リトルペガサス。 八田リトルペガサス のホームページ

青葉会

リトルペガサス

概要 マイリトルポニーとは、アメリカの玩具メーカー Hasbro が1980年代から展開している、デフォルメされたポニー(仔馬)の玩具シリーズ。 2017年現在各国で人気なのは、アニメの「My Little Pony: Friendship is Magic」(邦題「マイリトルポニー ~トモダチは魔法~」)。 マイリトルポニーシリーズ全体としては「」と略されるが、このアニメ自体を指している事がほとんど。 Generations オリジナルはソフトビニールの本体にドールヘアのたてがみと尻尾を植毛した女児向けのカラフルな馬の人形。 たてがみを付属の櫛で梳いて遊べるのが特徴。 1982年に発表されて以来何度もリニューアルされており、アメリカ本土での認知度は高い。 ファンによって、G1(82~92年)・G2(93~97年)・G3(03~09年)・G4(10年~)と呼び分けられている(GはGenerations 世代 )の略。 現在のG4においてはとドリームズカムトゥルー社がアニメとグッズの販売管理を手がけている。 並行輸入を行なっている雑貨ショップや日本から通販できるサイト等もあるので、そちらから購入も可能(同名のG3グッズだったりするので商品は写真などで要確認)。 たまにコラボグッズがブランド経由でアメリカから日本に直輸入される事もある。 Animations 各世代どれも放映当時の作風を反映しつつアニメ化されている(G2除く)。 2017年現在の放映アニメの世代はG4。 世代間での関連性は基本的にないものの、オープニングの"My Little Pony"のメロディラインだけは共通。 G1: My Little Pony(TV短編)、My Little Pony: Escape from Catrina(TV短編)、My Little Pony: The Movie(映画)、My Little Pony'n Friends(ごった煮TVシリーズ)、My Little Pony Tails(人間的生活TVシリーズ)• G2: アニメ化はされなかった• 急激に幼児化したG3. 5とOnce Upon a My Little Pony Time G3. 6 が有名• 両方の太ももに1つずつ描かれた「 キューティーマーク Cutie Mark 」と呼ばれるシンボルマークが特徴的(これは実際の馬につけられる品種や血統を示す焼印がルーツ)。 pixiv 「マイリトルポニー」とMLPの2つのタグを併記するパターンが多い。 非日本語ユーザーにはも人気。 My Little Pony: Friendship is Magic G4 アメリカでのFriendship is Magicは本来は女児向けのアニメとして始まったものの、その完成度と魅力によりいわゆる(の一部、特になど)に莫大な支持を得た。 いい歳こいた兄ちゃん(またはおっさん)が女児に混じってワーキャー言ってグッズを買ったり 作ったりする様は、ちょうど日本のに似ている。 ただし日本とは違い、女児向けアニメに大人が群がるのはアメリカでは奇異な事であり、それは社会現象として報じられた位である。 大きなお友達のファンの事は、男性はBrony(ブロニー。 なお、一応公式公認の呼称でもある。 こういった現象を意識してか、最近の放送では、大きなお友達向けの心をくすぐるようなネタ(ちびっ子には通じなさそうな他作品のパロディや、二次創作設定の逆輸入等)が混じるようになってきている。 各種Web掲示板コミュニティでも「マイリトルポニー板」とでも呼ぶべき専門のコーナーが設置されていたりもする。 が、これらは(運営が熱烈なファンであるという場合を除いて)おおむね隔離板であり、なんでもかんでもポニーの話しかしない人々を嫌がっての事である事が多い。 認知はされているが歓迎されているとは限らないという事は意識しておいたほうがいいかもしれない。 日本語版Friendship is Magic 番組名「マイリトルポニー ~トモダチは魔法~」 ブシロードがメインスポンサーとなり、ACクリエイトが日本語版製作を、AT-Xとウィーブが製作を担当。 テレビ東京系列とAT-Xで2013年4月から放送が開始されている。 シーズン2までの52話を放送予定。 シーズン3以降の放送は2017年時点では予定なしという事になっている。 また劇場版であり公式作品でもあるシリーズ3作品の日本語吹き替え版もNETFLIXで配信されている。 Friendship is Magic G4 の世界 物語は女王が統治するポニーの国「エクエストリア」が舞台となっている。 エクエストリアにはポニーヴィルを始めとする市町村や大規模な都市が存在し、馬術用語や馬に関連した単語と実際のアメリカの地名をもじった土地が多く登場するため、ファンの間での予測ではアメリカとほぼ同位置、同規模の国家とされている。 また、劇中に登場した地球儀(? )には、エクエストリアと思われる大陸の東西にも大陸があり、ゼコラ登場回の「(シマウマ族は)遠い土地に暮らしている」というトワイライトのセリフからも、エクエストリア以外の国家や新ポニー種の登場の可能性が噂されている(CMCのキューティーマーク獲得課題の中に空手が登場するので、アジア風の文化も存在しているようだ) エクエストリア Equestria 語源はEquestrian(騎手)。 二人のプリンセスによって統治される、ポニーを主体とした国。 