ベイト リール 飛 距離。 ベイトリール飛距離アップ

飛距離119メートルを達成!!遠投力テスト| 辺見哲也のSALT WATER COLUMN | ルアークロス ウェブマガジン | シマノ

ベイト リール 飛 距離

YouTube動画でもベイトショアジギングのメリット、デメリットについて語っています。 ベイトタックルを使ったショアジギングはデメリットばかりと思われがちですが、僕の中ではメリットが多いです。 僕自身がベイトでショアジギをする理由を解説します。 ベイトリールはカッコいい 僕がベイトでショアジギングをする一番の理由はとにかくカッコいいから! これが使う80%ぐらいを占めます 笑 バス釣りを始めたきっかけとして衝撃を受けたのがルアー釣り界のレジェンド 「村田基さん」の可憐なベイトキャストテクニック! オーバーハングの下にスキッピングでルアーを送り届ける姿を見て僕もやりたいと何回練習したことやら 笑 バス釣りでは的確にストラクチャーをピンポイントで狙うことからベイトタックルが多く使われており、大型ルアーのビッグベイトもベイトリールを用いて投げます。 約20年ほどベイトリールを使用してきて、僕としてはスピニングよりも圧倒的にベイトタックルを使うことが多かったですよね。 数年前からベイトフィネスも導入して、スピニングタックルを使うことがほぼなくなりました。 バス釣りのサイトフィッシングや大型のヒラマサをロックショアから狙う時はスピニングタックルを使っています。 それ以外、どんな釣りにおいてもベイトタックルを使っており、 僕としてはスピニングよりキャストしやすく、扱いやすいというのが使っている理由です。 キャスト回数が増える スピニングリールは人差し指でラインを掴み、ベールを起こしてキャストするという動作になります。 一方ベイトリールの場合、クラッチを切って後は投げるだけなので、圧倒的に手返しが良くなりますね。 リトリーブに入る時もベールを戻すという動作が必要なく、そのまま巻くだけでいいので非常に楽。 またスピニングを使うとよく忘れがちなベールを起こし忘れてのキャストやキャスト動作の途中にベールが戻るアクシデント! ベールを起こし忘れたままフルキャストするとルアーが切れて飛んで行きます 笑 皆さんも釣り人生の中で一回ぐらいはあるのではないでしょうか? そういったトラブルもベイトリールの場合、クラッチの 「カチッ!」という音で確認出来ます。 手返しのよさからキャスト回数が増えるので、その分魚に出会える確率を上げることが可能。 糸ヨレのトラブルなし スピニングリールを使っていて起こるライントラブルが糸ヨレ! 特にフロロカーボンのラインを使って軽いルアーを投げているとよく発生するトラブルです。 ショアジギングで重いメタルジグを投げていてトラブルになることは少ないですが、釣り場に行くと一生懸命ラインを解いてるシーンに遭遇する事がよくあります。 糸ヨレが発生するとラインを切らないとダメなくらい悪化することもあり、釣りのモチベーションが一気に下がってしまいますよね? 糸ヨレの解消で時間も取られてしまうので、時合いだった時はもう最悪。 ベイトリールは別のライントラブルでバックラッシュはするものの、慣れればほぼしなくなり、糸ヨレのトラブルがないのが使っていてストレスがないです。 またスピニングとは違いベイトはロングリーダーにすることに出来るので、根ズレでラインブレイクするのを防止出来ます。 フォールでのアタリ、ボトムが取りやすい スピニングリールの場合、風が強い時は、スプールを押さえながら少しずつラインを放出させないとフォールでのアタリやボトムについたことを感知しにくいです。 横風が強い、潮の流れが速いとルアーが着底していてもスプールからいくらでもラインでが出て行きますからね 汗 一方、ベイトリールの場合はクラッチを切るとラインがスルスルと出て行きます。 この時常にラインが親指に触れている為、フォールでのアタリやボトムの感知が、スピニングよりわかりやすい。 船釣りで真下に仕掛けを落とす釣りにはベイトリールが主に使われるのはフォールとボトム感度がいいからです。 着底からハンドルを巻くだけで、すぐに巻き取り作業に入れるため、パワーロスなく、フッキングに持ち込むことが出来ます。 