サジェスト 対策。 Yahoo!関連キーワードとサジェスト対策の費用感と対策期間|風評被害対策ラボ

サジェスト汚染って何?関連キーワードが風評被害に!|風評被害対策ラボ

サジェスト 対策

別名、 オートコンプリート・検索補助機能とも呼ばれています。 Googleがサジェストを表示させる目的は、ユーザーが探している情報を効率的に見つける手助けを行い、ユーザーの利便性を高めることです。 大体の目安として、 2週間〜4週間程度でGoogleはサジェストの更新を行なっており、その更新タイミングでキーワードが入れ替わるようになっています。 もちろんGoogleアルゴリズムの更新となるため、更新タイミングでキーワードが入れ替わらないこともあります。 Googleサジェストの仕組み Googleサジェストが表示される仕組みは様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェストは、Googleアルゴリズムによって自動で生成され、入力したキーワードに付随したキーワードが表示されます。 そのためGoogleがサジェストキーワードを表示させる目的を考えれば、 検索ユーザーが多く検索するキーワードが表示されるようになっています。 例えば「結婚祝い」と検索窓口に入力した場合、 上記のサジェストキーワードが表示されます。 Web上の情報量 Googleは、ユーザーが効率的に求めている情報に辿り着けるためにサジェストキーワードを表示させます。 そのため検索回数と同じぐらいに Web上の情報量が必要になってきます。 どれだけ検索回数の多いキーワードであってもWeb上に情報が存在しなければ、検索エンジンの利便性が低いことに繋がるため、Web上の情報量もサジェストキーワードが表示される大切な要素となっています。 地域や言語 Googleサジェストは、 検索ユーザーが検索する地域や言語によっても変わります。 上記は「脱毛」について東京都杉並区と沖縄県那覇市のIPアドレスで検索したサジェストキーワードです。 このような機能をパーソナライズといいますが、地域や言語に合わせた適切なサジェストキーワードを表示させることにより、Googleは検索行動の利便性を高めています。 話題性のあるキーワード また、ニュース性・トレンド性のあるキーワードが主な対象となりますが、1日の中で変化する人気キーワードもサジェストに影響します。 ニュースサイトに取り上げられ、一時的に検索回数が多くなったり、関連ページが増えることが要因と考えられます。 Google関連ワードもGoogleサジェストと同様で、ユーザーが効率的に探している情報を見つけるための手助けをしています。 Googleサジェストと大きく違う部分は、更新期間がGoogleサジェストよりも長い点です。 最近では1ヶ月に1回程度の更新がありますが、少し前までは1年半ほど更新されない期間が続いたこともありました。 Google関連ワードの仕組みとは Google関連ワードもGoogleサジェスト同様に仕組みが様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索回数の多いキーワードを表示されやすい仕組みになっています。 Web上の情報量 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも Web上に関連する情報が多いキーワードが表示されやすい仕組みになっています。 地域や言語 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索される地域や言語によって表示されるキーワードが変わる仕組みとなっています。 そのため、PCでは表示されているけどスマホでは表示されていないなどのケースも出てきますので、各デバイスを確認するようにしてください。 ネット風評被害で気を付けたいGoogleサジェスト・関連ワードのこと Googleサジェスト・関連ワードは、ポジティブなキーワードが表示されればブランディングに繋がりますが、 逆にネガティブなキーワードが表示されてしまうとマイナスブランディングに繋がってしまいます。 視認性が高いからこそネガティブなキーワードが表示されていないかをチェックする必要があります。 Googleサジェスト・関連ワードが表示される危険性 Googleサジェスト・関連ワードが表示される要因は、 検索回数が多いキーワードや関連情報がWeb上に多いキーワードです。 つまり、 Googleサジェスト・関連ワードにネガティブな情報が表示されているということは、そのネガティブワードの検索回数が多いことや関連する情報がWeb上に多いということに繋がります。 そのため、Googleサジェスト・関連ワードにネガティブキーワードが表示された場合、サジェスト・関連ワードに影響を与えるような情報がWeb上に存在しないかを確認する必要があります。 