笑うメディア。 笑うメディア「クレイジー」が、アイドルとお笑い芸人の異色ユニット『永野と高城。2』公演Blu

『タクフェス 春のコメディ祭!笑う巨塔』が地上波でノーカット初放送、関西テレビ『おうちで舞台~カンテレ劇場~』第二弾放送決定

笑うメディア

編集で関わっているブロガー・イケダハヤト氏のメルマガで「国内メディアまとめーー31のメディアを紹介」という記事を担当しました。 「メディアの輪郭」では少し追記を加え、アップデートして紹介します。 昨年から今年にかけて大きなトレンドになりそうな「メディア」。 主に画像や動画をコンテンツとし、ソーシャル上で爆発的にシェアを生むシンプルなメディアの形で、海外ではすでにいくつかの存在感のあるプレイヤーが登場しています。 日本でも昨年末から次々とメディアのフォーマットを採用するメディアが生まれてきています。 ここでは整理がてら、35の国内メディアについてまとめてみます。 dropout() 2013年12月にスタートした「刺さる」動画メディア「dropout()」。 毎朝1本動画を紹介しています。 初月で70万人訪問、100万PVを超えたことでも話題となったのでご存知の方の多いかもしれません。 運営は氏や高木新、Livertyの大学生たちが中心となって運用しているとのこと。 社会問題などのシリアスなトピックを扱った動画をキュレーションしているので、国内版Upworthy的なポジションのメディアとなっていきそうです。 Whats(ワッツ) を追うように昨年末に立ち上がったのが、未知を届ける動画メディア 「Whats(ワッツ)」です。 運営は株式会社スタートアウツ。 毎日数本の動画をキュレーションしています。 カテゴリーは驚く、和む、刺さるの3つ。 現状は海外のコンテンツが多いようですが、KandaNewsNetwork代表の氏などのキュレーター参加もあり、今後の展開が楽しみです。 Buzzlive(イブ) 今年に入って立ち上がったものには、スポーツの動画に特化した「BuzzLive! イブ 」があります。 主に野球とサッカーの動画を中心にキュレーションしています。 運営しているのはサムライトの柴田泰成氏。 「」という記事では、実験的な意味合いが強いことも書かれていますが、ジャンル特化型がどれほど有効なのか見ていきたいです。 pocketti(ポケッチ) 次に紹介するのが、「スキマ時間を埋める」動画メディア「pocketti(ポケッチ)」。 運営は神さんという方が行っています。 コンテンツに関しては衝撃系やおもしろ系、かわいい系が多くあります。 動画の長さを短編、中編、長編から選べるのが特徴的です。 CuRAZY(キュレージー) 目下急成長中なのが、笑うメディア「CuRAZY」です。 ネーミングはキュレーション(Curation)とクレイジー(crazy)を掛け合わせたもの。 国内のメディアでは積極的に画像コンテンツを使っていることもあり、立ち上げたった半月で、月間200万以上のPVを獲得するメディアになっています。 この半年以内で月間5000万PVを目指すのだとか。 笑いは国境を越える、ということもあり、グローバル展開も見据えているそうです。 バズマン バズマンは「人生に彩りを加える動画メディア」です。 キャッチコピーを見る限りでは、どんなメディアかは分かりません。 コンテンツは衝撃系が多めです。 Scout Talents(スカウトタレンツ) 「Scout Talents」は、動画でスーパープレーやスーパータレントを発掘するメディア。 サッカーに絞っています。 10000票で殿堂入り!」といった、シェアに応じて殿堂入りする仕組みがありますが、現状は1、2票といったコンテンツが目立ちます。 サッカーファンをどのように巻き込むのかがポイントでしょうか。 Sports on Earth スポーツの感動を動画で伝えるメディア「Sports on Earth」。 すでに紹介したイブと同様に野球やサッカーが多い印象。 バスケットやテニス、体操、スケートなどの動画も発信していますが、そのほかコラムなども発信していくとのこと。 どのように他のスポーツメディアと差別化していくのか注目ですね。 otodas(オトダス) 「鳥肌モノ音楽動画」を掲げ、凄い音楽動画やPV、ライブなどを毎日キュレーションしている「otodas(オトダス)」。 ブログ「 attrip(アットトリップ)」の高橋さんら複数人で運営しているそう。 マネタイズを考えた時に、音楽という切り口はありかもしれません。 スゴピク 凄い動画メディア「スゴピク」。 直感的にスゴいと思う動画を紹介しているようです。 デザインを見るにこちらもオトダスのメンバーらがやっているのかもしれません。 namida(ナミダ) 「涙モノ感動動画まとめ」がキャッチコピーの「namida(ナミダ)」。 シェアを考えた時に、この切り口はありですね。 実際いい動画が多いです。 animal buzz(アニマルバズ) 「animal buzz(アニマルバズ)」はその名の通り、動物に関する(かわいい)動画をピックアップして紹介するメディア。 音声ソーシング「! 」などを運営する株式会社Groodが運営しています。 この分野はマリがいないと思いますが、まだ予想の範囲内のコンテンツが多い印象。 今後の展開に注目があつまるところです。 candle(キャンドル) 音楽の未来を灯す動画キュレーションメディア「candle(キャンドル)」は、日本最大級の野外フェスサイト「FestivalLife」と同じ運営元です。 