厚生 年金 国民 年金 重複。 厚生年金と国民年金が重複支払いした場合は還付できる

国民年金と厚生年金は両方払うの?脱退手続きや重複した場合は?

厚生 年金 国民 年金 重複

>その月は、月初めに派遣で働き始め、月の途中で退職しました。 月末の状態は国民年金の状態ですので、厚生年金は引かれなくてもよいのではないでしょうか? ・この場合は、同月得喪(同じ月に資格取得、喪失をした場合)により保険料は発生します (退職後、同月に再就職して厚生年金に再度加入した場合は、再加入の方のみ徴収されます この場合、前会社から徴収された分の返還は可能です:厚生年金保険法第19条第2項) ・健康保険に関しても同様です (こちらの場合は再就職後の保険料も徴収されるので二重払いになります) ・尚、徴収された厚生年金分は老齢厚生年金分に充当されます、国民年金分は老齢基礎年金分に充当されます >このままの状態で問題ありませんか? ・問題有りません・・適正な処理ですから FP2級の資格しかありませんので、本の内容を引用します。 >被保険者期間の計算 2 資格取得日が月の初日であっても末日であってもその月は1カ月とし、資格喪失日が月の初日であっても末日であってもその月は計算しない。 3 資格を取得した月に資格を喪失した場合はその月は1カ月として計算する。 その後、さらに資格を取得した時は、後の取得した期間のみを1カ月として計算する。 >種別の変更 1 被保険者の種別に変更があった時は変更後の種別の被保険者であった月とみなす。 2 同一の月に2回以上の種別の変更があった月は最後の種別の被保険者であった月とみなす。 上記は、「年金相談の実務」鈴江一恵著と言う本からの抜粋です。 会社の事務処理から言いますと、 社員が採用された場合、「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届」を5日以内に作成し、年金事務所[昔は、社会保険事務所]に提出が義務付けられております。 ところが、雇用保険は当月分を給与から差し引くのですが、健康保険・厚生年金保険料は、前月分を給与から差し引く形なので、あなたの記憶通りだとしたらに採用された月の給与から当月分を差し引いたとなります。 それでしたら、会社の事務処理ミスですね。 でも、年金加入と言うことで考えれば、厚生年金の加入月が1月でも多くなることの方がラッキーです。 国民年金の国庫負担分は平成21年4月分より2分の1となりましたので、それ以降の月の全額免除期間は2分の1が年金額として支給されます。 分かりやすく言うと、全額免除の期間が平成21年4月以降なら、年間約2万円支給される年金の半分が年金保険料を支払っていなくても=全額免除されている訳ですから、つまり、1万円が支給されるんです。 ところで、本当に<免除>ですか?それとも<猶予>ですか? あなたの場合だと種別変更が月に2度あったと言うことですね。 ただ、お金が戻ってくると言う問題ではありません。 A ベストアンサー お礼をつけてくださり、ありがとうございます。 急いで打っていたので誤変換等が多々あり、読み辛くはありませんでしたか? 世間では条文を都合のいいように解釈し「2か月経ないとと加入できない」「試用期間中の者は何か月経っても加入できない」「週30時間又は月120時間労働 という労働契約 でなければ加入できない」と信じ込んでいる経営者[某大手小売店は公式の場で発言]や事務責任者がまたまだ存在します。 一方で、『やる気はあるが人手が足りない』事業所だと「社会保険労務士」又は「労働事務組合 労働組合ではありません 」に手続きを委託しており、加入手続き終了の連絡に2週間から1か月を要することがありますね。 A ベストアンサー 平成27年10月分以降の厚生年金保険料は、同月得喪のときは、当月分を徴収しません。 一方、健康保険料・介護保険料については、同月得喪のときでも、当月分を徴収します。 そのため、ある月のお給料で実際に天引きされたのは何月分なのか、ということをしっかり把握して下さい。 また、全額免除になっていたのは「国保(国民健康保険)」ではなくて「国民年金」の保険料でしょう? 国保、と書くとぜんぜん別のものになってしまいますから、くれぐれも注意する必要があると思います。 平成27年9月分まででしたら、同月得喪であっても、当月分は厚生年金保険料が必要です。 ということは、その当月は、国民年金保険料の全額免除の対象でもなくなっています。 その場合には、厚生年金保険に入ることが必須になっているわけですから、当然、還付は受けられません。 逆に、平成27年10月分以降では、同月得喪のときは、当月分は厚生年金保険の対象ではありません。 言い替えると、国民年金に入って、国民年金保険料を納めないといけません。 ということは、ダブって厚生年金保険料が天引きされてしまったのなら、当然、それは還付されます。 ということで、いつの分の同月得喪なのでしょう? もう少しわかりやすく、そのへんをしっかり書いたほうがちゃんとした答えが付くと思います。 平成27年10月分以降の厚生年金保険料は、同月得喪のときは、当月分を徴収しません。 一方、健康保険料・介護保険料については、同月得喪のときでも、当月分を徴収します。 そのため、ある月のお給料で実際に天引きされたのは何月分なのか、ということをしっかり把握して下さい。 また、全額免除になっていたの...

