アイコス wiki。 IQOS

【徹底比較】アイコスとプルームテックはどちらが買いなのか

アイコス wiki

開発 [編集 ] は、1997年頃から電子たばこ機器の開発を開始した。 当初は煙草を外側から加熱する方法で進めていたが、この方法では葉巻やパイプのような煙草本来の味を実現することができなかった。 そのため、2010年以降、内部からの加熱方式に開発方向を変更し、現行の形に至るまでに2500億円以上費やしたと言われている。 日本では2014年11月に名古屋限定で発売開始された。 2015年9月には公式のアイコスショップ(全国8店舗 での販売が開始され 、年末には東京など一部地域で発売。 2016年4月から全国のたばこ取扱店へと販路が拡大された。 2016年4月の全国発売後3年間はヒートスティックは」シリーズのみであったが、2019年1月28日からマールボロシリーズよりやや価格を抑えた「ヒーツ(HEETS)」シリーズが投入され、現在ヒートスティックは「マールボロ」と「ヒーツ」の2種類のシリーズが販売されている。 特徴 [編集 ] ヒートスティックは一般的な使い捨ての(cigarette)と異なり、タバコ葉がペースト状に加工されている。 IQOSを用いて加熱することで蒸気を発生させ、やその他の成分を吸引する。 既に日本では2013年に(JT)がを発売していた(なお、JTは2016年より後継のに移行した)。 ヒートスティックは、日本で流通している(ニコチンなし)と異なり、タバコ葉を用いてニコチンが摂取でき、の課税対象となる。 また、受動喫煙対策を強化する法改正をめぐり、厚生労働省は、2017年3月2日時点では規制対象とする案を示している。 たばこに分類されるので、他の方式のたばこと同様に未成年は喫煙することはできない。 ニコチンが含まれるので、妊婦は喫煙することが望ましくないとされている。 副流煙が発生しないため臭いは少ないが、特有の強い臭いがある。 ただし、国際基準に基づいたエアクオリティテストの結果によると、IQOSを吸った空間の臭いは、温かい緑茶や温かい紅茶を煎れた空間の匂いと同程度の臭いレベルであることが判明した。 (ISO16814:2008、EN15251:2007) アイコススポット [編集 ] 禁煙エリアでも「IQOSのみ喫煙可」とする飲食店がある。 フィリップモリス公式の案内では「アイコススポット」であり、店舗やWebサイトで案内されている。 これと関係なく独自に可能とする店舗もある。 歴代モデル [編集 ]• アイコス2. 4:2016年4月、日本全国発売。 初期型。 アイコス2. 4plus:2017年3月3日、日本全国発売。 吸い始め・吸い終わりにお知らせするバイブレーション機能追加。 バッテリー増量。 一本分充電時間4分10秒。 アイコス3:2019年1月28日、日本全国発売。 サイドオープニングシステムの採用。 充電ケーブルにを採用。 一本分充電時間3分30秒。 カラーバリエーションが従来の2色(ホワイト、ネイビー)から4色(ステラーブルー、ベルベットグレー、ブリリアントゴールド、ウォームホワイト)に増加。 アイコス3マルチ :2019年1月28日、日本全国発売。 10本の連続喫煙が可能。 充電ケーブルにを採用。 アイコス3DUO :2019年11月05日、日本全国発売。 2本連続喫煙可能。 一本分充電時間1分50秒。 ウォームカッパーが追加され、カラーバリエーションが5色に増加。 2020年3月17日にレギュラー色に「ルーシッドティール」が追加されレギュラー色のカラーバリエーションは6色となった。 各国の規制 [編集 ] この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 議論はノートを参照してください。 ( 2017年10月) ややでは、法律によっての所持が禁止されており、IQOSも電子たばこの一種とみなされるため、違法として処罰対象となる。 また、多くの国ではたばこにしているが、IQOSが販売されていない国の一部では法整備が追いついておらず、ヒートスティックが課税対象なのか不明確な場合、もしくは範囲が不明確な場合があり、不用意に持ち込んだり使用したりすると脱税とみなされ処罰される恐れがある。 4月、フィリップモリスは、米国食品医薬品局 FDA からにおいて、健康リスク低減をうたっての販売が許可されたと発表した。 