元々、メディアを持っていたところでは、何かが生まれることが期待されます。 TEMITA(てみた) チャレンジ発掘メディア「TEMITA(てみた)」は、「~してみた」系の動画を積極的にキュレーションしています。 また、やGoproに目を付けているのも、切り口としては良いのかもしれません。 Youtuberとのコラボも狙っているようです。 feely(フィーリー) 「feely(フィーリー)」は、「感じる」を考える、動画メディアです。 笑いたい、泣きたい、驚きたい、癒されたい、といった感情に寄り添ったコンテンツがいい感じです。 頻度は、1日2本の動画をキュレーション。 運営はクリエイターのための情報発信メディア「creive(クリーブ)」などをつくっている方々です。 Charming(チャーミング) 「Charming(チャーミング)」は、「思わず笑みがこぼれる動画メディア」と銘打っています。 毎日1本をキュレーションしているとのこと。 切り口はかなり既視感がありますね。 ROXIE(ロキシー) ROXIE(ロキシー)は、ずっと見たくなるオシャレで面白いメディアです。 運営は ztinks11さん。 アバウトページは英語で書かれていますが、現状は普通のメディアですね。 UPLOAD(アップロード) 動画を読み解くWebマガジン「UPLOAD(アップロード)」。 バズ系動画に加えて、グッズや関連のコンテンツもあります。 動画とタイトルというフォーマットではなく、テキストもしっかりしているので、読みやすいです。 RAW-Fi(ローファイ) 「作りたい」欲望を刺激するメディア「RAW-Fi(ローファイ)」。 国内のメディアの中では、異様にデザインが素敵だと思いました。 イベントの企画やプロダクトの制作も考えているそうで、かなり楽しみなメディアです。 しぇあ動画 「しぇあ動画」は、おもしろ動画をキュレーションしているメディアです。 このあたりは競合が多そうですね。 Sharingvideo 「Sharingvideo」は、シェアする動画キュレーションメディアとのこと。 vimeoのスタッフピックスなどが多いので、キュレーションでの優位性を考えると厳しそうですね。 ページのいいね!が40000を超えていてスゴいと思う一方で、キュレーションはいまいち。 ヒマゴロシ ネーミングが分かりやすいですね。 「ヒマゴロシ」は、ジャンルもかなり幅広いので、暇つぶしするには良いと思います。 kensuu. com 生活の質をあげる動画を紹介する「kensuu. com」。 nanapiのさんが運営しています。 現状は、おそらく実験的だと思いますが、将来的にはnanapiにも結びついてくるのでしょうか。 must(マスト) 企業が提供する動画を紹介する「must(マスト)」。 動画とともに、企業名や商品が掲載されています。 将来的にマネタイズを考えた時にこの切り口はかなり素晴らしいと感じました。 コンテンツがないときから見つけていましたが、さきほどと同じでさんが運営しているようです。 すごい動画 「すごい動画」はメディアのアンテナサイトです。 国内で増えてきたメディアの的な立ち位置です。 デザインや設計をがんばると良いメディアになると思います。 萌える動画キュレーションメディアを謳っています。 サブカル系やアニメなどは火がつくと可能性があるジャンルだと感じます。 mixgirl(ミックスガール) 「mixgirl(ミックスガール)」は「一目惚れする女の子の動画メディア」です。 この切り口は、の宝庫かもしれません。 Educeed(エデュシード) 学べる動画メディア「Educeed(エデュシード)」。 アバウトページには「英会話や語学、パソコン・インターネット、料理レシピ、スポーツのノウハウ、レッスン・ハウツー・レシピ動画を紹介」とありますが、まだそこまで学べる動画はありません。 THE MOVIEHOUSE(ムービーハウス) 「THE MOVIEHOUSE(ムービーハウス)」は、「忘れないでほしい想いを動画であなたに」というキャッチコピーを掲げた動画メディアです。 特にテーマがなさそうな分、訴求が難しそうに感じます。 share times 「share times(シェアタイムズ)」は、感動系やかわいい系などのコンテンツが多くあります。 まだはじまったばかりのようです。 BUZZMODE(バズモード) 感動、笑い、驚きなどの動画コンテンツを中心にキュレーションしているメディアです。 詳細はまだ分かりません。 Bizcast(ビズキャスト) に知恵と驚きと発見を届ける動画メディア「Bizcast」。 「に良質な動画・音声コンテンツを提供」とのことですが、どのようにムラををなくしたキュレーションを行っていくのか気になります。 世界の凄い場所 世界の秘境、極地など、興味深い土地を紹介する「世界の凄い場所」。 絶景ネタは鉄板ですよね。 あふれ. CO 面白い吹き替え動画を集めたメディア「あふれ. CO」。 切り口はユニークですが、動画の数があるのかどうか気になります。 以上、35の国内メディアの紹介でした。 参入障壁もかなり低いので、まだまだ増えて行きそうで楽しみですね。 今後は、オリジナルコンテンツや実力のあるウェブエディターを用いて、メディア設計や戦略をつくっていく必要があることでしょう。 kana-boon.

