ラム 正体。 【名探偵コナン】ラムの正体の候補は誰?映画やアニメでの声優が不明なの?

ラムの正体予測

ラム 正体

察しの良い方ならお気づきだと思いますが、この記事では執拗に 「候補者3人の中にラムがいるなら脇田」という言い回しをしています。 つまり、 候補者3人の中にラムがいないパターンもあり得るということです。 上記の考察を経て、脇田について確定したのは「組織のメンバーであること」「小五郎と新一を調査していること」の2点。 これは、 ラムである条件の一部ではありますが、ラムである証拠にはなりません。 あくまでも他の候補者がこの条件にヒットしないから、消去法でラムの可能性が高いだけです。 そして、それはおそらく 「ラムの影武者」という立場だと思っています。 根拠1. 影武者の存在は当初から匂わされていた 灰原「屈強な大男だとか…女のような男とか…年老いた老人とか…それらが全部影武者だって言ってた人もいたわ…」 (名探偵コナン86巻より引用) そもそもラムは、当初から影武者の存在をほのめかされていたキャラクター。 今のところ、「女のような男」「年老いた老人」「屈強な大男」という特徴は、1人の人物を表していると考えられています。 「長髪」「杖をついている」「大男」である大和刑事のようなパターンですね。 しかし、 純粋に3人の影武者がいると考えれば、辻褄はすんなり合います。 おまけに、この3つの特徴は、 「脇田=ラム」を否定する根拠にもなる。 なぜなら脇田は、女のような男とは程遠く、屈強な大男にも見えません。 老人と言えなくはないですが、髪も黒いしさすがに強引。 「料理上手」「初老」「昔は屈強だった」と無理やり説明することはできるものの、それでは伏線を張る意味がない。 伏線は、 回収されたときに納得できるからこそ痛快さも生まれます。 たとえば、新出先生がベルモットに入れ替わった前後で、メガネのツルが変わっている件は代表的。 伏線の回収後、ひと目で「そういうことだったのか!」と納得できますよね。 こう考えると、「脇田=ラム」だと全ての謎を説明しきれない。 もちろん、今後の描写によって辻褄を合わせてくる可能性はありますが、現時点では「脇田=ラムの影武者」のほうがストンと腹落ちするのも事実です。 根拠2. 脇田は変装を施していない この3つの特徴は、いずれも見た目の印象。 ならば、 脇田がベルモットの手を借りて変装しており、本来は別の見た目だとすれば「脇田=ラム」でも成り立ちます。 しかし、 その可能性は限りなく低いでしょう。 なぜなら、脇田は眼帯をしているから。 もし脇田がラムの変装なら、眼帯をつける必要はありません。 ベルモットの変装術は、完全なる別人へと仕立て上げるものですからね。 目にどんな傷跡があっても、隠蔽は容易でしょう。 例外として、眼球そのものを失っている状態だと、ベルモットの変装術でも隠し切れないとは思います。 ですが、上記の考察にも書いた通り、コナン世界における義眼は 「本物の眼球そっくりの器具」。 眼球を失ったときに義眼を使わない理由はないため、少なくともラムの目は(たとえ義眼だとしても)存在するはずです。 となると、あり得るパターンは、• 変装していない• 変装した上で、あえて眼帯をつけている のどちらか。 根拠3. 「Time is money」は、読者ではなく安室に向けたアナグラム ラム「工藤新一の情報を要求する…Time is money!急げよバーボン」 (名探偵コナン1008話より引用) 安室に届くラムからのメールには、毎回 「Time is money」の一文が入っています。 「Time is money」を和訳すると 「時は金なり」。 これをローマ字に変換し、並び替えると 「WAKITA KANENORI」。 このアナグラムは、「ラム=脇田」を示す作者の演出であると考えられています。 しかし、これが単なる作者の演出ではなく、 安室とラムの間で取り決めたサインだとしたら? たとえば、「今回の送信者はラム本人ではなく、Time is money=影武者の脇田兼則だよ」と安室に伝えるサインだったなら、いかがでしょうか。 「Time is money」は 読者に向けたアナグラムではなく、安室に向けたアナグラムだった可能性が浮上します。 仮説はこうです。 ラムには 複数の影武者がいて、その1人こそが脇田。 彼らはラム自身に捜査の手が及ばないように、普段から ラムの振りをして行動している。 組織の下っ端などは、本当に彼らをラムだと思い込んでいる。 しかし、安室のような一部の幹部になると別で、影武者の存在を知っている。 なぜなら、優秀な幹部に対しては、 ラム直々に指示を送りたい場面も出てくるから。 つまり、 ラムからの指示は影武者を介して送られる。 影武者は複数いるので、単にメールの差出人を「RUM」にするだけでは、誰からの連絡かわからない。 そこでラムが考えたのは、 メールの文中に差出人を暗示するサインを入れる方法。 これにより、誰からの連絡なのかを受信者に伝えることができる。 それこそが「Time is money」だった。 