こどもちゃれんじ 9月。 こどもちゃれんじほっぷ9月号が届きました。

こどもちゃれんじほっぷ9月号が届きました。

こどもちゃれんじ 9月

いろっぴのマトリョーシカ• いろっぴのおうち• いろっぴカー• えほん2冊 1冊は知育PLUS• DVD• こどもちゃれんじぷち通信• しまじろうコンサートのチラシ• いろっぴおきにいり投稿キャンペーンの案内 こどもちゃれんじぷち9月号「いろっぴのマトリョーシカ」が少し残念 個人的な感想として9月号の「いろっぴのマトリョーシカ」が少し残念でした。 こちらがエデュトイの「いろっぴのマトリョーシカ」です。 赤・青・黄・白の4色のいろっぴを最初に見た時に気に入ってくれそうな感じでした。 しかし子供一人で遊ぶには少し難易度が高いです。 マトリョーシカが開けれない 「いろっぴのマトリョーシカ」は1・2歳の力では開けにくいことがあります。 おうちのかたが手伝ってあげてください。 こどもちゃれんじぷち通信にはこのように書かれています。 2歳4か月の娘ではいろっぴを開けることができませんでした。 上下がパチっとはまってしまうので固いのです。 マトリョーシカとして遊ぶには大人が手伝ってあげなければいけません。 開け方は教えることが出来ますが、力が足りないことを教えることができない。 正直なところ何度も「開けて」と言われると面倒です。 マトリョーシカは筋トレ器具ではないので、力がなくても開けれるように改善が必要かと考えます。 追記:2歳7か月くらいから自分で開けれるようになりました。 こどもには積めない 縦にたくさん積み重ねるのはお子さんには難しいため、おおうちのかたが詰んで、お子さんに見せてあげてください。 確かにいろっぴを積み上げて遊ぶことは大人でも難しい。 こちらの文言もこどもちゃれんじぷち通信に書かれていました。 大人が付いていないといけないので、いろっぴで遊んでいるうちに家事をしようというのは無理そうです。 その他に「いろっぴのおうち」と「いろっぴカー」が紙製で耐久性が心配。 しろっぴ 白色マトリョーシカ がいろっぴカーに乗れるように作られていなかったのも残念。 こどもちゃれんじぷち9月号のよかったところ 安定のDVD 2か月に1回、2号分のDVDが届きます。 毎回のことですがしまじろうのDVDは何回見るの?ってくらい食いついてくれるほど反応が良くて助かる。 特におどリズムやぷちリトミックがお気に入りで一緒に体を動かします。 DVDは音声を日本語と英語から選べるので重宝します。 こどもちゃれんじぷちEnglishも受講しているせいか、時々英語で話すようになりました。 カタコトでちゃんと英語の意味を理解しているかどうかはわかりませんが。 シールと仕掛け絵本 絵本の内容はいつも通りで広げたりめくる仕掛けがあります。 しまじろうのページから始まり乗り物へと続く構成は毎号ほぼ同じです。 9月号から「ひとと関わる力」がスタートしました。 道路は危ないから手を繋ごうというコンセプトですが、見開き2ページしかないのでちょっと少ないなと思います。 プログラム一覧によると「はじめてのトイレプログラム」は9月号でおしまいです。 トイレトレーニングは長期化する可能性があるので、もう少し長くてもよかったかな。 「考える力」ではいろっぴが登場して赤・青・黄を考えるページがあります。 このページでは巻末に付属しているシールを貼って遊びながら学ぶことができる。 シールを貼ることで考えるだけではなく手指を動かす運動にもなって良いですね。 さいごに こどもちゃれんじぷち9月号は特に「おっ」と思うところがなかった。 強いて言えば子供が誤飲しないような知育玩具のマトリョーシカは意外と値段が高いです。 こどもちゃれんじぷちの月額料で知育玩具が手に入ったと思えばお得なのかなと思います。 10月号は太鼓の玩具「リトミックドラム」が届くようですし期待しています。 ベネッセ公式サイト.

