あま に あぶら。 亜麻仁油食べ方|正しい食べ方やレシピを紹介!

亜麻仁油が持つ健康効果と副作用のリスクとは?

あま に あぶら

スポンサーリンク 花粉症対策を色々やっているです。 ずっと付き合っていくものですが、少しでも症状を軽くしたいので色々試しています。 今回は『亜麻仁油 あまにあぶら 』という油で花粉症の症状を抑制できるという情報を入手したので早速試してみました。 こちらも参考にどうぞ まずは亜麻仁油 あまにあぶら について調べた情報を紹介していきます。 そもそも亜麻仁油 あまにあぶら って何なのか? 亜麻仁油とは、成熟した亜麻の種子から得られる、黄色っぽい乾性油(空気に触れると固まる油)の事をいいます。 【原産国】 ・ニュージーランド、カナダ、イタリア、フランス、中国、韓国など ・日本で商業的に栽培しているところは北海道 ・ニュージーランドやカナダはオーガニック文化が根付いている国なので、無農薬栽培で品質・安全性が高い 【品種】 ・亜麻仁油の原料となる亜麻種子には、「ブラウン種」と「ゴールデン種」の2種類がある。 「ブラウン種」…古来から栽培されている在来品種で、亜麻独特の風味が楽しめる。 未精製であれば茶色~オレンジ色。 「ゴールデン種」…品種改良によって生まれた比較的新しい品種で、クセが弱く食べやすいのが特徴。 黄金色。 ・どちらも栄養価は変わらず。 あまに油のクセが苦手な方はゴールデン種の方がおすすめ 亜麻仁油 あまにあぶら の効能-メリット- ・「アレルギーによい」「骨粗鬆症によい」「糖尿病によい」「心血管疾患によい」「ガンによい」などと言われている。 ・便秘に対しておそらく有効であるといわれ、ドイツでは慢性の便秘、過敏性腸症候群、腸炎などに対しての使用を承認している。 その他の効果については一定の科学的根拠が得られていない。 ・ダイエット、中性脂肪の低下、花粉症、アレルギー、不妊、認知症予防への効果もうたわれている ・家族の健康・子供の成長・アンチエイジングにも良い ・食べる美容液とも言われている メリットだけ見ると摂取しない理由は一切ありませんよね。 笑 亜麻仁油 あまにあぶら のでデメリット ・安全性については、食品に含まれる量を摂取する場合、おそらく安全であるが、妊娠中の摂取は危険性が示唆されている。 ・授乳中については十分なデータがないため、摂取を避けた方がいいという意見も。 ・日本では妊娠中、授乳中の摂取を勧めるサイトもある。 現に妊婦が愛飲している口コミも多数。 産婦人科の医師に相談した方がいいかも。 ・アマニ油によるアナフィラキシー反応の報告がある。 ちょっと刺激が強い成分が入っているので妊婦さんや乳幼児は気をつけた方がよいらしいです。 摂取する量を用法容量を守らないといけないですね。 臭いも少なく、開封後の酸化も気にしないで使えるので使い勝手が良さそうです。 実際にうちで使っている亜麻仁油はこれ 非常に長くなりましたが、ここからが本題です。 亜麻仁油 あまにあぶら ですが、結構クセのある風味なので私は納豆に混ぜて摂取しています。 納豆1袋にスプーン小さじ1杯程度の亜麻仁油 あまにあぶら を注いで混ぜるだけです。 後はご飯と一緒にいただくだけで摂取できます。 ただし、亜麻仁油 あまにあぶら を入れると納豆の香りがかなり抑制されるほどクセがあるので、サラダなどにかけて食べるのは好き嫌いがハッキリでるかもしれません。 私の場合は、数日摂取するように心がけたら鼻の痙攣や喉のイガイガがだいぶ抑制されました。 薬を毎日飲むよりも花粉の飛散量が多少少ない場合は薬を控えて様子を見るのも一つの手段かと思います。 亜麻仁油 あまにあぶら は熱に弱いので火を通すと普通の油になってしまうので調理はせずにそのままで食べられる方法がオススメです。 一日の摂取量はティースプーン1杯~大さじ1程度まででそれ以上摂取しても効果は期待できないそうです。 亜麻仁油(アマニ油)独特の風味・味が苦手な方には、サプリメントタイプもあるのでそちらを試してみてもいいかもしれませんね。 価格はピンキリで安いのもあれば、高いものもあります。 私の場合は安くて効果がないと本当に困るのでそれなりなものを購入しました。 ・添加物、保存料等を一切加えておりません。 ・低温圧搾未精製(ていおんあっさくみせいせい) 低温で圧搾されているのでトランス脂肪酸を含まない。 ・黒ボトル(遮光性) 太陽光・蛍光灯などの光から油を守る。 油は光で酸化してしまう。 ・有機JAS認定 無農薬・有機栽培(オーガニック)で作られているので農薬の心配がない ・スッキリとした味わい 亜麻仁油独特の風味が苦手な方にオススメ。 価格はちょっと高いですが、実際に摂取してみて効果が期待できるので継続して使い続けようと思っています。