ネガティブ情報が存在する場合は、それぞれのWebサイトに合わせた対応を行なっていく必要があります。 また、サジェストや関連ワードはユーザーの目に付きやすく視認性が高いため、表示されたまま放置しておくと悪い印象を持つユーザーが増加し、根も葉もない情報が膨脹する危険性がありますので、早期に対策することをお勧めいたします。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害解決方法 ここまででGoogleサジェスト・関連ワードの仕組みやネガティブワードが表示された場合の危険性は理解して頂けたと思います。 ここからは実際にGoogleサジェスト・関連ワードにネガティブなキーワードが表示されてしまった際の解決方法を紹介します。 Googleに削除依頼を出す 下記のGoogleが定めるに違反するキーワードであれば、Googleに削除申請を依頼することが可能です。 Google で検索する際にオートコンプリート予測キーワードを使用すると、探している情報をよりすばやく見つけることができます。 検索候補が表示されない場合は、ポリシーに違反する可能性のあるコンテンツがアルゴリズムによって検出されたか、検索候補がオートコンプリート ポリシーに違反していると判断され、報告された可能性が考えられます。 Google では、不適切な検索候補が表示されないよう最善を尽くしていますが、常にそれが実現できているとは限りません。 表示された検索候補が以下のポリシーのいずれかに違反すると考えられる場合は、方法をご確認ください。 下記のポリシーは、オートコンプリート機能を利用するすべてのユーザーが、有用な情報を得られ、サービスを快適に利用できるようにするうえで重要なものです。 検索候補のコンテキストが、芸術、教育、歴史、記録、科学の内容に関連する場合、あるいは社会、政治、文化、経済などの時事問題の理解や参加に役立つ内容に関連する場合は、このポリシーの例外として認められることがあります。 コンテンツの削除リクエスト リクエストに沿って、適用される法律のもと、または裁判所命令に応じて、コンテンツを削除することがあります。 法的要請はから送信できます。 暴力的または残虐な内容の検索候補 見る人に衝撃を与えること、世間を騒がせること、または不当に不快感を与えることを主な目的とする、暴力的または残虐なコンテンツに関連した検索候補は認められません。 また、暴力行為や残虐行為を支持、賛美、矮小化したり、その被害者を侮辱したりする検索候補も許可されません。 露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補 露骨な性表現、卑猥または下品な描写を含む検索候補は認められません。 人体の構造や性教育に関連する医学用語や学術用語の使用は認められます。 特定の集団に対して差別的な内容の検索候補 特定の集団に対する憎悪をあおる、容認する、または助長するような検索候補は認められません。 これには、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性自認など、制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいた分類が含まれますが、これに限定されません。 著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補 著名人に対して中傷的または不適切と考えられる検索候補は認められません。 これには、嫌がらせ、いじめ、脅迫、性的内容の不適切な表現に関連する検索候補、または嫌がらせ、身元詐称、金融詐欺の原因となるような方法で個人情報または機密情報を開示する検索候補が含まれます。 危険な検索候補 人や動物に直ちに深刻な危害をもたらす、またはそうした危害を助長するような商品、サービス、情報の宣伝に関連する検索候補は認められません。 逆にオートコンプリートポリシーに違反していないキーワードの場合、• 事実無根の関係ないキーワードが表示されている• 自社・自分に不都合なキーワードが表示されている と権利侵害を申請しても削除されないケースもあります。 実際に申請を行う場合は、オートコンプリートポリシーのどの部分に違反しているのか、法的部分で違反している部分などを詳細に伝える必要があります。 風評被害専門会社に依頼する Googleサジェスト・関連ワードは、表示される仕組みも単純ではなく、更新頻度も限られているため、簡単に削除できるものでもありません。 そのため、ノウハウのあるネット風評被害・誹謗中傷対策を行う専門会社に依頼するのも1つの手です。 Googleのブラックボックスになっている部分も多いのですが、専門スタッフが日々研究を重ねています。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害・誹謗中傷にお困りの方は、相談は無料ですので1度当社にご相談頂けますと幸いです。 まとめ Googleサジェスト・関連ワードの仕組みや風評被害リスク・対策方法までを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 Googleサジェスト・関連ワードは、ユーザーの検索回数やWeb上にある情報量によって表示されるキーワードが変わります。 仕組みや対策方法を理解していても中々対策が難しいのが厄介なところです。 Googleサジェスト・関連ワードにお悩みの方は、無料で相談頂ける風評被害対策の窓口にご相談ください。

