妊娠 中 お ナニ 発達 障害。 発達障害のある私の妊娠生活ふり返り【前半】

【まとめて読む】おなかの子に障害 妊娠中の感染が原因:朝日新聞デジタル

妊娠 中 お ナニ 発達 障害

サイトメガロウイルスとは、人の体液に多く潜伏していて、その体液に接触することで感染していくウイルスです。 略してCMVと呼ばれることもあります。 日本では成人の60~90%が過去にサイトメガロウイルスに感染したことがあると言われているため、 ほとんどの人がこのウイルスに対する抗体を持っているとされています。 抗体を持っていて、健康で免疫力が高い状態の時はサイトメガロウイルスに感染したとしても特にこれといった症状は現れません。 ですが現在、生活環境が以前より改善され、清潔なものに囲まれることが多くなったため、サイトメガロウイルスに感染したことがなく、抗体を持っていない女性の割合が増えていると言われています。 そのため、 妊娠中にサイトメガロウイルスに初感染してしまい、そのままお腹にいる赤ちゃんにも感染してしまうことがあります。 その場合、低出生体重児で生まれてきたり、視覚障害・聴覚障害・発達障害など体のさまざまな部分に障害が現れたりすることもあります。 冒頭でも触れたように、 サイトメガロウイルスに感染したとしても、正常な免疫機能を持っていれば症状が出ることはありません。 出たとしても軽い風邪程度の症状であることが多く、特別な治療をしなくても治ることが多いです。 ですので、サイトメガロウイルスに感染することに対して特別神経質になる必要はありません。 一度感染することでサイトメガロウイルスへの抗体がつくられるので、感染すること自体は悪いことではないのです。 サイトメガロウイルスの感染について気をつけるべきことは、 妊娠中の方が初めてサイトメガロウイルスに感染してしまうことで起きる先天性サイトメガロウイルス感染症です。 加えて、免疫機能が低い方が子どもの体液に触れてそのままにすることで起きる後天性サイトメガロウイルス感染症も注意する必要があります。 以下、詳しくご説明します。 先天性サイトメガロウイルス感染症 一方、後天性サイトメガロウイルス感染症は、子どもが生まれた後に何かしらの経路でウイルスに感染し、発症します。 子どもだけではなく、子どものお世話をする大人が子どもの唾液や尿などを介して感染することもあります。 サイトメガロウイルスの影響で何かしらの障害を伴う症状が出るのは、多くが先ほど説明した先天性サイトメガロウイルス感染症です。 後天的にサイトメガロウイルスに感染した場合、特に症状は現れないということがほとんどです。 ですが、子どもであれば母親から十分にサイトメガロウイルスの抗体をもらえなかった時、大人であれば免疫機能が低下している時にサイトメガロウイルスに感染すると、症状が伴うことがあります。 特に、早産児や低出生体重児の場合は、母親がサイトメガロウイルスの抗体を持っていたとしても、抗体を十分に受け取る前に生まれることが多くあります。 赤ちゃんは、胎盤を通して母親からさまざまな抗体を受け取ることで、生まれてすぐに感染症などを発症するリスクを減らすことができています。 そのため、抗体を受け取る量が減ってしまっていると、後天性サイトメガロウイルス感染症による重い症状が現れることがあります。 一番考えられるのは、尿や唾液のついた手で目や鼻、口を触った時です。 赤ちゃんのおむつ替えや、食事の際に同じ箸やフォークを使うなど子どものお世話をするうえで何気なく行ってしまっていることが、サイトメガロウイルスの感染につながっていることがあります。 また、感染経路の1つとして胎盤や母乳などによる母子感染を挙げましたが、これを知って「赤ちゃんに母乳を与えるとサイトメガロウイルスに感染し、何か症状を引き起こすことがあるの?」と不安に思う方もいるかもしれません。 既にご説明したように、多くの人はサイトメガロウイルスの感染経験があり、抗体を持っています。 