トワイライトのセリフに「王国 Kingdom 」とあるが、今のところ王 king らしき人物は確認されていない。 達の暮らす小さな村。 この物語の中心となる地である。 キャンターロットの南西に位置し、西にのコテージと帰らずの森 Ever Free Forest 、南西にのリンゴ農場 Sweet Apple Acres が広がる。 他の大都市に住むポニーからは辺鄙な田舎呼ばわりされているが、お気に入りのスパ(エステサロン)やボーリング場があり、鉄道も通っているので言われるほどド田舎ではないのかもしれない。 ちなみに住民の半数以上が女性である。 エバーフリーフォレスト Ever Free Forest ポニーヴィルの西に広がる森林地帯。 シマウマ族の呪術師・ゼコラの住む小屋がある。 珍しい薬草や植物が生育しているが、コカトリスやティンバー・ウルフ(森林オオカミ)といった危険な生物も多く生息しているので、ポニー達は滅多に森に立ち入る事はない。 翻訳表記ゆれに「帰らずの森」「不滅の森」など。 エクエストリアの首都にして、トワイライトやライラの故郷。 王宮の他に魔法図書館や魔法学園が存在し、エクエストリアの魔法文明の中心地となっている。 ポニーヴィルからはほぼ真北に位置する雲上の都市でペガサス達が暮らしている。 曰く「最も偉大な空の都市」。 レインボーダッシュとフラタシャイの故郷。 ポニーヴィル近辺の天候はクラウズデイルの天候工場で作られている。 アップルジャックのいとこ、ブレバーン Braeburn の住むウェスタンな街。 シリーズ中最も近代的な都市で、大規模なビルが立ち並ぶ大都会。 アップルジャックの叔父オレンジ夫妻が暮らしている。 その他の町 トロッティンガム Trottingham フィリデルフィア Phillydelphia といった地名が確認されている。 エクエストリアのポニーたち エクエストリアにはポニーの他に、ポニーと会話する事が出来る準ポニー的種族の動物と、言葉を話せない動物(意思の疎通は可能)の二種類が暮らしている。 その他、ペガサスやユニコーンが登場するだけあってか、ヒドラ、ケルベロス、ミノタウロスといったギリシャ神話系のモンスターが多く登場している。 アースポニー シマウマポニー(ゼブラ) 現在のところゼコラのみ登場している種。 本来は遠方に住む種族で、エクエストリア国内で見かける事は珍しい。 薬草を用いたユニコーンとはまた違った系統の魔法を伝統的に引き継いでおり、また工芸品の製作にも長ける。 尻尾が非常に器用。 ポニー以外のエクエストリアの住人たち ロバ、ラバ、牛、羊、バッファロー、ドラゴン、グリフォンなどが存在する。 ポニーとの差はキューティマークの有無(ゼブラはポニーとは呼ばれていないが、キューティマークがあるためポニーの一種)。 クリスタルポニー クリスタル・エンパイアのポニーたちはエクエストリアのポニーと異なり、目のハイライトが六角形で髪と尻尾にグラデーションがかかっている。 気分と連動して外見が(ピンキーのように)変化する様子も確認されている。 槍試合が好きらしい。 1000年前はキング・ソンブラによって支配され、奴隷のように扱われていた。 ソンブラが封印されたときに、彼の呪いでクリスタル・エンパイアごと消されてしまった。 なお、その事に彼らは覚えていない。 なお、ユニコーン・ペガサス・アリコーンタイプのクリスタルポニーは作中確認されてない。 ちなみにちゃんとキューティーマークはある。 なお、同人などのゲーム開発も進んでおり、格ゲーやレースゲー等様々ある。 「…うん、まあ、んー、この形はウマのカタチしてないよね」、というツッコミである。 本来は「アニメをリアルにしてみました」系のネタ混じりの発表だったりしたのだが「いやこれはこれで、っていうかこっちがいい」という人が一定数沸いてしまったのである。 これに関しては「なぜあなたはこちらに興奮するのですか」「なぜ私たちはこちらに興奮するのですか」という問いを互いに投げかけていくと 深淵の泥沼に嵌るので、お互いそういう趣味もあるのだろうという大人らしい対応が求められる。 なお、この「解剖学的に正しい」 anatomically correct の元は「教育に耐えうるような正確でリアルな赤ちゃん人形」 anatomically correct baby dolls である。 画像検索はあまりお勧めしない。 劇中歌の多さとそのクオリティには定評がある。 キャラクターが急に歌い出すのは基本。 毎回劇中歌があるわけではないが、多いときは1話で3曲以上歌う(season4までで一番多いのはS4E12の7曲。 この回はアニメの約半分が歌であり、通称ミュージカル回と呼ばれる事も)。 劇中歌はが即興で作った短い歌から、豪華なバックコーラスつき合唱まで様々。 非常に評価が高いものが多く、YouTubeなどで様々なアレンジがされていたりする。 