ウェントワース 女子 刑務所。 ウェントワース女子刑務所、シーズン8の配信時期と新キャスト | カイドーラ

【ウェントワース女子刑務所】シーズン7第9話ネタバレ。マリー脱獄計画が惨劇を生む、特別ゲストであの人気キャラが帰ってきた!

ウェントワース 女子 刑務所

「ウェントワース女子刑務所」をシーズン4まで視聴していない方、視聴途中の方は閲覧にご注意ください。 「ウェントワース女子刑務所」を見た人なら分かるシーズン4のあの衝撃ッ! そう、主人公であるビー・スミスに突如訪れる惨劇…。 え?主人公が死ぬってあるの? 本当は生きてるんじゃないの? 現在もシーズンが続いているドラマなので、本当はビーは生きていたッ!と視聴者を喜ばせるはず! と数々の憶測が頭の中をよぎり、シーズン5以降を見るでしょう。 私は、「絶対!生きてるでしょ!」とシーズン5を見ました。 さて、主人公ビーは本当に死んだのでしょうか。 そして実は、密かに生きていて再登場するのでしょうか。 Sponsored Link ビー・スミスは生きているのか? ビー・スミスはもう存在しません。 希望のない場所でビーは愛を見つけることができました。 そして 「Bea Smith is dead. (ビーは死にました。 )」と公式オフィシャルで確認できます。 結果からお伝えすると、ビーを好演し、ファンや批評家から称賛された女優、 ダニエル・コーマックは、今後「ウェントワース女子刑務所」に出演することはありません。 news. com. しかし、実際に「ウェントワース女子刑務所」のシーズン5撮影時期に、ダニエル・コーマックはカンボジアで慈善事業をしていました。 シーズン5のいくつかのシーンで、ビーが登場しても良いのでしょうが、あくまでもフラッシュバック(回想)としての出演になり、もう亡くなった設定は変わらないということです。 だから、シーズン5の撮影にも参加しませんでした。 今後のシーズンは、ハリウッドかオーストラリアのホットな俳優が新キャラクターとして出演する予定も考えられるそうです。 ecumenicalnews. htm ビーの最期はダニエルの降板が理由? 「ウェントワース女子刑務所」では、最初からビーの死は脚本されていたのか調べてみましたが、最初から決定していたのかは定かではありませんでした。 調べて分かったことは、製作側がドラマを面白くするために、あえて主人公ビー・スミスのキャラクターを終わりにするリスクをとったことでした。 シーズン4では、キャラクターのドラマチック性があまりなくなってしまっていました。 前シーズンの火事で、ほとんど死んでもおかしくないようなサスペンス性が終了し、ビーはボスの座からも降り、カズがボスの座についていたからです。 ビーのカリスマ性が少しずつ衰退していっていたのです。 ダニエル・コーマックが番組を降りたかったということでなく、 制作側がビー・スミスという女性をドラマティックで忘れられないキャラクターにする理由で、 意図的に劇的な脚本を書いたということです。 決して、 ダニエル・コーマックが降板したいとシリーズを離れることを望んだわけではありませんでした。 プロデューサーのコメント 「ウェントワース女子刑務所」のエグゼキュティブ・プロデューサーであるジョー・ポーター氏がコメントを出しています。 いつもこういう愛され尊敬されるビー・スミスのようなキャラクターとお別れするのは本当につらい決断だよ。 