移住先 決め方。 田舎暮らし、移住先の決め方!こうして決めれば後悔しない!

移住先を決める時に考えたい「ポイント」とは?

移住先 決め方

「住みたい移住先が見つかった!」 「空き家バンクで空き家の購入を考えている!」 地方に住むということに、 とてもあこがれる人も多くいるでしょう。 しかし、ちょっと待ってください!!! 地方移住をしたいからといって、 すぐに地方移住をすることは、おすすめしません。 すぐに地方移住をしたがために、 失敗して都会に戻ってきた人が、多くいるのです。 地方移住で失敗しないためにも、 かならず地域の下調べをおこないましょう。 その結果、その地域で住めると思えてから、 ようやくあなたの地方移住が始まります。 この記事で解説する内容は、 「地方移住をするためにおこなう下調べ」に関してです。 地方移住に失敗しないためにも、 下調べをかならずおこなうようにしてください。 物件の状況• 駅やスーパーへの距離• 通勤時間 これらのことを調べるだけでよいのは、 都会や地方都市では、 ルールが統一されているからです。 都会や地方都市なら、どこの町に行っても、 お店や会社の違いはあれど、住む環境やルールに違いはありません。 誰 に説明されることも無く、 誰でも快適に暮らせるが都会や地方都市です。 それに対して、田舎は環境やルールが統一されていません。 たとえば、農薬を散布しますし、草刈機の音はうるさいです。 野焼きを平然とおこなう地域もありますし、不動産屋が無い地域もあります。 このように、都会とは全く異なる環境が、田舎なのです。 そのため、田舎に引っ越すときは、下調べが重要になります。 「野焼きはおこなうのか?」 「学校までの距離は?」 「地域のつながりやイベントは、何がある?」 「仕事は見つかりそうなのか?」 これらの情報を調べずに田舎移住をすると、 痛い目にあって、都会に戻ってくることになるかもしれません。 地方移住をして、楽しい日常を送るためにも、 田舎に引っ越す前に、かならず下調べをすることが、大事なのです。 東京から福島に移住したAさんの行動• ドキュメント番組で田舎移住に憧れて、福島県に移住する!• NPOの人にシェアハウスを紹介してもらい、居住先を確保• 田舎にはハローワークも無く、働き口が見つからない• 先輩移住者とコミュニケーションがとれず、孤立していく• 地域おこし協力隊になる• 自治体の方針とあわず、Aさんは東京に帰る 2. 京都から長野に移住したQさんの行動• 長野県にある山村の風景に一目ぼれして、移住を実行• 定職に就けず、季節ごとに仕事を変える日々• 冬の光熱費や自治体の出費が多すぎため、お金が貯まらない• 田舎ぐらいは、プライバシーが無い生活だと気付き、嫌になる• まともに相談する相手もいない• 地元の人に相談してみたら、秘密をばらされる• どんどん孤立していき、Qさんは京都に引き返す このふたりが失敗した理由は、下調べを怠ったから• 海か山か• 地域との繋がりは求めるか• 近郊都市か田舎か• どんな仕事をしたいのか• どんな遊びをしたいか• 友達などを招きたいのか• 車の運転に自信はあるか• 雪や雨、台風や気候について• 毎月どのぐらいの出費を想定するか• 実家からの距離は考慮するか• 栄えたところに行くまでの距離・時間• 外食を日常的に求めるか• 虫は平気か• 誰かと一緒に移住するならその人は移住に関してどう考えているのか• 動物を飼いたいのか• 永住するのか• 物件は賃貸と購入どちらを希望するか• 子育てについて• 本土なのか島なのか• 食べ物の好き嫌い どうでしょうか。 あなたは、いくつ考えられましたでしょうか? これらを考えたら、優先順位を決めてください。 そして、優先順位が上位の項目にあう地域を探しましょう。 ・ ・• 野焼きや除草剤の散布を、むやみにおこなう地域か• どのような災害が起こる地域か• 移住者への対応は、どのようなものか• 補助金はあるのか• どのような獣害があるのか• 自治体のルールやイベントは、なにがあるか• 先輩移住者とは、気があいそうか• 国民保険料や住民税は、どのぐらいかかるか• インターネットは使えるか• 目当ての物件の近所の人はどのような人か このようなことは、かならず調べることをおすすめします。 実際に田舎について調べてみると、 住んでみないとわからない、気付かないことがたくさんあるでしょう。 そういった場合は、移住体験などを利用してみることをお勧めします! 地方によっては、移住体験をする施設があります。 「短期滞在施設」や「お試し住宅」など、 呼び方はさまざまですが、安く宿泊できる施設です。 これらを活用すれば、さらに精度の高い情報を入手できるので、 移住する前に、利用しておくとよいでしょう。 ・ ・ ・.