次の

【初開催!】笑うメディアクレイジーイベントレポート!

笑うメディア

『タクフェス 春のコメディ祭!笑う巨塔』 『タクフェス 春のコメディ祭!笑う巨塔』は、病院のロビーを舞台に繰り広げられる勘違いコメディー。 入院患者に見舞い客、医者や看護師まで様々な人々を巻き込み、病院内は大混乱。 「白い巨塔」ならぬ「笑う巨塔」と化す。 番組は、カンテレの川島壮雄アナウンサーがナビゲーターを務め、ゲストとして、タクフェスで作・演出・出演をする宅間孝行が登場する。 番組放送にあたって、出演者コメントは以下の通り。 この機会に普段とは一味違う体験をしてみませんか? 劇場は本当は夢の世界、異次元の世界ですが、そんな空気をお茶の間で楽しめます! 役者たちの観客席との笑いと涙のガチンコ勝負をご披露します。 篠田麻里子です。 2018年に出演しました、タクフェス「笑う巨塔」が関西テレビで放送されます。 私にとって本格的なコメディは初挑戦でしたが、共演者の方々と楽しく一生懸命に過ごした日々が甦ります。 私は今、まだ小さな子どもを育てながら家族みんなが楽しく健康に暮らせるように工夫をする日々で、きっとみなさんもそれぞれの新しい生活スタイルを送っていらっしゃることと思います。 下町の頑固な意地っ張りの鳶の親方で、今は使う人も少なくなってきました、江戸弁での御芝居。 アドリブだったり、コント芝居だったり、まぁやりたい放題やらせて頂きました(笑) 笑いとペーソスと感動と胸がキュンとする様なエンターテインメントの世界を、芸人・鶴太郎を、生で 御覧頂け無かった方々へ、是非放送を御覧下さいませ。

次の

【初開催!】笑うメディアクレイジーイベントレポート!

