致します。 シャーリーテンプル カクテルのネーミングは 、アメリカの ハリウッドの大女優で名子役でもあった 「シャーリーテンプル」の名前から付けられたノンアルコールカクテル。 ジンジャーエール (甘口タイプ)• レモン• タンブラーグラス (ロンググラス)• メジャーカップ• 氷 作り方• タンブラー(ロング)グラスに氷を入れる。 氷をグラスいっぱいに入れたら、適量のジンジャーエールをを注ぎ入れる。 次に、グレナデンシロップを20ml入れる。 最後にレモンスライスをグラスの中に入れたら出来上がり。 アルコール入りの「シャーリーテンプル」は、 カシスがベースとなっています。 こちらは関西方面のレシピで京都が発祥という説がありますが、真相はわかりません。 また、レシピはお店によって多少の違いがあります。 京都発祥? アルコール入り 「シャーリーテンプル」 レシピ• 私の場合、カクテルを習いたての時は、 アルコールの入ったシャーリーテンプルの方が、スタンダードだと最初は思っていました。 しかし、スタンダードなのは、 ノンアルコールの「シャーリーテンプル」の方だということを、後で知りました。 また見習いとして勤めていたBARのお店では、「シャーリーテンプル」のオーダーを通したとき、「アルコール入りの方?」って聞き返された記憶があります。 お酒の席で自分だけいつもソフトドリンクで気が引けるといった場面や、 デートなどの場面で、場の空気を壊すことなく、お楽しみ頂けるカクテルとして ぜひ、このノンアルコールカクテルを楽しんで頂きたいと思います。 それでは、また。 今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞ宜しくお願い致します。 By:.

次の

シャーリーテンプル ~ ガラナ・アンタルチカ | 館長の台所

シャーリー テンプル レシピ

5位 レッド・ソンブレロ 5位はリップグロスのように真っ赤な「レッド・ソンブレロ」。 特徴をひとことで表すなら、ずばり「THE トロピカルカクテル」です! 柑橘のサッパリとしたジュースを組合せ、ジンジャーエールですこし炭酸感を足します。 ゴクゴク飲みたくなる、甘酸っぱいノンアルコールカクテルです。 材料も手に入りやすいものが多く、自宅でも気軽に作れます。 色もキレイな赤色に染まり、ビジュアルもかわいいのがうれしいポイントです。 ライムジュースをジンジャーエールで割ったシンプルなノンアルコールカクテルです。 シンプルながらさっぱりとした味わいは、飲みやすさ抜群! ライムジュースやジンジャーエールを生果汁等のものに変えれば、 より本格的なオトナの味にすることもできます。 ライムスライスやミントの葉は無くてもよいですが、 あるとより香りが立ち、美味しさが増すでしょう。 料理にも併用できますし、同時に揃えることをオススメします。 色も綺麗ですなあ — ウサギさん Pyonnitiha レシピ ライムジュース 20ml シュガーシロップ 1tsp ジンジャーエール 適量 ライムスライス 1枚(あれば) ミントの葉 1枚 3位 シャーリーテンプル 3位も定番のノンアルコールカクテル「シャーリー・テンプル」。 1930年代に禁酒法が廃止になった際、「親がお酒を飲んでいる時に子供が飲めるものを…。 」 と開発されたのがこのカクテルなんです。 シャーリー・テンプルという名前は、当時活躍していた子役女優から取ったもの。 ザクロと砂糖から作られたグレナデンとジンジャーエールは、 ヒストリー通り、子供も「おいしい!」という飲みやすさ。 完成した時の色味がキレイなことも人気のポイントでしょう。 すりおろした生姜を入れると、ピリッとしたまたちがう味を楽しめます。 おいしい。 柑橘系をギュッと詰め込んでる為、柑橘系の味や香りが特徴的です。 グレープフルーツジュースを入れることにより、サッパリとした飲みやすい口当たりに。 すべてを混ぜるとキレイな黄金色になります。 夏に飲みたくなるノンアルコールカクテルです。 またグレナデンシロップを増やすと、 「レッド・プッシー・キャット」というノンアルコールカクテルに変わります。 プッシー・キャットと比べると、若干甘くなります。 こちらもレッド・ソンブレロやプッシー・キャットと同じ、柑橘系中心のサッパリしたものです。 ただ名前のかわいらしさから、ノンアルコールカクテルの中でも「つい頼んじゃう!」という女子は多いんです。 もし「ちょっと酸っぱい…」と感じたときは、 レモンジュースを減らすなどお好みに合わせて調整もできます。 ゆっくり飲めるロングカクテルに早変わりです。 シンデレラというものを頼んでみました。

次の