白菜 黒い 粒。 葉・新芽の症状|症状から探す|病害虫ナビ

白菜の黒い点々は病気じゃないよ!白菜が頑張ったしるし「ゴマ症」のお話

白菜 黒い 粒

野菜・果物の色と栄養・効能効果 大まかな5色の種類と働きは次の通りです。 つよい抗酸化力をもち活性酸素を除去。 皮膚、目の健康維持に。 参考 黄色い食べ物 おもな食材 かぼちゃ 黄ピーマン とうもろこし にんじん 栄養素や働き 赤と同じくカロテノイド系色素のカロテンが豊富。 ビタミン類も豊富で、肌にハリをもたらし、紫外線のダメージ回復やストレス緩和にも効果的。 食物繊維も豊富で便秘の予防改善にも。 緑の食べ物 おもな食材 ほうれんそう ブロッコリー ピーマン アスパラガス 栄養素や働き 緑色はクロロフィルと言われる葉緑素の色。 鉄分とカルシウムが沢山含まれています。 鉄は貧血予防、カルシウムは精神安定作用もあります。 ビタミン群もバランスよく含まれているため、体に脂肪がたまるのを防いでくれます。 関連 紫の食べ物 おもな食材 ナス 紫玉ねぎ 紫キャベツ ブルーベリー 栄養素や働き 紫はポリフェノールの一種でアントシアニンという色素。 眼精疲労や毛細血管の保護して血液をキレイにします。 抗酸化作用も強いので、老化防止に効果的です。 白い食べ物 おもな食材 白菜 玉ねぎ 大根 カリフラワー キャベツ きのこ類 栄養素や働き 白はフラボノイドと言われる色素で、主に骨の成長を促進します。 キノコ類は主にがん細胞を撃退してくれる働きがあると期待が大きい食材です。 玉ねぎやニンニクなどに含まれる特有のニオイのもと「アリシン」は血液をサラサラに。 色の薄い野菜は「淡色野菜」と呼ばれ、主にビタミンCを多く含みます。 参考 野菜の色・見分け方と種類 野菜は色のほかに、• 色の濃い 緑黄色野菜• 色の薄い 淡色野菜 との2種類に分けられます。 ですから、 見た目の野菜の色の濃淡による区別ではありません。 このためレモンやレタス、ラディッシュなども淡色野菜に分類されます。 緑黄色野菜の特徴 【見た目】色が濃い野菜が多い 【特徴】カロテンやビタミン類・ミネラル類などが豊富で、 栄養価が高い傾向にあります 淡色野菜の特徴 【見た目】色が薄い野菜が多い 【特徴】緑黄色野菜よりも 栄養価は低い傾向にありますが、 水分や食物繊維の量が多く生で食べられるものが多いため、熱に弱いビタミンCビタミンB類も摂取できる野菜が多いのが特徴です。 色が濃い野菜が栄養価の高い理由 野菜は太陽の光を浴びると、紫外線からその身を守ろうとします。 この時に発生する抗酸化物質と言われるビタミンCや ポリフェノールの色素の素になるものが発生します。 色の濃い野菜のほうが栄養価が高いのはそのためです。 ファイトケミカルは第7の栄養素! 食物のと言えば、 phyto(植物)のchemical(化学物質)= 野菜や果物、きのこなどの植物が持っている、色素や香り、苦みの天然機能成分のこと 1500種類以上はあると言われ、ほとんどの植物・果物に含まれていて、 抗酸化力が非常に強く、抗がん作用や免疫力アップに効果的と言われています。 たとえば、 ・ポリフェノール…赤ワインやチョコレートに含まれている ・フラボノイド…大豆に含まれる ・カテキン…緑茶に含まれる ・カロテノイド類…野菜の色の素 など、どれも聞いたことがあるのではないでしょうか。 人間はなぜサビる? 抗酸化とはよく言われますが、そもそも 酸化=体がサビる とはどういうことなんでしょう。 「活性酸素」とは、体をサビさせる、つまり 老化に直結する物質です。 【クロロフィル】 ほうれん草、小松菜など、 緑色の野菜 消臭作用・ダイオキシン排泄促進作用など ファイトケミカルは皮に多い ファイトケミカルは、太陽の強い光から野菜が自分の身を守るために作る色素。 ですから、 特に野菜の皮の部分に多く含まれています。 野菜の皮を剥いて捨てる=一番栄養がある部分を捨てている ということ。 皮の部分は、汚れや残留農薬が気になるところでもあるので、皮まで美味しくいただく一番の理想は、なるべく無農薬の野菜を探して食べるということになりますね。 野菜の皮や根っこ部分などをストックしておいて、少量のお酒と煮込んで 「野菜だし」 にすれば、コンソメ要らずで美味しいダシがとれます。 昆布や椎茸を加えれば、さらに深い味わいになります。 まとめ いろんな色の野菜を組み合わせて食べることは、見た目がキレイなだけでなく、 おおよその栄養や効果を判断し、結果バランス良く栄養も摂取できるため、健康的で質の良い食事になるということ。 一つの色に偏ることなく、まずは目安として 「1食に3色」から心がけてみませんか? 野菜のイロイロお役立ち記事 関連 関連 関連.