健康への影響 [編集 ] 「」および「」も参照• しかしWHOによれば、かかる主張を裏付ける研究はフィリップモリス社の金銭的支援を受けた1件のみであり、IQOSが健康リスクを低減することを示した独立の信頼できるデータは2017年7月時点で存在しない。 なお、については、燃焼させていないため発生していないとしている。 米食品医薬品局(FDA)のたばこ製品科学的諮問委員会は、加熱式たばこが従来の紙巻きたばこに比べ、たばこ関連の疾病リスクを低減できる十分な証拠は得られなかったと指摘し、IQOSが紙巻きたばこに比べて健康リスクを引き下げるというフィリップモリス社の主張を退けた。 2018年に、アメリカ食品医薬品局 FDA の審議会は、科学的根拠の不足を理由に同社の申請を却下。 暫定的な報告を出し、フィリップ・モリス・インターナショナルのIQOSが、「アイコスが生み出すエアロゾルは細胞を破壊し、人体組織にも悪影響を及ぼす恐れがあるが、従来の紙巻たばこに比べ、人体に有害もしくは有害の恐れがある物質の含有量が少ない」とした臨床試験報告を公表した。 WHOの見解によれば、IQOSをはじめとする加熱式タバコはニコチン依存があり、紙巻きたばこと「同等に危険」である。 スイス、ベルン大学の科学者たちが実施した調査によれば、IQOSタバコは一酸化炭素、多環式芳香族炭化水素、揮発性有機化合物といったガンを引き起こすことで知られる有害物質を含む。 また一部の科学者たちは「これらの有害物質に安全基準は存在しない」と警告している。 IQOSタバコは、伝統的な紙巻きタバコのおよそ84%のニコチン量を含む。 IQOSタバコは、いくつかの有害物質を紙巻きたばこより高濃度で含むという研究結果がある。 医学博士のミッチェル・カッツは、加熱式タバコの使用によって吐き出される呼気も粒子の細かい「発がん性物質」が周囲に流出するため、公共の場での利用は非喫煙者の健康も害する恐れがあると主張している。 は、電子たばこや加熱式たばこは健康上のリスクを減らすわけではなく有害であるとする報告書を発表し、紙巻きたばこと同様に規制を行うべきとの見解を示している。 著名な愛煙者 [編集 ]• 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• ビジネスジャーナル. 株式会社サイゾー 2016年8月23日. 2020年3月30日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社 2015年8月20日. 2020年3月30日閲覧。 PR TIMES. PR Times 2019年4月17日. 2020年3月30日閲覧。 ガジェット通信 GetNews. 株式会社東京産業新聞社 2020年3月20日. 2020年3月30日閲覧。 @DIME アットダイム. 株式会社小学館 2019年10月9日. 2020年3月30日閲覧。 ITmedia ビジネスオンライン. アイティメディア株式会社 2019年1月28日. 2020年3月30日閲覧。 livedoor NEWS 2017年3月2日. 2017年3月2日閲覧。 comマガジン. 株式会社カカクコム 2017年3月31日. 2020年3月30日閲覧。 kakaku. com. 株式会社カカクコム 2018年10月23日. 2020年3月30日閲覧。 ITmedia ビジネスオンライン. アイティメディア株式会社 2018年10月23日. 2020年3月30日閲覧。 tobbaco lifestyle magazine moqlog 2020年6月17日. 2020年6月28日閲覧。 ITmedia ビジネスオンライン. アイティメディア株式会社 2018年10月23日. 2020年3月30日閲覧。 tobbaco lifestyle magazine moqlog 2020年6月17日. 2020年6月28日閲覧。 価格comマガジン. 株式会社カカクコム 2019年9月25日. 2020年3月30日閲覧。 マイナビニュース. 株式会社マイナビ 2020年3月16日. 2020年4月1日閲覧。 プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo. 1|PR TIMES. 株式会社 PR TIMES 2020年3月16日. 2020年4月1日閲覧。 kakaku. com. com 2019年5月29日. 2019年6月1日閲覧。 、ロイター、2018年1月22日• 外部リンク [編集 ]• - コンテンツ参照には会員登録(満20歳以上で日本国在住である証明書画像ファイル とログインが必要。

