私 が 推 しま した。 推しと彼女とカノバレ

ポーカーに最大の革命を起こした統計ツール「ポーカートラッカー」入門

私 が 推 しま した

このはの したおじいさんは我慢しきれずを覗くと、 この続きになってい。 したおじいさんは我慢しきれずを覗くと、一瞬にして最悪なになりました。 推しは布織りではなくキャスをやっていて、推しの横での男が布を織っていたのです。 男はおじいさんに気付くと、 「うす。 おして!」とさつした。 「お前どこのだぁああぁぁあああーーーーーー」 とシャウトしたおじいさんはあることにました。 「きみこないだのの時後方でてたよねてかようなぴ作のよくで回ってくるわ」 「。 じいさん沸いてましたね。 で作ってに飛び込んでいく姿見て感動した。 あとリフトされながらの掲げてるのもかっこよかったです!」 「うあああああああああああしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしのうしの」 おじいさんは140字では収きらない今のをと、ショックのあ2においてした。 「おじいさん!だめ!やだ!」 推しは今の一部始終がキャスでていることも忘れ泣きました。 「私のせいだ。 こんなことになるなんて... 」 「じいさんならお前のTOになれると思ってたのに... 」 そこへ部屋におばあさんがってきました。 「おばあさん!おじいさんが」 「案外チョロかったな。 」 推しはおばあさんの意外なにきょとんとしてい。 「どういうですか?」 「こうなることは分かってた。 そしてじいさんのが高いことも分かってた。 」 「私が布ので病んでた時、おばあさんがでも連れてきて手伝ってもらえば?って言ってくれたのはありがったです。 おじいさんにばれないかでしたけど。。。 おじいさん、具合悪かったんですか?」 おばあさんは語りはじめました。 ば「はと推しのファボ欄は見るなと止められていた。 興奮したりショックなことがあると危ないって」 推「そうだったんですか。 」 ば「ある日は薬の量多めにして参戦してたよ。 行くなって言っても、いつ会えなくなるか分ないって聞かなかった。 」 推「私がと一緒にいるのを見たショックが大きすぎて、おじいさんは逝ってった。。。 」 そこで推しの彼はあることにました。 彼「つばあさんはに俺をここに呼び寄せた。 わざとックなを作り、指にも触れずにじいさんをさせた。 」 ば「あたしはもうだったんだ。 」 そう語り出したおばあさんの目ぽろぽろと涙がこぼれ落ちてきました。 ば「今まではだとかお前が1番だとか言なんとか我慢してた。 でも今回のははっきりとだっら。 」 推「どうしてそう思ったんですか?」 ば「じいさんたのところののを物販にあるだけ買い占めて来てに「俺がせる」と言って、 で5000枚積んでたんだよ。 私の出したそんなに買ってくれたことはなかったのに。 」 推「だ3位だったんだ。。。 」 彼「じいさん強すぎっすね」 ば「あたしの78回目の生誕での前に飾るはずだったの忘れてたし、がいいって言ったのにのだった。 メセカもじゃなくてで買ってきたやつだった。 たにはお書いてたのにね。 」 推「おばあさん。。。 」 おばあさんはおじいさんのが離れてったことが、何よりらかったのです。 「ほらもう帰りなさい。 アイ甲ででしょ?」 推しと推しのはおじいさんの家をあとにした。 おじいさんのと2人っきりになったおばあさんは、 「またで一緒にャーしようね。 」 と言ってのキをした。 すると絶命したはずのおじいさんの口微かに 「イエッタイガー... 」 という声が聞こえたような気がした。 おばあさんは満足した表情を浮かべると、の液体をしておじいさんの後を追い、2人の魂は空へと飛び立って行きました。 後日、おじいさんとおばあさんのはにて多数のとが参列するなか盛大に執り行われましたとさ。

