カルボキシ ビニル ポリマー。 カルボマーとは…成分効果と毒性を解説

カルボキシビニルポリマー(部外品):Cosmetic

カルボキシ ビニル ポリマー

カルボン酸はプロトン供与体であるためであり、最も一般的な有機酸である。 最も単純なカルボン酸にはが生合成するや、の酸味成分であるがある。 カルボキシ基が2つある酸は、 、3つある酸は トリカルボン酸と呼ばれる。 最も単純なジカルボン酸はカルボキシ基同士が結合したである。 はカルボキシ基を6個有するヘキサカルボン酸である。 この他にも天然に合成される有名なものに(など)や(など)がある。 カルボン酸塩と カルボン酸エステルは英語では両方とも カルボキシラート carboxylate となるため注意が必要である。 カルボン酸がするとのカルボン酸陰イオンを作る。 カルボン酸陰イオンは共鳴安定化するためより酸性度が強くなる。 カルボン酸はの還元体またはアルキル化体とみなすことができ、特定の条件によりを行えば二酸化炭素を生ずることができる。 IUPAC命名法では、それぞれのカルボン酸の語尾の「-ic acid」を「yl」または「oyl」にして命名する。 命名法 [ ] 生物が作りだすカルボン酸、およびその塩は自然界に普遍的に見出すことができるので、物質としては有史以来親しまれてきた。 の時代以来、・命名されて来たのでのような慣用名を持つものが少なくない。 では、カルボキシ基をメチル基に置換したの語尾を「oic acid」とし命名する。 3 100. 5 2 78. 4 20. 2 118 3 97. 15 48 141. 1 4 117 85 163. 5 5 138 103 186-187 6 157 119-124 205 7 176 155 223 8 194—195 171 233—241 9 215 195 247—259 10 232. 9 207-209 269 主なカルボン酸の p K a H 2O 物質名 HCO 2H 3. 77 CH 3COOH 4. 76 CH 2ClCO 2H 2. 86 CHCl 2CO 2H 1. 29 CCl 3CO 2H 0. 65 CF 3CO 2H 0. 5 HO 2CCO 2H 1. 27 C 6H 5CO 2H 4. 2 カルボン酸はである。 が水素受容性、の供与性から挙動を示し、相補的な自己会合を行いを形成する。 溶解度 [ ] 炭素数の少ない 1-5炭素 カルボン酸は水に溶けやすいが、炭素数が多くなると疎水性のアルキル鎖が大きくなるため溶解度は低くなる。 炭素数が多いカルボン酸はやなど低極性溶媒に溶けやすくなる傾向がある。 沸点 [ ] カルボン酸は同炭素数のやよりは高い傾向にある。 これは、カルボン酸が二量体を形成することにより見かけの分子量が大きくなっているからである。 沸騰させるためには二量体の水素結合を引き離さなければならないため、蒸発に必要なは大きくなる。 酸性度 [ ] 極性溶媒中ではカルボキシ基のが電離して酸性を示すため、との塩を作りやすい。 = 臭気 [ ] カルボン酸やその揮発性誘導体の多くは強い悪臭を持つ。 例えばは食酢、は腐ったまたはの臭気を持つ。 しかしながら、任意のと縮合させたカルボン酸エステルは心地良い芳香を持つようになるためやとしての用途がある。 例えばは、はの芳香を持つ。 生体とカルボン酸 [ ] 生体において、炭素数4以上の直鎖カルボン酸は脂肪の成分であるためと呼ばれる。 言い換えると、脂肪は脂肪酸のトリグリセリドである。 したがって、炭素数が偶数の脂肪酸は普通に見られるが、炭素数が5()以上の奇数の脂肪酸は自然界では少数である。 また多種のカルボン酸から形成されるは、糖由来のピルビン酸をCO 2に分解しながらNADPH 2などを酸化的リン酸化経路に供給することで、生物のエネルギー代謝()の中核を担っている。 合成法 [ ] 一級カルボン酸は第一級やを強い(など)ですることによって得られる。 アルデヒドを基質とする場合には、を用いる手法もとられる。 (酸化に安定な)芳香族カルボン酸の場合、ベンゼン置換のをで直接カルボキシ基に酸化する方法がある。 エステルやアミド、ニトリル、酸無水物や酸ハロゲン化物を加水分解してカルボン酸を得ることもできる。 二級あるいは三級カルボン酸をシステマテックに合成する方法として、カルボキシ基の幹部分に相当するに二酸化炭素を吹き込む方法がある(は昇華した粉体のCO 2を固める為に相当量の水を含むのでこの目的では収率が劣る)。 あるいは特殊な場合はオレフィンの酸化解裂()によって生じるをすることでも生成できる。 不飽和脂肪酸のオレフィンが空気酸化で酸化解裂する現象は油脂のと呼ばれる。 電子豊富なベンゼン環は、 RuO 4 触媒による酸化反応で直接カルボン酸に変換できる。 、、などは、カルボン酸を与える反応である。 反応 [ ] カルボン酸は縮合反応などにより• などの種々のカルボン酸誘導体を形成し、ポリマーを初めとする産業上重要な鍵物質となっている。 また、脂肪酸トリグリセリドのアルカリ加水分解は石鹸(脂肪酸アルカリ金属塩)の製法であることからと呼ばれる。 (食品添加物 保存料) ヒドロキシ酸 [ ]• (2-ヒドロキシプロパン酸)• (2-ヒドロキシブタン二酸)• (2-ヒドロキシプロパントリカルボン酸) 芳香族カルボン酸 [ ]• (ベンゼンカルボン酸)(食品添加物 保存料)• (ベンゼン-1,2-ジカルボン酸)• (ベンゼン-1,3-ジカルボン酸)• (ベンゼン-1,4-ジカルボン酸)• (2-ヒドロキシベンゼンカルボン酸)• (3,4,5-トリヒドロキシベンゼンカルボン酸)• (ベンゼンヘキサカルボン酸)• (3-フェニルプロパ-2-エン酸) ジカルボン酸 [ ]• (エタン二酸)• (プロパン二酸)• (ブタン二酸)• (ペンタン二酸)• (ヘキサン二酸)• ( E -ブタ-2-エン二酸)• ( Z -ブタ-2-エン二酸) トリカルボン酸 [ ]• (2-カルボキシプロパ-1-エントリカルボン酸) オキソカルボン酸 [ ]• (2-オキソプロパン酸)• (2-オキソブタン二酸) カルボン酸誘導体 [ ]• 脚注 [ ].