次の

受講費

こどもちゃれんじ 9月

こどもちゃれんじぷち9月号「リズムだいすき号」の子供の反応や感想とともに教材内容を写真付きで細かく紹介していきます。 9月号では、8月号エデュトイのリトミックドラムと一緒に使ったり、 振って踊って楽しめるスティックマラカスが到着し、絵本ではいろいろな種類のカッコイイ電車が登場したり、 外出先で手を繋ぐことへのイヤイヤ対策も。 子供のしつけや生活習慣が学べると口コミで評判のちゃれんじですが、実際効果はどうなの?といった疑問解消にお役立てください。 こどもちゃれんじぷち9月号の教材一覧 左上から、絵本、保護者向け情報誌、スティックマラカス、絵本に貼って剥がせるシール、DVDです。 こちらの9月号教材は、 8月25日に届きました。 いつもポストにちゃれんじの教材が入っているのを見つけると親子そろってテンションが上がります 笑 前月末までに自宅に届くように発送されるため、当月1日より早くから遊べて助かります。 CHECK こどもちゃれんじぷち9月号のエデュトイ:スティックマラカス 一見ただの音符の形をしたおもちゃに見えますが、マラカスになっていて 振るとシャンシャンと音がします。 遊び方1 DVDの音楽に合わせてスティックマラカスを振って、踊ったり止まったりして遊べます。 今回のエデュトイは失敗だったかな… そう思いかけたのですが、ある時私がその歌を歌いながらスティックマラカスを振って踊って見せたところ、 急に子供も真似して踊り始めました。 そして自分にマラカスをちょうだいと手を差し出してきたので、子供がスティックマラカスを振って踊り、私が歌&エアーマラカスで2人でしばらく踊りました。 改めて、 親の関わりが子供のやる気や真似したいという意欲に繋がるということを実感しました。 その後も私がスティックマラカスで歌って踊り出すと、自分が振ると手を差し出してきて一緒に歌って踊っています。 遊び方2 もう一つの遊び方は、スティックマラカスを太鼓のバチみ見立てて、リトミックドラムを叩くという遊び。 こちらもDVDに遊び方が収録されているので、真似しやすくなっています。 こちらはDVDを見た初回から真似してスティックマラカスでリトミックドラムを叩いていましたが、何回か叩いているうちに「 スティックマラカスで叩くより直接叩いた方が早い」と思ったのか、手で叩く方がおもしろいのか、次第に手で叩くように戻りました。 なので、私の子供の場合のスティックマラカスの出番は、遊び方1のようにスティックマラカス単体で振って踊る時メインです。 ただリトミックドラムも単体で遊ぶのを気に入っているので、それはそれでいいのかなと思っています。 ちなみに私の子供はこの時点で 1歳7ヶ月なので、あくまでその月齢の子供の場合の例としてとらえて下さい。 月齢が違うとまた反応も変わってくると思います。 小さい子供連れではなかなか人混みのお祭りに行くことが難しいですが、 はっぴを着たしまじろう、水風船、金魚でお祭りの雰囲気を教えてくれます。 金魚や風船は貼って剥がせるシールになっているのですが、こどもちゃれんじぷちのシールはすべて 爪の部分を折れば小さい子供でも一 人でめくれるように工夫されているので、子供が自分で好きなところに貼ったり剥がしたりして何回も遊んでいます。 名前図鑑「電車大好き」 名前図鑑のコーナーでは、 私鉄(特急)、路面電車、モノレール、貨物列車と様々な種類の電車がリアルな写真で載っています。 