安室に送られた「工藤新一の情報求む」のメッセージも、脇田を介して伝えたラムの意思。 これなら辻褄は合うのではないでしょうか。 根拠4. 「Time is money」はラムではなく脇田を示すアナグラム また、そもそも混同しがちですが、「Time is money」は ラムを示すアナグラムではなく、脇田を示すアナグラム。 もし「脇田=ラム」だった場合、ラムは自分の名前を文中に入れていることになります。 しかし、 末尾で「ラム」と名乗っている以上、そんなことをする理由は皆無。 自分の口癖である「Time is money」を偽名として使っている可能性はありますが、だとしたら 安室へのメールに毎回「Time is money」を含めるのは危険。 メールが外部に漏れた場合、誰かが「Time is money」をアナグラムだと気づき、脇田兼則にたどり着くかもしれません。 まさに私たち読者のように(笑)。 根拠5. ラム初登場回に出てきた「インチキ」というセリフ 根拠と呼ぶには頼りないですが、もうひとつ。 ラムの初登場回における赤井とジョディのやり取りは、ラム編を暗示しているようにも見えます。 ジョディ「インチキ?」赤井「トリックなんてタネを明かせば大体そうなるよ…」 (名探偵コナン85巻より引用) これが 「ラム編ではインチキを仕掛けるよ」という青山先生からのアナウンスだとしたら、 「ラム候補者は3人の中にいると見せかけて、全員ミスリード」である可能性は十分にあります。 また、このシーンでインチキと言われている阿笠博士のトリックも、 「4つの紅茶のうち1つが当たりと言っておいて、実は全てハズレ」というもの。 コナン「オメーらの所へ持って行く前に4つの紅茶全部にお酢を入れてたんだよ!」 (名探偵コナン85巻より引用) ラム候補者の頭数に領域外の妹も含めれば、脇田、若狭、黒田と合わせてちょうど4人。 数字もドンピシャで一致します。 「領域外の妹を含めるのは強引では?」と思った人もいるかもしれません。 しかし、 作中では領域外もラム候補者として描かれています。 たとえばこのシーン。 沖矢「その世良さんの周りに変わった人とか見かけませんでしたか?」蘭・園子「変わった人?」沖矢「そう、例えば…絶えず周囲を警戒識見な相手なら瞬時に制圧する能力に長けた…『浅香』という名の…」 (名探偵コナン90巻より引用) 赤井は世良と浅香の繋がりを疑っています。 「絶えず周囲を警戒し、危険な相手なら瞬時に制圧する人物」は領域外の特徴と一致するので、これは 「浅香=領域外の妹」と思わせるためのミスリード。 そして、当時は 「浅香=ラム」とされていたことを踏まえると、この描写は 「ラム=領域外の妹」に見せかけている。 つまり、 読者の認識では「ラム候補者は3人」ですが、作者の認識では「ラム候補者は4人」なのだと思われます。 えっと、もしかしたら誤解されてるかもしれないので…まず僕は領域外の妹がラムだとは一切考えてないです。 あくまでもラム編スタート当初は領域外の妹=ラム候補の1人として描写されてた、ということです。 だから、「インチキ」の紅茶が「4つ」でも暗喩として成立するのだと指摘してます。 もうちょっと補足すると、青山先生が3人の中にラムがいると明言したのは2018年12月発売のブラックプラスのインタビューです。 この頃にはもう領域外の妹=ラム候補の1人というミスリードは終えているので、確かに青山先生にとってラム候補者は「3人」になっています。 ですが、「インチキ」描写時点では事情が異なり、ラム=浅香=領域外の妹というミスリードが存在したので、青山先生にとってラム候補者は「4人」だった可能性があると。 で、この記事を書いてる時点でも「3人の中にラムがいる」とは明言されてなかったので、候補者全員ミスリードという「インチキ」説も成り立ってたというわけです。 現時点では候補者全員がラムじゃないという展開は消えたと思います。 僕は変わらずに脇田ですね。 本物の黒田=ラム説もたいへん興味深いと思いますが、大前提として事故に遭って10年間、昏睡状態である点をどう説明するかがネックです。 まあ漫画なので、昏睡状態になってるのを隠れ蓑に警察病院から指示を出してたとかできるかもしれませんが…。 それだけでなく組織臭の問題とか、ニセ黒田が影武者として動き出すタイミングと公安の任務(啄木鳥会の調査)が一致してしまうとか、いくつか噛み合わない部分があるんですよね。 この辺りをクリアできたら現実味を帯びてくると思います。 ご指摘の点についてですが、仮に脇田=公安だとして、安室さんが脇田の興味がコナンに移るのを避けようとしてた理由を成り立たせるなら、「ニセ黒田=ラムの影武者1号で本所属は公安、脇田=ラムの影武者2号で本所属は組織、いずれも敵対組織にスパイしてる」という形になるのかなと。 あと、おそらく脇田=公安説の発端となってる黒田と脇田のスマホの一致については、結構前にちゃんと解決できる説明を思いついたはずなんですが…忘れちゃいました笑 でも、何か別の理由で説明できたと思います!笑.