だからこそ、ストーリーラインに大きなインパクトがあり、僕たちはファンも同じように感じてくれると思っているんだ。 この決断は特に困難だったよ、それはダニエル・コーマックにもさよならするってことだからね。 ダニエルはすばらしい女優で、パワフルで勇敢でニュアンスのある演技が世界的にファンや批評家からの賞賛や賞に繋がっていて、そんな彼女と仕事ができたのは本当に十分に幸せだったよ。 「ウェントワース女子刑務所」はリスクがあっても、感情が高まる大胆なストーリーが評判を得ているんだ。 だから、もう一度言うとシーズン4のフィナーレは、誰一人も安全ではなかったんだよ。 製作陣は、常に視聴者たちに「どうなるんだろう?」と思わせたいと心がけているんだ。 ビー・スミスがいなくなった喪失感を埋めるのは大変だけど、シーズン5からも新しいことがたっぷり始まるはずだよ。 news. com. しかし原題は、ジョアン・ファーガソンとソニャ・スティーヴンズがビーを罠にはめて、バーンハースト女子刑務所に永久移動させるストーリーだったようです。 「セルブロックH」では、ウェントワースの刑務所でのビー・スミス登場が終了したのは400話目。 原題のベアトリス・アリス・スミス(ビー・スミス)役のヴァル・リーマン(Val Lehman)は1話から400話までの出演でした。 その後536話目の暴動でビー・スミスは、亡くなったことが明かさています。 wikia. そのことからも、リメイク版の「ウェントワース女子刑務所」で、忘れられない最高のキャラクターに仕上げた制作陣の作品に対する想いが伝わってきます。 もうビー・スミスに会えないのは寂しいですが、最期まで描いた脚本を個人的には称賛したくなります。 Sponsored Link ビースミスの死の真相まとめ ストーリー上、ビー・スミスは最期を迎えましたが、ビー・スミスを演じきったダニエル・コーマックは降板したわけではなく、視聴者の記憶の中で生きていけるようにビー・スミスという女性を脚本した制作陣の想いがあった。 というのが「真相」ではないかと分析できます。 そんな意図からも、面白いドラマだとシーズン1から、あらためて見たくなってきます。 主人公より人気があったといわれるフランキーのストーリーもあわせて楽しんでみて下さい。 「ウェントワース女子刑務所」の視聴方法 海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」を最新のシーズン7まで視聴できるのはのみです。 しかし、私はこんな方法を使いました。 step 1FODプレミアムで視聴する まずは、で「ウェントワース女子刑務所」が本当に面白いか確かめてみました。 FODプレミアムでは、シーズン1~3までが配信中です。 (2020年5 月現在) FODプレミアムで初回2週間無料が適用される方は、約1日2~3エピソードのペースでシーズン3までの視聴が可能ですので、活用してみて下さい。 step 2Huluで視聴する シーズン4以降も見たいと思ったら、続きはで視聴することができます。 現在、最新シーズン7まで全エピソードを配信しているのは、Huluだけです。 (2020年5月現在) Huluをはじめてご利用する方は、2週間の無料期間も含めて視聴ができるので上手く活用してみてください。

