カブドットコム証券 口コミ。 auカブコム証券の口コミまとめ!良い評価と悪い評価

【評判と口コミ】auカブコム証券を6年使ってわかったメリット・デメリットのまとめ

カブドットコム証券 口コミ

株とFX取引が同一口座内でできるのが、大きなメリットです。 たけど、人気のあるFX取引は、やはり専業の業者の方が取引可能時間帯や取扱い通貨ペアなどを始め、軍配が上がってしまいます。 その上に、為替に関する情報は専門業者と比べるとどうしても量・質の両面から見ても差があるのは紛れもない事実であります。 カブドットコム証券は、もっぱら株式メインの証券会社であり、FX取引はあくまでも補完的な位置づけなので致し方ないでしょう。 しかしながら、ドル円やユーロドルはもちろん、高いスワップポイントでも人気があるトルコリラ円も扱っています。 スワップポイントは専業業者には及びませんが、株式投資も兼ねている人にとっては、向いている証券会社のひとつとも言えます。 また、株式と投資信託の中間的な金融商品ともいえるサービスで、ETFが手数料要らずに取引できる銘柄があるのが魅力的だと思われます。 カブドットコム証券は取引手数料などは業界最安値水準。 大きな特徴は株を積み立てで買えることと、プチ株と称して単元株未満の株数で買える事。 これはSBI証券、楽天証券などにはないサービスだ。 積立で買う事が出来ると、少ない投資金額から投資することが出来て、また長期投資が可能であり、資産作りに大変有効だ。 ただ残念なのは、野村證券の積み立ては配当金を自動で積み立てに回せるのに、カブドットの場合そのまま配当金で振り込まれてしまう。 また、プチ株は100株単位の株を10株とか少ない単位で買う事が出来るので、任天堂やキーエンスなど単位株で400万円、600万円など必要になる株が少額で買える。 これも他のネット証券にはない嬉しいサービスだ。

次の

auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の評判・口コミ|メリット・デメリットも合わせて紹介!!