次の

Yahoo!関連キーワードとサジェスト対策の費用感と対策期間|風評被害対策ラボ

サジェスト 対策

例えば、Yahoo検索エンジンの検索窓に「沖縄 旅行」と入力すると、「沖縄 旅行 格安」「沖縄 旅行 おすすめ」「沖縄 旅行記」など、入力した検索キーワード「沖縄 旅行」に関係する検索候補キーワードが最大で10キーワード表示されます。 これは、ヤフーが検索ユーザーの利便性を高める為に、 検索キーワードに関連するキーワードや検索される確率が高い複合キーワードを予測して自動的に提案(サジェスト)してくれる機能です。 この機能のことを 「Yahooサジェスト」といいます。 Yahoo! JAPANによる正式名称は 「キーワード入力補助機能」といいますが、「オートコンプリート」「予測候補キーワード」「入力補助キーワード」「予測変換キーワード」「予測候補機能」「予測変換機能」など様々な名称で呼ばれており、これらは全て同義となります。 また、Yahoo! 検索ヘルプでは、 「関連検索ワード」の情報は、Yahoo! 検索の利用者が入力したキーワードや、その組み合わせを機械的に収集・処理した結果をもとに、検索キーワードの組み合わせなどを自動的に表示しています。 と記載されています。 出典:Yahoo! 検索ヘルプ — キーワード入力補助機能とは Yahoo!は「入力補助機能」Googleは「サジェスト機能」という呼び方が一般的です。 このサジェスト機能は、Yahoo検索エンジンだけでなくGoogleやBingなどの検索エンジン、Amazonや楽天などのECサイト、スマートフォンアプリなど多くのサービスで採用されています。 検索ユーザーの多くは、サジェストに表示されたキーワードを自然にクリックする傾向にある為、 サジェストに表示されたキーワードは多くのアクセスを獲得することに繋がります。 過去の入力履歴や使用してきたデバイスに依存されずにサジェストは表示されるので、サジェストはとても便利な機能です。 YahooサジェストとYahoo虫眼鏡の違い Yahooサジェストが正式名称「キーワード入力補助機能」というのに対し、Yahoo虫眼鏡の正式名称は「関連検索ワード」といいます。 どちらの機能も基本的には検索キーワードに関連するキーワードを表示させることに変わりありませんが、 それぞれの表示結果は異なります。 (検索キーワードにより同じ表示結果となることもございます。 ) Yahoo虫眼鏡(関連検索ワード) Yahooサジェストにおけるパソコンとスマートフォン(タブレット)での違い 基本的に Yahooサジェストは、パソコンやスマートフォン・タブレットなど異なるデバイスでの表示に違いはありません。 ですので、PCに表示されているサジェストキーワードは同様にスマフォやタブレットにも表示されます。 Yahooサジェストにおける検索地域での違い 基本的に Yahooサジェストは、日本全国どの地域から検索しても表示に違いはありません。 ですので、北海道で検索しても沖縄で検索しても表示されているサジェストキーワードは同じように表示されます。 Yahooサジェスト対策・表示PRサービス ヤフーサジェスト対策・表示PRサービスとは、 ヤフーサジェスト(ヤフーキーワード入力補助機能)の表示箇所に会社名やサービス名など任意のキーワードを表示させるサービスで「新しい検索エンジンマーケティング」として注目を集めています。 Yahooサジェスト対策は、業種業界を問わないWebプロモーションです 弊社では、これまでに、不動産関連会社・仕事斡旋(アルバイト・就職転職)・各種士業(税理士・弁護士・社会保険労務士)・美容クリニック・歯科医院・金融業界・専門学校・英会話・家庭教師・旅行代理店(ツアー会社)・レンタカー・ECサイト・マッチングサイトなど。 これまでに多種多様な業種業界の会社とお取引をさせていただいております。 ヤフーサジェスト(ヤフー入力補助機能)への表示にご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。 どのようなキーワードで表示をすれば効果的なのか?入力キーワード(対象キーワード)や表示されたいキーワードでお悩みの場合もお気軽にご相談ください。 