そのため、母乳をあげることでサイトメガロウイルスの感染による何かしらの症状につながってしまう、ということはありません。 母乳によるサイトメガロウイルスの感染・感染症の発症は、早産児や低出生体重児などの未熟児の場合、少し気をつける必要があります。 先ほども説明したように、未熟児はサイトメガロウイルスの抗体を母親から十分に受け取ることができていないケースが多くあります。 母親が妊娠時に初めてサイトメガロウイルスに感染した・それ以前に感染していたに関わらず、母乳には一定数のサイトメガロウイルスが含まれています。 サイトメガロウイルスの抗体が少ない未熟児が母乳を飲むことで、サイトメガロウイルスによる何かしらの症状が現れる可能性もあります。 ですが、母乳には生まれたばかりの赤ちゃんにとって重要な栄養素や病気に対する抗体が多く含まれています。 このような栄養素や抗体は、未熟児で生まれたからこそ、健康に育つために必要なものでもあります。 ですので、生まれてきた赤ちゃんが未熟児であった場合、産婦人科や小児科の先生と相談し、母乳をどのように与えていくか考える必要があります。 これまで紹介した症状に関して、サイトメガロウイルスの感染によるものかどうか診断するには、採血による抗体検査が一般的です。 抗体検査では、自分の体内にサイトメガロウイルスの抗体がどのくらいあり、どのくらい免疫力があるのか調べます。 抗体検査は主に産婦人科で受けることができます。 先ほどもご説明したように、妊娠した方にサイトメガロウイルスの抗体がないと、生まれてくる赤ちゃんが先天性サイトメガロウイルス感染症になることがあります。 ですが、サイトメガロウイルスの抗体検査は妊婦健診には含まれてない産婦人科が大多数です。 そのため、もし検査をしたい場合は自分から産婦人科医に申し出て検査を受ける必要があります。 また、中には結婚前に治療が必要な病気があるかチェックする、ブライダルチェックの項目に含まれていることもあります。 妊娠中にサイトメガロウイルスに初感染した、と診断された時に対する有効な治療法は研究段階にあり、まだ確立されていません。 ただ、妊娠中に初感染したからといって全ての赤ちゃんに症状が現れるというわけではありません。 サイトメガロウイルスによる感染症が認められた場合、薬物治療という方法が取られます。 しかし、使われる薬は副作用が強いもの、効きが強いものが多く、小さな子どもに服用させるには危険なことがあります。 子どもに先ほど挙げたような症状が見られた場合、まずは産婦人科や小児科へ相談しましょう。 そこでサイトメガロウイルスによる影響である、と認められた場合、どのような治療法を選択し、実際に行っていくか納得したうえで治療を進めていきましょう。 繰り返しになりますが、普段生活を送る上でサイトメガロウイルスの感染を気にしすぎる必要はありません。 サイトメガロウイルスの感染を予防すべきなのは、妊娠中の女性、妊娠を考えている女性が対象になります。 予防策として、以下のようなことが挙げられます。 ・乳幼児の唾液、排泄物を触った時は必ず石鹸を使って手を洗う ・食べ物や飲み物は子どもとは別にする ・同じ箸やスプーン、フォークをなるべく使わないようにする ・子どものよだれやおしっこがついてしまったオモチャや家具などは石鹸やアルコール消毒薬などを使ってきれいに拭き取る ・敷物や布団類は天日で十分に乾燥させる ・抗体検査を受ける 妊娠する前が理想的 ・妊娠中の性行為の際には、コンドームを使う 特に、妊娠中ですでに小さい子どもがいるママは、子育てをしながら妊娠期間を過ごすことになります。 子どもの体液に触れないようにするということは無理に近いことですよね。 ですが、サイトメガロウイルスの感染経路や予防策を知っているだけで、先天性サイトメガロウイルス感染症などのリスクを減らすことができます。 子どもやパートナーと過ごすうえで日々気をつけていきたいですね。

