馬 と 鹿 米津 玄 師 本人。 なぜ米津玄師はこれほどの存在になったのか――近田春夫の考えるヒット

米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

馬 と 鹿 米津 玄 師 本人

遂に今週リリースを迎えたニューシングル「馬と鹿」。 オリコン週間デジタルシングルランキング4週連続1位、そして9月10日付オリコンデイリーシングルランキングにて推定売上枚数で自身新記録を更新するなど爆発的なヒットを生んでいる中、「馬と鹿」発売を記念した特別WEBラジオ「馬と鹿 radio」が、YouTubeチャンネルにて公開となった。 本人もツイッターで「新譜の度に恒例になりつつある曲について喋ってるやつを投稿しました。 よろしくお願いします。 」と発言しているが、米津が特別WEBラジオ番組をYouTube上に公開するのは今回で3度目となる。 毎作品毎に発表される番組では、シングル表題曲だけでなくカップリング楽曲も含めて、楽曲に対してここでしか聞けない本人からのコメントを聞くことができるため、ユーザーからは発売週の楽しみの一つとして定着している。 今回の「馬と鹿 radio」は、深夜のテラスにて収録され、虫の声も聞こえるなか夏の終わりを感じさせる空気感となっている。 表題曲であり今週末に最終回を迎える『ノーサイド・ゲーム』主題歌である「馬と鹿」、そしてYahoo! 特集にて掲載中の大泉洋氏との対談での出来事や、映画主題歌として「海の幽霊」を提供した『海獣の子供』に米津がどんな影響を受けてきたのか、「News ZERO」のインタビューでも大きな反響をよんだシングルカップリングの「でしょましょ」についてなど、「馬と鹿」に収録された楽曲やパッケージに込められた想い、さらにはキッズソングとして社会現象レベルの人気となっている「パプリカ」のセルフカバーと周囲からの反響などについて米津自身が語る、貴重な特別ラジオ番組となっている。 まさに今、米津がどのような思いを抱え、どのようなことを楽曲に込めて、歌っているのか、ぜひこの特別WEBラジオを聞いて感じてもらいたい。

