ドッカンバトル父の誇り。 孫悟空(天使)【後世への願い】:ドッカンバトル

「熱闘悟空伝」新ミッション・クリアパーティ攻略まとめ【ドッカンバトル】|GAMY

ドッカンバトル父の誇り

どうも、 ドラゴンボール好きのxichiです。 せっかくブログを始めたのに真面目な記事ばっかり書いているので、 たまにはただただ自分の好きなことを書いてみたいと思います。 皆さん、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』というスマホアプリゲームを御存じでしょうか? 2015年にバンダイナムコからリリースされた初のドラゴンボールのスマホアプリゲームであり、 2018年に『ドラゴンボールレジェンズ』がリリースされるまでは 唯一のドラゴンボールのアプリゲームでした。 xichiも大学時代からこのゲームをやっておりまして、 通算ログイン日数は 1,000日を少し超えたくらいです。 まあ1,000日ログインはしていますが、ずっとログインを続けていたわけではありません。 プライベートで忙しくなったらログインすらしてなかったり、ログインするだけみたいな時期も結構ありました。 でもなんやかんやで今までずっと遊んでいるゲームです。 そんなドッカンバトルへの思いを語っていきたいと思います。 僕とドッカンバトルとの出会い 僕が初めてドッカンバトルと出会ったのは2015年の春ごろのことです。 2015年の2月にリリースされたゲームなので割と出たての頃に始めていました。 「ドラゴンボールのスマホゲームってないのかなあ」 と検索したのが始まりです。 すぐにダウンロードしてリセマラを始めました・・・が 全然SSR(最高レアリティ)が出ない! 当時のドッカンバトルをやっていた方は分かると思うのですが、 ハチャメチャにSSRの排出率が渋かったです。 今の環境からは考えられませんね。 そんな感じで数日リセマラを繰り返し、やっとの思いで引けたSSRキャラは「 【神秘の教示者】ウイス」でした。 初めて引いたSSRキャラのウイス 当時の僕の感想 「誰だこいつ!!」 ドラゴンボールは好きだったんですが、 当時まだドラゴンボール超の時間軸の映画は見ていなかったんですよね。 ネットで評価見てみて、まあまあ強いとのことだったのでウイスで始めてみることにしました。 (これも今考えたらあり得ない話ですね 笑 ) まあ結論から言うとこの時はゲームが続かず、 アンインストールしています。 就職活動等でプライベートが忙しかったというのもあったと思いますが、 一番の理由は 思い入れのあるキャラでゲームを始めなかったからだと思います。 だってドラゴンボールのゲームをする理由って 強い悟空やベジータを操作したいからじゃないですか。 悟空やベジータがいる中でたまにほかのキャラを使うのはいいと思うんですけど、 そのキャラがメイン、主力ってなるとちょっと違うんですよね。 プライベートが落ち着いてきた後、この反省を踏まえて改めてリセマラをしました。 その結果今度はちゃんとSSRの悟空を引き、ゲームを始めました。 そのキャラは「 【父の誇り】超サイヤ人孫悟空」です。 超サイヤ人孫悟空 証拠画像。 今のアカウント。 入手順ソート 僕のアカウント(入手順ソート) まあこれも今の環境から考えたらあり得ないですね 笑。 この時は知る由もないのですが、この後イベントで 無料配布されたキャラでもあります。 プレイしている方なら「フェス限定キャラとかで始めろや!」と思う方もおられるかもしれません。 だってその時フェスやってなかったんですもん 笑 やりたいときにゲーム始めて、好きなキャラを引いたのでゲームを始めた。 それだけです。 何より絵がかっこよかった。 このころの僕は パッシブスキルとか見てないです 笑。 「かっこいいキャラだ!使おう!」 でやってました。 当時は「SSRの超サイヤ人キャラでパーティを埋めたい!」というモチベーションでゲームを続けてましたね。 性能も特に気にせず、ただただゲームを楽しんでいました。 1周年の衝撃と引退 ゲームを始めて数か月が経過した2016年2月。 ドッカンバトルは1周年を迎えました。 その1周年を記念して、ドッカンバトルはとあるキャラを実装しました。 プレイしている方ならほとんどの方がご存じでしょう。 「 【絶対無敵の戦士】超ゴジータ」です。 1周年で登場した超ゴジータ キャラ自体の魅力もさることながら、性能もえげつなく、 誇張抜きにすべてのキャラを過去にした存在です(当時)。 これがあり得なかった。 その時点で「力、速、技」の属性を強化するスキルのフェス限定キャラクターが登場していたと思います。 各属性のリーダーキャラが揃う前に「全属性」を強化するキャラが出てしまったのです。 過去のフェス限定キャラクターがこの超ゴジータの下位互換となってしまいました。 パッシブスキルも「 属性相性を無視してダメージを与える」というスキルで、リーダースキルも相まって、いかなるイベントにおいても、 超ゴジータ以外をリーダーにする理由がない。 