スピニングよりパワーがある ベイトリールはスピニングリールよりも巻き上げ力があり、大型の魚であってもゴリゴリ巻いて来れます。 引き抵抗の大きいメタルバイブレーション、、100g以上のメタルジグ 激投ジグなど でも楽に巻いてこれるのも大きなメリット。 大型の青物が掛かっても主導権を与えることなく、巻いてこれるのでスピニングより、ファイト時間は短くなります。 磯場やテトラ帯など、左右に走られるとラインブレイクの可能性があるポイントでもドラグを出さずにパワーファイト出来るので、魚をキャッチ出来る確率を上げる事が出来ますよ。 魚の引きをよりダイレクトに感じとれる 僕が釣りをするの理由は青物の強烈な引きを体感したいからが9割を占めます。 自分で釣った魚を食べるのも最高に美味しいのですが、釣りの醍醐味は引きの強さを楽しむ事が個人的には一番。 ベイトタックルは構造上、指がラインに触れており、スピニングより魚の引きをよりダイレクトに感じとれるメリットがあります。 今までベイトタックルで魚を釣った経験がない方は是非試してみて下さい! 「マジで!?ここまで感覚が変わる物なのか?」 魚の引きを一番に考えている人はきっとベイトタックルの釣りにハマると思います 笑 ベイトショアジギングのデメリット ベイトショアジギをするアングラーが少ないのにはメリットよりもデメリットの方が大きいと感じる人が多いからではないでしょうか? 僕はベイトの方がやりやすいですけどね 笑 ここではデメリットを紹介し、対処方法もお伝えします。 バックラッシュする ベイトリールを使っていて一番怖いのが、バックラッシュではないでしょうか? 僕自身、ベイトリールを使い始めた頃はよくバックラッシュしてその日の釣りが続行不可能になることが多々ありました。 特にバス釣りの場合、頭上の木にルアーをキャストするときに引っ掛けてしまい、 「やってもた!大バックラッシュやん!」 直すのに時間が掛かって、その日の釣りが終了したこともありましたね 笑 今では自分のキャスト技術、ベイトリールも進化したおかげで一日の釣行でバックラッシュをすることはほぼなくなりました。 ショアジギングの場合、堤防やテトラ帯など頭上に障害物がないため、致命的なバックラッシュをする要因がないんですよね。 そして進化したシマノDCリールさえあれば鬼に金棒! DC音が心地いい! バックラッシュの簡単な直し方についての記事はこちら! 糸噛みからの高切れが致命的 ベイトリールでPEラインを使うと致命的なデメリットとなるのが、糸噛みからの高切れ。 キャスト時、PEラインがスプールで噛んでしまい 「ブチッ!」という音と共にラインが切れ、遥か彼方にメタルジグが飛んで行ってしまう現象です。 今まで僕は5回ほどやらかしています 笑 糸噛みからの高切れが起こる原因として、スプールにPEラインが食い込むことで、PEラインが放出されなくなってしまいショックがそのままルアーの方に伝わり切れます。 特に細いPEライン1. 2号まではスプールに食い込むことが多く、ベイトリールにPEラインを巻くなら最低1. 5号の方がトラブルのリスクをなくすことが出来ますね。 飛距離がスピニングより出ない 飛距離が求められるショアジギングにおいて、メタルジグをどれだけ遠くに遠投できるかが釣果に影響を及ぼすこともあります。 「隣の方は爆釣なのになんで俺だけ釣れへんのや!?」 そんなシチュエーションだと、青物が回遊している所までルアーが届いていないといったことも考えられます。 一般的にスピニングよりベイトの方が飛距離が出ないと考えているアングラーが多いですよね? 実際にそうなのですが、今ではベイトリールの進化で使う物によってはスピニングより飛距離が出るといった逆転現象もおこっています。 釣り場でベイトリールを使っていると明らかにスピニングより飛距離が出ており、太刀魚が爆釣したという経験あり。 「ベイトリールってそんなに飛ぶんですね?知らなかったです。 」 釣り場で横になった方から質問されたり、聞かれたりすることもありますよ。 飛距離テストでは実践に近い形で100メートルを超えており、これだけ飛べばベイトは飛ばないといった固定概念は崩れ去りませんか? 糸ふけや風などはっきりと測定は出来ていないので正確ではありませんが、それでも100m以上は飛んでいます。 ベイトリールのメンテナンスが必要 ベイトリールは構造上、キャスト時の巻きとり時に内部に海水が入りやすいです。 