次の

白菜に黒いぶつぶつはカビではなくポリフェノール?効能や効果とは?

白菜 黒い 粒

白菜の黒いブツブツや点々が葉先にも大丈夫? 料理をする方なら分かると思いますが、 白菜の芯の部分に 黒いブツブツの斑点をよく見ると思います。 茎以外にも、葉っぱの部分にも黒い斑点がある時もありますね。 では、これは何なのか?食べても大丈夫なの? 私も以前は切り落として食べていました。 でも! それはもったいないのです! 白菜の黒い斑点は、「ポリフェノール」なんです。 「症」と言っても危ない病気ではないので 安心してください。 もちろん、カビなどでもありません。 なぜこんな黒くなるのかと言うと、白菜自体が持つ生理反応と言われていて 成長段階での「栄養過多」や「ストレス」によるものとが多い様です。 これにより白菜の細胞が反応して、ポリフェノールが細胞に蓄積されて 黒く変色するわけです。 黒い斑点の他にも、白菜の主脈を伝わり「黒い線」になる場合もありますし、 葉っぱにも黒い斑点がある時もあるわけです。 白菜が黒くなるほどのストレスってどんなのだよ!? と思う方もいるでしょう。 (以前の私) では、どんなストレス? 主に「 寒暖差」があげられるみたいです。 ストレスが多いのは白菜も人間も同じなんですねw なのでそんな厳しい環境で育った白菜さん達を余すことなく 美味しく食べてあげましょうね! もう一度言います、 「黒い斑点は食べれる!」 そして、正体はポリフェノールで酸化防止や老化防止などに 役立つ栄養なので、捨てるのはもったいない。 白菜はどんな栄養価があるのないの? ここでは、白菜にはどんな栄養があるのかについてご紹介します。 白菜は精進料理で、大豆、大根と共に「養生三宝」と言われ 精進料理では欠かせない食材とされています。 それだけ栄養があるんですね。 ではどんな栄養があるのか見ていきましょう。 ビタミンC 特に多いのは「ビタミンC」で、これは 健康や美容でよく聞くのと 思うので詳しい説明は省きますが、肌荒れや風邪の防止に役立ちます。 ちなみに、白菜の葉の部分に多く含まれています。 ビタミンCは水溶性なので水に溶けだします。 カリウム カリウムはナトリウムの排泄を助ける作用があり、 ナトリウムの摂取が多いと高血圧になるのでカリウムには 「 血圧をあげる」効果があります。 また、筋肉のエネルギー作りにも関わっているので よく動く方には特に大切な栄養です。 他にも、「 むくみ」にも効果があり、芯部分に多くカリウムが含まれています。 カリウムは水溶性なので水に溶けだします。 マグネシウム 骨や歯を作るのに必要な栄養素。 マグネシウムはカルシウムと同じで骨に蓄積されて 体のマグネシウムが足りなくなると、 骨から離れて神経の興奮を抑えてくれたり、血圧の維持、エネルギー作りに使われます。 食物繊維 食物繊維は人間の消化酵素では消化されずに腸まで行き 老廃物などを体外に出してくれる効果があります。 食物繊維は便秘を防ぐほかに 最近では、心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防にも 効果があると言われています。 スポンサーリンク 亜鉛 これは体の細胞を作るのに大切な栄養です。 詳しくは亜鉛についての記事があります。 これらの他にも イソチオシアネートと言う物も含まれ、 これは、発がんを抑える効果や、炎症や殺菌効果があります。 抗ガン作用で言えば、セレン、グルコブラシシンと言う成分も抗ガン作用があります。 この事から、白菜は健康や美容に良い事、 抗ガン作用、風邪予防、血圧を下げる効果があります。 なので、「白菜は水分が多く栄養は無い」ではなく 栄養がある野菜と覚えておきましょう。 白菜の栄養は加熱すると良くない? では、いろんな栄養賀ある事が分かり、 気になるのが過熱をしたら栄養素が壊れるのかです。 結論から言いうと、 壊れますし流失もします! ビタミンCやカリウムは水溶性なので 水に溶けだします。 しかもビタミンCは熱にも弱い。 なので、熱を加える時は 長時間の加熱は避け、 白菜にまだ 歯ごたえがある程度にしておきましょう。 また水に溶け出したものは飲むのが一番です。 鍋などに白菜を入れる時には、白菜を長く煮ない様に 後入れにしましょう そして、汁を残すことなくいただく。 これで完璧です。 また、オススメの食べ方は「生食」です。 生であれば、栄養を効率よく食べることができます。 千切りにして、サラダにしたり、漬物が良いでしょう。 まとめ 我が家では、冬には必ずと言ってもいいほど白菜が食卓にあがります。