これまで行ってきたサジェスト対策の実績から集客効果の見込めるキーワードを無料でピックアップさせていただきます。 以前にヤフーサジェスト対策を行っていたが表示されなくなった 「以前にYahooサジェスト対策を別の会社に依頼していたが、表示がされなくなってしまい今も表示されていない」 このような方も先ずは弊社にご相談ください。 弊社ではYahooサジェスト(Yahoo入力補助機能)に表示させる為のサジェスト対策を複数の手法を組み併せて対策を行っております。 Yahooサジェスト対策・表示PRサービスのメリット 1.Yahooサジェストに掲載されるまでの速度 検索エンジンを主としたプロモーション手法として有名なのは、SEO対策(Search Engine Optimization)です。 しかし、現在の検索エンジンのアルゴリズムで上位化する為には、地道な対策が必要とされており、SEO対策を開始してから上位化されるまで数ヶ月以上を要すケースが多く、 SEO対策は即効性に欠ける対策と言わざるを得ません。 また、上位表示の難易度が高いとされるビッグキーワードに至ってはSEO対策に時間を費やしたとしても上位表示すること自体が困難です。 一方、 ヤフーサジェスト対策は、サジェスト対策を開始してから最短翌日に表示されたケースもあり、これまでの施策実績からのサジェスト表示まで平均日数は1週間以内です。 Yahooサジェスト対策は、リスティング広告などの広告プロモーションと異なるプロモーション手法ですが、広告プロモーションと同等のスピード感で表示することが可能です。 2.ヤフーサジェスト表示によるアクセスアップ Yahooサジェストは、検索窓に検索キーワードを入力する際に自動的に提案(サジェスト)され表示される機能の為、非常に多くのクリックを勝ち取ることが出来ます。 すなわち、ヤフーサジェスト(ヤフー入力補助機能)に会社名やサービス名(商品名)が表示されると、それだけ多くのクリックが自社や自社サービス(自社商材)に関係するWebサイトに流入させることに繋がります。 Yahooサジェストに表示されたキーワードは、検索するユーザー自らが検索するキーワードに自然と表示される為、大量のアクセスアップが可能です。 3.Yahooサジェスト表示によるブランディング向上 ヤフーサジェストに表示されたキーワードは、多くの検索ユーザーの目に触れることになります。 また、Yahooサジェスト(Yahoo入力補助機能)は、ヤフーにより提供されている入力補助機能の為、 Yahooサジェストに表示されるキーワードは、多くの人が検索しているであろう有名な会社・サービス・商品というイメージをユーザーに与えることができ、認知拡大の効果が期待できます。 ヤフーサジェスト対策は、Webサイトへのアクセスアップだけでなく、ブランディング効果やイメージ向上を獲得することが可能です。 4.ヤフーサジェスト対策がもたらす高い費用対効果 Yahooサジェスト表示PRサービスと比較されやすいのがSEO対策とリスティング広告です。 先にも述べました通り、 SEO対策は、1ページ目に上位化されるまでの期間を長く要するケースが多く、1ページ目に上位化が困難なキーワードも多くあります。 昨今、SEO対策の施策費用は高騰しており、成果報酬プランの場合、上位掲載された場合の成果報酬日額単価として1万円を超えるキーワードもあります。 毎月定額報酬のコンサルティングプランのコンサル内容はブラックボックスと感じられている方も多く、何を行ってくれているか分からないにも関わらず定額の費用が発生します。 一方、リスティング広告に出稿をしている企業も多く、リスティング広告は、対象業種やキーワードによっては有効手段です。 ただし、 リスティングに出稿するキーワード単価が高いキーワードばかりの業種では、コストパフォーマンス(費用対効果)が悪くなるケースがあります。 また、リスティング広告は、ヤフーサジェスト対策と異なり、広告をクリックされる度に費用が発生するので、費用対効果を下げる要因になります。 Yahooサジェスト対策は、表示された際(その日毎)に費用が発生しますが、その後どれだけクリックしても追加の費用が発生することはありません。 ヤフーサジェストPR表示サービスは、SEO対策やリスティング広告と比較して高い費用対効果を実現することが可能です。 SUGGEST-PR. comとご契約いただく4つのメリット 1.業界No. 1の最安料金!トライアルプラン実施中! 私たちSUGGEST-PR. comのサジェスト対策は業過No. 1の最安料金でご提供しています。 現在、リスティング広告に出稿中や他のプロモーションをご利用されている企業様ですと、他の広告やプロモーションに広告予算を割けないケースがあります。 また、中小企業様や個人事業主様ですと、そもそもの広告予算の捻出が難しいケースもあります。 