次の

アマ (植物)

あま に あぶら

私たちの身の回りには、さまざまな種類のアブラが存在しますが、その中で、いま日本人が一番とるべきアブラがあります。 それは魚油や、えごま油など「オメガ3脂肪酸」と呼ばれるグループのアブラ。 かつて日本人は魚でオメガ3を十分にとっていました。 しかし近年は、食の欧米化もあって摂取量が減少。 実はそのことが、心筋梗塞などの病気のリスクにつながることが、さまざまな研究から分かってきたのです。 でも毎日のように魚を食べるのはなかなか大変。 そこで番組でおすすめしたのは、オメガ3系のアブラである「えごま油」や「アマニ油」などを1日スプーン1杯、毎日の食事に取り入れるという方法。 するとアブラの摂取バランスがよくなり、私たちの体にさまざまな健康効果を与えてくれると注目されているんです。 オメガ3脂肪酸は、寒いところに住む生物が多く持っているとされ、動物系では水中に住む魚の油やアザラシ油、植物系ではえごま油やアマニ油、インカインチオイルなどに多く含まれています。 番組では、なかなか普段から魚を多く食べられないという人たちに、えごま油やアマニ油などを1日小さじ1杯分摂取することをおすすめしました。 これらの油は無味無臭のものが多く、ふだんの料理にかけて、違和感なく食べることができます。 実験に参加してくださった人たちの中では、ヨーグルトや味噌汁、コーヒー、納豆、ほうれん草のおひたしや、サラダなどにかけている人が多かったです。 また無味無臭なので、そのまま飲むという人もいました。 何にかけるかはあなた次第!ですが、気をつけてほしい点もあります。

次の

アマ (植物)

あま に あぶら

概要 [ ] 2010年(平成22年)3月22日に、、の3町合併により愛知県内37番目の市として誕生。 愛知県の平成の大合併最後の合併である。 2009年(平成21年)7月24日の第8回合併協議会において、6点の名称候補の中から、協議会委員全員投票を行った結果、難読の郡名である「海部」をひらがなに直した「あま市」を市名とすることに決定した。 七宝地区では、末期から地場産業であるによる工芸品の製造が盛んであり、指定の伝統的工芸品にも指定されている「尾張七宝」が有名である。 美和地区では、やを始めに活躍した武将を多く輩出している。 甚目寺地区では、国の重要文化財5件を有するの一つで有名なや、国内で唯一の神様が祀られていることで知られるなど古くからの社寺が散在している。 地場産業であるは期の1970年(昭和45年)には、生産量で日本一となった。 1973年(昭和48年)には、甚目寺地区の刷毛生産高は全国の7割を占めていた。 地理 [ ] あま市北部一帯の空中写真。 画像右側が旧甚目寺町地区、画像左側が現あま市役所のある旧美和町地区。 1987年撮影の6枚を合成作成。 を基に作成。 市内のほぼ全域がで、地形は比較的平坦である。 に位置し農業を中心にとして発展してきたが、の西に隣接し、まで約15分であることから名古屋市のとしても発展している。 が市の中央を横断し、が南北に縦断している。 市内のほぼ全域で宅地開発が盛んになり、人口が増加傾向にある。 地形 [ ] 河川 [ ] 主な川• 蟹江川• 福田川 気候 [ ] 気候はであり、は高温多湿で蒸し暑い。 は乾燥した晴天の日が多く、という乾燥した冷たい風が吹いて体感温度が北日本並みに低下する日もあり、稀に20センチメートルを超える積雪に見舞われることもある。 あま市の月別降水量(mm) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年合計 2012年 33. 