お シッコ が 濁っ てる。 せっかく作った梅ジュースが濁ってる?原因と対処法を紹介します

せっかく作った梅ジュースが濁ってる?原因と対処法を紹介します

お シッコ が 濁っ てる

泌尿器科 おしっこ(尿)が濁っている 症状 おしっこが濁っている状態が持続することを膿尿(のうにょう)といいます。 膿尿は一時的ではなく、持続的に出ることが多く、濁ったおしっこを遠心分離器にかけると、沈殿物から細菌が検出されます。 時には排尿時の痛みや、急に尿意をもよおして我慢できなくなる尿意切迫や、腹痛、発熱などの症状を伴うこともありますが、膿尿以外の症状がまったく見られないこともあります。 おしっこが濁っている状態が持続する場合は、下記の疾患が疑われます。 原因 膿尿の多くは、腎盂腎炎などの腎臓の細菌感染や膀胱炎、前立腺炎、尿道炎など下部尿路の細菌感染が原因で起こります。 下部尿路感染症では、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿などが見られ、腎臓まで感染が及ぶと、高熱、ガタガタ震えるような寒気、わき腹の痛み、吐き気などが出現します。 下部尿路感染症の原因として多いのは大腸菌です。 50歳くらいまでは女性がかかることが多いですが、50歳を超えると男女差は少なくなります。 中には、検査をしても細菌が見つからず、膿尿だけのものもあります。 これを無菌性膿尿といいます。 抗菌剤を服用中の時や尿路結核の時、尿道カテーテルを膀胱に留置している時に見られる現象です。 疑いのある疾患 腎盂腎炎(じんうじんえん) 腎臓でつくられた尿がたまる場所を腎盂(じんう)といいます。 尿道から入った細菌が尿の通り道をさかのぼり、腎盂の中で細菌が繁殖して起こります。 免疫が低下した状態や、尿の流れが悪くなる病気があると、かかりやすくなります。 排尿時の痛みや頻尿、残尿感などの膀胱炎の症状や、38度以上の発熱、わき腹の痛み、腰や背中の痛みが出ることが典型的な症状です。 その他、悪寒、震えを感じたり、吐き気や嘔吐(おうと)が出たり、全身がだるくなったりすることもあります。 膀胱炎 腎層から送られてくるおしっこを、一時的にためている袋「膀胱」に細菌が繁殖することで、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、急に尿意をもよおして我慢できなくなる尿意切迫などの症状が見られる状態です。 女性の尿道が短いことや、膣や肛門など細菌が豊富に存在する部位と尿道が近いことから、男性よりも女性に多く見られます。 前立腺炎 前立腺に痛みと腫れが起きる病気で、細菌感染が原因で発症するものと、原因が良く分からないものがあります。 症状として、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿が出にくい排尿困難、膣の出口と肛門の間の会陰部や腰、男性の性器や精巣に痛みを感じます。 ゆっくりと発症して再発を起こす慢性前立腺炎と、急速に進行する急性前立腺炎があります。 治療としては、薬物療法、物理療法、手術療法が選択されます。 尿道炎 細菌、真菌、ウイルスが尿道に入ることにより起こります。 女性は尿道が短いため、膀胱炎を併発することが多くなります。 症状としては、男女ともに排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿意切迫などが見られ、男性で性感染症である淋菌またはクラミジアが原因の場合は、尿道からの分泌物が見られます。 通常、原因菌に合った抗菌剤や抗ウイルス薬で治療します。 腎結核(じんけっかく) 結核菌は肺に病巣をつくることが多いのですが、そこから血液を介して腎臓に運ばれ、腎臓にも感染した状態が腎結核です。 全身のだるさ、疲れやすいなどの症状が現れ、腎盂、腎杯など腎臓の内部にまで感染が及ぶと膿尿や結核菌尿が見られます。 さらに腎臓から膀胱、尿管、尿道に感染が及ぶと頻尿、排尿時の痛み、残尿感などの症状があらわれます。 腎膿瘍(じんのうよう) 腎臓の内部に膿瘍(のうよう)ができる病気です。 膿瘍とは、皮膚に膿がたまった状態をいいます。 体のほかの感染巣から血液に乗って腎臓に運ばれ、体の抵抗力が落ちている時などに腎臓に感染し膿瘍をつくります。 腰痛、腹痛、高熱、ガタガタ震えるような寒気や全身のだるさなどの症状が現れます。 膿瘍が小さい場合は抗菌剤で治療しますが、膿瘍が大きく症状が強い時には、外科的に体内にたまった尿を体外に抜くドレナージをして膿を除去することもあります。

