ダウン症ブログりこ。 東尾理子、ダウン症かも。なぜ告白するのか?

東尾理子の告白にダウン症の子を持つ松野明美が複雑胸中吐露|NEWSポストセブン

ダウン症ブログりこ

プロゴルファー、東尾理子さんがブログで、出産予定の第1子にダウン症の可能性があると書いたことに、元マラソンランナーの松野明美さんが物申した。 ブログ上での公表に、ダウン症の子を持つ母親として納得できない様子だ。 松野さんは、妊娠中に赤ちゃんがダウン症であるかを調べる検査について否定的なようだが、デリケートな問題であり人によって考え方はさまざまだ。 82分の1の確率で赤ちゃんがダウン症の可能性 東尾さんは2012年6月3日のブログで、「クアトロテスト」を受けた結果、82分の1の確率で赤ちゃんがダウン症の可能性があると言われたと明かした。 クアトロテストとは、母体から血液を採取して検査するもので、赤ちゃんがダウン症や開放性神経管奇形になる確率を調べられる。 必ずそうなると分かる検査ではないので、確実に知るには羊水検査を受ける必要が出てくる。 東尾さんの場合は、羊水検査は受けないとブログでつづっている。 ブログへのコメント数は6月8日時点で4700件を超え、東尾さんを激励する内容が並ぶ。 妊娠中と思われる女性からの投稿も多く、「私も羊水検査しません」「なにがあってもこの子を生んで大切に育てたいと思っています」と、東尾さんに共感を寄せている。 しかし、東尾さんがブログで公表したという事実に異を唱えた人物が現れた。 松野明美さんが「女性セブン」の取材に「公表するようなものではないと、私は思いました」とこたえたのだ。 松野さんの二男はダウン症。 メディアでの「明るく元気」なイメージを守ろうとするあまり、当初はその事実を隠そうとしていたという。 「発育が遅い」といらだつこともしばしばだったと、自身のウェブサイトで認めている。 それでも徐々に成長する二男を見るうちに考えを改め、今は同じ境遇の人を励まそうと積極的に二男の話を表に出している。 では、東尾さんの行動の何が不満だったのか。 松野さんは「いろんな意見があると思う」と前置きしたうえで、生まれる前にダウン症の「可能性がある」とわざわざ言うことではない、という主張のようだ。 自身がダウン症の子を育てているだけに、「怒りがこみあげてきました」と少々手厳しい。 インターネット上では、松野さんに賛同する意見も見られた。 実際に生まれたらダウン症でなかった場合、東尾さんには「よかったですね」との祝福が寄せられるだろう、そうなれば結果的にダウン症の人やその親を傷つけることになりはしないか、との指摘だ。 そのうえで、「82分の1の確率」をあえて明らかにする意図が分からないという。 羊水検査の実施に賛否分かれる 松野さんの場合、二男がダウン症だと知ったのは生後10日目で、羊水検査は受けていない。 個人的にはこういった出生前診断は「余計なお節介」と考え、その理由を「生まれる際に障害の有無にこだわってほしくない」と説明する。 妊娠中に「こうなるかもしれない」と仮定の話をしても仕方がない、「あるがまま」を受け止め、生まれてきたわが子に精いっぱいの愛情を注げばよいというのが松野さんの主張とも考えられる。 慶應義塾大学病院の医療情報サイトを見ると、東尾さんや松野さんが回避した羊水検査とは出生前診断の代表的な方法で、主に胎児の染色体を調べるのが目的だ。 妊娠15~18週に、羊水を吸引して調べる。 検査の実施により0. 2~0. 3%の確率で前期破水や流産、早産のリスクが伴うが診断精度は高い。 羊水検査をめぐっては、賛否が分かれる。 「反対派」の言い分は、胎児の健康状態に関係なく出産を決意しているので受ける必要がない、という内容が多く見られる。 検査自体も100%安全というわけではなく、費用も安いとはいえない。 だが一方で、胎児の状態を確実に知りたいと考える妊婦がいるのも事実で、ネットの質問投稿サイトには「検査を受けようと考えているが、経験者の意見を聞きたい」との書き込みが多い。 さらに踏み込んで、検査で「陽性」の結果が出た場合にどうしようとの悩みも聞こえてくる。 ダウン症で生まれてくる赤ちゃんを育てる自信がない、というわけだ。 ある女性はブログで、羊水検査を受ける意図をつづった。 結果内容にかかわらず出産を前提としているが、検査を受けることで出産後の準備に万全を期す時間が得られる、夫婦でいろいろな話ができるので、仮に赤ちゃんが障害を抱えて生まれてきたとしても子育てについて共通の価値観を事前に養っておける、といったメリットを強調している。