次の

【この差】「黒いブツブツがある白菜」と「黒いブツブツがない白菜」の差

白菜 黒い 粒

白菜に黒いぶつぶつがある大丈夫? 白菜を買ってきて、何気なく見るとなんか黒い点々が!! なんてこと経験があるのでは? 何か怖い大丈夫なの? 変な病気やカビなのでは、気になりますね。 結果から言いましょう、 大丈夫です! これは食べてもなんの問題もありません。 この黒い斑点の正体は ポリフェノールなんです。 じゃあ、なんで出来るのかと言うと「ストレス」。 白菜も毎日、満員電車に押し込まれての通勤、疲れて帰れば 愛想がない妻の顔を見ればそりゃストレスが・・・・・って違う!!! ではなく! この黒い点々の原因は白菜の生理反応でおき、 成長段階でのストレス(刺激)なんです。 これは、「ゴマ症」と言い他にはカブや野沢菜にも起きるます。 じゃあなんでそんな斑点が出来るのか? 具体的なストレスは• 収穫の遅れ などが挙げられます。 一番の原因は肥料過多の過剰窒素と言われていて、土の中には微生物がいるのですが その微生物が窒素を供給してくれるのですが、それは確認が難しく 肥料を多く投入してしまい、窒素が多くなると言う事があるようです。 ですが、 味や栄養には問題は無いので安心してください! 黒い斑点がある方が美味しい物と言う人もいるほどですので問題なし。 ただ見た目に変化が出てしまうだけです。 今では、農家さんも勉強会などでゴマ症の回避に力を入れているようです。 また、買ってきて冷蔵庫に長く入れておくとゴマ症の様な事が起こる場合もあります。 確かに私も長い間、冷蔵庫に入れていたら黒い点々が出ていた事がありました。 まさか原因はポリフェノールだったとは。 そんなゴマ症は、ストレスを受けると細胞内にポリフェノールを蓄積して 細胞壁が黒く変色する、このために黒い点々が出るんです。 では、そんなポリフェノールについて次の章では詳しく見ていきましょう。 スポンサーリンク ポリフェノールの効能や効果は肌や美容にも? 白菜の黒いブツブツは「ポリフェノール」。 では、そんなポリフェノールはどんな効果があるのでしょうか? ポリフェノールとは、植物の苦味、渋味、色素の成分で自然界では 4000~5000種類もあると言われています。 有名の物では、 ブルーベリーやカシスの「 アントシアニン」 お茶の「 カテキン」 ブドウなどの「 レスベラトロール」 これらの成分が有名な物ですが、実はポリフェノールの一種なんです。 またポリフェノールと言えば「ワイン」と思いつく方が多いはず、 これは、よくテレビなどでもワインは体に良いと言われ。 ワインにはブドウを使いますが、ブドウには「アントシアニン」や「リスベラトロール」 渋味の素の「タンニン」「カテキン」など多くのポリフェノールが含まれるからなんです。 ではそんなポリフェノールの効果とは• 高血圧の軽減 などが有名です。 他にもいろんな効果があるので紹介します。 美肌効果!? ポリフェノールの種類の中には、 シミやソバカスの原因にメラニンの生成を抑えてくれる作用があります。 