次の

米津玄師、「馬と鹿」リリース記念のWEBラジオが公開 本人が楽曲への想いを語る

馬 と 鹿 米津 玄 師 本人

遂に今週リリースを迎えた米津玄師ニューシングル「馬と鹿」。 オリコン週間デジタルシングルランキング4週連続1位、そして9月10日付オリコンデイリーシングルランキングにて推定売上枚数で自身新記録を更新するなど爆発的なヒットを生んでいる中、「馬と鹿」発売を記念した特別WEBラジオ「馬と鹿 radio」が、米津玄師YouTubeチャンネルにて公開となった。 本人は、ツイッターで「新譜の度に恒例になりつつある曲について喋ってるやつを投稿しました。 よろしくお願いします。 」と発言した。 米津が特別WEBラジオ番組をYouTube上に公開するのは今回で3度目。 毎作品毎に発表される番組では、シングル表題曲だけでなくカップリング楽曲も含めて、楽曲に対してここでしか聞けない本人からのコメントを聞くことができるため、ユーザーからは発売週の楽しみの一つとして定着している。 今回の「馬と鹿 radio」は、深夜のテラスにて収録され、虫の声も聞こえるなか夏の終わりを感じさせる空気感となっている。 表題曲であり今週末に最終回を迎える『ノーサイド・ゲーム』主題歌である「馬と鹿」、そしてYahoo! 特集にて掲載中の大泉洋氏との対談での出来事や、映画主題歌として「海の幽霊」を提供した『海獣の子供』に米津がどんな影響を受けてきたのか、「News ZERO」のインタビューでも大きな反響をよんだシングルカップリングの「でしょましょ」についてなど、Sg「馬と鹿」に収録された楽曲やパッケージに込められた想い、さらにはキッズソングとして社会現象レベルの人気となっている「パプリカ」のセルフカバーと周囲からの反響などについて米津自身が語る、貴重な特別ラジオ番組となっている。 MVが再生回数1,000万回を突破し、YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」では公開かわずか4日で1位を獲得するなど様々なシーンで大きな賑わいを見せている「馬と鹿」。 Yahoo! 馬と鹿 2. 海の幽霊 3. でしょましょ -DVD- (「映像盤(初回限定)」のみに収録) 1. その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。 2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞した。 2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。 6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。 iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。 8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。 11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発表し、オリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。 「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。 日本レコード協会にて「史上最速」の200万DL認定など音楽史に残る記録を残している。 8月には2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの楽曲として小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。 表題曲の1つ「Flamingo」Music VideoはYouTube公開から3時間で100万再生突破と自己最速を記録、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。 「Lemon」は発表後、1年を通してその支持が拡大し続け、2018年・年間ランキング各主要チャートを総なめにし、昨年末には紅白歌合戦に初出場、初のテレビ歌唱が話題を呼び、MV4億再生を突破、デジタル・フィジカル合算300万セールス突破と、年度を象徴する楽曲となり、2019年上半期チャートにおいても尚、軒並み首位を獲得している。 2019年5月、菅田将暉「まちがいさがし」をプロデュース。 6月にはアニメ映画「海獣の子供」主題歌として「海の幽霊」をリリース。 首位18冠を獲得し、2019年最大のヒットとなった。 8月には、子供たちの間で最も人気のあるキッズソングとして定着したFoorinがうたう「パプリカ」のセルフカバーバージョンを発表、米津玄師 MV 「パプリカ」は、公開より4日と9時間で1,000万再生突破という、今年発表した「海の幽霊」MVの公開から4日と12時間という「自身最速」記録を塗り替えることとなった。

次の

米津玄師、ニューアルバム『STRAY SHEEP』を8月5日にリリース! 本人描き下ろしのジャケットアートワークも公開(エムオンプレス)

馬 と 鹿 米津 玄 師 本人

遂に今週リリースを迎えたニューシングル「馬と鹿」。 オリコン週間デジタルシングルランキング4週連続1位、そして9月10日付オリコンデイリーシングルランキングにて推定売上枚数で自身新記録を更新するなど爆発的なヒットを生んでいる中、「馬と鹿」発売を記念した特別WEBラジオ「馬と鹿 radio」が、YouTubeチャンネルにて公開となった。 本人もツイッターで「新譜の度に恒例になりつつある曲について喋ってるやつを投稿しました。 よろしくお願いします。 」と発言しているが、米津が特別WEBラジオ番組をYouTube上に公開するのは今回で3度目となる。 毎作品毎に発表される番組では、シングル表題曲だけでなくカップリング楽曲も含めて、楽曲に対してここでしか聞けない本人からのコメントを聞くことができるため、ユーザーからは発売週の楽しみの一つとして定着している。 今回の「馬と鹿 radio」は、深夜のテラスにて収録され、虫の声も聞こえるなか夏の終わりを感じさせる空気感となっている。 表題曲であり今週末に最終回を迎える『ノーサイド・ゲーム』主題歌である「馬と鹿」、そしてYahoo! 特集にて掲載中の大泉洋氏との対談での出来事や、映画主題歌として「海の幽霊」を提供した『海獣の子供』に米津がどんな影響を受けてきたのか、「News ZERO」のインタビューでも大きな反響をよんだシングルカップリングの「でしょましょ」についてなど、「馬と鹿」に収録された楽曲やパッケージに込められた想い、さらにはキッズソングとして社会現象レベルの人気となっている「パプリカ」のセルフカバーと周囲からの反響などについて米津自身が語る、貴重な特別ラジオ番組となっている。 まさに今、米津がどのような思いを抱え、どのようなことを楽曲に込めて、歌っているのか、ぜひこの特別WEBラジオを聞いて感じてもらいたい。

次の