次の

カルボマー/カルボキシビニルポリマー

カルボキシ ビニル ポリマー

[効能・効果] かゆみ、虫さされ、あせも、かぶれ、しっしん、じんましん、皮ふ炎、しもやけ、ただれ [用法・用量] 1日数回、適量を患部に塗布してください。 0g パンテノール・・・・・・・・・・1. 0g グリチルリチン酸二カリウム・・・0. 2g ベンゼトニウム塩化物・・・・・・0. 05g 添加物 グリセリン ヒフサールシリーズインドメタシン1. 液体 ヒフサール1. 但し塗擦部位をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。 なお、本成分を含む他の外用剤を併用しないでください。 クリーム ダイヤメルゾンクリームPV 20g がまんできない湿疹、かゆみ、皮膚炎に 皮膚患部でよく効き体内では低活性 ベタつかないさらっとしたクリームタイプ 成分・分量 1g中 ・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル・・・・・・・・1. 5mg ・クロタミトン・・・・・・・・・50. 0mg ・トコフェロール酢酸エステル・・・5. 0mg ・イソプロピルメチルフェノール・・1. 0mg 添加物 ミリスチン酸イソプロピル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、グリセリン、パラベン、カルボキシビニルポリマー、水酸化Na、塩酸 軟膏 ダイヤメルゾン軟膏PV 20g がまんできない湿疹、かゆみ、皮膚炎に 皮膚患部でよく効き体内では低活性 しっとりと密着する軟膏タイプ 成分・分量 1g中 ・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル・・・・・・・1. 5mg ・クロタミトン・・・・・・・・・50. 0mg ・トコフェロール酢酸エステル・・・5. 0mg ・イソプロピルメチルフェノール・・1. 0mg 添加物 トリエタノールアミン、クエン酸、ステアリン酸グリセリン、ワセリン 頭皮などのかゆみ湿疹 鎮痒消炎薬 ステロイド剤 液体 ダイヤメルゾンEX セルフメディケーション税控除対象 [効能・効果] 湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん [用法・用量] 1日数回、適量を患部に塗布してください。 液体 液体ダイヤメルゾンEX 30ml はやく止めたいかゆい頭皮湿疹に 炎症を鎮めかゆみを抑える べたつかない透明な液体タイプ30ml 手が汚れない患部へ直接塗れるピンポイント容器 成分・分量 1mL中 ・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル・・・・・・・・・・・・・・・1. クリーム ネクストクリーム BT2 30g 1 日1 回で効く水虫治療薬 ブテナフィン塩酸塩1.

次の

カルボキシビニルポリマー(部外品):Cosmetic

カルボキシ ビニル ポリマー

樹脂の柔軟性(Tg)、その他の物性の制御(共重合モノマーとして使う) 高分子を合成する時、1種類のモノマーのみで製品にすることはそれほど多くなく、様々なモノマーを共重合して、樹脂の堅さや溶剤への溶解性などの物性を求める性質に近づけるのが普通です。 カルボン酸ビニルは、このような改質モノマーとして非常に有用なものです。 このような「堅い」ポリマーを作るようなモノマーを共重合することで、温度を上げても軟らかくなりにくい樹脂を得ることができます。 逆に、ラウリン酸ビニルのような直鎖脂肪族のカルボン酸ビニルからは、常温でも流動性のある樹脂が得られます。 このような「軟らかい」ポリマーを作るようなモノマーを共重合することで、温度を上げなくても軟らかい「内部可塑化された」樹脂を得ることができます。 (Tg:Grass Transition Temperature)・・・ガラス転移温度ともいい、高分子物質がガラス状の堅い状態から柔軟性のある状態に変わる時の温度。 同様の反応はカルボン酸のメチルやエチルなどのエステルを使っても可能ですが、この場合副生物のメタノールやエタノールが反応系内に留まりやすく、途中で反応が平衡に達してしまう場合があります。 カルボン酸ビニルを用いた場合は、ビニル基が沸点の低いアセトアルデヒドとなって脱離するため反応系外への除去が容易で、反応を最後まで効率的に進めることができます。 反応自体は非常に簡単なので、ビーカースケールから工業レベルの反応まで幅広く使われています。 問題点は、片方を選択的に取り出す反応なので、普通に行なうと最大収率が50%となってしまうことですが、残りを簡単に再ラセミ化できる場合や、製品が高付加価値な場合には非常に有用な反応といえるでしょう。 光硬化・架橋反応への利用 近年、紫外線やガンマ線・電子線などの高エネルギー線による反応が注目されています。 単に光によって重合を開始するのみでなく、架橋などの反応も注目されています。 熱を反応の起点に使用しないため、熱による体積変化が非常に少ないのが特徴です。 接着剤を例に挙げて説明すると、従来型の接着剤では硬化反応に加熱を必要としたり、反応で発熱したりして、熱による体積膨張や冷却時の体積収縮で接着樹脂そのものが割れたり、接着剤と基材との間で剥離が起こったりする場合がありました。 それに対し、光硬化反応では加熱による体積変化が起こらないため寸法安定性に優れており、電子材料の接着など寸法安定性を要求される部分で使われています。

次の