Season1 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター laughter song Episod02 ピンキーパイ Pinkie's Gala Fantasy Song Episod03 ピンキーパイ The Ticket Song Episod03 ピンキーパイ Hop Skip and Jump song Episod07 ピンキーパイ Evil Enchantress song Episod09 ピンキーパイ Evil Enchantress song Reprise Episod09 声が低くなったフラタシャイ Winter Wrap Up Episod11 mane6、その他バックコーラス Cupcake Song Episod12 ピンキーパイ Art of the Dress Episod14 ラリティ Art of the Dress Reprise Episod14 ラリティ、他mane6 Hush Now Lullaby Episod17 フラタシャイ Hush Now Lullaby Reprise Episod17 スウィーティーベル Cutie Mark Crusaders Song Episod18 スクータルー、他CMC You Got to Share, You Got to Care Episod21 ピンキーパイ So Many Wonders Episod23 幼少期のフラタシャイ Pinkie Pie's Singing Telegram Episod25 ピンキーパイ At the Gala Episod26 mane6、その他バックコーラス I'm at the Grand Galloping Gala Episod26 ピンキーパイ Pony Pokey Episod26 ピンキーパイ Season2 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター Find A Pet Song Episod07 フラタシャイ、レインボーダッシュ Becoming Popular Episod09 ラリティ The Heart Carol Episod11 コーラス Happy Monthiversary Episod13 ピンキーパイ Piggy Dance Episod13 ピンキーパイ The Flim Flam Cider Song Episod15 フリムフラム兄弟、グラニースミス、その他バックコーラス The Perfect Stallion Episod17 スウィーティーベル、他CMC Smile Song Episod18 ピンキーパイ、その他バックコーラス You're a Cranky Doodle Donkey Episod18 ピンキーパイ Welcome Song Episod18 ピンキーパイ Cranky Doodle Joy Episod18 ピンキーパイ B. Episod25 トワイライトスパークル、他mane6 B. Reprise Episod25 トワイライトスパークル This Day Aria Episod26 プリンセス・ケイデンス(偽者)、プリンセス・ケイデンス(本物) This Day Aria Reprise Episod26 クイーン・クリサリス Love Is In Bloom Episod26 トワイライトスパークル、その他バックコーラス Season3 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター Twilight's Failure Song Episod01 トワイライトスパークル、スパイク Ballad of the Crystal Ponies Episod01 mane6 Success Song Episod02 mane6 Babs Seed Episod04 アップルブルーム、他CMC Raise This Barn Episod08 アップルジャック、アップルブルーム、他アップルファミリー Morning in Ponyville Episod13 トワイライトスパークル What My Cutie Mark Is Telling Me Episod13 レインボーダッシュ、フラタシャイ、ピンキーパイ、アップルジャック、ラリティ I've Got to Find a Way Episod13 トワイライトスパークル A True, True Friend Episod13 mane6 Celestia's Ballad Episod13 プリンセス・セレスティア Behold, Princess Twilight Sparkle Episod13 コーラス Life in Equestria Episod13 トワイライトスパークル、他mane6、その他バックコーラス Season4 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター Hearts as Strong as Horses Episod05 CMC Hearts as Strong as Horses Reprise Episod05 CMC Bats song Episod07 アップルジャック、フラタシャイ、他mane6 Rarity's Generosity song Episod08 ラリティ、他mane6 Rarity's Generosity song Reprise Episod08 ラリティ Apples to the Core Episod09 アップルジャック、アップルブルーム、ビッグマッキントッシュ、グラニースミス、ピンキーパイ Apples to the Core Reprise Episod09 アップルジャック、アップルブルーム、ビッグマッキントッシュ、グラニースミス、ピンキーパイ Discords Glass Of Water song Episod11 ディスコード Pinkie the Party Planner Episod12 ピンキーパイ、ケーキ夫妻、ダイアモンドティアラ、その他バックコーラス