大須 おすすめ。 名古屋・大須商店街の食べ歩きグルメ10選!絶品なごやめし&SNS映えスイーツも!

名古屋の大須観光スポットランキング★地元民おすすめ10選

大須 おすすめ

大須へ行ったら外せない、定番スポット。 大須の散策と素敵な出会い、掘り出し物探しなど、幸せ祈願をしませんか。 朱色の外観はご利益のある証です。 大須観音の境内は、イベントスペースとして多くの人が集結するスポット。 コスプレ会場や路上ライブ、サンバ、盆踊り、手筒花火大会など夏祭りも盛大です。 大須の憩いと賑わいを兼ね備えた、大須の玄関口です。 また、大須観音は名古屋七福神巡りのゴール地点として、満願成就のスタンプを頂ける、特別な場所。 名古屋市内の寺院7か所を巡り、祈りをささげ、今年一年を良い年にしようと、御朱印を集めて開運を願いませんか。 9に改修を終えた同演芸場にビートたけしと明石家さんまからお祝いビデオレターが届いたのは有名な話し。 200人もの観客がジョーク混りのメッセージに沸いたそうです。 落語や漫才など、月替わりの演目があり、常連さんや町内の懇親会に名古屋のお笑いを楽しみに立ち寄る人が多いんです。 それもそのはず、舞台と客席が近いんです。 もしかしたら、芸人さんの息づかいを感じることができるかも。 この大須演芸場を丸ごと貸し切って、漫談サークルの発表会や、演劇、琴、日本舞踊の発表会に利用する事もできます。 3時間¥60000~、「芸どころ名古屋」で目の超えた、お客さんをはっと言わせてみませんか。 住所 名古屋市中区大須2丁目19-39 アクセス 大須駅徒歩3分 リユースデパートとして大須に本店を置く、大須のコメ兵。 7Fの買い取り専用フロアがあるほど、買い取りに力を入れているリサイクルショップです。 貴金属、ブランドバック、服、家電、着物など、ありとあらゆる物を引き取ってくれるスポット。 不要な物をお金に変えてみませんか。 エルメスファンに朗報です。 希少価値が高いエルメス。 値崩れするどころか、手に入らないためプレミアが付くほど大人気。 しかしコメ兵は新品も新古品もB級品…いくつもあります。 栄の直営店よりも品数は上。 それもそのはず、夜のお姉さま達が流しに来るとか来ないとか。 なぜ水曜日?とお思いの方もいるかと思いますが、一週間の中で一番退屈な日が水曜日。 店に入った途端、メルヘンな世界へ迷い込んだような不思議な空間が広がります。 あちこちにお店があって、隅々まで行こうとすると一日以上は掛かると言われています。 商店街にあるでっかいMAPを入手し、お目当てのお店に行ってみましょう。 大須商店街のシンボル「巨大招き猫」のデカさに驚いて下さい。 待ち合わせの場所にしても良し、フォトジェニックスポットにしても良し。 広すぎる商店街の救世主:大須案内人探しに「ふれあい広場」へ行っても良いですね。 地元の事は地元の人へ尋ねれば、流暢な名古屋弁と一緒に楽しい話題を振りまいてくれるでしょう。 トレフォト以外にも、契約書をグッズとしてご用意しております。 「エムメロ」と呼ばれていて、グリーンを基調としたクローバーがお店のシンボルです。 店内はオルゴールが流れていて、大きな声でのおしゃべりは禁止。 落ち着いた雰囲気を味わいに、メイドさんとのゆるーい触れ合いができるところ。 15時と18時にオルゴール演奏が行われ、その演奏者さんはみんな可愛い!一人で来て長居する人もいるそうですが、店内にいる時間が限られているので、いったん外に出てまた入り直す人もいる。 街の癒しスポットです。 capsule-house. html 「ガチャ運あるーー!」お目当てのキャラクターが出た時に雄叫びを上げる人が多い、カプセルハウス。 東海エリア最大級の品揃えで、その数ナント380台!店内はまさに、ガチャのマンション:集合住宅です。 お目当ての商品が地元に無くって困ってる、オークションで落札するよりガチャを回したい、そんな方は、カプセルハウスへ来ませんか。 あれもこれもと目移りし、予算オーバーしてしまうかもしれませんが、「半額祭」を不定期で行っていますので、イベントを利用しお得にゲットしませんか。 顎(あご)が落ちるほど美味しいとの理由で名づけられたようです。 そのあご出汁の自動販売機が全国に数か所設置されています。 その一か所がここ大須に進出。 あごが一尾、ボトルの中に収まり・・・未だに出汁を抽出中!!まか不思議なお出しは、卵かけ醤油として、うどん出汁、煮物など、万能調味料として重宝されています。 世にも珍しい、出汁専用の自動販売機を探してみませんか。