次の

妊娠中にカフェインを摂ると発達障害児が生まれやすい?理由や対策を解説

妊娠 中 お ナニ 発達 障害

妊娠初期 妊娠2か月〜4か月 妊娠がわかるまで 妊娠に気づく前からうつ状態が続いていました。 食欲がなく、落ち込みも強くて。 ほぼ1日寝たきり状態でお風呂もろくに入れず、 無気力状態。 精神科で抗うつ薬の量が倍に処方されてしまいました。 こんな状態でもいちおう妊活は続けていました。 うつ状態の時にやっている自分なりの回復法を続けていて。 できる時にヨガ、なるべくカラダを動かす、冷やさない、無理をしないなど 38歳という妊娠しにくい高年齢なので妊娠できたらラッキーくらいに思っていました。 内閣府データより。 陽性反応 !? ビックリ仰天! まさか、こんなに早く妊娠するとは予想外。 妊活中とはいえ、ずっと体調が良くなくて。 うつ状態なのか、妊娠初期のつわりやマタニティブルーなのか まったく区別がつきませんでした。 驚きと、嬉しい気持ちが入り混じり、 受け止めきれず。 しばらく自分のお腹の中に命が宿っている実感は持てなかったなぁ。 妊娠がわかってからやったこと ・夫や両親、きょうだいに妊娠を伝えた ・保健所へ母子手帳をもらいに行った ・保健師と面談 約1時間 ・ninaru ニナル という妊娠アプリを入れた ・妊娠の経過 スケジュール を確認 初期のマイナートラブル 吐き気、 不正出血、 抑うつ 腹痛、腰痛、冷え 首こり、肩こり、便秘 ほてり、倦怠感、疲れ 易疲労感 皮膚の乾燥、かゆみ、眠気 お腹の張り、恥骨痛、むくみ *マイナートラブルとは妊娠中に起きる不調 不快症状。 *症状が強かった症状は太字 初期のマイナートラブルも、自分の身体も、 目まぐるしく変化するのを感じながらの毎日でした。 マクドナルドのポテトやファミチキが突然食べたくなって夜、 夫に買ってきてもらった翌日には受けつけなくなったり。 無性に炭酸水が飲みたくてガブ飲みしたり。 みかん味限定でゼリーばかり食べていた時期もありました。 食器洗剤のニオイで気持ち悪くなったことも。 食欲の偏りや吐き気は、妊娠6か月に入る頃には自然と消えていました。 妊娠初期で1番不安だったのが 不正出血。 妊娠がわかる前から 妊娠4か月の半ばまでずっと続いていました。 月に1度の妊婦健診の間に、不正出血が止まらないので心配で何度か産婦人科を受診。 医師からは 「順調ですよ。 出血はこの時期はよくあることです。 」 と言われましたものの、毎日おりものシートいっぱいに出血していて、 不安で心配で仕方なかった。 もしかしたら流産が進行しているのでは…と毎日泣いていました。 お腹をさすりながら、 どうか、どうか無事に生きていてください…と祈り続けました。 安静にしても温めても、何をしても出血が止まらなくて。 そんな出血も、妊娠4か月に入る頃にだんだん少なくなって 1〜2日置きになり、ついになくなりました。 原因不明なのが余計に辛かったなぁ。 初期の頃は、出血が心配で受診のたびタクシーで病院まで移動。 受診代が自費 10割負担 +往復のタクシー代 で毎回1万円は飛んで、お財布も痛かったです。 初期の過ごし方、うれしかったサポート 出血量をみながら、動ける日は1時間くらい歩いていました。 近所のカフェでのんびり過ごしたり、 できるだけ自分が心地よく、気持ちよく過ごせるよう意識していました。 うつ状態 マタニティブルー? がけっこう強くて数日寝込むことも多かったです。 うれしかったサポート ・「ファミチキが食べたい」と夫に言うと夜中でも買いに行ってくれた。 ・家事をかなり手伝ってくれた 皿洗い、洗濯、買い物中心。 ・調子が悪くて料理が作れない時は 「無理しなくていいよ。 」と仕事帰りに夕飯のお弁当と、翌日の私の昼食を買ってきてくれた。 ・両親が時々料理を届けに来てくれた。 寝たきり状態の時も多かったので、 夫 と時々両親 の家事のサポートが本当にありがたかったです。 感謝! 夫婦二人三脚で、大事な妊娠初期を乗り越えました。 まとめ 妊娠生活をふり返るとしんどいことの連続でしたが、 家族の協力もあって何とか乗り越えてきました。 今回は妊娠初期のことを中心に、 ・妊娠がわかるまで ・わかったあと何をしたか ・妊娠初期のマイナートラブル ・初期の過ごし方 ・うれしかったサポート についてまとめました。 【後半】は妊娠中期〜後期、 妊娠〜出産までかかる費用についてまとめたいと思います。

