ドライブ レコーダー リア 取り付け。 ドライブレコーダー リアの取り付け

リアスモーク車向けにおすすめのドライブレコーダー

ドライブ レコーダー リア 取り付け

最近、 ドライブレコーダーの普及率が高まり フロントガラスにカメラを設置している という車を良く見かけます。 事故の際に、証拠映像として使えることで 安心感がありますよね。 前方に付けている人が多いですが 後方にも付ければもっと安心では? と思ったのですが・・・ 違法になるという情報があったので 気になって調査しようと思ったわけです。 きっと、後方にも付けたいんだけどな。 と気になって色々お調べの人も 多いのでは? この記事では・・・• 後方ドライブレコーダーの必要性• 後方に付けると違法って本当か?• 後方ドライブレコーダーの オススメ5選• 取り付け位置について をご紹介しようと思います。 後方にドライブレコーダーを付けるか 迷っている人は、参考にしてください!• ドライブレコーダーの必要性とは? 車に取り付ける人が増えてきている 【ドライブレコーダー】 どんな時に役立つのか、 必要性について 調査してみました。 ドライブレコーダーは、運転中の 外の状況を録画する機械ですよね。 ドライブレコーダーと聞いてまず思うのは 『事故した時に証拠になる』という事では? 私は昔、事故をしたことがあるのですが その時、 相手と言い分が違う事で なかなか解決せず、 とてもストレスだったんです。 そんな経験がある方もいらっしゃるかも しれませんね。 そんな時、ドライブレコーダーの映像で 事実確認が出来ますよね。 さらに、最近のドライブレコーダーは 様々な機能が付いていて、 事故を未然に防ぐ警告があったりします。 中には カーナビやレーダー探知も 付いているタイプもあり、 進化しているそうです。 運転中の危険から守ってくれ、 さらに 事故をしても事実がすぐにわかることが 何よりの必要性かもしれませんね。 後方のドライブレコーダーの必要性はあるの? さて、前方のドライブレコーダーの 必要性についてご紹介しましたが 後方のドライブレコーダーは どうなんでしょうか? 実は、ドライブレコーダーの 視野角には限りがあります。 後方にもドライブレコーダーを 付ける事によって 死角が減るという事になります。 後ろからの追突などの事故のときは 勿論ですが、 横からの障害にも 役立ちますよ。 「 バイクがすり抜ける際に 車に傷が付いたなどのトラブルがあって 後方のカメラに写っていたので 相手を特定できた!」 という声も実際にありました。 車の『眼』の視野を広げるという目的で 後方のドライブレコーダーにも 必要性を感じますね。 ドライブレコーダーは後方に取り付けると違法になるって本当? 実は、後方のドライブレコーダーについて 色々調査していると、 『違法』という情報も チラホラとあったんです。 後方にカメラを付ける事で、 後方の車の中の人が写りこむ事で 違法という情報が流れているようです。 しかし、よく調べてみると 『違法ではない』 という事がわかりました。 しかし、撮影した後方のドライブレコーダーに 顔が映っている事で、不快に感じる。 という人もいるかと思います。 それについては、 意図せず写り込む事は 違法とはならないんだそうです。 ただ、注意すべきは、その動画を SNSなどにアップしてしまうと、 肖像権、プライバシー権の侵害になり 損害賠償の対象となってしまう場合が・・・ その点は注意するようにしてください。 後方に取り付けるおすすめドライブレコーダー5選! ではここからは、 後方のドライブレコーダーの オススメを5つご紹介していこうと思います。 どんなドライブレコーダーがあるのか わからないという人や どんなドライブレコーダーにしようか 迷っている人は、参考にしてみてください。 その1.【コムテック:HDR-351H】 出典: コムテックのHDR-351Hです。 こちらの映像は、実際の録画映像です。 標準値でも十分ですよね? こちらは録画モードも 常時、イベント、手動と選べるのも 特徴です。 いかがでしょうか? 後方に設置するオススメをご紹介しました。 画質のよさや視野角の広さもそれぞれ違い また コンパクトさや設置のしやすさなど 様々な特徴を持った型があります。 御自身が求めるスペックや 設置方法をしっかりと考えてから 選ぶと良いと思いますよ! ドライブレコーダーをリアへの取り付け位置はどこ? 実際に、ドライブレコーダーを 後方のどの位置に付けるか迷いませんか? 取り付け位置は、ガラス開口部の実長さの 20%以内の範囲に付けるように 定められています。 要は、 ガラス部分の上端から20%の範囲 という事です。 その範囲内で、 視野角を生かせるところに 取り付けると良いでしょう。 後方のドライブレコーダーの取り付け方法をご紹介! ではここで、 取り付け方法をご紹介します。 こちらが 基本的な流れです。 取り付け位置を決める• 取り付け位置を綺麗にする• ドライブレコーダーの付属器具で 取り付けする• 電源ケーブルを配線 後ろに取り付けるカメラには、 吸盤付きの物や、テープでつけるタイプなど 様々な種類があります。 機種を選ぶ時から、 取り付け方法についても 念頭において選ぶと付けやすいと思います。 取り付けのわかりやすい動画があったので ご覧ください。 配線自体も、複雑ではないようなので 基本的には簡単に設置できると思います。 シガーソケットから電源を取る方法や 少し慣れている人なら、 ヒューズボックスから電源を取る方法もあります。 ドライブレコーダーを取り付ける際 難しいのは無理!と思う人は 配線不要の機種を選ぶと簡単に出来ますよ。 まとめ いかがでしたか? この記事では・・・• ドライブレコーダーの必要性• 後ろにも付けると、死角が減る• 後ろにドライブレコーダーを付けるのは 違法ではない• 録画した動画の取り扱いによっては 違法になる場合がある• 後ろに付けるドライブレコーダーの オススメ5選• 取り付け位置はガラスの上端から 20%の範囲内に という内容をご紹介しました。 前にドライブレコーダーを付けているけど 後ろにもあった方が良いのかな・・・ と悩んでいる人もいらっしゃいますよね。 事故などのいざという時のことを考えれば 後ろのドライブレコーダーの必要性は かなり重要と言えると思います。 比較的取り付けも簡単なものが多いので 素人でも付けられそうです。 さらに、 コンパクトサイズの物を選べば 邪魔にもならず良いですよね。 カメラを付けているだけでも 後方車両に圧力をかけられる! という口コミも拝見しました。 事故を未然に防ぐためにも ぜひ後方のドライブレコーダーを 検討してみてくださいね。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