次の

名古屋・大須商店街に行ったら食べたい!おすすめ食べ歩きグルメ

大須 おすすめ

名古屋・大須商店街の食べ歩きグルメ10選!絶品なごやめし&SNS映えスイーツも! 2020. 02 現地ライターが、大須商店街の食べ歩きフードをたっぷりとご紹介! 話題のグルメやスイーツが集まる名古屋のトレンド発信地・大須。 地元名古屋の定番グルメはもちろん、最新のグルメまで楽しめる食べ歩きの街です。 市営地下鉄 大須観音駅と上前津駅の間、名古屋駅から約10分でアクセスも抜群の大須は一度行ったらくせになる、そんな街なのです。 名古屋・大須商店街「食べ歩き」おすすめグルメ 『ロールアイスクリーム』 FUWA CANDY STORE 『ユニコーン』(800円)。 ピンクとブルーの組み合わせが最高にカワイイ! SNSでも話題のロールアイス専門店「FUWA CANDY STORE」。 ピンクでまとめられたポップな店内で、色とりどりのロールアイスをお客さんの目の前で手作りしています。 ロールアイス専門店にはそれぞれ個性がありますが、コチラのお店の自慢は、色も味わいも違う2種類のアイスをMIXして仕上げる「2層のロールアイス」。 18時30分) [定休日]火曜日 [アクセス]地下鉄名城線・鶴舞線「上前津駅」9番出口から徒歩5分、駐車場なし(近隣にコインパーキングあり) 『五平餅』 大須ごへいもち店 他のお店とシェアしているイートインスペースもあります 大須観音のすぐ裏にある『大須ごへいもち店』。 岐阜県恵那市出身の女性店主が故郷の味・五平餅をふるまう、2018年12月にオープンしたお店です。 『五平餅』(1本180円、2本以上注文の場合は1本150円) 店主さんの同級生である農家さんが育てた恵那産コシヒカリを使い、毎朝お米を炊くところから手作りしているこだわりの五平餅。 定番の「くるみたっぷり味噌」と名古屋らしい「赤味噌」の2種類があり、こちらのタレもすべて店内で手作りしています。 炊いたお米を米粒の食感が少し残るくらいにすり鉢でつぶし、丸めて串に刺した五平餅は、オーダーが入ってから一本一本丁寧に焼き上げ、常に出来立てを提供。 焦げ目がつくまでじっくり素焼きしたら自家製ダレをつけ、さらに炙って香ばしく仕上げます。 2種類の味がわかるよう、こんな心遣いも。 店主さんの優しいお人柄が垣間見えます 昔ながらの「くるみたっぷり味噌」は、本場・恵那の定番の味。 わらじ型ではなく、一口サイズのお団子が3つ並んでいるので、女性やお子さんも食べやすいですよ。 五平餅は1本180円、2本300円とプチプライスなのも、食べ歩きにはうれしいポイント。 スパイスでしっかり下味をつけたパティとバンズからはみ出るほどたっぷりとかかった自家製ソースが絡み合うパンチのある味わいは、ミニサイズとは思えない存在感!付け合わせのフライドポテトもオリジナルスパイスが効いていて、食べる手が止まらない美味しさです! 『食べ歩きソフトシェルクラブ』(810円)という変わり種も! 『食べ歩きスライダーズ』は、ミニバーガーの数を1ピース(540円)、2ピース(810円)、3ピース(1,080円)の中から選ぶことができます。 21時) [定休日]なし [アクセス]地下鉄名城線・鶴舞線「上前津駅」8番出口から徒歩30秒、駐車場なし(近隣にコインパーキングあり) 『スコーンサンド』 KANNON COFFEE 大須観音近くの、大須散策の合間にほっと一息つけるコーヒースタンドです 2019年に5周年を迎える『KANNON COFFEE』は、有名フェスに出店することもある、知る人ぞ知るコーヒースタンド。 