次の

奥原信也の経歴や学歴(高校・大学)などのwiki風プロフィールは?

アイコス wiki

加熱式タバコを製造販売しているタバコ各社の間で商戦が激化している。 そんな中、アイコス(IQOS)に関する新研究が出た。 アイコスの呼吸器への毒性は、電子タバコや紙巻きタバコなど他のタバコ製品とそう変わらないというのだ。 アイコスで劇症の肺炎に コンビニエンスストアへ行けば、子どもを含む多くの客が目にする場所に各社のパンフレット棚が林立し、レジの背後には紙巻きタバコを含むタバコ製品がずらりと並ぶ。 日本で新型タバコといえば加熱式タバコとなるが、現在、最もシェアが大きいのはフィリップ・モリス・インターナショナル(以下、PMI、日本ではPMJ)が製造販売するアイコスだ。 最新の調査によれば、日本におけるマーケット・シェアはアイコス71. 8%、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のグロー(glo)が20. 1%、日本たばこ産業(JT)のプルーム・テック(Ploom TECH)が8. アイコスのシェアが少し下がりつつあるようだが、やはり加熱式タバコで7割以上のシェアとなる。 ちなみに、まだオーストラリアでアイコスは販売されていない。 呼吸器の細胞をひどく傷つける タスマニア大学の研究グループは、ヒトの気道の上皮細胞と平滑筋細胞を用い、アイコス(ニコチン1. 4mgのヒートスティック)、紙巻きタバコのマールボロ、Bluという電子タバコからそれぞれ煙やエアロゾルを発生させ、細胞を入れたフラスコへ吹き込んだという。 それぞれ濃度(0. 1%、1. 0%、5. 0%、10. 0%)を変化させ、MTTとLDHという細胞毒性を評価する試験を行い、細胞の周囲(細胞外マトリックス)の分析、細胞のエネルギー代謝経路(解糖、ミトコンドリアの好気呼吸)を分析するSeahorse Bioscience社製アナライザー(細胞に影響を与えずに計測できる分析機器)にかけて評価した。 前述した症例報告にある通り、アイコスには健康懸念の危険性があるが、実際の喫煙者でこのような実験をすることは再現性の点でも倫理面でも不可能だ。 疫学調査には時間がかかるため、喫煙者が吸い始めてせいぜい数年しか経っていないアイコスの呼吸器への悪影響を評価できるようにはまだなっていない。 そのため、研究グループはヒトの呼吸器の細胞を使って実験したというわけだ。 その結果、アイコスと紙巻きタバコの1. 0%、5. 0%、10. 0%で細胞がひどく傷つくことが確認され、電子タバコの5. 0%、10. 0%でも同じ現象がみられた。 アイコスの煙にさらされた細胞では、酸化ストレス(フリーラジカル)によってミトコンドリアの機能不全が起き、細胞の周囲に細胞が硬くなる(繊維化)現象が起きていたことがわかったという。 こうした現象は、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの原因になる。 特にニコチンの量は、依存性を継続させるために低減できないというジレンマがある。 タバコ会社は、新型の加熱式タバコを続々と市場へ投入している。 製品群が増えれば、それだけ分析研究が複雑になり、結果が出るまでに時間がかかる。 それまでの製品と同じ害の低減が新製品で実現されているかどうかも疑問だ。 実際、プルーム・テックの新製品は従来品よりも有害性が高い。 アイコスにしても同じアイコス・ブランドとして、現在の加熱システムではない新製品を用意しているようだ。 紙巻きタバコはもちろんだが、有害性物質をゼロにできない以上、そもそもこうした製品を売ってはいけないのではないだろうか。 Tye, et al. , "Tobacco Advertising and Consumption: Evidence of a Causal Relationship. " Journal of Public Health Policy, Vol. 8, No. これらの記事で数字の出所として「Nomura」となっているが、確認したところこれは野村総合研究所のことではないとのことだった。 , "IQOS exposure impairs human airway cell homeostasis: direct comparison with traditional cigarette and e-cigarette. " ERJ, Vol. " Respirology Case Reports, Vol. , "Heat-not-burn cigarettes induce fulminant acute eosinophilic pneumonia requiring extracorporeal membrane oxygenation. " Respiratory Medicine Case Reports, Vol. , "Acute Eosinophilic Pneumonia: Correlation of Clinical Characteristics With Underlying Cause. " Chest, Vol. , "Cigarette smoke and platelet-activating factor receptor dependent adhesion of Streptococcus pneumoniae to lower airway cells. " BMJ Thorax, Vol. , "Heat-not-burn tobacco products: a systematic literature review. " Tobacco Control, doi.