釣行後水洗いせずに、そのままにしているとギアやベアリングが塩ガミを起こし、ゴリゴリの巻き心地になってしまいます。 スピニングで防水能力の高いハイエンド機種は一回や二回釣行後の水洗いを忘れたぐらいでは何ともありませんが、 ベイトリールは水洗いを忘れ放置すれば致命的。 確実に錆びますね。 そして、リール内部を開けて オーバーホールを定期的にしなければならず、ある程度自分でメンテナンス出来なければ初期性能を維持できない欠点があります。 最低でも一年に一回はメーカーにオーバーホールを依頼しておく方が賢明。 愛着を持って道具をメンテナンスする必要がありますね。 タックルの種類が数えるほどしかない ショアジギングでベイトタックルを選択するアングラーは少なく、専用ロッドと言うものが限られてきます。 僕はライトな50gのジグを扱うときはシマノ、ダイワのシーバスロッド、60g以上の重いジグを扱うときはアブガルシアのショアジギロッドを使用中。 100g以上のジグを投げるとなってくるとゼナック、MCワークス、フィッシュマンの3択ぐらいしかありません。 釣り具店に置いていることは少なく、直接メーカーに問い合わせて受注生産ということも多いので本格的なロッドを手にするには少し敷居が高いですね。 またリールも本格的なベイトショアジギングでPE5号、6号を巻くなら、LDリール レバードラグリール レベルワインドがないベイトリールを使う必要があります。 ラインを巻くときは手を添えて巻かないとスプールに均等にラインが巻けない為、慣れるまでは難しいでしょう。 ベイトショアジギングにおすすめなロッド2選 以下に管理人のHAJMEが使っているベイトショアジギングタックルを紹介します。 ラテオ97MB・Q ダイワのシーバスロッドであるラテオ 97MB・Q 50gまでのメタルジグを扱うときに使用しています。 関西圏でいうと武庫川一文字、ポートアイランド沖堤防で持っていくことが多いロッドですね。 ロッドの調子はM(ミディアム)で少し柔らかい気もしますが、50センチ程度のサゴシ、ツバスなら堤防からタモ網なしで引き抜けますよ。 メジロクラスまでなら問題なくやり取り出来ます。 長さが2. 92mと長いのでロングキャストが可能。 PEラインの1. 5号を使えば、軽い力でぶっ飛んで行きます。 自重も155gと軽量なので一日、シャクリ続けても疲れないのでおすすめです。 全長が10フィート3インチ 3メートル12センチ と長く、テトラ帯でも問題なく使用することが出来ています。 自重が240gと少し重いですが、慣れれば重さを感じなくなりました。 淡路島の翼港は潮の流れが速く、最低でも60gのメタルジグが必要になる為導入。 80gのジグが一番キャストしやすく、シャクリやすいです。 パワーもあるので、ブリクラスの青物がかかっても対等にやり取り出来ますよ。 ベイトショアジギングにおすすめなベイトリール3選 ベイトショアジギングはバス釣りやシーバス用のベイトリールが一番使いやすいです。 18アンタレスDCMD 兵庫県の神戸沖堤防にて青物狙いのベイトショアジギング! この日はジャッカルから発売されているメタルバイブ、 ビッグバッカー107HWで青物が連発! 17エクスセンスDCのDC音に癒されますね 笑 最後に ベイトショアジギングの魅力 メリットやデメリット やタックルについて解説してきました。 スピニングタックルに比べてベイトタックルでのショアジギは流行っていないのでやっている人を見かけると親近感が湧きますね。 「あ!僕もベイトショアジギやってるんですよ!タックルは何ですか?」 そこから釣り人の輪が広がったこともあります。 ショアジギでベイトリールを使うアングラーがいない一番の理由は扱いが難しく、飛距離がでないというデメリットがある為。 それでも車で例えるとAT車より、マニュアルのMT車を好んで乗る人もいます。 それはMT車の方が自分で運転している感があり、単純に楽しいからではないでしょうか? 僕もベイトでショアジギするのが楽しくて仕方ないんです 笑 ベイトタックルの導入に悩んでいるあなたも是非シマノのDCリールでかっ飛ばして、ショアジギングを楽しんでみましょう! きっと新たな釣りの魅力にどっぷりとハマってしまいますよ!.