0 103. 0 137. 5 174. 0 67. 5 231. 0 191. 0 74. 5 266. 5 105. 0 70. 5 29. 0 1,482. 5 2013年 30. 0 105. 5 48. 5 146. 5 72. 5 184. 5 110. 5 86. 5 335. 0 221. 5 50. 0 55. 5 1,446. 5 2014年 35. 5 105. 5 121. 5 122. 0 148. 0 43. 5 111. 5 200. 5 144. 5 155. 0 95. 0 75. 0 1,357. 5 2015年 98. 5 27. 0 126. 0 113. 5 108. 5 216. 5 216. 0 341. 0 257. 0 49. 5 135. 0 99. 5 1788. 6 3. 4 7. 5 13. 5 18. 4 21. 7 26. 6 28. 0 25. 2 18. 4 10. 8 4. 8 15. 2 2013年 3. 3 4. 0 9. 9 13. 5 19. 2 23. 6 27. 9 29. 1 24. 6 19. 9 11. 4 6. 3 16. 1 2014年 4. 3 5. 0 8. 8 14. 2 19. 2 24. 0 27. 0 26. 9 23. 1 18. 6 131 5. 3 15. 8 2015年 4. 9 5. 3 9. 3 14. 9 21. 0 22. 2 26. 6 27. 9 22. 8 17. 9 14. 0 9. 2 16. 3 地域 [ ] 鎌倉時代は、『』によると「(夜陰に市腋といふ處に泊る。 前を見おろせば、海さし入りて、河伯の民、潮にやしなはれ。 )市腋をたちて津島のわたりといふ處、舟にて下れば(中略)渡りはつれば尾張の國に移りぬ。 (中略)萱津の宿に泊りぬ。 」とあり、この当時は、地区の萱津辺りから尾張国であったと考えられている。 旧七宝町 [ ] 町制時の大字にそれぞれ「七宝町」を冠称している。 (旧)• (旧萱津村)• (旧萱津村)• 森(旧)• 方領(旧)• 石作(旧春富村)• 小路(旧春富村)• (旧)• 栄(旧、東今宿より改称)• (旧) 土地利用 [ ] 2015年1月1日現在の地目別面積は以下の通り。 あま市の土地利用面積(単位:km 2) 行政区域 農用地 宅地 池沼 森林 原野 雑種地 その他 田 畑 25,571 7,364 2,485 9,084 8 3 11 2,117 4,498 人口 [ ] 2015年3月31日時点で、総人口は88,170人で総世帯数は34,950世帯である。 人口は西尾張では、、に次ぎ4番目、海部地域では最も多く、男女別では、男性43,989人、女性44,181人である。 外国人人口は1,724人。 は71,148人で、昼夜間人口比率は82. (、)• 海部郡 歴史 [ ] 古代 [ ] 市内では、以降のが数多く発見されており、これらの遺跡は河川により形成されたと上に存在している。 遺跡の分布をみると、弥生時代〜古代〜中世と時代が下がるにつれて、あま市北方から南方へ人々の生活範囲が広がっていることがわかった。 弥生時代後期の遺跡として阿弥陀寺遺跡・森南遺跡が挙げられ、これらの遺跡では発掘調査が行われ住居跡・井戸跡や大量のが発見された。 特に、阿弥陀寺遺跡においては、であることがわかった。 には、と推定される二ツ寺神明社古墳が出現するが、被葬者はわかっていない。 同古墳西方には、同時期の集落と思われる蜂須賀遺跡が推定される。 〜の史跡としては、甚目寺遺跡や法性寺跡・清林寺遺跡・篠田廃寺といった古代寺院が挙げられる。 なかでも甚目寺地区にある甚目寺遺跡・法性寺跡・清林寺遺跡の3寺院は、の文様などから密接が関係があったとされる。 その建立時期は、遺跡の状況からでも比較的古い時期(後半)である大渕遺跡は、甚目寺・法性寺・清林寺の各寺院の創建期に関係があるとされる。 この他にも市内各所から片や・中世陶器などが発見されている。 甚目寺観音のはじまり [ ] の起源は、記録に見るかぎり元年(1264年)の「文永甚目寺縁起」(古縁起)にある。 