次の

『ウェントワース女子刑務所 シーズン3』が面白すぎる!見どころ、キャスト、無料視聴方法を一挙紹介!

ウェントワース 女子 刑務所

ウェントワース女子刑務所シーズン1第1話のあらすじ&感想 第一話:「我が家が1番」 物語は主人公ビー・スミスがウェントワース女子刑務所に収監されるため車で移送されているシーンから始まります。 こうなる前のビーは夫、娘と暮らしている一見どこにでもいる普通の主婦でした。 しかし夫がなかなかに嫌な奴で、ビーに対して執拗な嫌がらせや罵倒は当たり前、 酷い時には暴力やレイプまでしてくるDV野郎でした。 ビーは何でこんな男選んじゃったかな。 日々耐えていたビーですが、ついに夫を自殺に見せかけて殺害しようと計画します。 結局計画は未遂に終わり、夫はピンピンして帰ってきましたがビーは傷害罪と殺人未遂の容疑で刑務所に拘留されることになりました。 入所後すぐにビーは刑務所の外に置いてきた娘・デビーのことを案じて取り乱す場面もありますが、 看守に取り押さえられ何とか落ち着きを取り戻します。 とりあえずビーは案内された自分の部屋に入ろうとしますが、 目に飛び込んできたのはビーのベッドに寝転ぶ棟のボス、フランキーとその恋人のキムでした。 あろうことか2人にレズビアンセックスを見せ付けられまさにインパクト抜群、最悪の出会いです。 これがウェントワース女子刑務所流の洗礼なのかもしれませんが、入所早々踏んだり蹴ったりでビーには同情の念すら覚えます。 あとウェントワース女子刑務所は基本的に囚人1人に対して1部屋与えられており、日本の刑務所とかなり違う様子に驚きます。 テレビを見ながらお菓子を食べ、お湯を沸かして優雅に紅茶が飲めるのです。 海外の刑務所はこういったところも多いのでしょうか? さて、無事 ? に刑務所生活をスタートさせたビーは、色々刑務所内の状況を把握していきます。 一番やっかいなのは刑務所の中は集団意識が強く、大きく分けて2つの派閥に分かれているということです。 現状ボスはジャックスというかなりパンチの効いた人物ですが、 そこに別の派閥のリーダー的存在であるフランキーが抗争を起こし、ボスの座を脅かしているという構図のようです。 ビーはフランキーと同じ棟に収監されたことからフランキーの派閥に属することになりました。 フランキーから薬の仲介を半ば無理矢理押し付けられ、一時は命を危険に晒しかけたビーですが、 看守にフランキーの悪事を告げ口しなかったことを褒められ、何とか仲間として認められます。 あぁよかった、これでビーの平和な刑務所生活が…! と思うのもほんの束の間 本当に数分といっていいレベル 、 独房に入っていて不在だった真のボス、ジャックスが一般棟に戻ってきて刑務所内のピリピリした空気が更に悪化しビリビリします。 これにはさすがのフランキーも少し動揺しますが、ジャックスが戻ってきて早々フランキーはジャックスに戦いを挑みます。 戦闘開始のゴングとしてジャックスの手下に蹴りを入れるフランキーがめちゃめちゃカッコよくてそこだけ何回も巻き戻して見ました 笑 至る所で殴り合いが起こり刑務所内はパニックに陥りますが、そんな中ビーは他囚人の子供であるカイヤの世話を頼まれます。 しかしビーが一瞬目を放した隙にカイヤとはぐれてしまい、ビーはカイヤを探して抗争が起こる刑務所内を走ります。 やっとカイヤの後姿を見つけもう少しで追いつきそう! そう思った時、何かに躓いて転んでしまうビー。 何に躓いたのかと振り返るとそこには看守長であるメグの死体が! もうこれ本当に驚きました。 だって1話目ですよ? モブ囚人ならともかく看守長が1話目から死ぬってそんな新幹線顔負けのスピーディーな展開ありますか? 躓いて転んだせいでメグの血に濡れるビー、そんな現場を看守や囚人たちが驚いて見ています。 その眼にはビーにメグ殺しの疑惑の念が宿っていました。 入所以来、短い期間で散々な目に合ってきたビーはこの後どうなってしまうのでしょうか。

