おおきく振りかぶって。 おおきく振りかぶっての恋愛関係!フラグ事情をまとめると複雑すぎ…

おおきく振りかぶって 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

おおきく振りかぶって

Contents• おおきく振りかぶって 1 三橋は三星中学のエース。 しかし経営者(?)の孫であるためひいきでエースになったと本人もチームメートも思っている。 そのため,いじめのようなかんじになってしまう。 三橋は高等部への進学をやめ西浦高校へ。 そこで野球部に入ることになるがひいきでエースだったと思い込んでいるため自信がない。 捕手の阿部,監督は三橋の実力を認めている。 そんな時,三星高校と因縁の試合。 阿部の好リードで良好なスタとをきる三橋。 おおきく振りかぶって 2 三橋の好投に一球目を見ない奇策に出た三星。 三塁打とホームランで逆転する。 しかし相手投手も走塁などの疲れから乱れ西浦高校に攻略される。 出身高校に未練があった三橋だが西浦高校のエースになる覚悟を固める。 三橋をリードしてくれていた阿部をバッテリーを組んていた好投手の試合を見ることに。 投手の名は榛名。 何かいわくがありそう。 おおきく振りかぶって 3 阿部とバッテリーを組んでいた榛名の試合。 阿部と榛名の過去の出来事が回想される。 榛名がすさんでいた中学時代に阿部はバッテリーを組んでいた。 榛名は弱小武蔵野高校に進学したがその理由がチームメイトに語られる。 おおきく振りかぶって 4 アフタヌーンKC 西浦高校野球部は三橋の家で勉強をしたり,朝練をしたり本格的なチーム強化に乗り出す。 夏大会の抽選。 西浦高校は1回戦で昨年の優勝校桐青高校と対戦することに。 おおきく振りかぶって 5 アフタヌーンKC 夏の埼玉大会。 西浦高校と昨年の優勝校桐青との試合。 桐青のピッチャーの立ち上がりを西浦が攻め1点先取。 桐青は西浦をなめているからか,三橋に抑え込まれている。 しかし桐青のピッチャーが調子を出し始める。 一方三橋はペース配分が危うい。 おおきく振りかぶって 6 アフタヌーンKC 夏の埼玉大会1回戦。 相手は昨年の優勝校桐青。 三橋の好投が続くが桐青が徐々に追い上げ同点になる。 試合中の作戦の読みあいの描写が凄いと思いました。 野球ってこんなに頭を使うスポーツだったんですね。 おおきく振りかぶって 7 アフタヌーンKC 引き続き桐青との試合。 三橋のワイルドピッチで1点リードを許してしまう。 雨のためしかたない失点。 9回表西浦高校の攻撃。 得点しなければゲームセット。 バッターは9番阿部。 9回表1点を追う西浦。 戦闘バッター阿部がヒットで出塁し,4番田島の絶妙なバッティングで逆転。 9回裏西浦高校は無死2塁になるが,派内の見事なバックホームで勝利する。 おおきく振りかぶって 9 アフタヌーンKC 2回戦は埼玉高校。 5番打者が抜群のセンスを持つ。 西浦高校は阿部の提案により5番を敬遠し,コールドゲームを狙う。 1回裏西浦高校は手堅く2点を先取。 試合中の駆け引きが面白い。 おおきく振りかぶって 10 アフタヌーンKC 埼玉高校との3回戦。 この試合は4番田島が故障のため,花井を4番にする。 監督は花井を伸ばすためにプレッシャーをかけ続ける。 花井はなかなか打てないが,田島を意識する自分の気持ちに整理がつき最後にヒットを打ち試合を決める。 野球って単調だと思ってましたが,こんなにいろんな事考えてたんですね。 おおきく振りかぶって 11 アフタヌーンKC 4回戦西浦高校は港南高校に6対3で勝利。 5回戦の相手美丞大狭山高校は西浦の肝が捕手阿部であることを見抜く。 阿部の配球パターンを研究し三橋のボールを完全に予想。 1回表に三橋から3点を奪う。 阿部は自分が研究されていることに気づくか? おおきく振りかぶって 12 アフタヌーンKC 美丞大狭山との対戦。 美丞大が阿部の配球を読んでいることに気づき打者を打ち取る。 また,美丞大が西浦の選手の打撃を研究し選手ごとにシフトを変えていることにも気づき2点を返す。 しかし,5点を入れられてしまう。 西浦の反撃はあるか? おおきく振りかぶって 13 アフタヌーンKC キャッチャー阿部がクロスプレーで負傷。 交代で田島が入る。 ストライクとボールのサインは監督が出すが,これも相手に読まれる。 相手のピッチャーは調子を上げている。 西浦は逆転できるのか? おおきく振りかぶって 14 アフタヌーンKC 西浦高校の逆転ならず,5回戦敗退。 次の巻からどういうストーリーになるか。 楽しみです。 