それによると5年()甚目村(現・)の漁師の甚目龍麻呂が漁をしていたところ、網にかかったを引き上げた。 観音像は金色の金銅仏であるで、龍麻呂は引き上げた観音様を祀るを建てたことが甚目寺観音の始まりとされる。 この観音像は、のであるとも記されている。 甚目という苗字は『』や『』にもあって、『正倉院文書』には奈良時代の6年()にに「甚目氏」の記述が見られる。 さらに『日本三代実録』にはの6年()にに「甚目氏」の記述がある。 このことから「甚目氏」と甚目龍麻呂との直接的な因果関係はわかっていないが、「甚目氏」は甚目寺観音周辺に遅くとも奈良時代以降には居を構えており、都の記録に登場するほど有力なであったことがわかっている。 中世 [ ] 、幕府の所在地であるから全国へ放射状に広がる道である、いわゆるの従来が激しさを増すと、そののひとつであるにおいても多くの人々や物資が行き交うようになった。 こと萱津は、との合流地点で、さらにからを経由して萱津につながる西の道との接点でもあり、まさに水陸の合流点と立地的に恵まれた土地であり、尾張の政治経済の中心地のひとつとして栄えた。 幕府の高官をはじめ多くの旅人が萱津宿に立ち寄り、などにその記録を残している。 編年で紹介すると以下の通りである。 2年() - 北条時政、頼朝の派遣した関東御使と会う(『』)• 6年() - 京都から鎌倉への帰途、将軍頼朝が宿泊(『吾妻鏡』)• 2年() - 市腋、津島を経て宿泊(『』)• 元年() - 将軍藤原頼教宿泊(『吾妻鏡』)• 3年() - 市が開かれた様子を綴る(『』)• 4年() - 将軍宗尊親王宿泊(『吾妻鏡』)• 2年() - 阿仏尼、鎌倉へ向かう途中に立ち寄る(『』)• 弘安3年() - 飛鳥井雅有宿泊(『春能深山路』)• 弘安6年() - 一遍ら甚目寺にて断食行法(『』) およそ100年の間に少なくとも4人の将軍が萱津に宿泊するなど、時の権力者を、迎え入れるほど、萱津は宿場として立派に機能していたことがわかる。 『吾妻鏡』の建久6年(1195年)の記事によれば、が萱津宿に立ち寄り、ここで尾張守護の接待を受けたことが記され、同書には引き続き4代将軍の、6代将軍のが〜鎌倉従還の際の宿泊所として利用したことが記されていることからも、萱津宿は尾張を通る鎌倉街道の宿場のなかでも、重要な位置をしめていたことが推察できる。 近世 [ ] では、、をはじめ、蜂須賀正勝の実子の、そして福島正則の実弟のが城持ちとなっている。 この他にも大名にまでは至らないものの、福島正則の参謀として名高い福島丹波や、赤林孫七郎など戦国時代に活躍した武将を多く輩出している。 、尾張の政治経済の中心地は下津からへと移り、萱津はこれまで通り宿場としての機能を果たすが、戦国時代に合戦場として登場する()。 その戦いについて『安土創業録』を見ると、20年()がを倒し清洲城を奪うや、に在城する信長は、その仇を討つべく出陣、稲葉地より川を越え、萱津の民家を放火せしめた。 そこへ清洲城より織田信友勢が打ち出し合戦となった、とある。 結果は信長軍の勝利に終わるが、この戦いは詳しくは記されていない。 この戦いは僅か数時間のもので『』には「海津(萱津)口へ御かかり候。 八月十六日辰の刻、東に向かってかかりあい、数刻火花を散らし相戦い」と出てくるのみであった。 近現代 [ ] 尾張七宝のはじまり [ ] 尾張七宝 この地方でが作られるようになったきっかけは、末期の4年()、によってもたらされたといわれている。 梶常吉は、3年()、尾張藩士梶市右衛門の二男として生まれ、5年()、服部村(現在の)に移り住み、鍍金業を営んでいたといわれている。 あるとき、七宝焼のことが書かれた本がきっかけで七宝焼に興味を持って独学で研究するが、その仕組みを知ることはできなかったが、常吉は天保3年()に名古屋市の骨董商松岡屋嘉兵衛の店先でオランダ船が運んできたという七宝焼を入手し、砕いてその仕組みや原料を分析した。 研究を重ねてや筆立て、などの小物類を製作した。 これが尾張地方における近代七宝のはじまりといわれている。 海東郡遠島村(現在のあま市七宝町遠島)の農家に生まれた林庄五郎は、3年()に梶常吉から七宝焼の製法を学び、同じ村の人々に伝えた結果、この地域で七宝焼の製造が盛んになった。 