メルペイ 後払い。 メルペイの後払いでポイントは利用できる?詳細や利用方法を徹底解説!

メルペイ、後払いすると「70%ポイント還元」 吉野家、マクドナルド、大手コンビニで開始

メルペイ 後払い

メルペイとは メルペイは、フリマアプリで有名な メルカリのスマホ決済サービスです。 メルカリで出品したものが売れた売上金をチャージして、 コンビニなど街中のお店で使えるようになるサービスです。 キャッシュレスが注目されているなかで、メルカリのフリマサービスを活かした独自のメリットがあるサービスとして注目されています。 全国にメルペイが使えるお店は 130万ヶ所以上となり、 全てのiD加盟店にて利用可能です。 お得にお買い物ができるクーポンがもらえたりメルカリのアプリで簡単な設定をするだけで後払いサービスも利用できるなど色々なメリットがあります。 メルペイ後払い(あと払い)とは? メルペイあと払いとは、2019年4月23日(火)より始まった後払いの決済サービスです。 当月後払いで決済した支払いを、 翌月の好きなときに精算できるというサービスです。 あと払いが使えるのは、メルカリのフリマだけでなく、 メルペイが使えるお店ならどこでも利用できるため、コンビニやドラッグストアなどメルペイが使えるお店で後払いが利用できるようになります。 メルペイあと払いを活用すれば、クレジットカードがない人でも翌月の給料日などに支払いができますので、 急な出費があるときや今でしか買えないものがあるときに便利です。 自分で上限金額を決めることができますので、使いすぎの心配もなく、安心して利用できます。 メルペイあと払いのメリット メルペイあと払いには以下のようなメリットがあります。 お買い物の回数に関わらず支払いは月に一度だけ メルペイでの決済回数に関わらず、 翌月にまとめて1回で支払いができます。 メルペイではクレジットカードからのチャージやクレジットカード払いが利用できないのですが、このメルペイあと払いを利用すればクレジットカードと同じような感覚でお買い物ができます。 現金がなくても欲しいものが今すぐ買える 支払いは翌月のいつでもよいので、翌月の給料日に払うなど自由に使えます。 今すぐ現金がないときでも、ほしいものや今しか買えないものが買えるのがメリットです。 手数料は清算時に300円のみ 一ヶ月に何回後払いで決済しても、 手数料は翌月の支払い時に掛かる300円が一回のみです。 コンビニなどで少額の後払い決済を10回、20回とたくさん利用しても、手数料は300円のみなので安心して利用できます。 メルペイあと払いが使えるお店 あと払いサービスは以前はメルカリのフリマでの購入だけでしたが、メルペイがはじまったことでコンビニなど外のお店でも使えるようになりました。 iDが使える場所ではどこでも使えるということになりますので、加盟店が多く、わかりやすいのがよいところです。 iD加盟店なら街のお店だけでなくオンライン決済でも使えます。 ということは、クレジットカードを持っていなくても後払いでネットショッピングを楽しめるということになります。 街中のお店でメルペイの後払いが使える有名どころの加盟店を紹介します。 コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社と、ミニストップやポプラなどその他のコンビニもいくつかカバーしています。 スーパーマーケット・ドラッグストア イオンやイトーヨーカドー、マツモトキヨシ、キリン堂、スギ薬局、ジャパンなどスーパーマーケットやドラッグストアでも後払いが使えるようになりますので、日常の支払いが便利になります。 飲食店 マクドナルド、モスバーガーやロッテリアなどファーストフードや、かっぱ寿司、バーミヤン、ガスト、ジョナサン、牛角など家族で行ける飲食店もあります。 すき家やCoCo壱番屋などちょっと食べたいときに便利なお店や上島珈琲店、タリーズコーヒー、コメダ珈琲といったカフェでも使えます。 居酒屋では魚民、白木屋、笑笑などがあります。 家電量販店 エディオン、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラで使えます。 その他 レジャー関係でもシダックス、ビックエコー、快活CLUBであと払いが使えます。 ネットではアマゾン、プレイステーションストアで使えます。 メルペイ後払い(あと払い)の使い方は? それではメルペイあと払いの使い方を具体的に紹介していきます。 事前の設定方法は? 最初に一回だけメルカリアプリ内であと払いの設定を行います。 まず、メルカリのアプリを最新にアップデートしておき、メルカリアプリを立ち上げます。 画面の一番下にメニューがありますので、右下にあるメルペイを開きます。 メルペイの画面を開くと、残高の表示やクーポンがありますが、その中に「お店のあと払いを設定する」という項目を探します。 そこをタップすると設定画面がはじまりますので、画面の案内に従って設定していきます。 銀行口座の登録またはアプリでかんたん本人確認が完了しているなら、 あと払いの上限金額を決めるなど簡単な設定で完了します。 なお銀行口座の登録とアプリでかんたん本人確認のいずれも完了していないなら、「お店のお買い物もあと払いで」という画像をタップします。 こちらの場合は本人確認をするところから進めていく流れになります。 あと払いでの決済方法は? メルペイあと払いを有効にして通常通りのメルペイ支払いをするだけです。 右上の支払い方法の変更というところをタップすると、あと払いで払うかメルペイ残高で払うかを選べます。 d たとえばコンビニなら、まずアプリであと払いが有効になっていることを確認し、商品をレジに持っていき、iDで払いますといってタッチするだけです。 翌月の支払い方法は? あと払いを利用した月の翌月1日になると、メルカリから利用明細が通知されます。 コンビニや口座振替など清算方法を選択して自分が好きなタイミングで精算します。 支払いのタイミングは1日〜末日まで好きな日で大丈夫です。 メルペイ後払い(あと払い)はコンビニでも利用できる! メルペイが始まったことで、これまではメルカリのフリマの中だけだった後払いサービスがコンビニなどのお店でも使えるようになりました。 メルペイあと払いを利用することで、クレジットカードを使わなくても後払いで支払いができるようになります。 コンビニだけでなくドラッグストアや飲食店、家電量販店でも後払いが使えますので、日常の支払いがますますやりやすくなるでしょう。 関連する記事•