私の子供は女の子ですが、特に男の子は電車好きの子が多いので喜びそうですね。 こちらのコーナーにも同じく貼って剥がせるシールがついていて、線路の上に自分でいろんな電車を貼れるようになっています。 社会性「手と手をぎゅっ」 1歳を過ぎて子供があちこち歩き回るようになると、外で手を繋ごうとしても 自分一人で歩きたがって手を振りほどくように。 私の子供も例に漏れず、外では手を繋がず一人で好きなように歩きたがるようになって困っていたところにグッドタイミングでこのしつけの内容。 この絵本とDVDをあらかじめ見せてすりこみをしておいた上で、入会時に貰ったしまじろうパペットを使って歌いながらしまじろうと手を繋ぐことを子供に見せたところ、 外出先でも手を振りほどかず繋いで歩いてくれるようになりました。 たまに好奇心に負けて振りほどこうとする時はありますが、同じように歌いながら手を繋ぐと笑顔になって離さず繋いでくれます。 本当にこどもちゃれんじぷちは 絵本、DVD、エデュトイの連動でしつけをすりこみしてくれるので本当に助かっています。 こどもちゃれんじぷち1年間ののしつけ一覧はこちら CHECK 生活習慣「トイレって言ってみよう」 こどもちゃれんじぷちで号から始まったトイレトレーニングのサポート。 9月号では「 トイレに行きたくなったらトイレと教える」をサポートしてくれます。 7月号、8月号のトイレトレーニングのサポート内容は以下の記事で紹介しています。 おどリズム「ノリノリ」• 名前図鑑「電車」• 親子で歌遊び「電車で出かけよう」• エデュトイで遊ぼう「リズムで遊ぼう」• ぷちリトミック1「揺れる」• 生活習慣「トイレって言ってみよう」• しまじろうと遊ぼう「しょうじょうじのたぬきばやし」• 親子で歌遊び「げんこつやまのたぬきさん」• ぷちリトミック2「走る&ゆっくり」• いろいろいろっち「赤っち青っち黄色っち」• エデュトイで遊ぼう「ドラムを叩こう」• オノマトペ「スタスタのそのそ」• エデュトイで遊ぼう「マラカス振ろうよ」• 社会性「手と手をぎゅ」• ぷちリトミック3「ガチャガチャ シー」• しまじろうと遊ぼう「七つの子」• エンディング「しまじろう大好き」• これからのお知らせ• テーマソング「せかいはパラダイス」• ダンス「Hello!」 9月号も相変わらずDVDを見せると 終わるまで集中して見てくれるので、午前中の身支度の間はこどもちゃれんじぷちのDVD、夕飯の支度の間はワールドワイドキッズのDVDという形で分けて両方を毎日見せています。 ( 1日合計1時間以内) おすすめ 3種類のリトミック 1番好きなコーナーであるリトミックが9月号は3種類もあるので、いつものこどもちゃれんじぷちのDVD以上にテンションMAX。 8月号まではソファーに座ったままリトミックの真似をしていましたが、9月号からはついに リトミックのコーナーになるとソファーから降りてきて立って踊り、リトミックが終わるとまたソファーに戻って座って見るようになりました。 リトミック1.揺れる と のリトミック「揺れる」では座った状態でゆりかごのように揺れるだけでしたが、同じ揺れるでもこの9月号ではさらにバージョンアップ。 立った状態で手を横に広げ、体全体を使って揺れるというもの。 私の子供も真似をし、 片足を上げたりして体全体を使って揺れていました。 