次の

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

妊娠 中 お ナニ 発達 障害

うちの娘が自閉症と診断されました。 妊娠中物凄いストレスで絶対にまともな子は産まれないだろうなって思っていて、元旦那にも障害が有る子供が産まれたらあんたのせいだからねと言ったりもし たんですがこれが現実になってしまいました。 旦那とはDVが原因で別れたのですが、娘を見てると今のまま大人になって行くんだと思とショックでたまりません。 今はまだ小さいから許せるからまだ大丈夫ですが、病院では自立は無理だといわれ 、うつ病も悪化して来ています。 今のうちに好きな事しておこうって 思うようにしたのですが、それも上手くかず、毎日成長の遅い娘見てるとこのままずっとオムツなのだろうかと考えると憂鬱で仕方ありません。 他の自閉症の子供を育ててる方はどの様に生活してるのでしょうか? 今療育して落ち着く事は可能です。 息子は重度自閉で、言葉も単語がやっと出たぐらいですが、4歳から療育を始めてオムツは年長で取れました。 椅子に座って落ち着き、ずっと座れるようになりましたよ。 確かに大変ですが、今の時期ならいくらでも可能性もあり、出来る事も増えます。 自閉症でも、ゆっくりでも力はあります。 何もしなかったら今のままですが、きちんとすれば本当に変わってきます。 小学校になって悩みも減りました。 うつがひどくなるのが心配ですが、同じ様にシングルで、障害のある子を育てている人は沢山居ると思います。 親は先の見えない不安でいっぱいですが、子供を育てていくしかないと思います。 うつが酷くなる人も居ます。 施設や、祖父母に預けて、うつの治療をしている人も居ます. 主人はうつの為、こども2人居ますが、家を出てます。 うつがひどくなり薬は効かない、日々悪化していくのも、見ていて、分かります。 本当に辛いと思います。 休息しか、気持ちが楽になる事が無いと思います。 無理しないで良いと思います。 保健所に行くと、何か良い策が見つかるかもしれません。 一人で抱えず、相談してください。 子供は、みんなの手を借りながらでも、成長します。 このままではないですよ。 離婚されるまで随分、ご主人のことで悩まれ、苦労されたんですね。 お子さんが自閉症とのことですが、自閉症であっても、人と関わり続けることによって、ある程度の 成長はします。 病院や障害者施設などで行われている自閉症の方が集まるサークルや、デイサービス、療育園 などの通所を検討されてみたらどうでしょうか? 親だと甘えてしまって、オムツトレーニングとかうまくできないかもしれませんが、介護職員や保育士 などが間に入り、オムツトレーニングをすることによって、もしかしたら、少しずつできるようになるかも しれません。 時間はかかるかもしれませんが、どうしても親だと感情的になったり、不安になったりして うまくいかなくても、第3者の手を借りることによって、お嬢さんのうつ病も改善されていくかもしれま せん。 障害のあるお子さんを抱えている多くの親御さんは同じような悩みを抱えており、色んな人の助けを 借りながら乗り切っているひともいっぱいいます。 自分だけで抱え込まず、周りを頼ってもいいと思いますよ。 日中は養護学校に行っています。 就学前は加配付きで保育園でした。 ずっとかかりきりではないですよ。 自閉症と診断されたのなら、母子分離で通園できる療育施設や児童デイサービスに通えませんか?1人の時間を作って下さい。 そして1人きりで育てようとせず、周囲の力借りてください。 