次の

名探偵コナン黒ずくめのメンバーラムの正体は誰?現在2020年最新情報をご紹介!

ラム 正体

日本を代表するおすすめ推理漫画が『名探偵コナン』。 漫画だけではなく小説や映画など全ての作品をひっくるめても、推理モノとしてここまで長期連載が続いてる作品は少ないはず。 この『名探偵コナン』の敵と言えば、やはり黒ずくめの男たち。 常にブラックのスーツを着用し、ブラックのハットをかぶってる、まさにブラックな犯罪者集団。 一応目立たないように黒を選択してるのかも知れませんが、むしろ却って怪しさしか漂ってないのは内緒。 そこで最近、ようやく黒ずくめの男たちのボス黒幕が発覚。 詳しくは「」をあとで参照。 ただ何故か烏丸蓮耶の片腕である「RUM(ラム)」の正体は未だに明らかになっておりません。 そこで今回ドル漫では 黒幕の最側近である「RUM(ラム)の正体」を徹底的に考察してみました。 ラムとは一体誰なのか?何者なのか?男?女?名探偵コナンに興味がある方は楽しみに読んでください。 【解説】黒ずくめの男たちナンバー2がRUM(ラム) まず「RUM(ラム)」とは一体何者なのか解説しておきたいと思います。 冒頭でも書いたように、 RUM(ラム)とは黒幕(あの方)の最側近の部下。 ただ厳密には現在のRUM(ラム)の地位は不明らしいんですが、灰原哀が黒の組織で働いていた最近までナンバー2だったことは確定済み。 そのためRUM(ラム)の地位は、少なくともジンたち以上の大幹部であることは間違いない。 実際、ジンはラムの命令に逆らうことはできない。 赤井秀一も「ジン以上大物」とRUM(ラム)を警戒してるほど。 まさに今後の『名探偵コナン』の中で重要な役割を良くも悪くも果たすのがラム。 RUM(ラム)は片目が見えない義眼 このRUM(ラム)の 最大の身体的な特徴は「義眼」。 ラムは、どうやら何かしらの事故か事件に巻き込まれて、片目は義眼が装着されてる模様。 つまりRUM(ラム)の目はどっちかが失明してる状態。 まさにラムの正体を知る上では、これとない特徴。 ちなみに『名探偵コナン』の劇場版アニメではRUM(ラム)が何度か登場済み。 口調もかなり特徴的だったらしいんですが、筆者ドルジ露瓶尊は漫画以外は基本チェックしてないため今記事では割愛してます。 RUM(ラム)候補は合計3名 このRUM(ラム)は合計3名の候補キャラクターがいます。 (名探偵コナン1008話 青山剛昌 小学館) それが 黒田兵衛(くろだひょうえ)、 若狭留美(わかさるみ)、 脇田兼則(わきたかねのり)の三名。 黒田兵衛は警視庁捜査一課管理官。 若狭留美は帝丹小学校の副担任、脇田兼則は米花いろは寿司の流れ板職人。 職業から年齢までバラバラ。 主人公・江戸川コナンと毛利小五郎との関係に薄々気づいてる模様。 逆に一切気付いていない目暮警部がポンコツすぎるだk…(略。 黒田は10年ほど前に事故にあって、右目に義眼をはめ込む。 右目周辺も火傷を負っており、確実に失明してることは間違いなさそう。 見た目だけで言えば、黒田は完全に黒ずくめの男たちの一味。 何故か黒ずくめの男たちが所有するAPTX4869の対象リストを保持してる謎多き女教師。 他は初老のオッサンであるため、RUM候補の中で一番浮く存在。 登場当初はドジっ子全開だったものの、それは意図的ではなく「右目が見えていなかったから」と後に判明。 また江戸川コナンなどに対して、間接的に推理の手助けになるように助ける場面も。 (名探偵コナン93巻 青山剛昌 小学館) 『名探偵コナン』最新刊ではラム候補同士である黒田と若狭が相対する場面も。 ただ流れ板のため脇田の過去の情報はなく、非常に謎多きおっさん。 もしかすると失明を隠しているか可能性。 現在は左目に出来物ができたことを理由に、眼帯を着用。 脇田は何故か毛利小五郎に探偵として弟子入りさせてくれと懇願した変なオッサンだったものの、実際にはと同じく公安警察の一員。 それぞれがいかにもラムを匂わせる要素を持ち合わせてることが分かります。 そこで続いてはRUM(ラム)候補3名の真偽や可能性についてドルジ露瓶尊が一人ひとり徹底的に考察していこうと思います。 