次の

発話が難しい子の意思を伝えるアプリ「えこみゅ」(無料)

ダウン症ブログりこ

コンテンツ目次• 東尾理子の子供の第三子は不妊治療? 元美人女子プロゴルファーで現在は石田純一さんの妻として有名な 東尾理子さんの子供の第三子が不妊治療の末の子供だという事を告白しました。 元々は第1子から不妊治療をしていたそうですが、その時に冷凍保存していた受精卵が残っていて、それを破棄するかの選択をするときに第三子を産むことを決断したそうです。 長男の時も、長女の時も 不妊治療をしたのですけど、長女を妊娠したときの受精卵が一個残っていて、凍結保存されていました。 破棄するかどうか、というとき、私にはその卵が寒い雪国のかまくらの中のようなところで、じっと私たちを待っているイメージが浮かんで、子宮の布団で暖めてあげたいと思ったのです。 主人は最初、「2人でいいんじゃない?」と言いましたが、私の思いを話すと理解してくれました。 移植した産婦人科の先生は、着床はしたけれど検査の数値が低かったので、その後育つ可能性は小さいと思われていたようです。 それでも一応、「次来てくださいね」と言われました。 私も、その間、高知のお祭りに行ったり、息子とラフティングをしたり、川に飛び込んだり。 それが、次回受診したら、先生が「あれ?」と。 元気に育っていたので驚きました。 yahoo. その後第三子も女の子で2018年4月に無事に産まれたことが、発表されました。 さん rikohigashio がシェアした投稿 — 2018年 4月月9日午前6時32分PDT 残りの受精卵のために成長しづらいと言われていたそうですが、無事に第三子が産まれて良かったですね。 不妊治療については色々と言われることもあると思いますが、個人的には子供は親がちゃんと自分の子供だと認識すれば生まれる過程はどうでもいいと思っています。 重要なのは産まれた後に一緒に過ごす時間だと思うので。 努力の結果、3人の子供を授かった東尾理子さんには是非幸せになってもらいたいですね! 東尾理子の子供の第三子はダウン症?かわいくない? 東尾理子さんの子供に対して一つ大きな噂があります。 それが 子供がダウン症なのではないか?というものです。 最初は第三子の子供が不妊治療の末に残った受精卵だったためにそう言われているのかと思いましたが、実際は長男の頃から言われているようです。 その理由が 長男を妊娠中の東尾理子さんが書いたブログ記事です。 お腹の子供に障害が無いかを調べるクアトロテストを東尾理子さんが受けた記事があったのですが、その中で子供がダウン症の可能性が82分の1の確率でダウン症だという事を告白していました。 さらに詳しい検査をすると100%分かるそうですが、東尾理子さんと石田純一さんはどんな子供でも自分たちの子供という事で受けないことにしたそうです。 本当に素晴らしいご夫婦ですね! そして実際に産まれた子供はダウン症ではなかったようです。 まぁ1%ですからあまりないですね。 もう一つ第2子の 長女の写真があまりかわいくないことからダウン症なのでは?という噂が出ているようです。 こちらの写真ですが、写真写りを気にせず撮ったらどんな子供でもこんな感じの写真になりそうな感じですね。 もちろん第二子の方もダウン症ではなかったようです! 東尾理子の子供の名前や性別は? 今回の第三子の出産で東尾理子さんと石田純一さんの子供は3人になったことが分かりました。 それぞれの 子供の年齢と名前を気になっている人がいるみたいなので調べていきます! 長男:理太郎君 生年月日:2012月11月5日 年齢:5歳 長女:青葉ちゃん 生年月日:2016年3月25日 年齢:2歳 次女:つむぎちゃん 生年月日:2018年4月9日 年齢:0歳 ということで 男の子が一人、女の子2人という家族構成でした。 3人とも割と年齢が近いので子育ては大変そうですが、東尾理子さんにとっては念願の子供という事で幸せでしかないでしょうね! 子育て頑張ってもらいたいです!.