笑うメディア

編集で関わっているブロガー・イケダハヤト氏のメルマガで「国内メディアまとめーー31のメディアを紹介」という記事を担当しました。 「メディアの輪郭」では少し追記を加え、アップデートして紹介します。 昨年から今年にかけて大きなトレンドになりそうな「メディア」。 主に画像や動画をコンテンツとし、ソーシャル上で爆発的にシェアを生むシンプルなメディアの形で、海外ではすでにいくつかの存在感のあるプレイヤーが登場しています。 日本でも昨年末から次々とメディアのフォーマットを採用するメディアが生まれてきています。 ここでは整理がてら、35の国内メディアについてまとめてみます。 dropout() 2013年12月にスタートした「刺さる」動画メディア「dropout()」。 毎朝1本動画を紹介しています。 初月で70万人訪問、100万PVを超えたことでも話題となったのでご存知の方の多いかもしれません。 運営は氏や高木新、Livertyの大学生たちが中心となって運用しているとのこと。 社会問題などのシリアスなトピックを扱った動画をキュレーションしているので、国内版Upworthy的なポジションのメディアとなっていきそうです。 Whats(ワッツ) を追うように昨年末に立ち上がったのが、未知を届ける動画メディア 「Whats(ワッツ)」です。 運営は株式会社スタートアウツ。 毎日数本の動画をキュレーションしています。 カテゴリーは驚く、和む、刺さるの3つ。 現状は海外のコンテンツが多いようですが、KandaNewsNetwork代表の氏などのキュレーター参加もあり、今後の展開が楽しみです。 Buzzlive(イブ) 今年に入って立ち上がったものには、スポーツの動画に特化した「BuzzLive! イブ 」があります。 主に野球とサッカーの動画を中心にキュレーションしています。 運営しているのはサムライトの柴田泰成氏。 「」という記事では、実験的な意味合いが強いことも書かれていますが、ジャンル特化型がどれほど有効なのか見ていきたいです。 pocketti(ポケッチ) 次に紹介するのが、「スキマ時間を埋める」動画メディア「pocketti(ポケッチ)」。 運営は神さんという方が行っています。 コンテンツに関しては衝撃系やおもしろ系、かわいい系が多くあります。 動画の長さを短編、中編、長編から選べるのが特徴的です。 CuRAZY(キュレージー) 目下急成長中なのが、笑うメディア「CuRAZY」です。 ネーミングはキュレーション(Curation)とクレイジー(crazy)を掛け合わせたもの。 国内のメディアでは積極的に画像コンテンツを使っていることもあり、立ち上げたった半月で、月間200万以上のPVを獲得するメディアになっています。 この半年以内で月間5000万PVを目指すのだとか。 笑いは国境を越える、ということもあり、グローバル展開も見据えているそうです。 バズマン バズマンは「人生に彩りを加える動画メディア」です。 キャッチコピーを見る限りでは、どんなメディアかは分かりません。 コンテンツは衝撃系が多めです。 Scout Talents(スカウトタレンツ) 「Scout Talents」は、動画でスーパープレーやスーパータレントを発掘するメディア。 サッカーに絞っています。 10000票で殿堂入り!」といった、シェアに応じて殿堂入りする仕組みがありますが、現状は1、2票といったコンテンツが目立ちます。 サッカーファンをどのように巻き込むのかがポイントでしょうか。 Sports on Earth スポーツの感動を動画で伝えるメディア「Sports on Earth」。 すでに紹介したイブと同様に野球やサッカーが多い印象。 バスケットやテニス、体操、スケートなどの動画も発信していますが、そのほかコラムなども発信していくとのこと。 どのように他のスポーツメディアと差別化していくのか注目ですね。 otodas(オトダス) 「鳥肌モノ音楽動画」を掲げ、凄い音楽動画やPV、ライブなどを毎日キュレーションしている「otodas(オトダス)」。 ブログ「 attrip(アットトリップ)」の高橋さんら複数人で運営しているそう。 マネタイズを考えた時に、音楽という切り口はありかもしれません。 スゴピク 凄い動画メディア「スゴピク」。 直感的にスゴいと思う動画を紹介しているようです。 デザインを見るにこちらもオトダスのメンバーらがやっているのかもしれません。 namida(ナミダ) 「涙モノ感動動画まとめ」がキャッチコピーの「namida(ナミダ)」。 シェアを考えた時に、この切り口はありですね。 実際いい動画が多いです。 animal buzz(アニマルバズ) 「animal buzz(アニマルバズ)」はその名の通り、動物に関する(かわいい)動画をピックアップして紹介するメディア。 音声ソーシング「! 」などを運営する株式会社Groodが運営しています。 この分野はマリがいないと思いますが、まだ予想の範囲内のコンテンツが多い印象。 今後の展開に注目があつまるところです。 candle(キャンドル) 音楽の未来を灯す動画キュレーションメディア「candle(キャンドル)」は、日本最大級の野外フェスサイト「FestivalLife」と同じ運営元です。 