奈良 の 大仏。 奈良の大仏の大きさ・手つきには意味がある!

大仏の全て

奈良 の 大仏

745年 天平17年 、再び大仏つくりが始まりました。 みんなで大仏をつくろうという天皇の呼びかけによって、多くの人が物を寄付したり、土工や大工の仕事を手伝いました。 材木を寄付した人が5万人あまり、材木を切ったり、運んだりした人が166万人あまり、金・銀・銅・鉄などの金属を寄付した人が37万人あまりの金属を貼ったり、運んだりした人が51万人以上という、大勢になりました。 こうして、高さがほぼ15. 7メートル これは当時の長さで、今は約14. 8メートル の金銅の大仏ができました。 今の大仏殿は、1180年の源平合戦を初めとして、何度も火事に焼かれ、つくりなおされたものです。 もとの部分で残っているのは台座だけです。 台座の蓮の葉には毛彫 細い線を彫り込むこと でたくさんの大小のシャカの姿が、彫り込まれています。 大仏殿の前にある八角燈龍も、1200年前のものです。 大仏殿の高さは48メートル、奥行は50メートルで、今のものとその当時のものと、かわりませんが、間口は今の五〇メートルに対し、もとは87メートルありました。 また、大仏の前には、今は残っていませんが、高さ100メートルほどの七重の塔が、東西に2つ並んでそびえていました。 大仏つくりは大工事ですから、すぐに出来上がったわけではありません。 744年 天平16年 に工事をはじめ、745年に奈良の都でやり直し結局、八度鋳なおして6年めに鋳あがりました。 工事の終わり頃になって大仏の体に塗る金が足りなくなり、皆困ってしまいました。 ところが749年2月、陸奥国 宮城県遠田郡 から金が出ました。 天皇をはじめ、みな非常に喜び、年号を天平から天平感宝と改めました。 同じ年の7月、聖武天皇は位を皇太子に譲り、孝謙天皇が位につき年号も天平勝宝と改められました。 その7月に大仏が鋳あがったので、聖武太上天皇は光明皇太后・孝謙天皇とともに大仏を拝みました。 752年 天平勝宝4年 4月9日、大仏開眼会が、盛大に行われました。 これは大仏に眼を入れる、落成式の供養です。 開眼の日は聖武太上天皇・光明皇太后・孝謙天皇をはじめとして、多くの皇族や役人が式に参列し、1万人にものぼる僧が声をそろえてお経をよみました。 大仏殿の中や外には、美しい色とりどりの旗などがかけめぐらされ、いろいろな花が撒き散らされ、においのよい香が、どんどんたかれました。 インドからきた、ボダイセンナという人が筆をとって、大仏の像に眼をいれました。 儀式のあと、日本に古くからある舞やインドシナ・唐 中国 ・高麗 朝鮮 などから伝えられた音楽や踊りの数々が、催されました。 仏教が伝わってから、これほど盛んな儀式は無かったと、朝廷の記録にも記されています。 東の山辺を清み新鋳せる 慮舎那仏に花たてまつる 奈良の都の東の山辺が清い土地だというので、ここに新しく鋳た慮舎那仏に、花をたてまつる。 慮舎那仏は大仏をさす この歌は、六興寺の僧たちが開眼会を祝って朝廷に奉った歌です。 今の奈良の大仏は、高さ約14. 8メートル、顔の長さ約3. 219メートルで、重さ約443トンです。 これとよく比べられる鎌倉の大仏は1252年 建長4年 につくられました。 その高さは約11. 3メートル、顔の長さは約2. 3メートル、重さは約93. 75トンです。 1586年 天正14年 豊臣秀吉が京都に建てた方広寺の木像の大仏は、高さ19メートルあまりで、日本一の高さでしたが、1593年(文禄2年 の地震や、その後の火事で亡くなってしまいました。 外国でも大きな仏像がつくられました。 アフガニスタンのバーミヤーンの大断崖には、4、5世紀頃つくられた石仏立像があり、高さは53メートルもあります。 中国でも、雲岡石窟には17メートルと14メートルの石仏座像があり、敦煌石窟には32メートルという、東大寺の大仏の約2倍もの大仏があり、龍門石窟にも13メートルの石仏があります。 これらの石仏と違って、奈良の大仏は金銅仏としては世界最大級のものです。