次の

移住を決めた理由は?ライフステージに合った選択肢にせまる

移住先 決め方

移住先で物件探し 移住地が決まったら、早めに決めておかないといけないのが、住居です。 今はネットで住居を事細かく事前にリサーチできるので、候補を2~3個に絞っておけばスムーズに新居探しができます。 検索サイトのおススメはみなさんご存じ です。 SUUMOをお勧めする理由は物件数が多いのももちろんですが、 おとり広告への規制が厳しいとゆうのが一番の理由です。 ネットで調べた情報をもとに、いざ不動産屋へ内見へ…。 担当者にネットで見つけた物件の紹介をお願いすると、 「ついさっき他の方が契約されました」 「物件紹介できますよ、ただ3か月更新です」 とか言われたことありませんか?高確率で「 借りられない物件」おとり物件である可能性が高いです。 魅力的な物件で集客し、適当な営業トークで交わされ、他の物件へ紹介される…。 私も過去にこの詐欺まがいの手口で、他の物件を紹介され契約をしてしまいました。 SUUMO掲載の物件が100%大丈夫とは言えませんが、おとり物件を掲載し続ける、悪質な業者を排除しているので、信頼性が高いと思います。 内見を依頼する業者選び 候補の物件が決まったら、いざ内見です。 地方へ移住する前提なので何度も足を運ぶことが難しいため、2~3日で物件を決めることが多いかと思います。 同じ物件でも多くの賃貸業者が広告を掲載しているため、賃貸業者の候補が複数あると迷う要因となると思います。 チェーン展開している大手不動産会社は安心して内見できると思います。 しかし地方となると大手が参入してなく地元の不動産会社に仲介をお願いすることになると思います。 複数の仲介業者で迷ったときは、 できるだけ管理会社を選んでください。 なぜなら建物の状態や設備をしっかり把握できている為です。 自社管理でない仲介業者はペーパー上の記載と物件をみて、その場その場で適当な情報を借主に伝えてきます。 営業トークと言えばそれまでですが、地域のことや、他の住人環境を把握している管理会社に仲介してもらうのが一番です。 家賃や設備に対する確認もダイレクトでオーナーさんへ交渉もしてもらえます。 集合物件を借りる場合、現地へ行けば、共用部に管理会社の情報を掲示している業者も多いので、足を運ぶ余裕があれば下見をお勧めします。 内見の時に確認する場所 内見の時に、注意深く確認されるのが、キッチンや収納スペース、コンセントの位置、間取りの広さが希望と合うかとか、それぞれ住居に対して優先順位があると思いますが、見逃しがちなのが 「電源スイッチ」の場所です。 建物によっては玄関入口から手が届かないところに照明スイッチがあったり、部屋の入口にスイッチがなかったりします。 施工の段階でおかしいと業者さんも気付くやろと思うような配置の住宅も結構ありますので、確認忘れしやすいので、ぜひ覚えておいてください。 あとは、上下左右に現在住まわれている世帯の情報もできれば管理会社に確認しておくと、自分の生活環境にあった住人なのか目安にすることが出来ます。 確認ができない場合は、見れる範囲で ベランダや玄関前の共用部を注意してみておいてください。 ベランダに不要のなものが山積みになっていないか。 玄関前が私用可されてないか。 空き缶、ごみ等散乱していないか、共用部を確認するだけで、その集合住宅のモラルレベルが分かりますので、室内だけでなく建物全体を確認することをお勧めします。 最後に、 「騒音に注意してください」に類似した張り紙が共用部、エレベーターに貼ってある場合は、壁が極端に薄いとか、足音がひびきやすい、また住人の中に神経質な人間が住んでいる可能性が高いので、管理会社に問い合わせてみてください。 無職でも家を借りれる方法 移住先で、家を借りるには通常、 安定した定期収入が求められます。 再就職が決まっていれば「内定通知書」の発行を勤務先に依頼すれば問題ないです。 問題なのは移住先で、「無職」「フリーランス」「自営業」の方です。 私も、無職になる前提で家探しをしましたので実体験をお伝えします。 まず、実際「無職」で家が借りられるのか?ですが、 「はい、借りられる物件は間違いなくある」。 ただし、基本的に 預貯金の通帳コピーの提出を求められます。 実際に審査の段階で預貯金のコピーを求められました。 金額の目安は具体的には教えて貰えませんでしたが、おおよそ家賃に対して2年分の残高があればよいでしょう。 またJAの管理する物件に関しては、5か月分の預金でOKとのことでした。 無職で移住をしようと考えている人はある程度の貯金があるかと思いますので、参考程度に… 条件としては、 通帳残高の提出、保証協会の審査、保証人をつける。 といった感じになるかと思います。 それでも、審査に通らない人は最終…親兄弟の名義で家を借りてもらう。 とゆう手段が最終的な手段になるかと思います。

次の

地域移住したい人、地域で働きたい人のためのオンライン個別キャリアコンサルティングをします!