私の子供も、その場で思いっきりダッシュしたり、 ゆっくり歩くところでは音楽のリズムに合わせてその場でそろーりそろーりとゆっくり足踏みするようになりました。 リトミック3.ガチャガチャ シー 先程の「走る&ゆっくり」の進化版。 「ガチャガチャガチャ」のところで思いっきりはじけるように暴れて、「シー」のところで指を内緒ポーズにして止まって静かにする、動と静のリトミック。 私の子供は、「ガチャガチャガチャ」のところで超高速ダッシュをその場でして、「シー」のところでは指は立てているのが1本か2本かあやふやながらも 手を 口に近づけ、止まって身をかがめながら静かにしてそれらしく真似していました。 リトミックが好きな子供におすすめのオプションコース口コミはこちら CHECK 真似するようになった手遊び 今までは真似する手遊び歌といえば簡単な「むすんでひらいて」ぐらいでしたが、「げんこつやまのたぬきさん」の手遊び歌のコーナーでも、 抱っこやおんぶのポーズを真似したり、手をグルグル回せるようになりました。 エンディング「しまじろう大好き」 手と手をぎゅ 絵本のところでも少し触れた9月号のしつけ・生活習慣のテーマ「手と手をぎゅ」は、このように しまじろうとそのお友達親子が手を握っているアニメで登場します。 こどもちゃれんじEnglishのダンス 9月号のDVDから、ついにこどもちゃれんじEnglishによる英語コーナーが始まりました。 きらびやかな衣装を着た少し大人でカッコイイしまじろうが、 仲間と一緒にダンスしながら英語を歌って教えてくれます。 9月号は最初なので、「Hello」がテーマでした。 3月号まで毎月この英語コーナーは続くそうです。 こどもちゃれんじぷち9月号の保護者向け情報誌 毎月届けられる保護者向けのお役立ち情報誌で、その時期の子供特有のお悩みなどの対処法が載っているので毎月熟読しています。 子供のイヤイヤ行動への対処法 1歳、2歳児はまだ自分の気持ちをうまく表現できず「イヤイヤ」になりがちですが、 一番好きな親にイヤイヤしてそれを受け止めてもらったり、ダメなものはダメと教えられることで物事を判断するので、成長に欠かせない行動だそうです。 イヤイヤ受け止めの3箇条はこちら• 共感する• 気をそらせる• 本当にダメな時だけダメと言う 3に関しては、すべてをダメと言ってしまうと子供は何がよくて何がダメなのか分からなくなってしまうので、 「危険」「人に迷惑をかける」時だけダメと言ってメリハリを持たせることが大事だということです。 その他、歯みがき、外出先、食事、着替えなどのシーン別イヤイヤ行動への具体的対処法が紹介されていました。 CHECK! おすすめ ぷちクリニック「発達障害」 毎月子供の病気について教えてくれるぷちクリニックの今月のテーマは「発達障害」。 1歳・2歳代では子供の成長には個人差が大きいので見極めが難しく、正式に発達障害の診断が下されるのは3歳・4歳以降になることが多い一方で、正しい知識と対応をするのも大切とのことです。 関連記事 次の10月号は「いろっちだいすき」号。 エデュトイは、中に入れたり積んだりできる いろっちのマトリョーシカとごっこ遊びができる いろっちのおうちシートが届きます。 絵本やDVDでは ありがとうと手洗い・うがいの生活習慣を学習、保護者向け情報誌では「 お友達とのトラブル対処法」を紹介します。