次の

ダウン症とは?症状・特徴や子供との接し方・行動リスト|LITALICOジュニア|発達障害・学習障害の子供向け発達支援・幼児教室|療育ご検討の方にも

ダウン症ブログりこ

<ダウン症とは> 正式名は「ダウン症候群」(最初の報告者であるイギリス人のジョン・ラングドン・ダウン医師の名前により命名)で、染色体の突然変異によって起こり、通常、21番目の染色体が1本多くなっていることから「21トリソミー」とも呼ばれます。 この染色体の突然変異は誰にでも起こり得ますが、ダウン症のある子は胎内環境がよくないと流産しやすくなるので、生まれてきた赤ちゃんは淘汰という高いハードル乗り越える強い生命力をもった子なのです。 ダウン症の特性として、筋肉の緊張度が低く、多くの場合、知的な発達に遅れがあります。 発達の道筋は通常の場合とほぼ同じですが、全体的にゆっくり発達します。 心疾患などを伴うことも多いのですが、医療や療育、教育が進み、最近ではほとんどの人が普通に学校生活や社会生活を送っています。 Q1:ダウン症は病気ですか? 人間は一人ひとり、違いをもっています。 ダウン症は、生まれつきの特性(性格や体質のようなもの)の一つと考えたほうがいいと思います。 Q2:なぜダウン症になるのですか? 私たちの体のたくさんの細胞の中には、46本の「染色体」というものが入っています。 たまたまそれを47本もって生まれてきたのが、ダウン症のある人たちです。 偶発的に起こることがほとんどで、誰にでも起こり得ることです。 600〜800人に1人の割合で生まれるとされています(引用元:小児慢性特定疾病情報センター)。 Q3:どんなふうに育つのですか? 発達が緩やかなことなどダウン症の影響はあるものの、基本的には個性豊かな「普通の子、普通の人間」で、私たちと大きな違いはありません。 ですから、子育ても特別でなく、少しゆっくり、丁寧にすればいいのです。 発達支援は必要ですが、難しく考える必要はありません。 ご家族が温かい気持ちで接し、お子さんを大切に思う心からの愛情を注ぐことで、お子さんは明るく元気に育っていきます。 Q4:ダウン症のある人たちは病気になりやすいのですか? ダウン症のある子は一般の子より病気がちと思われていますが、それほどではありません。 なかには病気と縁のない子もいます。 ダウン症の併発症(合併症)といわれるものも、一般の子がかかるような病気の頻度が少し上がるだけです。 また、ダウン症のある人にはあまりみられない病気もあります(たとえば、真性喘息、川崎病、新生児仮死による重い脳性麻痺、癌など)。 病気に対して神経質になりすぎてはいけませんが、万一の場合を考えて、早期発見と適切な治療のために、かかりつけ医をつくっておくことは必要です。 「いつもと違う。 何かおかしい」と思ったらすぐに診察を受けることと、定期的な検診を受けることが、病気の悪化を防ぎます。 ただしこれは、きょうだいにも言えることです。 ダウン症のある子だけでなく、きょうだいの心身の健康にも気をつけましょう。 Q5:学校はどうなりますか? 地域の小中学校へ通うか(普通学級か特別支援学級に在籍)、個々の状況に応じて特別支援学校を選びます。 高校は特別支援学校へ進む人が大半です。 Q6:友達をつくることはできますか? もちろん! 明るくてやさしいのがダウン症がある人たちの自慢です。 人なつっこい性格で、学校でも職場でも、たいていの場合、うまく溶け込むことができます。 Q7:仕事はどうしていますか? 施設や作業所での軽作業のほか、飲食店や小売業など、さまざまな分野で多くの人が働いています。 趣味を生かして画家や演奏家などを目指す人もいます。 プロの書道家、ダンサー、俳優として活躍している人もいます。

次の