次の

【奈良・鎌倉 大仏百科】

奈良 の 大仏

ねらい 大仏作りには高度な技術や260万の人々の力を集め、5年もの歳月を費やした事実を知る。 そのことから、聖武天皇の力や仏教を重んじる心を理解する。 内容 まず、山を削って平らにした土地をしっかりと突き固め、その上に木と竹で大仏の骨組みを作ります。 その上に土と石膏を塗り固めます。 これが大仏の原型となります。 表面に粘土で型を取り、すき間に高温で溶かした銅を流し込みます。 金属を溶かして型に流し込み物を作る技術を「鋳造」といい、中国大陸や朝鮮半島から伝えられました。 大仏のまわりには、銅を溶かす熱を保つための「たたら」という大きな装置が並び、大勢の人が足で踏んで動かしていました。 危険な作業です。 大仏は巨大なので、鋳造は8段に分けて下から順に進められました。 工事が始まっておよそ4年、銅でできた大仏の全身が完成しました。 次に直径1m高さ20mの柱を84本使って、巨大な大仏殿が作られました。 大仏の全身を金で覆います。 この作業にさらに5年がかかりました。 こうして10年の年月と260万人もの人々の力を集めて、大仏が完成したのです.

次の

【奈良の大仏に関する不思議】

奈良 の 大仏

奈良・東大寺の大仏と金 奈良・東大寺の大仏と金 背景 天平年間は、疫病(天然痘)や災害が多発した。 それで聖武天皇は、あちこちに遷都し、災いから脱しようとした。 同時に 聖武天皇は、全国に国分寺・国分尼寺を作り、奈良に大仏を作ることによって国を治めようとした。 政治との結合である。 奈良には、興福寺、薬師寺、唐招提寺など40以上の寺院が建てられた。 ちょうどこの時期は、のがいきずまり、 聖武天皇の天平15年(743)墾田永年私財法が発布された結果、新田開発熱は凄まじかった。 新田開発による税収が増えていく時期であった。 それが大仏造営の資金の一部になった。 一方、それによって開発された新田は、やがてとなっていく。 大仏造立のきっかけ 聖武天皇が大仏造立を発案したきっかけは、天平12年(740)河内国大県郡の知識寺に行幸し、盧舎那仏を拝んだ際、感銘を受けたことにある。 (続日本紀、天平勝宝元年(749)12月27日条)そして自らが盧舎那仏の造立を思い立った。 時あたかも九州大宰府で藤原広嗣が反乱を 起こし、鎮圧のため軍が派遣された1ヶ月後のことである。 伊勢国で鎮圧の報告を受けたが戻らず、美濃国、近江国、山背国に行った。 山背国相良郡で恭仁京(京都府加茂町)を作り始め、天平13年(741)全国に国分寺・国分尼寺を作る詔を下された。 天平14年(742)には、離宮として紫香楽宮(滋賀県甲賀市信楽町)を造営し始めた。 天平15年(743)10月15日、聖武天皇は、紫香楽宮の傍ら甲賀寺に廬舎那仏金剛像を造立する詔を出した。 その後、天平16年(744)2月、紫香楽宮から難波宮に移ったが、再び紫香楽宮に戻り、 天平16年(744)11月13日、甲賀寺で盧舎那仏の体骨柱の建立が行われる。 しかし天平17年(745)5月11日、聖武天皇は紫香楽宮から恭仁京を経て、平城京に戻った。 しかし再び難波宮に行く。 そこで病を得て、回復したのち、平城京に復帰したのである。 天平17年(745)8月23日、大養徳国(やまとのくに)・国分寺(金光明寺・後の東大寺)を整備し、大仏を作り始めた。 天平19年(747)9月29日、奈良東大寺で大仏の鋳造開始。 像高14.98メートル、重さ250トンである。 