そんな方々にもご契約いただけやすいように、私たちは業界でも最も安価な金額でサービス提供しています。 対策するキーワードによって金額が異なりますので先ずはお問い合わせください。 既に他社でご契約中の場合もお気軽にご相談ください。 対策キーワードと金額をご提示いただければ現在ご利用中の金額を下回れるよう最大限努力させていただきます。 また、先ずは1キーワードから試験的にご利用いただけるよう「トライアルプラン」を実施しております。 トライアルプランについての詳細はお問い合わせフォームよりご連絡ください。 2.初期費用やデポジット不要!完全成果報酬型! サジェスト対策のサービスを提供している他社企業の中には初期費用が発生する企業があります。 また、初期費用とは別にデポジットとして対策費用の1ヶ月分を保証金として事前に支払う必要がある企業もあります。 私たちは初期費用やデポジットの保証金など事前のお支払いは一切不要です。 また、契約後も万が一、対象のキーワードにて表示が成功しなければ費用が発生しない完全成功報酬プランにてサービス提供しております。 対策キーワードの単価に1ヶ月(1日から末日まで)で表示が成功した日数をかけた金額をご請求させていただきます。 支払いサイトも月末日締め翌月末日払いですので、キャッシュフロー面も安心してお取り組みいただけます。 3.無料コンサルティングでサポート! サジェスト対策は対策するキーワードを何にするかが対策の決め手です。 弊社にお問い合わせいただく方で多いケースが、既にご自身でお取り組みされたいキーワードが決まっていてお問い合わせされるというケースです。 ご希望の対策キーワードがしっかりとマッチしていれば問題ありませんが、対策キーワードがズレてしまっていると折角表示されても集客やコンバージョンに繋がらず収益に結び付きません。 私たちは、お問い合わせいただいた対策キーワードが対象サイトや対象サービスにマッチしているかを無料でコンサルティングさせていただき、ニーズのズレが生じないようサポートさせていただきます。 4.事前にテストでサジェスト対策! 私たちのサジェスト対策は事前にテストを行うことが可能です。 「ご契約したけれど表示されない」 そのような状況を回避すべく契約前に事前テストを行うことができます。 対策されたいキーワードをお問い合わせいただければ対策の可否(表示の可否)をテストにて判断いたします。 お問い合わせ~ご契約・対策開始までの流れ 1.お問い合わせ まずはお気軽にお問い合わせください。 サジェスト対策・虫眼鏡対策をされたいキーワードが決まっていなくても大丈夫です。 弊社のコンサルタントがキーワード選定からお手伝いさせていただきます。 必要に応じて競合の状況などマーケティングリサーチを行いキーワードをご提案いたします。 また、対策(表示)の有無などもお気軽にご相談ください。 これまでの実績から表示の有無をお伝えすることも可能ですし、事前に対策テストを実施することも可能です。 2.ご契約 サジェスト対策・虫眼鏡対策をされたいキーワードを決定します。 キーワードが決定したら、ヤフーサジェスト対策・ヤフー虫眼鏡対策・グーグルサジェスト対策の中からPRサービスの種類をお決めいただきます。 ご希望のキーワード・PRサービスにおけるキーワード単価のお見積りさせていただき、問題なければご契約となります。 キーワード単価は表示された場合の1日あたりの金額となります。 3.対策開始~表示達成 ご契約後はスムーズにサジェスト対策・虫眼鏡対策をスタートします。 ヤフーサジェスト対策とヤフー虫眼鏡対策は早ければ翌日、平均すると1週間程度で表示されます。 グーグルサジェスト対策は早ければ2週間、平均すると2ヶ月~3ヶ月で表示されます。 初めて表示された場合は表示された画面のキャプションデータをご送付いたします。 4.お支払い 1ヶ月(1日~末日)の成果日数を計算しご報告。 請求書を発行いたします。 翌月末日までに弊社指定の銀行口座にお振り込みいただきます。 Yahooサジェスト対策・PR広告に関するお問い合わせ 当Webサイトおよび当サービスに関するお問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。 お電話にてご相談されたい場合は、お問い合わせフォームにお電話番号をご入力の上、お問い合わせください。

次の

サジェストとは?表示される仕組みとサジェストキーワードの活用方法について

サジェスト 対策

