鬼 滅 の 刃 カナヲ。 【鬼滅の刃】エピローグ考察|カナヲは死なずに目も治る!【きめつのやいば】203話

「鬼滅の刃」カナヲ、煉獄、甘露寺、無一郎、宇髄、実弥の日輪刀の“つば”がネックレスになって登場!

鬼 滅 の 刃 カナヲ

【鬼滅の刃】今後のヒロイン枠?栗花落カナヲとは 【鬼滅】「継子ってのは柱が育てる隊士だよ」 最終選抜試験の時にもいたカナヲだけど、その時から蝶とは仲良しだった。 ということは試験以前から既にしのぶさんの下についていたことは間違いないだろう。 もうひとり、女性の隊士がいますよね…そう、カナヲちゃんが師事する胡蝶しのぶ!彼女はスカートタイプではなく袴タイプ…。 なぜ、違いがあるのかというと、これは 縫製係の前田まさおによる独断によるもので、女性隊士らには元の隊服にアレンジを施したものを支給しているそう。 ちなみにしのぶは被害を受ける前に前田まさおを制裁。 ほんの一握りの隊士が選ばれる、将来が有望すぎると太鼓判を押されたようなもの!カナヲちゃん、流石です! 同期の中では岩柱の悲鳴嶼行冥の継子、玄弥などもいますね。 事後処理を行う為の部隊で、蜘蛛鬼家族こと那田蜘蛛山編にて登場し、 この時初めてカナヲちゃんは禰豆子と接触しました。 その後、炭治郎・善逸・伊之助も全集中の呼吸・常中を習得し、 カナヲちゃんに少し追いついたかな?と、いう感じで世話になっていた蝶屋敷を出て行った3人。 栗花落カナヲの魅力4:指示された事以外出来ない!?困った時は… 本日WJ21・22合併号発売! 『鬼滅の刃』第107話、掲載中です。 今号の「鬼殺隊報」では鬼殺隊の新情報が!! 柱になれる基準は?継子はどうしたらなれるの?などなど、 気になるその答えはぜひ本誌にて! そして今週のアイコンは…自分の心の声を大切に。 何事も難なくこなすカナヲちゃんですが、それは指示を受けた時だけであり、 指示されたこと以外は全く行動に移せないのです。 これは社会人だったらかなり致命的な部分ですよー! カナヲちゃんがこうなってしまった理由は後述するとして…自分で道を決められない、 そんな困った時にとる行動がありました。 銅貨を投げて出た裏と表に考えを委ねるというもの。 某顔が2つある人と同じ手法ですね!いつもの穏やかなカナヲちゃんも良いですが…どうしよう~とちょっと困り顔のカナヲちゃんも可愛いです。 ずっと困らせたい。 彼らも回復して屋敷を去る時がやってきました。 以前描かれた4コマでは、弟達に好みの女性を分かりやすく伝えようとした結果、 鈴蘭や柴犬みたいな人という、配慮が裏目に出た混乱するような回答をしています。 ちなみに鈴蘭の花言葉は 「再び幸せが訪れる」「清楚」「謙遜」などなど…日本人に馴染み深い犬種、柴犬は小柄な身ながら 勇敢・忍耐強く家族を大切にする性格。 ただ、炭治郎が柴犬の性格を知っているとは考えにくいので、 コロコロとして小柄で可愛い…というように伝えたかったのかもしれませんね!この女性のタイプを聞いた時、妹の禰豆子を連想しましたが、 カナヲちゃんが登場し段々とどんな少女なのかが分かってきた時、これもフラグなのでは…?と、感じたのですがいかがでしょう? 今後、2人がどのように成長していくか楽しみすぎる! 栗花落カナヲの魅力6:親に売られた過去を持ちカナヲを買ったのが胡蝶姉妹 胡蝶カナエCV茅野愛衣以外考えられなくなった —? ムルフ? 単行本に収録された番外編を見ると… 幼い頃は食べるものにも苦労する極貧生活を送り、両親には名前も付けてもらえず最後には人勾引に売られてしまうという中々ハードモードな出自。 その後、人勾引に連れられている途中に胡蝶姉妹に出逢い、人勾引から強奪する形で引き取られました。 いや~良かった良かった!そして、 栗花落カナヲという名を与えられ大事に大事に育てられ、鬼殺隊の剣士に成長。 こういった過去の境遇から 精神をギリギリまで擦り減らした結果、感情の起伏や人との交流などが必要最低限のものとなり、言われた事以外の事ができなくなってしまったんですね。 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ』と、将来を見通すような言葉をかけていました。 注目の女性剣士、栗花落カナヲの刃が光る瞬間を早く見たいですね! 関連記事をご紹介!.