心と体を休めてください。 ある方が言っていました。 『人に頼れるようになるのも、立派な自立』だと。 もちろん障害のある子の自立でしょうけど。 でもできなかったら、「できません。 やって下さい。 教えて下さい。 」が言えるのを目標に子育てしてます。 オムツが外れるのも長くかかりましたが、学校に入学したら1ヶ月程で外れました。 ちょっとしたきっかけであっさりと。 6歳1カ月でした。 何事もゆっくり、のんびりペースで成長していきます。 親が焦る分だけ疲れちゃいますから。 せっかちで短気な私が、スローペースな息子にあまりイライラしなくなったのも、息子の障害のおかげだったりします。 無理せず、焦らず、のんびりと、娘さんと一緒に親として成長していけば良いと思います。 こんにちは。 自閉症児の母です。 大変つらい妊娠期間だったんでしょう・・・がんばったんですね。 でも、自閉症という障害は、妊娠中のストレスはあまり関係ないと思います。 遺伝的要素があったり(親戚に発達障害の人がいるなど)、そういうことと関係なく、突発的に生まれてきたりします。 うちも、自閉症の長男の妊娠中はたいして何もありませんでしたが、健康な長女を妊娠している時は、長男の障害で悩んだり、夫のギャンブルや借金で悩み、義父母のひどい言葉で悩み・・・ひどいストレスでしたが、彼女は健常児です。 自分をせめても、元夫をせめても仕方がないこと。 だから、先ずはお子さんのことを受け入れてあげてください。 そこから、前進です。 成長が遅くても、去年の娘さん、先月の娘さんと比べれば、ちゃんと成長していませんか? できるようになったことを喜んであげてくださいね。 うちの息子は8歳でトイレトレーニングが完了しました。 普通の子に比べればものすごく遅いです。 知的な障害の場合、オムツが一生はずれない子はそんなにいません。 すこし手間と時間はかかるけど、たいてい、大丈夫です。 うちの子は、かなりの重度自閉症と、発達の遅れを診断されましたが、中学生の今、簡単な料理をしたり、布団のあげさげをしたり、洗濯物をたたむ手伝いをしたり、できることがいっぱい増えています。 そして、自閉症の子は、(そうは見えないでしょうが)、人の気持ちに敏感です。 家族が楽しい気持ちの時は、彼も楽しく、つらい気持ちの時は、不安そうにしています。 お母さんが子どもへ「大好きだよー」「かわいい」「愛してる」という気持ちを持っていれば、きっといつか、お子さんからも「愛してる」の気持ちをもらうことができますよ。 今では、長男は我が家でかなりたのもしい存在です。 お母さん一人の子育ては大変だと思います。 受けられる支援はいっぱい受けて、たくさんの人に支えてもらってください。 発達障害支援センターや、市の福祉窓口など、相談できるところがあるはずです。 先輩のお母さんたち(自閉症児の)から話を聞いたり、悩みを聞いてもらうことも、とても役立ちます。 そういう機会を大切にして下さい。 元気になりますよ。 今年5歳になる長男も自閉症です。 確かに成長はゆっくりですが、子どものペースで成長していますよ。 トイトレは長い目で見守らないといけませんが、自閉症だからといってずっとオムツということはないです。 ですが、事前の対策 視覚支援など でスムーズに過ごせる場合も結構ありますよ。 保育園と週一回の言語のリハビリと月二回の療育 児童デイ に通っています。 私の場合は長男出産1ヶ月半前までフルタイムの立ち仕事でしたが、特にストレスは感じませんでした。 自閉症の原因はよく分かっていないので、ご自分を責めないでくださいね。

次の