別名、 オートコンプリート・検索補助機能とも呼ばれています。 Googleがサジェストを表示させる目的は、ユーザーが探している情報を効率的に見つける手助けを行い、ユーザーの利便性を高めることです。 大体の目安として、 2週間〜4週間程度でGoogleはサジェストの更新を行なっており、その更新タイミングでキーワードが入れ替わるようになっています。 もちろんGoogleアルゴリズムの更新となるため、更新タイミングでキーワードが入れ替わらないこともあります。 Googleサジェストの仕組み Googleサジェストが表示される仕組みは様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェストは、Googleアルゴリズムによって自動で生成され、入力したキーワードに付随したキーワードが表示されます。 そのためGoogleがサジェストキーワードを表示させる目的を考えれば、 検索ユーザーが多く検索するキーワードが表示されるようになっています。 例えば「結婚祝い」と検索窓口に入力した場合、 上記のサジェストキーワードが表示されます。 Web上の情報量 Googleは、ユーザーが効率的に求めている情報に辿り着けるためにサジェストキーワードを表示させます。 そのため検索回数と同じぐらいに Web上の情報量が必要になってきます。 どれだけ検索回数の多いキーワードであってもWeb上に情報が存在しなければ、検索エンジンの利便性が低いことに繋がるため、Web上の情報量もサジェストキーワードが表示される大切な要素となっています。 地域や言語 Googleサジェストは、 検索ユーザーが検索する地域や言語によっても変わります。 上記は「脱毛」について東京都杉並区と沖縄県那覇市のIPアドレスで検索したサジェストキーワードです。 このような機能をパーソナライズといいますが、地域や言語に合わせた適切なサジェストキーワードを表示させることにより、Googleは検索行動の利便性を高めています。 話題性のあるキーワード また、ニュース性・トレンド性のあるキーワードが主な対象となりますが、1日の中で変化する人気キーワードもサジェストに影響します。 ニュースサイトに取り上げられ、一時的に検索回数が多くなったり、関連ページが増えることが要因と考えられます。 Google関連ワードもGoogleサジェストと同様で、ユーザーが効率的に探している情報を見つけるための手助けをしています。 Googleサジェストと大きく違う部分は、更新期間がGoogleサジェストよりも長い点です。 最近では1ヶ月に1回程度の更新がありますが、少し前までは1年半ほど更新されない期間が続いたこともありました。 Google関連ワードの仕組みとは Google関連ワードもGoogleサジェスト同様に仕組みが様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索回数の多いキーワードを表示されやすい仕組みになっています。 Web上の情報量 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも Web上に関連する情報が多いキーワードが表示されやすい仕組みになっています。 地域や言語 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索される地域や言語によって表示されるキーワードが変わる仕組みとなっています。 そのため、PCでは表示されているけどスマホでは表示されていないなどのケースも出てきますので、各デバイスを確認するようにしてください。 ネット風評被害で気を付けたいGoogleサジェスト・関連ワードのこと Googleサジェスト・関連ワードは、ポジティブなキーワードが表示されればブランディングに繋がりますが、 逆にネガティブなキーワードが表示されてしまうとマイナスブランディングに繋がってしまいます。 視認性が高いからこそネガティブなキーワードが表示されていないかをチェックする必要があります。 Googleサジェスト・関連ワードが表示される危険性 Googleサジェスト・関連ワードが表示される要因は、 検索回数が多いキーワードや関連情報がWeb上に多いキーワードです。 つまり、 Googleサジェスト・関連ワードにネガティブな情報が表示されているということは、そのネガティブワードの検索回数が多いことや関連する情報がWeb上に多いということに繋がります。 そのため、Googleサジェスト・関連ワードにネガティブキーワードが表示された場合、サジェスト・関連ワードに影響を与えるような情報がWeb上に存在しないかを確認する必要があります。 ネガティブ情報が存在する場合は、それぞれのWebサイトに合わせた対応を行なっていく必要があります。 また、サジェストや関連ワードはユーザーの目に付きやすく視認性が高いため、表示されたまま放置しておくと悪い印象を持つユーザーが増加し、根も葉もない情報が膨脹する危険性がありますので、早期に対策することをお勧めいたします。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害解決方法 ここまででGoogleサジェスト・関連ワードの仕組みやネガティブワードが表示された場合の危険性は理解して頂けたと思います。 