おおきく振りかぶって 15 アフタヌーンKC 西浦高校に勝った美丞大狭山の選手とコーチの会話などがあり,どうもスタンドのコーチから安倍を汚させろというような指示があった模様。 どこかで聞いたような。 西浦高校の選手たちはそんなことは気にせず次の目標に向かって練習再開。 チームの目標は「甲子園優勝」 おおきく振りかぶって 16 アフタヌーンKC 高校野球の選手って栄養とか食べる時間とか考えて体を作っているんですねぇ。 高校生は運動が大事だと思いました。 さて埼玉大会ですが武蔵野第一と市立春日部の試合。 阿部の知り合いの榛名を擁する武蔵野がリードを許す。 この間,文ストの4D映画を春日部で見たので,春日部にも親近感がわきますが,試合の行方はどうなるか。 おおきく振りかぶって 17 アフタヌーンKC 埼玉大会の続き。 武蔵野第一高校は延長戦で逆転し市立春日部に勝つ。 次の武蔵野第一の対戦相手はARC。 武蔵野第一のエース榛名が1回に打たれ,キャッチャーを変える。 なぜキャッチャーを変える? おおきく振りかぶって 18 アフタヌーンKC 武蔵野第一とARCの試合。 榛名が打たれ点数が入れられてしまう。 武蔵野も相手の選手のボールになれ得点できるようになる。 逆転できるか? おおきく振りかぶって 19 アフタヌーンKC 武蔵野はキャッチャーのミスもありコールド負けを喫してします。 榛名に阿部と三橋が会いに行く。 阿部と榛名の話は正直よくわからない。 三橋は榛名のように速球を投げるため振りかぶることにする。 おおきく振りかぶって 20 アフタヌーンKC 西浦高校は有名な強豪校3校と合同合宿。 ライバル同士だが他県なので緊張感は緩め。 三橋は田島とバッテリーを組み球種をテストしてみる。 学校生活すべてが野球っといった感じです。 もし,肩壊しちゃったりしたら,きついよなーと思いました。 道踏み外すかも。 おおきく振りかぶって 21 アフタヌーンKC 埼玉県の秋季大会。 西浦高校はシード校になる。 1回戦は榛名がいる武蔵野高校。 武蔵野高校は好走塁で先取点を入れる。 西浦高校も相手捕手が捕球以外ダメなところを突き点を入れる。 この巻から榛名がおバカキャラになっているのが意外です。 前まではヒーロー扱いだったのに。 おおきく振りかぶって 22 アフタヌーンKC 西浦高校と武蔵野第一の試合。 三橋のストレートを武蔵野第一の選手たちは良く掴めない。 捕手の秋丸だけは三橋のストレートを理解している模様。 おおきく振りかぶって 23 アフタヌーンKC 西浦高校と武蔵野第一の試合。 9回裏武蔵野の捕手秋丸の悪送球でサヨナラ勝ち。 私的には西浦よりも武蔵野の秋丸選手が気になりました。 秋期県大会で西浦高校は強豪千朶高校と対戦することになる。 おおきく振りかぶって 24 アフタヌーンKC 西浦高校と千朶高校との戦い。 三橋はできすぎのピッチングで打線を抑える。 西浦の打線もできすぎで先取点を入れる。 この流れだと後半大きく崩れてコールド負けか? おおきく振りかぶって 25 アフタヌーンKC 引き続き西浦高校と千朶高校の試合。 西浦の田島は今一つ調子が出ない。 今までずっとヒーローだったのに。 打順が下がったからだろうか。 体格が小さいことがコンプレックスになっているのかもしれない。 おおきく振りかぶって 26 アフタヌーンKC 引き続き西浦高校と千朶高校の試合。 千朶のうまい試合展開に8点差をつけらたところに相手のエース登場。 圧倒される間にコールド負け。 落ち込むことなく試合を振り返り次に臨む。 おおきく振りかぶって 27 アフタヌーンKC 中間テスト前で部活なし。 田島宅で自主練習をする。 大家族の田島家では孫の友だちをファーストネームで呼ぶ。 阿部や三橋たちもファーストネームで呼び合うようになり関係が良い方向になっているよう。 投手の故障はバランスが悪いからだとか。 いろいろ考えなければならないですね。 おおきく振りかぶって 28 アフタヌーンKC 西浦高校はメンタルトレーニングを大学生に習う。 プラス思考ビーム。 自分では気が付かないうちにマイナス思考に陥っていることがあるので仲間がプラス思考ビームを浴びせる。 メンタルテストでは阿部と田島が高得点。 メンタル面での強化もできれば甲子園も夢ではないかも。 手軽なトレーニングは姿勢に気を付けること。 埼玉高校との試合では前回敬遠した佐倉からホームランを打たれる。 おおきく振りかぶって 29 アフタヌーンKC 埼玉高校との試合は埼玉のピッチャーの好投と2人の打者により先行を許す。 西浦高校は良いところがない。