脇田兼則がラムである可能性を考察 まずは寿司職人の脇田兼則(わきたかねのり)がラムである可能性を考察したいと思います。 (名探偵コナン1008話 青山剛昌 小学館) 何故脇田がラムであると導けるのかは、『名探偵コナン』最新話である1008話で明らかになったメールが根拠。 バーボンこと安室透に対して、ラムが「工藤新一の情報を要求。 Time is money」という文面を送る。 やはり注目したいのは 「Time is money」という諺(ことわざ)。 世界的に有名な諺ですが、日本語訳すると「時は金なり」。 読み方は「ときはかねなり」。 ん?何だか違和感を覚えませんか? そう、これって実はアナグラム。 厳密にはローマ字表記に変換するんですが、「 (TOKIWA KANENARI)ときはかねなり」を細かく並び替えると、そのまま「 (WAKITA KANENORI)わきたかねのり」に置き換えられる。 もちろん黒ずくめナンバー2のラムが本名を名乗るとは思えないため、「タイムイズマネー」というRUMが好きな諺をモジッて「脇田兼則」という偽名を名乗った可能性がありそうです。 非常に強力な伏線だるとドル漫では考察してみる。 若狭留美がRUMである可能性を考察 続いては若狭留美がRUMである可能性を考察していきましょう。 留美をそのままローマ字表記にすると「RUMI」。 黒の組織大幹部・ラムのローマ字表記は「RUM」。 この時点で関連性は色濃いように見えますが、ラムは前述のように義眼をはめてる。 ラムは「目が無い状態」であり、目は英語で「Eye(アイ)」と書く。 つまり、 RUMとはRUMIから「I(Eye)」を取った状態を意味した名前であると仮定すると、そのまま右目が見えない若狭留美がRUMであると考察可能。 Eyeは片目の単数形のため、より「I(アイ)」である説得力が増す。 『名探偵コナン』の映画アニメでは「Eye」に関するタイトル(瞳の中の暗殺者)もありました。 烏丸蓮耶が「あの方」を結び付ける根拠もフツーのアナグラムだった。 可能性はなくはない。 じゃあ、どっちがRUMの正体である可能性が高いのか?最後ドル漫では ラムの正体を大胆に考察して記事を終わりたいと思います。 黒ずくめ・ラム(RUM)の正体は脇田兼則 長々と考察してきましたが、結論から書くと黒ずくめの最高幹部であり、黒幕・烏丸蓮耶の最側近である ラム(RUM)の正体は脇田兼則(わきたかねのり)だと筆者ドルジ露瓶尊は個人的に結論付けます。 何故なら『名探偵コナン』の 最新話に出てきた情報でラムと結びつける伏線が登場したことが一番理由として大きい。 やはり昔の情報や伏線より、最新の情報や伏線で考察するのが一番自然。 もちろんRUMが自分の正体を遠回しに伝えるようなポカを犯すのか?黒ずくめナンバー2が冴えない板前かよ…という疑問は残るものの、 「Time is money」理論はそれだけ非常に説得力が高い。 またRUMを無視美付ける情報としては古く、またいかにも分かりやすい伏線でもあるため、典型的なミスリードだと思います。 あと黒幕・烏丸蓮耶の年齢が150歳に迫ると考察される中、さすがに若狭の年齢(37歳)と若すぎる。 がほぼ一緒ですからね。 やはり黒ずくめの男たちを率いるナンバー2として、女性である点も含めて「風格」や「威厳」が足りないのは言うまでもない。 もちろん若狭が烏丸の孫娘あたりの可能性もありますが、個人的に 若狭は元ヤン刑事か何かかと考察してみる。 RUMの正体を見抜く最大の根拠は灰原哀? 今回の考察記事ではRUM候補として一切考察してませんでしたが、警視庁の黒田兵衛は一番分かりやすいRUMのミスリードキャラ。 「怖いキャラが怖い組織の幹部でした」では、さすがに漫画的な驚きに欠ける。 まず何より灰原哀の黒ずくめセンサーに黒田兵衛が感知されていないのが根拠。 そこで改めて考察すると、 灰原哀と遭遇してない唯一のRUM候補が脇田兼則というキャラ。 やはり脇田がRUM(ラム)と考えるのが一番自然であるとドル漫では考察します。