次の

「アイコス」有害性についての新研究とは~呼吸器細胞をひどく傷つける(石田雅彦)

アイコス wiki

加熱式タバコを製造販売しているタバコ各社の間で商戦が激化している。 そんな中、アイコス(IQOS)に関する新研究が出た。 アイコスの呼吸器への毒性は、電子タバコや紙巻きタバコなど他のタバコ製品とそう変わらないというのだ。 アイコスで劇症の肺炎に コンビニエンスストアへ行けば、子どもを含む多くの客が目にする場所に各社のパンフレット棚が林立し、レジの背後には紙巻きタバコを含むタバコ製品がずらりと並ぶ。 日本で新型タバコといえば加熱式タバコとなるが、現在、最もシェアが大きいのはフィリップ・モリス・インターナショナル(以下、PMI、日本ではPMJ)が製造販売するアイコスだ。 最新の調査によれば、日本におけるマーケット・シェアはアイコス71. 8%、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のグロー(glo)が20. 1%、日本たばこ産業(JT)のプルーム・テック(Ploom TECH)が8. アイコスのシェアが少し下がりつつあるようだが、やはり加熱式タバコで7割以上のシェアとなる。 ちなみに、まだオーストラリアでアイコスは販売されていない。 呼吸器の細胞をひどく傷つける タスマニア大学の研究グループは、ヒトの気道の上皮細胞と平滑筋細胞を用い、アイコス(ニコチン1. 4mgのヒートスティック)、紙巻きタバコのマールボロ、Bluという電子タバコからそれぞれ煙やエアロゾルを発生させ、細胞を入れたフラスコへ吹き込んだという。 それぞれ濃度(0. 1%、1. 0%、5. 0%、10. 0%)を変化させ、MTTとLDHという細胞毒性を評価する試験を行い、細胞の周囲(細胞外マトリックス)の分析、細胞のエネルギー代謝経路(解糖、ミトコンドリアの好気呼吸)を分析するSeahorse Bioscience社製アナライザー(細胞に影響を与えずに計測できる分析機器)にかけて評価した。 前述した症例報告にある通り、アイコスには健康懸念の危険性があるが、実際の喫煙者でこのような実験をすることは再現性の点でも倫理面でも不可能だ。 疫学調査には時間がかかるため、喫煙者が吸い始めてせいぜい数年しか経っていないアイコスの呼吸器への悪影響を評価できるようにはまだなっていない。 そのため、研究グループはヒトの呼吸器の細胞を使って実験したというわけだ。 その結果、アイコスと紙巻きタバコの1. 0%、5. 0%、10. 0%で細胞がひどく傷つくことが確認され、電子タバコの5. 0%、10. 0%でも同じ現象がみられた。 アイコスの煙にさらされた細胞では、酸化ストレス(フリーラジカル)によってミトコンドリアの機能不全が起き、細胞の周囲に細胞が硬くなる(繊維化)現象が起きていたことがわかったという。 こうした現象は、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの原因になる。 特にニコチンの量は、依存性を継続させるために低減できないというジレンマがある。 タバコ会社は、新型の加熱式タバコを続々と市場へ投入している。 製品群が増えれば、それだけ分析研究が複雑になり、結果が出るまでに時間がかかる。 それまでの製品と同じ害の低減が新製品で実現されているかどうかも疑問だ。 実際、プルーム・テックの新製品は従来品よりも有害性が高い。 アイコスにしても同じアイコス・ブランドとして、現在の加熱システムではない新製品を用意しているようだ。 紙巻きタバコはもちろんだが、有害性物質をゼロにできない以上、そもそもこうした製品を売ってはいけないのではないだろうか。 Tye, et al. , "Tobacco Advertising and Consumption: Evidence of a Causal Relationship. " Journal of Public Health Policy, Vol. 8, No. これらの記事で数字の出所として「Nomura」となっているが、確認したところこれは野村総合研究所のことではないとのことだった。 , "IQOS exposure impairs human airway cell homeostasis: direct comparison with traditional cigarette and e-cigarette. " ERJ, Vol. " Respirology Case Reports, Vol. , "Heat-not-burn cigarettes induce fulminant acute eosinophilic pneumonia requiring extracorporeal membrane oxygenation. " Respiratory Medicine Case Reports, Vol. , "Acute Eosinophilic Pneumonia: Correlation of Clinical Characteristics With Underlying Cause. " Chest, Vol. , "Cigarette smoke and platelet-activating factor receptor dependent adhesion of Streptococcus pneumoniae to lower airway cells. " BMJ Thorax, Vol. , "Heat-not-burn tobacco products: a systematic literature review. " Tobacco Control, doi.

次の