次の

厚生年金と国民年金の違いとは?今さら聞けない厚生年金の基礎知識

厚生 年金 国民 年金 重複

日本の公的年金制度では、基本的に日本国内に住む20歳から60歳のすべての人が保険料を納め、その保険料を高齢者などへ年金として給付する仕組みだ。 加入する公的年金は職業等によって、厚生年金と国民年金に分けられる。 まずは厚生年金への加入や脱退であるが、これは就職もしくは退職時に勤務先が代行して行うこととなる。 厚生年金加入資格のある雇用者の事務手続きは、事業主の義務となっており、就職したのに厚生年金へ未加入であるというケースや、退職したのに厚生年金へ加入し続けているというケースは基本的に起こらないと言える。 次に国民年金であるが、こちらは加入の場合には自身で手続きを行う。 20歳になった時は年金機構から送付される「国民年金被保険者資格取得届書」に必要事項を記入して居住地の市区町村役場の国民年金担当窓口へ提出することで、退職した時等には、自ら役場や窓口に出向く必要がある。 また脱退の場合、すなわち、厚生年金へ加入する際には、先に述べたように勤務先を通じて国民年金の脱退手続きも行われるため、自身で手続きを行う必要はない。 なお、国民年金加入者が海外へ転出し、その期間が5年以上の場合は国民年金からの脱退となるが、こちらは自身での手続きが必要となる。 このように、最後のケースを除いて、厚生年金・国民年金共に、脱退手続きは自身で行う必要がないため、手続きの失念や遅れによって、厚生年金と国民年金が重複するケースは起こり得ない。 【合わせて読みたい「老後・年金」シリーズ】 ・ ・ ・ ・ なぜ重複は起こるのか? では、重複が起こるケースとはどのようなものであろうか。 最も多いケースは、国民年金保険料を前納している場合であろう。 保険料の前納を行った国民年金の加入者が、その期間中に就職して厚生年金の加入者になった場合、国民年金をすでに納付してしまっている期間中に厚生年金の保険料納付が始まることとなり、重複が生じる。 2017年度における国民年金の保険料は、1月当たり1万6490円となっている。 ただ、前納した場合においては、前納する期間によって一定の割引が行われる。 例えば2年分をまとめて口座振替で前納した場合、合計で1万5640円の割引となる。 厚生年金と国民年金の重複は、この前納制度を活用したことによって生まれることが多い。 重複した時はどうすれば良い? さて、国民年金の前納期間中に厚生年金に加入して起こる年金の重複であるが、この場合はどのような手続きを取れば良いのだろうか。 国民年金と厚生年金の重複があった場合には、「国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書」という書類が年金事務所より送付される。 各個人の年金の加入記録や納付状況は基礎年金番号によって管理されており、厚生年金と国民年金の重複があった場合には、基礎年金番号を元に年金事務所が重複を確認し、就職後1、2カ月程度で書類が送付されることとなる。 数カ月たっても書類が来ない場合は年金事務所へ相談をした方が良いだろう。 「国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書」は厚生年金と国民年金の重複を知らせる通知書であり、そこには「国民年金保険料還付請求書」という書類が添付されている。 この「国民年金保険料還付請求書」に還付金の振り込みを受ける口座情報を記入し、郵送もしくは年金事務所へ持参提出をして行う。 還付には時間が掛かる 提出した「国民年金保険料還付請求書」が受理されれば、「国庫金振込通知書」が送付される。 振り込み予定日や振込先金融機関等の情報が記載された書類である。 この通知書が届けば、あとは還付金の振り込みを待つのみとなる。 通常、「国民年金保険料還付請求書」から1、2カ月で還付金の振り込みが行われることとなる。 重複があった時から考えると、重複の照会から還付金の振り込みまで数カ月を要することとなる。 重複した年金保険料の還付は気長に待つ必要があるだろう。 なお、重複した年金保険料の還付は銀行振り込みだけでなく、郵便局の窓口で還付金を直接受け取る方法もある。 郵便局の窓口での支払いには日数が掛かり、事故の発生も起こり得るため、年金事務所も振り込みでの還付を勧めている。 基本的には振り込みでの還付を行う方が無難であろう。 国民年金の前納による重複があった場合には確定申告にも注意 厚生年金と国民年金の重複があった場合、還付金を受け取れば手続き完了となる。 ただ、確定申告時に注意する点がある。 国民年金保険料は確定申告を行うことで社会保険料控除を受けることができる。 