次の

取り付けが簡単なドライブレコーダー人気おすすめ5選を紹介【面倒な取り付け要らず!】

ドライブ レコーダー リア 取り付け

をフロントから電源を延長し、家具用のL字ステーを使い、天井の穴にボルト止めを行い取り付けました。 まず初めに、取り付けるためシミュレーションを行い、必要なものを購入していきます。 スイフトの天井にはプラスチックのピンが3か所刺さっています。 このあたりを上手に使って取り付けようと思います。 まずは、内装はがしでピンを外します。 天井に配線を出すためには、ダッシュボードから床を通して、Cピラーに出すのがよさそうですね。 ドライブレコーダーの配線だけでは長さが足りないので、延長電源ソケットを購入しました。 もともと、フロントガラスに吸盤で取り付けるタイプのドライブレコーダーのため、そのままでは天井には取り付けられません。 吸盤は不要なので分解して取り外します。 ホームセンターで家具の固定用に売っていたL字ステーを購入してきたので取り付けます。 これで天井に取り付けるための準備が整いました。 配線を行っていきます。 グローブボックス奥に増設したシガーソケットがあるので、これを使います。 これはに、ヒューズから電源を取り出しシガーソケットを増設したものです。 3連ソケットの内訳 左:壊れて使えない 中央:リア用ドライブレコーダー 右:フロント用ドライブレコーダー 助手席の足元を分解していきます。 カバーがピンで留まっているだけなので引っ張れば簡単に取れます。 純正配線が通っているところを利用して、延長電源ソケットを通していきます。 助手席の後ろも分解します。 延長電源ソケットにドライブレコーダーのソケットを差し込みます。 振動で抜けないようにテープで縛りつけておきます。 ソケットは純正配線とボディーの隙間に収納しておきます。 ドライブレコーダーを天井に仮設置して、配線をCピラーに通していきます。 L字ステーはそのままでも問題なかったのですが、仮設置の後、一部をカットしました。 スイフトはリアガラスが小さいので、ドライブレコーダーが後方視界の邪魔になります。 少しでも設置位置を天井に近づけ、後方視界を確保しました。 穴に力ずくでボルトをねじ込みます。 (ナットで固定していないので、ボルトが緩んでしまうかもしれない心配がありますが、このまま様子を見ていきます。 ) 余った配線をスポンジテープでまとめます。 スポンジテープでまとめることにより、走行中の振動で内装と当たってもビビリ音がしにくくなります。 まとめた配線をCピラーに隠しておきます。 トノカバーを立てた状態で、リアのヘッドレストを一番高い位置にしてもドライブレコーダーに接触しません。 取り付け作業はこれで終わりです。 今回取り付けたドライブレコーダーはK6000になります。