次の

白目が汚い‥濁ってる?その原因と白目を白く綺麗にする方法

お シッコ が 濁っ てる

え?いつもとおしっこの『色』がちがう 【ふつうの〈色〉は】 健康な尿は、「淡黄色」か「むぎわら色」をしています。 これは胆汁の色素や、食物の色素がとけこんでつくられた色です。 【尿が赤い】 尿の中に血液が混じっています(血尿)。 尿路の出血や腎炎、腎盂腎炎、腎結石などが考えられます。 【尿の色が薄く、ほどんど無色】 大量に水分を摂取した以外におしっこの量が異常に多くなると、尿の色が薄まって無色に近くなります。 糖尿病の人によく見られます。 【尿が黄褐色~褐色】 肝臓の代謝でできる色素が尿の中に出てきた場合で、肝機能に異常がある場合にみられます。 高熱や脱水症のとき、急性肝炎などの肝臓の病気、胆道系の病気など。 【尿がにごる】 排尿直後からにごりのある尿には、細菌が混じっています。 腎炎や膀胱炎など、泌尿器が細菌に感染しているときにみられます。 ただし、排尿直後は透明ですが、正常な尿でも時間がたてば自然ににごってくるものです。 【尿がオレンジ色】 ビタミン剤を服用していませんか? ビタミンB2などは特に尿の色が変わりやすく、明るいオレンジ色に近くなることがあります。 しかし、単なる薬の影響ですので問題ありません。 なぜかいつもと『おしっこの量』がちがう 【ふつうの〈量〉は】 大人で1日あたり0. 8~1. 5㍑が平均的。 もちろん飲んだ水分の量によって差がありますが、おしっこの回数は1日4~6回程度がふつうです。 【尿の量が極端に多い】 糖尿病になると尿の量、回数とも増え、しょっちゅうのどが渇いて飲み物が欲しくなります。 尿の色は薄いのが特徴。 その他、腎臓の病気も考えられます。 【尿が少なく、あまり出ない】 代表的なのは急性腎炎で、腎臓にトラブルがあり、尿を作る機能が弱まっています。 また食あたりで吐き下しを起こしている時なども尿は少なくなります。 からだに水分が不足している(=脱水症)からです。 【尿がまったく出ない】 結石や腫瘍などで、尿のとおり道がふさがれているか、腎臓の機能がひどく低下した、危険な状態です。 尿は少ししか出ず、すぐまたトイレに行きたくなる・・・。 膀胱炎や尿道炎、前立腺炎などの病気の代表的な症状です。 病気ではなくても、神経質な性格から頻尿になることもあります。 【スポーツをしたあと、尿の量が少ない】 もちろん大丈夫。 スポーツなどで汗をかいた後は、体内の水分が汗となって外に出てしまっているので、尿のもとになる水分が少なくなります。 充分に水分をとって体をうるおしてあげましょう。 あれっ?いつもと『におい』がちがう 【ふつうの〈におい〉は】 実は、健康な人のおしっこは、あまりくさいものではありません。 飲み物や食べ物、薬によっても変わりますが、少し芳香性のにおいがするくらいです。 【強いアンモニア臭がする】 排尿したての尿が、不快なアンモニア臭を発していたら、尿をつくる過程で何らかのトラブルがおきている、ということ。 膀胱炎などの病気の時にみられます。 【果実のような甘ったるいにおいがある】 糖尿病、それもかなり症状が進んだ人にみられます。 糖尿病の尿は、代謝機能のトラブルから甘いにおいを放ちます。 お酒を飲んだ後など、一時的にこのようなにおいがすることも。 【排尿直後は気にならなかったのに、しばらくしたら臭ってきた】 健康な人の尿でも、排尿後しばらく時間が経つと尿の成分が分解し、アンモニアというにおいの成分が発生します。 そのまま流さずにおくと、次につかうときにはアンモニアがたちこめて・・・。 これではたまりませんね。