超ゴジータさえいればどうにでもなる という環境となったのです。 フレンド選択画面がゴジータで埋め尽くされたことを鮮明に覚えている方は多くおられると思います。 僕があまり性能を意識していなかったとはいえ、ここまで強力なキャラクターが出てきたら性能を意識せざるを得ませんし、 ただただ好きなキャラを詰めて遊んでいた僕にとってこの「 全属性」に補正がかかる超ゴジータはとても魅力的なキャラでした。 当然持っている龍石をつぎ込んで狙いに行きましたが、引き当てることはできませんでした。 (リセマラすればいい、と思うかもしれませんが既に自分の持っているキャラに愛着があったのでそれはできませんでした) 超ゴジータを引けなかった僕は完全に 時代の敗北者となったのです。 超ゴジータを引けなかった自分、超ゴジータで埋め尽くされるフレンド画面を見て、当時の僕はこのゲームに嫌気が差し、 長期間ログインすら放棄した引退状態となったのでした。 2周年と復帰 ずっとログインしない時期が続き、もうすっかりドッカンバトルのことなど忘れていたxichiでしたが、 ネットでのドッカンバトルの広告を見て、 即座に復帰を決めました。 それは2周年による 「超サイヤ人4孫悟空」の実装です。 2周年で登場した超サイヤ人4孫悟空 超サイヤ人4はアニメ「ドラゴンボールGT」に登場する悟空の最強形態です。 ネットを見ている方なら分かるとは思いますが、 ネット上での「ドラゴンボールGT」の評判はまあ酷いものです。 僕も社会人になってから改めて「GT」を見てみましたが、正直 「なんかあんまり面白くないなあ」 と思いました。 それなのになんで「GT」のキャラの登場で復帰したのかというと 「GT」は1992年生まれのxichiが唯一リアルタイムで見ていたドラゴンボールだからです。 超サイヤ人4の悟空は紛れもなく子供のころの僕のヒーローであり、大好きな存在だったのです。 そんな超サイヤ人4悟空の登場で、僕はドッカンバトルを再開し、無事 「超サイヤ人4孫悟空」を引き当てました。 (この際 「超サイヤ人4悟空」を3枚引き当てる神引きをしたのですが、潜在開放というシステムを知らなかった復帰勢の僕は、引いた悟空を 重ねて技レベル上げに使うという愚行を行ったのはまた別のお話・・・) そして大好きな超サイヤ人4孫悟空を引いた僕は、今なおドッカンバトルを続けているのです。 ドッカンバトルへの思い 「それだけ思いがあるということは、よほど面白いゲームなんだろうなあ」と思う方もいるかもしれません。 まったくそんなことはありません。 このドッカンバトルというゲームは ドラゴンボールのキャラが登場するという点を除いて、 単純にゲーム性というものだけを見れば ハイレベルなクソゲーです。 キャラゲーというべきなのかもしれませんね。 一般に語られているドッカンバトルの批判点は以下の通りです。 特に戦術も技術もなく、強いキャラがいればOKというゲームシステム• 今時マルチ要素もない• 暇 僕も上記の批判点に関しては 完全同意です。 全て紛れもない事実だと思います。 でも僕は それも受け入れてドッカンバトルを続けています。 ドッカンバトルが多くの人にプレイされている理由は、上記の批判点は 人によっては利点に変わるからだと思います。 テレビを見ながらでもプレイできて、 他人に縛られることもなく、 時間に縛られることもなくプレイできるゲームなんです。 僕も暇の多い学生時代は技術も必要で、マルチプレイもあってみたいなゲームをしていました。 (ちなみに某黒猫クイズゲーム) でもこういうゲームって時間に余裕がないとプレイする気が起きなくなるし、 一度離れてしまうとなかなか復帰できないんですよね。 どんどんシステムも変化して、絶え間なくイベントが開催され、マルチでの立ち振る舞いも考えないと周りに迷惑をかけますし。 そういったゲームももちろんそれはそれで面白いと思いますが、 全員が全員そういった今時のゲームを求めているわけではないと思うんです。 これは僕の偏見ですが、ドッカンバトルが好きな人って 必要以上にレベルを上げてゲームを攻略するのが好きな人が多い気がします。 仙水みたいな ドッカンバトルは昔のファミコン、スーファミ辺りのゲームに似てるんですよね。 ドッカンバトル自体が「強襲!サイヤ人」系統のゲームをオマージュしているからなのかもしれませんが。 自分の好きな作品の、自分が強くしたキャラで敵を倒すというゲーム。 そんなゲームなんです。 ドッカンバトルって。 僕もたまに「なんでこんなゲームやってるんだろう」と感じる時もあります 笑 でも毎回この結論に至ります。 ドラゴンボールが好きだから。 ドラゴンボールが好きで、この記事を見てドッカンバトルに興味を持ってくれた方はぜひダウンロードしてみてください。 雑多な実の無い文をお読みいただき、ありがとうございました。 xichiでした。