保存料・香料・着色料を一切使用しないこだわりの自家製ドリンクや焼菓子を、リーズナブルな価格で提供しています。 テーブル型の黒板メニューには、この日販売している焼菓子が可愛く並べられています 定番のハンドドリップコーヒーのほか、自家製キャラメルラテや自家製シロップのソーダなど、バリエーション豊かなメニューをラインナップ。 ドリンクは1カ月に3~4種類の新メニューが登場します! 写真の『スコーンサンド』は、自家製のスコーンでその季節ならではの「旬」をぎゅっとサンドした、食べ歩きにぴったりの一押しスイーツ。 『苺とマスカルポーネのソルトサンド』(500円)と『自家製キャラメルラテ』(540円) 多彩なメニューに目移りしつつ、今回は『苺とマスカルポーネのソルトサンド』と『自家製キャラメルラテ』をいただきました。 フレッシュな苺とマスカルポーネチーズクリームにコーヒーフレーバーがアクセントになった『苺とマスカルポーネのソルトサンド』は、まさに「大人のためのおやつ」。 もちろんコーヒーとの相性も抜群です。 スコーンサンドの種類は随時変わっていくので、「今日はどんな味に出会えるかな?」とワクワクできますよ。 店内で炊いたキャラメルに絶妙な焦がしを加え、エスプレッソと温かいミルクに合わせた『自家製キャラメルラテ』は、ほろ苦い味わいで男性リピーターが多いというのも納得! 名古屋らしさ満点の『しゃちほこクッキー』(120円)。 フレンドリーなスタッフさんとのおしゃべりも楽しんでみてくださいね。 韓国人のお父さんと日本人のお母さんが営む、アットホームなお店です。 『ホットク(ハチミツ味)』(300円) まず紹介したいのが、韓国式ホットケーキの『ホットク』。 韓国から直輸入している生地で黒糖・シナモン・ナッツなどをミックスしたものを包んで焼く「ハチミツ味」は、『ホットク』をオーダーするお客さんの7割が選ぶという人気メニューです。 オーダーを受けた後、モチモチの生地を丸め、写真のように鉄板で1枚ずつじっくり焼き上げます。 「側面部分までしっかり焼き目をつけるのが、うちのこだわりですね」とお父さん。 焼き上がった『ホットク』は、外がパリパリ、中はもっちり!溶けた黒糖のとろ~りとした食感と、隠し味のシナモンが効いていて、誰もが幸せになれそうなハッピーなおやつでした。 ほかに、チーズ味やキムチチーズ味もあるので、チーズ好きな方はぜひそちらもお試しを! 『チーズホットドック』(400円)。 中にはアツアツのモッツアレラチーズがたっぷり! そしてもう1つの看板メニューが、若者を中心に流行中の韓国式ホットドッグ『チーズホットドック(ハットグ)』。 一口ほおばると、中からアツアツのチーズがびよ~んと伸びるビジュアルでお馴染みですよね。 大須のランドマーク「万松寺ビル」の目の前です グルメ店がひしめく大須商店街の中でも、行列の絶えない『包包亭(パオパオテイ)』。 本場台湾の肉まんを食べ「ぜひこの味を提供したい!」と台湾の屋台に弟子入りした経歴を持つ店主が営む、一口サイズの包子(中華まん)の専門店です。 手包みした包子を厚底の鉄鍋に並べ、茹でた後、蒸して最後に焦げ目をつけます 生地も中に包み込む餡も、店内ですべて手作りしている『焼き包子(パオズ)』。 そのモチモチ感をさらに引き出すため、焼き上げる前にたっぷりのお湯で茹でるのが「包包亭」流なんだそう。 