次の

おおきく振りかぶって(33) (アフタヌーンコミックス)

おおきく振りかぶって

体づくりから野球技術にメンタルトレーニングまで、取材や参考資料に基づく話をベースに、試合ごとのチーム戦略や心理戦を綿密に描いていく。 初心者にも経験者にも、成功体験を積み重ねられる環境を 『おおきく振りかぶって』 以下『おお振り』 は、埼玉県立高校の硬式野球部を舞台に、1年生だけが集まって、甲子園を目指すスポーツマンガです。 中学校で軟式野球部に入っていた選手もいれば、野球に対してより意識が高いシニアチームを経験した選手もいます。 そして、中には未経験で入部する人も。 登場人物の西広辰太郎(にしひろ・しんたろう)はまったくの野球初心者です。 中学で陸上部に所属していた彼は、高校から野球を始めました。 そのため「グローブでボールを捕る」といった基本的な動作も、最初は難しい様子。 しかし、部員は10人しかいないため、西広も試合に出る可能性はゼロではありません。 まずは、大きく打ち上がったフライを捕る練習から始め、周りの経験者たちも西広に助言をしていきます。 C ひぐちアサ/講談社(『おおきく振りかぶって』第4巻より) 興味があって参加した場所でも、周りとの差が大きい中で失敗や負けが続くと「自分には向いていないのかもしれない」と、その場を去る動機になりがちです。 作中では実際に、西浦高校とは別の高校の野球部選手が、能力でも意識でも大きく自分を上回る選手に高校で出会い、「野球をやめてしまおう」と思う瞬間があります。 それを防ぐのが成功体験。 自信を失ったり落ち込んだりしたメンバーが 「自分はできる」と、実感が持てるような環境を整えることは不可欠です。 実は経験者についても同じことが言えます。 監督が外部から招いたメンタルコーチは、 技術の習得の場である練習は「成功体験を積み重ねる場所にするべきだ」と提案します。 C ひぐちアサ/講談社(『おおきく振りかぶって』第28巻より) メンタルコーチが作中で指摘するように、人によってはミスを怒られると萎縮して苦手意識を持ってしまいます。 その苦手意識は練習では邪魔になり、試合中にもミスをするイメージを浮かべることにつながるため、結局いい動きができません。 部員からもミスを褒められることで「体が軽くなってビックリした」という感想が出てきます。 こうした積み重ねによって、 常にメンバー全員がプラスのイメージを持ち続けられるような環境をつくることにつながるのです。 もちろんビジネスシーンでは取引先を怒らせる、営業先への提案を失敗するといったミスを褒めることは現実的には難しいでしょう。 ただ、社会や経済環境が大きく変わる今は、「失敗するかもしれないような新たな挑戦をしない」という選択肢は考えにくいもの。 たとえばメンバーが「練習」できるような場を用意するなど「失敗しても大丈夫」と思える環境を考えていきたいです。 ただ、人を褒めるのは意外に難しいかもしれません。 『おお振り』の場合は野球部の指導ということで、技術などを積極的に褒めればいいのですが、さまざまな利害を持つ人が集まる会社や組織では、人を動かすための褒め言葉も適切に選ぶ必要があります。 たとえば『やる気を引き出す!ほめ言葉ハンドブック』(PHP文庫、本間正人・祐川京子共著)には、相手が重視しているところを見抜き、具体的に褒めることの重要性が指摘されています。 ビジネスシーンならどういった言葉が適切なのか、改めて考えてみてはいかがでしょうか。 チーム内を引き締める、適切なライバルづくり チームメンバーの誰もが自信を持って前に進むことができる環境が整えば、その中でさらに個々人の力を伸ばすことが求められます。 その手法の一つが、チーム内でライバルを意識させること。 チームのメンバーは、共通の目的に向かって協力する相手であると同時に、競い合う相手なのです。 『おお振り』では、花井梓(はない・あずさ)と田島悠一郎(たじま・ゆういちろう)の関係が特徴的です。 中学時代に主将を務めた強打者・花井と、シニアの強豪チーム出身の田島。 いずれも10人の部員の中で頭一つ抜けた野球の技術と運動能力を持ちます。 ただ、試合を重ねる中で田島の力を目の当たりにした花井は、無意識に「2番手でいい」と思い始めます。 その中で花井を育てるために監督は、意図的に花井に田島をライバルとして意識させます。 C ひぐちアサ/講談社(『おおきく振りかぶって』第10巻より) 明確に描かれているわけではないのですが、花井はさまざまな人に対して勝ち負けでものを考えるタイプ。 監督は花井の考え方から、ライバルがいる方が前に進むモチベーションを持ちやすいと見たのでしょう。 