次の

【ドッカンバトル】バツイチ、ドッカンバトルを語る

ドッカンバトル父の誇り

『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』で七夕DOKKANキャンペーンを開催中。 LRまでDOKKAN覚醒可能な新キャラクターが登場するDOKKANフェスも開催予定だ。 以下、プレスリリースを引用 天に輝け!七夕DOKKANキャンペーン開催中! 株式会社バンダイナムコエンターテインメントよりApp Store Google Play で配信中のゲームアプリケーション「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」にて、七夕を記念した、「天に輝け!七夕DOKKAN キャンペーン」の開催をお知らせいたします。 『ドラゴンボール Z ドッカンバトル 』 とは リリース5 周年!全世界 3 億ダウンロード突破!!「ドラゴンボール」に登場する様々なランドマークを巡り冒険します。 ワールドマップからエリアを選び、すごろくマップへと繰り出していきます。 マップ上で敵と遭遇することでバトルへと進行します。 ドッカンバトルならではの超スピードのバトルを体感できます。 発表後予告なしに内容が変更されることがあります。 あらかじめご了承ください。 の商標です。 の商標です。

次の

【ドッカンバトル】超サイヤ人トランクス(幼年期)(速)評価とパーティ編成!

ドッカンバトル父の誇り

【かめはめ波】必殺技発動時、ATK2500UP 超ダメージを与える必殺技とイベントに有効なパッシブスキルが特徴! まず挙げておきたい特徴は 必殺技とパッシブスキルです。 必殺技は超特大ダメージを与える親子三大かめはめ波で、これだけでも破壊力は高いものとなっています。 それに加えパッシブスキルでは必殺技発動時にATK70%UPですので、与えるダメージはさらに増大します。 基本ステータスにおいても高いATKを持っていますので、力属性の敵に対して強力なキャラと言えます。 そしてもうひとつ挙げておきたい特徴が パッシブスキルの暴走無効です。 このパッシブスキルは超激戦イベントのブロリーに対してのみ有効なスキルなのですが、ブロリーのでたらめな防御力と攻撃力UPを無効化させるものです。 このスキルが発動しないとブロリーに対して2ケタ程度のダメージしか与えることはできません。 他にも暴走無効のパッシブスキルを持ったキャラやリンクスキルを持ったキャラはいますが、伝説の超サイヤ人ブロリーは力属性のため、攻守ともに活躍するキャラのトップが超サイヤ人孫悟飯になるわけです。 伝説の超サイヤ人ブロリーはフェス限定キャラのため手に入れるのは非常に困難でしょうが、もし手に入れた時のことを考え超激戦イベントで覚醒メダルを集めることを考えると、超サイヤ人孫悟飯は手に入れたいキャラと言えます。 ガシャで出る確率 SSRキャラのため、他のキャラ同様、ガシャで出る確率は低く設定されています。 SSRのキャラ自体10連ガシャ3回に1体出るか出ないかの体感確率ですので、手に入れるのはなかなか困難だと思います。 