次の

ベイトショアジギングの魅力とは?ロッドやリール・タックルを完全解説!

ベイト リール 飛 距離

2017年11月24日更新しました 引用先: みなさんはベイトタックルを使った釣りで、飛距離って大事にしていらっしゃいますでしょうか? 多分、大事にしている方がほとんどだと思います。 より遠くに投げることができれば、より多くの時間、バスを誘うことができます。 単純ですがこれは大きなメリットになりますからね。 バス釣りには大きく分けてベイトタックルとスピニングタックルの釣りがあって、スピニングリールは飛距離に関して言うと、ベイトリールに比べて手を加えられる部分が少ないと思います。 対してベイトリールの場合は、飛距離を伸ばすためにいくつか考えられるポイントがあるんですよね。 この記事では、そんなベイトリールでもっと飛距離を伸ばすためのポイントが8つ、書かれています。 ベテランアングラーさんにはご存知のことが多いかもしれませんが、もし知らないことがあればもっと飛距離が出て釣りが有利になるかもしれません。 ぜひ目を通してみて下さい。 While you want to fill a spinning reel spool just shy of the edge of the taper on the spool, you can actually get away with having less line on a baitcaster. Because the spool itself un-spins the line from the spool, there is not the friction you have with a spinning reel spool. If a spinning reel spool is half full, it will not cast as well because there is increased friction as the line uncoils off the spool. With a baitcaster, you can cast to the very bottom of the spool with the same lack of friction as you would if the spool was full. But consider this: are you casting 60 yards? That would be a long, healthy cast. Which in turn, saves me money. スピニングリールの場合はエッジのギリギリまでラインを巻くのですが、ベイトリールの場合はラインは少なくても済みます。 なぜならスプールに巻かれたライン自体がスプールを回すので、スピニングリールのようなスプールエッジでの摩擦抵抗がないためです。 スピニングリールの糸巻き量が半分になると、ラインが放出されるときの摩擦が大きくなってしまい、キャストが伸びません。 ベイトリールの場合は、スプールいっぱいにラインを巻いた状態と同じように、スプールの最下部まで ラインが減っても キャストができます。 ベイトリールのラインをより少なくすることで、スプールの回転がより軽くなり、効率と飛距離が増します。 また、フレームなどに擦れ過ぎてしまうこともなくなります。 小さなスプールを使っている場合は、ロングキャストに足りる糸巻き量があることを確認しなくてはなりません。 しかしこれを考慮してください:あなたは50メートルのキャストをすることができますか?思いっきりブン投げたとして、そのくらいです。 だから私はリールには少な目にラインを巻くことにしました。 このため、今まで2つのリールに100メートルずつ巻いていた200メートル巻きのラインが50メートルずつ4つのリールに巻けるようになりました。 これは節約にもなりますね。 PHOTO BY WIRED2FISH ロッドに合ったルアーウエイトで If you are throwing lighter lures, you will get more distance by letting the rod load more on the back cast. For this to happen, you need to go down in power. So going up in power with heavier lures and raring back and firing with a lot of load on the rod will launch your bait farther. より軽いルアーを投げる場合、バックキャスト(ふりかぶった)時にルアーの重みをロッドにより多く掛けることによって、より多くの飛距離を得ることができます。 これをするためには、ロッドのパワーを落とす必要があります。 それで、より重いルアーがパワーアップしますので、反動をつけロッドに多くの負荷をかけてキャストすると、あなたのルアーはより遠くに飛ぶでしょう。 キャスティングフォームを変える Anglers spending hundreds of hours on the water a year often encounter forearm and elbow injuries. I suffer greatly from severe tendonitis in both of my forearms. I have to wear straps and ice down after every fishing trip. I mention all that, because I had to change my casting motion as a result. Those injuries are caused by overextension on tens of thousands of casts a year. But what I learned along the way, is that by shortening your motion by keeping your elbows tight to your sides, you can more effectively load and unload a rod on the cast which is what creates the inertia on the lure to give it distance. Let the rod load and unload without swinging your arms back and forward. Never extend your arm all the way completely straight. Keep your elbows bent and tight. Feel how much more powerful the rod loads and unloads. 