狂乱のネコの倒し方。 【にゃんこ大戦争】狂乱のバトル降臨の攻略とおすすめキャラ|ゲームエイト

【にゃんこ大戦争】狂乱攻略 ネコ

狂乱のネコの倒し方

敵キャラ考察 全部白い敵で属性を持たない敵となる。 HP 攻撃力 射程 4,800,000 13,880 390(範囲攻撃) 体力がなんと480万もあるので、かなりの長期戦を強いられる。 攻撃力はそれ程ないが、範囲攻撃でDPSも高いため突破力が半端なく前線を押してくる。 HP 攻撃力 射程 400,000 5,570 451(範囲攻撃) このステージの裏ボスといってもいいくらい非常に厄介な敵 通常の師匠より10倍強化されているので、ダメージを喰らえばほぼノックバックされるし 近づいて攻撃もやりづらい。 近づくと大狂乱ネコがいるので実質無理w 遠距離攻撃でチクチク攻撃しても、体力40万もあるのでなかなか死なないw 彼の最大の厄介な点は、射程451www 狂乱ムートや大型キャラの射程が450なので、攻撃する前にノックバックされてしまい 攻撃するまでにやられてしまうことがほとんどだろう。 しかも1体だけではなく、同時に3体まで出現する。 雑魚敵のニョロが、微妙に前線を上げられてしまうので こいつを即倒さないと後ろのアタッカーがすぐやられてしまう。 また、クマや師匠を倒すことにより資金源確保の役割もある。 ネコルゴ 大狂乱ネコの移動速度や攻撃速度が速く範囲攻撃なので、5枚の壁だけでは足りない。 随時ノックバックさせて、前線を押し上げられないようにする役割。 かなり重要キャラ デイダラトゲラン 射程が445で師匠に負けているが、そこそこ体力もあり一度だけ生き残る能力を持つ。 大狂乱ネコの攻撃を4回位耐えてくれて、再生産スピードが大型キャラの割に早いのも良い。 大狂乱ネコにダメージを与えていくアタッカーの役割。 200%の攻撃力は10万ダメージを与えていくので 大狂乱ネコや師匠、クマにダメージを与えつつ資金源獲得の役割もある。 ネコハッカー 攻撃力はあまりないが、遠方範囲攻撃で 大狂乱ネコや師匠、クマにダメージを与えていく役割。 虹マタタビがなくて進化できなかったのだが 第2形態でもクリアできたので、第3形態であればより安定感は増すはずだ。 ギーグネコハッカー こちらも遠方範囲攻撃で蓄積ダメージを与えていく役割。 しかも移動速度を遅くする能力もあるのが素晴らしい。 ネコハッカーと同時に数が増えてくれば、相当な攻撃力になる。 遠距離範囲攻撃のハッカー軍団にして、遠方からじわじわ削っていくという作戦である。 大狂乱ネコに前線を押されないために、ノックバックさせまくることが重要。

次の

【にゃんこ大戦争】大狂乱のバトル降臨『最凶戦士』簡単攻略法 | にゃんこ大戦争簡単攻略サイト

狂乱のネコの倒し方

にゃんこ大戦争 狂乱系の倒し方 以前の質問で結構進んできた事も有り狂乱系に挑んでみようかなと思いました。 しかし無駄にやってフルボッコにされてもアレなんでせめて布陣位は整えていこうではないかと。 20 怒りのねこ番長 lv. 20 真・ネコヴァルキリー lv. 20 激レア レア系は進化前の奴のみなんでパスしますが必要なら補足で書きます ネコバタフライ lv. 20 ネコスケート 進化前 経験値はあるので進化lv. 狂乱系といっても難易度が違いますし戦略も違います。 質問者さんのキャラ、レベルだとまずはネコ、タンクを 先にクリアすると良いでしょう。 いきなりキモとかバトルに 挑むのは無謀です。 攻略法、編成についてはそれぞれ違うので書ききれません。 クリアしやすいネコとタンクのみ書きます。 ・狂乱のネコ 安価壁役4体とムート、テサラン、スケートでいけると思います。 まずは狂乱のネコが出現する前にムートを3体溜めます。 狂乱のネコが出たら全キャラ総生産。 狂乱のネコよりもゾウやクマを倒すことが重要です。 スニャ、ボン、ニャンピュを使えば楽になります。 ・狂乱のタンク 基本的にネコと同じですが取り巻きのゴリラとアヒルが強いのと 狂乱タンクが遠距離高威力なのでネコよりも難しいです。 スケートは狂乱タンクの攻撃が当たってしまうので ドラゴンに変更、ドラゴンならギリギリ当たりません。 参考になれば幸いです。