次の

季刊「しま」

私 が 推 しま した

からの~、愛さんオタ活卒業?でも、瓜田さん(笠原秀幸)を押して取調室だし…。 私自身も2009年から10年間、地下アイドルとして活動してきたんですけど、活動初期はまだ「地下アイドル」って蔑称の意味合いが強くて苦労することも多かったので、大河ドラマの「時代考証」みたいなテンションで「地下アイドル考証」の依頼が届いた時は感慨深かったです。 はな子: 依頼をすぐに快諾されたのですか? 姫乃: 正直、一瞬迷いがありました。 「NHKが地下アイドルのドラマを制作するんだ!」って感動した一方で、地下アイドル系の作品ってまだまだステレオタイプのものが多いので、オタクを危険視したり、地下アイドルの闇ばかりクローズアップしたりする残酷物語みたいな内容だったら「お受けできない」とお話しました。 それが実際に打ち合わせで構想をお伺いしたら全くそうじゃなかった。 「新しい地下アイドルドラマができる!」と嬉しく思い、その場ですぐにお受けしました。 姫乃: そうなんです! 高橋さん、ファンとしてライブにも通われているそうで、アイドル事情にかなり詳しくて(笑)。 実は私は地下アイドルのファンにはなったことがないんですよね。 だから本物の女オタである高橋さんと仕事できたのはすごく頼もしくて、アイドル好きで現場を知っている方がつくってくださるだけに描写も細部までリアルになっていて、全幅の信頼を置いていました。 はな子: どの段階から制作に参加されたのですか? 姫乃: 台本が出来る前からです。 キーパーソンになる栗本ハナちゃんがどういう性格だったら、ドラマの展開に沿った行動をとってくれるか…といった細かい話まで、初期の段階からしていたように思います。 ある程度ハナちゃんの性格が確立されてからも、「こういうキャラクターのアイドルって成立しますか?」と細かい言動まで確認させていただくような感じで進めていきました。 はな子: 森下佳子さんの脚本を読まれての感想は? 姫乃: 私にとって森下さんとのやり取りは、すごく刺激的でした。 森下さんの脚本が上がってきたら、一話ずつ気になるところに私がコメントを入れて、高橋さん経由でお戻ししていたのですが、中盤くらいから執筆のために調べ過ぎて森下さんが本当にオタクになられたんじゃないかと思うくらい(笑)、リアルさが増していって。 プロの脚本家さんの仕事を目の当たりにして非常に感激しました。 はな子: 「ここはこうした方がリアルです」みたいなコメントを? 姫乃: 「ここが変です」というよりは、「こういうところがリアルなので、もっと掘り下げちゃってください!」みたいに後押しする感じでした。 元々普通のOLだった愛ちゃんが、どういう心情のプロセスを経て地下アイドルの沼にハマっていったらリアルか、というお話だったり。 オタクの人ってライブ中に歓声をあげたり、MC中のアイドルに茶々を入れたりするんですけど、歓声を上げる時の単語が「やったー!」みたいに短かかったり、茶々の内容がちょっとお調子者っぽかったりするんです(笑)。 そんな細かい話をたくさんした覚えがあります。 リアルな地下アイドル界作りに夢中になりました! はな子: 大阪局の制作とのやり取りでご苦労されたことは? 姫乃: 無いです! もうほんっっとに、よくしていただいて…。 大阪の撮影現場にもお邪魔させていただいたのですが、現場が若々しくて活気に満ちていて、私は東京育ちなので、全員が関西弁で逐一おもしろいことを言いながら作業をされているのにびっくりしました(笑)。 唯一、撮影が大阪だったことで肝心のライブハウスを紹介できなくて気がかりだったのですが、大阪の現場に行ってみたらピッタリなライブハウスだったので、「さすが!」と胸をなで下ろしました。 ライブの看板まですごくリアルに作られていて、またまた感動してしまいました。 「サニサイだったら普段のライブはだいたいこれくらいのハコです」とか、ライブチケットの価格設定にも細かくこだわっていらっしゃったので、そういったお話もさせていただきました。 あとはサニサイのグッズのデザインも見せていただいたり。 サニサイのTシャツについては「もっと!もっとダサく!!日常で着られないようなヤツにしてくださいっ!」って力説した覚えがありますね(笑)。 はな子: 初期のサニサイのステージ衣装ですね! 姫乃: そうです、彼女たちも着ていたやつです。 あまり資金がない駆け出しの地下アイドルはまだ衣装を特注でつくれないので、その中でオリジナリティーを出そうと思うと自分たちのオリジナルTシャツにパニエというのが、昔から定番だったんです。 逆に最近は減ってきたかもしれないんですけど…あれもかなりリアルでした。 