なぜ大仏に金が必要か なぜ、銅の大仏を金色にするかというと、大仏は「仏の32相」といって、人間にない能力を32持っている。 その中の一つに「金色相」があって、体を金色に放っている。 これはすべての人を平等に「光」すなわち救済する、教え・悟りに 導くということを意味している。 だから大仏は金色に鍍金乃至金箔を張って完成し、開眼供養が行われる。 より詳しく説明すると、大乗仏教では、多くの仏国土や仏世界が存在する宇宙論が展開される。 そうした宇宙論の一つに、 盧舎那仏が創造した蓮華蔵世界がある。 盧舎那仏はこの華厳経が説く蓮華蔵世界の中心的な存在で、盧舎那仏の仏身から 放たれる光が人々を救うとされてきた。 ちなみに日本で始めての本格的な寺・飛鳥寺の大仏を作る際、高句麗の王が黄金320両を送ってきた。 当時は、日本では 金が採れなかった。 今は目と額などしか残っていない。 当時日本は金を算出していなかった 当時日本は金を算出していなかったから、大仏に塗る金は、遣唐使を送って唐から調達する計画だったが取りやめとなった。 備前国宇佐郡にある広幡八幡大神に、唐への往還の平安を祈願したところ、(日本で金がでるから)唐に使者を出す必要はない、 という託宣があり、取りやめになったといわれている。 そして託宣通り、金が発見された。 このお礼で、天平21年(749)3月23日に陸奥から奉貢された黄金900両のうち、120両を八幡宮に奉献したという。 金の発見 ・ 東大寺要録によれば 東大寺要録に、「天平19年(747)9月29日始めて東大寺大仏廬舎那仏鋳造始まるも、 聖武天皇は、大仏に塗る金が不足していたので、悩んでいた。 そんな折、夢を見た。 それに従って、 琵琶湖の畔の景勝地・栗太郡勢多村にお堂(今の石山寺)を建て、如意輪観音並びに執金剛神像を安置して如意輪の法を修行したところ、 同年12月をもって下野国より金出来の由を奏聞するなり。 」とある。 ・ 今昔物語には また、今昔物語「聖武天皇始造東大寺語 第13」に、「聖武天皇は、奈良の大仏に塗る金が不足していたので、嘆き悲しんでいた。 (当時金は、まだ日本で産出されていなかった。 ) そこで、東大寺造営行事官(造営別当)を呼んで、 吉野郡の大山は金峯といい金があるという。 その金を分かち合うことはできないかといった。 宣旨を賜って良弁僧正が七日七夜祈ったところ、夢を見た。 その夢を夢を公に申し上げたところ、天皇は早速夢のようにするようにといった。 そこで、琵琶湖の畔の景勝地(栗太郡勢多村)にお堂(今の石山寺)を建て、良弁が如意輪観音を安置して金のことを祈ったところ、 程無くして、陸奥国、下野国(武茂)より砂を献上してきた。 鍛冶職人に精錬させたところ、黄金になった。 重ねて陸奥国へ取りにやったところ、大量に献上してきた。 その黄金で(奈良の)大仏を塗った。 あまりに多かったので・・・皆、塗り終わった。 」とある。 陸奥国の金 ・ 金の算出は、1年2か月後 下野国武茂で金が発見されてから1年2か月後の天平21年(749)2月、陸奥国小田郡(宮城県桶谷町にある延喜式内社黄金山神社付近)から 金の算出の報があった。 そして同年4月22日、陸奥守従3位百済王敬福から黄金900両が献上された。 日本国の正史「続日本紀」に書かれたのはそれが最初である。 同年4月23日、献上された900両のうち120両を宇佐八幡宮に奉献したという。 (扶桑略記) 120両の金は三つの金塊であり、神宝であったが、元歴元年7月6日、宇佐八幡宮領緒方荘の荘司である緒方惟栄、臼杵惟盛、佐賀惟憲らが 八幡宮を焼き討ちした時に持ち去り、惟憲は1個は、宇佐宮蒔絵の工人に命じ鞍に蒔かせ、残り2個はその後見つけ出し、現存しているという。 ・ 敬福は百済国の最後の国王義慈王の子孫 敬福は百済国の最後のの王子善光のひ孫です。 728年に陸奥介、 743年には陸奥守になりました。 陸奥の金の採取は、百済からもたらされた知識と技術によるものと考えられます。 ・ 武茂の金と陸奥国の金の扱いの違い 陸奥国では、天平21年(749)4月、陸奥国は、が3年間免除となった。 天平勝宝4年(752)、 「多賀城以北の郡のおいては、 金を庸・調物とする。 正丁4人につき1両とする。 」ということが打ち出されたが、 やがて、租税としての金は、人民が採取した砂金を、がその砂金を正官稲で買収して、 年貢として京に送る交易制に切り替わっていった。 交易制は、庸・調制とは別の原理で物資が調達される租税制度で、 律令制度 下における物資調達の二つの方法の一つであった。 そこで金の売買を取り扱う商人が現れた。 後年、の奥州行きに同行した金売り吉次は、 毎年奥州へ行き来する 金を扱う商人であったという。 一方、天平勝宝4年(752)から下野の砂金は、「採るのに公用の人夫を使い、その食料は正税(国司が管理する税)」を充てた。 つまり武茂の金の採掘は、官営であった。 奈良の大仏の金鍍金に必要な金の量 奈良・東大寺の大仏は金で塗られてあった。 のように金箔でなく金鍍金(メッキ)であった。 天平勝宝9年(天平宝字元年)(757)、鍍金が完了し、大仏は完成した。 下野国で金が見つかってから10年、 陸奥国で見つかってから8年後であった。 それに要した金は、10,446両と言われている。 なお、東大寺要録では10,436両である。 これに対し、「延暦僧録文」によれば「大仏本体(佛体)に用いられた金の量は、4,187 両である。 塗練金4,187両1分4銖を水銀に溶かし…」とある。 また「大佛殿碑文」によると、「大仏本体(佛体)に用いられた鍍金の量は、5,412 両」である。 このことから、「大仏本体」(佛体)に用いられた鍍金の量は、4,187 両か5,412両である。 大仏の金鍍金に必要は金を量をグラムに換算すると 両とグラムの関係は次の通りである。 ・ 大宝律令による大両と小両 一両が何gの当たるか、については、701年の大宝律令によると、1両=10匁=37.5gである。 しかし両には大両と 小両があった。 大両は小両の3倍。 つまり大1両は小1両の3倍だった。 大両は1両=37.5gであり、小両は1両=12.5gである。 これは唐制に倣ったものであった。 ・ 金は小両で、1両=12.5g そして大宝律令に「銀と銅の計量は大を用い、その他は小を用いよ」とある。 だが実際には、金は小、銀は大小混用、水銀は小、銅・錫・鉄は大を 用いていた。 したがって、金は通常は小の12.5gが1両として使われていた。 これに要する金は、金が見つかった栃木県那珂川町からも運ばれたと考えるのが自然であろう。 陸奥国と下野国から運ばれたの金はいかほどであったろう。 正確なところはわかっていないが、次のように考えることができる。 ・ 陸奥国の金の量 承歴4年(1080)水左記に、「陸奥の年貢350両のうち、150両を下野国に肩代わりして欲しい」とある。 ・ 下野国の金の量 下野国から朝廷に納める交易雑物(地方の特産物として中央に収めるもの)の中に、「…砂金150両、練金84両…」とある。 (延喜式) このことは、下野国の長官が朝廷に、毎年砂金150両、練金84両(計234両)を送っていることを示している。 あるいは逆に、10,420両しか集まらなかったから、10,446両ですべてをまかなったともいえよう。 陸奥国と下野国の割合は、8,080:2,340=78:22である。 大仏本体がどちらの金で、あるいはどんな割合で 鍍金されたかは、不明である。 アマルガム法で鍍金 アマルガム法で鍍金され、金10,446両、水銀58,620両がつかわれた。 約1:5の割合である。 アマルガム法は鍍金の一般的な方法である。 このときは、水銀の関係で銀色している。 金色になる。 (厚さ0.5ミクロン) 大仏完成に至る経緯 ・ 天平19年 (747) 9月29日 奈良東大寺(金光明寺)で大仏の鋳造が始まる。 ・ 天平勝宝元年(749)10月24日 大仏本体は完成。 ・ 天平勝宝3年(751) 4月 「東大寺要録」に966個とあるが実際は492個の螺髪完成。 ・ 天平勝宝4年(752) 3月14日 鍍金が始まる。 ・ 同年4月9日、大仏開眼供養。 大仏の鍍金は途中だったが、聖武天皇の健康上の理由で急いだので、 本来ならメッキが終えてから大仏開眼供養だが、鍍金の途中で開眼供養を行った。 ・ 天平勝宝8年(756) 聖武天皇没。 ・ 天平勝宝9年(757) 4月 鍍金が完了。 5年かけて鍍金が完了した。 大仏を作り始めて10年かかって完成した。 大仏の鋳造に要した材料と人数 熟銅(製錬銅) 739,560斤。 白め(鉛と錫の合金) 12,618斤。 錬金 10、436両。 水銀 58,620両。 木炭 16,656斛(こく)。 材木知識(大工) 51,590人。 役夫 1,665,071人。 金知識(鋳造関係の技術者) 372,075人。 役夫 514,902人。 (東大寺要録より) 御難 ・ 平重衡の南都焼き討ちで焼け落ちる 治承3年(1179)平清盛が後白河院を幽閉したとき、松殿基房が流罪となった。 興福寺はこれに反発し、反平氏となった。 そしては、から興福寺に向かって逃げた、 そのため、治承4年(1180)12月、平氏の平重衡の南都焼き討ちにあっている。 また、東大寺もに味方した。 そのため、興福寺同様、 焼き討ちにあっている。 「聖武天皇がご自身で磨き上げた金銅16丈の盧舎那仏の頭は焼け落ちて大地にあり、 ご身体は解けて山のような有様であった。 大仏は、鎌倉時代初期に再興し、建久6年(1195)後鳥羽上皇、、 北条政子らが出席して落慶法要が営まれた。 ・ 松永久秀により損傷 またの永禄7年(1564)三好長慶が病死すると、三好三人衆・ 筒井順慶と三好家の後継者義継を擁する三好家の重鎮松永久秀は、政権の主導権を巡って対立した。 永禄10年(1567)10月、松永は、三好三人衆軍の本陣がある東大寺を奇襲し、大仏殿が焼失した。 大仏は、胴体の下半身と台座の蓮華座を残して損傷した。 台座には蓮の花びらをかたどった蓮弁が28枚置かれ、 毛彫りにより宇宙の有様を表す「蓮華蔵世界」が彫られている。 この毛彫りは天平芸術の最高傑作と言われている。 その後、本尊盧舎那大仏は約120年間雨ざらしとなるが、元禄4年(1691)全身が再鋳造された。 頭、手など大部分はこの時に再鋳造されたものである。 元禄5年(1692)に「大仏開眼供養」が営まれた。 大仏殿は宝永6年(1709)完成した。

次の