カブドットコム証券 口コミ

*直近1年での利益:• 10万以上/年の損失 利用期間• 3年1ヶ月(2011年7月〜現在) *2014年8月現在 利用経験のあるその他のネット証券• SBI証券• GMOクリック証券• 最新の情報は公式サイトにてご確認ください。 時間のない方でも事前に価格設定や時間設定をしておくことで、最良の取引を行うことができます。 ここまで執行条件がサポートされている証券会社は他にないと思います。 また、操作はメニュー方式で直感的に分かり易く、取引画面ではリアルタイムに価格が更新されるなど、初心者でもすぐに取引できます。 取引手数料がもっと安くなってくれれば、言うことなしです。 なぜ初心者にとって重要か 取引の度に必要なコストであり、利益を出すためには手数料が少ないことが重要です。 手数料は取引の度に必要なコストであり、ユーザーにとっては安いほどありがたいものです。 具体的に言うと、A社の株を1000円で買い、同値(1000円)で決済した場合、手数料分の赤字となってしまいます。 スキャルピングなど、取引を頻繁に行う人ほど、手数料の負担は重くのしかかってきます。 平成26年8月28時点のカブドットコム証券の日経225先物の手数料は、ラージ1枚が475円、ミニ1枚が49円(それぞれ片道あたりなので、往復(注文と決済)では、その倍のコスト)であり、証券会社の中では中レベルです。 従って、頻繁に取引をする人は、もっと手数料の安い証券会社を利用した方が良いでしょう。 ちなみにGMOクリック証券の日経225先物の手数料は、ラージ1枚が280円、ミニ1枚が39円(平成26年8月28時点)とかなり安いのですが、必要証拠金が他の証券会社よりも高く設定されているなどのデメリットもあります。 取引画面の使いやすさ・見やすさ 5. 0 なぜ初心者にとって重要か 画面が分かり易いと、適切なタイミングで注文が出来、誤発注の心配も少なくなります。 (特に誤発注は初心者にはつきもので、これで大損することもあります) ネットでの株取引をしていく上で、取引画面の分かり易さ、操作のし易さはとても重要なポイントです。 証券会社によって取引画面のデザインは見事なほど全く異なっていて、それゆえに画面の分かり易さは証券会社を選ぶ際のポイントとなってきます。 カブドットコム証券の取引画面は、取引ボードがリアルタイムに更新されるので直感的に分かり易く、スピーディーに注文でき、誤発注の可能性も低いです。 特に初心者には誤発注はつきもので、場合によっては大損することもあります。 モバイル対応 4. 0 なぜ初心者にとって重要か 移動中など、パソコンが近くにないときにも、急な売買をしなければならない局面があり、そのためにモバイル対応は必須になります。 外出中や移動中でも、急な株価の変動により売買をしなければならない局面があり、このような時のためにモバイル対応されていることが必須です。 カブドットコム証券では、スマホサイト・モバイルサイトがサポートされていて、モバイルからの株価の確認や注文発注、入出金処理などが可能です。 画面や配色がPCサイトに合わせた画面になっているので、操作もしやすいです。 スマホ・モバイルサイトは、PCサイトと比較して不具合が起きやすいので、利用するユーザーは注意することが必要です。 注文機能の多さ 5. 0 なぜ初心者にとって重要か ユーザーはいつも画面の前にいることはできないので、事前に設定しておくだけで思い通りの取引ができるよう、注文機能が充実していることが必要です。 株のネット取引において、私が最も重要視することは「注文機能の多さ」です。 株取引で利益を出すためには、少しでも有利な条件で発注・決済注文をしなければなりません。 ユーザーはいつも注文できる状況にあるわけではないので、株価が動いたことを想定してあらかじめ注文しておく機会が多くなります。 まずは注文方法(指値・逆指値・成行)の勉強が必要ですが、これはネット検索で理解できると思います。 一歩進んで勉強するには、ボリンジャーバンドや移動平均線などの各種指標や利益を出すための取引タイミングの理解が必要になります。 実際にこれらの指標に従って取引をするしないは別として、最低限の知識として持っておきたいです。 また、ネットには様々な株取引に関するサイトがありますので、その中で信用できるものをモニターすることも勉強になります。 商材目的の営利サイトも多く存在するので気を付けてください。 私は以下のサイトを毎日モニターしています。 ついてる仙人の「株式投資」「日経225先物」と「ありがとう」で幸せになるブログ 取引する上で注意することは何ですか? 最もやってはいけないことは「塩漬け」と言って、株価が逆方向に動いたときにずっとそのまま保持してしまって、取り返しのつかない価格までほったらかしにしてしまうことです。 エントリーする際に、逆に動いたときはどこで損切りをするかを決めておいて、その価格になった時は強い気持ちでロスカットすることが必要です。 なかなか難しいことですが、ロスカット価格を論理的に説明できる価格(ここまで下がったら、しばらくは上昇しないことの根拠のある価格)を勉強によって理解すると躊躇なくロスカットできるようになるのではないかと思います。 「誤註文」にも気を付けてください。 気をつけていても初心者には必ずあります。 最も多いのは「買い注文」と「売り注文」を間違えること、次に多いのはエントリー枚数の間違いだと思います。 エントリーした直後には、毎回注文が思ったとおりに行われたかどうかを画面で確認するようにしてください。