水上で年間数百時間過ごしている釣り人は、しばしば腕と肘の怪我に遭います。 私は両腕の健炎に悩まされています。 釣行後はいつもアイシングをしています。 その結果私は、キャスティングフォームの変更を余儀なくされたのですが、皆さんに知っていてほしいことがあります。 この怪我は1年に数万回のキャストによって過度に伸ばされることによって引き起こされます。 しかし私がここまででわかったことは、肘を自分の側にしっかり寄せて動きを短くするほうが慣性が引き出されるため、キャストをするために必要なロッドへの負荷を与えることができルアーがより遠くへ飛ぶということです。 腕を前後に大きく振ることなく、ロッドを振りましょう。 腕を真っ直ぐ完全に伸ばしてはいけません。 肘は曲げておいてください。 より強力なキャストを感じられるはずです。 PEラインでブレーキは弱める Because braid is lighter and tighter on a spool and the line diameter is often much smaller than monofilament or fluorocarbon, you can get away with less brakes on your reel, giving you greater distance and better efficiency. So keep that in mind. Turn down the brakes with braid and turn them up slightly with fluoro or mono. Eventually you want to turn them all down to achieve maximum distance. PEラインは軽くて丈夫であり、線径もナイロンやフロロに比べ細いので、リールのブレーキを緩めることができることで飛距離が伸び効率が上がります。 ですので覚えておいてください。 PEラインではブレーキを緩め、ナイロンやフロロではブレーキは強めます。 最終的には飛距離を最大にするため、徐々に下げていくようにしてください。 PHOTO BY WIRED2FISH レベルワインダーを真ん中に PHOTO BY WIRED2FISH On most reels the line guide is the narrowing opening where the line comes off the spool and starts up the rod. If this is over to one side or the other on the reel, it causes added friction on a cast. Newer reels like the new Daiwa TWS line of reels, use an open port system to alleviate the line guide friction on the cast. ほとんどのベイトリールには、ラインがスプールから出てロッドまで行く間にレベルワインダーという狭い穴があります。 これがキャスト時にリールの端にある場合、摩擦を増加させます。 キャストの際、クラッチを切るときにリールの真ん中にレベルワインダーがあることを確認することで、摩擦が少なくなります。 新しいダイワのTWSのようなリールは、キャスト時のレベルワインダーの摩擦を軽減するためにオープンポートシステムを採用しています。 下糸にPEラインを使う If you do like to use backing line under your main line so you only have to replace small sections of line , braid can be a better option for casting distance. Braid allows the spool to spin faster, making it more efficient. 下糸 メインラインの下地として巻いておき、メインラインの交換を最小限にするためのもの を使用する場合、PEラインを使用することは飛距離アップのための対策となります。 多く巻いても、ほとんど重量を増やさずにスプールの直径を増やすようなものです。 PEラインを下糸にするとスプールがより速く回転することが可能になり、より効率的になり飛距離がアップします。 垂らしを長くする PHOTO BY WIRED2FISH When casting heavier lures, a longer leash can give you many more yards on your cast. Guys like Kevin VanDam have mastered this which is one of the reasons he catches more bass than the average guy on a deep crankbait. But you can let 5-6 feet of line out on a cast and increase the load on the rod to give it more release on the cast which equates to more distance. I often do this with swimbaits and deep diving crankbaits to get maximum exposure on every cast. 重いルアーをキャストするときは、より長い垂らしがキャストにもっと多くの飛距離を与えることができます。 ケビンバンダムなどは、これをマスターしています。 これは彼がディープクランクで普通の人よりも多くのバスを釣る理由のひとつにもなっています。 