The Super Duper Party Pony Episod12 チーズサンドウィッチ、ピンキーパイ(合いの手) Pinkie's Lament Episod12 ピンキーパイ The Goof Off Episod12 ピンキーパイ、チーズサンドウィッチ Cheese Confesses Episod12 チーズサンドウィッチ Pinkie the Party Planner Reprise Episod12 ピンキーパイ、チーズサンドウィッチ Make a Wish Episod12 ピンキーパイ Music in the Treetops Episod14 フラタシャイ Find the Music in You Episod14 ビッグマッキントッシュ、ラリティ、モブポニー2頭 Find the Music in You Reprise1 Episod14 声が低くなったフラタシャイ、ラリティ、モブポニー2頭 Find the Music in You Reprise2 Episod14 フラタシャイ、ビッグマッキントッシュ、ラリティ、モブポニー2頭 The Flim Flam Tonic Song Episod20 フリムフラム兄弟、その他バックコーラス Pinkie Pie's rapping history of the Wonderbolts Episod21 ピンキーパイ、モブポニー2頭(合いの手) Spike's Cloudsdale Anthem Episod24 スパイク You'll Play Your Part Episod25 トワイライトスパークル、プリンセス・セレスティア、プリンセス・ルナ、プリンセス・ケイデンス Let the Rainbow Remind You Episod26 トワイライトスパークル、他mane6 映画「」 曲名 歌ったキャラクター This Strange World トワイライトスパークル Equestria Girls mane6 Time to Come Together mane6 This Is Our Big Night mane6 This Is Our Big Night Reprise mane6 A Friend For Life ED トワイライトスパークル 関連イラスト.

次の

リトルペガサス地域支援部

リトルペガサス

はじめに… ナイキで最も古い歴史を持つシューズと言っても過言ではない。 ミッドソールにが必ず内蔵されるは、馬の半身に鳥の翼を持つ神話上の生き物をモチーフに作成され、弾むような履き心地、速さ、空を飛ぶようなデザインに仕上がっています。 エンジニアードメッシュとは、通気性が必要な箇所をオープンに、耐久性が必要な箇所をタイトに自由自在に編み込める万能なメッシュです。 と同じ素材を採用していますが、以上に オープンで スケスケのアッパーに仕上がっています。 は暑い時期に開催予定だった東京オリンピックに照準を合わせて販売される予定だったシューズなので、このように通気性を重視したアッパーの構造を採用しています。 また、ミッドソールの厚さが増した は、アッパーで少しでも軽量化を図る必要があったので、このような かなりオープンなメッシュになったという側面もあります。 実際に使用して思ったのは「 トランスルーセントに近いスースーした抜群の通気性を足の甲を中心に感じた」ということです。 まだまだ暑い季節には程遠いの、軽い参考程度に捉えて頂けると良いのかなと思います。 前作はフライワイヤーが同じ位置に配置されていました。 フライワイヤーは軽量な点は素晴らしいのですが、一点に圧がかかってしまうことと耐久性に乏しいことがマイナスポイントでした。 要は、不快感が最小限になっている感じです。 ちなみに、「 スエードとは天然皮革を研磨した素材なので耐久面はUPしていないんじゃないの?」と思った方も多いのではないでしょうか? そこはご安心を!! しっかりと合成樹脂でコーティングされています。 薄手ということは圧迫感がなく、フルマラソンの後半で足が浮腫むこと踏まえた構造と言えます。 薄手とはなっていますが、中央部分に僅かですがクッション素材が内情されているので、足触りの良さも兼ね備えています。 ちなみに、左右非対称のデザインは、ナイキお馴染みのデザインで、走行中の足のズレを軽減してくれます。 また、シュータン内側部分は、こんな感じです。 中央部部分にシューズのサイズなどの情報が記載されているタグが配置されています。 シュータン裏側で注目して欲しいのは、端の部分を 柔らかいスエード調の素材を配置していることです。 LOWソックスを使用するとシュータンの端が足に直接触れることもあるでしょう。 直接当たっても擦れて痛みが生じないよう 柔らかいスエード調の素材を配置することで工夫しています。 ヒール部分 前作同様せり上がった形状を採用しています。 アキレス腱がピタッと収まる形状なので、これまたズレや擦れなどの走行中のストレスを感じる事象を抑えてくれます。 前作から大幅に進化したミッドソール 進化しすぎないことを良さとしているには珍しい、大幅な進化を遂げているのが のミッドソールです。 まずは、ミッドソールの素材の進化について説明します。 はフルレングス 足裏全体 のを採用し、どこから着地しても高い反発性を感じることができる構造を採用していました。 要は、走法に関わらずを活かすことができる構造ですね。 ヒールから着地しようが、前足から着地しようが、の高い反発性を感じながら走れる万能さは流石だなと販売当時感じたことを思い出します。 