移住先 決め方

まずは情報収集 できるだけ多くの情報を集めましょう。 インターネット 漠然としているときは、インターネットが便利です。 お金もかからず手軽に知りたい情報を調べることができます。 スマホやPC、タブレットなどがあれば好きな場所でみることができますが、無い場合は図書館やネットカフェを利用する手もあります。 検索をしてみて、公式HPをチェックする他、ブログなどで実際に生活している人の体験談を知ることも大切です。 ただし私がいうのも変ですが、インターネットの情報を丸呑みにせず、最後は自分の目で見ることが大切ですよ! 市町村・移住情報サイトなどをまとめました 移住センターへ行ってみる 山梨県外の移住センターは、東京2ヶ所と大阪1ヶ所の計3ヶ所あります。 一度相談に行ってみましょう。 移住センター ・ 東京都千代田区有楽町にあり、移住の相談を行っています。 ・ 2019年8月、東京大手町に新しくできました。 東京圏に住む、学生や転職者を対象とした、県内企業へのUIターン就職に関する相談ができます。 ・ 観光宣伝などのほか、山梨県への移住・定住促進の拠点となっています。 山梨県内にも2019年10月から移住センターが新設! 2019年10月15日から、山梨県甲府市に「ふるさと山梨定住機構」が開設します。 山梨に移住したい人、また移住した方の定住を支援する予定のようです。 2名のコーディネーターが、地域の仕事情報を提供してくれるそう。 心強いですね。 山梨移住セミナー・ツアー 県や市町村で、移住セミナーを開催することがあります。 セミナーについては、上記の「やまなし暮らし支援センター」HPでも紹介されているので、チェックしてみてくださいね! 東京と大阪で開催されることが多いようです。 オール山梨移住セミナー&相談会 — 【公式】山梨県中央市 chuocityoffice 「やまなし暮らし体験ツアー」などのように、実際に山梨まで訪れることができるツアーも開催することがあります。 【移住を考えている方へ 就農セミナー 】 果樹栽培が盛んな山梨市・笛吹市・甲州市の3市合同の就農セミナー。 ぶどうやキウイ、桃などの果樹の就農体験者の座談会、個別相談を開催します。 とっても楽しそうですね! 山梨で農業をやりたい場合は、バックアップ体制もしっかりありますよ。 () 興味があれば、気楽に参加してみましょう。 実際に山梨へ行ってみる リアルな山梨を自分で見て肌で感じることは、とっても大切! 実際に山梨に足を運んでみましょう。 来てみたら「なんか違った」なんてこともあるかもしれませんし、「いいなぁ」と思うかもしれません。 インスピレーションも大切だと思いますよ! 旅行として遊びに来てみるのも楽しいですが、今回は移住先を決める場合のステップを紹介していきますね。 まずは車で 県外から来るとき、特急やバスもありますが、できれば車で来たほうがいいと思います。 私も東京に住んでいたのでわかりますが、東京は電車やバスだけで移動できますが、田舎をなめちゃいけません!笑 山梨は車社会です。 バスは都内ほど当てになりません。 便数も少なく終電も早い。 場所によっては一日一便なんてことも。 甲府市内ですら、車があったほうがいいと思いますよ! まずは車で来て気になるところを大まかに見て回るのがいいでしょう。 車がない場合は、駅前のレンタカーを利用する手もあります。 甲府駅前にはいくつかレンタカーがあります。 中央線特急とレンタカーのセットで予約すれば、割引もききますよ!(HP:) ちなみに甲府市内の古い街並みは、道が細くくねくねしていてとても怖いです。 できれば大きな車じゃないほうが走りやすいと思います。 運転に自信がない場合は、タクシーもあります。 運転する際、山梨独自の交通ルールである「山梨ルール」には、十分気をつけてくださいね。 こういったものがある、と知っているだけでも事故予防になると思います! 本当に気をつけてほしいこと・・・ 私もまずは賃貸でした。 あちこち出かけているうちに、山梨に定住しようと思えるようになりました。 山梨にいたからこそ、土地や物件なども探しやすかったです。 山梨県では、数日間のお試し住宅の用意もしてあります。 場所にもよりますが、無料で泊まれるところもあるようなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。 参考にしてみてくださいね!• ハザードマップ• 側溝の蓋• 川の柵• 電灯(夜の明かり具合)• 動物の形跡(足跡・食跡・フンなど)• 駅、バス停の位置• 病院、スーパー、学校などの位置• 山の見え方• 下水の処理方法(下水道か浄化槽か)• 都市ガスが通っているか 参考までにこちらの記事も。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ おわりに セミナーやツアーに積極的に参加して、どんどん山梨の魅力を知ってほしいと思います。 移住してから後悔しないように、できるだけ事前に情報を集め、納得した上で移住するのが理想ですよね。 ちなみに、山梨県ではブドウ栽培セミナーやワインセミナーなどもあり、私もいつか参加してみたいです。

次の