次の

名探偵コナン1029話

ラム 正体

真のラムは誰? 実はラムについて、原作者の青山先生が以前ポロリしてしまった情報があります。 それがこちら。 naver. これがいつの発言かと言うと、なんと2014年9月のこと。 」での参加者からの一般質問で深堀りされています。 どうぶつの森で「ラムは出てきてたりして」と言った時点で、ラムの顔や名前は出てきていますか? A. 名前は・・・えーむずいなぁ。 名前は~ある意味出てきてない。 顔は? A. naver. 笑 ですが、青山先生がこう言っている以上、2014年9月以前、それはつまり、ラム編が始まった単行本85巻以前の登場キャラクターにラムがいると推測できるわけです。 ??? バーボン編では、候補3人が全員登場してから、バーボンの正体判明までが3巻しかなく、展開が早かったです。 一方ラム編では、候補3人は比較的早く登場しましたが、ラムの正体判明までが長いですね。 バーボン編開始からバーボンの正体判明まで18巻だったので、ラム編もこれにならえば103巻でラムの正体が判明します。 進み具合からすると意外とありそうです。 とは言え、まったく同じ巻数になるとは考えにくく、 個人的にはキリの良い100巻でラムの正体が判明すると推測します。 「名探偵コナン」は何かと数字にこだわりがあるので、100巻でなんらかの仕掛けをしてくるのは間違いないと思っています。 最後のまとめ 今回はラムの正体を考察してきました。 今回の記事のまとめとしては、• ラム候補3人のうち、ラムと考えられるのは脇田兼則• 脇田兼則は真のラムの影武者の可能性がある• 真のラムの正体はラム編以前に登場したキャラクターの可能性が高い といったところですね。 更に、これらの考察をする中で、• 黒の組織の命令系統予想の図解• 「純黒の悪夢」でのラム像• 安室透とラムの関係• ラム正体判明はいつになるのか についても触れていきました。 ラムについては様々な考察が されていますが、 果たして正解があるのかどうか、 今後の展開に注目です。 ラム候補3人と赤井務武に考察記事もご覧ください。

次の