チームにおける攻撃の主軸として「ホームランを打てる」ように助言していきます。 一方、田島はどちらかというと過去の自分と比べて、何ができていて何ができていないかを考えるタイプ。 もちろん体格的に優位な花井をうらやむことはありますが、それよりも自分に求められる役割と何ができるかを考えて前に進むタイプとして描かれています。 ただ、注意すべきはこの「ライバルを意識させること」が全ての人に対してうまく機能するわけではないということ。 花井のように過去の経験と実績から自分に自信があり、信頼する人からの叱責を奮起のきっかけにできる人に対しては、身近なライバルを設定することは有効ですが、周りに比べて劣等感を持つ人や自信がない人に対しては逆効果となります。 『おお振り』でも、監督は花井にはこのプレッシャーをかけ続けるものの、他の部員に対して同じようにするところは描かれません。 ライバルを意識させるのは、その方法が有効な相手に限るということです。 過去の「成功」は、目の前のメンバーに合わせて応用する これ以外にも、チームづくりやメンバーを鍛えるにはいろいろな手法があります。 さまざまな方法を取り入れる上で重要なのは、 過去の失敗・悪習慣を繰り返さないことです。 特にメンバーの心身・健康を害するようなことは、むしろ積極的に取り除いていくべきだといえるでしょう。 『おお振り』では女性監督が主導で指導していたチームに、監督の父親がコーチとして加わります。 彼は東京の強豪校出身で、甲子園の出場経験がある元投手。 最初にグラウンドに現れたコーチが明言したのは、「自分はスパルタの中で野球をしてきたが、同じ方法では指導しない」ということ。 C ひぐちアサ/講談社(『おおきく振りかぶって』第23巻より) 自分自身は精神的にも肉体的にも監督に追い詰められながら選手として成長したものの、大学で肩を壊して選手をやめたコーチ。 仲間にも故障でやめた選手がいることから、練習に負荷をかけつつも、けがをさせないことを第一に考えたトレーニング方法を提案していきます。 「どこまで選手を練習で追い込むか」を巡り、選手側と対立する場面があるものの、提案する内容はいずれも故障させない=選手生命を終わらせないことを重視するものです。 監督の父親が選手だった時代は、チームの人数も多く、練習についてこられない人を選別し、目的(=試合での勝利)にかなう選手を極限に追い込むような練習で鍛えていたのでしょう。 しかし、その方法によって、けがなどで選手生命を終わらせたことも事実。 彼が教える西浦高校には、ついてこられない人を切り捨てるほどの余裕もありません。 これは企業など、他の組織でも同様です。 成功につながっていた過去の経験や蓄積は、当時の目的には機能していたかもしれません。 しかし、監督の父親の仲間のように、ついていけなかった人はいました。 過去の成功体験を引きずりすぎて、目の前のメンバーに逆効果になるようでは「過去の成功例を活用する」とは言えないでしょう。 むしろ、経験や過去の成功例を分析した上で、今の時代やメンバーに当てはめ、どのように応用できるのかを考えることが求められます。 「厳しい環境を自分は乗り越えられた。 だから他の人も大丈夫だ」と思い込まず、常に今目の前にいるメンバーがどのような環境を求めていて、どうすれば達成できるのかを考えていくということです。 『おお振り』で描かれているように、 同じ「叱責」「怒り」「鼓舞」「指導」でも、個人や関係性によって受け止め方は違ってくるのです。 【まとめ】 試合の行方や派手なストーリー展開に目が行きがちなスポーツマンガですが、最近は練習や人間関係、メンタル面の成長などを丁寧に描く作品が増えています。 『おお振り』もその一つと言えるでしょう。 企業におけるチームづくりを考えたい人に、必読の作品です。 (文/bookish、企画・監修/山内康裕).

次の

おおきく振りかぶって(33) (アフタヌーンコミックス)

おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶっての感想• 名前: 転生(211. 157. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(211. 157. 名前: 匿名(211. 157. 名前: 匿名(211. 157. 名前: 匿名(211. 157. 名前: 匿名(211. 157. 名前: 転生(211. 157. いっぱいコメントしてしまいました。 私は、大きく振りかぶっては、 好きです。 名前: 転生(211. 157.

次の