しかし、国民年金の前納を行ったことによる年金の重複がある場合、重複期間の国民年金保険料を控除することはできない。 重複期間の国民年金保険料は還付されるため、当然である。 前納した国民年金保険料と厚生年金保険料が重複している場合は、重複期間分を差し引いて申告する必要がある。 自身で確定申告を行う場合はもちろん、年末時点で就職している場合は、年末調整時に勤務先を通じて申告することとなる。 注意したいのは、前納した国民年金保険料の全額を年末調整や確定申告において控除申請し、その後、前納完了期間までに厚生年金加入者となった場合である。 年末時点で国民年金加入者でありながら、パート先等で年末調整を行い、その後、厚生年金加入者となったケースや、自身で確定申告を行った後に厚生年金加入者となったケースである。 これらのケースでは、前納した国民年金保険料は全額控除の申請がなされるが、その後、厚生年金加入者となってから前納完了期間までの間で重複が起こることとなる。 こうした場合は、自身で確定申告や修正申告を行うことによって、正しい控除額へ修正する必要が生じる。 国民年金の前納をしていなくても重複が起こるケースとは? 国民年金の前納制度を活用していなくても、厚生年金と国民年金が重複してしまうケースもある。 それは、厚生年金保険料を当月徴収している勤務先を月末以外の日付で退職した場合である。 厚生年金保険料は給与から源泉徴収されることによって納付される。 この源泉徴収のタイミングであるが、その月の給与から徴収する当月徴収と、翌月の給与から徴収する翌月徴収があり、勤務先ごとに定められている。 当月徴収の会社の場合、給与支払時に当月の厚生年金保険料が支払われることとなるが、月末以外のタイミングで退職した場合、その月の国民年金保険料を支払う義務も生じることとなり、重複支払いの可能性が生じるのである。 このケースにおいて、厚生年金保険料と国民年金保険料はどのように処理されるのだろうか。 月末の状況によって、その月に払うべき公的年金の種類が決まる 当月徴収の勤務先を月末以外に退職した際に起こる厚生年金保険料と国民年金保険料の重複であるが、この場合、支払うべき公的年金制度は、厚生年金ではなく国民年金となる。 その理由であるが、その月に支払い義務が生じる公的年金の種類は、月末の就業状況によって決まるためである。 退職日が月末であれば、その月に支払うべき公的年金は厚生年金となり、月内に退職し、月末時点において自営業や無職であれば、その月に支払うべき国民年金となる。 このように、その月に支払うべき公的年金は月末時点での就業状況によって決まる。 公的年金保険料は日割計算されないので、3月30日に退職し、3月31日時点で無職の場合では、3月分として、1カ月分の国民年金保険料を支払う必要がある。 さて重複して納付してしまった年金保険料であるが、厚生年金保険料の還付を受ける必要がある。 このケースでは、基礎年金番号を元に厚生年金の脱退手続きが取られるため、支払った年金保険料は厚生年金には納められず、会社の預かり金となる。 保険料の還付は退職した勤務先に相談し、個別に手続きを行う必要がある。 さらに、退職した会社から発行される源泉徴収票を確認し、社会保険料控除の金額が重複してしまった厚生年金保険料を含んでいないことを確認することも重要である。 年金保険料の当月徴収と翌月徴収であるが、現実は翌月徴収を採用している企業の方が多いと見られる。 さらに、退社日が月末以外の場合という条件も加わるため、このケースに該当し、厚生年金と国民年金の重複が起こる人は多くない。 ただ、退職日が月末以外となるケースでは、就業規則や雇用契約書等によって、自身の勤務先が当月徴収であるか翌月徴収であるかを確認しておくべきであろう。 重複を起こさないためには? 国民年金と厚生年金を重複して納付しまった場合、重複してしまった保険料は還付されるものの、手続きが必要となり、還付までの時間もかかる。 更に、場合によっては、確定申告による修正等も必要となる。 年金の重複は起こさないに越したことはないだろう。 ただ、退職のタイミング等によっては、こうした重複はどうしても起こってしまう場合もある。 重複を起こさないためには、退職日を月末にすることや、今後の就職が見込まれる場合には国民年金の前納を控えるといった方法しかないであろう。 それ以上に大切な点は、国民年金と厚生年金の重複の仕組みを理解し、重複が起こった場合に、手続きや確定申告で戸惑わないことである。 還付金請求や確定申告の修正と聞くと難しく感じるが、行うべき手続きは限られており、そこまで複雑な作業でもない。 年金の重複はさまざまな事象が重なった場合に起こる特殊なケースであるが、その仕組みを整理して対応すれば、問題無いものと言える。