次の

整備士が教える!ドライブレコーダーの正しい取り付け方

ドライブ レコーダー リア 取り付け

ドライブレコーダーの取り付け方法 煽り運転による不幸な事故が多発したことで、 ドライブレコーダーの購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 できるだけ安いドライブレコーダーを探す場合、ネットショップでの購入が第一選択肢になりますが、その場合は 取り付けを別途依頼する必要があります。 ドライブレコーダーの持ち込み取り付けに対応しているカー用品店やディーラーに取り付けを依頼する場合、 通常の工賃とは異なるため注意が必要です。 今回は、購入した店舗で取り付ける場合と、持ち込みの場合の ドライブレコーダー取り付け費用 を徹底比較! 取り付けの所要時間やプロに依頼するメリットもご紹介します。 ディーラーや整備工場に取り付けを依頼した場合の費用相場と所要時間 ドライブレコーダーを 購入した店舗、あるいはディーラーや整備工場に取り付けを依頼する場合の費用や所要時間はどのようになっているのでしょうか。 また店舗購入の場合のドライブレコーダーの相場も確認しておきましょう。 ドライブレコーダー取り付け費用の相場 シガーソケットから電源を取る場合の工賃相場は3,000〜5,000円ですが、 車の大きさによって価格が変動します。 また、カー用品店のピットサービスを利用する場合は、店舗によって価格が異なるため確認が必要です。 取り付け店舗 取り付け位置 電源 平均工賃 フロント シガーソケット型 4,000円 電源直結型 5,000円 フロント・リア 10,000円 ディーラー フロント (最低工賃)10,000円 ドライブレコーダー取り付けの所要時間 シガーソケット型の場合30分から、 電源直結型や2台のドライブレコーダー取り付けになると1時間半かかるケースもあります。 車種やドライブレコーダー本体の形状によって変動しますので、事前に確認が必要です。 店舗販売のドライブレコーダーの価格相場 カー用品店のドライブレコーダーとネット購入の価格相場を比較すると、同じ性能の機種であれば カー用品店の方が若干割高な傾向にあります。 フロント取り付けの 安価な機種では5,000円台から、国内メーカーの 高性能機種の場合は20,000円前後が相場です。 また、 ドライブレコーダー購入と取り付け費用(工賃)がセットになった商品もあります。 ただし選べる機種は限られており、高性能なドライブレコーダーが多いようです。 高機能機種を安く手に入れたい場合は、本体と取り付け費用(工賃)がセットになった商品がおすすめです。 ドライブレコーダーを持ち込みで取り付け依頼する場合 取り付け店舗や整備工場以外でドライブレコーダーを購入し、 持ち込み取り付けを依頼する場合の費用(工賃)は、通常の工賃とどの程度異なるのでしょうか。 またネットショップのドライブレコーダーの価格相場も確認しておきましょう。 ドライブレコーダーの取り付け費用(工賃) 持ち込みの場合の取り付け費用(工賃)は、 店舗購入の工賃の2〜3倍が相場です。 またディーラーや整備工場でもドライブレコーダーの持ち込み取り付けをしてくれる場合がありますが、取り付け工賃はかなり高額になります。 例えばカー用品店でフロントカメラを持ち込んで取り付ける場合の工賃は10,000円前後、 ディーラーでは20,000円以上。 通常取り付けとかなりの差があります。 ネットショップのドライブレコーダーの価格相場 ネットショップでは、ナイトビュー対応のメモリーカード式ドライブレコーダーが1,500円程度から購入できます。 しかし、 いざというときの不具合を避けるため、国産メーカーや知名度が高いメーカーのドライブレコーダーを選ぶユーザーが多いようです。 同性能機種を比較すると、店舗購入より若干価格が安い傾向ですが、取り付けを店舗に依頼する場合は 工賃が高額なため、見極めが必要です。 ドライブレコーダー取り付けをプロに依頼するメリット ドライブレコーダーは吸盤を使ってガラス面に取り付けたり、リアカメラの場合は両面テープを使ってリアトレーに取り付けたり、カメラ自体の取り付けは難しい作業ではありません。 では、 ドライブレコーダー取り付けをプロ(店舗やディーラー、整備工場)に依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ドライブレコーダーの配線を隠してくれる ドライブレコーダーの取り付けをプロに依頼する一番のメリットは、 配線を隠して固定しスッキリさせてくれることです。 映像が撮影できるとは思えないコンパクトなドライブレコーダー。 その中の構造は、一般的なビデオカメラとほとんど変わりません。 しかし、ビデオカメラは充電式のバッテリーを使って電源に繋ぐこと無く撮影できますが、ドライブレコーダーは小型化のためバッテリーを搭載していない機種がほとんどです。 そのため、ドライブレコーダーを使用する際は 車内に配線をして電源を確保する必要があります。 電源の確保として一番簡単なのは シガーソケットです。 