アシュリー コール。 イングランド代表アシュリー・ヤングのプレースタイルは?サイドバックで重要な存在に

アシュリー・コール、ローマ退団!かつて世界最高の左SBと呼ばれた男の悲劇: カルチョまとめブログ

アシュリー コール

80 ホーム平均評価点 2. 8185 アウェイ平均評価点 2. 6162 小柄ながら、その抜群のスピードと豊富な運動量で、攻撃参加する。 ピッチでの存在感は抜群で、時には試合を決定付けるシュートも放つ。 ドリブル突破からのクロスも正確で、優れた超攻撃的サイドバックの一人である。 年齢 出場 評価 スピ テク パワ スタ ラフ 個性 PK FK CK CP 交換 知性 感性 個人 組織 20歳 139041 2. 63 9 8 7 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 21歳 178812 2. 69 9 9 7 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 22歳 166932 2. 77 9 9 7 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 23歳 154914 2. 85 10 9 7 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 24歳 142344 2. 85 10 9 7 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 25歳 124253 2. 85 10 9 7 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 26歳 99030 2. 71 9 9 7 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 27歳 63830 2. 55 9 8 6 9 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 28歳 43321 2. 42 9 8 6 8 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 29歳 19463 2. 25 8 7 6 8 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 30歳 8865 2. 06 7 6 5 7 6 9 5 7 6 7 A 0 1 0 1 31歳 4230 1. 98 5 5 4 6 6 9 5 7 6 7 0 1 0 1 32歳 2415 1. 87 0 0 0 0 6 9 5 7 6 7 0 1 0 1 シーズン別成績.

次の

アシュリー・コールが現役引退を発表! 20年のキャリアに幕…(超ワールドサッカー)