彼は文字通り遠くへ投げ、ディープレンジのストライクゾーンをより長く通しているのです…毎キャストで。 後ろにはしっかり注意してください ボート上の同船者、岸の樹木など。 キャスト時に1. 5メートルから1. 8メートルの垂らしを出して、ロッドの負荷を上げてキャストの距離を上げることができます。 私もスイムベイトやディープクランクで最大の飛距離を得るために毎キャストこれを行っています。 最初のサミングを強く The simplest thing you can do to increase your distance with baitcasters is by training your thumb to be the brakes. Then you can reduce tension and brakes and have a freer spinning spool. Start with the tension tight. Push the thumb bar. The lure should not drop off the rod tip. Now slowly turn the tension down. When the bait starts to barely fall, start training your thumb. Cast and control the spool with your thumb. The key is to let the spool spin under your thumb but maintain feel so that no loops begin to form. That is the sign the reel spool is spinning faster than the lure is pulling line off the reel. Loosen the tension more. Now you are going to have to thumb harder at the very start of the release. You are still letting the line spin under your thumb but you have a bit more pressure because the startup inertia of the spool is going to be initially faster than the lure is going to pull the line off of the reel. You have to control that with early pressure then back off your thumb as the lure gets farther from you. This will take training your thumb. You essentially thumb hard at first, not completely, but harder than you do in the middle of the cast. Then hard again at the end of the cast to feather the lure into the water softly and stop the line before the lure actually hits. Hard-soft-hard. Learning this, coupled with these other tips, will give you the maximum casting distance when bass fishing with baitcasters. ベイトリールでの飛距離を伸ばすためにできる最も簡単なことは、サミングの練習をすることです。 それによりメカニカルブレーキや他のブレーキ量を減らすことができ、よりスプールをフリーにできるということになります。 まずはメカニカルは強めに設定し、クラッチを切ります。 ルアーはティップから落ちません。 そこから徐々にメカニカルを緩めてください。 ルアーがゆっくりと落ち始めたら、そこからキャスト練習を始めます。 親指でスプールを制御しながら投げるのですが、最初から遠くへは投げません。 キーは、スプールが親指の下で回転しつつ、ループ バックラッシュの始まり が起きない感触を維持することです。 ループはルアーがリールからラインを引っ張っていくよりも早くスプールが回ろうとするサインです。 それがバックラッシュを引き起こします。 メカニカルブレーキをもっとゆるめます。 今度はリリースの最初の段階でより強くサミングしなければなりません。 それでもなお親指の下でスプールが回っていますが、ルアーがラインを引っ張る初速が速くなるため、もう少し圧をかける必要があります。 ルアーが遠くへ行くにつれ、初めのサミングから親指を戻すようコントロールしなくてはなりません。 このサミングは練習してください。 基本的に最初は強く、途中では軽く、最後はソフトな着水とラインの放出を止めるため着水する前に再び強く、サミングします。 これはあなたの親指だけでキャストするときのパターンです。 これを他のヒントと組み合わせて学ぶことで、ベイトタックルでのバス釣りで最大の飛距離を得ることができます。 いかがでしたか。 初めてのベイトリールに対する抵抗感っていうのでしょうか、それはこうやって練習しなきゃいけないところがあるからというのも理由のひとつではないかと思います。 しかし、やはり練習して技術が自分のものになって、上手になっていくというのは楽しいんですよね。 しかもやらされてるんじゃなくて自分が好きでやってることだから、なおさらです。 まずはサミングの練習でブレーキのかけ方を覚えたら、フォームを直したり、他のヒントに書いてあるようなことを試してみたらいいのではないでしょうか。 私はしょっちゅうバックラッシュしていますけどね 笑 ただし、キャストの練習をするときは、周りの人や物には本当に注意をおねがいします!安全第一、これだけは絶対に守ってくださいね! これでキャストの距離が伸ばせるようになったら、同じ釣り場でもルアーの届く範囲が広がって、また新しい発見があるかもしれませんね! 楽しみが増えるのは良いことです。 それでは、また。 毎度ありがとうございます!.