しかし、 はこの構造をぶっ壊します。 フルレングスのから前足へ配置を変更します。 厚さは前作のの2倍です。 ちなみに、は男女でミッドソールの構造が違うとことは有名で、女性用は柔らかくハイアーチが多い女性向けの形状を採用しています。 はこのミッドソール以外にもズームエアの容量が男女で異なってきます。 男性は硬めで反発性が高い20PSI 女性は柔らかく反発性を抑えた15PSI PISとは、空気圧の数値を表した単位です。 着地時に反発性が不要の初心者ランナーにはヒール部分には不要ですし、フォアフット走法で走る中、上級者にはそもそもヒールには不要で、前足に大きいがあるだけでことが足りてしまいます。 少し複雑な話になってしまいましたが、簡単に言うのであれば 「 より多くの走法に適したシューズに進化した」 ということです。 インソールはこんな感じ 見た感じナイキランニングシューズに多く用いられる一般的なインソールに見えますが、 厚めの柔らかいインソールを採用しています。 別メーカーのインソールを使用するという検証動画のため、様々なインソールを試した際に感じたのは、 既存のこのインソールの抜群の柔らかさです。 本当に想像以上に柔らかいので、ぜひ一度この厚手のインソールの足触り、柔らかさを実際に感じてほしいです。 ラバーの範囲に関してはほぼ変わりがないと思ってOKなので、特有の高いグリップ力は健在なのでご安心下さい。 レギュラー幅とエクストラワイド幅の違い 左がエクストラワイド幅 4E 、右がレギュラー幅 D です。 前足から中足部にかけては幅、高さ共に違いを感じるのですが、足首部分はそこまで違いはないように見えます 私だけかも。 履いた感じも足首部分にそこまで差を感じませんでした 足の形に難ありかも。 ちなみに、試着した際に履いたソックスは、 かなり極薄 1mmくらい? のナイキ スパーク ライトウエイトソックスです。 ほぼ裸足のように履けるランニングソックスなので、このソックスがサイズ感に影響していることはないと思います。 レギュラー幅の足首部分と エクストラワイド幅の足首部分です。 こう見ると足首部分も少し差があるように見えますが、正直履いた感覚は…。 個人差があるので参考程度の捉えて頂きたいのですが、試用感含め足首部分に大きな差はないように感じました。 レギュラー幅の前足部分と エクストラワイド幅の前足部分です。 前足部分はかなり差があるように感じます。 履いた感じも同様で、エクストラワイド幅の方が幅と高さにかなりのゆとりを感じます。 数値でお伝えするのは難しいのですが、当ブログで紹介しているサイズ表に近い印象を受けましたので、参考にして見て下さい。 ちなみに、含め多くのナイキランニングシューズを28cmで使用している私は、 のレギュラー幅28cmがジャストサイズでした。 あえてサイズ変更する必要がないシューズだと思いますので、サイズ選択の参考にしてみてください。 さいごに… 長々と書き綴りましたが、 との変更点を知って頂ければOKです。 アッパーの編み込み方の変化 ミッドソールがリアクトになったこと ズームエアの配置が変わったこと 上記3点さえ網羅すれば、 の力を存分に発揮できると思います。

次の

ペガサス (ぺがさす)とは【ピクシブ百科事典】

リトルペガサス

概要 マイリトルポニーとは、アメリカの玩具メーカー Hasbro が1980年代から展開している、デフォルメされたポニー(仔馬)の玩具シリーズ。 2017年現在各国で人気なのは、アニメの「My Little Pony: Friendship is Magic」(邦題「マイリトルポニー ~トモダチは魔法~」)。 マイリトルポニーシリーズ全体としては「」と略されるが、このアニメ自体を指している事がほとんど。 Generations オリジナルはソフトビニールの本体にドールヘアのたてがみと尻尾を植毛した女児向けのカラフルな馬の人形。 たてがみを付属の櫛で梳いて遊べるのが特徴。 1982年に発表されて以来何度もリニューアルされており、アメリカ本土での認知度は高い。 ファンによって、G1(82~92年)・G2(93~97年)・G3(03~09年)・G4(10年~)と呼び分けられている(GはGenerations 世代 )の略。 現在のG4においてはとドリームズカムトゥルー社がアニメとグッズの販売管理を手がけている。 並行輸入を行なっている雑貨ショップや日本から通販できるサイト等もあるので、そちらから購入も可能(同名のG3グッズだったりするので商品は写真などで要確認)。 たまにコラボグッズがブランド経由でアメリカから日本に直輸入される事もある。 Animations 各世代どれも放映当時の作風を反映しつつアニメ化されている(G2除く)。 2017年現在の放映アニメの世代はG4。 世代間での関連性は基本的にないものの、オープニングの"My Little Pony"のメロディラインだけは共通。 G1: My Little Pony(TV短編)、My Little Pony: Escape from Catrina(TV短編)、My Little Pony: The Movie(映画)、My Little Pony'n Friends(ごった煮TVシリーズ)、My Little Pony Tails(人間的生活TVシリーズ)• G2: アニメ化はされなかった• 急激に幼児化したG3. 5とOnce Upon a My Little Pony Time G3. 