また紫外線から肌を守ってくれる働きもあるので、 美白になりたい人にはオススメです。 これが含まれるもので食べやすいのは、果物が多く 特にリンゴが食べやすいでしょう。 りんごに含まれるポリフェノールを総合して、「 リンゴポリフェノール」と呼ばれるものがあります。 アルツハイマー認知症になると、脳の海馬という部分にある特殊なタンパク質が減っていってしまうのですが、 カカオポリフェノールを接種する事で、このタンパク質が増えると言われています。 なのでカカオポリフェノールが認知症に効果があると言われています。 また、チョコレートを食べて太る事が気になる人は カカオの量が多く含まれる物を選ぶと良いでしょう。 良質な睡眠 赤ワインなどに含まれる、「レスベラトロール」と言うポリフェノールには 睡眠のサイクルを良くしてくれる効果があり、赤ワインを飲むと良い睡眠がとれると言われています。 当然ですがワインはお酒。 飲み過ぎには気をつけて下さい。 お酒を飲み過ぎると、良い睡眠はできませんのでお気をつけて。 コレステロールの軽減 ポリフェノールの中のカテキンがコレステロールを減少する効果があります。 またカテキンは血糖値の正常化にも効果を発揮してくれると言われています。 カテキンで有名なのは、お茶です。 カテキンには脂肪を排出してくれる効果もあるのでダイエット効果も期待できます。 脂肪燃焼 ポリフェノールの中にクロロゲン酸という物があり これは、脂肪燃焼や抗がん作用があると言われています。 このクロロゲン酸はコーヒーに含まれている「コーヒークロロゲン酸」がこの効果があると 言われています。 なので毎日コーヒーを飲むことは脂肪燃焼にいいようですね。 血管の改善 ポリフェノールには、動脈硬化、高血圧の予防に効果があると言われています。 これはポリフェノールの中の「ルチン」で、特にそばに含まれています。 ルチンは血液をサラサラにしてくれる効果があるので、ドロドロ血の方は積極的に摂ると良いでしょう。 白菜のポリフェノールの摂取方法 それは、火を通して食べる事が良いでしょう。 なぜかと言うと、ポリフェノールに限って言えば加熱での差はほとんどありません。 なので、加熱すれば体積が縮み沢山食べる事が出来るからです。 でも、加熱すると失われる栄養素のあるんです。 それは、別の記事で紹介しています。 まとめ いかがでしょうか?白菜の黒い斑点ブツブツは食べても問題なし! 正体はポリフェノールで白菜の成長段階でのストレスが原因でなる物で 体にとても良い物なので沢山食べる様にしましょう。 寒い時期には白菜を沢山使った鍋が美味しい時期なのでモリモリむしゃむしゃ食べよう! 当サイトの管理人の「天才ネコ」です。 ネコだって長生きすればテレビも観るし、パソコンだって使えます。 そこで、私が感じ学んだ人間界の「生活のなぞ」を少しでも解決できる情報をアナタにご提供! ちなみに語尾に「ニャ~」は付けませんよ。 最近のコメント• に より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 木村育江 より• に わやはい より カテゴリー•

次の