次の

ネット証券会社の 口コミ と 評判 をまとめてみた

カブドットコム証券 口コミ

カブドットコム証券の良い評価、悪い評価 カブドットコム証券の良い評価 安心感が高い カブドットコム証券は、 MUFGグループの証券会社のため、安心感が高いです。 システムが非常に安定しており、システムトラブルでサーバーがダウンすることがほとんどありません。 Webサイトの画面がシンプルで使いやすいことから、 特に初心者にとって評価が良いです。 ダブルクリックするだけで項目が変更できるなど、使いやすい工夫があります。 ツールやアプリが豊富 ツールやアプリも豊富なのが特徴です。 幅広いトレーダーからの評価が高いツールが、 kabu STATIONです。 利用料は 月額972円ですが、一定の条件を満たすことにより無料で利用できます。 リアルタイム株価予測を利用すると、プロのトレーダーが入手する情報を、個人でも得ることができ、好評です。 取扱商品の多さ カブドットコム証券の取扱商品の多さも人気の理由で、 フリーETFは特に人気が高いです。 全てのチャネルにおいて、売買手数料が無料です。 2018年6月現在、 8種類のフリーETFを取り扱っています。 フリーETF以外にも、カブドットコム証券でのみ取り扱う一般信用取引も多く、少ない金額で、単元以下の1株から取引できる プチ株も人気です。 自動売買注文の種類の多さ カブドットコム証券の自動売買注文の種類は、 業界ナンバーワンです。 通常の注文に加え、 下記の自動売買注文を使うことが可能です。 逆指値注文• W指値注文• Uターン注文• トレーリングストップ注文• リレー注文• つなぎ売りの活用 一般信用売りを活用して、株主優待を得る つなぎ売りを活用しやすいのも、良い評価につながっています。 カブドットコム証券では、権利日最終日の大引きに合わせて、 現物買いと信用売りの各取引が簡単にできるからです。 株主優待のつなぎ売りで利益を得るためには、株主優待の価値よりも 売買手数料の方が安く設定する必要があります。 その他の利点 カブドットコム証券には、 手数料が安い銘柄が多いため、お得です。 IPOがほぼ完全抽選なのも、カブドットコム証券が選ばれる理由です。 他の証券会社では、店頭配分などにより、抽選方法が平等ではないこともあります。 カブドットコム証券では、 お得な貸株サービスが利用できます。 貸株サービスを利用することにより、あなたが保有する株式をカブドットコム証券に貸す代わりに、賃貸料を受け取ります。 カブドットコム証券の貸株サービスは、0. 1%の基本銘柄、0. 5%銘柄、ボーナス銘柄の3種類から選ぶことができます。 ボーナス銘柄は最高20%の金利がつくため、 特に評判が高いです。 カブドットコム証券の悪い評価 カブドットコム証券には 「手数料が高い」との悪い評価があります。 このような評価は、どのネット証券会社にもつきものであるため、具体的な数値で比較しましょう。 店舗型証券会社と比較して、ネット証券会社の手数料は安いため、どのネット証券会社もお得ですが、商品や投資金額によって手数料が異なり、 投資資金や投資スタイルによってカブドットコム証券の手数料が高いか安いかは左右されます。 約定代金が50万円を超えると、他の証券会社と比較して高くなるため、50万円以内で少額取引を行うかたには適しています。 反面、一日に何度も売買を行う デイトレーダーには、やや不評です。 カブドットコム証券の取引手数料は、取引の都度にかかる方式です。 約定代金が10万円以下だと、手数料は90円で、約定代金が400万円以上の場合だと、手数料の上限は3,690円のため、それを活用すると良いです。 また、 手数料無料のノーロード投資信託を活用するなどすると、手数料が高いとの不満点を解消できます。 外国株の売買をしたいかたにとっては、カブドットコム証券は物足りなく感じます。 外国株取引をメインにしたいかたは、楽天証券やSBI証券、マネックス証券を選ぶ方が、より豊富な商品を比較できます。 カブドットコム証券が獲得している第三者評価や格付け カブドットコム証券は、国内外における債権などの格付けや情報提供を行っている 株式会社日本格付研究所(JCR)より、非常に高い評価を得ています。 日本格付研究所では、長期発行体格付と格付の見落とし、短期発行体格付の2通りの基準で、カブドットコム証券を評価しています。 2018年3月に行われた信用格付において、カブドットコム証券の長期発行体格付は 「A+」で、格付けの見通しは 「安定的」です。 これは、証券会社の中で 最高位の第三者評価です。 長期発行体格付は格付けの高い方から順にAAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C、Dの10等級で評価しています。 さらに、同一等級を相対的に評価するために、+または-記号をつけ、さらに細分化されます。 カブドットコム証券は、 約10年連続して「A+」を維持しています。 Aの評価は債務履行の確実性が高い企業にのみ付けられる評価です。 Aの評価がつくネット証券会社は、カブドットコム証券以外には楽天証券など、限られます。 格付けの見通しは、ポジティブ、安定的、ネガティブ、不確定、方向性複数の5通りあり、カブドットコム証券は ずっと安定的を維持しています。 これは、MUFGグループの資本力に裏打ちされた安定感が理由です。 また、カブドットコム証券の短期発行体格付は 「J-1」です。 これは、短期債務履行の確実性が 最も高い評価です。 短期発行体格付はJ-1、J-2、J-3、NJ、LD、Dの6等級です。 まとめ カブドットコム証券の良い評価と悪い評価、およびカブドットコム証券が獲得している第三者評価や格付けを説明しました。 まとめると以下の通りです。 カブドットコム証券の良い評価は、システムの安定性、豊富なツール、自動売買注文の多彩さ、株主優待が簡単など• カブドットコム証券の悪い評価は、手数料が高い場合がある、外国株の取扱数が少ないなど• 日本格付研究所による第三者評価でカブドットコム証券は業界トップの格付けを得ている カブドットコム証券は、口座開設者の口コミ、日本格付研究所による第三者評価の 両方で高い評価を得ています。 MUFGグループ資本力や信頼感が、高い評価につながっています。 良い評価、悪い評価は様々ありますが、例えば手数料でも、約定代金や一日当たりの取引回数などによって金額が異なります。 カブドットコム証券には 売買手数料が無料のノーロード商品も多数あります。 当サイトおすすめネット証券.

次の