6 が有名• 両方の太ももに1つずつ描かれた「 キューティーマーク Cutie Mark 」と呼ばれるシンボルマークが特徴的(これは実際の馬につけられる品種や血統を示す焼印がルーツ)。 pixiv 「マイリトルポニー」とMLPの2つのタグを併記するパターンが多い。 非日本語ユーザーにはも人気。 My Little Pony: Friendship is Magic G4 アメリカでのFriendship is Magicは本来は女児向けのアニメとして始まったものの、その完成度と魅力によりいわゆる(の一部、特になど)に莫大な支持を得た。 いい歳こいた兄ちゃん(またはおっさん)が女児に混じってワーキャー言ってグッズを買ったり 作ったりする様は、ちょうど日本のに似ている。 ただし日本とは違い、女児向けアニメに大人が群がるのはアメリカでは奇異な事であり、それは社会現象として報じられた位である。 大きなお友達のファンの事は、男性はBrony(ブロニー。 なお、一応公式公認の呼称でもある。 こういった現象を意識してか、最近の放送では、大きなお友達向けの心をくすぐるようなネタ(ちびっ子には通じなさそうな他作品のパロディや、二次創作設定の逆輸入等)が混じるようになってきている。 各種Web掲示板コミュニティでも「マイリトルポニー板」とでも呼ぶべき専門のコーナーが設置されていたりもする。 が、これらは(運営が熱烈なファンであるという場合を除いて)おおむね隔離板であり、なんでもかんでもポニーの話しかしない人々を嫌がっての事である事が多い。 認知はされているが歓迎されているとは限らないという事は意識しておいたほうがいいかもしれない。 日本語版Friendship is Magic 番組名「マイリトルポニー ~トモダチは魔法~」 ブシロードがメインスポンサーとなり、ACクリエイトが日本語版製作を、AT-Xとウィーブが製作を担当。 テレビ東京系列とAT-Xで2013年4月から放送が開始されている。 シーズン2までの52話を放送予定。 シーズン3以降の放送は2017年時点では予定なしという事になっている。 また劇場版であり公式作品でもあるシリーズ3作品の日本語吹き替え版もNETFLIXで配信されている。 Friendship is Magic G4 の世界 物語は女王が統治するポニーの国「エクエストリア」が舞台となっている。 エクエストリアにはポニーヴィルを始めとする市町村や大規模な都市が存在し、馬術用語や馬に関連した単語と実際のアメリカの地名をもじった土地が多く登場するため、ファンの間での予測ではアメリカとほぼ同位置、同規模の国家とされている。 また、劇中に登場した地球儀(? )には、エクエストリアと思われる大陸の東西にも大陸があり、ゼコラ登場回の「(シマウマ族は)遠い土地に暮らしている」というトワイライトのセリフからも、エクエストリア以外の国家や新ポニー種の登場の可能性が噂されている(CMCのキューティーマーク獲得課題の中に空手が登場するので、アジア風の文化も存在しているようだ) エクエストリア Equestria 語源はEquestrian(騎手)。 二人のプリンセスによって統治される、ポニーを主体とした国。 トワイライトのセリフに「王国 Kingdom 」とあるが、今のところ王 king らしき人物は確認されていない。 達の暮らす小さな村。 この物語の中心となる地である。 キャンターロットの南西に位置し、西にのコテージと帰らずの森 Ever Free Forest 、南西にのリンゴ農場 Sweet Apple Acres が広がる。 他の大都市に住むポニーからは辺鄙な田舎呼ばわりされているが、お気に入りのスパ(エステサロン)やボーリング場があり、鉄道も通っているので言われるほどド田舎ではないのかもしれない。 ちなみに住民の半数以上が女性である。 エバーフリーフォレスト Ever Free Forest ポニーヴィルの西に広がる森林地帯。 シマウマ族の呪術師・ゼコラの住む小屋がある。 珍しい薬草や植物が生育しているが、コカトリスやティンバー・ウルフ(森林オオカミ)といった危険な生物も多く生息しているので、ポニー達は滅多に森に立ち入る事はない。 翻訳表記ゆれに「帰らずの森」「不滅の森」など。 エクエストリアの首都にして、トワイライトやライラの故郷。 王宮の他に魔法図書館や魔法学園が存在し、エクエストリアの魔法文明の中心地となっている。 ポニーヴィルからはほぼ真北に位置する雲上の都市でペガサス達が暮らしている。 曰く「最も偉大な空の都市」。 レインボーダッシュとフラタシャイの故郷。 ポニーヴィル近辺の天候はクラウズデイルの天候工場で作られている。 アップルジャックのいとこ、ブレバーン Braeburn の住むウェスタンな街。 シリーズ中最も近代的な都市で、大規模なビルが立ち並ぶ大都会。 アップルジャックの叔父オレンジ夫妻が暮らしている。 その他の町 トロッティンガム Trottingham フィリデルフィア Phillydelphia といった地名が確認されている。 エクエストリアのポニーたち エクエストリアにはポニーの他に、ポニーと会話する事が出来る準ポニー的種族の動物と、言葉を話せない動物(意思の疎通は可能)の二種類が暮らしている。 その他、ペガサスやユニコーンが登場するだけあってか、ヒドラ、ケルベロス、ミノタウロスといったギリシャ神話系のモンスターが多く登場している。 アースポニー シマウマポニー(ゼブラ) 現在のところゼコラのみ登場している種。 