次の

【最新版】メルペイスマート払い(旧あと払い)は現金化できる?金欠を救う最善策を徹底解説!

メルペイ 後払い

メルペイとは メルペイは、フリマアプリで有名な メルカリのスマホ決済サービスです。 メルカリで出品したものが売れた売上金をチャージして、 コンビニなど街中のお店で使えるようになるサービスです。 キャッシュレスが注目されているなかで、メルカリのフリマサービスを活かした独自のメリットがあるサービスとして注目されています。 全国にメルペイが使えるお店は 130万ヶ所以上となり、 全てのiD加盟店にて利用可能です。 お得にお買い物ができるクーポンがもらえたりメルカリのアプリで簡単な設定をするだけで後払いサービスも利用できるなど色々なメリットがあります。 メルペイ後払い(あと払い)とは? メルペイあと払いとは、2019年4月23日(火)より始まった後払いの決済サービスです。 当月後払いで決済した支払いを、 翌月の好きなときに精算できるというサービスです。 あと払いが使えるのは、メルカリのフリマだけでなく、 メルペイが使えるお店ならどこでも利用できるため、コンビニやドラッグストアなどメルペイが使えるお店で後払いが利用できるようになります。 メルペイあと払いを活用すれば、クレジットカードがない人でも翌月の給料日などに支払いができますので、 急な出費があるときや今でしか買えないものがあるときに便利です。 自分で上限金額を決めることができますので、使いすぎの心配もなく、安心して利用できます。 メルペイあと払いのメリット メルペイあと払いには以下のようなメリットがあります。 お買い物の回数に関わらず支払いは月に一度だけ メルペイでの決済回数に関わらず、 翌月にまとめて1回で支払いができます。 メルペイではクレジットカードからのチャージやクレジットカード払いが利用できないのですが、このメルペイあと払いを利用すればクレジットカードと同じような感覚でお買い物ができます。 現金がなくても欲しいものが今すぐ買える 支払いは翌月のいつでもよいので、翌月の給料日に払うなど自由に使えます。 今すぐ現金がないときでも、ほしいものや今しか買えないものが買えるのがメリットです。 手数料は清算時に300円のみ 一ヶ月に何回後払いで決済しても、 手数料は翌月の支払い時に掛かる300円が一回のみです。 コンビニなどで少額の後払い決済を10回、20回とたくさん利用しても、手数料は300円のみなので安心して利用できます。 メルペイあと払いが使えるお店 あと払いサービスは以前はメルカリのフリマでの購入だけでしたが、メルペイがはじまったことでコンビニなど外のお店でも使えるようになりました。 iDが使える場所ではどこでも使えるということになりますので、加盟店が多く、わかりやすいのがよいところです。 iD加盟店なら街のお店だけでなくオンライン決済でも使えます。 ということは、クレジットカードを持っていなくても後払いでネットショッピングを楽しめるということになります。 街中のお店でメルペイの後払いが使える有名どころの加盟店を紹介します。 コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社と、ミニストップやポプラなどその他のコンビニもいくつかカバーしています。 スーパーマーケット・ドラッグストア イオンやイトーヨーカドー、マツモトキヨシ、キリン堂、スギ薬局、ジャパンなどスーパーマーケットやドラッグストアでも後払いが使えるようになりますので、日常の支払いが便利になります。 飲食店 マクドナルド、モスバーガーやロッテリアなどファーストフードや、かっぱ寿司、バーミヤン、ガスト、ジョナサン、牛角など家族で行ける飲食店もあります。 すき家やCoCo壱番屋などちょっと食べたいときに便利なお店や上島珈琲店、タリーズコーヒー、コメダ珈琲といったカフェでも使えます。 居酒屋では魚民、白木屋、笑笑などがあります。 家電量販店 エディオン、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラで使えます。 その他 レジャー関係でもシダックス、ビックエコー、快活CLUBであと払いが使えます。 ネットではアマゾン、プレイステーションストアで使えます。 メルペイ後払い(あと払い)の使い方は? それではメルペイあと払いの使い方を具体的に紹介していきます。 事前の設定方法は? 最初に一回だけメルカリアプリ内であと払いの設定を行います。 まず、メルカリのアプリを最新にアップデートしておき、メルカリアプリを立ち上げます。 画面の一番下にメニューがありますので、右下にあるメルペイを開きます。 メルペイの画面を開くと、残高の表示やクーポンがありますが、その中に「お店のあと払いを設定する」という項目を探します。 そこをタップすると設定画面がはじまりますので、画面の案内に従って設定していきます。 銀行口座の登録またはアプリでかんたん本人確認が完了しているなら、 あと払いの上限金額を決めるなど簡単な設定で完了します。 なお銀行口座の登録とアプリでかんたん本人確認のいずれも完了していないなら、「お店のお買い物もあと払いで」という画像をタップします。 こちらの場合は本人確認をするところから進めていく流れになります。 あと払いでの決済方法は? メルペイあと払いを有効にして通常通りのメルペイ支払いをするだけです。 右上の支払い方法の変更というところをタップすると、あと払いで払うかメルペイ残高で払うかを選べます。 d たとえばコンビニなら、まずアプリであと払いが有効になっていることを確認し、商品をレジに持っていき、iDで払いますといってタッチするだけです。 翌月の支払い方法は? あと払いを利用した月の翌月1日になると、メルカリから利用明細が通知されます。 コンビニや口座振替など清算方法を選択して自分が好きなタイミングで精算します。 支払いのタイミングは1日〜末日まで好きな日で大丈夫です。 メルペイ後払い(あと払い)はコンビニでも利用できる! メルペイが始まったことで、これまではメルカリのフリマの中だけだった後払いサービスがコンビニなどのお店でも使えるようになりました。 メルペイあと払いを利用することで、クレジットカードを使わなくても後払いで支払いができるようになります。 コンビニだけでなくドラッグストアや飲食店、家電量販店でも後払いが使えますので、日常の支払いがますますやりやすくなるでしょう。 関連する記事•