あま市の発足 [ ] 昭和 28年の「町村合併促進法」と、続く「新市町村建設促進法」によって全国で町村合併が推進された。 これに伴い、昭和29年に甚目寺町は名古屋市へ合併を働きかけるが、名古屋市の巨大化を懸念する愛知県がこれに反対し、この合併を認めなかった。 愛知県はこの地域の合併試案として甚目寺町とで一つに、美和村、七宝村、での合併を推進していた。 昭和31年、美和村が甚目寺町に合併を申し入れるが、合併方法を巡る双方の食い違いもあって議論は6ヶ月にわたって行われるも合併には至らなかった。 一方で七宝村と大治村の合併話も浮上したが、こちらも合併には至らずに現状維持となった。 平成 2008年(平成20年)5月1日には、七宝町・美和町・甚目寺町・大治町の4町で「海部郡東部四町合併研究会」を設置。 2008年(平成20年)11月5日の大治町の離脱により「海部郡東部四町合併研究会」は解散。 それに代わって2008年(平成20年)11月に「七宝・美和・甚目寺町合併研究会」で合併研究会を設置。 2009年(平成21年)4月に法定合併協議会へ移行。 7月の第8回合併協議会において、6点(西名古屋市、名西市、海部市、海東市、あま市、西尾張市)の名称候補の中から、旧3町の住民へ募集を行い最も多かった名前が「名西市」だったが、その後の合併協議会委員の選考で、「あま」という名前を残したいという理由で投票を行った意味がなくなり、最も投票数が少なかった「あま市」に決定。 2010年(平成22年)3月22日、 あま市が誕生した。 沿革 [ ]• - 、、、、、、甚目寺村、、、、、、が発足。 - が発生。 - 海東郡宝村、井和村、伊福村が合併し海東郡が発足。 海東郡正則村、蜂須賀村、篠田村が合併し海東郡が発足。 海東郡甚目寺村、萱津村、春富村、新居屋村、森村、東今宿村、白鷹村が合併し海東郡が発足。 - 海東郡甚目寺村の廻間地区をに編入。 - と海東郡が合併して海部郡となる。 - (現・)津島線(現・)〜新津島駅(現・)間が開業。 - 甚目寺村が町制施行され、 となる。 - 甚目寺町の土田地区と上条地区を清洲町に編入。 - 清洲飛行場が建設される。 - 美和村が町制施行され、 となる。 - による被害を受ける。 - 七宝村が町制施行され、 となる。 - (現在の)が開通。 - による被害を受ける。 - 七宝・美和・甚目寺町合併協議会を設置。 3月22日 - 海部郡七宝町、美和町、甚目寺町が合併して あま市が誕生。 9月23日 - 市章制定。 11月22日 - の試行運行を開始。 12月13日 - 市の花()・市の木()を制定。 初代 (2010年4月19日 - 3期目) 財政 [ ] 2015年度(平成27年度)当初予算 一般会計 264億800. 0万円 (前年度対比4. 2%増) 特別会計 198億304. 5万円 (前年度対比11. 6%増) 企業会計 75億4,337. 8万円 (前年度対比34%減) 全会計 537億5,442. 3万円 (前年度対比1. 4%減) 市役所 [ ]• 本庁舎• 甚目寺庁舎• 七宝庁舎 - 2018年1月4日より機能停止している。 甚目寺総合体育館 警察 [ ] 本部• (津島市)が管轄。 幹部交番• 甚目寺幹部交番 交番• 美和交番• 七宝交番• 甚目寺南交番 駐在所• 伊福駐在所 消防 [ ] 本部• - 東部一市一町(あま市・で構成)で設立された一部事務組合。 消防署• 北分署 医療・福祉 [ ] 病院 [ ]• (旧名称:公立尾陽病院)• 医療法人宝会 七宝病院• 医療法人和合会 好生館病院 福祉施設 [ ]• 甚目寺総合福祉会館• 七宝総合福祉センター• 美和総合福祉センターすみれの里• 甚目寺老人福祉センター• 人権ふれあいセンター• 本郷憩の家• 森憩の家• 新居屋憩の家 文化施設 [ ] 会館・公民館 [ ]• - 大ホール収容人員709人(車イス5席、親子席4席)• 七宝産業会館• 甚目寺産業会館• - 大ホール収容人員805人(車イス3席)• 美和公民館• 七宝公民館 図書館 [ ]• 1979年には美和町中央公民館の開館にともなって公民館図書室が開館。 