次の

ウェントワース女子刑務所 シーズン2|FOX|FOX ネットワークス

ウェントワース 女子 刑務所

シーズン1 ビー・スミス 演:ダニエル・コーマック DV夫を車に閉じ込めて排気ガスで自殺に見せかけて殺そうとする。 新入りで刑務所内の権力争いに巻き込まれ、看守長を殺したと疑われる。 フランキー・ドイル 演:ニコール・ダ・シルバ 刑務所内のボス的存在。 囚人、看守共に体の関係を持っている女性が多い。 刑務所内でドラッグをさばいている。 アダムという架空の恋人を作り上げて、いつもデートだと周りに嘘をついているが、フレッチに惹かれている。 ドリーン・アンダーソン 演:シャリーナ・クラントン 同室トニーの娘カイヤを自分の娘のように育てている。 妊娠中に交通事故で自分の娘を亡くした経験あり。 リズ・バーズワース 演:シーリア・アイルランド 刑務所の世話係。 みんなの様子をいつも気にして声をかけたりしてまとめ、みんなから頼られている。 アルコール依存症で一時期世話係から外される。 マシュー・フレッチャー 演:アーロン・ジェフリー 看守でウィルの親友。 元軍人で冷酷な面があり、囚人には冷たい。 ヴェラと付き合い始めるが長く続かない。 ウィル・ジャクソン 演:ロビー・マゴシヴァ・ラモス 殺された看守長メグの夫で看守。 妻が死ぬまでは囚人にも思いやりを見せていたが、妻の死後は人が変わったように酒やドラッグに溺れてしまう。 ジャックス・ホルト 演:クリス・マクウェイド 長らく刑務所のボスに君臨していたが、独房に入っている間にフランキーがのさばるように。 ボスの座を奪われまいとフランキーとの勢力争いが起きる。 夫に浮気されて立場がだんだん弱くなる。 ブーマー 演:カトリーナ・ミローズビック フランキーの親友。 ごつい体で戦闘力に長けていて、フランキーの危機を救うこともある。 性格は明るくお菓子好きで、テレビドラマに感情移入している。 エリカ・ダビッドソン 演:リーアナ・ウォルスマン 刑務所内で教育プログラムを実施し成果を上げている。 メグの後に看守長になる。 看守仲間に無理を強いて関係がぎくしゃくし始める。 メグ・ジャクソン 演:キャサリン・マクレメンツ ウェントワース刑務所の看守長。 フランキーが刑務所内に麻薬を持ち込んでいる証拠を見つけようとするが、何者かに殺されてしまう。 キム・チャン 演:ラ・チャップマン フランキーの恋人で体の関係あり。 ハリー・スミス 演:ジェイク・ライアン ビーの元夫でデビーの父。 ビーに暴力をふるっていたが娘デビーには手を上げたことはない。 娘の面倒をあまりみず留守がち。 デビー・スミス 演:ジョージア・フロッド ビーの娘。 昔から母親が父に暴力を振るわれていたのを見て傷ついている。 偶然を装ったブレイデンと付き合い始めてドラッグにはまってしまう。 トニー・ブリッグス 演:Jada Alberts ドリーンの同室の囚人でカイヤの母。 ドラッグでいつもハイになっていて隔離棟に入れられる。 リンダ・マイルズ 演:ジャクリーン・ブレナン 看守の1人。 デレク・チャニング 演:マーティン・サックス ウェントワース刑務所の所長。 自分の立場をいつも気にして保身に走る。 ブレイデン・ホルト 演:リーフ・アイルランド ジャックスの息子。 母親の指示でビーの娘デビーに近づく。 ロズ・ジャゴ 演:ヴェンヌ・ハリソン ジャックスの仲間の囚人。 ジャックスの指示で暴力に訴えるべき時にいつも直接手を下している。 シモーヌ・スレーター 演:アリー・ファウラー ジャックスの仲間の囚人。 夫がビニー・ホルトの部下でジャックスに情報を流している。 ビニー・ホルト 演:ジョン・バック ジャックスの夫。 証拠不十分で釈放されるが若い女と浮気している。 リタ・ベネット 演:リネット・カラン ヴェラの母。 昔からヴェラを縛っていて、友達や恋人との付き合いを禁じてきた。 ヘイリー・ジョヴァンカ 演:カサンドラ・マグラス ジャーナリスト。 刑務所のスキャンダルを暴いたり、いつもネタを探している。 アラン・ドイル 演:リチャード・サザランド フランキーの父。 子供の頃フランキーを捨てたが、仲を修復しようとフランキー宛に手紙を送っている。 シーズン2 ジョアン・ファーガソン 演:パメラ・レーブ 新しい看守長。 