オタク役の俳優さんたちもカッコイイので、「誰が着ても絶対にダサく見えるデザインにしてくださいっ!」と、念押しさせていただきました(笑)。 はな子: サニサイの各キャラクターについて 姫乃: アイドルとして売れたいけど気質が裏方向きだったり、部活感覚で割り切って活動してるけど人気が高かったり、現実の地下アイドルにもいろんな性格の子たちがいます。 なので、まずは5人組でどういうキャラクターの子が揃っているのかお伺いして、ひとりずつ現実にもいそうかどうか話し合いました。 ここでも実際にアイドル好きな高橋さんに「どういう子を推したくなりますか?」って聞いたりしました。 はな子: まさに、アイドルとオタクのタッグ!! 姫乃: 私は地下アイドル業界を客観視しているつもりではあるのですが、地下アイドルの世界ってそもそも変わっているので、リアルに描写をしても逆に「え、嘘だよね?」と思われてしまいそうなことも実際にあったりするんです。 オタクでありながらも高橋さんのプロデューサーとしての観点がバランス良くて、地下アイドルに詳しくない視聴者の方々もフラットに楽しめるドラマに着地させているんじゃないかなって、私は思いました。 椎葉さん(村杉蝉之介)みたいな弁護士やお医者さんといった、ふだんはカッチリとしたお仕事をされている方も珍しくないです。 あと現場ではコミュニケーション能力が大事なので、小豆沢さん(細田善彦)みたいに威勢のいいフレンドリーなお兄さんも多いです。 豪勢に場を盛り上げてくれるからモテてもおかしくないんだけど、肝心なところでデリカシーがない、とか(笑)。 森下さんの脚本はオタクのセリフが「いかにも言いそう!」って感じのオンパレードだったので興奮しました。 はな子: アイドル活動されて実際に出会った人たちですね。 姫乃: そうです。 実際の現場でもオタクの方同士って仲良くて。 最初は人見知りだった人が誰かに声を掛けられたことがきっかけで打ち解けて、それを機に自信がついて今度は自分からほかの人に声をかけるようになったり、そういう成長を見ていると嬉しいんですよ。 オタクの人たちって愛らしくて面白い。 だから制作の方とキャラクターを造形していく作業は、すごく楽しかったです。 はな子: サニサイで推しメンにしているのは、誰ですか!? 姫乃: えー、みんなカワイイからなあ…。 うーん、でも端っこにいるしっかりしてない子に目がいくので、もし実際にライブハウスでサニサイを見たら、ハナちゃんが気になっちゃうかもしれません。 「がんばれ〜!」って(笑)。 地下アイドルって、ちゃんとしたオーディションだと通らないような子がステージで輝けるのが魅力の一つでもあるので、「あぁぁ、もっとちゃんとして〜!」みたいな子に私は心惹かれがちです。 はな子: 第1回、第2回でライブハウスの受付役をされていましたね! 姫乃: バレてましたか……? 短いシーンだったんですけど、「もっと愛想悪く!」って何回もテイクを重ねて(笑)。 あの時、愛ちゃんに手渡したチケットもすごく細かく作ってあって、値段とかもきちんと表記してあったんですよ!感動しました。 イベントタイトルもなぜか私の名前にちなんだタイトルにしてくださってて、遊び心がすごい……。 「だから私は推しました」ほど地下アイドルをリアルに描いたドラマはありません。 このドラマをきっかけにライブハウスへ足を運んで生活が楽しくなる人が現れたらうれしいです。 サニサイぐらいの規模のグループだとファンとメンバーの距離も近くて、応援しがいがあると思います!もっと人気があるグループだと地下アイドルの醍醐味である「近さ」が味わえなくなっちゃうし、逆にサニサイよりももっとお客さんが少ないと、初めて推すにはファンの負担が大きすぎて上級者向けかも…(笑)。 SNSで地下アイドルを捜してみて、気になる子がいたら是非勇気を出して会いに行ってみてくださいね。 10年間の地下アイドル活動を経て、2019年にメジャーデビュー。 2015年、現役地下アイドルとして地下アイドルの生態をまとめた『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)を出版。 以降、ライブイベントへの出演を中心に文筆業を営んでいる。 音楽活動では作詞と歌唱を手がけており、主な音楽作品に『パノラマ街道まっしぐら』『僕とジョルジュ』、著書に『職業としての地下アイドル』(朝日新聞出版)『周縁漫画界 漫画の世界で生きる14人のインタビュー集』(KADOKAWA)などがある。 Javascriptを有効にしてください。 新着ブログ• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 放送終了番組 開く•