1994年7月12日には美和町文化会館・図書館内に図書館が開館。 2010年には3町の合併にともなってあま市美和図書館に改称。 図書館部分の延床面積は753. 84平方メートル。 2014年度の蔵書点数は121,327点、貸出点数は210,194点、1人あたり貸出点数は2. あま市美和図書館のほかには、七宝公民館読書室と甚目寺公民館図書室がある。 資料館 [ ]• (2019年3月31日をもって閉館し解体) 郵便局 [ ] 主な郵便局• 美和郵便局• 七宝郵便局• 甚目寺本郷郵便局• 甚目寺西今宿郵便局• 美和篠田郵便局• 富塚郵便局• 伊福簡易郵便局 郵便番号 郵便番号は以下の通りとなっている。 :旧甚目寺町の区域(490-11xx)• 美和郵便局:旧美和町の区域(490-12xx)• :旧七宝町の区域(497-00xx) 公園 [ ]• リバーサイドガーデン• 森ヶ丘公園• 二ツ寺親水公園• アートヴィレッジふれあい広場 運動施設 [ ] 体育館 [ ]• 七宝総合体育館 グラウンド [ ]• 七宝グラウンド• 七宝鷹居グラウンド• 美和グラウンド• 蜂須賀グラウンド• 森グラウンド• 森遊水地グラウンド テニスコート [ ]• 七宝テニスコート• 美和テニスコート• 甚目寺テニスコート 対外関係 [ ] 姉妹都市・提携都市 [ ] 海外 [ ] フレンドシップ相手国 に開催された愛知万博で、愛知県内の市町村 名古屋市を除く。 が120の万博公式参加国をそれぞれ「一市町村一国フレンドシップ事業」としてフレンドシップ相手国として迎え入れた。 その他• それぞれの都市の居住者の健康を守り、また生活の質の向上のために取り組む複数の都市のネットワークである。 国内 [ ] 提携都市• () (平成27年) 災害時相互応援協定 経済 [ ] 第一次産業• 産業産出額:17. 4億円 第二次産業• 製造品出荷額:1,353億円 第三次産業• 年間販売額:599億円• 年間販売額:462億円 農業 [ ] 農業協同組合 [ ]• 甚目寺支店• 七宝支店• 伊福支店• 美和支店 商業 [ ] ヨシヅヤ甚目寺店 主な商業施設• 甚目寺店• 甚目寺店• 甚目寺店• 甚目寺呉服館• 七宝店• 木田店• 甚目寺店• 甚目寺店• 甚目寺西店• 甚目寺南店• 七宝店• 美和店• 甚目寺森店• 七宝店• 甚目寺森店• 美和店• 七宝店• 愛知甚目寺店• 甚目寺店• 新居屋西店• 甚目寺森店• 甚目寺小路店• あま甚目寺店• ヨシヅヤ甚目寺店• あま市甚目寺店• 甚目寺店• ピアゴ甚目寺店• 美和店• 甚目寺店• 七宝町店• 甚目寺店• 甚目寺店• 甚目寺店• ニッケタウン甚目寺 金融機関 [ ]• 美和支店• 甚目寺支店• 七宝支店• 美和支店• 甚目寺支店• 尾張新川支店 甚目寺出張所• 七宝支店• 美和支店(廃止)• 甚目寺支店• 七宝支店• 美和支店• 甚目寺支店 あま市に本社を置く主な企業 [ ]• トレードワン• 中日本炉工業• 愛知刷毛刷子商工業協同組合• 七宝町七宝焼生産者協同組合• エイビス• 三光製作所• 河村産業所• 井村食品• 三鷹金属工業• セントラルヨシダ• 堀田萬蔵商店 あま市に事務所を置く主な企業 [ ]• 電設事業本部• 名古屋支店• 株式会社海部清掃 RCセンター• 名古屋工場• 名古屋工場• 中部支社• 中部支社• 甚目寺営業所• 甚目寺工場• 旭金属株式会社 名古屋工場• 名古屋西SSC• 中部支社• 名古屋工場• タンゲ化学工業株式会社 甚目寺工場• 七宝工場• 美和技術センター• 池戸製作所 甚目寺工場• 事業所• 甚目寺本部工場• 本部営業所• スタジオACE1• あま営業所• 名古屋本店• RA名古屋営業所• ビジュアル営業所名古屋事務所 マスメディア [ ] 送信所 [ ]• 教育 [ ] 高等学校 [ ] 公立• 七宝キャンパス(体育館、グラウンド) 中学校 [ ]• 小学校 [ ]• 幼稚園・保育所 [ ] 市立保育所 [ ]• 七宝北部保育園• 正則保育園• 篠田保育園• 昭和保育園• 聖徳保育園• 萱津保育園• 新居屋保育園• 五条保育園• 大花保育園 私立保育所 [ ]• 七宝こども園• ひかり保育園• 美和保育園 