次の

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじ 9月

もくじ• 9月号はこうさくあそび号!わが家は親子揃って工作が大好き!びりびり紙を破いたり、くしゃくしゃ丸めたり、とっても楽しめました! こどもちゃれんじ〈ぽけっと〉9月号の中身は? 今月のテーマ:てゆびを つかって こうさくあそび 号• エデュトイ:てゆびでアートシリーズ「びりびりくしゃくしゃブック」• どこでもかんがえるあそびシリーズ9月号「おなじ なかまに わけてみよう」• こどもちゃれんじぽけっと えほん• こどもちゃれんじぽけっとDVD• こどもちゃれんじぽけっと通信 といった内容が届きました。 写真に撮り忘れてしまったのですが、このほかにてゆびでアートシリーズ「びりびりくしゃくしゃブック」が付いています!うっかり! ぽけっと9月号:てゆびでアートシリーズ「びりびりくしゃくしゃブック」 「びりびりくしゃくしゃブック」は、1冊の中に「ちぎる」「折る」「丸める」作業がふんだんに盛り込まれた、手指の操作性が高まるという教材。 紙をびりびりにしたり、くしゃっと丸めて食べ物を作ったり、端と端をあわせて折る作業なんかもできて、とても楽しい1冊。 できあがった作品をつかってごっこ遊びもできて、さらに楽しめます!ただ、こういう紙ものって、作ったあとが困りもの。 どうやって片づけるか頭を悩ませちゃいます。 私はそのままにして、飽きるまで遊べばいいかな~なんて思っていたのですが、気がついたら夫がきれいに紙をのばして、冊子に挟んでいました。 いや、几帳面!!!!!まあ、もう一回作ればいいんだけどさ。 こどもちゃれんじぽけっとえほん 9月号のえほんは、しかけがたくさんあって、切り取り線にそって紙を切ったり、差し込んだりがやたら多かった気が…。 ちょっと面倒だな…と思って適当にやってしまうと、思いがけずしょっぱなから破ってしまう事があるので、慎重に。 笑 えほんのしかけは、よく考えられていていつも感心してしまいます!パーツが分かれているものに関しては、絵本内に収納ポケットがあったり、差し込み口があったりしてなくさない工夫もされていて唸っちゃう。 寝る前に読むことが多いので、そのままばさっととじて「あれ、小さいパーツがないな…」と捜索することもあるんですけどね。。。 寝る前に読む1冊としてはちょうど良いボリュームで、はじめから最後まで読んで「さあ、寝よう」という流れにいつもなっています。 ここまで読んで受講を考え始めたひとや、ちょっと気になる人は資料請求をするだけでもOK! こどもちゃれんじの資料請求や、入会受付はこちらからチェックしてみてください。 DVD 今月号は今までよりもDVDの再生回数が増えました。 これは、わが家に新しくブルーレイレコーダーが仲間入りしたことも大きいと思うのですが、DVDが入りっぱなしになっていて、すぐ再生できるという環境が、より再生回数をあげたとは思いますが…雨の日が多く、おうち遊びが増えたことも関係あるかも。 えほんやエデュトイと連動した内容なので、DVDを見ながらエデュトイを引っ張ってくることも多く、今月号に登場する工作のお兄さん「ごうちゃん」と、女の子の名前なんだっけー?と、DVDを見たことがないパパに何度も質問して困らせていました。 「え、ご、ごうちゃん?いたっけ?だれ?」「女の子?おねえさんじゃなくて?えー?」って。 私はオープニングの「ぽぽっぽぽっぽぽけっと~」というフレーズを気がつくと口ずさんでいて、ハッとします。 洗脳されている…。 どこでもかんがえるシリーズ9月号 今回のヒット2つめはこちら。 どこでもかんがえるシリーズ9月号の「おなじなかまにわけてみよう」です。 こちらのシリーズはおでかけ時に持ち出したり、家での登場回数がちょっと少ないのですが…今号はしまじろうとはなちゃんが登場しているということで、よく遊んでいました。 洋服を着せ替えたり、脱いだ服を分類したり、何度も遊んで楽しんでいました! こどもちゃれんじぽけっと通信 工作遊びが脳を育てるという特集記事が載っていた、9月号のぽけっと通信。 「工作遊び」を通して、想像力・言語力・問題解決力・手順を考える力などが養われるというお話が載っていて、なるほどな~と思いました。 なんとなくやっていたことも、きちんと意識をもってサポートすることで、さらに効果的な環境作りができるのかもなあ、と考えさせられました。 こどもちゃれんじ〈ぽけっと〉9月号まとめ 工作が充実の9月号でしたが、アートブックをきっかけに、家にある折り紙やいらない紙を使って遊ぶこともぐっと増えました。 段ボールを使った工作やお菓子の空き箱を使った物作りなども頻繁にやったおかげか、すっかり工作好きに。 しかし、9月号がきたかと思ったら、あっというまに10月号が届いてびっくり。 10月号では待望のはてなくんが来るわけですが…。 最近のコメント アーカイブ• 16 カテゴリー• 117• 14 プロフィール.

次の