アシュリー コール

国内リーグ戦に限る。 2019年8月14日現在。 ( ) アシュリー・コール( Ashley Cole、 - )は、・出身の元。 現役時代のポジョションは。 全盛期は「 世界最高の左サイドバック」との呼び声も高かった。 経歴 [ ] 生い立ち〜クラブ [ ] 母は白人、父はからの移民。 歌手のと親戚関係にある。 地元の下部組織に加入し、クリスタル・パレスにレンタル移籍した後、アーセナルに復帰。 持ち前の突破力と的確なクロスでレギュラーを掴み、2001-02シーズンにはプレミアリーグとFAカップでそれぞれ優勝を収めた。 その後、2003-04シーズンの無敗優勝にも貢献し「世界最高の左サイドバック」と言われるほど評価を高めていく。 加入した序盤はあまり馴染めずにいたものの、徐々に順応していった。 2008-09シーズンはウェイン・ブリッジが移籍した事もあり、代えの利かないサイドバック選手として活躍し、プレーヤーズ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 2009-10シーズンは中盤戦に負傷離脱もあったが終盤に復帰。 チームメートのアネルカと共に異なる2つのチームでプレミアリーグとFAカップの二冠を経験した史上初の選手となり、またFAカップ史上最多である6度目の優勝を果たした(アーセナルで3度、チェルシーで3度)。 ファン投票による2010年度のイングランド・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー 2010の最優秀選手に選出された。 2011-12シーズンにFAカップとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成。 2013-14シーズンは恩師が復帰するも、自身の負傷もありにポジションを奪われた。 シーズン終了後の2014年5月、自身のTwitterで退団を明言した。 2014年7月、に自由契約で加入決定。 契約は2年間。 ASローマの歴史上初のイングランド人選手となった。 しかし、セリエAの環境になじめず、2015-16シーズン開幕前は、背番号3番を剥奪され、新加入のにつけられるという屈辱を味わった。 2016年1月に契約を解除し、正式に退団。 2016年1月に、イングランド代表のチームメイトのの所属するに加入決定。 2018年1月にロサンゼルス・ギャラクシーとの契約を1年間延長した。 2019年1月21日、とシーズン終了までの契約を結んだ。 なおダービーの監督はチェルシーやイングランド代表でチームメイトであった。 同年6月3日、ダービーは契約を更新しないことを発表し、退団。 2019年8月18日、プロ生活20年目を節目に現役引退を発表した。 代表 [ ] クラブでの活躍が認められ、の戦でイングランド代表デビューを果たし、2002年の日韓W杯では5試合に出場した。 これまでにワールドカップ3大会、EURO2大会に出場している。 2月6日のイングランド対ブラジル戦で代表史上7人目の100試合出場達成した。 5月、のメンバー発表前に監督から選外の連絡を受け、自身ので代表引退を表明した。 現役引退後 [ ] 2019年10月17日、古巣チェルシーのU-15チームのコーチに就任、今後は指導者を目指すことを発表した。 個人成績 [ ] クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 1999-00 1 0 0 0 1 0 0 0 — 2 0 2000-01 17 3 6 0 1 0 9 0 — 33 3 2001-02 29 2 4 0 0 0 7 0 — 40 2 2002-03 31 1 3 0 0 0 9 0 1 0 44 1 2003-04 32 0 4 0 1 0 9 1 1 0 47 1 2004-05 35 2 3 0 0 0 8 0 1 0 47 2 2005-06 11 0 0 0 0 0 3 0 1 0 15 0 通算 156 8 20 0 3 0 45 1 4 0 228 9 loan 1999-00 14 1 0 0 0 0 — — 14 1 2006-07 23 0 5 0 3 0 9 0 0 0 40 0 2007-08 27 1 1 0 2 0 10 0 1 0 41 1 2008-09 34 1 7 0 0 0 8 0 — 49 1 2009-10 27 4 2 0 1 0 4 0 1 0 35 4 2010-11 38 0 2 0 0 0 7 0 1 0 48 0 2011-12 32 0 4 0 0 0 12 0 — 48 0 2012-13 31 1 5 0 3 0 8 0 4 0 51 1 2013-14 1 0 2 0 1 0 5 0 1 0 26 0 通算 229 7 28 0 10 0 63 0 8 0 338 7 2014-15 11 0 2 0 — 3 0 — 16 0 2015-16 0 0 0 0 — 0 0 — 0 0 通算 11 0 2 0 — 3 0 — 16 0 2016 29 1 2 0 — 1 0 — 32 1 2017 29 1 1 0 — 0 0 — 30 1 2018 31 1 1 0 — 0 0 — 32 1 通算 89 3 4 0 — 1 0 — 94 3 2018-19 9 0 1 1 0 0 — 2 0 12 1 総通算 508 19 55 1 13 0 112 1 14 0 702 21 試合数 [ ] 国際Aマッチ 107試合 0得点(2001年-2014年) 年 出場 得点 2001 7 0 2002 9 0 2003 7 0 2004 13 0 2005 8 0 2006 13 0 2007 4 0 2008 7 0 2009 9 0 2010 9 0 2011 7 0 2012 6 0 2013 7 0 2014 1 0 通算 107 0 私生活 [ ] 後にイギリスの人気アイドルグループ、のと2年の付き合いの末に結婚したが、2010年5月に離婚した。 タイトル [ ] クラブ アーセナルFC• 2001-02, 2003-04• 2001-02, 2002-03, 2004-05• 2002, 2004 チェルシーFC• 2009-10• 2006-07, 2008-09, 2009-10, 2011-12• 2006-07• 2009• 2011-12• 2012-13 脚注 [ ]• 2013年6月8日閲覧。 England Football Online. Goal. com 2010年10月12日. 2019年8月19日閲覧。 The Independent 2006年6月24日. 2010年6月19日閲覧。 dailystar. 2010年6月19日閲覧。 Official Website of the Rams 2019年1月26日• 2013年8月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月4日閲覧。 Goal. 2014年5月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerbase.

次の

イングランド代表アシュリー・ヤングのプレースタイルは?サイドバックで重要な存在に

アシュリー コール

「LEGEND SCOUT」には、史上最高のボックス・トゥ・ボックス、ポール・スコールズ選手が、新キャプテン特徴「赤い悪魔の宿将」や、新スキル「Exバーストロングシュート」を持った98-99シーズンバージョンの選手として登場する。 さらに、世界最高の左サイドバックと称されたアシュリー・コール選手(LSB/攻撃SB系統)は、新特徴「カット&ゴー」を持った09-10シーズンバージョンの選手として登場する。 1クラブを決定する「SUPER WORLD CLUB CUP(SWCC)20th」を開催します。 今回、「SWCC」が第20回目を迎えたことを記念して、ダイヤモンドディビジョン決勝トーナメントの優勝チームには「特製gol. コラボキャップ」と「20th記念特製gol. コラボドライTシャツ(ブラック)」を、準優勝~ベスト16チームに「20th記念特製gol. コラボドライTシャツ(ブラック)」をそれぞれプレゼントします! なお、「SWCC20th」より報酬エンブレムが新しくなります。 ・予選/決勝トーナメントを通じて、在籍ディビジョン内のクラブチームと対戦します。 チーム総合力上限値について 各ディビジョンでチーム総合力の参加制限があります。 1次予選~決勝トーナメントまでの全試合で、チーム総合力がこの制限の範囲内に収まっていない編成では試合を行うことができません。 変更の場合はお知らせ内で告知します。 C SEGA (公財)日本サッカー協会公認The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.

次の