次の

【危険!】サラダ油の原料って知ってる?私がサラダ油をやめた4つの理由・・・

お シッコ が 濁っ てる

泌尿器科 おしっこ(尿)が濁っている 症状 おしっこが濁っている状態が持続することを膿尿(のうにょう)といいます。 膿尿は一時的ではなく、持続的に出ることが多く、濁ったおしっこを遠心分離器にかけると、沈殿物から細菌が検出されます。 時には排尿時の痛みや、急に尿意をもよおして我慢できなくなる尿意切迫や、腹痛、発熱などの症状を伴うこともありますが、膿尿以外の症状がまったく見られないこともあります。 おしっこが濁っている状態が持続する場合は、下記の疾患が疑われます。 原因 膿尿の多くは、腎盂腎炎などの腎臓の細菌感染や膀胱炎、前立腺炎、尿道炎など下部尿路の細菌感染が原因で起こります。 下部尿路感染症では、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿などが見られ、腎臓まで感染が及ぶと、高熱、ガタガタ震えるような寒気、わき腹の痛み、吐き気などが出現します。 下部尿路感染症の原因として多いのは大腸菌です。 50歳くらいまでは女性がかかることが多いですが、50歳を超えると男女差は少なくなります。 中には、検査をしても細菌が見つからず、膿尿だけのものもあります。 これを無菌性膿尿といいます。 抗菌剤を服用中の時や尿路結核の時、尿道カテーテルを膀胱に留置している時に見られる現象です。 疑いのある疾患 腎盂腎炎(じんうじんえん) 腎臓でつくられた尿がたまる場所を腎盂(じんう)といいます。 尿道から入った細菌が尿の通り道をさかのぼり、腎盂の中で細菌が繁殖して起こります。 免疫が低下した状態や、尿の流れが悪くなる病気があると、かかりやすくなります。 排尿時の痛みや頻尿、残尿感などの膀胱炎の症状や、38度以上の発熱、わき腹の痛み、腰や背中の痛みが出ることが典型的な症状です。 その他、悪寒、震えを感じたり、吐き気や嘔吐(おうと)が出たり、全身がだるくなったりすることもあります。 膀胱炎 腎層から送られてくるおしっこを、一時的にためている袋「膀胱」に細菌が繁殖することで、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、急に尿意をもよおして我慢できなくなる尿意切迫などの症状が見られる状態です。 女性の尿道が短いことや、膣や肛門など細菌が豊富に存在する部位と尿道が近いことから、男性よりも女性に多く見られます。 前立腺炎 前立腺に痛みと腫れが起きる病気で、細菌感染が原因で発症するものと、原因が良く分からないものがあります。 症状として、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿が出にくい排尿困難、膣の出口と肛門の間の会陰部や腰、男性の性器や精巣に痛みを感じます。 ゆっくりと発症して再発を起こす慢性前立腺炎と、急速に進行する急性前立腺炎があります。 治療としては、薬物療法、物理療法、手術療法が選択されます。 尿道炎 細菌、真菌、ウイルスが尿道に入ることにより起こります。 女性は尿道が短いため、膀胱炎を併発することが多くなります。 症状としては、男女ともに排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿意切迫などが見られ、男性で性感染症である淋菌またはクラミジアが原因の場合は、尿道からの分泌物が見られます。 通常、原因菌に合った抗菌剤や抗ウイルス薬で治療します。 腎結核(じんけっかく) 結核菌は肺に病巣をつくることが多いのですが、そこから血液を介して腎臓に運ばれ、腎臓にも感染した状態が腎結核です。 全身のだるさ、疲れやすいなどの症状が現れ、腎盂、腎杯など腎臓の内部にまで感染が及ぶと膿尿や結核菌尿が見られます。 さらに腎臓から膀胱、尿管、尿道に感染が及ぶと頻尿、排尿時の痛み、残尿感などの症状があらわれます。 腎膿瘍(じんのうよう) 腎臓の内部に膿瘍(のうよう)ができる病気です。 膿瘍とは、皮膚に膿がたまった状態をいいます。 体のほかの感染巣から血液に乗って腎臓に運ばれ、体の抵抗力が落ちている時などに腎臓に感染し膿瘍をつくります。 腰痛、腹痛、高熱、ガタガタ震えるような寒気や全身のだるさなどの症状が現れます。 膿瘍が小さい場合は抗菌剤で治療しますが、膿瘍が大きく症状が強い時には、外科的に体内にたまった尿を体外に抜くドレナージをして膿を除去することもあります。

次の