ここからは実際にGoogleサジェスト・関連ワードにネガティブなキーワードが表示されてしまった際の解決方法を紹介します。 Googleに削除依頼を出す 下記のGoogleが定めるに違反するキーワードであれば、Googleに削除申請を依頼することが可能です。 Google で検索する際にオートコンプリート予測キーワードを使用すると、探している情報をよりすばやく見つけることができます。 検索候補が表示されない場合は、ポリシーに違反する可能性のあるコンテンツがアルゴリズムによって検出されたか、検索候補がオートコンプリート ポリシーに違反していると判断され、報告された可能性が考えられます。 Google では、不適切な検索候補が表示されないよう最善を尽くしていますが、常にそれが実現できているとは限りません。 表示された検索候補が以下のポリシーのいずれかに違反すると考えられる場合は、方法をご確認ください。 下記のポリシーは、オートコンプリート機能を利用するすべてのユーザーが、有用な情報を得られ、サービスを快適に利用できるようにするうえで重要なものです。 検索候補のコンテキストが、芸術、教育、歴史、記録、科学の内容に関連する場合、あるいは社会、政治、文化、経済などの時事問題の理解や参加に役立つ内容に関連する場合は、このポリシーの例外として認められることがあります。 コンテンツの削除リクエスト リクエストに沿って、適用される法律のもと、または裁判所命令に応じて、コンテンツを削除することがあります。 法的要請はから送信できます。 暴力的または残虐な内容の検索候補 見る人に衝撃を与えること、世間を騒がせること、または不当に不快感を与えることを主な目的とする、暴力的または残虐なコンテンツに関連した検索候補は認められません。 また、暴力行為や残虐行為を支持、賛美、矮小化したり、その被害者を侮辱したりする検索候補も許可されません。 露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補 露骨な性表現、卑猥または下品な描写を含む検索候補は認められません。 人体の構造や性教育に関連する医学用語や学術用語の使用は認められます。 特定の集団に対して差別的な内容の検索候補 特定の集団に対する憎悪をあおる、容認する、または助長するような検索候補は認められません。 これには、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性自認など、制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいた分類が含まれますが、これに限定されません。 著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補 著名人に対して中傷的または不適切と考えられる検索候補は認められません。 これには、嫌がらせ、いじめ、脅迫、性的内容の不適切な表現に関連する検索候補、または嫌がらせ、身元詐称、金融詐欺の原因となるような方法で個人情報または機密情報を開示する検索候補が含まれます。 危険な検索候補 人や動物に直ちに深刻な危害をもたらす、またはそうした危害を助長するような商品、サービス、情報の宣伝に関連する検索候補は認められません。 逆にオートコンプリートポリシーに違反していないキーワードの場合、• 事実無根の関係ないキーワードが表示されている• 自社・自分に不都合なキーワードが表示されている と権利侵害を申請しても削除されないケースもあります。 実際に申請を行う場合は、オートコンプリートポリシーのどの部分に違反しているのか、法的部分で違反している部分などを詳細に伝える必要があります。 風評被害専門会社に依頼する Googleサジェスト・関連ワードは、表示される仕組みも単純ではなく、更新頻度も限られているため、簡単に削除できるものでもありません。 そのため、ノウハウのあるネット風評被害・誹謗中傷対策を行う専門会社に依頼するのも1つの手です。 Googleのブラックボックスになっている部分も多いのですが、専門スタッフが日々研究を重ねています。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害・誹謗中傷にお困りの方は、相談は無料ですので1度当社にご相談頂けますと幸いです。 まとめ Googleサジェスト・関連ワードの仕組みや風評被害リスク・対策方法までを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 Googleサジェスト・関連ワードは、ユーザーの検索回数やWeb上にある情報量によって表示されるキーワードが変わります。 仕組みや対策方法を理解していても中々対策が難しいのが厄介なところです。 Googleサジェスト・関連ワードにお悩みの方は、無料で相談頂ける風評被害対策の窓口にご相談ください。

次の