『肉包(ロウパオ)』(180円)。 食べ歩き用の袋も用意してくれます 『焼き包子』の味は、肉汁たっぷりの『肉包(ロウパオ)』と、キャベツのシャキシャキ感を楽しめる『菜包(ツァイパオ)』の2種類。 初めての人にまず食べてもらいたい『肉包』の魅力は、なんといっても噛んだ瞬間からあふれ出るジューシーな肉汁! 豚の骨や野菜などから作るコラーゲンたっぷりの手作りスープを餡に混ぜ込むことで、小龍包のような食べ応えを実現しています。 『菜包(ツァイパオ)』(180円) 「一度食べるとやみつきになる」と常連さんからの支持が厚い『菜包(ツァイパオ)』は、ざく切りのキャベツと椎茸をたっぷり包んだヘルシーな中華まん。 キャベツの甘みを残しつつスパイシーさも感じられるよう、台湾の香辛料をバランスよく配合しているのがこだわりなのだそう。 ちょっぴりスパイスの効いたチキンをマッシュポテトで包んで揚げた、ブラジルの家庭料理を思わせる素朴で懐かしい味わいです。 じゃがいものモチモチ感がくせになります! 揚げ立てアツアツをすぐ頬張れるのが、食べ歩きならではの醍醐味ですよね。 『鶏の丸焼き』(1,800円)。 テイクアウトも可能です 食べ歩きにはハードルが高いかもしれませんが、最後にぜひ紹介しておきたいのが「OSSO BRASIL」の名物『鶏の丸焼き』。 ファミリーやカップルなど、老若男女がワイワイ食事をする店内を見渡すと、どのテーブルにも必ずと言っていいほどこちらの『鶏の丸焼き』が並んでいるんですよ。 「一歩入れば、そこはブラジル!」というコンセプト通り、思わず日本にいることを忘れてしまうこちらのお店。 2018年リニューアルオープン 1960年に鯛焼とみたらしの専門店を開業した老舗「澤屋」が手がける、「鯛福茶庵 八代目澤屋」。 一匹ずつ専用の鋳型で丁寧に焼き上げる『名古屋一丁焼』は、昔ながらの『天然鯛焼』として、子どもからお年寄りまで地元の人々に愛されています。 こだわりの粒あんも「澤屋」秘伝の製法で手作りしている自家製 先代から受け継がれてきた2kgもの重さがある一丁焼の型を火床の上で転がし、一匹ずつ焼き加減を調整しながら焼き上げる『天然鯛焼』は、皮目が薄く外はカリッと、中はホクホクの仕上がり。 十勝産あずきの粒あんは甘さ控えめで、あんこが尻尾までぎっしり詰まっていてもくどくなく、二匹、三匹とぺろっと食べてしまう人も多いのだとか! 『天然鯛焼 名古屋一丁焼 自家製粒あん』(184円) 『天然鯛焼』のお味は、定番の「自家製粒あん」に「カスタード」、さらに2~3カ月ごとにラインナップが変化する「季節限定あん」も! 春は桜、秋は栗、冬は安納芋に紫芋…と旬をぎゅっと閉じ込めた風流な鯛焼で、日本の四季を味わい尽くしましょう。 店内で手作りした新鮮なアイス生地をくるくる巻いた「生ロールアイス」は、個性的な盛り付けはもちろん、味も本格的で、見て楽しく食べて美味しくダブルの驚きがあると大評判! 『小倉バターロール』(858円)。 地元・愛知の食材にこだわるお店ならではの食べ歩きグルメが、愛知を代表するブランド牛を使った『極選知多牛の炙りステーキ寿司』です! 『極選知多牛の炙りステーキ寿司』(二貫500円、三貫700円) 軽く炙った知多牛をふっくらつややかな愛知県豊橋産のお米「女神のほほえみ」のシャリにのせ、小口ネギ+生姜と、白髪ネギ+ワサビの2種類の薬味をトッピングした『極選知多牛の炙りステーキ寿司』。