本来は遠方に住む種族で、エクエストリア国内で見かける事は珍しい。 薬草を用いたユニコーンとはまた違った系統の魔法を伝統的に引き継いでおり、また工芸品の製作にも長ける。 尻尾が非常に器用。 ポニー以外のエクエストリアの住人たち ロバ、ラバ、牛、羊、バッファロー、ドラゴン、グリフォンなどが存在する。 ポニーとの差はキューティマークの有無(ゼブラはポニーとは呼ばれていないが、キューティマークがあるためポニーの一種)。 クリスタルポニー クリスタル・エンパイアのポニーたちはエクエストリアのポニーと異なり、目のハイライトが六角形で髪と尻尾にグラデーションがかかっている。 気分と連動して外見が(ピンキーのように)変化する様子も確認されている。 槍試合が好きらしい。 1000年前はキング・ソンブラによって支配され、奴隷のように扱われていた。 ソンブラが封印されたときに、彼の呪いでクリスタル・エンパイアごと消されてしまった。 なお、その事に彼らは覚えていない。 なお、ユニコーン・ペガサス・アリコーンタイプのクリスタルポニーは作中確認されてない。 ちなみにちゃんとキューティーマークはある。 なお、同人などのゲーム開発も進んでおり、格ゲーやレースゲー等様々ある。 「…うん、まあ、んー、この形はウマのカタチしてないよね」、というツッコミである。 本来は「アニメをリアルにしてみました」系のネタ混じりの発表だったりしたのだが「いやこれはこれで、っていうかこっちがいい」という人が一定数沸いてしまったのである。 これに関しては「なぜあなたはこちらに興奮するのですか」「なぜ私たちはこちらに興奮するのですか」という問いを互いに投げかけていくと 深淵の泥沼に嵌るので、お互いそういう趣味もあるのだろうという大人らしい対応が求められる。 なお、この「解剖学的に正しい」 anatomically correct の元は「教育に耐えうるような正確でリアルな赤ちゃん人形」 anatomically correct baby dolls である。 画像検索はあまりお勧めしない。 劇中歌の多さとそのクオリティには定評がある。 キャラクターが急に歌い出すのは基本。 毎回劇中歌があるわけではないが、多いときは1話で3曲以上歌う(season4までで一番多いのはS4E12の7曲。 この回はアニメの約半分が歌であり、通称ミュージカル回と呼ばれる事も)。 劇中歌はが即興で作った短い歌から、豪華なバックコーラスつき合唱まで様々。 非常に評価が高いものが多く、YouTubeなどで様々なアレンジがされていたりする。 Season1 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター laughter song Episod02 ピンキーパイ Pinkie's Gala Fantasy Song Episod03 ピンキーパイ The Ticket Song Episod03 ピンキーパイ Hop Skip and Jump song Episod07 ピンキーパイ Evil Enchantress song Episod09 ピンキーパイ Evil Enchantress song Reprise Episod09 声が低くなったフラタシャイ Winter Wrap Up Episod11 mane6、その他バックコーラス Cupcake Song Episod12 ピンキーパイ Art of the Dress Episod14 ラリティ Art of the Dress Reprise Episod14 ラリティ、他mane6 Hush Now Lullaby Episod17 フラタシャイ Hush Now Lullaby Reprise Episod17 スウィーティーベル Cutie Mark Crusaders Song Episod18 スクータルー、他CMC You Got to Share, You Got to Care Episod21 ピンキーパイ So Many Wonders Episod23 幼少期のフラタシャイ Pinkie Pie's Singing Telegram Episod25 ピンキーパイ At the Gala Episod26 mane6、その他バックコーラス I'm at the Grand Galloping Gala Episod26 ピンキーパイ Pony Pokey Episod26 ピンキーパイ Season2 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター Find A Pet Song Episod07 フラタシャイ、レインボーダッシュ Becoming Popular Episod09 ラリティ The Heart Carol Episod11 コーラス Happy Monthiversary Episod13 ピンキーパイ Piggy Dance Episod13 ピンキーパイ The Flim Flam Cider Song Episod15 フリムフラム兄弟、グラニースミス、その他バックコーラス The Perfect Stallion Episod17 スウィーティーベル、他CMC Smile Song Episod18 ピンキーパイ、その他バックコーラス You're a Cranky Doodle Donkey Episod18 ピンキーパイ Welcome Song Episod18 ピンキーパイ Cranky Doodle