次の

ベイトリールのスプール径とは?違いは?飛距離は?

ベイト リール 飛 距離

スピニングリールとベイトリールの飛距離。 スピニングリールとベイトリールを使って投げ比べたら、いったいどちらが飛ぶのでしょうか? 過去の質問には、スピニングが飛ぶという記述もございますし、逆もございます。 実際はどちらでしょうか? 訊くだけでは良くないと思い、自分なりの考えを書いてみます。 条件 糸の太さ。 糸が極端に細い場合(1号前後。 これはスピニングリールが勝っていると思います。 理由は、スピニングの抵抗はスプールエッジによるものなので、糸が沢山出ても細い糸はスプールエッジから離れすぎず、抵抗があまり変化せずに、スーと飛んで行くからです。 糸が極端に太い場合(5号以上。 これは、先ほどの理由でスピニングリールは抵抗が大きくなるので飛ばなくなる。 よって、ベイトリールだと思います。 条件 ルアーの種類。 空気抵抗が大きいルアー(姿勢が安定しないルアー。 これは、ベイトリールだと思います。 理由は、ルアーの速さが速いときは(投げ始め等。 )、適度に抵抗がかかって姿勢が安定する。 速度が落ちてくると(着水前等。 )、スプールの慣性で糸がルアーに引っ張られることなく出ていく。 なので、後半が伸びる。 空気抵抗の少ないルアー(バイブレーション等。 これはスピニングリールだと思います。 理由は、投げ始め等のルアーが速く飛んでいるときも姿勢を崩しにくいので、ルアーの飛行速度が速くできるからです。 ここでは、竿の長さを無視してみました。 経験上、同じ飛距離を出すならばベイトタックルは短い竿で済みますので、比較が難しくなると思ったからです。 以上が僕の理論ですが、どうでしょうか? しかし、解決済みの質問に回答されていた方の回答を拝見させていただくと、 「ベイトは適度に抵抗がかり、姿勢が安定する為、飛距離がでる。 」 といったことが書かれていましたが、スピニングリールは 「スプールエッジぎりぎりまで巻かないと抵抗が掛かり、飛距離が落ちる。 」 との回答も見受けられました。 これは矛盾してますよね。 ベイトは抵抗がかかるから飛ぶのに、スピニングは抵抗を抑えないと飛ばない。 これは投げるルアーによるものなのでしょうか? バス釣りなら「ベイトはある程度の重さのあるルアーを使うので抵抗をかけて安定させた方が良い。 」 と、「スピニングは軽いルアーを使うので、抵抗をかけない方が良い。 」 という意味なのでしょうか? ぼくはシーバスメインですので、良く分かりませんが、僕の結論は「スピニングリールが飛ぶ。 」です。 文章等読みづらいと思いますが、様々な方のご意見をお待ちしております。 補足皆様ご回答ありがとうございます。 ここでは、ベイトで使うような重さのルアーをスピニングで投げた場合でどちらが飛ぶか、という質問です。 例えば、ボートシーバスロッドなんかはキャスティング用ベイトロッド、スピニングロッドとほぼ同じ対応ルアーウェイトで長さもほぼ同じ竿があります。 こういった場合に、どちらが有利か、という内容の質問でございます。 20g前後のルアーを使用した場合、ベイトとスピニングどちらが飛ぶのかという比較のことですね? ルアーの種類を無視した場合、補足を見ての回答としては、スピニングでしょうね。 リールだけで見るならスピニングは・・・・・・。 その分、飛距離が伸びます。 竿の長さ、ルアーウエイト、アクション(調子)、ラインの太さなど同条件でキャスティング用ベイトロッド、スピニングロッドなど専用タックルを使用しての比較としては・・・・。 