次の

大須商店街のグルメを食べ歩き!グルメブロガーがおすすめ店・マップを紹介!

大須 おすすめ

6に放送した「NHK放送EテレRの法則:全国女子高生MAP名古屋編」で紹介され、翌日は行列が出来ていました。 それもそのはず、ここのタピオカドリンクは100種類もあって、アイスやシャーベット、ホットなど、オリジナルの飲み方で楽しめると評判のお店。 一番人気の抹茶ラテは京都の宇治茶葉を100%使用しています。 使用する鰻は脂が程よくのり、身がふわっふわの三河一色産です。 始めてひつまぶしを食べる人、食べきれるか不安な人はミニひつまぶし¥1700を食べてみましょう。 肝吸い付でこの価格!他のお店ではありえません。 格安のカラクリは・・・焼き場を大将1人で切り盛りし、人件費を抑えているからだそうです。 決して素材や品質を落としていませんのでご安心下さい。 値が張る「ひつまぶし」をコスパ最高の「大松」で味わってみませんか。 何度も通いたくなる人続出の大絶賛グルメです。 1ドリンクにサンドイッチとパンとゆで卵がついて食べ放題?ナニコレ珍百景へエントリーしたいっ。 一宮市を中心にモーニング文化が浸透する名古屋で、モーニングが食べ放題なんてそうそう有りません。 一番人気のサンドイッチは、ハム、タマゴ、ポテトサラダが並びます。 菓子パンが中心で、メロンパンも2種用意されていました。 「朝早くから名古屋入りしたから、朝食まだだった」という人へおすすめの大須グルメです。 二つ折りにされたお好み焼きは、一つ一つホイルに包まれていて、ホットケースがから出してくれるので暖かい!あつあつのお好み焼きを片手に大須商店街を散策するもの乙なもの。 玉子が丸ごと入っていて食べごたえ十分です。 肉玉とイカ玉が各250円、放課後の学生や、習い事帰りの小学生が気兼ねなく買えてしまう値段に、店主の心意気を感じます。 都会のど真ん中なのに矢場トン本店には駐車場がある!家族連れにはうれしい心遣いですね。 矢場トンは、味噌カツのバリエーションが豊富(名物わらじとんかつ、おすすめ鉄板とんかつ・みそカツ丼)どれも味噌カツ?とお思いでしょうが、実は全然違います。 一度に何種類もの味噌カツが味わえるのはここだけです。 ここ上前津店は「麺屋はなび」が手掛ける2号店で、本店とは違い暖かみのある木造の店内は、どことなくホッとできる空間です。 いちおしメニューは「塩ほたる」。 あっさりスープが上品で美味しい。 盛り付けに豆苗を使い、新緑の草原風なイタリアン鍋は、インパクトが大きく見た目が華やかです。 今日の夕飯は野菜がいっぱい摂れる、「塩ほたる」に決まり。 住所 名古屋市中区大須4-15-59 前津ビル1F アクセス 上前津駅から120m 大須で人気の、地元民が行列を作る名店をお届けしました。 「大須は食べ歩きが似合う街」。 威勢のよい大将が手作りする名物、この道一筋の店主が作る究極の一皿、新しい物好きの若者に受けるグルメまで嗜好を凝らしたグルメばかりで、来る人を飽きさせません。 「名古屋は魅力に欠ける街」なんてレッテルを貼られますが、実は魅力を広めてないだけなんです。 まずは大須から、名古屋の魅力を発見しましょ。

次の