元々、メディアを持っていたところでは、何かが生まれることが期待されます。 TEMITA(てみた) チャレンジ発掘メディア「TEMITA(てみた)」は、「~してみた」系の動画を積極的にキュレーションしています。 また、やGoproに目を付けているのも、切り口としては良いのかもしれません。 Youtuberとのコラボも狙っているようです。 feely(フィーリー) 「feely(フィーリー)」は、「感じる」を考える、動画メディアです。 笑いたい、泣きたい、驚きたい、癒されたい、といった感情に寄り添ったコンテンツがいい感じです。 頻度は、1日2本の動画をキュレーション。 運営はクリエイターのための情報発信メディア「creive(クリーブ)」などをつくっている方々です。 Charming(チャーミング) 「Charming(チャーミング)」は、「思わず笑みがこぼれる動画メディア」と銘打っています。 毎日1本をキュレーションしているとのこと。 切り口はかなり既視感がありますね。 ROXIE(ロキシー) ROXIE(ロキシー)は、ずっと見たくなるオシャレで面白いメディアです。 運営は ztinks11さん。 アバウトページは英語で書かれていますが、現状は普通のメディアですね。 UPLOAD(アップロード) 動画を読み解くWebマガジン「UPLOAD(アップロード)」。 バズ系動画に加えて、グッズや関連のコンテンツもあります。 動画とタイトルというフォーマットではなく、テキストもしっかりしているので、読みやすいです。 RAW-Fi(ローファイ) 「作りたい」欲望を刺激するメディア「RAW-Fi(ローファイ)」。 国内のメディアの中では、異様にデザインが素敵だと思いました。 イベントの企画やプロダクトの制作も考えているそうで、かなり楽しみなメディアです。 しぇあ動画 「しぇあ動画」は、おもしろ動画をキュレーションしているメディアです。 このあたりは競合が多そうですね。 Sharingvideo 「Sharingvideo」は、シェアする動画キュレーションメディアとのこと。 vimeoのスタッフピックスなどが多いので、キュレーションでの優位性を考えると厳しそうですね。 ページのいいね!が40000を超えていてスゴいと思う一方で、キュレーションはいまいち。 ヒマゴロシ ネーミングが分かりやすいですね。 「ヒマゴロシ」は、ジャンルもかなり幅広いので、暇つぶしするには良いと思います。 kensuu. com 生活の質をあげる動画を紹介する「kensuu. com」。 nanapiのさんが運営しています。 現状は、おそらく実験的だと思いますが、将来的にはnanapiにも結びついてくるのでしょうか。 must(マスト) 企業が提供する動画を紹介する「must(マスト)」。 動画とともに、企業名や商品が掲載されています。 将来的にマネタイズを考えた時にこの切り口はかなり素晴らしいと感じました。 コンテンツがないときから見つけていましたが、さきほどと同じでさんが運営しているようです。 すごい動画 「すごい動画」はメディアのアンテナサイトです。 国内で増えてきたメディアの的な立ち位置です。 デザインや設計をがんばると良いメディアになると思います。 萌える動画キュレーションメディアを謳っています。 サブカル系やアニメなどは火がつくと可能性があるジャンルだと感じます。 mixgirl(ミックスガール) 「mixgirl(ミックスガール)」は「一目惚れする女の子の動画メディア」です。 この切り口は、の宝庫かもしれません。 Educeed(エデュシード) 学べる動画メディア「Educeed(エデュシード)」。 アバウトページには「英会話や語学、パソコン・インターネット、料理レシピ、スポーツのノウハウ、レッスン・ハウツー・レシピ動画を紹介」とありますが、まだそこまで学べる動画はありません。 THE MOVIEHOUSE(ムービーハウス) 「THE MOVIEHOUSE(ムービーハウス)」は、「忘れないでほしい想いを動画であなたに」というキャッチコピーを掲げた動画メディアです。 特にテーマがなさそうな分、訴求が難しそうに感じます。 share times 「share times(シェアタイムズ)」は、感動系やかわいい系などのコンテンツが多くあります。 まだはじまったばかりのようです。 BUZZMODE(バズモード) 感動、笑い、驚きなどの動画コンテンツを中心にキュレーションしているメディアです。 詳細はまだ分かりません。 Bizcast(ビズキャスト) に知恵と驚きと発見を届ける動画メディア「Bizcast」。 「に良質な動画・音声コンテンツを提供」とのことですが、どのようにムラををなくしたキュレーションを行っていくのか気になります。 世界の凄い場所 世界の秘境、極地など、興味深い土地を紹介する「世界の凄い場所」。 絶景ネタは鉄板ですよね。 あふれ. CO 面白い吹き替え動画を集めたメディア「あふれ. CO」。 切り口はユニークですが、動画の数があるのかどうか気になります。 以上、35の国内メディアの紹介でした。 参入障壁もかなり低いので、まだまだ増えて行きそうで楽しみですね。 今後は、オリジナルコンテンツや実力のあるウェブエディターを用いて、メディア設計や戦略をつくっていく必要があることでしょう。 kana-boon.

次の