ただしドライブレコーダーからシガーソケットまで伸びる配線をそのままにしておくと運転の邪魔になりますので、車内の壁面やピラー裏、目立たない場所に這わせて取り付けなければなりません。 また、高性能・高機能のドライブレコーダーは配線が複雑になる傾向ですし、 シガーソケットから電源が確保できない機種は取り付けはもちろん、配線を隠すのも容易ではありません。 高機能ドライブレコーダーの取り付けでも安心 高機能ドライブレコーダーの中には、エンジンを止めている際や駐車中の映像監視カメラとして使用できる機種があります。 こちらは常時電源が必要となるため、 ヒューズボックスから電源を確保しなければなりません。 この場合は配線が複雑になりますので、車関係や電気関係の知識がない場合は電源確保が難しくなります。 こうした性能の高いドライブレコーダーを取り付けたい場合、店舗に依頼すれば確実に電源が確保できますし、配線によって車内が雑然とする心配がありません。 車検に通るドライブレコーダー取り付け位置を知っている 実はドライブレコーダーの取り付け位置は、 国土交通省が発行した保安基準の細目で規定されています。 例えばフロントガラス全体のうち下部80%にレコーダーがかかったり、映像にワイパーが映り込む取り付け位置では車検に通らない場合があります。 店舗や整備工場で取り付ければ、こうした心配がありません。 ドライブレコーダーを店頭購入するメリット ド ライブレコーダーを店頭で購入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。 実は、ネットショップ購入では得られないメリットが3つもあるのです。 詳しくなくても安心 店頭購入なら、価格だけを重視して必要な機能がついていなかったり、使わない機能のために高価な商品を選んでしまうことがありません。 ドライブレコーダーは、録画だけのシンプルなものから多機能なものまで種類が豊富です。 ドライブレコーダーにあまり詳しくない方にとっては、 自分が欲しい機能がついている機種、予算内に収まる機種を選ぶのは至難の業といえるでしょう。 実店舗に足を運んでスタッフに相談すれば、予算内で必要な機能を満たすドライブレコーダーの候補をいくつか挙げてくれます。 すぐに取り付けてくれる 通常、ドライブレコーダーの取り付けはピットサービスとなり、予約が必要です。 しかし購入時にピットの空きがあれば 即日取り付けをしてくれる場合があります。 もし空きがなくてもその場で予約を取って帰れるのはとても便利ですね。 ディーラー購入なら手間が最小限 新車を購入するタイミングでドライブレコーダーを取り付ける方も多いのではないでしょうか。 また新車ではなくとも、ディーラーからの勧めでドライブレコーダーを購入するケースもあるでしょう。 実はディーラーでドライブレコーダーを購入、取り付けまで依頼すると、上記のメリットに加えて トラブルの際に手間がかからないというメリットがあります。 ディーラーで購入から取り付けまで依頼した場合、もし不具合が生じたら 窓口は全てディーラーです。 ユーザーがメーカーと直接やり取りをする必要はありません。 ディーラーがドライブレコーダーの状況を確認し、本体の不具合なのか取り付けの問題なのかを見極めて対処してくれます。 そのため、ユーザーの手間は ディーラーに持ち込むだけ。 後は全てディーラーにおまかせできます。 店舗購入の場合も同様のことがいえますが、 場合によってはメーカーと直接のやり取りを求められることがあります。 ドライブレコーダーを取り付け店舗以外で購入するメリット ネットショップなど 取り付けを行っていないショップや他店舗でドライブレコーダーを購入するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。 ドライブレコーダーが安く購入できる 一番のメリットは、 店舗購入よりも安く本体が手に入ることでしょう。 ネットショップに限らず、セール中の店舗でドライブレコーダーを購入し、 ピットサービスが安い店舗に持ち込むという方法もあります。 ドライブレコーダーを比較してじっくり選べる 特にネットショップで購入する場合は、価格や機能、保証などあらゆる点を比較し、自身が納得した形で購入できます。 店舗スタッフに勧められると断れない、という方にはおすすめです。 ドライブレコーダーを店舗直送してくれるネットショップも ネットショップで購入した際、ドライブレコーダーを店舗に直送してもらえる場合があります。 一旦自宅に配達してもらい、中身を確認した後で取り付け店舗に持参するケースでは、万が一不具合が生じた時に 初期不良なのか、取り付け不良なのか、あるいは開封した際に部品を破損してしまったのか責任の所在がわからなくなることがあります。 直送してもらえばこうしたトラブルが避けられます。 ネット購入ではドライブレコーダーの取り付けに使えるサービスチケット付きの場合も 店舗によっては、指定のネットショップで ドライブレコーダーと取り付けサービスチケットをセット販売しています。 サービスチケットを使えば、通常の持ち込み工賃より3,000円程度安く取り付けができます。 購入 取り付け 電源 取付部位 平均工賃.

次の