次の

【鬼滅の刃】栗花落カナヲは炭治郎の好みのタイプ!?魅力が分かる6つの知識!【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 カナヲ

おしながき• カナヲ 202話でとうとう残された目を使い、彼岸朱眼を発動してしまったカナヲ。 このままでは両目ともに、失明してしまう可能性があります。 とはいえ右目も、まだ失明したわけではありません。 カナヲは以前に目について「ほとんど見えない」と言っていただけで、完全に見えないとは言っていないからです。 202話の彼岸朱眼では、左目しか使っていません。 なので右目はまだ「ほとんど見えない状態」のままだと思います。 では、左目についてはどうか。 彼岸朱眼は、使った時間によって怪我の具合が変わります。 長く使えば、それだけ失明のリスクが上がる。 今回の左目については… 正直、何とも言えないところです。 童磨の時に使った時間と、今回の202話で使った時間。 距離的にもあまり変わらず、ハッキリと時間の差を感じることができません。 なので、右目と同程度の状態であれば、ラッキーといったところでしょう。 202話の最後、カナヲは炭治郎の攻撃により、その場に倒れこんでいます。 その時点で、彼岸朱眼は解除されているでしょう。 ここは、失明していないことを祈るしかありません。 そして、ここでもう一つ心配なのは、カナヲの生死についてです。 生死 カナヲの生死については、以前の私は死んでしまうと考えていました。 しかし、今は考えが変わりました。 カナヲは死なない。 少なくとも、炭治郎の攻撃で死ぬようなことはない。 そう考えています。 炭治郎が人間を殺してしまったら、義勇の想いは何だったんだってなりますし、炭治郎は地獄行きの切符を、手にしてしまうことになります。 それはあまりにも酷すぎる。 玄弥が死んだことで、同期組が全員生き残る保証がないことは確か。 しかし炭治郎が人を殺してしまったら、炭治郎が人間に戻れたとしても、切腹しなければならないでしょう。 義勇や鱗滝も、責任を感じて切腹… 禰豆子も目の前で兄が人を殺したとなっては、この先それが、一生心の傷として残っていくことになるでしょう。 そんなエピローグは、本当に悲しすぎる。 ワニ先生も、さすがにそこまではしないでしょう…多分。 今後新たな敵の出現や、無惨が復活するようなことがあるなら、カナヲが犠牲になる可能性はあります。 しかし、現状でそれは考えられない。 なので、今のカナヲのダメージで、死んでしまうようなことはない。 カナヲは生き残る。 そう思います。 本題 ここまで、カナヲの目はまだ完全に失明していないということ。 そしてカナヲは死なないということについて、触れてきました。 ここからが本題。 カナヲの目が治る可能性について。 これは、完全なる妄想展開予想になります。 それは「しのぶの遺書と一緒に薬がある」という妄想です。 コミックス19巻の実弥の回想で、お館様が言っていた言葉。 「鬼殺隊の子供は皆、遺書を書いている」 いつ鬼に殺されるかも分からない鬼殺隊の隊士は、全員が遺書を残しているといいます。 しのぶの場合は、藤の花の毒を摂取し始めた一年前から、死ぬ覚悟をしていたはずです。 なので余計に、遺書は確実に残してあるはず。 その遺書と一緒にある薬こそが、カナヲの目を治す薬。 これが今回の妄想です。 回想 以前の回想で、しのぶがカナヲの目を案じているシーンがありました。 でもしのぶはその時、カナヲに技を使うなとは言っていません。 失明の可能性があると、心配をしているだけです。 しのぶにも、いろいろと思う部分があったのでしょう。 その中に、カナヲは止めても技を使うと、思うところもあったのではないでしょうか。 カナヲは、カナエやしのぶが認めていないのに、花の呼吸を見よう見まねで習得。 さらには、選別にも勝手に参加しています。 感情や意志が無いように見えて、実はしっかりと自分の意志で動いていたのです。 炭治郎と出会ってからは、こうしたいという意思表示も上手になってきており、それはしのぶも喜ぶほどでした。 これらを分かったうえで、しのぶはいずれカナヲが、彼岸朱眼を使う日が来ると読んでいた。 忠告は、失明を防ぐためのものだったのかもしれません。 安易に技を使わないようにと。 そして、失明さえしていなければ、目を治せる薬を開発しておいた。 その薬の完成時期は、おそらく珠世との共同開発の際。 そこには、愈史郎の助力もあったかもしれません。 愈史郎 愈史郎といえば、目に関する血鬼術を使う鬼。 ここがカナヲの目を治す薬の開発に、大きく関与したのではないか。 私はそう考えています。 202話で愈史郎がカナヲを見つけたのも、何かそういった関係性の示唆なのではないかと。 私は少し前まで、カナヲが失明した時に、愈史郎の札で炭治郎の顔を見るという場面があると、考えていました。 そのための、愈史郎とカナヲの関連付け(202話)かと思っていました。 しかし、カナヲの目を治す薬を、愈史郎が持っているのだとしたら。 もしもしのぶから愈史郎へ、薬と遺書が託されているのだとしたら。 愈史郎がカナヲを見つけ、彼岸朱眼を使うのを見たことの説明がつきます。 こう考えていくと、しのぶと珠世の共同開発の際、しのぶと愈史郎との間にどんなやり取りがあったのか、ある程度の想像ができます。 しのぶは共同開発の際に、カナヲの目の薬も作ろうとしていた。 しかししのぶだけの力では、薬の完成は難しかった。 そんな時に愈史郎の血鬼術について知り、助言をお願いしたと。 しのぶにとって鬼の愈史郎に助言を求めるのは、死んでも嫌なことだったでしょう。 しかし、愛弟子のカナヲのためを想い、頭を下げたと。 想像したら泣けてきます。 疑問 ここで一つ、疑問に思うことがあります。 どうしてしのぶは生前に、目の薬をカナヲに渡しておかなかったのか。 ここにも、私なりの考察があります。 それは「薬を渡すとカナヲが無茶をしてしまうから」といった理由です。 薬があるとわかっていたら、カナヲはいつもより多く、彼岸朱眼を使ってしまうかもしれない。 それは、失明のリスクを大きく上げてしまうことになる。 失明をしてしまうと、薬で治せない可能性があったのかもしれません。 そのため、しのぶは薬の存在を隠しておいた。 私はそう考えています。 あと、薬がどこにあるかについては、愈史郎以外の可能性も考えられます。 例えば蝶屋敷の誰かに預けてあるとか、お館様に預けてあるとか。 そういったことも考えられます。 まとめ的なもの 一番の理想は、しのぶがカナヲの目を治す薬を、こっそり開発し残しておいたという線。 そこには遺書もあり、最後にそれをカナヲが読むというエピローグ。 これだけ様々な薬が出てきているのですから、目を治せる薬が出てきたとしても、何らおかしくはありません。 珠世や愈史郎も、鬼になり病気を克服したのですから、その技術を使えば目を治すことも可能な気がします。 他にも、愈史郎の血鬼術関連でカナヲの目を治せるとか、そういった可能性もゼロではないかも? 今回の妄想は、今の最終決戦が終わり、エピローグに入ってからが本題となる部分です。 果たしてこれが当たっているのか。 それとも何か別の、予想外の展開が待っているのか。