Joy Episod18 ピンキーパイ B. Episod25 トワイライトスパークル、他mane6 B. Reprise Episod25 トワイライトスパークル This Day Aria Episod26 プリンセス・ケイデンス(偽者)、プリンセス・ケイデンス(本物) This Day Aria Reprise Episod26 クイーン・クリサリス Love Is In Bloom Episod26 トワイライトスパークル、その他バックコーラス Season3 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター Twilight's Failure Song Episod01 トワイライトスパークル、スパイク Ballad of the Crystal Ponies Episod01 mane6 Success Song Episod02 mane6 Babs Seed Episod04 アップルブルーム、他CMC Raise This Barn Episod08 アップルジャック、アップルブルーム、他アップルファミリー Morning in Ponyville Episod13 トワイライトスパークル What My Cutie Mark Is Telling Me Episod13 レインボーダッシュ、フラタシャイ、ピンキーパイ、アップルジャック、ラリティ I've Got to Find a Way Episod13 トワイライトスパークル A True, True Friend Episod13 mane6 Celestia's Ballad Episod13 プリンセス・セレスティア Behold, Princess Twilight Sparkle Episod13 コーラス Life in Equestria Episod13 トワイライトスパークル、他mane6、その他バックコーラス Season4 曲名 登場エピソード 歌ったキャラクター Hearts as Strong as Horses Episod05 CMC Hearts as Strong as Horses Reprise Episod05 CMC Bats song Episod07 アップルジャック、フラタシャイ、他mane6 Rarity's Generosity song Episod08 ラリティ、他mane6 Rarity's Generosity song Reprise Episod08 ラリティ Apples to the Core Episod09 アップルジャック、アップルブルーム、ビッグマッキントッシュ、グラニースミス、ピンキーパイ Apples to the Core Reprise Episod09 アップルジャック、アップルブルーム、ビッグマッキントッシュ、グラニースミス、ピンキーパイ Discords Glass Of Water song Episod11 ディスコード Pinkie the Party Planner Episod12 ピンキーパイ、ケーキ夫妻、ダイアモンドティアラ、その他バックコーラス The Super Duper Party Pony Episod12 チーズサンドウィッチ、ピンキーパイ(合いの手) Pinkie's Lament Episod12 ピンキーパイ The Goof Off Episod12 ピンキーパイ、チーズサンドウィッチ Cheese Confesses Episod12 チーズサンドウィッチ Pinkie the Party Planner Reprise Episod12 ピンキーパイ、チーズサンドウィッチ Make a Wish Episod12 ピンキーパイ Music in the Treetops Episod14 フラタシャイ Find the Music in You Episod14 ビッグマッキントッシュ、ラリティ、モブポニー2頭 Find the Music in You Reprise1 Episod14 声が低くなったフラタシャイ、ラリティ、モブポニー2頭 Find the Music in You Reprise2 Episod14 フラタシャイ、ビッグマッキントッシュ、ラリティ、モブポニー2頭 The Flim Flam Tonic Song Episod20 フリムフラム兄弟、その他バックコーラス Pinkie Pie's rapping history of the Wonderbolts Episod21 ピンキーパイ、モブポニー2頭(合いの手) Spike's Cloudsdale Anthem Episod24 スパイク You'll Play Your Part Episod25 トワイライトスパークル、プリンセス・セレスティア、プリンセス・ルナ、プリンセス・ケイデンス Let the Rainbow Remind You Episod26 トワイライトスパークル、他mane6 映画「」 曲名 歌ったキャラクター This Strange World トワイライトスパークル Equestria Girls mane6 Time to Come Together mane6 This Is Our Big Night mane6 This Is Our Big Night Reprise mane6 A Friend For Life ED トワイライトスパークル 関連イラスト.

次の