リセマラで狙うほか、たまに実施される速属性キャラのピックアップガシャや、天下一武道会の報酬である「SSR確定チケットガシャ」などで狙うという方法もあります。 またサイヤ人関連のガシャもたまに行われるため、手に入れる機会は少し多そうです。 オススメパーティ編成 先述の通り、超ダメージを与えることができる必殺技とパッシブスキルが有効な超サイヤ人孫悟飯。 ここでは、ブロリーの超激戦イベントを想定してチーム編成してみましょう。 父の誇り 超サイヤ人孫悟空(力)【リーダー】 兄の意地 超サイヤ人孫悟飯(青年期)(速) 弟の願い 超サイヤ人孫悟天(幼年期)(力) 父親ゆずりの才能 超サイヤ人トランクス(幼年期)(速) 地獄を生き抜いた戦士 超サイヤ人トランクス(青年期)(速) 王家の誇り ベジータ王(知) 超激戦イベントのブロリーを相手にするためには「暴走無効」のスキルを欠かしてはいけません。 上から孫悟空、孫悟飯、孫悟天、トランクスの4人はパッシブスキルで、青年期のトランクスとベジータ王はリンクスキルで発動しますが、このチームは全員が暴走無効のリンクスキル「バーニングファイト」を持っているため、攻撃の並び順を考える必要はなくなります。 フレンドにもリーダーと同じ孫悟空を持って来ればより確実に暴走を無効化できます。 そしてリーダーには孫悟空を選びます。 このキャラは速と知と力属性のHPとATK30%UPというリーダースキルを持っているため、このチームなら全員のHPとATKがUPできます。 フレンドにも選択すれば60%UPになるため、かなり戦いやすくなります。 また、青年期のトランクスはレアリティがRのため友情ガシャでも手に入る上、ベジータ王は超強襲イベントでドロップするキャラなのでこちらも手に入りやすいキャラです。 唯一の心配事は防御です。 スキルを重視するため速属性で固めることができないので、サポートアイテムで防御力UPできる閻魔大王や牛魔王などをセットしておくと良いでしょう。 またブロリーは1ターンおきに攻撃してくるため、攻撃しないターンの並び方を調整しておくと戦いやすくなります。 具体的に言うと、ブロリーの攻撃ターン速属性のキャラが出てきてほしいため、攻撃時の並び方で速属性をうまく配置するわけです。 攻撃選択時、右下のキャラ円盤をタップすると1~7の数字に振られたチームキャラが表示されます。 並び変更で1~3のキャラが変えられますが、ここで1番目に攻撃したキャラは翌々ターンで2番目に、2番目に攻撃したキャラは3番目に登場し、3番目に攻撃したキャラはさらに次のターンの1番目に登場します。 つまり、ブロリーが攻撃しないターンの3番目に速属性を配置すれば、そのキャラがブロリー攻撃時に登場できるわけです。 ブロリーが攻撃しないターンに速属性だらけで登場しないよう、並び方に注意しておけば戦い方が楽になります。 まとめ 力属性に対して強力な必殺技で攻撃できるキャラではありますが、なんといっても 伝説の超サイヤ人ブロリーに対して欠かせないキャラになります。 まだブロリーを覚醒させるための覚醒メダルを集めていないのであれば、このキャラを育てて超激戦イベントに挑んでみてください。

次の