次の

「鬼滅の刃」カナヲ、煉獄、甘露寺、無一郎、宇髄、実弥の日輪刀の“つば”がネックレスになって登場!

鬼 滅 の 刃 カナヲ

プロフィール 名前:栗花落カナヲ(つゆり かなを) 年齢:16歳 身長:156cm 体重:46kg 声優:上田麗奈 鬼殺隊の入隊試験に残った5人のうちの一人ですね! カナヲは炭治郎達とは同期ということになります。 基本的には薄っすらと微笑んだ表情をしていることが多いですが、実際は感情がほとんどありません。 言われたことをするだけという女の子でした。 その後は 炭治郎の熱意などもあって少しづつ人間としても成長していきます! そしてなんと、 カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子なのでした! カナヲの強さはどのくらい? 初期の時点で、 すでにカナヲの強さは同期たちから比べれば圧倒的なものでした! 全員が死にものぐるいで何とか生き残った試験に対して、カナヲだけはほぼ無傷。 楽勝ムードで合格というほどの差がありましたね〜。 後にわかったことですが、カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子だったんです。 「柱」というのは鬼殺隊で言うところの最強クラスの幹部ですね。 「継子」というのは、その柱から才能を認められた存在のことを言います。 ) 上弦の鬼相手に勝利 カナヲは鬼滅の刃でもトップクラスの強さを持つ上弦の弐・童磨を相手に勝利しました! 実際は伊之助とのタッグでの勝利なので自力というわけではないのですが。 そこらの鬼殺隊が何人束になっても、柱一人だけでも勝てない相手です。 そんな相手に鬼殺隊員二人で勝利したのは、かなりの快挙なのではないでしょうか? (もっと詳しく言うと、しのぶさんの術と合わせて三人での勝利ですね。 ^^) 鬼滅の刃作中でもトップクラスの強さの一人といえると思います〜! スポンサーリンク カナヲの能力や技は? 上記まででも軽く紹介しましたが、 カナヲの師匠は蟲柱の胡蝶しのぶです。 それじゃあ胡蝶しのぶの継子のカナヲ蟲の呼吸を扱うのかというと、そういうわけではありません。 ^^ 一応、蟲の呼吸と花の呼吸のどちらも水の呼吸からの派生ということは同じとなっています。 ものすごく便利な半面、自身に対する負荷も半端ないもので、失明の危険すらある、まさに捨て身の技ですね。

次の