フィクサーの異名を持ち、別の刑務所でドラッグを一掃した経験を持つベテラン。 締め付けを厳しくして囚人を統率しようとするが、囚人達からの反感を買ってしまう。 スカイ・ピアソン 演:キャスリン・ベック 刑務所の囚人。 ドラッグでいつもハイになっていて、高所から飛び降りようとする。 ローズ・アトキンス 演:キャスリン・ベック 医務室の医師。 思いやりがあり誠実に囚人の治療に当たる。 ジャクソンと付き合い始める。 ナッシュ・テイラー 演:ルーク・マッケンジー 菜園作りを手伝いに来た男子刑務所の囚人。 心優しくドリーンと一緒に怪我をした鳥の世話をする。 コリン・ベイツ 演:スティーヴ・ル・マルカン 菜園作りを手伝いに来た男子刑務所の囚人。 ドラッグを菜園に持ち込んでフランキーと取引する。 スティーブ・フォークナー 演:トニー・ブリッグス 菜園作りを手伝いに来た男子刑務所の看守。 賭け事が好きでリンダとよくラジオ中継を聞いている。 アイヴァン・ファーガソン 演:アレックス・メングレット ファーガソン看守長の父。 ジョアンがフェンシングしている時にいつも助言を与える。 マキシン・コンウェイ 演:ソクラティス・オットー 元男性のトランスジェンダーで手術を受けた囚人。 看守や囚人達から異色だと最初はバカにされるが、頼りになる存在に。 力が強くてフランキーからアプローチされるが断り、ビーを助ける。 ジェシカ・ワーナー 演:ジョージア・チャラ 自分は無実だと訴えている若い囚人。 表向きは気弱で心優しく女の子らしい子供好きだが、怖い一面を隠している。 ニルズ・ジャスパー 演:トニー・ニコラコプロス ファーガソンの手下。 彼女の指示で汚れ仕事をやっている。 ソフィー・ドナルドソン 演:エドナ・サミュエルズ リズの娘。 飲酒運転でウェントワース刑務所にやって来る。 最初はリズとしっくり行かず、フランキーになついて親子の間に溝ができてしまう。 シーズン3 カズ・プロクター 演:タミー・マッキントッシュ ビー・スミスの熱狂的なファン。 男性からDV被害にあった女性を助ける団体レッド・ライト・ハントのメンバー。 ブリジット・ウエストフォール 演:リビー・タナー 刑務所のカウンセラー。 囚人や看守の相談に親身になって乗り、フランキーの能力の素晴らしさに気づいて恋愛関係になる。 ティナ・メルカド 演:チャーリー・チョウ 言葉のわからない囚人シンディの通訳。 ドラッグを欲しがるシンディと行動を共にして、アジア系をまとめている。 ルーシー・ガンバロ 演:サリー・アン・アプトン 大柄な囚人でC型肝炎にかかっている。 ヴェラを人質に取りC型肝炎を移してしまう。 シンディ・ルー 演:マイルズ・パーラス アジア系の囚人。 ドラッグにはまっていてフランキーに要求する。 ケリー・ブライアント 演:クリステン・オリーリ 新しくやって来た囚人。 ファーガソンを見て異様に怯え、過去にいた刑務所で彼女から脅されていた。 ジョディ・スピテリ 演:ピア・ミランダ 精神的に問題のある囚人。 ファーガソンに虐待と洗脳を受けてビーを殺そうとする。 マイケル・ミアーズ 演:ダミアン・リチャードソン 刑事。 ビーを夫殺しの容疑者だと断定し、証拠探しに躍起になっている。 シーズン4 アリー・ノバック 演:ケイト・ジェンキンソン カズの仲間の囚人。 ビーに気があり徐々に仲が親密になる。 リー・ラドクリフ 演:マデリーン・ジェイビック 刑務所の医務室の看護師。 ジェイクと関係を持つ。 ジェイク・スチュワート 演:バーナード・カレー 別の刑務所から移ってきた新人で、ヴェラと付き合い始める。 麻薬を密売していて、金に困ってファーガソンの言いなりになる。 ソーニャ・スティーブンス 演:シグリッド・ソーントン 殺人容疑をかけられた囚人。 金持ちで親友殺しの疑いがかかっている。 リズが自供を引き出そうとしているが、全く語ろうとはしない。 ドン・キャプラン 演:スティーブ・バストーニ 刑事。 リズにソーニャの証言を取ってくれと頼んだ張本人。 リズを励まして飲み物やお菓子で釣り、だんだんと親密になっていく。 ファーガソンが面会に呼んで手なずけ、自宅を貸す。 シーズン5 イマーン・ファラー 演:ザラ・ニューマン 新しく刑務所にやって来た囚人。 ルーシーに目をつけられて襲われそうになる。

次の