次の

彼氏とよく女性関係で喧嘩をしてしまいます。 私と彼は高校の先輩後輩

私 が 推 しま した

彼氏とよく女性関係で喧嘩をしてしまいます。 私と彼は高校の先輩後輩で彼が後輩なのですが 、高校1年生の時からずっと3年間私に片想いをしてくれていて、2回ほど告白されていましたが男子恐怖症だった私は告白される度に断っていました。 でも先生達や同級生後輩からも付き合っていると勘違いされる程仲が良く毎日帰りは約束してないけど一緒に帰っていたり休みの日は2人で遊びに行ったり1番仲の良い後輩でした。 ですが、私が卒業間近彼氏の事が凄く気になるようになり、バイト先の女の先輩と水族館に行ったり映画を見に行ったりしてるという話を聞いて凄くモヤモヤするようになりました。 そこで、自分が嫉妬してるんだ気付き好きなんだと思い彼からの3回目の告白で付き合いました。 すごく一途にずっと想ってくれているのは知っていたので、彼氏が浮気をしたり目移りをするなどの心配はしていません。 ですが、全く知らない女性がいるご飯や飲み会がどうしても嫌です。 女の怖さは女が1番知っているので 彼氏を信用していないんじゃなく 、知らない女が彼氏に近付かないか、なにかしないかと知らん女だから信用が出来ないのです。 ですが、彼氏は新入社員なので同期達からの目が気になるのか 「仕事上の付き合いやし」とか「これから先何年も一緒に仕事をして行くんやけん少なく共いい印象は与えなとかないけんし、仕事仲間なんやけん仕方ないやん」って言われます。 それは私も分かるんです。 男だけの飲み会に行くなとかは言いません、女性が居るから嫌なんです。 電気関係の仕事なので、彼は製造 女性の新入社員は皆事務に配属されたと聞きました。 これから先仕事する機会など無いのに女性が居る同期の飲み会とか行かんでいいやんと思ってしまいます。 同期も同期で、彼氏に私の存在があるのを知っているのに 「女性居るけど、彼女さん大丈夫?」っていう気遣いしてくれてもいいんやない?と思います。 今日も、今週の金曜日にある同期の男の子にご飯を誘われていて、よく彼氏から同期達の話を聞くのですが よく名前が出てきていた子ですし彼氏は門限があり22時までなので彼氏と会えなくなりますが快くいいよと返事をしましたそしたら今日同期のメンバーでご飯に行くことになったと言われ、「女の子もいるの?」と聞いたら「女の子もいます」と言われて「OOくんとご飯行くからいいよって言ったけど誰も女の人がおるご飯に行っていいよとか言っとらん話が違う 、なんで彼女に聞いてみなわからんとか聞かんの」と言ったら「彼女にはOOくんと行くからなあって言ったら『え、彼女に聞かないけんの?』って言われたもん.. そら、人数変わるし女性増えるけんねって言っても分かってくれなさそうやった」と言われました。 どうしてそこで『え、彼女に聞かないけんの?』と言われるのかが私には分かりません。 カップルで 、自由に異性とご飯に行っていい所と異性が居たら行って欲しくない所で違うと思います。 なのにどうして わざわざ彼女に聞かないといけないの?みたいな感じで言われるのが納得行きませんし、突然誘われた女性の同期も彼氏が居ると聞いています。 同期のメンバーは、女性2人、男性5人の7人で女性の彼氏側も自分の彼女以外にいる女の人は1人だけであとは男だらけのご飯に行かせたいって思わないでしょって、思ってしまいます。 同期会がしたいのは分かりますが、 同期の方も誘うなら 誘う相手の恋人にも気を遣ってくれないかな、と思います。 なんで、気を遣ってくれない人のせいで彼氏と喧嘩をしなくちゃいけないんだと思ってしまいます。 私の価値観が全てとは思いません、信用してるから異性居ても全然行ってくれて構わないって思う方もいれば、私みたいに嫌だ!って思う方も居ると思います。 でも、共通して どちらも友達や同期の方が異性がいるけど恋人大丈夫?って気を遣ってくれるだけで、 全然違うのになあと、思います。 私は仕事の出勤時間が朝出勤して夕方上がり(早番)と 昼出勤して夜上がり(遅番)の2パターンあるので、夜上がりの時は帰りが21:30になってしまうのでその日は彼と会えません。 金曜日は早番で唯一彼とゆっくりご飯を食べれて二人の時間を過ごせる日なのですが同期の子とのご飯だし楽しんできてほしいなと思い 少ない2人と時間を我慢して行ってきていいよと言っていたので余計に急に同期会になったのが納得出来ません 、、。 沢山の方に答えて頂けると嬉しいです。

次の