次の

【にゃんこ大戦争】狂乱のバトル降臨の攻略とおすすめキャラ|ゲームエイト

狂乱のネコの倒し方

1ページ目:ネコビルダー、ネコカベ、ネコカーニバル、勇者ネコ、ネコドラゴン• 2ページ目:ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 比較的最前線に出ることが多いので、スニャイパーで押し返すことが可能。 拠点に迫られるのを遅らせるほか、後ろにいるほかの敵にネコムートの攻撃が当たりやすくなる。 所持金を稼ぐ上でも有用だ。 壁は厚めに:像の見た目をした「パオン」は、遠距離から範囲攻撃を行う。 ネコムートでぎりぎり範囲外から攻撃可能だが、被弾するリスクも大きい。 分厚い壁でしっかり守っていこう。 ネコカーニバルや勇者ネコも、壁役として使っていくといい。 生産速度が重要:ネコムートを守るためにも、壁役の生産速度は早いほうがいい。 働きネコの仕事効率や研究力などの青玉は、+による強化がほしいところだ。 壁の生産が間に合わないと感じた場合は、ニャンピュータに頼ってしまおう。 「暗黒憑依 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のネコ」は高い体力を武器に、最前線に立って少しずつ近づいてくる。 攻撃も痛いが、範囲は比較的狭い。 壁を厚く保ち、範囲外から攻撃することが重要となる。 1ページ目:狂乱のネコ、ネコビルダー、ネコカーニバル、ネコカベ、ネコドラゴン• 2ページ目:狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 攻略のポイント ザコ敵が増えたときが危険:このステージでは非常に強化された「ゴリさん」や「アヒルンルン」が定期的に複数出現する。 いずれも突破力のある敵なので、壁が薄いとザコ敵を処理する後ろのキャラクターが被弾し、リカバリーできない状態に陥ってしまう。 攻撃役のキャラクターを壁役で守り、少しでも早くザコ敵を処理できるようにしていこう。 自拠点付近で戦ったほうが安定する:壁4枚の編成でニャンピュータを使った場合でも、敵の数が増えると前線の維持が難しくなる。 手動で戦う場合はなおさらなので、自拠点付近で戦ったほうが前線、そしてネコムートを維持しやすくなる。 場合によってはコンティニューもあり:このステージは、ニャンピュータ、スピードアップを使用しても、クリアに10分以上かかる。 よほど強化したパーティーでない限り、手動ならさらに時間が掛かるはず。 ボスの残り体力によっては、ネコカンでコンティニューしてしまってもいいだろう。 「絶対防御 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のタンクネコ」は、ゲーム内でも屈指の体力の高さを誇る。 クリアに時間が掛かる最大の要因だ。 ただ移動速度は遅いので、単体なら前線を維持しつつ、スニャイパーで押し返すこともできる。 1ページ目:狂乱のネコ、狂乱のタンクネコ、ネコカベ、ネコビルダー、天空のネコ• 2ページ目:ネコドラゴン、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• ネコムートを開幕早々に生産し、できるだけ敵を処理することで、再生産までの時間を稼ごう。 可能ならば、研究力の青玉も+10にしておきたいところだ。 生産数の上限に注意:いったん敵拠点を叩くと、狂乱のウシネコが大量に登場するステージ。 たたく前に厚い壁を用意するのはセオリーだが、生産しすぎると上限に達し、その後に出したいキャラクターが生産できなくなる恐れがある。 狂乱系の2種類で、ネコムートが被弾しない程度に生産するだけでじゅうぶんだ。 「ヘッドシェイカー 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のウシネコ」は高速で前線に到達し、頭を狂ったように振ってくる。 単体攻撃で射程が短く、体力や攻撃力はそれほど高くない一方で、中盤以降は怒涛のように出現し、前線に10体近く固まることもある。 進攻を遅らせる壁役と、処理できる範囲攻撃キャラクターが必須といえる相手だ。 1ページ目:ネコライオン、ネコ島、ネコキングドラゴン、ネコジャラミ• 2ページ目:なし• にゃんコンボ:なし• そのほかも基本的に体力が高く、一撃は殴ってから離脱してくれる面々となっている。 ガチャ限定の強力なキャラクターがいる場合は、入れてもいいだろう。 攻略のポイント +にかなりの上乗せをしておく:本来、ガチャや狂乱系の強力キャラクターがほしいステージ。 基本キャラクターのみの編成の場合、+で強化しないと厳しい戦いとなる。 +20あれば、かなり安定した戦いができるだろう。 体力の低いキャラクターは出さない:ボスである「狂乱のキモネコ」は、100%の確率で波動を発動する。 射程も長く、ダメージを受けながら攻撃しなければならないため、体力の低いキャラクターや壁役などはまったく役に立たない。 いたずらに波動を誘発するだけなので、生産はしないほうがいいだろう。 ネコジャラミは常にいる状態に:ダメージソースであり、敵をふっとばすこともできるネコジャラミは、いないと困るほどの存在。 ニャンピュータを使わない場合、最優先でネコジャラミを生産し、いないときにほかのキャラクターでしのぐといった戦い方が基本となる。 狂乱のネコダラボッチがいれば、ネコジャラミと交互に出せるのでかなり有用。 持っている場合はぜひ入れよう。 「キモフェス 超激ムズ」立ち回り 波動は狂乱のキモネコの攻撃が当たってからの発動になるため、キモネコの射程外から攻撃することで、先手を打つことも可能。 遠距離攻撃キャラクターの出番ではあるが、ネコジャラミなどの近距離攻撃キャラクターを狙った波動によって、攻撃する前に被弾することもしばしば。 近距離と遠距離両キャラクターの攻撃が、重なるように調整できると効果的だ。

次の