その分、ラインの放出抵抗が少ないため飛距離が伸びます。 ベイト用ロッドは、リールを上にして使用するためガイドの数を増やさないとアクションが変わってしまいます。 よって、ガイドの数が多い分放出抵抗が掛かるため飛距離が若干劣ります。 ベイトリールの飛距離が若干落ちると書いたのは、最近のリールはデジタル制御で、ある程度勝手にサミングしてくれますので20年前のリールと比較すると明らかに性能が違いますし、スプールもジュラルミンなど軽量素材を極限まで薄く削り精密な回転バランスを考慮して製作しておりますのでスピニングに近い飛距離が出せるようになっています。 ただ、向かい風くらってノーサミングだと確実にバックラッシュするのでつい、指が動きブレーキ掛けちゃいますからその分飛ばないです。 シマノのデジコンを使っていて、スピニングより飛ばせる可能性を感じました。 現実的に全て同じ条件でベイトで扱う程度のルアーを投げたとして。 での話しです。 つまり、デジコンはリールでの抵抗を限りなく0に近づける事ができるという可能性を見せつけていると感じました。 リールの抵抗はセッティングさえ煮詰めればどちらも0だと考えられます。 どちらもリールの放出抵抗が0だとして考えていくと スピニングはラインをスプールの外に膨らませ、1番目のガイドで収束させる量が抵抗になる。 これはラインが太くなればなるほど抵抗が増えていきます。 ところが、ベイトリールの場合は投げている最中にスプール上で5~6周くらいのラインを浮かせて回し続け、それが真っ直ぐ1番目のガイドに出ていくため、ガイドの抵抗が無いに等しくなる。 あらゆる太さのラインで可能になります。 確かに姿勢を制御するためにベイトリールのラインテンションを利用すると飛ぶルアーが存在しますが、5mmや6mmのガイドを3個ほど並べればスピニングリールでもロッドによって放出抵抗が作れるので姿勢は制御できます。 飛ばせるガイド設計をすれば、ガイドサイズの選定も奥が深くなります。 そういう部分を全て考慮して、最終的にベイトリールはデジコンによって放出抵抗は0にできる。 (アンタレスDCを更にセッティングを煮詰めればルアー限定で出来るでしょう。 ) その状態で比較すれば、1番目のガイドの抵抗で決まってしまうと言うのが私の考えです。 比較する必要もないと思いますが、単純に飛距離を出したい場合はスピニングリールのほうが有利です。 それぞれ意見があるのかもしれませんが、ベイトとスピニング、それぞれの特徴を生かして釣りに使うだけでしょう。 【追加】 私がベイトとスピニングで、シーバス用Fミノー、Sミノー、バイブ等をキャストしたら、スピニングのほうが飛びます。 個人的にテクニックがあり「スピニングより飛ばせる」という方もいらっしゃるのかもしれませんが、私だと適切なサイズのスピニングのほうが飛びます。 また、仮に私がベイトのテクニックがむちゃくちゃあり、スピニングより飛んだ、とします。 しかし、どっちか1本ならスピニングを選択します。 スピニングのほうが販売されているロッドの選択肢が多いのもある。。。 DC機でも同じ そういった条件が多い中では、スピニングのほうが飛距離はもちろん、トラブルレス、ドラグ性能とあらゆる条件で有利だと思ってます。 そもそも、バスのように、ストラクチャー狙い撃ちという釣り方ではないというのも、その理由です。 ちょっと質問の主旨からそれましたが、条件により「平均的」に飛距離がかせげると思っています。

次の