幼稚園 [ ]• 青山幼稚園• 木田幼稚園• 七宝幼稚園• 甚目寺幼稚園• 中川幼稚園• 明和幼稚園 児童館 [ ]• 七宝児童館• 美和児童館• 甚目寺中央児童館• 甚目寺南児童館• 甚目寺北児童館• 甚目寺西児童館 交通 [ ] 鉄道路線 [ ] あま市巡回バス• ・栄() - (安松経由) - 大坪・津島• 名鉄バスセンター - (岩塚経由) - 大坪・津島• 北部巡回ルート(美和・甚目寺)• 南部巡回ルート(美和・七宝)• 東部巡回ルート(甚目寺)• あま市民病院巡回バス• 日赤午前コース• 萱津橋西 - - 大治町スポーツセンター - 甚目寺駅• 日赤午後コース• 甚目寺駅 - 萱津橋西 - 名古屋第一赤十字病院 - 萱津橋西• 森コース• 方領 - 森憩の家北児童館 - 森5丁目 - 新居屋 - 甚目寺駅• 美和第1コース• 七宝駅 - 木田駅 - 蜂須賀 - 美和保健センター - 二ツ寺住宅 - 甚目寺駅• 美和第2コース• 苅屋橋 - 七宝焼アートヴィレッジ - 乙之子 - 金岩 - 甚目寺駅• 七宝・大治コース• 伊福 - 七宝市民サービスセンター - 西條 - 新大正橋西 - 大治町役場 - 甚目寺駅 停留所はないものの、が旧七宝町域を通過している。 稲沢市のでが開催される際には、定期路線ではない稲沢市方面への路線があま市内からまで臨時運行される。 道路 [ ] 甚目寺北IC 高速道路• (清須市) - 19 - 20 - (海部郡大治町)• (名古屋市中川区) - 24 - (海部郡蟹江町) 一般国道• () 主要地方道• 一般県道• ナンバープレート [ ] あま市には名古屋ナンバー()が割り当てられている。 文化 [ ] 文化財 [ ] あま市には、国指定6件、愛知県指定11、あま市指定15件の指定文化財があり、国登録文化財2件がある。 重要文化財(国指定) [ ] 種別 名称 所有者 指定(登録)年月日 所在地 建造物 甚目寺南大門 甚目寺 1900年(明治33年)4月7日 あま市甚目寺 建造物 甚目寺三重塔・東門 甚目寺 1953年(昭和28年)11月4日 あま市甚目寺 絵画 絹本著色不動尊像 甚目寺 1901年(明治34年)3月27日 絵画 絹本著色仏涅槃図 甚目寺 1901年(明治34年)3月27日 東京国立博物館 彫刻 木造愛染明王坐像 甚目寺 2012年(平成24年)9月6日 あま市甚目寺 彫刻 鉄造地蔵菩薩立像 1971年(昭和46年)6月22日 あま市中橋 県指定文化財 [ ] 種別 名称 所有者 指定(登録)年月日 所在地 絵画 金剛界及び胎蔵界曼茶羅 蓮華寺 1958年(昭和33年)3月29日 あま市蜂須賀 絵画 画蹟郭公の図 蝦蟇の図 襖絵夕影山の図 釈迦院 1958年(昭和33年)6月21日 あま市甚目寺 彫刻 木造仏頭 蓮華寺 1958年(昭和33年)3月29日 あま市蜂須賀 彫刻 木造仁王像 甚目寺 1958年(昭和33年)6月21日 あま市甚目寺 工芸 瑞花双鸞八稜鏡 甚目寺 1965年(昭和40年)5月21日 あま市甚目寺 工芸 梵鐘 甚目寺 1965年(昭和40年)5月21日 あま市甚目寺 書跡 法華経 紫紙鎌倉版 蓮華寺 1958年(昭和33年)3月29日 あま市蜂須賀 名勝 蓮華寺庭園 蓮華寺 1965年(昭和40年)5月21日 あま市蜂須賀 天然記念物 蓮華寺のカヤノキ 蓮華寺 1958年(昭和33年)6月21日 あま市蜂須賀 天然記念物 七宝町のラカンマキ 八幡神社 1955年(昭和30年)6月3日 あま市七宝町遠島 天然記念物 下萱津のフジ あま市 1954年(昭和29年)3月12日 あま市下萱津 市指定文化財 [ ] 種別 名称 所有者 指定(登録)年月日 所在地 彫刻 金銅阿弥陀如来立像 普明院 1991年(平成3年)12月11日 あま市花長 工芸 梵鐘 法光寺 1996年(平成8年)2月1日 あま市七宝町桂 工芸 雲版 廣濟寺 2000年(平成12年)11月1日 あま市七宝町桂 工芸 間取り花鳥文大花瓶 あま市 2015年(平成27年)1月27日 あま市七宝町遠島 工芸 二十五菩薩面 蓮華寺 2016年(平成28年)2月25日 あま市蜂須賀 書跡 