次の

【メルペイ】後払いの設定/支払い方法!メリットも解説!

メルペイ 後払い

メルカリ傘下で金融事業を手掛けるメルペイは8月1日、モバイル決済サービス「メルペイ」の後払い決済サービス「メルペイあと払い」を一部加盟店で利用した顧客に対し、購入額の70%相当のポイントを還元するキャンペーンを始めた。 期間は11日までで、還元額の上限は1人当たり1500ポイント。 ユーザーは1ポイント=1円として、次の買い物で利用できる。 施策の名称は「ニッポンの夏!最大70%還元!キャンペーン」。 期間中に本人確認を終えたユーザーには、後払いに加え、残高で決済した場合もポイントを還元する(いずれも18歳未満は対象外)。 ポイントの付与は決済の翌日に行う。 対象店舗は吉野家、マクドナルド、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキ、ミニストップ、ポプラグループ。 吉野家の一部店舗では、還元額が購入額の50%になる。 「ニッポンの夏!最大70%還元!キャンペーン」 男性ユーザーのさらなる獲得を狙う メルペイは2月にローンチ。 フリマアプリ「メルカリ」の取引で得た売上金を加盟店での決済に使える点が特徴だ。 バーコード決済と非接触決済「iD」の他、後払いに対応しており、代金をコンビニ・ATM・口座振替で翌月に支払うことができる。 累計利用者数は約200万人(6月時点)。 メルカリは20〜30代の女性ユーザーが中心だが、メルペイは30〜40代の男性ユーザーにも広がっているという。 メルペイは、外食チェーンや大手コンビニと組むことで、男性ユーザーのさらなる獲得を図りつつ、提携先には女性ユーザーを送客する狙いがある。 メルペイ マーケティング責任者の山代真啓氏は、8月1日に開いた発表会で「現在は多様な決済サービスが乱立しているが、その多くは残高のチャージが基本。 後払いはその手間が省けるので、ユーザーから利便性を評価する声が届いている。 このキャンペーンを機に、後払いを引き続き打ち出していきたい」と説明。 「メルカリとメルペイの組み合わせにより、本来は不要だったものを価値に変え、買い物で使ってもらえる循環型社会を実現したい」(山代氏)と意気込んだ。 関連記事• メルカリは、2019年6月期の連結業績予想で、純損益が137億円の赤字になる見通しだと発表した。 メルカリが、鹿島アントラーズの運営企業「鹿島アントラーズ・エフ・シー」の発行済み株式の61. 6%を日本製鉄などから約16億円で取得すると発表。 今後はチームの経営を伸ばしつつ、ブランド力を生かして「メルカリ」「メルペイ」を強化していく。 「メルカリ」と連携したモバイル決済サービス「メルペイ」に、商品購入代金を後払いで決済できる「メルペイあと払い」機能が実装された。 購入時にすぐ代金を支払う必要がなく、翌月にまとめて支払える。 月ごとの利用上限額はメルカリの利用実績などを基に決まり、最大5万円だ。 「メルペイ」「LINE Pay」などの一部決済事業者が、自社で用意していた決済用コードを統一規格「JPQR」に準拠した決済用コードに切り替える。 関連リンク•

次の