次の

厚生年金と国民年金の違いとは?今さら聞けない厚生年金の基礎知識

厚生 年金 国民 年金 重複

(写真=PIXTA) 今まで自分で国民年金を支払っていた人が、就職して厚生年金に加入することになった場合、国民年金の脱退も厚生年金の加入も、基本的には就職先の企業が行うことになります。 そのため、自分で何かした覚えがなくても、同時に2種類の年金保険料を支払うということにはならずに済んでいる場合がほとんどです。 では、国民年金も厚生年金も両方支払ってしまう「重複納付」はどんなときに起きるのでしょうか。 国民年金を前納している 国民年金には、前納(まとめて前払い)すると、保険料が割引される制度があります。 おトクなので利用する方も多いのですが、この前払いが済んでいる期間に、会社員や公務員など厚生年金の対象になる仕事に就いたときは要注意です。 その期間の国民年金の支払いが終わっているのに、お給料から厚生年金の保険料が天引きされるため、重複納付になります。 ただし、通常は年金事務所にて重複納付を把握し、重複の事実を知らせて返金するための書類が送られてくるはずです。 もしその書類が届かない場合は年金事務所に確認してみましょう。 月の途中で転職した 年金保険料には日割りの仕組みがありません。 そのため、月末以外のタイミングで年金の種類が変わるような転職をした場合、同じ月の年金保険料を転職前と転職後の両方に支払っていることがあります。 給与明細をチェックし、わからなければ会社の事務担当者に聞いてみましょう。 重複納付した分は手続きをすれば返金されますが、一部例外もあります。 例えば、入社後すぐに退職することになり、同じ月に入社日と退社日がある場合、その月は厚生年金と国民年金のどちらも支払う必要があります。 この場合は、重複していても返金はされません。 年金機構の事務ミス 件数は少ないものの、日本年金機構が手続きを間違えているというケースも考えられます。 年金事務所から届く書類にはきちんと目を通し、疑問に思う点があれば問い合わせるようにしましょう。 重複して払った年金保険料を返してもらうには (写真=PIXTA) 重複納付があってから、年金事務所と書類のやり取りをして、口座にお金が戻ってくるまでには、1ヵ月から数ヵ月かかるのが一般的です。 また、還付手続きの時効は2年と定められており、それを過ぎてしまうと重複分の返金は受けられなくなります。 書類が届いたら、なるべく早く手続きするようにしましょう。 年金保険料をいくら支払ったかは、所得税や住民税にも影響します。 社会保険料控除により、支払った保険料は所得控除を受けることができるからです。 重複納付があった場合は、社会保険控除を正しく受けるために、勤務先の年末調整もしくは自分で確定申告をするときに申請する必要があります。 忘れずに行いましょう。 年金機構からの書類は要チェック! (写真=PIXTA) 「年金関係は内容がややこしくて難しい」というイメージから、年金関連の書類が届いても放置してしまう方もいるかもしれません。 せっかくお金が戻ってくる案内が送られてきているのに、気付かずに書類を捨ててしまうなんてことがあったら、もったいないですよね。 送られてきた年金関連の書類はしっかり確認し、疑問点があれば、窓口に問い合わせたり専門家に聞いたりしながら解決するようにしましょう。 iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。 ・税金の面でとても優遇されている ・毎月5千円から始められる ・投資信託の手数料がとても安い 老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。 1で10 年の実績をもつネット証券 最大手 ・iDeCo専用ロボアドバイ ザーによって好みに合った 商品を選択できる 資産運用しやすい管理画面 と無料セミナーなどの充実 したサポート 残高に応じてau WALLETポ イントが貯まる(一部商品) ロボアドバイザーによるiDe Co専用無料ポートフォリオ 診断があり、簡単な質問に 答えるだけで最適な資産運 用が可能 「iDeCoシミュレーター」で iDeCoを利用した場合の節税 額を簡単にチェックできる 文・馬場愛梨(ファイナンシャルプランナー・心理カウンセラー) 【こちらの記事もおすすめ】 > > > > >.

次の