徳川家康筆 徳政免除證文「徳政之事」 あま市 1985(昭和60年)11月8日 あま市花正 書跡 誹諧相伝名目 あま市 1988年(平成1年) あま市花正 史跡 甚目寺境内地 甚目寺 1984年(昭和59年) あま市甚目寺 史跡 七宝焼原産地道標 あま市 2000年(平成12年)11月1日 あま市七宝町桂 歴史資料 尾州海東郡富塚村 御縄打水帳 あま市 1987年(昭和62年)2月2日 あま市花正 無形民俗 香の物祭 萱津神社 1985年(昭和60年)4月22日 あま市上萱津 無形民俗 下之森オコワ祭 八幡神社 2012年(平成24年)10月22日 あま市七宝町下之森 無形民俗 木田八剱社湯の花神事 八剱社 2012年(平成24年)10月22日 あま市木田 無形民俗 二十五菩薩お練り供養 蓮華寺 2016年 平成28年)2月25日 あま市蜂須賀 有形民俗 甚目寺説教源氏節人形および 正本附その関連資料 あま市 2019年 平成31年)1月24日 あま市甚目寺 国の登録有形文化財 [ ] 種別 名称 所有者 指定(登録)年月日 所在地 建造物 實成寺本堂 實成寺 2005年(平成17年)2月9日 あま市中萱津 建造物 實成寺山門 實成寺 2005年(平成17年)2月9日 あま市中萱津 名所・旧跡 [ ] 主な史跡 福島正則生誕地• 福島正則誕生地碑• 小町塚 - がへ向かう途中で亡くなったという伝説がある。 - 末期に作られた。 現在もわずかに跡が残り、甚目寺公民館敷地内に元飛行場開拓記念碑が建てられている。 文化・名物 [ ] 祭事・催事 [ ]• 甚目寺観音 節分会(2月)• 下之森八幡神社 オコワ祭(2月11日)• あま市さくらまつり(4月)• 萱津神社 献榊祭(4月)• 蓮華寺 二十五菩薩お練り供養(4月)• 市民祭「あまつり」(8月)• 甚目寺観音 桃十日祭(8月)• 萱津神社 香の物祭(8月21日)• 木田八剱社 湯の花神事(10月)• イルミネーションフェスタinあま(12月) 特産品 [ ]• - 尾張七宝• - 国内生産量日本一• 七宝みそ、醤油• - 尾張大根、• 愛知本長なす - 愛知の伝統野菜• まつな - 愛知の伝統野菜• 白花千石(ふじまめ)- 愛知の伝統野菜 出身著名人 [ ]• - 、。 、の一人。 - 戦国武将、大名。 - 戦国武将。 - 大名。 - の。 軍人 [ ]• 文化人 [ ]• 研究者。 助教授。 旧甚目寺町の。 - 行政政策学類。 - 政治家。 美和町長。 国際コミュニケーション学部教授。 - 、。 スポーツ選手 [ ]• - 選手。 バレーボール指導者。 - バレーボール選手。 タレント [ ]• - 、。 - 、。 - 歌手。 - 歌手。 - 歌手(sacra)。 - 歌手(sacra)。 - お笑い芸人(フィッシュ&チップス)。 キャラクター [ ]• あまえん坊 長らく非公認キャラクターであったが、2013年(平成25年)8月13日にはあま市役所であま市公認キャラクター認定書交付式が行われ、あま市の公認キャラクターとなった。 とであま市の広報活動を行っている。 2013に初エントリーした。 その他 [ ]• NTTのは名古屋市や清須市と同じ「052」(名古屋)。 市内局番は、隣の大治町と同じ440番台を主に使用。 のが本市の自動車には、 が交付される。 ゴミ処理は名古屋市環境局五条川工場で行う。 脚注 [ ]• あま市. 2016年3月閲覧。 あま市七宝焼アートヴィレッジ• あま市観光協会• 海道記• あま市. 2016年6月閲覧。 あま市. 2016年6月閲覧。 「あま市ものしり読本」 p. 「あま市ものしり読本」 p. 「あま市ものしり読本」 p. 「あま市ものしり読本」 p. 「あま市ものしり読本」 p. あま市• 『平成26年度 図書館年報』あま市美和図書館, 2015年• (あいちフレンドシップ交流アルバム)• あま市. 2016年3月閲覧。 わが街辞典『あま市 暮らしの便利帳』 p. (あま市の神社・寺院)• わが街辞典『あま市 暮らしの便利帳』 p. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の